進化論の破綻と月とのつながり


これまでの宇宙の真理編の記事では、
ニュートンの重力そしてビッグバン宇宙論
についての科学的反証結果を取り上げながら
完全に破綻しているという事を説明しました
が、他にも多くの現代の主流の科学の主張
に対して、多くの反対の証拠を得ているので
また記事にしようと思います。
アインシュタインについても、また進化論に
ついても同じ様に否定の立場にあります。
(否定的とか懐疑的などというような弱々
しいものでなく、完全に正当な理由をもって
反対の立場をとっているという事です。)
私と同じ様な見解を持っておられる方も、
ここ日本にも割合は少ないですがおられ
ます。
長年ネット界で超大物で、本まで出版され
ている凄い方で、しかも私の見解によく
似ておられるIn deep の岡 靖洋様
もやはりビッグバン理論と進化論について
完全否定の立場をとっておられるという事
です。

そして進化論についての決定的な反証となる
記事を、このたびアップされましたので、
引用させていただきますが、さらにこの記事
に書かれていることが、また私の月について
の見解に大きくつながることになるのです。
まずはこの進化論に決定的なダメージという
か、進化論完全否定になる記事を引用させて
いただきます。
もちろん日本のマスコミと教育は総スルー
という事です。
ビッグバンでも、数々の反証を全て黙殺して
きたのだから、まあ当然ですね。
では引用です。例によって「」内が全て
引用で、~から~までが中略という事です。

「[特報]ダーウィンの進化論が崩壊 :
かつてない大規模な生物種の遺伝子検査に
より「ヒトを含む地球の生物種の90%以上
は、地上に現れたのがこの20万年以内」
だと結論
される。つまり、ほぼすべての生物は
「進化してきていない」~

~わりと昔からのIn Deepの主張
・ビッグバン宇宙論の全否定
・ダーウィンの進化論の全否定
の2本です。~
~今回はこのうちの「ダーウィンの進化論」
について、それが、ついに「全否定」される
可能性が強くなったことについての報道
です。
これは、アメリカの科学メディアに掲載
されていた記事をご紹介したいと思いますが、
この研究の方法もすさまじいものです
。かつてなかったもので、誰も想像さえ
しなかったものです。
それは、10万種以上の生物種の DNA と、
アメリカ政府の遺伝子データバンクにある
500万以上の DNA の断片を「徹底的に調査
した」というものなのです。
そこからいろいろとわかったのですが、最も
衝撃的だったのは、現在地球にいる大半の
生物(人間を含む)が地球上に登場した
のは、10万年〜20万年前の間だとわかった。
そして、

「中間種は存在しない」。

ことでした。
その部分を記事の翻訳から抜粋しますと、
次のようになります。
おそらく、この研究の最も驚くべき結果は、
人間を含む現在地球上に存在する生命種の
うちの 10種のうち 9種(引用注:これは
おそらく上の記述からいっても10万種の
うち9万種という事だと思われます)が
10万〜 20万年前に出現したことが明らかに
なったことだろう。

これはつまり、この地球の生物の 90%以上は
「それ以前への遺伝子的なつながりがない」
ということでもあり、もっといえば、
・地球のほとんどの生物は 20万年前以降に

「この世に現れた」

のです。

これがどういう意味かといいますと・・・。
たとえば・・・「現行の科学で言われている
人類誕生までの地球の歴史」というものは
下のようにされています。
46億年前から始まり、35億年前くらいの
最初の生物が誕生し、そこから「徐々に」
進化してきた……というものです。

地球と生命の歴史
しかし、今回の大調査の結果からわかる
ことは、

「徐々に」進化していない

ということなのです。
つまり、20万年より前の部分は、「現在の
地球の生物とほとんど関係ない」としか
言いようがないのです。

とにかく、ほぼすべての生物種が 10万年
から20万年前に地球に登場しているという
可能性が極めて強くなったのです。
今回の調査の方法論と、この結論については、
科学的に真っ向から反論することは難しいよ
うに思えるほど、ほぼ完ぺきなものに見え
ます。
これから科学界はどうするのか……とも思い
ましたが、このニュースが出て以来の日本の
報道を見て少しわかりましたが、どうやら、
今は、「できる限り無視する」
という姿勢なのかもしれません。
何しろこれだけの内容が提示されている
ニュースなのに、日本語の報道がほぼないの
です。
もともとがアメリカの AFP 通信社の
特報記事として報じられたものですので、
日本の AFP にはその後掲載されましたが、
今のところ、どうもそれだけしか見当りま
せん。科学メディアも含めてです。
第一報から 10日ほど経過していますので、
今さら出てくることもなさそうです。
まったく報道されていないのです。
こんな大きな出来事がどうして?
(In deep様は、あまり政治的な
関係などには、ご興味がないようで、私なら
それを当然だと思えます。我々は徹底して
真理を隠蔽される事になっていますから
隠しようがないときになって、はじめて
しぶしぶ世に出てきます)
とも思いますが、いずれにしても、現実と
して、日本語ではほとんど報道されて
いないので、ご存じない方も多いかも
しれないと思い、ご紹介しようと思い
ました。」

“出典:「In deep」様”

このあと、この驚愕の真実を明らかにして
いる元記事を翻訳しておられますが、当然
破綻のない研究結果のようです。
詳しくお知りになりたい方は、上記の
In deep様のリンクからその記事をご覧くだ
さい。
こちらでは、進化論が完全に否定される事
が、科学的な検証として完全に裏付けられた
という事だけで充分だからです。
もちろん進化論が全く真実を反映していない
事を
このIn deep様は過去記事でも説明
されていてどれも完全に納得のいくもの
ばかりです。
それについてもまた別の記事でご紹介する
と思います。
この記事がとても重要な事につながると
いいましたが、20万年前頃に突如として
現在の生命種の90%以上が地球上に
あらわれたというこの事実は、月の
人工的なプログラムが、地上に届けられ
始めたのが20万年前というなら、納得
できるわけです。
しかも確かに現在の月の配置と大きさと動き
がなかったら、ほとんどの生命が維持でき
ないという事も今回の記事にしっかり一致
します。
つまり現在の生命が月のプログラムに従って
いるという事の裏付けにもつながるの
ですが、それについては、
月のエネルギーの真実 その2」でも
参考になる事を説明していますが、また
詳しく説明させていただきます。

そして20万年前に「現在のヒトを含む90
%以上の生命種」が突如出現したという事
は、ちょうど同じ時期にヒトの脳が突如右脳
を抑制する方向に転じたという結果と、時期
を全く同じくしているのです。
このことは右脳の驚異の力 その5でご紹介
しました。

ではその時の記事を引用します。
“ライトは、15年かけて人間
(特に脳)の進化を研究しているが、
その発見は私自身が調べていることに
とって実に有益だった。
 その結論は、人間の脳は、「遠い昔の
いつか」に能力のピークを迎えており、
それ以来「退化」しているということ
だった。
おそらく何百万年もかけて脳の容量は
加速度的に急拡大したが、およそ20
万年前に突然進化が止まり、ピーク時に
約1440グラムあった脳の重量は、
その後、約1300グラムに減少した
という。
(引用注:適者生存による、猿から
人類に進化したというような進化論は
すでに破綻しているというのが真実で、
世界の本物の知識を持つ人々によって
ビッグバン理論と同じく完全に反証
されています。ここでいう脳の進化は
進化論のような突然変異による種の
転換という意味ではなく、同じ人類の
脳の能力の進化という意味です。
公式の見解で、現在の人類が発祥した
としている20万年前が、皮肉にも
人類の脳が退化しはじめた時期と
重なる(今から思うとその部分は
ある意味確かに正しくなります)のは、
その事を知っていたこと
による意図的な見解ではないかとも
思えます。)
   (中略)
もちろん、世界中の伝承にも、楽園の
状態(黄金時代)から「人間の堕落」に
切り替わったという話が共通して見受け
られる。
 ジンとライトは、我々は、現実感覚の
限定と歪曲をもたらした脳の根本的な機能
障害のため、知覚的にも生理的にも、
かつての人間の劣化版になっていると
正しくも述べている。
これは私が長年言ってきたことと同じ
である。
両名によると、「人間の脳には、構造的にも
機能的にも、大幅かつ長期的な衰退が
あった」形跡があり、「その障害は基本的に
支配的な側(左脳)に集中している。」そう
である。我々は、その状態で生まれ、年を
取るごとに進行していき、「損傷した左脳」
(左脳は現実の知覚で支配的である)を
作っていくという。
 その症状はさまざまであるが、特に鬱病
(うつびょう)、大幅に欠陥のある免疫
システム、歪んだ性行為があるとし、
知覚的に優れた右脳が抑圧されたことで、
意識の状態(あるいはそれに相当するもの)
に極めて深刻な障害が発生していると述べて
いる。
そして、著者は、本当に我々は進化の頂点に
いるのだろうかと疑問を投げかけている。
明らかに違う。
   (中略)
ジンとライトは、約20万年前に始まった
左脳の「損傷」が、恐怖心を刺激し、支配欲
につながっていったと述べている。
   (中略)
『無明の闇に取り残されて』には、脳の故障
とバランスの欠如さえ修正されれば、人類は
素晴らしい可能性を秘めていると書いてある
が、まさにその通りだ。
この潜在的な力は、左脳の支配のために、
右脳に閉じ込められたままである。”
“出典:「ムーンマトリックス
        〈覚醒編6〉」
     デーヴィッド・アイク著
       訳 為清 勝彦”

このときにも進化論についてきちんと否定
しているのがわかりますね。
ここで確かに20万年前という事で時期
が一致し、ヒトを含む生命が突如出現した
時期と、人類の脳が突如退化に転じた時期
がぴったり重なるというわけですね。
めでたしめでたし・・・?????
ん?なんだか違うぞー!と思った方は
たくさんいるでしょうね。
実は私は、その事の説明を後に回さざる
を得なかったのです。
そうです、20万年前にヒトが初めて出現
したのなら、なぜ20万年前に「人類」の
脳が突如退化しなければならないのか?
それまでにいなかったはずの種が退化は
しませんから、完全に矛盾しているように
思えますよね。
実はこれでいいんです。

その20万年前に突如出現した人類と、それ
以前の人類とでは、全く違う生命構造だった
という事なのです。ただしおそらく魂での
転生ではつながっていると思います。
世界中にみられる人類の黄金時代の伝説は
確かに数十万年前より以前のものとして
伝わります。
しかもその時代の人類は現在の人類とは
能力も認識力も全く次元が異なるくらい
違い、そのレベルについてもまた格段の
差があったと、世界中の伝承として伝わり
ます。
という事は、現在の人類とは全く違う
遺伝子組成を持った知的生命体が、その
数十万年前より以前に存在していたという事
なのです。
しかし、知的であり、脳もあったという事
ですね。
一体どんな生命体だったのか?望むらくは
永遠の若さを保った美男美女であって欲しい
と思いますが、両性を一体として持っていた
とする説もあります。うーん💦
「えー!じゃあ一人でしなきゃなんない
のー?つまんなーい」
「だからなにをだー!」
それはともかく💦もし人類が両性を
持った生命体であったなら、プラトンのいう
失われた半身が男女のそれぞれで、それを
求め合う事は、当然もともとの完全体として
自分への強い回帰欲求という事にもなり
ます。
そしてまたその意識が高まるのが、蠍座の
エネルギーという事にも、またつながるの
です。

また月のエネルギーの真実その1
説明させていただいたように、現在の人類
は全く理に適った構造をしていないという
事なので、月によるプログラムが始まって
以降の生物種としての人類は、それが
プログラムによる意図的なネガティブ
エネルギーによるものだと想定せざるを
得ません。
今回のIn deep様の記事から、この
ようにつなげるのは、自分かデーヴィッド
アイクさんしかないでしょうが、かなり
真実をついていると確信しています。
とにかく主流の科学の公式見解こそ根拠なし
の机上の空論なのにもかかわらず、それが
徹底して常識として流布されてきたという
のが真実だということが、今回の件でも
また明らかになった事も確かですね。

また世界中に共通してみられる伝承などは、
そういった後から反証がどんどん発見される
科学のハリボテの公式見解と違って、後から
裏付けとなる発見が、どんどん出てくる
ので、かなり参考になるという事もいえ
ます。
常識の呪縛から解き放たれた真実をつなぎ
合わせていけば、今回の私のような結論にも
当然なるという事で、的外れな事を吹聴して
いるわけでは決してありませんよ。(^^)/

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

真実の月編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

世界中の古代からの教えが見抜いていた真理とは?


この記事は
古代の叡智と一致する心理学!  
ついに解明された究極の答え!

