量子物理学の基本概念「コペンハーゲン」解釈とは?


日本でも近年だいぶなじみのあるもの
になってきた「量子論」「量子力学」
という言葉があります。これはもちろん、
海外から伝わってきた、科学の新ジャンル
を訳したものですが、これまでも他の記事
で説明してきました通り、見事に誤訳と
呼べるものです。

これは「quantum physics」
(クォンタム フィジックス)という言葉が
訳されたものですが、そのまま素直に訳せば
「量子物理学」という事になります。
なぜ「量子論」とか「量子力学」とか、意味
か少しずれるようにとられるものを訳した
日本語として、使われているかというと、
主流の科学の公式見解では、この量子物理学
のコンセプトを重要視したくないという事を
素直に受け容れているからなのです。
まあ科学界の仕組みについては、ここで
詳しくは述べませんが、とにかく世界の中
でも日本は特に真理に対する情報は、制限
されている事が他国に比べて多いのです。
そのようなけで公式の見解としては、傍流の
一理論のように思わせられている量子物理学
ですが、現代のテクノロジーは、その量子
物理学の成果を存分に使用しているのです。
もちろん矛盾しているのですが、要するに
一般の大衆の理解さえ、主流の公式見解に
釘付けにしておければ良いわけなので
そのようになっているのです。

いちおう量子論と聞いて、いくつかの実験
による実証で得られた、量子もつれなど
の仕組みなどは、ご存知の方も多い
でしょうが、そもそも量子物理学とは、
どんなコンセプトのものなのかを知る
人は意外に少ないのです。

実は多くの人が、量子力学と聞いて、量子と
いう実体を想定しますが、量子とはそもそも
実体と断定できないというコンセプトなの
です。
つまり観測者の行為で、素粒子として実体化
する事もあれば、波動としてしか存在しない
とも観測される、それが「量子」の
コンセプトです。
だから、量子という物質があるという事を前提
としての理論などでは全くなく、実体という
見方そのものを不確定要素とするのが、
量子物理学という事なのです。

私は、その理解度の深さから、デイビッド・
ボーム氏を量子物理学の父として紹介して
きましたが、科学界では、このボーム氏
と並んで、量子物理学の父とよばれる
人物がいます。それがニールス・ボーア
という人物です。
そしてボーアが、量子物理学の基本
コンセプトとして提唱したのが、この
「コペンハーゲン解釈」というものなの
です。
どういうものか、コンノケンイチ氏の著書
から引用させていただきましょう。
一応、読者になじみのある「量子力学」
という言葉を用いておられます。

「」内が引用、~が中略です。

「一九一三年、ハイゼンベルグが主に
数学的な手法によってミクロの非決定的な
世界を論じはじめていたころ、近代量子論
の新しい概念を引っ提げてて登場したのが
後に量子力学の父と呼ばれるようになった
ニールス・ボーアだった。~
~ボーアは、どんな装置を使って実験を
行うかという人の認識が非常に重要になり、
それが決定的な意味をもつことに
気付いた。
それによって「この世」の現実というもの
が決定されることになるからで、ここに
ボーアは「人の意識が、この世の現実を
創造する!」とハッキリと言明したわけ
である。
 これは当時の科学者たちの度肝を抜く、
常識を逸した声明だった。とはいえ
量子物理学の体験の行き着く先は当然
そうなるわけで、測定のパラドックスと
呼ばれる「波束の収縮」という現象を
見ても明らかである。~
~若い頃イギリスに留学していたボーア
は、ミクロ界に見られる量子現象の異常性
ほ早くから察知して、当時生まれたばかり
の原子模型の研究に飛び込んだ。そして
彼は量子力学の実験結果が古典物理学と
矛盾するのならば、従来の理論の方こそ
改変されるべきという考えに基づいた大胆
な原子構造論を展開していった。

 ボーアがいう古典物理学とは、量子力学
の考え方を取り入れないニュートン力学や
マクスウェル電磁気学、熱力学、アイン
シュタイン相対性理論などで、ボーアから
言わせれば、それらはスウェデンボルグが
いう金貨の表側の世界だけを述べた科学
だとなるわけである。

一九二七年の秋、~「第五回ソルヴェー
会議」が開催された。ここで出された
結論が「コペンハーゲン解釈」として世に
知られるようになった。
ニールス・ボーアが量子力学を確立した、
コペンハーゲンという都市の名に由来
するものである。
近代物理学史上の金字塔として燦然と輝く
ことになった「コペンハーゲン解釈」は、
「量子力学」が一貫した科学体系として
定式化された最初のものとなったので
ある。~

~ボーアは「この世の物質は観測されて
初めて実在するようになり、
リアリティー(実在性)そのものが、
観測者の行為に依存する」と主張した
のである。
これが、それまでの科学の全体系を
根底からひっくり返す、科学史上に
おける最も重要な声明の一つになった
のである。

「コペンハーゲン解釈を私なりに
まとめれば、これまで繰り返し述べて
きたように「量子力学が体験している
自然像が、どんなに奇妙であっても
正面から認めよう」ということなの
である。」

“「死後の世界を突きとめた量子力学」
        コンノケンイチ著
          徳間書店刊”

要するに、ボーアが量子物理学の定義
をするまでは、科学の基本コンセプトは、
まず、実体ありきで、五感で認識できる
ものだけが実在しているという概念
だったのです。
もちろんこの五感の延長である科学的
観測機器も含めるわけですが、要するに
それらは、五感の延長でしかありま
せん。
ボーアのいう古典科学とは、それを
コンセプトにしている科学で、
ニュートンやアインシュタインまで
それに含まれるのです。

ニュートンについては、
宇宙の根本的な力は重力じゃない!!
という記事で、重力方程式の間違いを
説明しましたが、実はアインシュタイン
も相対性理論と光速度不変の法則の
矛盾がこれまで数多くの学者によって
指摘されているのです。

