ソーラーリターンが憂鬱な理由  意外な真実とは?


これは、以前ツイッターのフォロワーさん
とやりとりしていた時の事、もちろん
この方は、占星術の知識も熟知して
おられる人です。

その中の一人の方が、ある時こう言いま
した。
ソーラーリターンの時期って暗くなりがち
なんですよねーというコメントをいただいた
のです。
これは太陽が年に一度出生時の座標に戻って
くるという事をいうのですが、その時点での
ホロスコープが、その時点からの一年の運勢
を表しているという事ですが、確かによく
当たります。
ただソーラーリターンという言葉自体は、
太陽が一年に一度、出生時の座標に戻って
くる事をいい、大体誕生日の時間前後に
なります。
あくまでも太陽の位置を基準にしている
ので、時間にはずれが生じます。

そして先ほどの方が言った「ソーラー
リターンの時期には、暗くなりがちという
のは、誕生日を迎える時期は、暗くなり
がちということなのです。私もこれまで
その事は思い当たる事が多く、また
他にもそういう人の話を聞きます。
だったら理由があるのではないだろうかと
持ち前の探究心で考え、感性を働かせて
いたら、一つ思い当たる事があったのです。
それを今回ご紹介したいと思います。

まずソーラーリターン時でのトランシット
ホロスコープが、一年を表せるのはなぜか
という事ですが、これは、私たちの出生時
で一生分の人生設計図をまず受け取る
という事を以前ご説明しましたよね。
しかし、私たちが受け取る設計図は、
それだけではありません。まず出生時点
でのネイタルホロスコープは、人生
全般にわたる運勢のサイクルとして受け
取りますが、私たちは様々なサイクルで
人生を過ごします。特に顕著なのが、
地球が自転する事による一日のサイクル
と、地球が太陽のまわりをまわる一年
のサイクルです。まず一日のサイクルを
自分の人生の運勢にあてはめる時に
使用するのが、一日一年法という未来
予測法で、生まれた日の次の日の
ホロスコープを一年後の自分の運勢と
してみていき、22日後には22歳の
運勢をその日のホロスコープが示す
というものです。
これも実際よく当たります。
これは出生時というものが基準になって
いて、一日のその時点で、一日全体の
運勢を決定づける運気を受け取ると
いう事なのです。
つまり我々が生まれた時から、毎日
その時点であらたな運気の一日が
始まっていると捉えてよいでしょう。
一日毎の自分がその時間に生まれると
いうわけです。

今度は、一年ごとに同じ場所に太陽が
戻ってきたときのホロスコープが、その
一年の運勢を決定するのが、今回の
ソーラーリターン法というものですが、
これは出生時の太陽の位置が基準に
なっていて、そこに公転により一年後
に戻ってきた時点で、あらたにまた
次の一年の運気を受け取るという事
なのです。
これは地球の公転サイクルを基準に
しているので、ネイタルホロスコープ
で受け取る、一生分のサイクルとは別の
ものになります。
つまり一年のその時点で、あらたに
自分の一年が生まれるという事なの
です。このように私たちは、さまざまな
宇宙エネルギーのサイクルを受け取って
自分の運気を決定づけているという
事なのです。

ですが、これは常に出生時点が、全ての
原点になっていますよね。
それは魂が肉体をともなって、独立して
宇宙エネルギーを受け取った最初だから
なのです。そしてその時にあらゆる
サイクルの基点となる事も決定づけられた
という事なのです。

意味はわかっていただけましたでしょう
か?
とにかく私たちは、出生日に一生分の
サイクルと、一日毎のサイクルと一年
毎のサイクルを受け取って生まれてきた
と、簡単にいえばそうなります。
仏教では一瞬毎に生成消滅を繰り返して
いるという思想がありますが、まあ
そうなると、どの一瞬でも自分をがらりと
変えられるという、とても高い意識レベル
に到達するという事でしょう。

ではなぜそのソーラーリターン時に
暗くなるのか?誕生日が来たらめでたい
じゃないですかねー。
でも暗くなるものなのです。
その理由は、臨死体験者が教えてくれて
ます。

レイモンド・ムーディー氏の著書から
その理由となる要素を引用しましょう。

「」内が引用で、~が中略です。

「死後の世界に踏み込んだ人が、いったん
ある深さまで達すると、現世に戻りたい
という気持ちは消え去り、物理的肉体に
戻ることに抵抗する場合さえある。~

~当人の願いとは無関係に、他の人間
や祈りの力によって、現世にひき戻された
ような感じがすると語っている体験者も
二、三人いる。
(引用注:二、三人というのはこの
執筆時点での事で、このあと40年ほど
臨死体験研究を続けておられるムーディ氏
や他の多くの研究者たちにより、この
「望まないのに引き戻された感覚」の
事例は、ほとんど一般的なものとして
知られています)