の続編です。
前回までで、トランスパーソナル心理学
というものが、西洋科学に対して、
いかにインパクトを与えるものであった
かを説明してきました。
しかしこの心理学は、古代の叡知の再発見
であったという事なのです。
つまり、シャーマニズム、ヨガ、仏教や
道教の東洋の偉大な霊的哲学、ユダヤ教、
キリスト教、イスラム教の神秘主義的諸派
などで伝えられてきた事が、真実だと
いう結論に至ったのがこのトランス
パーソナル心理学というわけなのです。
なんせ、これらの結論に対して西洋科学
だけが、物質至上主義、五感で感知または
確認できるもののみが実体だとしている
わけです。
そしてそれは、私たちの教育そのもので
あり、また主流の権威ある世界の科学界
アカデミックそのものでもあるという
事です。当然マスコミもそれに従った
見解になっているわけですが、そもそも
西洋科学だけが、正しいように教育され、
科学界もそのコンセプトで統一されている
のは何故か?それは英米による世界的な
支配力によるものだという事です。
英語もそうですね。世界の公用語と誰が
決めたかって?そりゃ戦争などで勝って、
世界に対して支配的な権力を手に入れた
からです。文化的に優れていたからなど
では全くないという事ですね。
五感シリーズのその3の聴覚についての
記事で、日本語の周波数の方が、意識
レベルの高さに通じているという事を
紹介していますが、文化レベルという
意味でも、英米より高いという事は、
明らかです。江戸時代後期の日本人の
識字率は、70~86%以上だった
のに対して、当時のイギリスでは、
大都市で20~25%、それ以外の
地域では、1割程度にすぎなかった
といわれます。フランスはさらに低い
状態ともいわれていて、日本がダントツ
で識字率や就学率が高く、文化レベルも
高かったということです。
またアメリカでセンセーションを、
引き起こしたマクガバンレポートでは、
世界で最も健康的な食事は江戸時代の
日本の食事だという結論を議会で発表し
のちの日本食ブームの引き金になり
ました。
さらに江戸時代では数学的なレベルでも
世界初といえるものがいくつもある
という事も現在明らかになっており、
日本が、江戸時代ですでに、世界最高
水準の文化レベルであった事を裏付ける
事がわかってきました。
なのに「明治維新」という言葉ですよ、
これは、軍事力を誇る欧米、特に
アメリカが、日本に自分たちの文化を
押しつけてきただけのものであったと
いう事です。

さて今回の記事では、いかに西洋科学
の物質至上主義が、真理とずれている
かを、また前回に取り上げさせて
いただいたサイトから引用させて
いただきます。
まずは、前回ご紹介したスタニスラフ・
グロフの自身の過去生体験も含めた、
多くの臨床例により、輪廻転生を真実
だと認めたところからです。
当然主流のの西洋科学界は認めて
いませんが、太古から世界中で確かな
ものとして伝えられてきたという事も
紹介されています。

「」内が引用で、~が中略です。

「グロフの過去生
また、過去生の存在について、グロフは
その数多くの臨床例から強く確信するに
至りました。
これはいままで多くの人に否定されて
きた輪廻転生について、科学的に
アプローチし、その存在を認めざるを
えないという大きな事実なのです。
グロフ自身も何回も過去生の体験を
しており、その中でも特に不思議な
体験があります。
彼が1961年にロシアに行ったとき、
キエフのロシア正教の修道院、
ペコルスカヤ・ラフラのことを知り、
強く引きつけられどうしてもそこに
行きたいという気持ちになりました。
そこは訪問予定には入ってなかったの
ですが、どうしても行きたくなり、
一人でタクシーで行ったのです。
そこには数世紀の間そこで生活し、
死んでいった修道士全員のミイラが
並んでいました。
そして、そこにいるときにこの場所を
知っているという明確な感覚を抱いた
のです。そしてその中で変わった位置に
手をおいた一つのミイラに出会い、
不思議な感情を抱いたのです。
それから何年か後に催眠を使った
前世療法で彼は過去世に遡ることに
なりました。
そのときグロフは自分がロシアの
少年になり、大きな家のバルコニーに
祖母がいて手が不自由だったのを見ま
した。やがて彼は自分が顔に大きな
やけどをおおい、そのせいで屈折し、
満たされない思いと、みにくいやけどの
痕で拒絶される苦しみを味わっているのを
感じました。そして修道士になって、
ペコルスカヤ・ラフラで人生を終えようと
決意したことを思い出したのです。
彼は年をとるにしたがい、両手がひどく
変形していきました。死んだとき不具の
手は祈りの形に組むことができなかった
のです。グロフがロシアで気になって
見た修道士のミイラは、なんと驚くべき
ことに過去生の自分自身だったのです。
この前世療法でグロフは長年彼を悩ませて
いた官能性と霊性との間の葛藤が解消
されたのでした。

●過去生の体験の効用
グロフは過去生の体験のあと、
慢性的な鬱病、心因性の喘息、
さまざまな恐怖症、ひどい偏頭痛などの
症状が軽減されたり、解消されるのを
みてきました。そして、多くの情緒障害は、
現在の人生よりもむしろ過去生の体験に
その原因があり、その原因のある過去生の
体験を再体験すると消滅されるか軽減
されるといっているのです。
これは非常に仏教の教えに酷似しています。
過去生のカルマによって病気や、心の病が
おこるといわれています。~

~グロフは輪廻転生については観察可能な
事実があり、西洋文化における輪廻転生に
対する否定的な態度はニュートン的な科学
によって強くなったが、輪廻転生やカルマ
を説く宗教や思想は世界中にたくさんあると
いっています。
グロフは以下のような宗教をあげています。
ヒンドゥー教
仏教
ジャイナ教
シーク教
ゾロアスター教
チベット密教
日本の密教
多くの南アジアの仏教の諸派
ピタゴラス学派
オルフェウス教
プラトン主義者
エッセネ派
パリサイ人
ユダヤ教カライ派
ユダヤ人および半ユダヤ人のグループ
新プラトン主義
グノーシス派
中世のユダヤ人のカバラ的神学体系
アフリカの部族
ジャマイカのラスタファリアン
アメリカインディアン
新大陸発見以前の文化
ポリネシアのカフナ
ブラジルのアンバンダの従事者
古代ガリア人ドルイド僧
現代の西洋の神智学者、人智学者
初期の神秘的なキリスト教の一部
また、旧約聖書にも新約聖書にも
輪廻転生は説かれていましたが、
政治的理由から500年代に
コンスタンスチヌス帝によって
削除されてしまったという事実が
あるといっています。
こうしたグロフの研究は科学的にも
輪廻転生があるという事実を提唱し
つつあるのではないでしょうか。
これまで宗教でしか語られなかった
分野について、一心理学者として
まじめに研究しています。しかも、
LSDという薬を使用してなのです。
この薬がいままでの意識よりも別の
多くの意識が存在することを西洋人に
経験させたのです。」

“出典:「21世紀の思想の創造
          光の輪
」様”

まず輪廻転生ですが、世界中の宗教や
思想家、超常能力者などがこれを真実
だと、説いているのがこれでよくわかり
ますよね。逆にいえば、これで世界で、
西洋科学だけが特殊なもののように思え
ます。太古からの世界中の賢人たちが、
みんなピントがずれてて、真理に対して
鈍感なのでしょうか?
とんでもない、その逆だと思いますね。

また自身の過去生の体験と多くの患者の
過去生体験の事例からグロフ氏が
身体的な、また精神的な病状に改善が
見られたと言っているところもまた
重要だと思います。
「グロフは過去生の体験のあと、
慢性的な鬱病、心因性の喘息、
さまざまな恐怖症、ひどい偏頭痛などの
症状が軽減されたり、解消されるのを
みてきました。そして、多くの情緒障害は、
現在の人生よりもむしろ過去生の体験に
その原因があり、その原因のある過去生の
体験を再体験すると消滅されるか軽減
されるといっているのです。」
という事ですが、これらの過去生体験の
多くは、前回もご紹介したように、LSD
を多い目に服用した場合に起こるという
事から、LSDが危険な薬物どころか、
人体や精神に対して、非常に良い効果を
もたらすという事がこれで明らかになって
いるという点ですね。では何故禁止された
か、それは我々に覚醒してもらいたくない
からというのが、一番の理由で、しかも
健康にもなってもらいたくないからと
いう理由まで真実だと思います。
また過去生体験により、現在の病状や疾患
などの原因につながる過去の体験を
追体験すると、現在の自分の病状や症状が
軽減されたり解消できるというのですが、
これは仏教のカルマに相当するという事
です。さすがに仏教は、このレベルの真理
まで得ていたという事ですね。
また西洋占星術でも、また多くの占術の概念
でも、人生においてのネガティブな体験や
経験は、「浄化作用」があり、自身を解放
させるためのものだという考えがあり、
やはりこれも仏教のカルマや、過去生の
追体験と共通している概念だという事です
ね。

やはりスタニスラフ・グロフ氏は、多くの
トランスパーソナル心理学で、多くの
貴重な真理を提供してくれているのが、
これでよくわかります。

最後にスタニスラフ・グロフ氏のこの
心理学の中核となり真理ついて述べた
言葉を、再掲載させていただきます。

「それだけが、独立・分離してあるような
物質や物質的自我は意識のつくり出す
幻にすぎないことが自覚され、時間も
空間も絶対的なものではなく、自己は
五感を通さなくても、宇宙のあらゆる
場所に接近できる。
同じ一つの空間を同時に数多くの物が
占めることがありうる。
過去は過ぎ去ってもうないのでも、未来は
もう来ないものでもなく、今の瞬間に
体験的に引き寄せることができる。
人は、同時にいくつかの場所にいる自分を
体験することができる。
一つ以上の時間的枠組みを同時に体験
することも可能である。
部分でありながら全体であることができる。
形態と無、存在と非存在は互換可能である。」

これで、全ての時空が同時に存在し、全て
がつながっていて、全ての私たちは、
全時空の全存在であるという、私の
これまでのブログで申し上げた通りの
結論に達しておられるのがよくわかります
よね。少なくとも多くの点で共通していて、
そしてまたほぼ同じ真理を言っている
わけです。
もちろんこれは世界中の古代からの叡知
でも裏付けられているという事です。

ではまた(^^)

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

志村さんの死因は、コロナじゃなかった!? 驚くべきタバコの実態とは?


この記事は昨日の
新型コロナウィルスのPCR検査の
真実とは? まさかこれで隔離だと?

の続編にあたります。

先日多くの人に愛されたお笑いタレント
の志村けんさんがお亡くなりになり
ました。
この方の笑いは、いつもあたたかさを
感じさせてくれていました、実際
あたたかい方だったようで、しかも
よくモテておられた事もご存知の方も
多いでしょう。
46年間もの長い芸歴でありながら、
最後まで、テレビをにぎわせてくれた
超大物タレントです。

その志村けんさんが、コロナで亡くなった
という報道で、全国の人々に与えた衝撃
はあまりにも大きかったのです。
このニュースで、「コロナはやばい」
「コロナは危険」「感染拡大を止めろ」
など多くの人の反応は様々でした
でしょう。

しかし、私は今回の志村さんの死因は、
コロナではないのではないかと思って、
いました。それというのも、コロナ感染
で入院し、死亡された人たちには、
基礎疾患をお持ちの患者も多かったと
聞きます。
しかも私の研究から、現在の医療では
完全に効く特効薬もなく、有効な治療方法
もないという事で、対症療法しかなく、
それは、免疫力が弱まった感染者の方達
にとって、とても危険な結果をもたらす
可能性も高いとみていた事から、感染者
の死亡が、常にコロナ一択である事に
おおいに疑問を持っていたからです。
たとえば世界中で五千万人も死者を出した
というスペイン風邪の当時を知る医者が、
ワクチンや特効薬で大半の人が死んだ
可能性が高いと証言しています。
この事については、
新型コロナ騒動の盲点について  
スペイン風邪から学ぶべき大事な事
とは!?
という記事でも詳細に
取り上げています。

そして昨日の記事や
新型コロナウィルスは、まさかのシナリオ
通り!?その意図の核心に迫る

でも取り上げていますように、もし
頂天にいるものの意図として、計画された
コロナウィルスによるパンデミックで人々
を恐怖に陥れたいのなら、今回の
志村けんさんの報道は、とてつもなく
インパクトが大きいものとして人々の
心に恐怖心と悲しみを植え付けるのに
効果的だといえるわけです。

もちろん死因については、憶測でしか
ないので、断定もできませんが、
少なくとも、コロナウィルスが原因
だけとは思えないような情報も入って
いるのです。

たとえば志村さんは、もともと肺炎で
入院された事もあるようで、4年前には
肺炎で入院もされていたようです。
その事についての医師の見解が以下です。
文中のエクモとは、『ECMO(エクモ)』
という人工肺装置。またそれを使用した治療
方だという事です。

『』内が引用です。

『生死を分けたものはなんだったのか。
日本呼吸器学会専門医で
「水谷内科呼吸器科クリニック」
(東京・大泉学園)院長の水谷清二氏は
言う。

「志村さんを診たわけではなく、詳細な
病状もわからないので一般論になり
ますが、新型コロナウイルスによる
重症肺炎にエクモが有効なのは確かで、
志村さんにエクモ治療が行われていた
のは、回復する見込みがあったから
だといえます。しかし、肺の既往症が
あったことで、すでに肺の機能が大きく
落ちていたと考えられます。報道に
よれば、かつての志村さんは
ヘビースモーカーで、4年前には
肺炎で入院を経験していますし、
COPD(慢性閉塞性肺疾患)だった
とも言われています。COPDの患者
さんは、風邪やインフルエンザといった
感染症にかかると肺炎になりやすくなり、
重症化リスクも上がります。症状が改善
しても以前より肺の機能が低下して
しまうのです」 』

“出典:「日刊ゲンダイ ヘルスケア+」
様のサイト
エクモも志村けんさんを救えず…
一因は肺の基礎疾患にあり
より”

なんと、これだと死因を肺炎としても
良かったのではないかと思えます。
そしてエクモはともかく、病院での
治療措置が原因で亡くなった可能性も
あるという事です。
記事にもありますように志村けんさん
は相当にヘビースモーカーだったと
いいます。
しかし肺炎で入院した後は禁煙していた
といいますが、それでも遅かったよう
なのです。その事を取り上げている記事
から引用させていただきます。

『』内すが引用で、~が中略です。

『一方、志村けんの死とタバコの関係
を深掘りして放送したのがTBS
『ひるおび!』だった。
 
タバコが新型コロナを重症化させた
可能性を指摘したTBS『ひるおび!』
 『ひるおび!』が伝えたことは
明快だった。
 ヘビーな喫煙によって人間の肺が
炎症を起こして穴だらけになって
しまうこと。
 加えて喫煙者は新型コロナウイルス
で感染しやすく重症化しやすくなる
ことだ。
 そして志村のように禁煙生活を
4年続けていても大丈夫とはならない
ということも一般の人にとっては
想定外の指摘だった。
 
 ゲストの倉持仁医師
(インターパーク倉持呼吸器内科院長)
は新型コロナ肺炎について次のように
解説した。
(倉持仁医師)
「”新型コロナ肺炎”の特徴は・・・
新型コロナの患者さんの特徴は
CTを見ると肺の外側に一気に
炎症が広がっている。
本人に自覚がなくても急速に
悪化する」 ~
番組では長年志村と親交があった
歌手の由紀さおりが出演。
 ”志村けんが多いときには
1日60本を吸うチェーンスモーカー
だったこと”を明かした。』

“出典:「YAHOOJAPAN
ニュース
「コロナ重症化の背景はタバコ?」
志村けん死去でテレビが伝えにくい
”真実”
より”