アインシュタインは正しいだろう?と
思った人は多いと思います。だって
いい言葉もたくさん残しているし、
教科書でも科学界でも、マスコミも
みんな彼を支持し称賛しているの
だから、間違っているはずないじゃ
ないか、やっぱりあんみんは口から
でまかせを言うやつに違いない!と
思ったあなた、残念ながら、それだけ
私たちが偽物の科学を信じさせられ
ているという事なのです。

ここで本当なのか、思考力を働かせ
みようというやる気のある方は
次の説明をお読みください。

「宇宙の根本的な力が、重力ではなくて
その10の36倍もある電磁力である」
という事を、理解していただいた方に
見慣れたはずの絶対的なものとされて
いるはずの、アインシュタインの
相対性理論の基本の公式を見てみま
しょう。
E=mc² ですね。
今度は、わかりやすく日本語に訳して見て
みましよう。
エネルギー=質量✕〈光速の二乗〉
です。
常識に染まっている人たちに、これを見せて
も「これで、いいよ何かおかしいか?」
というように、全く疑問を感じる事はない
でしょう。
ですが、思考を取りもどした方なら、この
式がおかしい事にすぐ気がつくはずです。
「ん?質量がなければ、エネルギーもない
というのは、少しおかしいかも」
そうです。なぜなら、質量とは、重力に比例
しているので、宇宙の絶対的なエネルギー
は重力であるといっているのです。
つまり電磁力は一切考慮に入っていません。
電磁力は、物質から独立して存在している
ので、基本的に質量がありません。つまり
重力の10の38倍もある電磁気力の
エネルギーをアインシュタインは、無い事
にしているというわけです。
つまりこの式には、宇宙の基本的な
エネルギーが存在していません。
またエネルギーが光速の二乗に比例する
根拠も提示されていません。
もちろん実験で実証されたわけでも
ないのです。
つまり「間違い」なのです。
すでに量子物理学の発展に伴い、真空から
無限にエネルギーが生み出されるという事が
実験結果を背景に、理論的に裏付けられて
きました。ですが、アインシュタインを
基本的な概念にしている主流の科学界は、
それを認めようとはしていません。
ビッグバン理論の時と、全く同じです。
真実の観測結果や、それをもとにした正当
な理論を完全に無視するのです。
物質からしか、エネルギーは生み出されない
というのが、アインシュタイン以降の主流の
科学界の公式見解ですが、その一方で、
宇宙にはダークマターやダークエネルギー
が95%もあるという結論を導き出して
いるのです。つまり科学で感知観測できない
領域が95%もあるという事を、主流の科学
自身が認めているという事になります。~

~実は、アインシュタインに疑問を呈して
いる科学者は、実際には多くいて、
ふだん我々の目に止まらないように、
されてきだだけなのです。
それが調べていくとどんどんわかって
きます。
今回は、その中の一人の言葉を紹介
させていただきます。

アインシュタインの理論は、当時の
物理学者ポワンカレのアイデアを横取り
したに過ぎないと看破している
ラディック氏は著書の中で次のように
書いておられます。

「特殊相対論の勉強を始めたとき、私は
入り口のところでわけがわからなく
なってしまいました。
いったいどのような理由で、時間は光に
依存しなければならないのでしょうか?
若い学生だった私は、相対論の基礎を
学んでいて、何度もこの疑問に頭を
悩ませました。
さらに、なぜ空間が光の副産物に
ならなければならなかったのでしょう
か?
光が全く存在しなくても、時間と空間は
常に存在します。
ある特別な物理現象が常に存在している
わけでもないのに、なぜ光が幾何学と
時間の基礎になる事ができたの
でしょうか?
要するに、私にとって特殊相対性理論は
好意的に見てもかなりいい加減な代物で、
まったく理解不能に思えたのです。」


(私の記事、まさかアインシュタインまで
間違い? その1
)より再掲です。

要するにエネルギーを数式に表して
いるのは良いのですが、それが
質量と比例しなければならない
という根拠はないのです。
アインシュタインのこの式は、物質が
ないところには、エネルギーがない
という事をいっているわけですね、
ですが、量子物理学は、何度も真空
からエネルギーが生み出されるという
実験結果を得ており、これと真っ向
から対立します。さらに重力よりも
はるかにエネルギーが高い電磁気力も
この数式に入っていません。

要するに大きな矛盾をこの相対性理論
は持っていたという事なのです。

さて要するに物質からしかエネルギーが
生まれないとするアインシュタインに
対して、現に真空からでもエネルギー
が生み出されるのだから、それを
現象的な事実として受け入れようと
いうのがボーアのいう
「コペンハーゲン解釈」というものなの
です。

つまり超常現象であろうが、霊であろうが、
現象的にあらわれたものなら否定せずに
全てを受け容れて、それに対して理論を
構築していこうという事なのです。
つまり、多くの神秘研究家の概念を、
そのまま科学の真理探究のための
コンセプトとしたのが、ボーア
だったという事です。

要するに五感をもとにしたのが、現代
の主流の科学的見解で、つまりこれが
ボーアのいう古典科学なのですが、
つまりは五感をもとにした左脳の
世界でしかなく、科学を右脳的感覚に
より解釈しようとしているのがボーアの
いう量子物理学だという事をコンノ
ケンイチ氏が著書で、述べておられ
ますが、まさにその通りだと思いますね。

というわけで、量子物理学、みなさん
が量子論と呼んでいるものは、量子と
いうモノを基準にした物理学では
なくて、私たちの認識する現実世界の
本質を追究する科学だったというわけ
なのです。