「わたしは年取った病気の叔母と一緒に
暮らしていました。叔母は長く患って
いました。わたしは叔母の看病の手伝い
をしていました。家族全員が叔母の回復
をいつも祈っていました。何度か叔母は
呼吸停止状態に陥りましたが、その度に、
叔母は生き返りました。とうとうある日、
叔母が私を見つめて、「ジョアン、
わたしはあの世に行っていたのよ。
とても美しいところだったわ。わたしは
あそこに留まりたいのに、わたしが
みんなと一緒にいられるように、みんな
が祈り続けているかぎりだめだわ。
みんなの祈りの力が、わたしをこの世に
引き止めているのよ。お願いだからもう
お祈りはやめてちょうだい」と言いま
した。わたしたちは祈るのを止めました。
すると間もなく叔母は息をひきとりま
した。」

~死の体験に伴う気分や感情は、医学的
危機が事実上解消されてからも、
しばらくは消えずに残っている場合が
多いようである。

(1)蘇生してから一週間ほど、わたしは
ときどき泣いておりました。あの世界を
見てしまったのにこの世でまた生きて
いかなければならないからです。
わたしは、この世に戻ってきたくなかった
のです。

(2)私は生き返ったけれど、あそこで
味わったすばらしい気分はいくらか
残っていました。数日間残っていました。
今でもときどきあの気分を味わってい
ます。」

”出典:「かいまみた死後の世界」
レイモンド・ムーディー・Jr著 
中山善之 訳”

これは、死んだら自分という存在も終わり
と、考えている方には、むしろ不思議
な証言でしょうね。しかし真実は、
私たちは肉体そのものではなく、肉体に
宿る意識である事を
あなたの体は、あなた自身ではない! 
という記事でもご紹介しましたし、
私の神秘メッセージの記事はその事
を裏づける記事ばかりです。
つまり肉体の死は、私たち自身の終わり
などではなく、本来の自分自身である
意識として、別次元に移行するだけだと
いう事なのです。
そして意識の個としての形態である魂
が、肉体に「囚われる」ことで人生が
スタートするという事なのです。

肉体を持って生まれるという人生を
存在の唯一の場であるとするなら、
囚われるという言い方は、奇異に聞こ
えるでしょうが、永遠である本来の
意識からいえば、自己を制限する
場としての肉体のある期間という
捉え方になります。
もちろん人生そのものを否定的に
見ているわけでは決してありません。
ただ本来の意識からすれば、制限
された状態だという事なのです。
しかも制限された肉体でしか経験
できないのが人生なので、それは
それで貴重な経験だという事です。
ただ、本来の意識からみると、著しく
制限されたエネルギーの場に居る
ことになるので、それほど望ましい
状態でもないように思えるという
わけです。だから、あの世で、本来
の意識に戻ると、肉体に戻るのが
嫌になる人も多くいるという事
なのです。

ただ、いかに苦痛が多い人生である
場合でも、自分が残してきた家族の
ために戻る決心をした人も多く、また
目標としている仕事や、夢を実現
させるために戻りたいと思う人も
多くいて現世に戻れたり、戻る事を
高次の存在に許されたりと様々な
パターンがありますが、ただ、
ほとんどの人が、意識としては
人生にあるときとはくらべものに
ならないくらい至福の感覚であった
と言っているのです。

このことがソーラーリターンの時期に
憂鬱になる事とつながるという事なの
です。私たちは生きている間でも、
潜在意識領域で本来の意識と一体で
あり、日常意識より深い次元で、
その意識の影響を受けながら暮らして
いるのです。
つまりソーラーリターン、つまり
誕生日前後に憂鬱になるのは、出生時
に囚われた時点での魂の意識に、
サイクル毎に引き戻されるからという
事なのです。だから赤ちゃんが泣く
わけです。

でも制限された肉体でも我々は、同じ
感覚の人に守られ、お互いを理解し合い
共感したり、協力したり、愛し合ったり
して、また肉体的制限がある中で夢を
みつけたり、目標に向かって努力して
自分を充実させたり、この人生ならでは
の喜びを知るようになります。その
愛おしい日々は、完全体に近い意識には
わからないものなのです。
だから、たとえ制限がある意識でも
人生は大切なものであり、制限があっても、
苦しくても生き抜く価値があるものだと
いえると思います。ただ心を失って、ただ
生きる事を目的とする人生がいかに
不毛かという事もこれでよくわかり
ますすよね。我々は貴重な「経験」
(これは体験だけでなく、愛情や
喜び、知識を得たり、感動するなどの
精神的な経験を含む)をするために
生まれてきたので、
「生き延びる」ために生まれてきたの
ではないという事なのです。

さて今日は、ソーラーリターンが、魂
の感覚の影響を受けて、誕生時の
感覚を取り戻したために憂鬱状態を
ひきおこすという事を説明しました。
もちろん誕生時間についても同じ事が
いえます。
私は14時25分生まれなので、
その時間の近辺、特にその後しばらく
元気が出ない時間である事が多いのも
これが理由だと思われます。
みなさんはいかがでしょうか?

ではまた(^^)/

 

 

いつもありがとうございます(^^)

サビアン占星術解釈一覧

あんみんのサビアン占星術

占星術編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です