なるほど、良心的な医師の方も多いと
いう事で、私も少し安心できるものは
ありますが、ただそれと西洋医療が危険
な事は、少し別次元の事になります。
つまり良心的であっても、西洋医療を
正しいと信じていれば、その弊害は
とても危険な事につながるというわけ
です。
そして記事では、コロナを重症化する
リスクとして関連づけていますが、
私は、上の者の意図する狙いで
いえば、もはやコロナは関係がないと
思っています。しかも今回の志村さん
容体と治療措置の経緯を観ていくと、
不可解な点もみられるという事で、
よく引用させていただいてるタマちゃん
の暇つぶしさんのサイトなんかでは、
暗殺されたのではないかとも書いて
おられます。
もちろん真相は、わかりませんが、
充分にあり得るからです。

ここで相当なヘビースモーカーで
あった志村さんの吸っていたたばこ
について驚きの情報に出くわし
ました。それが以下のものです。

『』内が引用で、~が中略です。

『タバコ大好きなみなさん、そして
タバコ大嫌いなみなさん!
耳寄りの情報です。

日本やアメリカの紙巻タバコは
どのようにして作られている
でしょうか?~

まず、虫食いを防止するために
農薬がたっぷりと使用されます。
その量たるや、温室育ちのイチゴを
はるかに上回る量です。
それを口元で焚いて周囲にまき
散らしているのです。
歩く農薬散布マシーン。~

製造コスト削減のため、タバコの葉に
大量のおがくずを混ぜますが、
木(オガクズ)は燃えにくいので、
火薬をまぶします。 時々、パチッと
音がして火花が飛んだりするのは、
火薬のダマに火がついた時の爆発です。~

逆に、巻紙が早く燃えすぎては困るので、
建築の壁紙に使う不燃剤をしみこませた
紙で巻いてオガ屑+葉たばこの
燃焼スピードに合わせます。 
今時の火事で死人が出るのは、
ほとんどこの不燃材から出た煙を
吸い込むためです。
その不燃材をを口元で焚いて周囲に
まき散らしているのです~

昔と違って、夫々の銘柄ごとに葉を育てる
と大変なので、同じ種類、或いはいくつか
の種類の葉を育て、それぞれの銘柄毎に
化け学香辛料(石油原料)が添加されます。
つまり、石油から出来た化け学香料と
石油から出来た化け学調味料です。
それが、ショートホープやハイライト、
セブンスターなどの銘柄・香り・味の違いと
なりますが、全ては同じ葉っぱに過ぎません。
みなさんの好みは化け学物質によって
振り分けられているのです。 
その化け学物質を口元で焚いて、
その臭〜〜〜い香りを周囲に撒き散らして
いるのです。~

更に、葉たばこの産地、なんとフクシマは
県別収穫量で第3位。 国内栽培面積の1割。
同じく被曝地域の岩手県( 1位 )・青森県
( 2位 )を加えると、4割が被曝葉たばこ
と云うことになります。~

つまり、みなさんは口元で、ウラン・
プルトニウム・アメリシウム・
ジルコニウム・セシウム・ストロンチウムなど、
200〜300種に及ぶ核物質を焚いて周囲に
まき散らしているわけです。』

“出典:nueq labのサイト
タバコはハーブだ!より”

なんと香害被害者の方も必見の内容
でしたね。タバコには農薬も、化学物質も
放射能物質も含まれていて、それに
火をつけて吸う事は、周囲に甚大な
放射能被害をもたらすだけでなく、
農薬散布の役割や、化学物質もまき
散らすなどの事を意味するというわけ
です。これを知ったら香害被害者の
方々だけでなく、みんな全力で喫煙者を
回避しなければなりません。
むしろ隔離しなければならないのは
こちらの方かもなどとも思いますが、
現時点では、一応合法で、それを知って
いるはずの上の者の意図の反映として
タバコ喫煙が禁止される事はないの
かも知れません。
ですが、志村けんさんは震災後も長く
喫煙されていたという事で、肺の状態
だけでなく、身体の免疫力も相当
低下していた可能性が高かったと
いう事がこれでわかりましたね。

つまりコロナウィルスに感染していなく
ても、重症化してしまうような身体で
あったかも知れないという事なのです。

とにかく、前回の記事などでも説明
しましたように、有名人を使った
心理効果というものを、当然彼ら
が知っているからこその報道の仕方
だったと思われます。

たとえば志村けんさんの死後、
森三中の黒沢かずこさんも
コロナ陽性という報道があり
ました。ツィツターでいつも
鋭い指摘をする方が、「芸能界でも
クラスターが発生しているから
なのか、それとも芸能人だから
検査を優先させているのか?」と
つぶやいておられましたが、コロナ
での感染拡大の恐怖心を植え付ける
のにやはり、芸能人を利用している
可能性が高いと思います。

前回の記事で引用させていただい
てる真実暴露ブロガーとして、
あまりにも有名な「さてはてメモ帳」
さんもこう書いていました。

『特に有名人たちの
「感染」は宣伝効果が高いですネ。
普通のコロナ風邪でもネ』

“出典:さてはてメモ帳さんのサイト
でっち上げられたパンデミック:特異的に
COVID-19に対してではなく、
コロナウイルスのあらゆる株について
人々を検査している
より”

やはり、志村さんはその宣伝に
使われてしまった可能性が高いと
思えます。
もしそれが事実だとしたら、
「ふざけんなこの野郎」という
気持ちですが、そういう隠蔽は私
たちが、戦後経験し続けてきた事
でもあるのです。
たとえば、戦後、原爆による放射能の
被害で亡くなった人たちの診断には
放射能によるものと記入する事は禁じ
られてきたのです。だから福島の
原発事故のおかげで、亡くなった多く
の人たちは、放射能による死亡とは
カウントされないので、騙される
人たちを誘導する事もできたという
事です。
このように死因が、隠したいものである
場合、今回のコロナ感染による死亡
とされる事は、隠蔽のためには非常に
有効だという事なのです。
志村さんの容態の悪化は、急激な
呼吸困難によるものです、それは5G
影響である事も充分に考えられる
のです。
もちろんそれは、5Gを普及させたい上
の者たちにとって都合の悪い真実なので
隠蔽するのに、コロナ感染であるとする
のは、非常に都合が良いというわけです。
5Gが、肺に入った酸素を破壊する効果
があるというのは
武漢での突然死の正体が
明らかに!?5Gと酸素の
意外な関係とは?

という記事でも説明しています。
つまり私たちは、全てコロナ感染に
よる死亡という事で、上の者の思惑
通りに、コロナに恐怖心を抱き、思う
ような社会にするために誘導されて
いるという事を知っておいた方が良い
という事です。
コロナウィルスは、昨日の記事でも
説明したように、あまりに一般的で
ほぼ無害に近いタイプや、また
発症するのに充分でない量は、誰に
でも保有されている可能性が高い
ので、もし自分で自覚症状を感じて
もそれは、他のおそらく病院にいく
必要のない身体の異常である可能性
も高いという事です。
特に5Gや放射能汚染の食品や、
香料やタバコなどから受ける害、
食品添加物、農薬などは徹底して
避けた方が良いという事でもあり
ます。
大事なのは「恐怖」ではなく
「気づき」です。誘導にひっかかる
事なく、私たちのための未来を
イメージして行動する事が、今は
非常に大切な事だと思います。

ではまた!

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です💦

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

新型コロナウィルスのPCR検査の真実とは? まさかこれで隔離だと?


みなさんコロナ感染を恐れすぎて
恐怖心から、盲目になりすぎてや
しませんか?
感染拡大を恐れすぎて、検査して陽性
なら即隔離されて、その後は、誰とも
連絡も話もできなくなるのです。
たとえば自分や自分の身内の方が、陽性
と言われて、隔離されるようになったら
どうなるのかの視点が完全に欠落して
います。
つまり今回の記事は、ご自分や、
自分のまわりの大切な人にも起こりうる
ものとして、読んでいただきたいのです。
これは、どうか最後まで読んでいただき
たいのです。そうしないと、確実に
私たちの多くが陥っている間違いに
確信するまでには至らないと思うから
です。

まず陽性と判断された人または、その
お身内の方の気持ちになってみましょう。
以下は、そんな経験をお持ちの方、
または、我が子が隔離されたらと不安
でたまらない人のツイートです。

みなさんこれを観てどう思われ
ましたか?
まずみなさんが思うのは、陽性に
なるのはやだな、もちろん感染も
いやだけど、もし感染したとしても、
自分や身内の人に検査にはいかせ
たくないと思われたのではない
ですか?

もちろんそうは思わず、いやちゃんと
検査して陽性になったら、病院に
任せるしかないだろう、たとえかわいい
我が子に会えなくなったとしても、
それは仕方がない事、もちろん自分が
そうなったら、世間様の迷惑にならない
ように隔離でもなんでもしてもらおう
じゃないかという人もいるでしょう。

ある意味立派な考えのように見えます。
また今検査・検査と騒いでいる人たち、
まあ多くの日本の方がそうですが、
さてそんな考えにいる方にも、今回の
記事は非常に大事なので、これまでの
私の記事からみて、私が「まとも」だと
思われる方は、是非読んでいただきたい
ものなのです。

本当は感染拡大も怖いし、自分が感染
したくもないという事から、「検査」を
徹底しろ、日本は検査が他国に比べて
少なすぎるという声になっているのだと
思います。
もちろん私は現政権が発足した2012
年の12月16日の選挙の真実を知って
いるものとして、現政権が完全に信用
できない事には、9年以上も前から知り
つくしていました。だから政府の対応は
当然だめだという事はわかっています。
ただそれと検査数が少ないから、増やせば
この感染拡大が解決するという考えを
結びつけるのは、短絡的すぎるのです。

現政権のバックに超権力者がいる事くらい
いまや中学生でもわかっている人が、
いるので、現政権がそうするのには、
当然我々のためでなく、その超権力者に
とって都合が良い事なのには、疑いあり
ません。
だから、今回の検査を徹底しない事にも
何か意図があると思われます。
そういう事に詳しい人から見ると、今回
の場合、人々が感染拡大を恐れて検査を
徹底しろという意識が蔓延する事も
そういう権力者の狙いである可能性が
あると理解できるはずです。

さて、検査をして感染拡大が防げる
のかというとそうでもないという事は
みなさんもご存知ですよね?
検査で陽性と判定されなくても、あとで
陽性と見つかったとかいう事もあるから
です。
「それでもやらないよりまし」という人
もいるでしょう。
ですが、陰性であっても陽性と判断される
場合もあるとしたらどうしますか?
上のツイートの方にも聞きたいですね。
検査して陽性と出てしまって隔離させた
けど、実際には陰性であったかも知れない
と聞けば、喜んで自分や身内を検査させ
たいと思いますか?
実は多くの人が勘違いしているのは、まず
そこなのです。

たとえば、検査が必要だと考える多くの人は
PCR検査を徹底しろと声高に叫びます。
ですが、PCRで偽陰性、偽陽性と診断
される人の数は意外に多いのです。

その事を説明している方のサイトから
引用させていただきます。

『』内が引用で、~が中略です。

3700人に対してPCR検査を行った場合
の偽陽性、偽陰性と判定される人は予想外に
多い

クルーズ船に乗っていた3700人
(もう少し多かったかもしれないけど、
計算しやすいように3700人としました)
に対して精密検査の一つとして考えられて
いるPCRを行なったとします。PCR検査は
微量のウイルスの遺伝子を増幅することが
可能であり、臨床の場で大活躍している
実践的な検査方法です。
しかし、本当はウイルス感染していない
のに陽性と判断してしまうことが
どのような検査であっても発生して
しまいます。間違って陽性と判定して
しまうことを偽陽性と呼びます。
一方で本来はウイルス感染しているのに、
いくらPCRであったとしてもウイルス感染
していないと間違った判定をしてしまう
可能性があります。これを偽陰性とよび
ます。~
結果的には2738人-2601人=137人が
本当はウイルス感染してないのに
検査結果は陽性、つまり感染していると
判定されてしまいます。これが偽陽性
です。
また、ウイルス感染しているのに検査結果
は陰性、つまり感染していないと
判定される人が48人でてしまいます。
これが偽陰性です。
3700人中、偽陽性の人が137人、偽陰性の人
が48人出てしまいます。』

“出典:「五本木クリニック」
院長ブログ
新型コロナウイルス感染をPCRで
判定しても、様々な問題が発生する
可能性があります。
より”

これは、PCR検査について、よく
理解している専門家の見解です。
数字の信頼性については、確実か
どうかまでは、わからないとしても、
まずPCR検査がみなさんが思って
いるのとは、違い万能でもなく、
しかも偽陽性と判断される場合も
かなりあるという事を知って
どう思いますか?

つまり自分の身内、たとえば大切な
我が子が、検査を受けて偽陽性なのに
陽性と判断されて隔離されて、もう
会えないとしたら・・・。

これを知って、検査を徹底しろと
いっている人たちは、どうですか?

自分や身内を検査に行かせて、偽陽性
なのに、陽性と判断されて、隔離
されてもし別の原因で悪化して、隔離
されたまま人生を終えるとなったら
どうでしょう?

私は、身内にそんな残酷な真似は
できません。もちろん死を常に覚悟
して生きている私でさえ、そんな
バカな事で死ぬのは、無駄死にだと
思って避けます。

実際にそれが起こりうるし、日本だけ
でなく、今世界中で起こっている
可能性のあることなのです。

まだあります。もしコロナウィルスが
危険なものでないのに、気をつけて
いても感染してしまい、そして検査で
陽性だと診断されて隔離されたと
したら?つまり自己免疫力で治癒できる
ものなのに、検査で陽性とされたので、
隔離されて、病院の投薬や医療措置で
急に体調が悪化し、隔離されたまま、
死ぬ事になったとしたら、コロナの
せいだというより、検査と医療のせいで
亡くなった事になりませんか?
これも実際にあり得る事だというだけ
でなく、おそらく世界中で起こっていて
、しかもそれが「彼ら」(超権力者)の
意図であるという事であれば?