宇宙の仕組み編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

神秘のオポジションその21度         ネガティブな対称シンボルとセプタイル


最近多く紹介させていただいてる
感じのオポジションですが、今回は
セプタイル(52度)も絡んで
います。

上の画像のようになっていますが、
とにかくサビアンシンボルが神秘的
な配置になっている事を証明して
います。

まずはシンプルにオポジションの
説明から、

水瓶座21度
「絶望し幻滅した女性」

獅子座21度
「中毒した鶏」

この2つが180度のオポジションの
関係にあるわけですが、見事に否定的
な状況を暗示していて、つながって
いますね。オポジションが、スクエアの
ように単純に反対というよりは、
表裏一体の対称的な意味という意味での
つながりだという事を証明しているわけ
です。
つまりネガティブな自身の状況が、
精神的に表れているのが水瓶座21度で
肉体的に表れているのが獅子座21度
だという事なのです。

まずは水瓶座21度について
これは、厳しい現実に直面し、理想
と現実のギャップに打ちひしがれ、
自分の意識のコントロールを失って
いる事を示しています。
山羊座のあとの水瓶座は社会的な浄化
というエネルギーなのですが、後半
に入り、個人にもその浄化作用が
及んできた事を示しています。
これは、自身の中にある囚われた意識
を強制的に、解放させ手放すように、
させられているという事なので、新しい
望みを得るための一時的な絶望である
という事なのです。

そして獅子座21度について
これは、個人的な創造エネルギーが
強すぎて、それを享受するための
肉体の能力が追いついていないという
事を示しています。自分の強い意志に
従って、体に無理をさせてでも目的を
果たそうとしている事の影響として
捉えてもいいでしょう。

このように獅子座と水瓶座のシンボルは、
どちらもネガティブエネルギーとして
は共通しています。
自分の理想に対して意識的に絶望して
いる水瓶座のシンボルに対して、自分の
意志に対して、肉体のエネルギーが
悲鳴をあげているこの獅子座のシンボル
が、対称的な意味となっています。

さてこの対称のシンボルには、それぞれ
セプタイルのつながりがあって、
水瓶座21度とセプタイル(52度)の
関係にあたるのが、

牡羊座13度
「成功しなかった爆弾の爆破」
です。
これは期待通りにいかなかったもの
どうしで、好相性であるセプタイルの
意味通りの関係になっている事がわかり
ます。
もちろん牡羊座13度の爆弾そのものが
ネガティブなものなので、期待通りに
いかない方が良かったという事にも
なります。
また好相性でつながる水瓶座21度の
女性の望みというのが、この牡羊座の
爆弾を暗示しているようにも、見て
とれるため、つまり女性の望みが不倫など
の、ネガティブな意味を含んだもので、
あきらめてよいものでもあったという
理解にもつながるわけです。

そして今度は獅子座21度とセプタイル
の関係にあたるのが

双子座29度
「春の最初の百舌鳥」
です。

これはどちらも鳥類のシンボルであり
互いを補完する関係のセプタイルの
アスペクトになっています。
中毒した鶏は、、春を知らせる百舌鳥に
よって季節を知り、新鮮な食べ物を
選べるようになるし、通常の場合朝を
知らせる鶏と、春の訪れを告げる
百舌鳥の役割が、似通っているので
好相性になっているという事です。

今回もまたサビアンシンボルの神秘的
なアスペクトの関係を説明できたと
思います。

ではまた(^^)/

よろしければ、お願いします(^^)/

神秘のサビアンアスペクト一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ

双子座5度


今日の太陽のサビアンシンボルは

双子座5度
「過激な雑誌」
です。

これは、大衆への効果的な働きかけ
という意味になります。
はっきりとしたシンボルですが、
意味を取り違えないようにするために、
神秘的な角度144度のシンボルに
尋ねてみると理解できることがよくあり
ます。
144度にあたるのは
天秤座29度「互いの知識の範囲に
橋をかける方法を模索する人類」と
山羊座11度「キジのおおきな群れ」
です。
どちらも集団意識とその意思疎通に焦点
が合っていて、今日のシンボルとつな
がっているのがよくわかりますね。
つまりこのシンボルは、大衆の俗っぽい
意識に働きかける事で、広く多くの人に
働きかけようという、マスコミの常套手段
のようなシンボルだという事です。
今日は、誰もが話題に入ってこれるような
お気軽な話題で盛り上がれるような日だと
いう事です。

対称の180度のシンボルは

射手座5度
「木の高いところにいる老いたフクロウ」
です。
木の高いところにいるということは、
そのまま意識レベルが高く、世の中を
俯瞰している様子を示しています。
世の中を俯瞰している事から、やはり
広い視野、高い視点で、現実を理解して
いる様子がうかがえます。
これに対して、俗っぽい日常意識の
大衆意識に働きかけている双子座の
シンボルは対称的な意味となって
います。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは
乙女座5度
「妖精の夢を見る男性」

魚座5度
「教会のバザー」
です。

乙女座5度の妖精の夢を見ている男性は
非日常的な、異次元の存在を意識して
いますので、日常の俗っぽい大衆意識を
示している双子座のシンボルとは逆の
エネルギーですし、
現実の世の中を俯瞰しているような
射手座のシンボルのフクロウとも逆の
エネルギーとなります。

魚座5度の教会のバザーは、安全な場所
でもある教会で、人々が物を持ち寄って、
お互いのいらない物が、人の役に立つという
場をつくってくれるという事で、富を共有
し、共感を広げるという、ありがたい教え
の実践のような暗示になっています。
これに対して、俗っぽい意識で共感する
ようにアピールしている双子座のシンボル
の雑誌とは逆のエネルギーとなっています。

また魚座のシンボルの、豊かな日常での
共感に対して、世の中を俯瞰して眺めて
孤独でいる射手座のシンボルの意識は、
逆のエネルギーとなっています。

 

 

いつもありがとうございます(^^)

双子座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

あなたの魚座20度


魚座20度のサビアンシンボルは

「夕食のために用意されたテーブル」
です。

このシンボルが太陽にある人は、
とても家庭的な雰囲気を持った、あたたかい
印象の人でしょう。
献身的で繊細な愛情を持っています。
特に自己表現の苦手な誠実な人が、苦労する
ような時に、懸命に力になろうとします。
逆に自分の考えを押しつけてきたり、我の
強い人とは合いません。
母性的な性質が強いという事です。
適職は、幼稚園の先生、童話作家、看護師
介護職、福祉関係、トレーナー、料理家
などになります。
心の拠り所として異性をひきつけるので
モテますが、積極的にアプローチして
くるような人より、自分から選んだ人と
結ばれる事になります。

このシンボルが月にある人は、愛情の
細やかな親のことで育ちます。人に
対してやさしく、おもいやりがある事を
美徳とするような、性質になります。

水星にある人は、幼少のころから、家庭
の手伝いをする事が多く、料理も覚え
たりするので、料理家や栄養士を仕事に
する可能性が高いでしょう。

金星にある人は、思いやりもあり、
モテますが、必ず一人の相手を選び
その関係を大事にしますので、浮気
などをする事はないでしょう。

 

 

いつもありがとうございます(*^_^*)

あなたの魚座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ

縄文土器の超テクノロジー      超古代日本の叡智


最近週に一回のぺースで超古代の言語に
ついての記事を書いてきましたが、今回
は、超古代の日本の縄文土器について
になります。
縄文土器というのは、ご存知の方も多い
とは思いますが、水と火と土だけで、
できている非常にシンプルなものであり
ながら、超太古から存在しながら、
いまだに原形がしっかり残っていて、
見つかる時には破片とかではなく、
そのままの完成形で見つかる事がほとんど
なのです。一体どうやって1万年もの間
その形を維持できたのか、また意図的に
砕いても自然に返す事ができる超エコな
ものである事も、当然大きなメリットで
しょう。

世界最古といわれる土器は、長崎県出土の
隆線文土器で、なんと1万2千年前で、
シュメール文明の土器の七千年前より
五千年も古いという事です。
これは超古代の言語は日本から始まったと
いう、これまでの記事をまた裏付ける事
の一つで、ユダヤの失われた10支族の
秦氏が日本に文明をもたらしたという説
も、ひっくり返す事ができるという事
ですね。

これがどれだけすごいテクノロジーかと
いう事を高坂氏が著書「竹内文書」で
紹介しておられますので引用します。

「」内が引用で、~が中略です。

まずは縄文土器がいかに優れた技術で
つくられたかという事について
創価大学の後藤教授の著書からと
いう事です。

「彼の著書によると、「そもそも使える
土器を作るということこそが、たいへんな
技術だ」という。
どういうことかというと、素焼きの土器
は単に焼き上げただけだと、表面や壁の
内部に細かい穴が空いてしまうのだそう
だ。野菜などの貯蔵を目的とするなら
いいが、水を入れると滲み出てしまい、
器としの用をなさない。そのため、食品
を煮炊きしたり水を貯蔵するためには、
水漏れを防ぐために何らかの工夫が
必要不可欠となる。
土器の歴史は、こうした素焼きの土器の
欠点を補うための、さまざまな工夫の
歴史であったともいえる。水が漏れない
ように土器の表面に釉薬(ゆうやく)を
かけてコーティングしたものが陶器で、
原料の粘土の段階で長石や石英の粉末を
混ぜ高温で焼き上げることにより、全体
をガラス化させ水の漏れを防いだのが
磁器である。
ところが、縄文人は釉薬も使わず、高温
で焼くこともせずに、水の漏れない土器
を完成させていたのである。」

そしてこのことから、後藤氏は、縄文時代
は特定の、それも特殊技能を持った人々に
よっ計画的に作られていた可能性が高い
と説いておられるらしいです。
つまり日常誰でも簡単にできるものでは
なかったという事です。
とにかく、エコであり、抜群の安定性を
誇り、高い技術力で作られた縄文土器
ですが、実はさらにすごいテクノロジー
も隠されていたという事を、高坂氏のこの
「竹内文書」から引用させていただ
きます。

今回題材に使われるのが、火炎土器
ですが、私は滋賀県の美術館で一度
とても大きいものを見ました。
それは1メートルくらいあるような
もので、とてつもない存在感があり、
さらにあまりに綺麗な装飾が施されて
いて長い事見つめていたのを覚えて
います。それ以降も別の火炎土器は
見ましたが、その時のサイズほど
大きくはないものばかりですね。

さていったいどんなテクノロジーが
隠されているか見てみましょう。

あれ?今回の引用で使われているもの
と私の感動した土器がとてもよく
似通っているようではあります。
下の写真にもあるようにとても素敵な
芸術作品でもありますね。ではまず
引用の本の画像を貼らせていただいて
おきます。土器のつくられる仕組み
が右側で、左側が火炎土器と
高坂氏の実験の様子です。