さてこれだけ政府が、最初から感染を
食い止めるのではなくむしろ拡大
させてきた事で、みなさんももう感染して
いるかも知れないと思って、読んで
いただいてもいいかと思います。

PCR検査で、実際には、なんの影響も
及ぼさないくらいの感染でしかないのに
コロナに感染していた場合の事を説明
しているサイトから引用させて
いただきます。
いきなり警告から入ってますが、まさに
これは事実なのです。
今回の記事は、まさに次の事が読み取れる
かどうかに全てがかかっていると思います。
どうか、1人でも多くの人が真実に
目覚めてくれる事を願っています。

『』内が引用、~が中略です。

コロナのPCRテストをすればするほど罠に
嵌まりますので注意してください。

ご存じのように、PCRは、ごくわずかな量
のDNAを増幅することで機能します。
したがって、それは、あなたがどのくらい
のウイルスを持っているかを告げることは
できません。 そして、それが病気の診断に
関して本当に重要な唯一の問題です。
誰もが、いつでも彼らの体内で駆け巡る
少量のウイルスをもつでしょうし、そして
ほとんどが、その量が少なすぎるため病気
を引き起こすことはありません。 ウイルス
が病気を引き起こすには、大量のウイルス
が必要です。 しかし、PCRはウイルス量を
テストしないため、したがって、あなたを
病気にするのに十分な量で存在するかどうか
を判断できません。

(引用注:つまりウィルスに感染しても、
全く健康上は問題ないレベルなのに、
陽性と判断されて隔離され、しかも医療の
過失で重篤化し、死亡しても、誰にも判断
される事がなく火葬されるという可能性
があるという事です。自分の身内に
それが起こる事を許せますか?)

もしあなたが、気分が悪くてPCR検査を
受けた場合、いかなるランダムなウイルス
DNAでも同定され得ます。それらがあなた
の病気に関与していなくてさえ。それは
誤った診断につながるでしょう。

そしてコロナウイルスは信じられないほど
一般的です。 世界の人間の人口のかなり
の%が、少量のコロナウイルス DNAを
持っているでしょう。たとえ彼らが完全に
元気、あるいはなにか他の病原体で病気で
あっても。

(引用注:なんと、コロナウィルスは、
すでに多くの人が保有していて、それを
克服できているか、発症するのに充分
でもない人でも陽性と診断される
可能性がある事を示唆しています。)

これがどこに向かっているのかわかり
ますか? もしあなたが、完全に偽の
パンデミックについて完全に偽の
パニックを作り出したい場合–
コロナウイルスを選びます。

(引用注:これは、先に投稿した
記事でもアイク氏が示唆していた事
ですが、彼のような事を予見している
人は、他にも結構多いのです。それは
また引用もさせていただきますが、
これが意図したパンデミックである
としたら、今回のこの記事がよく理解
できるでしょう。)

それらは信じられないほど一般的であり、
そしてそれらはたくさんあります。
他の原因(インフルエンザ、細菌性肺炎
など)で病気になった人の非常に高い
割合が陽性になるでしょう。

コロナウイルスに対するPCRテスト。
もしあなたが、それらを適切に実行して
汚染を排除している場合でさえも、
単にコロナウイルスが非常に一般的で
あるという理由だけで。

世界中の病院には、何十万人もの
インフルエンザと肺炎の犠牲者が
いつでもいます。~

やがて「パンデミック」が発生し、
そして、単純なテストキットトリックを
使用して、最悪のインフルエンザと
肺炎の症例を実際には存在しない何か
新しいものに変換するだけです。

今や、他の国でも同じ詐欺を実行する
だけです。 恐怖のメッセージを常に
高く保ち、人々がパニックになり、
批判的に考えることができなくなる
ようにします。~

(引用注:つまりこれは権力者の
意図を説明しているわけです。
もちろんそれが現在行われている
わけですが、要するに実際には
インフルエンザにかかっているだけ
の人を、検査でことごとく
新型コロナウィルス感染による
ものだと診断させてしまえば、
新型コロナウィルスの感染とその
拡大を、どんどん人々に広めて
しまえるという事なのです。
実際米国では、インフルエンザに
数千万の人が感染しているという報道
がありましたが、その人々の多くが
新型インフルエンザに感染していた
という事に、置き換えられて今
パニックになっているという事です。

そしてこの後は、訳し方の問題があった
のでしょう。あなたがという部分は、
彼ら権力者の意図する事を代弁していて
つまりあなたが、やばい権力者で
あった場合の事を説明しています。
これを私が説明しなければ、誤解
される可能性が高いという事です。
ここからは、シナリオを描いている
「彼ら」の身になって、ご覧ください)

1. あなたは主張できます。これは
ほんの始まりであり、より多くの死が
差し迫っていると。 これを言い訳
として使用して、すべての人を隔離し、
そしてその後、その隔離が予想される
数百万人の死者を防いだと主張します。

2. あなたは、危険を「最小限に抑える」
ことに責任を負えないと人々に告げる
ことが出来、そして数字について
話さないように脅します。

3. 偽りの科学で盲目の人々に対して、
望んでいる架空の数字についてたわごと
を話すことができます。

4. 健康な人(もちろん、体内
にコロナウイルスのDNA断片も含んで
いる可能性が高いでしょう)のテストを
開始して、「症例数」を
「無症候性キャリア」で膨らませること
ができます(もちろん、どんなウイルス
学者も、症状が無い症例が多いほど、
あなたの病原体はより致命的ではないと
知っているにもかかわらず、致命的に
聞こえるようにスピンする必要があり
ます) 。 (訳注:特に有名人たちの
「感染」は宣伝効果が高いですネ。
普通のコロナ風邪でもネ)

これらの4つの簡単なステップを実

すれば、独自の完全にでっちあげた
パンデミックを数週間で稼働させる
ことができます。』

“出典:さてはてメモ帳さんのサイト
でっち上げられたパンデミック:特異的に
COVID-19に対してではなく、
コロナウイルスのあらゆる株について
人々を検査している
より”

この記事でわかった事は、PCR検査に
引っかかるようなコロナ感染は、とても
多くの人がすでにかかっている可能性が
高いという事です。そしてまた多くの人が、
全く問題なくコロナウィルスウィルスを
保持しながらも、それが発症しない
レベルに留めていられている状態だという
事です。つまり、もしコロナウィルスが
増殖したとしても、ほとんどの人が、
それを未然に免疫力で殲滅させて
しまえる能力を持っているという事
です。ですが、もしそのように問題が
ない、多くのコロナウィルス保有者が
検査にいけば、または強制的に検査
されてしまうなら、当然陽性と診断
されてしまう可能性が高いという事
なのです。
PCR検査には、新型なのか旧型
なのか、また深刻な新型ウィルスの
タイプなのか、無害に近いコロナ
ウィルスなのかの判断はできない
という事です。

つまりあなたやあなたの大切な人が
たいした事にならないのに、しかも
人にうつしても問題ないコロナウィルス
を保持していたとしても、陽性と判断
されて、もう二度と会えないかも
しれなくなるのです。
これでもあなたは自分や自分の大切な
人を「検査」させたいですか?

私の心の底から言いたいのはそこです。
みんなが普通に保有していても、問題
ないレベルのコロナウィルスを特定
したからといって、感染拡大を防げる
という事もなく、むしろ感染拡大しても
問題ないコロナウィルスを、必要以上に
怖がって、自分たちの生活の糧を失い、
自分たちの自由を制限し、そして必要の
ない「検査」で「隔離」される事に
つながるという事なのです。
同意すれば、彼らの狙い通りの社会へ
誘導され、多くの人自身やまたは大切な
人を隔離させ、致命的な結果に
つなげられてしまう事につながるという
わけです。

このシナリオに従った場合の結末は
新型コロナウィルスは、まさかのシナリオ
通り!?その意図の核心に迫る

という記事でアイク氏が語ったような
事になるという事なのです。

今の所「彼ら」の思惑通りに世界が
なっている状況です。
もちろんアイク氏も語っていたように、
シナリオは多少は、巻き戻される
かもしれません、しかし進行して
しまえば、決して元通りになるのは非常
に困難です。しかも今回の騒動で本当は
自己免疫力で回復できたはずの多くの人も
戻ってきてはくれません。
この流れを逆転するためには、1人
でも多くの人が、彼らの意図に気づいて
新型コロナウィルスに対して、また感染
について、間違った思い込みをしていた事
に気づき、超権力者の意図を理解できる
ようになる事が大事だという事なのです。

そうなるとコロナを恐れず、彼らの誘導
にも気づき、本来の私たちの望む世界を
イメージできるようになり、彼らの
意図をくつがえす事ができるという事
なのです。

くれぐれも検査で感染拡大阻止という思考
が、彼らの用意した罠であったという
事には気づいていただきたいという事
です。

つまりコロナウィルスは、誰でも保有
している可能性があるという事と、
それはほとんどの人にとって全く健康に
害を及ぼすものではなくても、検査で陽性
と診断され隔離され誰とも会えないまま
この世から去る事になる可能性がある
という事なのです。

「検査をしろ」と叫ぶ人達には、
そのような危険を知っていただきたい
という事です。

誰でも隔離されるのは嫌だし、大切な
人が隔離されても欲しくないはず
です。
もちろんだからこそ検査しなくも
よいのです。
この事をわかってくださる人が1人でも
多くなってくだされば、日本だけじゃ
なく、世界も彼らのだましの流れから
脱却し、本当の意味で豊かで安全な
世界に移行できるようになると
思っています。

では今回の記事が多くの人の勘違いを
修正できるきっかけの一つになる事を
願って失礼いたします。

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です💦

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

まさか薬を出す側が副作用を知らない!? 添付文書を読まないらしい 


この記事は
全ての治療の基準というガイドラインとは? 
患者より利益という真実

という記事の続編です。

前回の記事をご覧になれば、いや
というより、医療に対する私の一連
の記事をご覧になれば、もはや現代
医療を、盲目的に信じる事がいかに
自分や身近な人にとって危険な事か、
よくわかっていただけたと思います。

しかもそれは、医療業界に関連する
巨大産業を所有する超富裕層の意図
が反映されているために、危険で
あるという当たり前のような結論に
行き当たります。

もはや記事を読んでいただいた方々
の多くは、そんなところだろう
と思っておられると思います。

医者や現代西洋医療をそれでも、
信じたい人達が驚くべき事実を今回も
またご紹介したいと思います。

なんと医者は薬の副作用も知らない事
が一般的、つまり薬の副作用が書かれ
ている添付文書を読んでいない場合
が多いという事です。
それよく危険な副作用だらけの薬を
平気でどんどん患者に処方してきたな
と思います。

まずはその事例をご紹介しましょう。
少し長いですが、認知症が薬によって
引き起こされる場合が、とても多いの
にも関わらず、その副作用について
知らない医者が一般的だという驚愕
の事例です。
認知症の親を介護した事もある私が
認知症の介護は、肉体的にも精神的
にも、経済的にも、奪われる時間的
にもとてつもなく負担である事を実感
しているので、これは多くの人にも
読んでいただきたいことですから。

『』内が引用で、~が中略です。

『自分の親が病院にかかった途端、
別人のように変わり果てる――。
・生気がなくなり、歩くのも
おぼつかなくなって、やがて
寝たきりになってしまう
・落ち着きを失い、ときに激昂し
暴言・暴力をふるう
・記憶力や思考力などの認知機能が
低下する
医師から処方される薬剤が原因で、
こんな症状に陥る高齢者が数十万人
に及ぶかもしれないとしたら信じられる
だろうか。海外では早くから、その原因
となる薬剤の危険性が指摘されながら、
日本では長い間、放置されてきた。
最近になって学会が注意を促し始めたが、
改善される兆しはない。
薬剤によってこうした症状に陥ることを
「薬剤起因性老年症候群」と呼ぶが、
高齢者にとって人生総決算の大切な時期に
普段の自分を見失うことは、いわば尊厳を
奪われるに等しい。注意を要する薬剤を
適正に使っていない点では、まさに
「薬害・廃人症候群」と呼ぶべき
だろう。~

(引用注:そう、薬害という言葉は、
薬そのものを指すだけでなく、それを
処方する医者による被害、そのような
薬を生産する医薬品企業による被害の
総称だと覚えておくといいと思い
ます。)

 兵庫県立ひょうごこころの医療
センター認知症疾患医療センター長の
小田陽彦医師のもとには、認知症や
それに付随するさまざまな問題を抱えた
患者がやってくる。
 70歳代の女性患者が「自分は認知症
ではないか?」とやってきたのは
2015年11月だった。50歳代のころから、
うつ病で総合病院精神科での入退院を
繰り返していた。この間、万引きをする
盗癖がおさまらず、何度も警察沙汰
になった。本人は「やってはいけないと
わかっている」と言う。
認知症検査であるミニメンタルステート検査
(MMSE)では30点中24点。23点以下は
認知症が疑われる。小田医師は
「行動異常型前頭側頭型認知症」を
疑った。だが頭部をMRIで調べたが、
萎縮などの症状は見つからない。
 「もしかしたら、
薬剤起因性老年症候群かもしれない」
 老年症候群とは、高齢者の老化現象が
進むことを意味し、薬剤によって
もたらされることを薬剤起因性老年症候群
と呼んでいる。認知機能の低下
(薬剤性認知障害)のほか、過鎮静
(過度に鎮静化され寝たきりになるなど)や
歩行困難などの運動機能低下、発語困難、
興奮や激越(感情が激しくたかぶること)、
幻覚、暴力、さまざまな神経・精神症状の
ほか、食欲不振や排尿障害といった副作用
が表れることを指す。日本老年医学会
なども最近になって使い始めた言葉だ。
 この女性は5種類の薬剤を服用していて、
精神科領域の薬剤として、抗精神病薬を
1種類、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬
2種類を飲んできた。小田医師は、
これらの薬剤を一気に中止して様子を
見ることにした。依存性のある
ベンゾジアゼピン系薬剤の急な断薬は
危険だが、窃盗の公判中で、また万引きを
すれば刑務所行きも免れないので決断した。
 薬剤を止めて間もなく、表情が明るくなり
よくしゃべるようになった。何より盗癖が
ピタリとおさまったのには驚いた。MMSEも
1カ月後には28点に跳ね上がり、その後も
満点近い数値で推移している。認知症の
疑いはまったくない。
 小田医師が薬剤起因性老年症候群の中で、
最も疑っているのがベンゾジアゼピン系の
睡眠薬・抗不安薬だ。~