「」内が引用で、~が中略です。


わたしは新潟県西蒲原群巻町角田山に
残る大斗野地天皇(おおとのじてんのう)
(上古第十八代)の遺跡で神祭りを
行った際に、火炎土器(長岡市出土)を
使ったある実験を行った。この遺跡は
『竹内文書』の記録によると、
大斗野地天皇の治世時に万国の政庁が
あった場所である。
さて、その実験とは、屋外で火炎土器
に水を張り、実際に火をかけるという
ごくシンプルなものだが、そうすれば
何かがわかるような気がしたのである。
約二十五分間で土器の水は沸騰し、
水蒸器が上がるようになった。
そのとき変化は起こった。水蒸気が
真っすぐに伸びていったかと思うと、
それまで雲一つなかった青空に立派な
龍雲が現れたのである。
龍雲とは龍の形をした雲のことだが、
このときのものは、顔つきや髭、
二本の角や首、長い胴体部分がはっきり
とわかる見事なものであった。
龍雲が現れたかと思うと、青空にも
かかわらず霧雨のような光り輝く雨が
降り出したではないか。そう、火炎土器
は雨乞いの道具だったのである。龍雲は
龍神の現象化した姿であり、昔から龍神
は水を司るといわれている。
時間にしてわずか十分ほどだったが、
地面がしっとりと水を含むには充分
だった。
たしかに地上で火を燃やせば雨は降り
やすくなる。だが、ある程度以上
の雨を降らせるには大量の火をたか
なければならない。わずか土器一杯
分の水蒸気で雨を降らせるなど、
どう考えても物理的に不可能である。
これは土器に秘められた天皇
(ミカド=水火土)の御力が龍神を
動かしたとしか説明しようがない。
そして、これこそが、縄文土器が宇宙
エネルギーを活用する道具であった
確かな証拠であるといえるのではない
だろうか。」

“上記の二カ所の「」内と中の画像の
出典:「竹内文書」
世界を一つにする地球最古の聖典
         高坂和尊 著
          徳間書店刊”

これは、目を疑うような、テクノロジー
ですね!!まず龍雲が、はっきりとした
龍の形をして現れたというのですから
驚かない人はいないでしょう。
雲、水はプラズマでもあるので、やはり
縄文土器は、ブラズマエネルギーも創出
できる超テクノロジーであったという
事ですね。
しかも適度な霧雨まで呼び込んでいます。
そして土の中の農作物などに染みこませる
のに最適な降り方をしたという事ですね。

これほどのテクノロジーが縄文時代
にあったという事を、私たちは再確認
できたのではないでしょうか。

またこれは神武天皇より前の時代の
上古という時代の天皇の治世のあった
場所で行われたという事ですが、
実際スメラミコトという呼ばれ方で、
天皇は神武天皇よりはるかに太古の
時代から存在していたようです。
これは数々の背景にある知識と情報
を総合してそういえると思います。

実際これだけのテクノロジーが
少なくとも五千年以上も前からあった
とすると、弥生時代初期からと
いわれる神武天皇より、以前にそういう
統治者がいてもおかしくはないと思え
ます。
そして弥生式土器の方がシンプルで
頑丈などと授業で教えられた記憶が
ありますが、近年の研究で縄文土器の
方が完成度が高く、耐久性にも優れて
いる事が明らかになっています。
かなり支持者の多い説として、大陸
からの侵入を許したのが、弥生時代で
あるという事で、神武天皇はもともと
からいるスメラミコトとは系譜を
異にするという見方がありますが、
私もその説を支持しています。

しかし太古の昔からのエネルギーとして
龍のエネルギーというのは、存在した
という事もこれで確かになった気が
します。
それが少なくとも、もともとの
スメラミコトなどの統治者の
エネルギーなのかもしれません。

そしてまた太古の日本人はその
エネルギーの利用法を理解しても
いたという事でしょう。

ここで思い出していただきたいのが、
日本列島の形です。
みなさんご存知の通り日本列島は
龍のような形になっていますよね。

そしてそれが世界の大陸の原形の
ようにも見えるという事を・・・

言語の記事と、今回の土器の記事を
合わせて考えてみて、言語と文明が
日本から広まっていったというのは、
その龍の元型エネルギーがもともと
日本にあったからという事ではないで
しょうか?

神智学者で、世界的にも歴史的にも
超有名なシュタイナーは、日本という
土地が世界の中心であったと言い残して
います。
彼の著書は少し難解ですが、あの
432Hzが、人の心と身体に良いという
事を看破して、現在の基準ピッチで
使われているような440Hzを使用
していると、世界は悪魔が支配する
ようになるといった人です。

もちろんその通りになっていると
思う部分は確かにありますが、特に
432Hzについての慧眼を合わせて
考えると、やはり日本は世界の中心で
しかも太古からそうであったと考える
のが妥当に思えてきます。

日本は、現在大国に比べてやたらと
政治力が失われているように思えますが
今生でどうあれ、日本人として生まれて
きた事を誇りに思うべきだと思いますね。

では次回からはまた言語の話に戻り
ます。

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ二位継続中です💦

真理のヒント編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

 

アスペクトで極めるサビアンマンダラ     天秤座8度


今回のサビアンマンダラは、
天秤座8度
「荒廃した家の中で燃えさかる暖炉」
です。

前回の牡羊座1度ほど、意味のある
アスペクトでのシンボルは多くなかった
ですが、解釈に必要なシンボルが、
いくつか見つかってもいます。

さてまずは、この天秤座8度の解釈から
説明します。

ドデカメモリーでは山羊座にあたるこの
天秤座8度では、やはり山羊座の支配星
土星のネガティブエネルギーの影響を
受けた事が、荒廃した状態を創り出して
いると納得できますね。
また天秤座が霊的な昇華を果たすサイン
なので、すでにこの家にいない人が
この世にいない魂を暗示していて、その
魂自体は、エネルギーに満ちているという
事を「燃えさかる」という表現にしている
という事です。
私は、このように、潜在意識や魂レベルで
のエネルギーが満ちていると解釈して
いますが、そのエネルギーが再出発の
エネルギーになるという松村氏の解釈が
あります。なんとそれもこのマンダラに
あらわれているのです。
では見ていきましょう。

まず一番深く関わっているものから
説明しますね。

90度のスクエアは、逆向きまたは障害
のアスペクトですが、これはそのスクエア
のシンボルがその意味通りになって
います。

山羊座8度
「幸せそうに歌う家の中の鳥」

まさに、天秤座8度の荒廃した家に対して
幸せな状態の家を示しているので、完全に
真逆のシンボルになっている事がわかり
ますね。
つまり天秤座8度は、家つまりベースと
なる場所がない状態を示していて、その
ベースとなる家が充実しているのが、この
山羊座8度という事になります。
山羊座8度のドデカメモリーが、牡牛座
にあたりますので、恵まれた家庭という
シンボルにつながっているのだと思い
ます。
またベースのある山羊座の厳しい社会的
エネルギーは、家の中までは届いて
いないという事も示しています。

互いに助け合う、または似たシンボル
となるセプタイルのオーブ1度が

射手座1度
「共和主義キャンプファイヤーの
威厳ある軍隊」

これは、同じく炎というキーワードで
つながっていて、さらに軍隊が家を
破壊するイメージにつながりますので、
天秤座8度の荒廃する家ともつながる
事になります。
イメージの仕方にもよりますが、軍隊
が家を破壊したその後の状態を、
天秤座8度があらわしているように
もとれるわけです。
そしてまた確かにセプタイルのつながり
が、よくわかります。

神秘的なつながりを示す72度の
クインタイルのオーブ1度が
71度の

射手座19度
「住処を移動するペリカン」
です。

これはそれまで住んでいた住処つまり
「家」を後にして新天地を求めて
移動しているところで、それまで
住んでいた家は当然荒廃する事になります
ので、意味がつながる事になります。
新天地を求めるという事は、松村氏の
解釈の再出発につながるという意味に
なり、天秤座8度の隠れた暗示がここに
浮かび上がってきたわけです。

またもう1つ神秘的なつながりを示す
バイクインタイルのオーブ1度の
145度にあたるのが、

魚座3度
「化石化された森」
です。

これは家と同じく、生命の住処である森
が、すでにこの世にない事を示していて
天秤座8度の荒廃した家と同じ暗示と
なり、神秘的につながっている事が、
わかります。
こちらは、私のいう肉体に囚われない、
霊的なパワーを示しているものです。

今度は進行と逆側を見ていきましょう。

52度のセプタイルにあたるのが、

獅子座16度
「嵐の後の陽光」
です。

こちらの嵐が、地上に対してのネガティブ
エネルギーなので、それと天秤座の荒廃した
という暗示とつながります。
そしてまた陽光というのも、燃えさかる暖炉
と同じく炎を意味しているので、こちらも
物質ではないエネルギーを象徴しています。
やはりこの獅子座16度も霊的なまたは
潜在意識としてのエネルギーに満ちている
という事です。
またこれも再出発の意味が暗示されている事
になります。

互いに助け合う関係にあたるバイセプタイル
の103度にあたるのが、

双子座25度
「パームの枝を刈る男」
です。

これはパームの枝が、暖炉の燃料になって
いるという事で、家をあたため守るために
働いているという暗示になります。
これは天秤座8度の暖炉の炎のための
働きという事でのつながりとなっています。

このように、物質にとらわれない潜在意識や
霊的な領域の魂のエネルギーをあらわして
いるものや、新天地に向かう再出発という
意味など、天秤座8度の解釈を助けるように
サビアンシンボルが、アスペクトを形成して
いるという事です。

ではまた(^^)/

よろしければこちらもお願いします(^^)/

サビアン占星術解釈一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページへ

双子座4度


今日の太陽のサビアンシンボルは

双子座4度
「ヒイラギとヤドリギ」
です。

ヒイラギとヤドリギはどちらもクリスマス
のアイテムですね。
双子座2度のサンタさんの贈り物から
意味が続いていますが、今度は贈り物や
楽しい事を期待して待っている意識を象徴
しています。
引き寄せのコンセプトもそうですが、潜在
意識にイメージを刷り込んだものが現実化
するわけで、このシンボルはその期待する
イメージということです。
今日は、自分の期待するわくわくした
イメージを思い描いて、それが現実化する
と信じて、気分を良くして過ごす事が良い
という事です。
つまりいろいろくよくよ悩んでいても、
それが現実化してしまうので、今一番
自分がわくわくしたイメージを思い描く
方が、良い結果をもたらしてくれるという
事を教えてくれるようなシンボルです。
そして本当にわくわくして思い描いた事は
いつのまにか、現実化している事にいつか
気付くでしょう。

対称の180度のシンボルは

射手座4度
「歩く事を学んでいる小さな子供」
です。

射手座4度のシンボルは、世の中の未知な
ものへ自らが動くことによって、働きかけ
ようとしているという意味で、行動で現実
に働きかけようとしているという事です。
これに対してイメージを現実化させよう
としている双子座のシンボルは対称的な
シンボルとなっています。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは
乙女座4度
「白人の子供たちと遊ぶ黒人の子」

魚座4度
「狭い半島での交通渋滞」
です。

乙女座4度の、白人と子供たちと遊ぶ黒人
の子というのは、日常を楽しんでいる
姿なので、今日の双子座のシンボルの
ような、ヒイラギとヤドリギが示す霊感の
強い子供という暗示に対しては逆の
エネルギーとなります。

またこの乙女座4度は、白人の子供たちと
黒人の子供が遊んでいる平等な感覚を暗示
しています。
これに対して、射手座のシンボルは、年上
の者から歩く事を学んでいる子供が、
従っているため、上下関係を意識していて、
逆のエネルギーとなっています。

魚座4度の交通渋滞は、意志の疎通が滞って
いるという暗示であり、イメージを現実化
するために意志を通じさせている双子座の
シンボルとは逆のエネルギーとなりますし、
また素直に目上の人の意志に従っている
射手座のシンボルとも逆のエネルギーと
なっています。

 

 

いつもありがとうございます(^^)