(引用注:薬を全て止めて、認知症が
ピタリと収まったのなら、まさしく
薬によって異常行動が引き起こされて
いた事は疑いありませんね。
それにしても上記の薬の副作用も
またとてつもなく危険な作用ばかり
ですね。まさに薬があまりにも危険な
事がここでもわかります。
しかも中でも危険なのが、
ベンゾジアゼピン系の
睡眠薬・抗不安薬だということ
のようです。)

 1960年代に開発された
ベンゾジアゼピン系薬剤は、感情などに
関わるベンゾジアゼピン受容体に作用
して、睡眠薬・抗不安薬として
使われている。日本で発売されている
もののほとんどがベンゾジアゼピン系で、
後発品を含めて約150種類ある。
非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬・
抗不安薬もあるが、作用機序は同じ
なのでベンゾジアゼピン系と同じ
ような副作用がある。
 ところが、1980年代に海外で高齢者
への投与が問題となった。服用した
ベンゾジアゼピン薬剤を分解する代謝が
悪いうえ、排泄する能力も低下している
ので体内に蓄積され、効きすぎるリスク
がある。過鎮静の症状や認知機能、
運動機能の低下などの副作用がある
ことが明らかになり、海外では
高齢者には「使用を避けるように」
と指摘されている薬剤だ。
 小田医師の元には、ベンゾジアゼピン
系薬剤が原因と見られる患者が後を
絶たない。~

 日本でベンゾジアゼピン系薬剤の
危険性を初めて公的に指摘したのは
日本老年医学会だ。欧米と比べると
だいぶ遅いが、2005年に作成した
「高齢者の安全な薬物療法ガイド
ライン」の中で『とくに慎重な投与を
要する薬物』のリストを公表、
「中止・変更を考慮する」と注意喚起
している。ベンゾジアゼピン系薬剤は、
このリストには当然、含まれている。
 2015年の改訂版では、長時間作用が
続くベンゾジアゼピン系は
「使用するべきではない」と踏み込んだ
表現で危険性を訴えている。
 だが、この学会の注意喚起は医師に
伝わっていないようだ。~

 さらに、75歳以上の高齢者に使われて
いるベンゾジアゼピン系薬剤の錠剤数を
見てみる。厚労省が医療関係の統計を
まとめたナショナルデータベース(NDB
)によると、精神神経用剤としてよく
知られる「デパス」は、後発品も含めた2
015年度の処方量は、75歳以上の高齢者で
約4億5660万錠にのぼる。2017年度は
4億2157万錠で、かなりの使用量を
維持している。
 日本老年医学会がベンゾジアゼピン系
薬剤の注意喚起したのが2005年と
2015年だから、これらのデータから
みると、医師の処方行動には影響を
与えておらず、一向に減っていない
実態がうかがえる。~

 なぜ医師は危険性が指摘される
ベンゾジアゼピン系薬剤の処方を
漫然と続けるのか。実は、この
問いの先に1番の問題が潜んでいる。
 小田医師は、ベンゾジアゼピン系
の危険性を知らない医師が多いこと
を挙げる。患者のかかりつけ医と
手紙でやり取りをする中で感じる
ことだという。
 「医師が自分の処方した薬剤に
よって認知機能低下などを招いて
いることに気付いていない。昔、
先輩から教えてもらった薬の使い方を、
いまだにアップデートしていないの
だろう。言ってみれば不勉強。まずは
自分の薬が原因で悪くなっていないか、
犯人は自分かもしれないという感覚が
必要だ」
 老年医学会理事長で学会の薬物療法
ガイドラインを作成した東京大学大学
院医学系研究科老年病学の秋下雅弘
教授は、「ガイドラインは、所属する
学会員以外にはあまり読まれていない」
と嘆く。そのうえで臓器別に専門が
分かれる日本では、老年病学などという
横断的な分野のガイドラインに注目する
医師は多いとはいえない。つまり
危険性を「知らない」医師が多い
ということを指摘しているのだ。』

“出典:msn|ライフスタイル内
坂口 直,辰濃 哲郎 様の記事
認知症の数十万人「原因は処方薬」という
驚愕 危険性指摘も
医師は知らず漫然投与で
被害拡大
より”

このようにガイドラインの注意勧告
を読まないという、医者がほとんど
だという事でも驚愕ですが、そもそも
薬の危険性は、添付文書にいちいち
書かれているので、それさえも
ほとんど読んでいないというのが、
真実なのでしょう。

どうです、これでも現代医療と医者を
信じますか?

船瀬氏もやはり、その事を指摘して
おられます。

まずはコレステロール値を下げる
ための薬として、ベストセラーで
ある「メバロチン」という薬の
重大な副作用について、列記した後
に続けた言葉です。

『 医師すら読まない「添付文書」
-以上が、命にも関わる重大副作用である。
「添付文書」は「これらの症状が出たら
『投薬中止』かつ『適切処置』をおこなう」
とある。
しかし、現実は患者が脱力感や倦怠感、
だるい、疲労などを訴えても、
コレステロール低下剤投与は強行されて
いる。その最大の原因は、ここでいう
のも恐ろしい。それは日本中の医師
たちに「添付文書」を読む習慣がない、
という驚愕の事実である。
「忙しくて読んでいられない」。これが
読まない理由だ。
そもそも医薬品の「危機回避マニュアル」
である「添付文書」を担当医師が見ても
いない。そこに「重大副作用が出たら
『投薬中止』『適切処置』などと指示
していても、医師は、まったく気づか
ない」という、信じがたい医療現場の
現実がある。』

“出典:
「クスリは飲んではいけない!?」
         船瀬俊介 著
          徳間書店”

いやほんとに信じがたいですが、本当
のようです、以前の記事でもとことん
危険な薬の副作用について書かせて
いただきましたが、それについて
医者さえ知らないというのでは、
どれだけ患者が危険なのか、はかり
知れませんよね。よくぞ先生とまで
人に呼ばせて、平気な顔して、薬を
処方できるものだなと思います。

私が再三肩書きで、その人の言葉を
ありがたく聞くという日本人の習性の
危険性について警告してきましたが、
この世間から社会的地位として立派だと
認知されている医者の言葉をうのみに
しては、いけない事がこれでよく
わかっていただけると思います。
逆に、自分の身近な人のために、真摯に
健康について学んだ人の方が、肩書き
はなくても、医者より信用できるという
事なのです。

さて医療については、まだ記事を書いて
いきますね。

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です💦

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

古代の叡智と一致する心理学!  ついに解明された究極の答え!


この記事は
超意識を解明する心理学
トランスパーソナル心理学


超意識を科学する心理学 
トランスパーソナル心理学は本物だった!

この続編です。

今回は、これらの記事でも紹介して
ましたトランスパーソナル心理学の
創始者のでもあるスタニスラフグロフ氏
について、詳しく書かれているサイト
から引用させていただきます。

「」内が引用、~が中略です

「グロフはトランスパーソナル心理学の
創始者の一人であり、LSD研究から
ホロトロピックセラピーを開発していき
ました。30年に渡り、4000件の
LSD体験例と2万回以上のホロトロ
ピックセラピーの体験例を研究してきま
した。その膨大な臨床例に基づいて彼の
理論は打ち立てられ、 臨床家の流れの
頂点に立ったのです。
グロフはLSDをセラピーに導入し、
人間の無意識を深く探ることによって、
フロイトの精神分析の枠組みではすべて
を解決できないということに気づきま
した。

そして、この薬が精神病患者の治療に
効果があるのではないかと感じました。
グロフはLSDの助けをかりた心理療法の
セッションでかなり特徴のあるパターンを
目撃しました。服用量が少量か中量の場合
は幼少年期の出来事を追体験することに
限られていましたが、量を増やしたり、
セッションが繰り返されると、その体験は
東洋の古代の霊的な文献に書かれている
ことに著しく類似していたのです。
こうした人々はほとんどそのような東洋
の霊的な知識はなかったにもかかわらず
なのです。
クライアントは心理学的な死と再生、
全人類、自然、宇宙との一体感を体験
したり、過去生の体験をしたり、
神や悪魔のヴィジョンをみたりしました。
そして、その治療効果は以前には考えられ
ないほどのものとなったのです。LSDが
魂の新しい地図を創り出すことを可能に
したのです。
グロフは長年の研究の結果、意識や精神は
全宇宙と全存在に浸透している宇宙的知性
の表現であり反映であるとみなしました。
人間は脳に生物コンピューターを埋め
込まれた高度に進化した動物ではなく、
限界のない意識の場でもあり、
時間、空間、物質、直線的因果性を超えて
いるのです。
しかし、それは新しい発見ではなく、
実は古代の叡智の再発見だったのです。
シャーマニズム、ヨガ、仏教や道教の東洋の
偉大な霊的哲学、ユダヤ教、キリスト教、
イスラム教の神秘主義的諸派などとの重要な
類似性が見えたのです。
裏を返せば、それまで、宗教家や神秘家の
専門領域だったものを、グロフは真摯な
科学的考察の対象としてとらえたの
でした。

●トランスパーソナルな領域での体験例
グロフのたくさんの臨床例の中で何例か
特徴的なものをあげてみましょう。
まず、他との同一化があげられます。
これは人間だけでなく、動物、植物、
人間集団、川や海、全人類、火、山、
雷、地震、地球、ダイヤモンドなど
様々なものと同一化し、それらの状態を
体験しているのです。
そして受胎の瞬間の体験、過去・未来の
体験、祖先の体験、過去生の体験、
民族的・集合的体験、ヨガのアーサナや
ムドラーをしたりする人、指導霊や
超人間的存在との遭遇、宇宙への旅、
創造者と宇宙意識の体験、超宇宙的、
上位宇宙的な空の体験などがあります。
また、ナーディやチャクラ、オーラ、
微細身、経絡などを体感した人もいます。」
“出典:「21世紀の思想の創造
          光の輪
」様”

今回の記事も非常によくまとめられて
います。
先の記事でご紹介したようなアヤフアスカ
のような幻覚作用を持つ自然薬と、LSD
は同じ様な作用を持つという事です。
つまり、五感の認識である左脳の機能を
一時的にストップさせて、右脳や松果体の
機能を活性化させることで、超常意識を
覚醒させる事ができるという事なのです。
服用量が少量か中量の場合は、幼少期の
記憶を追体験するだけだというのは、
つまりそれ以上の年齢だと松果体が退化して
いくので、松果体が活性状態であった記憶
にアクセスできたという事なのだと思い
ます。
(前世記憶研究においてもほとんどの場合、
7歳児頃までには、前世記憶が消えて
しまうという事と共通点があります。
逆にいえば、松果体がちょうど退化し
はじめる年齢でもあり、それまでの
月の影響がいかにその退化に役立つ
タイミングであったかを裏付けている上に、
五感での狭い領域での認識を植え付けるのに
最適な期間であったと思われます。)

そして量を増やしたり、心理療法の
セッションを繰り返せば、なんと生と死の
心理的体験や、自然、人類、宇宙との一体感
、過去生体験や神や悪魔のビジョンといった
超常体験にはおなじみのあらゆる体験が、
臨床例という事例で記録されたというわけ
です。
これだけ大規模に超常体験の臨床例を集めた
ことは、かつてなかった事だと思えますので
これは歴史的偉業だといっていいでしょう。
そして西洋の心理学者が、古代の叡知を
裏付ける事例を集めた事で、近代の西洋
科学が否定してきたような事を、真実だと
認識するように至ったという事なのです。
もちろん公式の科学界は、これを当然
受け入れていません。そして当然このような
事例を集めてしまうLSDが禁止になる
ように圧力を加えたと推測できます。
次にご紹介しますが、このような叡知を
もたらす上に、LSDにより多くの患者の
病状や症状が改善に至った事実がある
のにかかわらず、LSDが危険である
という結論が出るのは、あまりに不自然な
展開でしょう。危険な作用が出たという
茶番で演出する事は、朝飯前の芸当なはず
ですから、上の者の意図は、いつもながら
透けるようにわかりますね。

そしてグロフ氏の結論は、私のこれまでの
記事で説明してきた見解と全く同じだと
いう事がわかりますね。
その事が説明されていたのが、
「意識や精神は
全宇宙と全存在に浸透している宇宙的知性
の表現であり反映であるとみなしました。
人間は脳に生物コンピューターを埋め
込まれた高度に進化した動物ではなく、
限界のない意識の場でもあり、
時間、空間、物質、直線的因果性を超えて
いる」という部分ですが、私たちの意識は
宇宙全体と一体のもので肉体のうちにある
ものではないという事です。
そしてその意識は、時空や物質、因果関係
から独立して存在しているものだという
事です。逆にいえば、意識がその時空や
物質、因果関係を生み出す母体だといえ
ます。
もう少しわかりやすくいえば、まず
私たちが肉体そのものではなく、人間
という肉体に宿っている意識だという方が
正確だと思います。ただしその意識は肉体
のうちにのみあるのではなく、時空を
越えて、また因果関係、物理的なレベル
も越えて存在しているという事です。
もちろん意識のうち肉体に囚われている
部分もあります。
その場合においても脳にのみコンピューター
が埋め込まれているというより、肉体
全体がプログラムされたDNAの構築物
だという事の方が正確だと思います。

(ここでイメージを広げていただきたいの
ですが、全時空に広がりつながっている
意識としても存在していますが、私たちは
個の意識として肉体また肉体のオーラ場の
ようなものに囚われています。それを霊
や魂(霊の方が一段階上のレベル)など
とも呼びますが、その霊がDNAの波動に
共鳴・同調して生命体の意識になった事が、
私たちが肉体に宿るという意味なのです。)

また臨床例も興味深いですよね、
まずは同一化について

「人間だけでなく、動物、植物、
人間集団、川や海、全人類、火、山、
雷、地震、地球、ダイヤモンドなど
様々なものと同一化し、それらの状態を
体験しているのです。 」

という部分ですが、全てが一体である
意識なので、逆にどのような意識とも
一体化できるという事です。
そして様々なものと同一化してそれら
の状態を体感できるというのは、これ
までの記事でご紹介してきた
「サイコメトリックス」と深く関係して
いるし、意識状態としてはほぼ同一の
ものだといえると思います。

そして
「受胎の瞬間の体験、過去・未来の
体験、祖先の体験、過去生の体験、
民族的・集合的体験、ヨガのアーサナや
ムドラーをしたりする人、指導霊や
超人間的存在との遭遇、宇宙への旅、
創造者と宇宙意識の体験、超宇宙的、
上位宇宙的な空の体験などがあります。
また、ナーディやチャクラ、オーラ、
微細身、経絡など」
このように、ありとあらゆる超常体験
をしたという事です。
これらはまさしく、人類が到達したい
意識状態である事は明らかでしょう。
この状態になれば、人生についての
あらゆる問題が解決していくはずです。
ですが、このような素晴らしい臨床例
をもたらしてくれるLSDが禁止
されたという事なのです。

しかしそこから得られたトランスパーソナル
心理学の叡智は、私たちのもとにあるので
これを学ばなければ、宝のもちぐされという
ものでしょう。

このサイトはとても詳しく、トランス
パーソナル心理学について説明されて
いるので、次回も引用させていただ
きます。多くの臨床例からグロフは
輪廻転生が本物だと確信するに至るの
ですが、その事が、世界中の宗教や思想
で裏付けられているという事を説明
しています。

ではまた(^^)

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

意識と思考と覚醒編一覧

超意識編 一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

新型コロナウィルス患者をすべて完治させた治療方法とは?