双子座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

あなたの魚座19度


魚座19度のサビアンシンボルは

「弟子を指導する巨匠」
です。

このシンボルが太陽にある人は、
多才でしかも努力家なので、技能を必要と
する仕事で成功する可能性が高いで
しょう。
また人を指導する事にも長けているので、
自分の身につけた技能や知識を、教える
事になります。
あまり、機転の利く方ではないですが、
じっくり深く感性を働かせて、物事を
捉えようとするので、落ち着いた印象を
人に与え、またおだやかな性質なので、
人と衝突するような事もありません。
適職は、伝統工芸作家、伝統芸能、教師
職人的な技能を必要とする仕事、
エンジニア、プログラマーなどになり
ます。
家庭運もあるため、早めに結婚をして
浮気もせず、幸せな家庭を築くでしょう。

このシンボルが月にある人は、性質が
穏やかで、落ち着いた雰囲気を持つ人
です。ですが、内に秘めた情熱があり、
それを打ち込める事に注ごうとします。

金星にある人は、すぐに人と仲良くなる
ようなタイプではありませんが、誠実で
他人への思いやりも深いため、ひとたび
友人になると、長く親交を深めていく
ため、年齢が高くなるほど親友が増えて
いきます。

木星にある人は、相手の事をよく理解し、
的確に支える才能があります。補佐役
としての仕事についたり、また指導者に
なる事も多いでしょう。

 

 

いつもありがとうございます(*^_^*)

あなたの魚座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ

光の球体から離れて再び下降するエベンさん!エベンさんの証言その7


前回エベンさんが、絶対意識のような存在
「オーム」から、叡知を授けられたという
事を紹介しながら、絶対意識と悪と愛に
ついてコアなところまで解説させて
いただきました。
今回はエベンさんの体験に落ち着いて、
紹介していきたいと思います。

まずは、「オーム」から授けられた叡知
の続きです。

また「」内が引用で、~から~までが中略と
いう意味です。

「私はその場所で、無数の宇宙に豊かな
生命が息づいているのを見た。~
~数限りない高次の次元があることも
知った。高次の次元は、その中へ入り、
直接体験するかたちでしか知る方法がない
こともわかった。低次の次元空間からは、
高次元世界は、知ることも理解すること
もできないのだ。因果の関係は高次元にも
存在しているが、この世界の概念とは
異なっている。
またこちらの世界で体験されている時間
空間は、いくつもの高次元に複雑なかたち
で、密接に織り込まれている。
言い換えれば、高次元の世界は、この世界と
完全に隔離しているわけではない。
あらゆる世界がそれらすべてを包み込む
神聖な真理の一部分を構成しているので
ある。
そして高次の世界からは、こちらの世界の
時間や場所に自由につながることができる
のだ。」

このあと彼は、この体験中に得られた知識は
、今でも彼自身の中にあるが、その知識を
ありのままに引き出すことができるわけでは
ないという事をいっておられます。
また世俗世界に戻ってきたいまでは、脳や
肉体により物理的な制約を経由しなくては
ならないからだともはっきり語られてい
ます。
さすがは、科学者であり、医者のエベンさん
なので、分析力が超一流ですね。
これは臨死体験者たちが、口々に体験した
事を言葉で表現する方法が見つからないと
いっているのとほぼ同じ意味ですが、この
ような表現だと、さらに理解が深まります。

「無数の宇宙に豊かな生命が息づいているのを
見た」というのは、生命の本質つまり意識の
事をいっているのです。このシリーズの
前回の記事でも書いたように、絶対意識から
分離してできた意識が生命の意識で、それ
自体多くの意識をさらに増やしていく性質を
持っています。

またこの高次元の世界には、多くのレベルが
ある事も理解できたという事ですが、
この領域になるとそれぞれの次元は空間で
仕切られているわけではありません、次元
の移行はもっぱら意識のレベルによって
なされるだけなのです。

また「低次の次元空間からは、高次元世界
は、知ることも理解することもできない
のだ」といっておられますが、これは訂正
が必要ですね、低次元の次元空間からでも
意識レベルがあがるだけで、その高次元
世界を知ることも理解することもできる
というのが正しいという事になります。
現に、エベンさんは臨死体験中に意識の
移行により、たくさんレベルの次元の
世界を経験することができましたから、
意識の移行と、空間の移行を混同して
考えているエベンさんの感性が、肉体の
ある状態でのフィルターにより、少し
ずれてしまっているという事ですね。

また「高次の世界からは、こちらの世界の
時間や場所に自由につながることができる
のだ。」といっておられることは正しい
です。高次元の世界というより高次の
意識領域といった方が正確ですが、高い
次元の意識になればなるほど、より
自由度が増すという事になります。
高い意識ほど創造的な意識エネルギーが
強くなるため、自分をどの状態のレベル
にも対応できるように変えていくことが
できやすくなるという事なのです。
だから絶対意識レベルになって全ての意識
になったからといって、そこに留まら
なければならないという事ではなくて、また
自由な意識として経験するために、自分
の分離した意識を創造し独立させて、
生命体などとして経験させる事も可能です。
ただ、うっかり我々の現在の地球の人類の
ように、絶対意識を忘却させられ、不自由な
人生に誘導させられる生命体として、再び
戻ってくるのは、少し考えものかもしれま
せん。
(これは私のサビアン占星術の解釈にも再三
出てくる土星や月のエネルギーのネガティブ
な干渉によるものです。)
ただこの場合でも、干渉エネルギーの影響を
あまり受けない意識レベルで、再肉体化
すれば、当然人生も大きくポジティブな
ものに変えられるでしょう。もちろんそれは
後天的に変える事も可能だという事です。

また別の時間軸では影響のない世界も
あるでしょうし、また時代も天体も
選べるので、そのあたりは高い意識に
なってから選べばいいだけの話です。
輪廻転生するような人は、そういう
仕組みがわからないレベルのまま、この
人生に戻ってくるという意識がほとんど
なのです。
これは肉体を離れた後も時間の固定観念に
縛られたままの意識だからという意味
です。