最近新型コロナ関連の記事を多く
書かせていただいてますが、私が
終始一貫して、提唱している事の一つ
に西洋医療を信用して頼るのは危険
だというものがあります。
その理由は、この生命の神秘編の一連
の記事でも、いくつもの記事でその
理由となる事を説明してきました。

西洋医療については、二十数年は、
貪欲に知識や情報を集めて、それと
真理研究での成果や、世界の真実に
ついてもかなり研究してきた事が
すべてリンクしているので、
確信しているというわけです。

もちろん納得していただくかは、
みなさんの自由なので、とにかく
読んで吟味していただければ
ありがたいと思います。

さて今回は、タイトルにもありますように、
なんと中国では、ある治療方法を
使用する事によって、多くの新型コロナ
ウィルス患者が完治しているという
ニュースが飛び込んできました。
もちろんある病院では全員が完治した
という事を今回タイトルにしたわけ
です。

それでは何度も引用させていただいて
いるIn Deep様のサイトからの
分です。

『』内が引用で、~が中略です。


新型コロナウイルス情報を発信している
ウェブサイトの中で、最もアクティブで
現実的な報道を続けているタイの
タイランド・メディカル・ニュースが、
昨日 3月26日に、医学誌ランセットに
掲載された湖北省の臨床データに関する
論文を紹介していました。
それは、
「湖北省のひとつの病院のデータでは、
102人の入院患者のほぼすべてが、
中国伝統医療の漢方薬《だけ》
で回復した」
ことを示すものでした。
以前の「中国の上海市政府が「ビタミンCの
大量投与」を新型コロナウイルスの
標準治療に正式に採用…
」という記事で、
新型コロナウイルスに対しての、
上海市の治療基本方針について
取り上げたことがありました。
それによれば、上海医師会の
新型コロナウイルス患者に対する
基本的な治療計画は、以下のように
なっていました。

上海医師会の新型ウイルスコロナ
患者に対する治療計画の概要
・抗ウイルス薬
・プロバイオティクスの投与
(腸内の微生物環境を改善する)
・ビタミンCの大量投与
・経鼻等での栄養補給
・マスク酸素療法
・免疫調節薬
・中国伝統医学の活用
(漢方、ハーブ等)
抗ウイルス療法などと組み合わせて、
中国伝統医学(一般に TCM と呼ばれます)
を用いるというニュアンスに見えますが、
ところが、ランセットの論文によれば、
「中国伝統医療を単独で使用したほうが
治療成績が良い」
ことがわかったようなのです。
抗ウイルス薬を使用した場合と比較して、
中国伝統医療の漢方単独のほうが、症状と
発熱がさらに短くなることが示された
とあります。ただし、重症患者は、
抗ウイルス薬と組み合わせる治療となって
いたようです。
なお、2月の中国の報道では、その時点で、
「中国の 87%の医療施設で中国伝統医療、
つまり漢方の煎じ薬が使われていた」
とあり、
それ以来、飛躍的に治療成績が上がったと
報じられていました。
私は今でも、中国の感染終息の状況を
ほとんど信じてはいませんが、
「治療に関しては」中国伝統医療、
つまり漢方を徹底的に導入した
「中国の医師団たちの努力」が実っている
部分がありそうです。
ランセットの論文を見る限り、現在の中国の
新型コロナウイルスの治療成績は確かに
「世界と比べてダントツに良い」可能性が
あります。
もちろん、これは中国共産党の成果ではなく、
現場の中国の医療関係者たちの努力の話で
あり、そして、この
「伝統医療での治療の成果」が世界に
伝われば、新型コロナウイルスに対しての
治療についての概念の変化、あるいは、
「各国の伝統医療への認識の変化」
というものに繋がるのではないかとも
思います。
ランセットにこの論文が掲載されたのは、
3月13日のことでしたが、3月25日から
オンラインでも閲覧できるようになって
いました。
以下にあります。
Traditional Chinese medicine
for COVID-19 treatment

(COVID-19治療のために使われた
伝統的な漢方薬)
その論文にある「漢方の煎じ薬」の配合を
調べましたので、記しておきたいと
思います。おおむね合っていると
思いますが、間違っているものも
あるかもしれないですので、論文の
英語表記を優先して記しておきます。
この中国伝統医療の煎じ薬の名前は、
英語で「 Qingfei Paidu 」と記されて
いるのですが、漢字では、
「清肺排毒(シンセイ・パイドゥ)」
となるようです。肺から毒を排出して
きれいにする作用という意味ですかね。
以下がランセットに記されていた配合で、
さすが中国伝統医療、ものすごい種類の
配合です。
清肺排毒煎じ薬の配合
・Ephedrae Herba 麻黄
・Glycyrrhizae Radix et Rhizoma
Praeprata cum Melle 甘草根
・Armeniacae Semen Amarum 杏仁
・Gypsum Fibrosum 石膏
・Cinnamomi Ramulus ケイヒ
(桂皮 / シナモン)
・Alismatis Rhizoma タクシャ
・Polyporus タマチョレイタケ
(サルノコシカケ科の菌類)
・Atractylodis Macrocephalae
Rhizoma ビャクジュツ
(白朮 / オケラ)
・Poria マツホド
(茯苓 / ブクリョウ)
・Bupleuri Radix サイコ
(柴胡)
・Pruckeria Rhizoma Aizumium
Rhizoma Recens ショウキョウ
・Asteris Radix et Rhizoma 
シオン (紫菀)
・Farfarae Flos フキタンポポ
(カントウカ / 款冬花)
・Belamcandae Rhizoma やかん
(射干片 / ヒオウギという植物)
・Asari Radix et Rhizoma 
サイシン (細辛)
・Dioscoreae Rhizoma 
サンヤク (ヤマノイモ)
・Aurantii Fructus Immaturus 
キジツ (ナツミカン)
・Citri Reticulatae Pericarpium 
陳皮 (オレンジの果皮を干したもの)
・ogostemonis Herba パチョリ
(シソ科の植物)~

~今回の配合を見ていますと、
古代の中国人はすごいものだなあと
改めて感嘆しますけれど、少なくとも
中国では、現在でも、この漢方が
新型コロナウイルス患者に対して
非常に効果的であるようです。』

“出典:「In Deep様」のサイト
医学誌ランセットの臨床記録で
「中国湖北省の病院では
新型コロナウイルス患者の
ほぼすべてが《中国伝統漢方だけで完治》
していた」ことが判明。そして、
アイスランドの研究者が、さらに
「40の突然変異」を発見
より”

この後、In Deep様は、
この漢方も対症療法の一つだと
思われますがと結んでおられますが、
それは西洋医療の対症療法と全く
異質の治療方法だという事には
気づいておられないと思います。

西洋医療のコンセプトは、まず患者の
免疫力を頼らず症状に対して働き
かけるもので、その医薬品による
治療方法では、むしろ免疫力が下がる
事が圧倒的に多い上に、症状以外の体への
マイナスの影響が、しばしば症状より
もはるかに深刻な作用をもたらす事も
多いのです。これを医療業界では
「副作用」というように呼んでいますが
これも、我々が勘違いしやすい誘導に
なっていて、れっきとした「作用」と
呼んだ方が正確だといえます。

この事については
効能と副作用が全く同じ薬は実在する!  
それどころでもない薬の真実

という記事でとことん詳しく説明
していますので、わかっていただけ
るかと思います。

それだけではなく、西洋医療は
治療するどころか、かえって重篤化
させる事も多いので、新型コロナ感染
で駆け込んだ人たちのかなりの割合が
「治療そのものにより」亡くなった
と私は考えています。
だから、死亡者もコロナウィルスの
深刻度もそれを考えると一気に
転換する事になります。

しかし、その事は絶対に隠蔽され
続けるでしょう。これは抗がん剤
そのものの毒性で大半のがん患者が
亡くなったというのに、絶対に
それが公式に認められる事が、
ないように隠蔽されているのと同様
です。
この抗がん剤での実態については
恐怖心と身体への害 
意識と身体の真実

という記事でも説明していて、なんと
厚労省技官が、抗がん剤は癌を
治せず「毒」であるとはっきり言って
ますしかも「猛毒物質」と。
ですが、その猛毒物質を投与されて
亡くなっても、法的には認可されて
いるので、訴える事もできないという
事です。こんなとんでもない西洋医療に
みんな頼るから、新型コロナウィルスで
命を落とすはめになるという事に
みんな早く気付いた方が良いという
事です。

対して中国の漢方薬を利用した
治療方法というのは、自然由来の漢方
の生薬を配合してつくられます。
実は摘み取られてすでに「生命」
のある状態ではない生薬も、DNA
レベルの波動情報は残されている
ので、そこにある生薬の生命
エネルギーを利用できるという事
なのです。

そしてここも重要なのですが、中国
では伝統の鍼治療でも、人体にある
生命エネルギーのエネルギーグリッド
いわば人体の数々のパワースポットを
刺激する事により、人体が本来持つ
無限の生命エネルギーを活用する
という概念なのです。
この事は、
ツボ(経絡・経穴)も科学だった! 
生命エネルギー循環とフラクタル

という記事で丁寧に説明しています。

そしてこのように人体の生命エネルギー
そのものを活性化させ、生薬の生命
エネルギーと各生薬の特性をその
人体の生命エネルギーとリンクさせる
事で、人体の免疫力も活性化させる
という、見事な生命エネルギーの連携
により、病気を治癒させていくという
事なのです。

西洋医療には、生命エネルギーなど
ほとんど微塵も考慮には入ってません、
これでなぜ、西洋医療では、多くの
新型コロナ患者の死者が出ているのに
対して、中国の伝統医療がほぼ全員
完治させる事ができたか、わかって
いただける方も多いのではない
でしょうか?

それに私たちの免疫力を今回のウィルスが
暴走させるという情報が、ネットでも
多く出回っていました。それは間違い
である事の証拠が
新型コロナ騒動の盲点について  
スペイン風邪から学ぶべき大事な事とは!?
 
という記事でもはっきりと書かれて
いました。

なんと世界の医療の頂天に立つ国際機関
WHOの内部文書には、国連が意図する
ワクチンのコンセプトが書かれて
いました、以下のものです。

『1、生まれた赤ちゃんに予防接種を
しておき、体内の免疫系をあらかじめ、
弱めておく。

2、その後の各種ワクチン、毎年の
インフルエンザワクチンなどで血中に
さまざまなウイルスを植え付けておく。

3、今回の新型インフルエンザワクチン
のようにスクアレンを含んだ免疫補助剤
アジュバンドで接種後に免疫を暴走
させる。』

“出典:「」カクヨム様のサイトより ”

すべてとんでもない事なのですが、
注目していただきたいのが3の
ワクチンに含まれる免疫補助剤で
免疫を暴走させるとはっきり書かれて
います。
つまり私たちが頼りにしようと
する医療そのものが、ワクチンや
薬剤などで免疫を暴走させる意図が
あると、証言しているという事なの
です。

そして先ほどのウィルスの作用により
免疫を暴走させられるというのは、
治療の「効果」により暴走した場合
の隠蔽に使われる情報でしかない
という事です。事実その狙いから
ネットにわざと流布させたと考える
方が妥当です。
しかもこの情報の意図は当然もう一つ
あって、私たちの免疫力は今回のウィルス
に対して無力だと偽のコンセプトを
大衆に植え付けたいという事なのです。
つまり自分の免疫力で助からないのなら
西洋医療を頼るしかないと思わせる狙い
があるという事なのです。

またこの記事では、世界中で数千万人も
死者を出したスペイン風邪の実態を知る
医者が、ワクチンやアスピリンなどの
治療薬のせいで大半の人か亡くなった
と証言しているのです。

つまり西洋医療にかかると新型コロナ
ウィルスに致命的な効果がなくても
死亡させられる場合が非常に多い
という事が言えると思います。

つまり新型コロナウィルスにかかっても
病院にいかず、ワクチンも摂取せず
薬も服用しなければ、まず多くの
人が完治すると思います。
もちろん感染して医療にかからない
状態で重篤化するのであれば、医療機関
を頼るという事になりますが、ほとんど
の患者は医療機関に入って治療を開始
した後に、重篤化しているはずです。

これは20数年の研究の成果だと考えて
いただきたいです。

つまり新型コロナウィルスを恐れすぎて、
封鎖を許し、自分たちの収入の糧を
止めてはいけないという事なのです。
できるだけ多くの人が、今回の記事
の事を理解してくれれば、悪い流れは
逆転すると思っています。

それとこんなケースもあるかも
知れません、感染の初期症状がなく
突然の呼吸困難で亡くなる方がいれば
その人は、5Gによる酸素破壊による
ショック死である可能性が一番高い
という事です。

ショック死までいかなくても、突然に
呼吸困難になったなら5Gの可能性が
高いので、多くの人は人工呼吸器の
設備のある病院に向かわせようとする
でしょう。まあそれも妥当のようにも
思えますが、現代医療は5Gによる
重篤化に対処する方法なんて皆無
です。
人工呼吸器以外に有効な対処は
ほとんどできないと思われます。
それに今の流れでいくと検査に
関わらず、呼吸困難で入院した
からには、新型コロナ感染を疑われ
ますので、当然危険な薬を投与される
可能性も高いので、確かに危険
なのです。
もちろんこれは私ならこうする
だろうという方法はあります。
それは、電磁波の強力な都会の
病院にいかず、電磁波の届きにくい
場所に移動する事です。
もちろんこの時携帯の電源を本人も
まわりの人も切っておかなければ
なりません。5Gの携帯なんて
とんでもない事です。
そうすれば酸素も破壊されなくなり、
やがて、自然治癒力も働いて回復
するというのが私の考えです。
しかしこれも封鎖されていない事が
前提の行動です。

つまり新型コロナウィルスを必要以上に
恐れて、東京が封鎖されたら、その
5Gの電磁波の致命的な脅威から逃れ
られないという事なのです。

このことをよく理解できる人が1人
でも増えて欲しいと願い、平日で
注目度が低いかもしれないのにも
かかわらず緊急に投稿したという事
です。

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です💦

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

超意識を科学する心理学 トランスパーソナル心理学は本物だった!


この記事は、以前投稿させていただいた
超意識を解明する心理学
トランスパーソナル心理学

の続編に当たりますので、
まだご覧になっておられない方は、
まずそちらをご覧になっておいて
くださいね。

特に日本の方は、意識を変容させる薬
というコンセプトに偏見を持っている、
というか持たされている人が、多い
ので、前の記事は重要なのです。

今日は、トランスパーソナル心理学に
ついて詳しく紹介されているサイトが
ありましたので引用させていただき
ます。

まずはトランスパーソナル心理学の
成り立ちの原点についてです。
前回ご紹介したこの心理学の創始者の
一人スタニスラフ・グロフ氏も
紹介されています。

「」内が引用で、~は中略です。

「トランスパーソナル心理学の時代背景
トランスパーソナル心理学が発達して
いく時代背景には、60年代に流行った
ドラッグ、特にLSDが大きく影響を
及ぼしています。LSDによって、
人々はいままでとは全く違う意識状態を
経験したのです。
それによって、意識にはさまざまな状態と
いうものがあるんだとわかってきました。
これは、東洋の修行では知られていた
潜在意識とかの存在を、西洋の人に
実際体験させることができたという点では
大きな出来事だったのです。~
~LSDを研究していたハーバード大学の
心理学の教授だったリチャード・アルバート
は、このLSDで得た体験は、薬が切れると
さめてしまうことから、薬を使わないでも
体験できる方法を探し求め、インドに
旅立ったのです。
そこでニーム・カロリ・ババというインドの
ヨーガ行者に出会い、衝撃的な体験をし、
彼のもとで修行を始めました。
おもしろいエピソードがあります。
リチャードはニーム・カロリ・ババにあった
ときLSDを飲んでもらったのですが、
驚くことに彼の意識状態はまったく
変わらなかったのです。
リチャードはニーム・カロリ・ババの
もとで修行をはじめ、のちにラム・ダス
という名前をもらうにいたりました。
ラム・ダスは自らの修行経験から
「精神的な修行こそがLSDで体験する、
ある種の至福状態を永続的に人間に
もたらす方法である。」といいはじめたの
です。

彼の修行体験を書いた本「ビーヒアナウ」
は当時多くの人に影響を与えました。
LSDに関しては、チェコスロバキアで
精神分析医をしていたスタニスラフ・
グロフも注目し、それを精神分裂病の
治療に使いはじめました。その流れで
彼は何千もの人のLSD体験を研究する
ことにより、さまざまな意識状態がある
ことを知ったのです。それは、東洋思想が
唱えていた世界が実際にあることを彼に
知らしめました。
もう一つの時代背景として、60年代後半
に東洋や西洋の神秘思想がアメリカ・
ヨーロッパに数多く入ってきたことが
あげられます。
日本の禅や、ヒンドゥー教系のグルたちや、
タオイスト、テーラーヴァーダ仏教、
さらに中国共産党の侵攻によってチベット
を追い出されたチベット密教の人たちなど
数多くの東洋系の宗教がアメリカなどに
入ってきました。
中でも禅はニューエイジの主な人は、
たいてい実際経験していたようですが、
それを筆頭として数多くの西洋人が瞑想修行
をするようになったようです。とくに
ラジニーシはトランスパーソナルセラピー
にも深くかかわってきて、大きな影響を
与えているようです。セラピストたちの多く
がラジニーシの弟子にもなっています。
トランスパーソナルセラピーの母胎である
カリフォルニアのエサレン研究所と
ラジニーシのアシュラムとは頻繁に交流が
あったようです。

このような時代背景のもとで、西洋に
薬であれ、修行であれ、東洋思想の片鱗を
実際体験する人が増えていったことは、
トランスパーソナル心理学の発展に大きな
影響を与えました。
アランワッツという人は東洋のさまざまな
修行体系に関して、西洋に何か似たものが
あるとしたらサイコセラピーではないかと
いいはじめ、そこからトランスパーソナル
心理学の中に東洋の修行体系がセラピーと
してとりこまれるようになったのです。

トランスパーソナル心理学は西洋の
心理療法と東洋の宗教思想、修行体系を
つなぎあわせるものだといわれています。
吉副氏は、修行をセラピーというとらえ方
をすると、悟りや統一意識に到達して
いない人はすべて何らかの病理を抱えて
おり、それを段階的に癒していく作業は
すべてセラピーと呼ぶことができるかも
しれないといっています。
そこから、座禅のようなものをはじめ
として東洋の修行を実際セラピーの中に
くみこんでいく発想が生まれたのです。」
“出典:「21世紀の思想の創造
          光の輪
」様”

今回の引用でも、わかっていただけると
思いますが、1960年代当時、LSD
は合法で、心理療法などの治療などに
実際に使われ、治癒効果もあったという事
なのです。(前回の記事に書いています)
なぜ禁止になっていったかについては、
当然意識の変容により、私たちが本来の
真理に気づくようになるという事を、例の
上の方達が恐れたためだろうと思われます
が、ここではくわしく説明しません。
とにかく意識の変容により、新たな視点を
得た、ハーバード大学の心理学の教授
だったリチャード・アルバートが
ヨガの行者、ニーム・カロリ・ババに出会い
修行を始めたという事です。
その時、このニーム・カロリ・ババにLSD
を飲んでもらったところ、彼には全く
効かなかったという事なのです。
これは、とてもよくわかる事実です。
すでに高次元の意識を常態としている彼には
そのLSDの作用は、常に自身で自分に
対して影響させているものなので、特に変化
をもたらすものではなかったという事なの
です。
というのも、高次元の意識に到達できる
アヤフアスカのような自然薬も、
同様の効果を持つと思わせるこのLSDも
仕組みは全く同じだからです。
その仕組みとは、私たちが囚われている
五感からわれわれの意識を解放させる
役割だという事なのです。
つまり通常の西洋人や先進国の一般人は、
当然強く五感に囚われているので、大きく
意識の変容を体験すると同時に、身体
的には、吐き気などの拒否反応を示すのが
常なのですが、すでにインドの行者として
達人の領域にいたこのニーム・カロリ・ババ
は、すでに五感に囚われない意識状態を、
普段の意識状態としているので、全く薬が
効かないという事だったのです。
からくりがわかれば、不思議でもなんでも
ありません。
こうして、西洋に東洋思想が入ってきた
ことにより、トランスパーソナル心理学が
生まれるようになったという事なのです。
トランスパーソナル心理学での思想を
もとにした、東洋の瞑想などを取り
入れた心理療法を、
特にトランスパーソナルセラピーと
呼ぶようです。

これについてもまた引用させていただき
ますね。
「」内が引用で、~が中略です。

「トランスパーソナルセラピー
トランスパーソナルセラピーとは、伝統的な
西洋のセラピーの中に東西のさまざまな
瞑想法を組み合わせて行う、複数の
セラピストや修行者によって提供されるもの
だといえます。上座部仏教の瞑想法や
チベット密教の感想法やスーフィズムの
修行法などもとりいれられています。
修行というものがセラピーに取り入れられる
という画期的なセラピーなのです。西洋の
心理療法に東洋の修行体系が組み入れられる
という事実は、まさに宗教と科学の統合を
示唆しているような気がします。
また、トランスパーソナルセラピストの
養成では5つの角度から教育されていますが、
その中で必ず何らかの霊的修行を一つ
行わなくてはならないのです。こういった
アカデミックな分野で修行というものが
認められつつあるのです。」
“出典:「21世紀の思想の創造
          光の輪
」様”

このトランスパーソナルセラピーという
のは、精神的な治療という面でも効果が
あるばかりでなく、自己超越の意識に
いたるための、効果的な方法のようです。
このトランスパーソナルセラピーも
トランスパーソナル心理学も日本では
ほとんど、聞かれませんよね、だから
これが誘導なのです。
日本人はベースとなる意識レベルが
高いため、それをパワーアップさせる
ようなものは、特に避けられ、遠ざけ
られているという事なのです。
勘の鋭い方は、思い当たる事がいくつも
思い浮かんでおられることだと思います。
上で取り入れられている、チベット密教
や、スーフィズムなどは、当ブログの
記事でも、何度か取り上げてきました
よね。やはり、人類にとって有効な
ものは、受け継がれていくという事です。
チベット密教やスーフィや仏教の思想に
よると、物質世界にとらわれたわれわれの
感覚は病気の状態であるという事なのです。
そしてその思想を取り入れ物質世界から
解放させて、正常な状態に変えていこうと
するのが、トランスパーソナルセラピーと
いう事なのです。

次は、トランスパーソナル心理学の創始者
ともいわれるスタニスラフグロフについて
また今回のサイトから引用させていただき
ながら、ご紹介していきたいと思います。

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

意識と思考と覚醒編一覧

超意識編 一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

あんみんの微妙な体外離脱体験!? またしてもなおみんあきれる!

あんみん

おーしひさしぶりに自分の体験
話すかーー
おーいなおみんー

なおみん

なによーこないだから、
ツィッターの手伝いなんか
させられて、疲れてんのよー
まだバイト代ももらって
ないしーー

あんみん

まあまあ今ちーと苦しい時期
なんだー
だからこそ兄妹ってこういう時の
助け合いが大事だと思うんだよ

なおみん

まーってよ、そんじゃー今度私の
方も存分に助けてもらうからねー

あんみん

おーーまあその時はお手柔らかにー

なおみん

で、今度もプチ超常体験?

あんみん

そーなんだ、今度はこれまでとは
ちーと違うぞ、なんせ「体外離脱」
だからなーー

なおみん

えーーすごいじゃないーー
で、そのまま壁すり抜けたり
空中浮遊してあちこち行けたり
してたのねーー

あんみん

いや確かに体外離脱したんだけど
「おーー身体から離れたとこに
立ってるぜーー、しかも自分の
身体が、光の身体になってるーー
やべーー」
となってさーー

なおみん

ふんふんそれで

あんみん

それでこわくなって戻りたいと思った
んだよーー

なおみん

あーーーなにぃーー
でーーーー

あんみん

で、怖い戻りたいと思ったら身体に
戻ってきてて、布団で寝てる自分に
気付いたという事なんだー
でもその時まばたきしたら
とてつもなく光が見えて、というか
まばたきに合わせて、部屋全体が
照らされていたので自分の目が
光ってるという事に気付いたんだよー

なおみん

ほーう、でもさーーなんで戻ってきた
のよーー、あーーーもうこの小心者ーー

あんみん

あ、兄にむかってなんというきつい言葉
をいうんだーー

なおみん

でも本当にもったいないわよ、せっかく
研究するための実体験ができたって
いうのに、すぐに戻ってくるよーじゃ
全然だめな人でしょーー

あんみん

まあ結構反省してまーーす。

なおみん

でそれいつだったのよ

あんみん

いやそれがそのーメモがどこに
いったかわかんないんだよー
なんせ体験したの、
ブログとかはじめる前だったからー

 

なおみん

はあ?それじゃみなさんに報告でき
ないわよねーー

あんみん

いやそれがさーー体験したのは事実
だから掲載しよーと思うんだ

なおみん

はいーー???そんなん誰も信じない
わよーー

あんみん

そうかなーーでもわざわざでっちあげる
よーなタイプでもないとわかって
もらえるよーな気もするんだー

 

なおみん

あーあ、おにいちゃんって本当世間知らず
の大甘の男ねーーー

あんみん

でもさーー日付があったところで、体験
そのものだって、普通証拠なんてないんだぞ

なおみん

まあそーだけどさーー、でも証拠のあるのも
ちゃんとあるでしょーー

あんみん

まあ確かに
でもとにかく読んでもらえたら
オレの体験が、他の体外離脱の人の体験と
共通しているとこあるのわかると思うしね

なおみん

まあいいわ、お好きにどうぞーー

あんみん

ではまたーー

すいません今回なおみんとの会話が長引き
ましたが、私の体外離脱は、本物でした。
3年前の事だったと思います。
親友に電話で、得意げに話していたので、
大体の時期はわかります。
それと体外離脱時に、自分の身体が光の
存在になるという事や、目が光るという
のも、体外離脱体験者や超常体験者の
証言にも見られるので、間違いは
ないでしょう。

事実そのあともちらっと体外離脱した時
があって、おおーこれは体外離脱してる
ぞと思った瞬間に咳き込んだようなのです
その時に瞬時に身体に戻ってました。
ただその時もまばたきに合わせて部屋も
明滅していたので、松果体からの光が
目に伝わり、目が光っていたのは間違い
ないと思います。
いろいろなおみんには文句をいわれ
ましたが、私も神秘研究をしている者
として自分自身の体験談はお話して
おいた方が良いと判断しました!

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です

かんたんメッセージ一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

潜在意識が未来を創造する! 意図的にインプットされたイメージとは?