まあさらに別の生命の形態やら、無限に
あるので、書き切れませんね。
絶対意識は、全てと一体の意識ですが、
そこでは無限の意識とそれが投影する
無限の世界が全て共存しているので、
単純な一つではなくて、無限の種類の
世界が同時に存在しているものだと
いう事なのです。

さてこれまでは、彼が絶対意識の存在である
「オーム」から叡知を授かったという事
でしたが、結局彼自身はその絶対意識とは
分離した意識のまま下降していくことになり
ます。
今回は、その最初の部分を紹介して終わり
たいと思います。

「何かに引っ張られているような気がした。
~私はコアの世界を離れ、来た道を戻って
いた。眼下には大地が広がり、コアの輝く
闇が絢爛とした緑に溶けていった。下方には
、村の人々、木々やきらめく小川や滝が見え
、頭上には弧を描いて飛んでいるあの天使
に似た存在たちが見えた。連れの女性も
そこにいた。コアへの旅の間も、光の球体の
オーブになってずっと私のそばにいたのだ。
いまは再び人間の姿をしていた。~彼女に
会えたことが嬉しかった。彼女の存在に感謝
した。「いろいろなものを見せてあげます。
けれどもいずれは帰ってもらいます。」コア
の闇へ入っていくときに、言葉を使わずに
伝えられてきたメッセージが思い出された。
そして帰るということの意味が、そのときに
なって理解できた。
それは旅の出発地点の「ミミズの目」の世界
を指していたのだ。
再びその暗がりに降りていきながら、高次の
世界に何があるのかを承知していた私は、
もう以前のように狼狽することはなかった。
~泥。垂れ込めた闇。浮かんでは消えていく
無数の顔。上から垂れ下がる動脈に似た
木の根。そうしたものが、もうなんの恐怖
も呼び起こさなかった。自分はその場所
には属しておらず、ただ訪れるだけなのだと
-言葉には頼らずにすべてがわかる方法で-
わかったからだ。」
“出典:「プルーフオブヘヴン」
   エベン・アレグザンダー著
          白川貴子訳
          早川書房刊”

なんとエベンさんは、コアと一体になれ
ずに分離意識のままだったために、その
自分の意識の重みにより、低次元の
世界へどんどん逆行して、また地獄に近い
ような世界に戻ってきてしまったのです。
ただ、以前よりも意識レベルが高くなった
状態でなのですが、さてこの先エベンさん
がどうなるのか、興味津々の次回を
お楽しみに(^^)/

なんだか、昔のアニメっぽいナレーション
ですかねこれ💦

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ二位継続中です💦

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

神秘のペンタグラム的解釈 その2     水晶から天使までのつながり



さて今回は、サビアンシンボルの
ペンタグラム的解釈の第2弾です。
今回もサビアンシンボルのペンタグラムの
アスペクトになる実例を用意しました。
上の図のようになります。

これも五芒星を描く時の線である144
度のシンボルが神秘的につながって
いますね。

今回も、前回の解釈と同じように、高次
の意識へ右回りの流れを、矢印の向きで
表現しています。また画像をクリック
していただいたら、サビアンシンボルの
ペンタグラム解釈という記事にとびます。

また今回の説明は、スタートを頂点の
牡羊座9度から始めています。

まずは牡羊座9度
「水晶を凝視する人」は、
占い師によくみられる光景ですが、実際
水晶には、高次元と物質次元をつなぐ
パワーがあります。
水晶とはクォーツのことで、我々に身近な
パソコンやテレビ、携帯などに使われてい
る、シリコンチップの材料です。
水晶はこのようにアンテナやアンプとし
ての役割も果たしますが、高次元への
ゲートの役割を持つものとして、
スピリチュアルな世界では知られ
ています。超常能力を持つ、世界中の
シャーマンにとっても、彼らがパワーを
発揮するのに、水晶は大事なアイテムだ
とされています。
とにかく水晶を凝視するというのは、
単なる占い師のパフォーマンスではなく
て、異次元にチャンネルを合わせて運命
や予知をするのに、必要な事だったのです。
そして、この水晶を凝視する牡羊座の
流れを受けて

蠍座15度の
「五つの砂山のまわりの子供達」
につながりますが、五つといえば、異次元
のゲートであるこのペンタグラムにつながり
ます。つまり水晶がこの場合、五つの
砂山に変わったということですね。
そして無意識のうちに遊んでいるうちに、
子供たちの潜在意識に高次元からの波動
が伝わりました。そしてその流れを受けて

双子座21度
「労働者のデモ」
になります。
今度は大人の世代になると社会の制限を
受けて自由に遊べません。
しかもこの大人達は、潜在意識に高次元
からの波動が刷り込まれている人たち
なので、社会の制限が本来の自然界から
みてバランスを崩していることが、よく
わかってしまうのです。
そこで彼らは、本来の権利や社会のあり方
などを、社会の上部にいる人たちに主張
するのです。
その流れを受けて、今度は

山羊座27度
「山の巡礼」
になるわけですが、当然デモが社会に
受け入れられない事がわかった時点で、
社会を捨てるか、主張せずに、信仰と
いう道に入るのです。
これは高次元の意識を受けた人の流れと
して、非常によく表現されています。
そして今度は

乙女座3度
「保護をもたらす二人の天使」
につながります。
これは、人々が巡礼により信仰心が
深くなったという流れを受けて、
それを祝福するような天使が、
保護しにやってきてくれるわけです。
そしてまた、そのような救いが、別の
ゲートへの問いかけを行う牡羊座の
エネルギーにつながっています。
このようにこのペンタグラムは、非常に
よく異次元とのつながりを示してます。
しかも流れまで、ぴったりでしたね。
ではまた次回ということで。

よろしければこちらもお願いします(^^)/

さらに今日は毎日のサビアンシンボルの
ご紹介が1日休みなので
もしよければ、こちらの方でも

神秘のサビアンアスペクト一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