この記事は流れからいっても昨日の
新型コロナウィルスは、まさかの
シナリオ通り!?その意図の
核心に迫る

の続編にあたります。

前回が、真実暴露編だとしたら、
今回はその解決編だという事です。

私たちは、自分のたちが本来いかに
「万能」かをあまりにも知らずに、
生きている方が圧倒的に多いと思い
ます。
つまり「宇宙の中の、さらに世界の
中のちっぽけな自分」というイメージで
いる人が圧倒的多数だという事です。

もちろんそのように教育されてきたし、
マスコミや科学もそのイメージに
従っている事もあるのですが、そんな
事も、たぶんほとんどの人が意識されて
いないのだと思います。

そうです無意識というか、潜在意識に
気づかないうちにインプットされた
イメージだから、わからないという事
なのです。

ただこうも考えてもみてください、もし
世界中とくに主要先進国の教育や
マスコミ、科学が、少数の権力者の意図
に従って、私たちの潜在意識に刷り込む
内容を決めていたとしたら、この私たちが
「ちっぽけで無力な自分像」でいてくれて
いる事は、まことに都合が良い事のように
思えませんでしょうか?

ここで、以前私が引用させていただいた
内部暴露者による「彼らの言葉」の
から、とても参考になる部分を転載
してしましょう。

『』内が引用、~が中略です。

『教義や宗教を使って 奴等を
「一体であること」から引き離す

奴等の人生をあらゆる側面から
支配し、
何をどう考えるべきかを教えて
やるのだ

我々が奴等をそっと優しく
導きつつ
「自分自身で選んでいるのだ」
と思わせる~

奴等から「我等は皆 ひとつである」
という神聖な真実を常に隠す
奴等は決してこれを知ってはならない!
色は錯覚であることも 奴等は決して
知ってはならないし、奴等は常に
「自分たちは同等の存在ではない」と
思っていなければならない~

奴等が団結したら、世界に向けて
違う話を見せつけ、奴等を犯罪者
として
非難してやろう すべてのメディアは
我々が所有しているのだから
メディアを使って情報の流れや奴等の
感情を 我々のためになるよう操作する

我々の目標が達成されたとき、
新たな支配の時代が始まる

奴等の頭は、奴等の信条に
よって縛られる
大昔から我々が構築してきた
信条によって

しかし、もし奴等が我々と
同等だと知ったら、
そのとき我々は滅びてしまう
だろう
奴等はこれを、決して知って
はならない』

“「さてはてメモ帳」様のサイト
<イルミナティ――秘密の盟約>
千早様訳
 より” 

これは以前三回にわたって、引用
した内容を合わせたものですが、
もしこれが彼らの意図だったら
「ちっぽけで無力な自分」という
イメージは、彼らの意図通りで
あるという事がよくわかります。

そしてどのように私たちの潜在意識に
インプットしてきたかも、のべられて
いますよね。

『教義や宗教を使って 奴等を
「一体であること」から引き離す

奴等の人生をあらゆる側面から
支配し、
何をどう考えるべきかを教えて
やるのだ~

すべてのメディアは我々が所有して
いるのだからメディアを使って情報の
流れや奴等の感情を 我々のために
なるよう操作する』

みごとに教育、宗教、マスコミを
使って私たちの思考や感情そして
意識を操作すると語っているわけ
です。

そして大事なのはこれです。
『しかし、もし奴等が我々と
同等だと知ったら、
そのとき我々は滅びてしまう
だろう』
このいってみれば「超権力者」の
奴らが何を恐れているかが、
「彼ら支配層の頂点のようなものと
私たちが同等のレベルだという
事を、私たちに知られる事」なの
です。

だから、彼らが操作によって「私
たちが、ちっぽけで無力な自分」だと
思い込むように誘導してきたと想定
するのは、それほど難しい事では
ないと思います。

しかし、多くの人は、
「世界の超権力者がいるとしても、
そんな立場の者に立ち向かえるわけが
ないだろう」
これはほとんどの人に共通するイメージ
です。
彼らとは同等ではなく、ちっぽけで
無力な自分というイメージでいる
のだから、当然です。
ですが、私たちがそう思うのは、特に
視覚的な世界では、確かに世界の中で
とるに足らないサイズである自分の身体を
自分自身だと思い込んでいるからです。

ですが、たとえば左脳の解読が麻痺して
右脳だけの世界を意識できたテイラー
博士は、自分をクジラのような大きさ
だといい、臨死体験で最高の境地まで
到達したアニータさんは、私たちは
一体でしかも、それぞれ宇宙のすべて
そのものだというように証言して
います。

そうです、
「私たちの本体は意識で、その大きさは
宇宙大である」というのが真実だと
いう事です。しかも「すべての存在が
一体であるという事と、すべての存在
が同等でもある」という事も真実なの
です。

だからこそ彼らは
『 奴等を「一体であること」から
引き離す』というような意図を持って
私たちを偽の現実へと導いてきた
というわけなのです。

そうです、私たちの意識は万能で、
しかも私たちは宇宙大でもあるのです
そして何より大事なのは、私たちは
本来の姿である絶対愛でもあると
いう事です。

そして彼らはというと、その絶対愛の
盲点にあるネガティブな意識なのです。

だから彼らが恐れている究極の事が
以下になります。

『この盟約は、決して 絶対にその
存在を知られてはならぬ。決して
書き留めたり、これについて話を
してはならぬ。そこから生まれる
意識が我々に対する創造主の激しい
怒りを解き放ち、 我等がやって
来たどん底へと落とされ、永遠の
ときの最後まで 閉じ込められる
であろうから』

“「さてはてメモ帳」様のサイト
<イルミナティ――秘密の盟約>
千早様訳
 より” 

彼らが、私たちに対して、ネガティブな
現実に誘導しているという意識は、
創造主つまり「絶対愛」の気づく
事になってしまうので、愛から離れた
行為とそのような意図を持った彼らは
当然、永遠に封じ込められてしまう
という事なのです。

全知である絶対愛にも盲点があります。
それは自身が愛の存在なので、その
ような邪悪な意図には気づけないよう
にもなっているという事なのです。
ですが、彼らに誘導されているその
絶対愛の分身である私たちが、気づいて
しまえば、それにつながる絶対愛の
創造主が気づく事になるという事なの
です。
だからこそ彼らは我々に気づかれない
ように、教育や宗教・マスコミなどを
使って、真実とはかけ離れた現実感覚を
植え付けてきたという事です。

それに食品添加物やワクチンや歯磨き粉
などに含まれる金属やその他の化学
物質によって、脳や、高い次元の感覚を
知覚する松果体を、機能不全にしてきた
という事なのです。

つまり感の鈍い、言われた通りに考え
実行するようなロボットのような能力
に私たちを誘導してきたというわけ
なのです。

さてそれはわかっていただいたとしても
「ではなぜ今回のウィルス騒動がシナリオ
通りだと言える?」
という疑問が当然出て来ますよね。

そもそも世界の大きな事件や出来事が
シナリオ通りだなんて、想像もつかない
人が多いのでしょう。
だから、昨日のアイク氏の言葉も
なかなか理解できない人が多かったの
ではないかと思います。

そうですねたとえば、みなさんもよく
ご存知の2001年9月11日の
アメリカ同時多発テロなんかも、公式
の発表通り、中東の人間のテロリストが
起こしたと考えてる人も多いかと思い
ます。
まさかその支配層が自分たちの都合の
良いように世界を仕向けるために
仕組んだ「シナリオ」だっただなんて
夢にも思わないでしょう。
しかし、2001年より以前に公開
されたハリウッド映画に、いくつも
9.11という数字が、何気ない
シーンに使われていたという事が
ネットなどで暴露されています。
ハリウッド映画も彼らの所有物である
というのは、アイク氏も語っていました
よね。

あとさらに参考になるものとして
ロックフェラーと友達づきあいを
していた、アーロン・ルッソという
映画監督の証言があります。

彼はあるとき、ロックフェラーに
仲間にならないかともちかけられます
それは一般の人とは違う権力を手に
するという存在にならないかという
事でしたが、その時に未来に
起こる事になる、同時多発テロの
計画についても話されたといって
います。
それが、youtubeで配信されて
いますが、彼自身は暴露したかどで
殺されたようです。

これです↓

要するにあれだけ世界を騒がせた
事件が、支配層の意図通りだった
という事です。

「しかし今回のウィルス騒動とは種類
が違うだろう」という方も出てくる
でしょう。

ここで、彼らは私たちの目にするもの
また耳にするものすべてに注意を
払っているという事を思い出して
いただきたいのです。私たちが大好きな
漫画業界も当然彼らの監視下にある
という事なのです。

ここで「二〇世紀少年」という漫画を
思い出していただきたいのです。
映画も公開されてかなりの人気だった
のでご存知の方も多いと思います。

これが彼らを形容するヒントがいくつも
盛り込まれていると気づいている
人も多く、ネットで話題になった事も
あります。

作者の浦沢直樹さんといえば、当時
すでにかなりの人気だった漫画家で
「MONSTER」とか
「MASTER KEATON」
という漫画を読まれた方もまた多い
と思います。

では浦沢直樹氏が、彼らとつながって
いるかというとそうではありません。
実は、浦沢直樹氏をテレビで紹介
している番組があって、その中で
彼は、「20世紀少年」は、ストーリーを
考えてくる担当の人のアイデアに従って
描いていると証言していたのをはっきり
覚えているのです。

そう、その担当の上の上の上の人物
くらいからの意図が、この浦沢直樹
さんの漫画に反映されているという
わけです。
間に何人も入るのは、彼らにつながる
人物をたどる事ができないように
するためです。これはマスコミや
教育などについても同じ事がいえ
ます。

これは「部分開示」というもので
意図がリレーされてきた人物には、
全体像が見えない仕組みになって
いるという事です。

前置きが長くなりましたが、彼ら
の意図が反映されたストーリーを
まとめてくれているサイトから、
重要な部分を引用させていただき
ましょう。

『その後、世界各国に防毒マスクを
装着しスーツケースを持った
ビジネスマンが現れ、ウイルスを
散布する。
ウイルスの感染を防ぐため、東京は
壁で分断されていく。

ローマ法王を救い、世界中から称賛を
得た「ともだち」は世界大統領となった。
そして、西暦を廃止し、新たに
「ともだち暦」を始めた。』

“引用注:「RENOTE」様のサイト
マンガ「20世紀少年」のあらすじ紹介!
【ネタバレ・キャラ紹介・
元ネタ解説あり】
より

連載終了が2006年というから
ずいぶん前から、彼らがその
シナリオを考えていたという事が
わかります。

今確かに、東京を隔離するような事が
言われ始めていますよね。
まさにこの漫画のストーリーと一致
します。

そして最後に世界大統領が誕生する
という事ですが、昨日のアイク氏の
動画にもあったように少数の人間に
よる世界統治が最終目標なので、
やはりそのための世界政府という
シナリオも彼らの意図にあったという
事です。

しかも昨日の記事の下書きを
書き終えたころにこんなニュースが
飛び込んできました。
以下の記事です。

『【ロンドン時事】
英国のブラウン元首相は世界の
主要国の指導者に対し、
一時的に「世界政府」を
設立するよう呼び掛けた。
新型コロナウイルスの
感染拡大を受け、
医療・経済両面での危機に
対応するためだという。
英紙ガーディアンが26日に
報じた。』

“出典:さてはてメモ帳
鬱陶しい元英首相が「世界政府」
を提案 新型コロナ、
医療・経済危機に対応
時事通信
より”

もちろん英国の元首相も彼らの意図を
代弁する立場なので、彼らがどのような
シナリオを描いて、動いているかが
わかります。要するに世界統治のための
仕組みを構築したいという意図ですが、
これも「20世紀少年」の漫画の
ストーリーと一致するという事ですね。

今日本の多くの方が現在の政府について
かなりの不満があるでしょうが、
もちろん私も同じですが、彼らに
とっては使い捨てのコマでしかない
という事ですね。あわれです。

こういう事に詳しい人ならおわかり
でしょうが、国の権力者どうしの
格でいえば、米国より英国の方が
上になるのです。
そもそも米国は英国の植民地でしか
なかったわけですが、独立戦争(革命)
も実は、表面の事だけで、裏の権力者の
立場が逆転する事はありませんでした
から。
この表面だけ独立というのは、日本が
米国から独立したという事と同じだと
いえますね。

この20世紀の少年のストーリーの
ようなイメージを彼らが私たちの
潜在意識にインプットしていく事で、
私たちの意識のエネルギーにより、
彼らの望む未来が現実化してしまう
という仕組みを彼らが、わかっていたと
いう事です。

その潜在意識にインプットされた例として
アイク氏が、2011年に公開された
映画「コンテイジョン」を取り上げて
いましたが、私もそれを観させて
いただきました。
確かに、ウィルスの発生、蔓延を防ぐ
ための隔離、経済封鎖などはまさに今
の状況そのままです。そしてやはりウィルス
の脅威に対する解決策としてワクチンが
用意されて助かったというシナリオです。
もし彼らが意図的にこの映画を私たちの
潜在意識にインプットしていたなら、確かに
現在それが現実化されているという事
です。
そしてやはりその解決策として、ワクチンが
決定打となっているのが映画のストーリー
ですが、これが彼らの意図通りなら、
そのワクチンも危険だという事なのです。

私たちは、このように彼らによって何を
インプットされたのかを知る事が、彼ら
の意図する未来をイメージして現実化
させないようにするために非常に大事な
点だという事なのです。

えーと長くなりましたが、要するに
彼らのシナリオ通りに私たちが現実を
進行させていくと、とても私たちに
とって都合の良くない未来が現実化
してしまうというわけです。

だから、潜在意識のレベルでインプット
された彼らのイメージことごとくに
気づいて、私たちの豊かで、あたたかな
未来が実現できるようにイメージして
いけば、それが現実化するという事です。

なぜなら私たちは、万能で自由に望む
現実を創造する事ができるからだと
いう事です。それには潜在意識での
間違ったイメージを変えなければ
いけないという事でもあるのです。

この事が冒頭からの説明にまた続いて
いくという事でもあります。

それと、いらない誘導をする彼らに
ついての知識も共有できるように
なる事も大事です。
みんなが気づいたら、まあ私たち自身
でもある創造主が、彼らを退場させて
くれるらしいですからねー、しかも
永遠に。

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です💦

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー