科学の基本中の基本であるニュートンの重力方程式は完全な間違いだった!?


日本の多くの人が、物理学の
教科書に堂々と掲載されて、
絶対に間違いのない真理として
されているニュートンの
「重力方程式」を疑いもしない
でしょう。

それは、学校で教えられて
きた事を素直に信じてきたから
です。
しかし、この科学の基本中の基本
である重力方程式は、実は
大きな間違いであった事が、すでに
明らかとなっているのです。

まさかと思われるかも知れませんが、
納得できる説明をしていきたいと
思います。

まずは、我々をとりまく世界は
物質に囲まれた世界などではなく、
電磁気のベースであるプラズマ
エネルギーが真空中に存在する
だけだという事から説明します。

究極の真実! 物質世界は、真空だった!
わかりやすい科学的証明とは?

という記事で、我々を取り巻く世界は
真空で、真空の潜在エネルギーはほぼ無限
大だと説明しました。

その部分だけ再掲しておきます。
「真空にはとてつもないエネルギー
がある事が確認されていますが、同じ
空間の中に無数の波長の波動が混在する
ことができる上に、その1つの波動だけ
で我々の想像を絶するエネルギーが存在
していることがわかっているのです。
ここは大事なところなので引用させて
いただきますね。

「物理的に1つの波動が持つことのでき
る最小のエネルギー量を計算してみた
ところ、わずか1立方センチの空間の
中に、現在の宇宙に存在することが
わかっているすべての物質のエネルギー
の総量よりもさらに多くのエネルギーが
存在していることがわかったのである」
(「投影された宇宙」春秋社刊
  マイケルタルボット著川瀬勝訳より)

つまり1つの波動をどれだけ低く見積
もっても、また1立方センチの空間に
限定しても、宇宙の目に見えてる物質
よりさらに多くのエネルギーを持って
いるということなのです。
しかも真空には無数の波動が混在でき
ます。ということはどの場所の真空に
も絶大なエネルギーが、存在している
ということなのです。
絶大どころではありません、想像を
絶するエネルギーだということです。
先ほど宇宙は全てまさかの真空といい
ましたが、その真空は我々の思って
いる何の役にも立たないものではなく、
それどころか、我々の目の前にある
小さな空間でさえ、無限のエネルギー
を持っているということなのです。」

そしてその真空の潜在エネルギーが我々の
観測する宇宙の根本的なエネルギーである
電磁気を生み出すのに都合がよいである
ことも
私たちの物質世界の正体「プラズマ」
を徹底詳細解説!

という記事でご紹介しました。

その記事の大事な部分も再掲しておき
ます。

「プラズマとは第4の「物質」など
ではなくて、電磁気を発生しやすい
「真空状態」のことだったのです。
そしてまた宇宙の99.99999%
までがプラズマといわれていますが、
もちろんこれもまた真空ということなの
です。
そしてまた残りの0.00001%の物質
だとされている領域もまた、前回の記事の
説明にありましたように、真空なのです。」

みなさんのほとんどが、ここで疑問を
感じるでしょう、また高等教育を優秀な
成績で身につけた人も、激しく反論する
でしょう。
「まてまてそれは違う、宇宙の根本的な
力は重力だと」強烈な自信を持っていう
人が、ほとんどです。
あんまり深く考えない人も、ここ日本で
は多くなってますから、その人たちは、
宇宙の根本的な力なんてどうでもいいと
思っているでしょうね。

さて公式見解で今も宇宙の構造や銀河や
恒星のエネルギーなどを全て重力で、
説明してますが、重力は電磁気力に
比べて10の38乗分の1程度の力
しかないって、知ってましたか?
もうここでかしこい人なら、驚いてこれ
まで、勘違いしてきたのではないかと、
疑問に思い始めるはずです。
もう今日はすでにたくさん書いたし、
今のこのことだけでも充分に価値が
あることなので終了してもいいかな
と思いますが、え、もっと書けって?
ではもう少し書かせていただきますね。
だから重力がそんなに、大した力では
ないという事を知らない人たちが、あら
ゆる事に対して重力を基準にして説明
してきたのです。
ましてや超常現象なども重力を基準に
して説明する事が不可能なため、あり
得ないで済ますような、人がほとんど
です。
電磁気力が重力より10の38乗倍も
強い力である事を知れば、全ての説明を
電磁気力で説明する方が理にかなってい
ると、自然に思えますよね?
だから今最先端の宇宙理論で、真理
探究に対して、ぶれない姿勢を持つ
科学者たちの間で、「電気的宇宙論」が
信頼を集めているのです。
つまり、太陽や銀河、もちろん地球も
動かしている力は電磁気力といった
方がより正確なのです。

電磁気が宇宙を動かしているしくみに
ついては、別の記事で説明させていた
だきますし、それまで待てないという方は
先日投稿の
太陽は燃えていない!正体はプラズマの
トーラス循環だった!

で紹介させていただいた本を、
ご覧になってくださいね。

今回は重力が宇宙の根本的な力ではない、
という事を説明するというテーマなので、
すでに電磁気力の10の38乗分の1
くらいしかないと書いた時点で、完了
してもいいのですが、まあ補足で
いろいろ書かせていただきますね。

では公式の物理学で基本中の基本だと
されているニュートンの万有引力の
法則からみていきましょう。
つまり全てのものは、質量に応じて
引き合う力を持つという、重力や引力
をニュートンが発見したということに
なっていますが、その力を示す方程式
が以下の有名な重力方程式です。
F(引力)=G(重力定数)×Mm/r²
(Mとmは2つの物体の質量、rは物体間の
距離)

  • これはどういうことを、あらわすかという
    と、質量を持つ2つの物体は、その質量に
    応じて引き合う力が強まり、また距離が
    近いほどその力が強いということをあらわ
    しています。
    しかしこの式が正しいということを証明
    するためには、Gという定数も正しくな
    ければなりませんが、実はこれニュートン
    が実証の裏付けなしにつくった仮想の定数
    なのです。
    このGは、一般に重力定数とか万有引力の
    定数と呼ばれているものですが、これは
    左辺と右辺の式を等しくさせるために、
    仮想的につくりあげたものだったのです。
    このようにあやふやなものにもかかわらず
    我々はこのGの意味を詳しく説明される
    ことなく、宇宙の絶対真理として最初から
    教育で教え込まれ、それが社会に出ても
    徹底的に常識として認識させられてきた
    ということなのです。

    この式でニュートンが述べる重力という
    ものは、物と物が引き合う力という意味
    でしたが、電磁力などの外部の力の作用
    なしには、質量に応じて物と物が引き合う
    ことは実証されていません。
    ニュートン自身も、重力が存在すること
    の説明をできなかったといいます。

    実は当時から数学者ライプニッツを
    はじめとするヨーロッパの大半の学者達は
    この万有引力の法則を認めず、ニュートン
    は非常識あるいは精神異常とみられてい
    たのです。
    まあこのような事が真実なら、もはや重力
    などに気をとられること自体があほらしく
    になってきますよね。

    最後にそれでも常識を信じたい人たちの
    ために、私からとっておきの例をあげて
    みることにしますね。
    先に書いた重力方程式では、質量が大きい
    ほど、引力が増大するということでしたが、
    手のひらサイズのU字型磁石を二つ用意
    してみるとしましょう。
    これらはS極とN極で引き合わされ、強力
    にくっつくというのは誰でもご存知です
    よね。

    そして今度は肝心の重力ですが、地球の
    質量と磁石自身の質量とを考えると、
    とてつもないエネルギーで磁石はひき
    つけられなければなりませんが、実際に
    引きつけられているのは、地球とはくら
    べものにならないくらい小さな質量の
    もう一方の磁石の方です。
    S極とN極で強力に引きつけ合っている
    磁石を離そうとしても、わりと力を入れ
    なければなりませんが、地球に重力で
    より強い力で引き寄せられていなければ
    ならない磁石を持ち上げるのは、ほぼ
    無抵抗な感じですよね?
    これだけ見ても、重力が磁力(電磁力)
    に比べて、ほとんど無視できるような
    力であることがよくわかりますよね。

    さらにこの事を図解で説明してみましょう。


    上がニュートンの公式の説明で、
    下がU字型の磁石と地球との間に働く引力
    とU字型の磁石どうしの間に働く力の引力の
    大きさを比べてみた場合の事で、左側の
    地球とU字型磁石の引き合う力の方が
    磁石どうしの引き合う力より強いという
    事を、ニュートンの立場で式にしたもの
    です。

    ですが、実際には磁石を地球である地面
    から拾い上げるのは、無抵抗に軽々と
    持ち上げられるのに対して、磁石どうし
    の引き合う力は、しっかりとくっついて
    離すのに力を入れなければなりません。
    つまり「磁石どうしの間に働く引力」の
    方が、「地球と磁石の間に働く引力」
    よりはるかに強いという事になり、
    ニュートンの公式の真逆が正解となり
    ますので、ニュートンは間違っていた
    というレコとになります。

    ちなみに磁力と電力はほぼ一体となって
    働くので、電気には磁力がつきものだし
    、磁力にはまた電気が表裏一体の力とし
    て働いてます。
    だから、電気、電磁気、磁力は同じもの
    の別の表現として考えて差し支えありま
    せん。

    ニュートンの法則のさらなる矛盾点とは? 
    世界的権威の五井野博士が大看破!

    私も、40を過ぎた頃からいろいろ真実
    を知るようになって、ようやく
    ニュートンの間違いに気づくようになり
    ましたが、私のような凡人と違い、
    世界的に有名な、五井野博士という方は
    高2の時から、ニュートンの矛盾に
    気づいていたらしいですね。

    五井野博士は、日本では知られていない
    のは、超優秀で日本人を覚醒させる
    きっかけとなる人物を隠蔽したいと
    いう意思が働いているからでしょう。
    もちろん支配層のためのノーベル賞は、
    もらっておられないようですが、それ
    以上に価値のある賞は、数え切れない
    ほどもらっておられる方なので、今回
    の記事の最後に経歴と賞の数々を
    掲載しておきます。

    ご覧になれば、いかに凄いかを
    わかっていただけると思いますが、
    ロシアやアルメニアでは「日本の神」
    とも呼ばれ、北方四島は五井野氏に
    なら返すとまでいわしめた人物です。

    世界の要人から、あまりにも有名な
    日本人として知られる五井野博士ですが、
    ロックフェラーに呼ばれても、代理人
    にいかせるなどをして、権力に迎合
    しない人物として知られています。
    だからというのもあって日本では、
    マスコミが全く取り上げないのです。
    しかしそれ以上の理由もあります。
    それは、世界的に有名な癌特効薬として
    しられる漢方の生薬のみでつくられた
    GOP(五井野プロシジャ-)と
    呼ばれる薬を発明して、世界中で
    飛ぶように使用されて、日本以外の
    ほとんど全ての先進諸国で認可されて
    いる絶品の薬なのです。

    なぜ日本だけが認可されていないのか
    というのは、これまで私の記事を読んで
    いただいていた方には、思い当たる
    と思いますが、日本人は、優秀な民族
    で、世界の権力者にとって都合が悪い
    のと、そして裏では米国の支配下にある
    ため、医薬品業界も政界もコントロール
    できる立場にあるからなのです。
    つまり健康や知性を劣化させるのが
    目的ですが、それについては、別の記事
    で書かせていただきます。
    しかし中国でさえ認可されているという
    のにくやしい限りですね。

    それと先ほどもちらっと言いましたが、
    下の輝かしい経歴の中にノーベル
    賞がないのが、気にかかる人は多い
    でしょうね。
    実はノーベル賞というのは、体制側に
    協力したか、彼らにとって都合の良い人物
    が優先的に選ばれるようになっているの
    です。特に科学の部門ではそれが著しく
    世界の要人や科学者はその事をよく知って
    います。

    つまり五井野氏は西欧諸国の頂点の権力の
    息のかかりにくい、ロシアやアルメニアの
    で多くの名誉博士の称号を得ている事からも
    その世界の権力者のコントロール下にある
    日本のマスコミから、完全黙殺されている
    理由がよくわかります。
    しかし賞は、ご覧の通りあらゆるジャンルの
    分野で世界中から数々の賞を受賞されて
    います。

    そしてだからこそ、体制によって曇らされた
    我々の目を覚ますような真実が、この博士
    の言葉からもたらされるというのは、いわば
    必然なのです。

    今回は、五井野博士が寄稿されている本
    から、その真実の一つをご紹介します。
    なんと私が神秘メッセージで記事にして
    きた見解を完全に裏づける事を、この
    真実のそして世界的な権威の科学者
    である五井野博士がいってくださってる
    のです。

    私は、前回の記事でニュートンの
    学説を完全否定していますが、この
    五井野博士が、私の見解をはっきりと
    肯定してくれているのです。

    なんとニュートンの重力方程式が、
    間違いである事を高校2年の時には
    すでわかっていたというのです。
    私なんかは、40も半ばくらいに
    なってからだというのに、あまりにも
    非凡な天才ですねー。
    では以下です。

    『』内が引用、~が中略です。

    『私が高校2年の時からニュートンの
    方程式は間違っているとすぐわかって
    しまっていたからです。定義された
    単位系が自然界ではあり得ないし、
    質量が力学の法則から重力を持つ事は、
    矛盾しているからです。
    つまり、重力だろうと引力だろうと、
    力は定義によって質量加速度だから
    です。公式で言うと、F=ma
    (Fは力、mは質量、aは加速度)
    だからです。

    (引用注:この公式をニュートンの重力
    方程式とごちゃまぜにしては、いけません。
    ニュートンの方程式とは
    F(万有引力)=G(重力定数)×Mm/r
    の事です。これがでたらめだと五井野博士
    はいっているわけです。)

    だから、質量に加速度を与えるものが重力
    なのですから、質量が重力ではないのです。

    (引用注:ここは激しく共感できるところ
    ですねー、私も気をつけているところです
    が、まずは本質とは何かについて納得
    できるまで、理解を深めようとする姿勢
    が、このような正解を導き出すという事
    なのでしょう。)

    わかりますか?やさしく言えば、リンゴが
    地面に落ちるのはリンゴが重力を持って
    いるからではなく、リンゴに加速度を
    与えているものがあるからなのですよ。
    加速度を持っているもの、それは現実に
    ある自然現象から考えると地球の回転圧
    とか太陽から来る放射線が地球の磁場を
    押して、その磁場が大気圧を押している
    からとかそういうものです。
    ニュートン生存当時はどちらもそのような
    力は知られていませんでした。あるいは
    わかりませんでした。そういう力の働き
    でした。』

    “出典:「今知らなければならない
    重大な真実を語る
    メジャーな人々」
    五井野正以下共著
    池田整治
    滝沢泰平
    増川いづみ
    ヒカルランド刊”

    まるでニュートンを赤子扱いですね。
    長くなるので、続きは次回の記事に
    しますが、私の見解の裏付けというだけ
    でなく、さすが根本的な見方を教えて
    くださってます。
    要するに、質量を持つ物質自体に力が
    あるのではなく、空間に存在する力が
    引力の正体であるという事を言って
    おられますが、私もその事を記事で
    再三説明してまいりました。
    宇宙の力は物質によって定義されるべき
    ではなく、本来の実体である真空の
    空間そのものが力の源だという事です。
    公式の科学は真逆ですよね、物質にこそ
    力の源があるといっているわけです。
    思い出してください、電子顕微鏡では
    物質の最小単位の原子をさらに微細に
    みていっても、広大な真空があるばかり
    だったではないですか、公式の科学が
    主張するようにもし中心に核がある
    としても、確かなのは原子の中の
    広大な領域を占める真空部分だと
    いう事なのです。
    そしてその空間の力が物質を動かして
    いるというのが真実だったという
    事です。

    ただ、我々の五感で捉える場合に真空
    という言い方は正しいと思いますが、
    五井野博士は、エーテルまたはプラズマ
    で満たされているという言い方をされて
    います。私はそれも宇宙はプラズマ
    説明させていただいてます。
    つまり宇宙は物理的な見方でいえば
    真空だけれども、我々の感知できない
    無限のプラズマエネルギーで満たされ
    ているという事です。
    もちろん言葉の定義だけの問題で、
    どちらも物質に力があるのではなく
    空間の方に力があると言っている事
    で一致 しているので、私と全く同じ
    見解であるという事は間違い
    ないです。

    さてまだまだニュートンが、でたらめの
    科学者であった事を、五井野博士が暴露
    してくださっていますのでさらに引用を
    続けてまいりましょう。

    ニュートンの主張を五井野博士が具体的
    に説明しているところからです。

    「」内が引用です。

    「もう少しやさしく言えば、ニュートン
    の場合はリンゴがなぜ落ちるかという
    質問に対して、それは“地球がリンゴを
    引っ張っているからだと”と、言って
    いるわけですよね。どうやって引っ張る
    んでしようね。まあ、これはとりあえず
    理解したとしても、同時に“リンゴが地球
    を引っ張っているからだ”という考え方は
    どうですか?
     やはり理解しにくいですね。リンゴが
    重力を持っていることをどうやって
    ニュートンは実験証明するのでしょう?
     実はニュートンの万有引力の法則は
    当時、仮説であって、実験証明されて
    いなかったのです。」

    “出典:「今知らなければならない
    重大な真実を語る
    メジャーな人々」
             五井野正以下共著 
             池田整治 
             滝沢泰平 
             増川いづみ
              ヒカルランド刊”

    まったくの仮説でしかなく、しかも
    間違いの学説を物理の絶対的基本のように
    教育されてきた我々は、まんまと一杯
    食わされていたという事ですねー。

    この五井野博士の説明を私は、別の
    記事でもっとわかりやすく説明して
    いますね。磁石の例です。
    またここでも、別の形でわかりやすく
    説明させていただきましょう。
    30年以もニュートンに騙されてきて
    真実に気づいた私の方が、こういう事
    は、五井野博士よりもわかりやすく説明
    できます。
    つまり誰にでもわかるニュートンの間違い
    についての説明です。

    まずU字型の磁石を用意します。
    そしてまずは地面に置きます。
    まずは、地球はとてもなく大きな
    重量を持つから、その分引力も圧倒的に
    強くなるというのが、ニュートンの法則
    ですね。
    ですが、磁石は簡単に持ち上げられます。
    まあこれでも働いているから、落ちるんだ
    という人は多いでしょうね。では、次に
    二つの磁石どうしをN極とS極で合わせて
    みると、ものすごい力で引き合わされます。
    しかも引き離そうとすると、なかなか
    離れない、かなり強い力で引き合って
    ます。磁石の質量によるものだとすると
    あまりにも強すぎるのに気づいてもらえ
    ると思います。

    ここで考えていただきたいのは、地球は
    磁石よりもはるかに質量が大きいです
    よね。ですから、磁石を地面から持ち
    上げる時には、はるかに小さい磁石
    どうしを引き離す時よりも、圧倒的に
    困難でなければならないはずですよね。
    なぜならニュートンの重力方程式に
    従えば、地球の質量の分だけ、引力が
    働かなければならないから
    です。
    ですが、ほとんど抵抗なしに持ち上げ
    られます。

    この場合の答えは簡単です。磁石を
    引き合わせている力は磁力と呼ばれる
    ものですが、質量の小さいものどうしの
    引き合う磁力が、質量のはるかに大きい
    地球の引力よりも強い
    という事になり
    ます。

    つまり質量が増大すれば、重力も増大
    するというニュートンの説に大きな
    疑問が生じますよね。宇宙の力の法則
    の基本の重力が、小さな磁石どうしの
    磁力よりも圧倒的に小さい事になり。
    力の法則の基本にも成り得ない事が
    ここで明らかになったという事です。

    もし重力があるとしてもどのくらいの
    差になるか計算したところからを、
    五井野博士の説明を引用させていただき
    ましょう。

    『』内が引用です。

    『 「電磁力は重力の10の38乗倍の
    引力がある」という結果になってしまった
    のです。
     10の38乗倍というのは、1兆(10
    の12乗)倍のさらに一兆倍のさらに
    1000倍の力ということです。
    ということは、電磁力という力から見れば
    、重力なんて皆無に等しいもので、あると
    してもほとんど重力の力なんてないと
    わかるのです。   』

    “出典:「天才五井野正博士だけが知って
    いるこの世の重大な真実」
         インタビュアー小笠原英晃
            ヒカルランド刊  ”

    これが真実なのにもかかわらず、教育
    では、重力が宇宙の全ての基本的な力
    というように説明して、素直に信じた
    東大生でさえ、重力方程式を基本にして
    計算します。
    これを間違いだなんて言われたら、彼ら
    の自信は根本から崩れるでしょうから、
    頭から否定してくるでしょう。
    しかし、これが真実です。少し哀れにも
    思いますが、素直に教育を信じたばかり
    に、真理から遠ざかってしまったという
    わけですね。

    五井野正の輝かしい経歴の一覧は、
    この記事の最末尾に掲載しておきました。

    意外と知られていない!?
    物理学の父ニュートン?の真実の姿とは

    そもそもニュートンがまともな科学者で
    すらなかったという、驚くべき事実を
    五井野博士が、著書で述べておられます。

    まあ私も彼が錬金術師が本職で、水銀中毒
    で頭をやられていたという事実は知って
    いましたが、今回、五井野博士の説明
    ではさらに、ニュートンという人物の正体
    が明らかになっています。
    では五井野博士の著書からの引用です。

    「」内が引用で、~が中略です。

    「ニュートンの法則の多くは、彼が他人
    から盗んだものなのです。つまり1687
    年に刊行されたニュートンの力学大系を
    まとめた『プリンピキア』は他人の
    アイデアを無断で自分のものとしたもの
    だったのです。
     例えば、「慣性の法則」の発見者は
    ガリレオ・ガリレイだし、「フックの法則」
    で有名なロバート・フックの業績やアイデア
    、そして、光の性質についての発見など多く
    のものがニュートンの発見になっています。
    実際にフックは、「ニュートンは私の理論
    を盗んだ」と記述しています。
     しかし、今日ではニュートンは重力理論
    を発表した天才と評されているから、
    たいていの研究者は、ニュートンは立派な
    人なのにフックから濡れ衣を着せられて
    かわいそうと思って本に書いてますが、
    実際は逆ですよ。事実を正当に調べれば、
    ニュートンが盗んだと誰しもが思うで
    しょう。 
     重力理論といったって、質量の問題
    ではなく「引力は距離の2乗に反比例
    する」という簡単なことで当時の学者
    たちは悩んでいたのです。
    というのも、当時のニュートンや
    王立協会は、「引力は距離の2乗分の1
    で減じていく」ということを数学的に
    どうやって証明するのか、わからなかった
    のです。こんなのは図で描けば簡単
    でしょう。例えば1メートルの円を
    つくります。それが2メートルに
    なったら、面積は4倍に増えるでしょう。
    仮に光の明るさで考えれば光が4倍に
    広がれば明るさも4分の1に弱くなり
    ますね。

    (引用注:これは大事な視点ですね、
    つまり当時ニュートン達がわから
    なかったのは、この面積という視点の
    転換という事だけだったのですが、
    これがわからなかったニュートンの
    頭の悪さが、よくわかるエピソード
    ではあります。)

    だから、重力でも引力でも電磁力でも
    、平面の面積は距離の2乗に拡大
    されていくので、その分濃度が薄まる
    と思えば、2乗の逆の2乗分の1で
    減じていくわけです。でも当時の人たち
    はそれがよくわからなかったようなの
    です。
     さらに微分積分は、ドイツのライプニッツ
    が発明したのですが、それをニュートンが
    自分の発明としたので、ライプニッツと争い
    になりましたが、ニュートンの卑怯な手口で
    ニュートンのものにしてしまったことは
    『ニュートン、あらゆる物体を平等にした
    革命』(大月書店)を読めばわかります。
     しかも、ニュートンは『プリンピキア』
    で重力理論を発表する以前から錬金術に夢中
    になっていました。そのため奇行が多く、
    精神的にも不安定な状態にあったのです。
    ~だから王立協会でフックは盗作した
    ニュートンの批判をしました。日本人
    だったら、「君はもう出ていけ」となる
    でしょう。でもフックは「君のアイデアは
    私も以前に考えた。君は優秀だからもっと
    アイデアを出してほしてほしい。」と
    言います。~

    ~ところで、ニュートンはロバートフック
    との盗作問題の争いで負けた後、自然哲学
    をやめて政治家になりました。しかし
    ながら、何の実績もなく再び無職になり
    ますが、政治家のときのコネクションから
    、造幣局の長官にまでなりました。
     今で言うと財務省と日本銀行を兼ねた
    ものです。財務省の長官で日本銀行総裁
    ですから、それでおカネを発行し、お金
    をコントロールして、政治家たちや学者
    たちを動かし、そんなわけで王立協会の
    会長になったのです。
     なぜかと言えば、ニュートンが会長に
    なってすぐやったことは、ロバート・
    フックが死んだのを幸いにして彼の業績
    を全部消し、自分が発見者としてフック
    の理論を乗っ取ることだったといえる
    でしょう。これが真実だと思います。
    フックの肖像画も発明・発見記録も
    ニュートンが処分してしまったので今日
    では残されていません。
     最近になってニュートンが残した
    ノートなどが見つかってオークション
    に出たことがあります。それで有名な
    経済学者のケインズが手に入れて
    「ニュートンは錬金術師で、近代科学
    の人じゃない。最後の魔術師だ。」と
    言ったのです。」

    “出典:「今知らなければならない
    重大な真実を語る
    メジャーな人々」
             五井野正以下共著 
             池田整治 
             滝沢泰平 
             増川いづみ
              ヒカルランド刊”

    ニュートンの理論が、ロバート・フックの
    盗作だったなんて、いわれてもすぐには
    信じられない方も多いのでしょうね。
    しかし、ざっとネットでロバートフックの
    名前で検索してみると、ニュートンが、
    ロバートフックの肖像画を、喪失させた事
    はれっきとした事実であり、またニュートン
    が、王立協会会長の職を乱用してロバート
    フックの業績を覆い隠すためにさまざまな
    工作をしていたというのは事実だという
    サイトがいくらでも出てきます。
    主流の科学のオモテ看板のサイト
    ウィキペディア(以前の真空についての記述
    で、主流の科学のコントロール下にある事
    を説明しています。)
    でさえそれを記述しているのだから、多くの
    人は、気づかれていないだけという事になり
    ますね。
    もちろんニュートンの味方であった、
    王立協会が今でも主流科学界をコントロール
    しているわけで、ロバートフックの方が盗作
    したように説明しています。
    つまりこれは、真実と違った方向に誘導して
    いるのが、あまりにも明らかな証拠
    でしょう。
    もしニュートンが盗作していない側だと
    すれば、ロバートフックの業績を隠そうと
    したり、肖像画を破棄したりしないで、
    堂々とフックの方が盗作したと世間に認めさ
    せればよいだけですからね。
    それができなかったのは、姑息な手段で隠蔽
    しなければ、当時多くの真実を知る人たちに
    ニュートンの方がつぶされるのが、明らか
    だったからなのだということでしょう。
    ロバートフックは後世の歴史学者に、
    「イギリスのレオナルド・ダ・ヴィンチ」
    と呼ばせるくらいの人物であったという
    事実があるのもこれで、よく理解でき
    ます。

    ニュートンは結局、歴史に名前だけ残す
    という
    目的を果たしたあとは、政治家に転身して
    いる事からも、ニュートンが真の科学者で
    ない事は明らかです。自分の研究に自信が
    あれば、死ぬまでそれを高めたいと思う
    のが、科学者だからです。
    つまりそれ以上ボロせを出さないために、
    転身したのだと思われます。

    それと、彼が造幣局長になれたのは、当時の
    権力者たちとコネがあったから引き立て
    られたのではありますが、彼の力という
    より、
    権力者の意図である「大衆をコントロール
    しやすくするために真実を理解させない」
    という事をニュートンが実践した事の褒美に
    地位と名声を与えられたのでしょう。
    五井野氏も著書で、同じ事を語っています。
    そういう権力者は、当然世間に向けて、
    ニュートンの正当性を信じさせるように
    働きかけるというのは、得意とするところ
    だからです。
    現在でもそれが有効なのは、わかって
    いただけるとは思いますが。

    とにかくこのようなニュートンが唱えたの
    だから、現在の科学の基本のように言われて
    いて、世界中の人々もそれが真実だと思い
    込んでいる「万有引力の法則」は完全な
    間違いである事は、あまりにも明らかです
    よね。もちろん重力理論もでたらめです。
    なんせまだ証明もされていない仮説だと
    いうのに、嘆かわしい限りです。

    ですが、当時から支配層の配下に収まって
    きた科学界は、これと同じ手法で、進化論
    、ビッグバン理論など矛盾だらけの偽科学
    を私たちに刷り込んできたという事なの
    です。

    ではまた(^^)

    いつもありがとうございます(*^_^*)

    隠された科学的真実編

    宇宙の真理編一覧

    あんみんの神秘メッセージメニュー

    トップページ

    ヤハウェは善なる創造神などではない、それどころか残虐冷酷なユダヤの神だと知らない人たちへの誘導情報が出回っている


    現在我々のDNAに神の刻印が
    なされていて、コロナワクチンなどで
    改ざんされようとしているという
    ような情報が出回っています。


    @retopsnart
    死ぬ前にこの世の最大の謎の答えが
    分かって良かった。全宇宙はヤハウェ
    (YHVH)によって作られたのだ。
    そして、私達のDNAには、
    その刻印(10.5.6.5)がなされて
    いるのだ。その神の創造物を
    悪魔達が💉を使い、DNAを書き換え、
    自分達の物にしようとしているのが、
    まさに今なのだ!

    実はそもそも太古に私たちのDNAは
    すでに改ざんされて、改悪されていた
    のです。

    つまり現在の宇宙は太古に改ざん
    されて歪められた宇宙であり
    DNAにヤハウェの刻印がされている
    なら、それは太古の邪悪な神
    による刻印だという事なのです。

    もう一つ上の理解でいえば、
    現在の宇宙は、あくまでも私
    たちの制限された認識による
    宇宙で、その制限から解放された
    時に初めて私たちは現実の宇宙を
    認識できるようになるわけです。

    とにかくヤハウェが善なる創造神
    などというまやかしは、今回の
    記事を読んでいただければ、すぐに
    看破できるので必見です。

    まず宗教というのが、太古から
    私たち大衆を隷属的感覚に
    閉じ込めるための罠であったという
    事が理解されなければなりません。

    私たちは無力でちっぽけな存在
    であり、永遠の命を得るためには
    神を信仰し、神の力を与えられ
    なければ、天国に行けないなど
    というのが、宗教に共通する教義の
    要点です。

    真実は、私がこれまでブログで
    再三実例を取り上げて説明して
    きたように「私たちはすでに
    永遠の存在である意識で、全て
    と一体であるワンネスである」
    という事です。
    物理的にも「私たちは反転宇宙の中心
    であり、私たち自身が宇宙全体で
    ある」とも説明してきました。

    その事は、これらの記事で説明
    しています。

    さてその真実の理解をふまえた上で
    旧約聖書の神について観ていき
    ましょう。

    キリスト教、イスラム教、ユダヤ教
    の信者の総人口ご存知でしたか?
    なんと、世界の総人口の約4分の3です。
    つまりほとんどの人々が、これらの宗教を
    信じているのです。
    まあもちろん日本は違いますというか、
    多神教の国民性なので、仏教を中心に
    神道、キリスト教など人によって様々
    です。もちろん最近は私もそうですが、
    無宗教の人は多いでしょうね。

    さて世界の大半の人が信じるという
    これらの宗教で、共通の聖典が旧約聖書
    だという事なのです。
    私もこれを初めて知った時は、イスラム教
    まで入るのかと不思議に思いました。

    さて内訳を見てみましょう。

    キリスト教=新約聖書+旧約聖書

    ユダヤ教=旧約聖書+タルムード

    イスラム教=旧約聖書+コーラン

    という事です。
    実はこの旧約聖書に書かれている神が
    この間から再三申し上げているような
    世界の支配層に憑依する龍の神だと
    いう事なのです。

    まさかと思われるかもしれません。
    ですが、これが真実なのは、旧約聖書を
    紐解いてみたらわかる事なのです。

    つまり世界の大半の人は、自分たちを
    苦しめる支配層の真の実体である
    龍型生命体を、知らず知らずのうちに
    信仰している事になります。
    もちろん日曜の礼拝では、あたりさわり
    のない談話が紹介されるでしょうが、
    これらの宗教が、そういう神を信仰対象
    とした聖典をもとにしていると知って
    いるのは、宗教を支配しているような
    権力者たちだけです。

    つまり旧約聖書に書かれている意図に
    従い、人類社会をコントロールしようと
    しているとしたら、それは大衆が知る
    べき事なのじゃないでしょうか?

    この事を看破してくださったのが、
    私の記事でも多く取り上げさせて
    いただいて、私の宇宙モデルの元型を
    示唆してくださった上に、ニュートンや
    アインシュタインが、いかに間違った
    理論を提唱しているかにも気づかせて
    いただいたコンノケンイチ氏です。

    物理学に精通しておられる同氏が宗教も
    という事を意外に思われるかも知れま
    せんが、真実を追究していると、
    ジャンルを問わずつながってくるもの
    です。私の記事が、いろんなジャンルに
    渡っているのをご覧になってもおわかり
    いただけると思います。

    つまりコンノケンイチ氏は、宇宙の真の
    モデルのコンセプトを提唱しているだけ
    でなく、世界の支配層が、龍の生命体に
    憑依されている事まで看破しておられる
    という事です。

    つまり私やアイクさんとこの間記事
    で紹介させていただいたMAGICA
    さんとも見解が同じだという事です。

    もちろん互いに面識もなく、示し
    あわせたわけでもないのにという事
    です。

    さてコンノケンイチ氏が,分厚い旧約聖書
    と新約聖書に書かれている事から、
    旧約聖書の神が龍のような
    残虐性を持った存在だと看破できた部分と
    コンノケンイチ氏の見解を、同氏の著書
    から引用させていただきます。
    なお旧約聖書に本当にそのような事が
    書かれているか、私が参考のために購入
    しておいた、新約聖書+旧約聖書の全訳本
    で確認しています。なんと4900円も
    します。

    まずコンノケンイチ氏は、旧約聖書の神と
    新約聖書の神が違うものであるという事を
    説明しておられますが、そもそも旧約聖書
    新約聖書とはどういうものかをまず説明
    しておられます。

    『』内が引用、~が中略です。

    さらに途中『』内以外の記述は私のもので
    最終的に『』内の全ての出典元を書く
    事にします。

    『私たちが手に取る聖書は旧約と新約に
    分かれており、イエスの生誕前に書かれた
    のが旧約聖書、死後に書かれたのが新約
    聖書である
    「約」は神との契約という意味で、旧約
    は「旧い神との契約」、新約は新しい
    「神との契約」となる。「旧い神」
    「新しい神」というと奇妙に聞こえようが、
    その差異にこそ両者のゴッドは異なる
    ポイントを孕(はら)んでいたことはすで
    に述べた。
    旧約聖書のゴッドは日本の天孫降臨と
    同じく、蛇をルーツとする異星の
    爬虫類生命「龍(ドラゴン)」だった。』

    この日本の天孫降臨については、また
    いずれ書く事もあるでしょうが、私の
    ブログで書くべきか、少し迷うところが
    あるので、ご自分で同氏の著書を購入して
    読まれると詳しく載っています。
    この本自体は絶版ですが、復刻本が
    出ていて、コンノケンイチ氏で検索
    できるので、購入されるとくわしい事が
    わかります。
    しかし、旧約と新約の意味が初めてわかり
    ましたし、これらの聖典では別々の神に
    ついて記述されているのもわかりました。
    次は、新約聖書の集大成である
    「ヨハネの黙示録」で旧約のゴッドが
    龍として封印されていたという事が
    次に書かれています。

    『   『ヨハネの黙示録』の冒頭には、
    次のように述べられている。
     
    イエス・キリストの黙示。この黙示は、
    神が、すぐにも起こるべきことを
    その僕(しもべ)たちに示すため
    キリストに与え、そして、キリストが
    御使いをつかわして、僕ヨハネに示す
    ために与えられたものである。~
    そして次が問題となる。同書の20章
    1~3節と7~8節の記述である。

    わたしが見ているとひとりの御使いが、
    かぎと大きな鎖を手に持って、天から
    降りてきた。彼は悪魔でありサタン
    である龍、すなわち、かの年を経た蛇を
    捕らえて千年の間つなぎおき、入り口を
    閉じて封印し、諸国民を惑わすことの
    ないようにしておいた。(中略)
    千年の期間が終わると、サタンはその
    獄から解放される。そして出ていき、
    地の四方にいる諸国民、すなわちゴグ、
    マゴグを惑わし、彼らを戦いのために
    召集する。その数は、海の砂のように
    多い。
     ゴグ、マゴグとは旧約聖書
    「エゼキエル書」の有名な記述で、
    旧約聖書の主ヤハウェのいう
    「我が目的、謀りごと」(アルマゲドン)
    の発端となる国々を指す。
    『ヨハネの黙示録』は旧約聖書
    エゼキエル書のゴッドを「悪魔であり
    サタンである龍、かの年を経た蛇」と
    ハッキリ述べている。旧約聖書と新約
    聖書が同じ存在ならこうした表現が
    なされるわけかない。』

    やはり旧約聖書に書かれている神は
    龍そのものだという事だという事です。

    ではどんな神なのかというと相当やばい
    存在であるという事が、その
    エゼキエル書には書かれているのです。

    その前に旧約聖書のゴッドの言葉を
    コンノケンイチ氏が紹介しておられ
    ます。

    『旧約聖書のゴッド「ヤハウェ」は
    次のように言い切っている

    わたしは終わりの事を初めから告げ、
    まだなされていない事をを昔から
    告げて言う。
    「わたしの謀りごとは必ずなり、
    我が目的をことごとくなし遂げる」と。
    わたしは東から猛禽を招き、遠い国から
    わが謀りごとを行う人を招く。
    私は、この事を語ったゆえ、必ず
    こさせる。
    わたしは、この事を謀ったゆえ、必ず
    行う。
    (『イザヤ書』46章10~11節)』

    “『』内すべて出典:
    「天孫降臨/日本古代史の闇」
         コンノケンイチ著
           徳間書店刊  ”

    なるほど旧約聖書の神は、謀り事を
    行うって自分で言う、とても邪悪な
    性質である事がよくわかりますね。
    慈悲深い神が、そんな謀りごとを
    するわけがないですよね。

    で、私が持っている新約・旧約聖書の
    訳本には、謀り事ではなく、計画と
    いってます。
    まあどう訳すかは、訳者によって違う
    のでしょうが、だいぶニュアンスは
    変わってきますね。

    で続きをみると、
    「わたしはシオンに救いをイスラエルに
    わたしの輝きを与えることにした」
    (『イザヤ書』46章13節)』

    なんだやっぱりいいやつじゃないと
    思うでしょう。でもそうじゃないの
    です。まずはこれシオンとイスラエル
    限定ですからねー(^▽^;)
    つまりこれは選民思想というやつに
    つながるコンセプトだと思います。
    慈悲深い神であれば、地上の人々
    全員を祝福するのが当然と、ふつう
    考えますよねー?
    この神はそうではなく、この
    イスラエルに栄光を与える前に、
    多くの人に天罰を加えるっていって
    いるんですよ。

    つまりこれが計画(はかりごと)で
    あれば、それはやはりとてもやばい
    計画であり、つまりは、謀り事と
    訳した方が妥当になるという事です。

    だいたいその計画のために猛禽を
    招くんだから、穏やかなもので
    ない事は明白ですよね。

    で、その計画を実行した記述が、まあ
    残虐きわまりないのです。
    それを実行しているのが、旧約聖書
    の主、つまりヤハウェだという事
    です。
    さてどんな計画というものだったか
    今回簡単に抜粋してみました。

    「見よ、わたしが叱咤すれば海は
    干上がり大河も荒れ野に変わる。
    水は涸れ、魚は異臭を放ち
    渇きのために死ぬ。
    わたしは天に喪服をまとわせ、
    粗布(あらぬの)で覆う。
    (イザヤ書 50章2~3節)

    なんだかとてつもなく恐ろしい
    神ですよね、とても慈悲深く地上
    に祝福のエネルギーをもたらす
    神とは思えません。
    そして旧約聖書の「わたし」である
    神ヤハウェには、さらに主と仰ぐ
    神がいて、やはりそれも同じような
    恐ろしい神のようです。

    「神の世界審判

    見よ、主は地を裸にして、荒廃させ
    地の面(おもて)をゆがめて住民を
    散らされる。民も祭司も、僕
    (しもべ)も主人も、女の僕も
    女主人も
    売る者も買う者も、貸す者も借りる
    ものも、債権者も債務者も、すべて
    同じ運命になる。地は全く裸にされ、
    強奪に遭う。
    主がこの言葉を語られた。

    地は乾き、衰え、
    世界は枯れ衰える。
    (中略)

    地はそこに住む者のゆえに汚された。
    彼らが律法を犯し、掟を破り、
    永遠の契約を棄てたからだ。
    それゆえ、呪いが地を食い尽くし
    そこに住む者は焼き尽くされ
    わずかの者だけが、残された。」
    (イザヤ書 24章1~6節)

    なんという残虐極まりない神なん
    でしょう。たぶんこの永遠の契約
    というのは、神が定めたもの
    でしょう。
    それに違反したというだけで、これ
    だけ、人々にひどい事をできるもの
    かと思いますね。というよりこの永遠
    の契約は、当然神に絶対服従するとか
    そういう事なのだと思いますが、
    地球の自然が、それを意識している
    はずはないと思いますね。
    つまり地上を荒廃させる理由が
    見当たりません。
    もし人々が邪悪な意識に染まったとか
    いうのなら、わからないでもない
    ですが、それは関係なく、とにかく
    永遠の契約に従わなかったからという
    理由のようです。
    というより、これ神がかなり邪悪で
    残虐なキャラじゃないですか。

    私たち日本人は、宗教とは、心の修養
    にも良いものだと考えている人が多い
    と思いますが、どうやら、この旧約聖書
    では、とにかく神に従わなければ、
    恐怖が待っているという事を、またその
    恐怖の結末を丁寧に書いているもの
    だったという事です。

    もし宗教によって人々を従わせるのが
    目的であれば、確かにこのような表現
    を取るのも一つでしょうね。
    ただし、その場合神に絶対服従する事が
    求められるというわけです。
    たとえそれが邪悪な者であったとしても
    という事です。

    ここで世界の主要宗教ともいえる、
    イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の
    全てで旧約聖書もベースとして共通
    するというのは、まさに民衆を従わせる
    事を、目的としているという事の証
    だという事です。

    特にユダヤ教は選民思想といわれますが、
    ユダヤ人とは民族の事ではなく、ユダヤ
    教を信仰する人々で、しかもそれは
    現在の支配層に集中しているという事
    です。
    だからユダヤ人が、世界を支配している
    と知識人が言うのを、民族差別とか言う
    人は、全く検討はずれだと言う事ですね。

    という事で、ヤハウェが宇宙を創造した
    善なる神というのは、とんでもない
    誤情報であって、むしろ冷酷で卑劣で
    残虐極まりない神だったという事
    だったのです。

    ではまた(*´▽`*)

    いつもありがとうございます(*^_^*)

    隠された真実編一覧

    宇宙の真理編一覧

    あんみんの神秘メッセージメニュー

    トップページ

    私たちの日常意識は、化学物質や電磁波で操作されるボディマインドだった!?


    今回のコロナワクチンに、磁性ナノ粒子が
    含まれていて、それが外部からのネット
    ワークとつながる事によって、容易に
    人体とマインドを操作できてしまう
    というテクノロジーが、すでに現実と
    して我々の目の前にあらわれて
    しまいました。

    これまで陰謀論の世界で語られていた
    事が、現実であったと思い知らされた
    人は、まだ事実を追求して調べて
    いった人たちだから、まだ良いとして
    それを知らずにワクチンを接種して
    いって、副作用で苦しんだり
    亡くなったり、もしくは自分が操作
    されるまで(もしくはそれでも気付かない
    人もいるかも知れませんが)、わから
    ないのかと思うとつらい気持ちになり
    ますね。

    さて真実を理解する人たちは、是非
    今回の事を知っていただきたいと思い
    ます。

    ワクチンでもし我々の感情や思考・行動
    を操作されるような事があっても、
    私たちの本来の意識は操作できない
    という事を覚えていただきたいのです。

    もし能力があれば、彼らがコントロール
    しようとするのを逆手に取って、逆に
    自分のコントロールを取り戻して、
    彼らの操作する5GシステムとAIの
    ネットワークを狂わせる事も可能では
    あると思うのです。

    ただし、もし、自分のコントロールも
    かなわないとなれば、その肉体と
    マインドは、もはや本来の私たちの
    宿る場所ではないので、放棄する事の
    方が得策だと思います。
    まあそれは人それぞれですけどね。
    もちろん放棄しても私たちの本体である
    意識は失われず、愛する人たちの意識
    も大丈夫です。

    しかし必ず彼らのネットワークを逆手に
    取れる意識の力は、我々の方にこそある
    という事だけは理解していただきたい
    のです。

    もちろんワクチンを接種しないように全力
    を尽くすべきだと思いますが、奴隷に
    されない本来の自分の意識を自覚
    そして理解する事は、今一番重要な
    事だと思っています。

    ではそのためのヒントになる事として
    以下をご覧ください。

    私が神秘メッセージで、提唱してきた
    コンセプトの中でも重要なものの一つが
    私たちは、肉体ではなく、永遠に存在する
    意識だという事です。
    現代では多くの人が、肉体そのものを
    自分自身だと信じきっているように思い
    ます。ですが、臨死体験や体外離脱、
    前世記憶や過去世体験など、我々の意識
    が肉体と分離する事もできて、さらに
    永続的に存在しているものであるという
    数多くの事例や証拠があります。
    その事を超意識編の記事にも、書いて
    きましたが、まだ実感がわかないという
    人のために、化学物質に影響される感情
    や性質という観点をご紹介しましょう。
    我々の視点より、はるかに高い次元から
    貴重な真理をつきとめておられる
    アイク氏の著書から引用させていただき
    ます。
    この本は邦訳のタイトルが、売れ線を
    狙って、少し扇情的なものになっている
    のが気に入らないので、原著のタイトルも
    あとでご紹介しておきますね。

    「」内が引用で、~は中略の意味です。

    「  あなたの肉体は〈あなた〉ではない

    ~私たちが〈人類〉と読んでいるこの
    存在は、最も根本的な点を誤解したまま、
    これまで生きてきた。人類は自分が何者で
    あるかを知らない。この根本的な座標が
    ないために、ほかの何もかもが異常な状態
    にある。私たちはバイオコンピューターと
    、そして「思考」や「感情」と呼ばれて
    いる電気化学的プロセスを自分だと
    思い込んできた。
    しかしそれは私たちではなく、
    コンピューターのプログラムにすぎない。
    〈私たち〉が考えたり情動を感じたり
    すると、脳と肉体に電気化学的プロセス
    の引き金が入る。それは肉体から電気信号
    と科学物質が伝達・解放された結果だ。
    逆もまた真なりで、科学物質と電気の場が
    感情を引き起こすこともある。
    だから携帯電話の基地局や高架送電線の
    近くに住んでいる人や、ある種の化学
    物質を吸収している人は鬱になりやすい。
    同様に、化学物質をたっぷり含んだ食品
    や飲み物を口にする子は、多動その他の
    異常行動を示すことが多い。
    電気化学システムのバランスが崩れる
    から、アンバランスな行動として現れる
    のだ。あるイギリス人女性は、多量の
    水銀を含んだ詰め物を歯にしたせいで、
    40年にわたって鬱病に苦しんでいたが、
    その詰め物を取り替えて水銀解毒
    プログラムを始めたら、それだけで病気
    から解放された。
    この女性はその間ずっと、精神病院に
    入院していた時期も含めて、深刻で辛い
    鬱状態を自分のせいだと思い込み、まさか
    水銀が肉体コンピューターシステムに
    影響した結果だとは考えもつかなかった。
     もし〈私たち〉が感情の唯一の源で
    あったなら、こんな事が起こるはずは
    ない。
    もしも〈私〉すなわち〈無限の認識〉が
    感情の唯一の源だったら、化学物質が
    私たちの感じ方・考え方に影響するはず
    がない。
    (注釈:アイク氏は、私たちは肉体
    そのものではなく、物質の影響を
    受けない無限の認識である「意識」
    だと提唱しておられます)

    だが実際はそうではない。一度「死んで」
    生き返るという臨死体験のある人々は、
    至福と愛の世界に行っていたと言い、
    そこには「肉体的・物理的な」体の中に
    いるときのような感情は全くなかったと
    語る。
    私は別の方法でその場所を経験したことが
    あるので、彼らの言ってることがよく
    わかる。そうした感情のない状態では冷たく
    固まってしまうと思う人もいるだろうが、
    実際はまったく逆で、まったく得も言われぬ
    愛を感じる。なくなるのは人間型の感情で、
    これはコンピューターソフトの一部が
    プログラムされた応答として表出してくる
    ものであって、その本体は電気化学的な反応
    にほかならない。そう、まさに反応だ。
    世界の人々の暮らしぶりを見ればわかる
    ように、人は感情的な反応を通して暮らして
    いる。みんな「経験」とか「情報」といった
    刺激に直面して、プログラムに沿った反応を
    しているのだ。
    コードを打ち込んで「実行」キーを押せば、
    DNAや細胞ネットワーク内のソフトウェア
    がプログラムに従って動くのとまったく同じ
    だ。~
    ~私たちは、何かを経験したり・見たり・
    聞いたりしてそれに「反応」するが、
    たいていは、ほかの人たちと同じやり方に
    収まる。よく「〇〇に対するあなたの反応
    はどんなものですか」「どうしてあんなふう
    に反応したのですか」と言うが、これは
    まさにこの化学反応のことを言っている
    のだ。ほとんど毎回、私たちはDNA
    プログラムに従って反応している。
    プログラムは遺伝によって受け継がれた
    ものであり、この〈現実〉という名の経験
    によって情報を追加されていくのである。

    (注釈:ここはとても大事な部分です、
    このアイク氏の説明には、魂レベルでの
    前世や過去世でのプログラムが含まれて
    いません。当ブログではすでに前世体験
    で血族でない、遠隔の土地の人の肉体的
    特徴や傷痕などが、新しく生まれた子供
    にはっきりと刻印されていて、さらに
    前世での血族でないその人物の人生の
    記憶を持って生まれてくるという事を
    つきとめていますので、魂などによる
    プログラムも出生時に含まれます。
    さらに生まれてからのちの経験だけ
    でなく環境からも常時プログラム
    として受け取っていて、出生時の
    天体の配置などの、宇宙的環境も当然
    プログラムに含まれることになります。

    前世についてはこちらの記事が参考に
    なります。
    なんと2000の事例を現地に赴いて
    あくまでも客観的に前世記憶が正しい
    事を証明しながら、研究者の
    スティーブン博士は、前世があると
    主張しているわけではないと言い遺して
    おられます。

    投影される自己、転生と憑依は共通する!
       前世記憶1と追加説明

    子供の頃にダウンロードされたトラウマ
    はとりわけ強力で、一生残るだけの反応
    や知覚をプログラムしてしまう。

    (注釈:これも血族でない前世の人物が
    おぼれ死んだりすると、今生で水に
    対する異常なほどの恐怖心を持つ人生
    として生まれ変わったという事例も
    ある事から、魂の前世体験もトラウマ
    としてプログラムされます。)

    こういった反応は細胞の中に蓄積される。
    ここでは細胞がコンピューターチップの
    働きをし(細胞は半導体の記事をご覧
    ください)、遺伝によって受け継いだ
    プログラム(注釈:魂レベルや、出生時の
    宇宙環境によるプログラムも含む)と、
    日々の経験からダウンロードした内容
    (日々の環境によるダウンロードも
    含む)の両方を蓄積していく。
    日々の生活に「反応」しているのは私たち
    でなく細胞(=DNA)内に蓄積された
    情報の方であり、それは肉体コンピューター
    がどうプログラムされているかに基づいて
    いる。人が自分の中の「悪霊」と呼んで
    いるものも、大部分は肉体コンピューター
    の中に受け継がれた、あるいはダウン
    ロードされたソフトウェアプログラムだ。
    真に〈目覚めている〉状態になる以外、
    このサイクルを打ち破って人生の主導権を
    握ることはできない。
    それができて初めて、肉体コンピューター
    は意識に奉仕するものとなり、私たちが
    この〈現実〉を経験するための媒体となる。
    コンピューター(注釈:ここでは肉体の事)
    は主人ではなくなる。人生が私たちを
    生かすのではなく、私たちが人生を生きる
    ようになる。」
    “出典:「恐怖の世界大陰謀 上巻
            デーヴィッド・アイク著
                本多繁邦訳
                 三交社刊”

    このよう邦訳に恐怖とかつくと、イロモノ
    扱いになるっちゅーねんという事が
    わかっておられないのかな?
    原著も所有しておりますので原著も
    合わせてご紹介しておきますね。

    「the David Icke Guide to
    the Global Conspiracy
    (and how to end it)」 
         David Icke 著
       David Icke Books刊

    直訳すると、「デーヴィッド・アイク
    世界的な陰謀のからくりへの招待
    (それをいかに終わらせるか)」
    となります。恐怖などという言葉は
    どこにも出てきませんでしたね。
    私がこの本で感銘を受けたのは、
    世界的な企て(もちろん参考には
    していますが)よりも、真理に対する
    明快で、圧倒的に鋭い見解の方で、
    それをみなさんにもご紹介していって
    いるという事なのです。

    そして今回ご紹介した部分は、とても
    重要なのがわかっていただけました
    よね。
    私たちのほとんどは、肉体自体を自分
    自身だと思い込んで生きています。
    もちろん教育やマスコミ、または
    それを常識と信じ込んでいるまわり
    の人々にも影響されてという事も
    あります。

    主流の科学では、意識や感情は脳から
    生まれるものだとしていますが、
    臨死体験や体外離脱、前世記憶、
    前世からの肉体的痕跡などあらゆる
    事例や量子物理学を中心とした実験
    結果などから、我々の意識は肉体とは
    別の場所または次元にあると、納得
    できる裏付けを持った結論に達して
    います。
    そしてまた、肉体が外界の刺激や体験
    に「反応」して感情を引き起こすのは
    肉体自身のプログラム的な反応に
    よるもので、私たちの本来の意識
    自身ではないという事を上の記事で
    説明しているというわけです。
    確かに目からウロコの説明だったのが
    インタビューなどで確かに「どう
    反応しましたか?」というような言い方
    をよくするという事です。
    確かに、プログラムによる反応と同じ
    仕組みで私たちは、反応しているのが
    よくわかります。
    みなさん自身で振り返ってみてくだ
    さい、異性に対して、体が反応するのも
    つまりその「フェロモン」やさらには
    「行為」に体が反応するのも、性的な
    プログラムに「反応」しているとも
    いえるし、(もちろんそれだけじゃなく
    心にも反応します。)
    食べ物や食欲に反応して、唾液が出たり
    空腹を感じるという「反応」をしたり
    しますよね。これらは確かに肉体の
    プログラムに従った「反応」である事
    がわかります。
    また酒に酔った勢いで、泣き出したり、
    怒り出したりが止まらなくなるのは、
    肉体のプログラムが酒に「反応」すること
    により感情に振り回されるようになった
    という証拠です。

    よく「我を忘れて」といいますが、
    この時の我が私たちの本来の意識だと
    いう事です。
    よくあの状態の人に対して
    「本性が出たな」とか「本性ってこんな
    ものでしょ」などという人たちは、テレビ
    のサスペンス劇場などの見過ぎですね。
    支配層の洗脳は、詳細なところにまで
    行き渡っているので、人同士の間を
    とにかく離間または分離させる
    ために人の本性とは、とてもネガティブ
    なものであるというような洗脳を、
    長年に渡って行ってきたという事です。
    人には、根底に愛があるので、本性が
    ネガティブなものという事はないのです。
    ただ邪悪なエネルギーに憑依されている
    場合は、もはや半分自分がジャック
    されている状態だという事です。
    チップを埋め込まれたら、まさに
    その状態になりますね。

    つまりこの肉体的「反応」に意識が奪わ
    れている間、私たちの本来の意識があまり
    働かないという事なのです。
    だから、仏陀や修行僧が断食をして
    瞑想するのも、肉体のプログラムに反応
    させるのをやめて、本来の自分の意識に
    集中して、回帰しようとしていたのだと
    いう事がわかってきます。
    またそれだけ高度でなくても、体の反応
    が私たち自身でないという事を理解できて、
    本来の意識で、その反応を客観視できれば、
    もはや肉体の反応に振り回されるだけ
    の人生にはなりません。
    まずは、そこまでにはなりたいもの
    ですね。
    しかし、上にも書かれているように、
    高架線の電磁波や、最近では近くにいる人
    の携帯の電磁波などによっても、鬱状態
    など感情に悪影響が出たり、化学物質で
    ある食品添加物を使用した、お菓子や
    カップ麺などを口にする人が、やはり
    肉体的だけでなく、感情にも悪影響を
    及ぼすという事などにも、注意が必要
    ですね。
    意識自体の働きだけで、覚醒するのは、
    それらの外部の悪影響がある間は、
    とても困難であるという事でしょう。
    また銀歯が鬱状態を引き起こしていた
    という事でしたが、日本では長らく
    水銀化合物アマルガムを「銀歯」として
    詰め物にしてきました。
    私もありました。
    それがもちろん鬱状態など、ネガティブな
    感情を引き起こしていたというのは、私も
    数年前に銀歯をデトックスして取り除いた
    のでよくわかります。
    それまでのようなネガティブな感情が
    ほとんどすっかりなくなったのを実感
    しました。今では合金という事で、様々な
    タイプの詰め物が出ていますが、高いとは
    いえセラミックが一番代替物としては
    適していると思います。

    特に水銀というのは、人体のそれも神経
    に対しての猛毒として知られます。
    いくら固い水銀の詰め物でも、長い間
    唾液などの水分にさらされると少しずつ
    溶け出すのは当たり前で、それが少量でも
    神経を破壊していくのだから、当然
    感情もネガティブになるし、思考能力も
    低下するという事です。
    歯に銀歯をされているのなら、信頼の
    できるところで、除去していただく事を
    お薦めします。
    またワクチンに含まれるチメロサールと
    いう化学物質も水銀化合物です、ワクチン
    はそういう意味でも危険だという事です
    ね。

    当然水銀が神経毒という事は、ボケや
    痴呆を引く起こす、直接的な原因の
    一つでもあるという事です。
    また水銀に似た、ネガティブな影響を
    与えるものに「フッ素」などもあり
    ます。

    アイク氏の肉体のプログラム反応という
    説明はとてもわかりやすかったですね。
    快感に関するような事は、人生を楽しむ
    という意味では、もちろんそのまま
    でいいですが、ただそれに振り回されず
    できたらコントロールできるように
    した方が良いという事ですね。
    ネガティブな感情などの反応は、意識の
    上でだけでなく、食事や歯の詰め物、
    それからワクチンなどで悪影響を及ば
    されている可能性も高いので、その面
    からも、見直していただければいい
    と思います。

    またアイク氏の肉体にプログラムが
    ダウンロードされているという説明は
    わかりやすかったですが、注釈でも
    書かせていただいたように、肉体への
    プログラムは、アイク氏のいう遺伝に
    よるものと、生きている時の経験により
    追加されるものだけでなく、魂レベル
    でのプログラムや、出生時の宇宙的
    環境によるプログラム(月のプログラム
    を含む)と、人生での日々の環境
    (宇宙的環境も含む)によるプログラム
    が含まれるという事を、ご理解いただき
    たいと思います。

    ではまた(*´▽`*)

    いつもありがとうございます(*^_^*)

    人間の真の偉大な力編

    超意識編 一覧

    あんみんの神秘メッセージメニュー

    トップページ

    超メジャーな有名人のチャゲ&飛鳥のASKAが電磁波とワクチンの密接な関係を暴露した!


    今回はテーマを一つに絞らず
    最近ツイッターで目にした
    貴重な情報を取り上げていきます。

    まずはタイトルにもしたチャゲ&飛鳥
    のASKAさんの大暴露情報からですね。


    @chie_FX
    お!
    元チャゲ&飛鳥のASKAさんが
    電磁波&💉Bluetoothを拡散して
    くれてるじゃないか

    26.8万件見られてるー
    いいですね✨

    次は及川さんお願いします


    @ASKA_Pop_ASKA
    「陰謀論!」と小馬鹿にされたが、
    あれから3年、結局ここにたどり
    着いた。

    さすがメジャーな方が発信すると
    影響力ありますね。

    5G電磁波とワクチンとグラフェン
    そしてBLUETOOTH信号、すべて
    管理社会に移行するために
    大衆に仕込んできているわけですが
    ASKAさんみたいに有名な人が
    広めてくれると助かります。
    👆の動画のキャプチャを少し貼り付けて
    おきますね。

    私が再三ブログで警告してきた
    通り、ワクチン内のナノテク素材
    のグラフェンで、人々を管理する
    だけでなく、精神・行動まで
    コントロールしようとされている
    わけですね。
    ASKAさん拡散に感謝ですよ。

    こちらにも詳しい情報があります。


    40分ほどもある動画なので
    少しだけキャプチャしておくに
    とどめます。
    要点は、ワクチンなどを通して
    人々に仕込んだ、ハイドロジェルは
    厚さ原子一個分の高度な電磁誘導
    &媒介物であるグラフェンが主体物で
    人々の遺伝子を完全に変化させ、
    旧来の人類種を絶滅させ新しい人類種を
    創造するためのナノテク素材だと
    いう事です。

    下のツイートにもありましたように
    グラフェンだけでなく、ナノチップ
    やスマートダストも脅威です。
    あまりに小さいので、ケムトレイル
    などで、大気中にばらまかれると
    呼吸から取り込んでしまうのを
    避けられないとの事です。
    もちろんあらゆる加工飲料や加工食品
    にも含まれている可能性もあるとの事。
    詳しくはこちらの記事で

    世界では、ケムトレイルの危険性は
    広く知られているので、以下のような
    ケースも出てきてます。

    次は、少し違和感のある情報。

    @RanRan358
    ロスチャイルド死去で日本の
    水道へのフッ素毒も除去の
    方針へ☺️✨

    記事より

    発がん性が指摘される有機フッ素化合物
    (PFAS)を巡り、水道水や生活用水の
    水源などで高濃度で検出された場合の
    具体的な除去技術をまとめた指針を
    環境省が夏ごろ策定することが16日分
    かった。政府関係者が明らかにした。
    国の暫定目標値を超えるPFASが各地で
    相次ぎ検出。健康への影響が
    懸念されており、自治体などが
    取るべき対応を明確にする。

    フッ素は、神経毒で何より水銀とともに
    松果体を石灰化させるために、政府の
    背後にいる超国家権力が、意図的に
    大衆に仕込んできたものです。
    ロスチャイルド家の当主が死んだからと
    いって、急に危険性を流布して除去
    しようとするのは、あまりに不自然。
    ロスチャイルド家は、王族などとの閨閥
    で王朝といわれるほどに、血族の人数が
    多く、だいぶ以前に言われていただけでも
    10万人以上いるとの事、
    またロスチャイルド家以外にも同様の
    支配層血族がいるわけですので、
    とても個人の生死で、方針が変わるもの
    とは思われ
    ません。
    何か別の目的があるのでしょうね。

    前回👆の記事で、細菌は体内由来で
    それが原因で病気が引き起こされる
    ものではないという結論に達しましたが
    それと同様の理由が虫歯にも当てはまる
    ようです。

    ユー子さんが、情報提供してくれてますね。


    @yuko_candida
    現代歯科は虫歯の原因を病原菌と
    考えるけど、実際は栄養欠乏や
    排毒が大きいのではないか?
    現実的に現代歯科は虫歯を
    撲滅できていないどころか、
    虫歯はどんどん増えている…
    医師がストライキをすると死亡率が
    下がる…というように、歯科医師にも
    同じことが言える可能性大。


    @kami_nukenai
    虫歯は体のどこかが
    蝕まれたサイン

    虫歯の化学的理論は
    酸を作りだす微生物の増殖を
    食べ物が助長し虫歯になる
    とし、一部の条件に原因を
    求めているが

    歯を微生物から全く隔離する事は
    不可能であり不自然

    栄養素が十分に足りていた
    先住民は
    口を洗わずとも虫歯無しという
    事実がいくつも有る

    身体全体の健康を維持できるだけの
    栄養素が有るか無いかの問題とも言える

    現代人の周りにあふれている食品群には
    健康を満たすだけの栄養素は少なく
    活きている食べ物とは到底言えない物が多い

    ビタミンミネラルを強化するだけで
    かなり虫歯の進行は止まる

    それは身体全体のバロメーターでもある

    なるほど栄養素が足りていれば、
    虫歯は治癒するという事ですね。
    もちろん栄養の問題だけでなく
    電磁波やストレス、有害な添加物
    農薬の悪影響を排除する事も
    非常に大きいと思われます。
    要するに虫歯になるとは、身体が
    示す一つの危険サインという事
    だと思います。

    親知らずはとても重要な歯でむやみに
    抜いてはいけないようです。


    @yuko_candida
    (1/2) ”親知らずは横に生えてきて
    、時間が経つと真っ直ぐになります。
    痛みは脳に必要とされるもので、
    新しい道を開くための意図的な
    ものです。
    神は知的な創造者です。
    痛みによるアドレナリンは
    隠れた贈り物。
    4本の親知らずは、心臓と松果体にも
    直接配線されています


    @yuko_candida

    (2/2) 親知らずがwisdom(知恵)と
    呼ばれるのには理由があります。
    これが、あいつらが力と真の可能性
    をあなたから奪うために親知らずを
    抜くことを切望する理由です。”

    @Hiyodori_Kibio
    親知らずの抜歯は30億ドルの
    産業だ
    なぜ親知らずを抜くことが
    これほど推奨されるのか?

    親知らずは, 経絡によって脳の
    松果体に密接に関連する

    研究によると, 親知らずを抜くと
    松果体に繋がるエネルギーが
    取り除かれ, “気づき” の能力が
    低下する

    何でも抜けばいいというもの
    ではなさそうだ

    水銀やフッ素などと同様松果体を
    劣化させるのに、親知らずの抜歯
    という手法もあるとは、初めて
    知りました。

    よほど我々の本来の実体である霊体
    を肉体から除去したいようです。

    性病もやはり同様に病原菌やウイルス
    のせいではないという事のようです。


    @yuko_candida
    性病は病原ウイルスや病原菌により
    引き起こされる症状ではありません。
    「風俗で性病をうつされた」
    というのは間違いです。
    性病の発症は、「感覚」によって
    制御されています。
    性行為の機械的刺激が発症を
    引き起こすトリガーになることは
    あります。

    生殖器領域は生殖だけでなく、毒素を
    排出する器官でもあります。

    性病と呼ばれる病気の症状が性器周辺
    に出るのはこのためです。

    性病と呼ばれる病気は、性的接触が
    ない人たちでも発症しています。

    そうそう以前もエイズウイルスは
    存在しないという事を記事で
    取り上げた事がありましたね。

    梅毒も淋病も同様に、存在証明が
    ないのでしょう。

    コロナワクチンによる公式の
    死亡認定が523人になってようやく
    それまで冷酷無比の発現を繰り
    返してきた厚生労働省大臣が
    遺族におくやみの言葉を述べた
    というのですが、遅すぎるし、
    この死亡認定なんて氷山のほんの
    一角で、コロナワクチンの影響で
    なくなった人は、数百万くらい
    いるのではないかと思います。


    @JINKOUZOUKA_jp
    本日の厚生労働大臣記者会見

    武見大臣から、新型コロナワクチン
    接種後の死亡者、健康被害を
    受けた方に「お悔やみ」「お見舞いの」
    の言葉がありました。

    昨年9月13日に厚生労働大臣就任後、
    おそらく初めてのことです。

    この間(約半年)、死亡認定数は
    210人から523人に増えました

    管理されないために、必ず
    速やかに拒否の返信をする事。


    @DevaBrahma
    注)「国民が番号を金融機関に
    告知する義務」は規定しない。

    ここが、一番重要でっせ。

    向こうから聞かれる可能性はあるが、
    拒否すればいい。

    銀行や役所からの郵便物には、
    必ず眼を通すこと。

    拒否に◯付けて返送しなければ、
    勝手に紐付けされてしまう可能性も
    捨てきれない。

    しばらく気を付けて

    @ranranran_ran
    ·
    Follow
    【拡散】マイナンバーと銀行口座の
    紐付け自動化検討

    あのさ…何故?ここまで強引に
    銀行口座を紐付したいのか本当に
    分かってる?

    ◉金融資産&金融所得課税
    ◉医療費負担(貯金が有れば
    窓口負担9割など)
    ◉年金減額(貯金が有れば無支給など)

    自分には関係ないなんて…いつまで
    勘違いしてるんだ?

    @ranranran_news
    【危険】河野太郎デジタル庁/
    マイナンバーと銀行口座の紐付け
    「自動化」を検討。
    https://tokyo-np.co.jp/article/219700

    マイナンバーと銀行口座紐づけは
    信用スコアとさらに連結する目的
    だと知れば、もはや絶対拒否でしょ?


    @nodaworld
    マイナンバー制度の目的がこれ

    カナダ政府が全国民の経済的自由を
    制限するため銀行口座を社会信用
    スコアにリンク、お金の使い方は
    政府がコントロール

    既にカナダでは2022年フリーダム・
    コンボイ抗議活動者の銀行口座を
    閉鎖している

    国民に危機感ないと日本も
    こうなります

    能登半島被災地をほったらかして
    我々を管理社会に誘導する事だけ
    着々と進められている。

    @moretwtt94041
    “断水戸数の割合(断水率)も、
    能登半島地震は発災15日後で
    48.3%とほかの被災地より高く、
    復旧の遅れが浮き彫りになった”
    #能登半島地震初動に人災
    #能登半島地震対応はずっと人災

    能登の水道管損傷、東日本大震災の
    7倍 下水道管は46%で被害疑い
    2024/3/12 朝日新聞デジタル


    @yuzucitrustea
    #岸田内閣 は #北陸応援割 を
    していますが #能登半島地震 の被災地は、
    今も断水が続いているんです🥺
    #能登半島地震対応はずっと人災
    #能登の初動は自民党の人災

    断水続く石川 珠洲で簡易
    トイレセット約500人分 配られる |
    NHK


    @moretwtt94041
    水道管は復旧したのに蛇口から
    水が出ない
     能登半島地震 修理依頼が殺到、
    100軒以上で2カ月待ちも


    @notosuzudesu
    おいこら役所

    1日に弁当1つだけの支給に加え

    仮設住宅の光熱費の自腹はやめろ

    お金も届いてない状況で職も
    失われたままの世帯まで徴収
    するな

    それが原因で仮設住宅に
    当選したのに入居辞退した人が
    いると連絡受けてる

    「今はこういう対応してます」

    はぁ?今だからそういう
    対応したらいかんだろ

    よくわかった

    これから街頭募金活動も始める

    仮設住宅に勝手に現金ばらまき
    したるわ

    待っとけ仮設住民

    少しだけ我慢しててね

    国からの支援、勝手に終了って
    そもそも当初からすべてにおいて
    被災地の支援が大きく不足していた
    上にこの仕打ちですよ。


    @NotoOhen
    「自民党は被災者を見捨てた」
    能登半島地震 国からの“支援終了”
    に沸く疑問と怒り

    自立のためにはいつかは打ち切りが
    必要と理解
    だが、現状職を失った方、
    避難所生活を強いられている方が
    大勢、断水も続いている今なのか??

    政府が国民を助けるどころか
    どんどん窮地に追い込んで
    いってるという現状を知らない
    限り、日本人は完全管理支配社会を
    許すことになるという事でしょう。


    @AaronOtsuka

    こんなカルトの象徴を見上げる
    日本人達、、、、
    完全に馬鹿にされているのが
    分かるのかな?

    @retopsnart
    日本の大企業の筆頭株主は、
    九分九厘が日本マスタートラスト=
    JPモルガン=ロスチャの
    アメリカ代理人=偽ユダヤ。
    政府なんて、その使いっぱしり。
    陰謀論ではなくそれが現実。

    ではまた(^^)/

    いつもありがとうございます(*^_^*)

    アジェンダ真相編001

    宇宙の真理編一覧

    あんみんの神秘メッセージメニュー

    トップページ

    ウイルスも細菌も感染して病気を引き起こすものではなかった!医療利権のために歪められた公式の医学から抹殺された偉大な医学理論から学べる重大な真実とは?


    これまで、いろんな真実が明らかに
    なってきましたが、それを共有できて
    いるのが、日本人では、いまだ少数派
    という状況の中、どの程度まで
    騙されたままでいるかによっても
    いくつもの段階が存在します。

    ワクチンが危険である事は承知していても、
    コロナウイルスが人工ウイルスとして
    存在しているというバランサーのいうことを
    いまだ信じている人も、まだ騙されたまま
    だという事です。

    まず人工ウイルスが存在しているのなら
    世界中の公的医療機関が、それを単離した
    という存在証明を提出できるでしょう。
    世界中の公的医療機関は、ワクチンを
    推奨してきたわけですから、ウイルスの
    存在証明があれば、喜んで提出するはず
    ですが、彼らはそれを提出できていません。

    つまりは、人工ウイルスは存在しないわけ
    です。

    コロナどころかあらゆるウイルスの存在証明が
    ない事は、まささんのブログの記事
    あます事なく取り上げられていますが
    こちらのツイートに連なる一連の情報でも
    ウイルスが存在していない事が、よく
    理解できるようになっています。

    自然ウイルスどころか人工ウイルスが
    存在しない事は、存在証明がない事から
    だけでなく、そんなものを世界に
    解き放てば、支配層にも害が及ぶ事
    になるわけで、連中はそんな間抜けな
    事はしません。

    騙される人々にだけ確実に害が及ぶ
    ようにするには、ワクチン接種が一番
    確実なわけです。

    つまりワクチンこそがウイルス
    (本来の意味でのウイルスという
    わけではなく、人体にとっての毒
    という意味)
    というコンセプトなわけです。

    しかもそのようにワクチンを使用する
    という証拠がこちらの記事にあるわけ
    なのです。

    記事にはCOVID19なるウイルスが
    武漢ウイルスが出現したとされる
    約一年前に、ゲイツがCOVID19の
    特許承認に深く関わっていたと
    あり、それはワクチンとして使用
    できると明記されていたのです。

    記事より

    その特許のページには、コロナウイルス
    自体が「被験者[subject]の感染性気管支炎
    などの疾患を治療および/または予防する
    ためのワクチンとして使用することが
    できる」と説明されています。

    もちろん治療および予防する事が
    できるというのも真っ赤な嘘で、
    特許庁自体も世界中のほかの公的機関
    と同様支配層の配下にあるので、
    どんな詭弁でも使用します。

    記事内にその事を理解できる内容が
    ありました。

    「このコロナウイルスの特許は、
    SERCO社(英国)が管理する特許審査官
    バオ・Q.リー[Bao Q. Li]からほとんど
    反論を受けることなく、最初の出願
    からわずか17ヶ月という、ほとんど
    前代未聞のスピードで発行された」と
    State of the Nationは報じています。

    つまりこの支配層も住む世界に、超危険な
    人工ウイルスをばらまく事なく、人工
    ウイルスと称した、おそらくグラフェン
    などのナノテクノロジー素材を、確実に
    大衆に行き渡らさせるためには、ワクチン
    に仕込むのが一番よいアイデアだった
    という事です。

    ワクチンに仕込まれているのがもし
    人工ウイルスだとしたら、それでも
    接種後の感染者?の体液からその
    人工ウイルスが検出され存在証明
    できるはずですが、もちろんそんな事
    はなく、ウイルス内にも人工ウイルス
    らしきものが入っていないのは間違い
    ないでしょう。
    ならば特許が取られて、ワクチン内に
    仕込まれたCOVID19と称するものは
    なんであったかという事になります。

    特許に関わっているのが、DARPAや
    ゲイツだという事がそのまま答えと
    なっているでしょう。
    彼らが関わっているものといえば、
    ナノテクノロジー開発そのもので、
    まさにそのワクチンに仕込まれる
    ためのハイドロジェル(主体的成分が
    酸化グラフェン)こそが、covid19
    そのものだったという事なのです。

    だから
    ワクチン=コロナ=ハイドロジェル
    というこの図式が真実だったという
    わけです。

    つまり、コロナウイルスも、
    人工ウイルスも存在証明がなく
    、それどころかあらゆるウイルス
    と呼ばれるものの存在証明が
    ないのです。
    ではどうやって感染して病気に
    なったというのでしょうか?

    存在しないものから「感染」する
    事はできないし、病気になった人が
    他の人に症状を移す感染も実は証明も
    されたことがないのです。

    あの風邪でさえ感染が証明されて
    いないのです。


    @heyy_ime
    「風邪は感染症ではない」

    鼻腔、頬腔、咽頭腔に通常生息する
    多くの細菌のいずれかが風邪の原因
    であることを証明できた人は誰もおらず、
    細菌群が症状の原因であることも
    決定的に 証明されていない。

    一般的に病気は感染性であると
    考えられていますが、
    感染性ではない。

    https://nofia.net/common-cold.pdf?fbclid=IwAR2LZSCtWhShmUprORlmbFm752QM_1Y01M3PPSlt6HumR7uKbgxeN2AXEyQ

    もちろんコロナの感染も証明されて
    ないのは、当たり前です。
    コロナとされているゲノム(塩基配列)
    は、
    中国がコンピュータシュミレーション
    で合成で出したもの。
    PCR検査は、さらにその架空のゲノムの
    300分の1が合致したかどうかを、
    陽性・陰性で判断するだけ、しかもその
    精度はお話にならないくらい低い。
    つまり陽性は感染した事を証明するもの
    では全くないという事を国会で、
    厚労省職員が証言もしています。

    つまりテレビで毎日にように感染者の
    発表がありましたが、真っ赤なウソで
    なんの証明にもならない陽性者数を
    読み上げていただけなのに、日本人の多く
    が、見事に騙されていただけだったという
    わけです。
    そのあたりの事、びんぼさんがうまく
    まとめてくれています。

    @binbou415
    コロナ感染は法廷では証明出来ない。
    ①病原体の試験官に入れた現物
    どこにもない。
    ②新コロウイルス立証した人がいない。
    ③塩基配列今ではどこにもない。
    ④PCRに仕組んである塩基配列は
    立証されていない、中国人の
    パソコン合成。
    ⑤病原体がないので感染を確認出来ない。

    全くびんぼさんのいう通りで、陽性
    というだけで、隔離されたり、
    家族の死に目にも会えなかった
    人たちの事を思うと、やりきれない
    思いでいっぱいになりますよね。
    陽性と感染は全く関係ないのに、
    なんという悲劇でしょうか。

    そして外部からの病原菌に感染
    することによって、人は病気に
    なると主張したパスツール自身が
    それを証明できなかったので、
    間違いを認めたという事は、前回
    のこちらの記事で取り上げました。

    二度と感染騒ぎに騙されないための
    本物の医学は150年前に
    消されていた!

    記事では、体内の毒を排出するために
    働く、体内生成物質エクソソーム
    こそがウイルスと称されるもので
    つまりこれは免疫物質と呼ぶべき
    ものだという事でした。

    また細菌も実は感染して、病気を
    引き起こしたという証明がされた
    事はなく、体内に生じた毒を取り除く
    ために働いているという事なのです。

    さて細菌もエクソソームも毒の掃除役
    というなら、実はそれらこそが免疫細胞
    そのものではないかというのが、今回の
    テーマです。

    そのヒントを本物の医学博士たちが
    示してくれています。

    『』内が引用で、~が中略です。

    『アントワーヌ・ベシャン
    (Antoine Béchamp 1816-1908)

    ・フランスの医師、科学者、薬学者で、
    パスツールと同時代の微生物学の先駆者。

    ・microzymas 理論をとなえ、体内環境に
    応じて、マイクロジマスと呼ばれる生命の
    基本単位(原生細胞、primordial cell)
    が、バクテリアになる。

    ・バクテリアは、体内環境の悪化の結果生じ、
    健全な部分を侵すことはない。それ自体が
    病気の原因ではない。

    ・体内の微生物は、体内環境に応じて、形、
    大きさを変化させる。(pleomorphism)
    原生細胞、ウィルス、バクテリア、
    真菌類は、変化した同一生命体である。

    ・これら病原菌と呼ばれている生命体は、
    体内環境(特に血の状態)が悪化すると
    、健全でない細胞から生じ、不健康な細胞を
    駆逐していく自然の清掃係である。

    ・健全でない細胞の除去とともに、体の環境
    が良くなると、それらの病原菌は、再び、
    原生細胞に戻ってゆく。

    ・パスツールは、べシャンの見立てに
    大反対でしたが、死ぬ間際に
    「べシャンは、正しかった」と
    述べています。

    (引用注:なんとベシャンは、これまで
    記事でご紹介してきたここに出ている
    細胞理論つまり
    ( pleomorphism・プレオモルフィズム)
    以外にも、とても貴重な理論を唱えて
    いたのです。
    それがこの「マイクロジマス理論
    (microzymas 理論)だという事です。

    もちろんここでも説明されているように
    このマイクロジマス理論と細胞理論は
    密接に関係しています。

    つまりこのマイクロジマス理論は、簡単に
    いえば、生命の基本単位である原生細胞が
    体内環境に応じて変化したのがウィルス・
    バクテリア・真菌類だという事で、もとは
    全て自分の体内の細胞で、つまりは自分
    自身の細胞だという事です。

    またこの体内の原生細胞は、私たちの
    体内細胞そのものだという事は、
    次の千島博士の理論で裏付けられて
    もいます。

    だからこれまでウィルスや病原菌、そして
    善玉菌などを「他の生命体」として
    扱ってきたのは間違いだったというわけ
    です。
    ではなぜ変化できるのかというと、私
    たちのDNAにある遺伝子信号は、自由
    に書き換えたり、またどの遺伝子配列を
    スイッチオフにする事もオンにする事も
    可能だからという事なのです。
    これは
    DNAの驚異の力 その1改2

    DNAは、固定されたもの
    ではなかった証拠とは!?

    という記事などをご覧いただければ
    ご理解いただけると思います。

    つまり私たちの細胞は自由に自身を
    変化させる事ができるのだという
    事なのです。

    そしてまた他生物だと思っていた体内
    の、常在菌もウィルスも全て体内の
    細胞が変化しただけのものであった
    という事です。

    つまり150年も前にベシャンは
    ウィルスというものは、もともと
    体内の細胞が変化したと、はっきり提唱
    していたという事でした。

    ならばですよ、つまりは体内の細胞
    から創られる、エクソソームも同じく
    細胞自身の変化したものだという事
    が明らかになっているので、
    いわゆるウィルスといわれるものは
    やはり体内細胞のエクソソーム
    だったという事もいえるというわけ
    です。

    エクソソームが発見されたのは
    1983年なので、当然ベシャンの
    頭の中にエクソソームという言葉
    はなかったので、まさに間違いなく
    ウィルス=エクソソームが正しい
    事になると思います。)

    千島喜久雄博士 (1899-1978)

    ・細胞と微生物は、融合して共生
    している。

    ・細胞から細菌へ、またその逆の
    変化が見られる。

    ・細胞の環境が病的になると、
    ウィルスや細菌が発生する。
    (チフス菌、淋菌、桿菌等)

    ・細胞は微生物の集合、融合、分化
    という過程をもって新生する。
    つまり「体内細胞の環境劣化により、
    細胞が病原菌へ分化する」という
    見方を示しています。

    (引用注:千島博士は、50年
    ほど前に、万能細胞を発見していた
    のです。私はこの事を船瀬俊介氏の
    著書で知ったのですが、ここでもその
    万能細胞のコンセプトが使われて
    いますね。
    ここでもといったのは、150年前には
    同様の事をベシャンが細胞理論
    で語っていたので、コンセプトとしては
    こちらの方が先になります。
    先ほどの細胞理論、もう一度
    こちらに
    ・体内の微生物は、体内環境に応じて、形、
    大きさを変化させる。(pleomorphism)
    原生細胞、ウィルス、バクテリア、
    真菌類は、変化した同一生命体である。

    ・これら病原菌と呼ばれている生命体は、
    体内環境(特に血の状態)が悪化すると
    、健全でない細胞から生じ、不健康な細胞を
    駆逐していく自然の清掃係である。

    ・健全でない細胞の除去とともに、体の環境
    が良くなると、それらの病原菌は、再び、
    原生細胞に戻ってゆく。

    つまり体内細胞(原生細胞)は、
    体内環境の劣化に
    よって病原菌(実際にはこの病原菌とは
    病気の原因になるわけではない細菌)
    にもなるという事で、
    もともと細胞と微生物は融合している
    ものだったという驚愕の事実まで知る
    事になりました。
    これでさきほどのベシャンの
    マイクロジマス理論での原生細胞が
    やはり体内細胞だという事も裏付け
    られたという事です。
    ただ微生物の集合・融合・分化の過程
    で細胞が新生するというのは、私の
    先ほどのDNAの信号のオン・オフより
    複雑です。またその当たりは、研究
    したいところですが、とにかく
    微生物が融合してできたのが体内の
    細胞であれば、つまりは細胞と微生物
    そして細菌は同一のものだという事に
    なりますね。

    千島博士の万能細胞理論とは、あらゆる
    体内の細胞は、無機物から生まれ、
    つまり無生物から生まれ、そして
    赤血球も生成し、その赤血球が体内の
    あらゆる細胞に分化・変化する
    という事で、赤血球こそ万能細胞だと
    いう事を提唱したものです。

    この事は
    千島学説とは!? 
    現代医学が絶対に無視する真実のはなし

    という記事で詳しく説明されています。
    またこの事についてもやはり記事に
    していこうと思っています。

    今度は無機物から生まれたという事
    であればやはりもともと微生物の
    融合というのも、結局は体内プラズマ
    の生体電磁気信号を受けとった
    DNAの波動から細胞が産生した
    という考えなので、むしろそちらの
    方がわかりやすいと思いますね。
    というよりこのことは、そういう事に
    ついて考えた事もないという方には
    難しいかもれ知れません。

    とにかく、ベシャン博士と千島博士が
    同じく、ウィルスや病原菌は、体細胞
    が変化してできたものであるという
    事を提唱していたという事です。

    ちなみに千島博士の亡くなったのは、
    1978年だったので、1987年
    に発見されたエクソソームは、ベシャン
    と同様に頭になかったという事です。

    という事は、やはりエクソソームも
    体細胞の変化したものであったという
    事を千島学説でも裏付けられた
    という事になりますね。

    つまり
    ウィルス=エクソソームが
    正しかった
    という事です。)

    ロイヤル・レイモンド・ライフ博士
    (Royal Raymond Rife 1888-1971)
    「生きた有機体を自然の状態で観る」
    ことができる6万倍の超高倍率顕微鏡
    を独自で開発し、生体や血液の中に
    微小な有機体を発見し、次のような
    結論を得ました。

    ・細菌は、病気を起こす原因でなく、
    病気になった結果生じるもの。

    ・細菌は、体の状態に応じて、無害なもの
    から致死性の病原菌に変化する。

    ・細菌は、生命の基礎単位と考えられて
    いるが、実は細胞の中に、もっと小さな
    細胞があり、その小さな細胞の中に、
    さらに小さな細胞がある。この
    プロセスは、16段階まで続くと
    しています。』

    “出典:「Oxidizer」様の
    サイト
    人体は微生物の固まりより”

    最後のライフ博士は、善玉菌などの
    常在菌が、病気になった結果として
    悪玉菌の細菌に変化したと言って
    います。

    しかも細菌の中にまず小さな細胞
    があって、さらにその小さな細胞の
    中にもより小さな細胞があり、
    このプロセスが16段階もある
    という事から、やはり細胞も
    フラクタル構造をしているという
    事です。

    そしてまたライフ博士も、ベシャン博士
    や千島博士と同様に、病原菌は、病気の
    結果生じたもので、それ自体が病気を
    引き起こす原因ではないと語って
    います。

    このもともとは病気の原因でなかった
    体細胞が、病気や体内環境の悪化の結果、
    病原菌や
    ウィルスに変化するという事は、
    今回の三者ともに観られる結論です。

    やはり私たちの常識は、間違ったものを
    思い込まされていたと考えるべき
    だと思いますね。

    ただし、もともとは危険な細胞や菌では
    無かったものが危険な病原菌やウィルス
    に変化するというのは、千島博士と、
    ライフ博士に共通しますが、ベシャンの
    マイクロジニアス理論では、その
    体内環境の結果生じた病原菌やウィルス
    でさえ、
    「健全でない細胞から生じ、
    不健康な細胞を駆逐していく
    自然の清掃係である。」
    と語っているように、身体を健康な状態に
    保つために必要な事をする、免疫細胞の
    ように働くという事ですが、これは
    まさにエクソソームなどの事を語っている
    としたら、つじつまが合う事になります。
    つまり当時発見されていなかった
    エクソソームの存在を、ベシャンはすでに
    その発見の100年ほど前に、確信して
    いたという事なのです。
    まさに超天才ですね。

    そしてベシャンの理論が最終的に
    一番正解だと思えるのは、体細胞が
    変化して致死性の病原菌になると
    語った千島博士とライフ博士の説は、
    それを他者に移して感染したと証明
    されていませんし、致死性の病原菌に
    より病気になったり、死亡したとも
    証明もされていないのです。

    要するに体内の細菌やウイルス
    (エクソソーム)は、すべて
    体内の毒素または不健康な細胞を排出
    するために細胞が変化したもので
    免疫細胞のように働く、細菌は病気の
    原因となる病原菌に変化するものでは
    ないと結論づけることができると
    思います。

    つまり私たちの身体を病的にさせる
    原因は、有害な医薬品特にワクチン、
    抗がん剤、また有害な農薬や食品添加物
    飲料物、さらには放射能被ばくや有害な
    大気汚染物質、電磁波被ばくなどの
    もので、とにかくそれらに気をつける
    べきで、恐ろしいウィルスとか、細菌
    とか、体内の細胞由来のものを
    ことさら恐れる必要は全くないという事
    だったのです。

    そしてまた身体をあたためたり、
    食生活を改めたり、適度な運動をして
    新陳代謝をよくして、身体を正常な
    状態に戻していけば、やがてエクソソーム
    やT細胞やNK細胞やマクロファージや
    その他の免疫細胞が、体細胞の
    変化により生じていく事になると
    思います。そしておそらくこれが
    毒素の掃除係としての細菌と同一物
    だと思うわけです。

    偽の公式の医学によって、医学史の
    オモテ舞台から、隠されていた
    三人の学者からは、多くの事を
    学べました。

    特にベシャンのマクロジニアス
    理論は、エクソソームの存在を示唆
    していて、さらには、それが毒素や
    悪化した細胞を駆除していくために
    働く事まで言い当てていたので、
    とても貴重な理論だったと思います。

    では今回の三人の学者から学べた事を
    まとめてみます・

    ・私たちの体細胞は、体内環境によって
    善玉菌や細菌やエクソソーム(ウイルス
    とされてしまっている)などに
    変化する。
    そして特に赤血球は、身体を構成す
    る全ての体細胞に変化する、
    「万能細胞」でもあるという事。

    細菌やウィルス(エクソソーム)は、
    病気を引き起こす原因ではなく、
    病気や有害な飲食物の摂取や
    大気汚染や放射能・電磁波・飲食物
    などに含まれる化学物質や毒素に
    よって体内環境が悪化した事によって
    体内細胞が変化して生じたもので、
    もともと病気の原因となっていたの
    ではない。

    細菌やウィルス(エクソソーム)は、
    悪化した細胞や体内の毒素を
    駆除するために働く清掃係に
    変化する。

    以上の事からさらに理解できたのが、

    ・全てのウィルスや病原菌
    とされてきたものは、体細胞が
    変化して生じたもので、体外から
    「感染」して体内で増殖するように
    なったものではないという事。

    特にウィルスと呼ばれるものは、
    傷つけられた細胞や病原菌自体から
    生じて、細胞内の毒素を排出し、
    他の免疫細胞への司令塔として
    働くエクソソームという、優れた
    免疫物質だったという事。
    細菌も体内の毒素を分解するために
    体細胞から変化して生じたもので
    これが免疫細胞と呼ばれるものと
    同一だと考えられるという事

    もう一つあります。
    免疫細胞の全てが細菌やエクソソーム
    という意味ではないでしょうが、
    体内で細菌が、毒素を排除してくれる
    などというコンセプトそのものが、
    偽の現代の公式の医学には危険だった
    ので、毒素を捕食するような細菌に
    マクロファージというような名称を
    つけて、免疫細胞という種類に
    分類したのだという事で、間違い
    ないと思います。
    医療利権や人類をコントロール
    するための支配層にとって、
    細菌(ウイルス)は、体内で悪さを
    してくれる存在でないと困るのです、
    それが外からやってきて、病気を
    引き起こすというコンセプトで
    なければ
    医薬品やワクチンを人々に与えて、
    莫大な利益を得る一方で
    人々の健康を害したり、人口削減に
    役立てたり、管理社会のための
    ツールとして用立てたりできない
    からなのです。
    細菌(ウイルス)が体内の細胞が
    変化してできたもので、しかも
    体内の毒素を排除し、身体を健全に
    するために働くなどという真実が
    広まってしまっては困るという事
    だったという事です。

    以上が今回の記事の結論になります。

    ではまた(^^)/

    いつもありがとうございます(*^_^*)

    隠された科学的真実編

    宇宙の真理編一覧

    あんみんの神秘メッセージメニュー

    トップページ

    鳥山明氏もコロワクと5Gでやられた可能性大!信用スコアで判断される社会には住みたくない!スマートシティは外資が支配する完全管理都市だ


    まず漫画家鳥山明さんと
    声優TARAKOさんのご冥福を
    お祈りします。

    私は、たぶん多くの男性の
    少年時代と同じく、週刊少年ジャンプ
    に長年熱中していた世代の一人なので
    鳥山明さんの訃報には、すごく驚いて
    しまいました。
    ちびまる子ちゃんは、いつも見ている
    わけではなかったけど、主題歌が
    ずっと耳に残っていて、まる子ちゃん
    のTARAKOさんの声も、今でもはっきり
    脳内再生できるくらい親しみのある
    ものです。
    とても寂しいものですね。

    そして鳥山明さんなんですが、まず
    やはりワクチン接種をしていたよう
    です。
    ワクチンの危険性についてはっきり
    主張されているわけではない方から
    の投稿なので、真実のようですね。

    @morideescape
    鳥山明さん、やはりワクチン打たれて
    ましたね‼️『急性硬膜下血腫』ワクチン
    後遺症にも挙げられてます。
    ご冥福をお祈り致します。

    @ichigo1104302
    鳥山明さんは家も近くで、
    コロナワクチン打つ時も鳥山明さん
    父母の順番で打ったそうです。
    悲しいです

    鳥山明さんの仕事場が5Gの
    電波塔が、集中している場所
    らしいです。


    ワクチンで取り込まれる事に
    なる、酸化グラフェンと、5Gの
    電磁波の相乗効果で、電磁波
    被害は、より強力になるという
    事は、以前にも記事にしました。

    もちろん確証はないですが、
    鳥山明さんが、コロワクと5Gの
    相乗効果で、お亡くなりになった
    可能性は大きいと思われます。

    そしてこれも支配層が、人口削減
    プラス完全管理支配社会への移行を
    意図した事による、世界的な
    被害が進行中の結果だという事です。

    信用スコアで管理される社会へ
    世界の先進諸国が向かっている
    というのは、もはや誰の目にも
    明らかになってきました。

    管理社会の最先端をいく中国では
    信用スコアの制度が更新され、
    中央銀行のデジタル通貨が導入
    されました。
    仮想通貨は、現金での取引を
    破壊し、管理社会を実現するために、
    支配層が仕掛けた罠でしかない事に、
    そろそろ気づくべき時が来た
    ようですね。

    以下の記事です。


    中国の社会信用システムが更新、
    中央銀行のデジタル通貨を導入へ

    中国は中央銀行デジタル通貨を
    取り入れるため、社会信用スコア
    システムを更新しました。

    このスーパーマーケットで
    顔認識決済を使用して食品を
    購入するには、すでに650の
    クレジットスコアが必要です。

    では、スコアが十分でない場合は
    どうなるのでしょうか?

    最近、ある中国人の社会的信用度が
    低いために人生がひっくり返される
    様子を映したビデオが再浮上
    しました。

    Infowarsが伝えています: 彼は
    社会的信用度が低く、「信頼できない人物」
    リストに掲載されたため、
    中国人ジャーナリストのレオ・フーは
    飛行機に乗ることを禁止されました。
    しかし、それは彼のペナルティの
    始まりにすぎませんでした。

    「不動産を買えないし、子供も
    私立学校に行けない」と胡さんは
    CBSに語っています。「常に
    リストに管理されていると感じます」。

    社会信用システムのブラックリストに
    載ると、中国でのネットショッピングが
    できなくなります。なぜなら、すべての
    オンラインショッピングサイトは
    ログインに実名が必要で、
    デジタルウォレットのアリペイや
    ウィーチャットで支払いをする
    必要があるからです。


    中国は、社会信用システムを更新し、
    中央銀行デジタル通貨を導入します。
    このスーパーマーケットで食品を
    購入するには、顔認証による
    支払いで最低650の社会信用スコアが
    必要になりました。

    この地域の専門家たちは、Chicomsが
    採点の仕組みを秘密にしているのは、
    「行動に影響を与える」システムを
    可能な限り長く継続させるためだと
    考えています。

    米国では、キャッシュレスシステム
    への移行により、同様の方法で簡単
    に管理できることに気づき始めて
    いるアメリカ人が増えています。


    “出典:「メモ独り言のブログ」様”

    この信用スコアの信用って、まずは
    わかる人にはよーくわかると
    思いますが、支配層また権力者に
    とっての信用ですよね。
    彼ら支配層が信頼できる従順な羊が
    高い信用スコアを得る仕組みになって
    いるわけです。

    日本も当然のようにこの信用スコアを
    将来導入する流れになるのは、
    目に見えて明らかです。
    そのためのマイナンバーと銀行口座の
    紐づけなのですから。

    信用スコアとスマートシティと15分都市
    は、すべて最終的に連結されるのは
    間違いないですね。

    英国でも部分的に導入され始めて
    ます

    日本でも

    大阪がスーパーシティに一番乗り
    という事は、信用スコア導入も
    大阪が一番乗りになるでしょうね。


    @nodaworld
    【悲報】

    大阪がスーパーシティ1番乗りへ、
    吉村知事は大阪を丸ごと外資に
    売り渡します

    スーパーシティで日本の中小企業や
    個人事業は全て潰されます、
    金融も医療も行政もデジタル化に
    よる情報の一元化管理で大阪は
    デジタルIDが必須になる

    いずれ公用語は外国語になりますね

    デジタルIDに将来信用スコアが紐づけ
    されるというわけですね。
    公用語って英語にしかなりえない
    でしょうね。いや日本の場合中国語に
    される場合もあるのか。
    日本語を大事に守り抜こうじゃない
    ですか。

    @trxprince
    これ『スマートシティ』と
    ちゃんと書いてある‼️⚠️

    全米初のスマートシティは
    マウイだった。
    日本初のスマートシティは大阪⁉️

    スマートシティとは?
    イスラエルが占拠したパレスチナ
    自治区に作ったパレスチナ収容所。
    これをイスラエルは
    『スマートシティ』と呼ぶ。

    各国政府が考えるスマートシティとは
    どんな未来都市?
    パレスチナの動画参照↓※CGではなく
    現実のスマートシティなので
    分かりやすいから。

    マジでヤバイ‼️ヤバすぎるから‼️⚠️
    🇷🇺プーチンはマウイ火災1週間前に
    🇷🇺全土にある5Gアンテナを全て破壊した。
    🇯🇵は日本国民の手でぶっ壊して
    やろうぜ‼‼️‼️👊👊👊💢💢💢

    プーチンは、ロシア本土をDEW兵器で
    焼かれるのを阻止したのでしょうか?

    プーチンも新世界秩序に向かう方針
    を取っているわけですが、西側諸国とは
    敵対している関係かもしれませんね。

    スピリチュアル系の人達で、じゃあ羊
    になればいいんじゃない?という
    人たちがいますが、そんなに彼らが
    甘い存在だと思ったら、大間違い
    ですよ、その社会のコースへいくと
    まずはこれまでのような娯楽は
    無くなり、単に支配層の役に立つ
    機械の一部とみなされて、
    プライベートも尊重されず、
    最終的に身体も必要とされなく
    なるわけです。
    そのためのムーンショット計画
    なのですから。

    まず今回のワクチンで、グラフェンなどの
    ナノテク素材が挿入されたことにより
    すでに接種者は、管理されている立場に
    あることは、こちらの情報で決定的に
    なったようです。



    @chie_FX
    ワクチン未接種者の血液と
    mRNA注射💉を混ぜると
    約1時間半でBluetoothMAC
    アドレスが検出😱



    これがワクチン接種の主体的な
    目的だったのでしょうね。

    自己組織型ナノテク素材の
    グラフェンを入れることによって
    人々を監視できるようにするため
    というのが第一の目的、もちろん
    遺伝子操作も人口削減も目的なのも
    間違いないですが。

    そういえば、役に立たない大衆は
    電源供給のためのバッテリーに
    されるという情報もスナメリオさんの
    記事で取り上げられた事が
    ありますね。


    @shinbiganA
    ふざけるな💢
    「生きたければAIの電源になれ」
    という事らしい

    ゲイツが、「人体を導電性の媒体
    として使用する」
    という特許をすでに取得済み

    シュワブ
    『WEFは、生きたいと願う人間はAIの
    バッテリーにならなければならないと
    宣言します』

    さてこれでもまだ羊になればいいと
    言ってられますか?
    彼ら支配層は、冷酷で残虐で慈悲
    のかれらもなく、ネガティブ
    エネルギーを糧として生きている
    ような連中だという事をお忘れ
    なく。

    これは遠隔から体内のグラフェンなど
    を通じて、心臓にダメージを与える
    という情報ですね。



    バランサー的役割のyoutuberが
    多い中でも、真実が語られることも
    あるので、ちえさんが紹介して
    くださってますね。

    こちらも重要ですね。


    @chie_FX
    ⚠️【超必見】
    5Gが人類にとって大惨事になる
    13の理由!

    これ読めば5Gのヤバさが
    まとめて全部わかる
    ※重要なのは5Gは消費者の利便性を装った
    兵器システムであるということ

    身体へのダメージに加え
    制御、監視、人工知能支配
    プランの要になる
    それが5G
    5Gこそが本丸

    これまでの冷酷な人類社会への仕打ち
    を知っている人達なら、彼ら支配層に
    完全管理支配される社会が、どれだけ
    過酷なものになるか、想像できる
    と思います。
    いやむしろ想像できないほどだと
    想像できるかも知れません。

    また以前の記事でも警告していたように
    5Gの周波数帯の中でも最も危険なのが
    60GHzなのです。
    それを、身体によいもののように宣伝して
    高齢者を間引きしようとたくらむ、
    支配層の意図がこちらの情報にもあらわれて
    いますね。


    @nbe222
    60GHzミリ波レーダーを活用した
    高齢者見守りシステムを実現
    (EE Times Japan)

    60GHzについては、こちらの記事が
    参考になります。
    2020年8月投稿の記事ですが、
    いまだにこの仕組みを理解していない人
    が多すぎますね

    記事より

    5Gには、管理支配のためのコントロール
    機能があるだけでも超危険ですが、健康
    に対しても、致命的なほどに危険です。

    さらにそれだけではありません、電波塔
    からの周期数によっては、細胞に穴を
    あける事も可能ですし、心臓麻痺を起こ
    させる事も可能です。その上に、
    60GHzでは酸素も破壊できるので、
    呼吸困難での肺炎も誘発できるし、
    突然死も起こるのです。

    武漢で使用されたのがまさにこの60GHz
    で、これを隠蔽する目的もあって、新型
    コロナウィルス騒動が持ち上がったという
    わけです。
    武漢で60GHzが使用されたと、告白
    した人の情報がこちらです。

    そりゃあ酸素を奪われたら、肺炎も
    突然死もいくらでも発生しますよね。

    ただし、人類に5Gの危険性に知られても
    まずいので、コロナウィルス騒動をでっち
    あげたのが真相です。

    なんと、総務省が60GHzを
    実験しているではないですか。

    この地域の拡大画像も貼り付けて
    おきましょう。


    この最初の電磁波指定のページの
    60000MGHzというのが
    単位がギガになると60GHz
    の事であるという事です。

    そしてその周波数を使用して実験
    した組織名が以下の画像だという
    事。


    まあこれは決定的な情報ですね。

    もちろん総務省がこの周波数帯で試験を
    行わせる理由は、彼らの背後にいる
    世界の支配層の意図を受けての事だから
    という事です。

    被災地には冷酷な対応をし続ける
    一方で、支配層直下のウクライナ
    のために無償で巨額の資本を投入
    し続ける岸田政権の姿から、我々
    日本の市民が、今どういう状況に
    置かれているかに気づく人が
    爆発的に増えなければなりません。

    ではまた(^^)/

    いつもありがとうございます(*^_^*)

    アジェンダ真相編001

    宇宙の真理編一覧

    あんみんの神秘メッセージメニュー

    トップページ

    自民党の裏金問題も松本人志のスキャンダルもあえて優先順位の低い話題に引き付けるための餌でしかない!マスコミの誘導のパターンの見抜き方とは?


    前回の記事
    石川県輪島市だけでなく珠洲と能登町まで
    中学生集団避難(拉致?)!?危険を
    感じさせる根拠ばかりが山積みに
    なっていく

    で危惧していたことがやはり現実に
    なりました。


    @KEa92vx5BiIh6Ox

    珠洲市役所 教育委員会事務局
    学校教育に電話📞
    石川県珠洲市と能登町に住む
    中学生およそ140人の集団での
    避難が、21日行われました。
    しかし、22日、通常授業を
    再開しました。
    子どもが持っているスマホは、
    没収という情報は本当ですか⁉️

    教育委員会
    スマホは預かります。ずっと
    預かるかは現地に確認しないと
    わかりません。

    この教育委員会の人の言葉は、
    すでに集団避難する生徒のスマホは
    没収することになるという通達が
    あったことの証拠になります。

    @KEa92vx5BiIh6Ox
    子どものスマホを没収する情報は
    本当でした。
    会議があるので忙しい、と言われこ
    れ以上聞けませんでしたが、
    また問合せしたいと思います‼️
    ヤバさを感じました。
    珠洲市役所 教育委員会事務局学校教育
    住所
    〒927-1215 石川県珠洲市上戸町
    北方1−6−2 石川県 珠洲市
    上戸町北方1−6−2
    電話番号0768-82-7816

    ゆうこりんさんが電話していただいた
    ようですが、いったん預かるという事
    になっている時点でなぜという疑問が
    わかなければ、平和ボケもいいところ
    ですよね。

    集団避難の中学生たちは、やはり
    スマホを持つ自由が与えられて
    いないようですね。まさに政府や
    その背後の超国家権力の存在に
    気付いている、まあ平たくいえば
    真実に気づいている少数派の人
    とっては、これがまさに中学生たちの
    政府による拉致以外の何物でもない
    という事に気づくのは自然です。

    @shiroi_suna_2
    スマホは矢張り「没収」❗
    “預かる”という表現だが要は
    没収だ。
    白山麓に“疎開”したという輪島の
    中学生たちも没収されたはずだ。
    1人だけ、いやちゃんと子供から
    LINEがあリましたというツイートが
    あったが逆に嘘くさい。
    なんでわざわざ嘘をつくのか❓
    子供たちは今どこにいるのか❓
    無事帰れるのか⁉️

    明日の世界さんが警告していた
    通りでしたね。
    確かに子供からLINEがありましたと
    いうツイートがありましたが、
    顔にはモザイクがわりの絵文字
    マークが貼ってあり、むしろ
    子供たちから引き離された親を
    安心させる効果もあるなら、当然
    顔を出して良いはずなのに、わざわざ
    隠してツイートしてるところが
    工作員のしわざであることを自然に
    推測させます。

    ⚠️能登地震 中学生集団避難
    なんとまじで『スマホ没収』されていたことが判明!

    やばくね?
    何の権限があってそんなことできるの?
    親と連絡できないじゃん
    なにかあったら責任とるの?

    とるわけねーよな
    親は何してんの?さっさと迎えに行け
    相手は人口削減してる連中だぞ💢

    当初からどれだけ、危険性が予測
    できる状況だったか、順を追って
    みていくとよりわかりやすいと
    思いますので詳しくは前回
    前々回の記事を読んでいただき
    たいと思いますが、そもそもすでに
    小中校の再開に向けて動き始めていた
    のにその選択肢を親に与えないで
    集団避難に応じるか応じないか
    の二択だけを親に、返答をたった
    二日の猶予だけで急がせたところに
    悪意を感じなければおかしい
    でしょう。


    @66rokku
    集団避難 同意確認、こんな
    状況だったんだね…😿

    あえて選ばせたくない選択肢
    つまりすでに学校と政府側には
    分かっていた「まもなく再開する
    学校に行かせる」
    という選択肢を最初から除外して、
    親に急ぎ返答させていたわけですよ。
    ゆきさんの以下のコメントは、
    しっかり権力側のやり口を見抜いて
    おられたというわけですね。


    @Yuki37623134
    交渉で断られないためなど
    人の思考を操るテクニックとして
    よく使われるやり方

    AかBかCなど
    いくつかの提案を並べ
    本人が自分の意思でそれを選んだような
    錯覚を起こさせる
    選ばせたくないものは最初から入れない

    支配層が庶民に対して普通に使っている

    そして出発したあとすぐに学校再開の
    ニュースが飛び込んできたわけです。
    もちろん親に返答を急がせた側には
    学校再開の時期が、もうまもなくで
    あるとわかっていたはずなのにも
    かかわらずです。

    しかも集団避難からの帰還は
    二か月程度といってたのに、
    これも出発したあとすぐに
    帰還時期不明と報道がありました。

    しかも当面の間は自習とも。

    そして今回ゆうこりんさんの
    電話で、スマホを預かるという
    言葉を聞かれたというのなら
    まさに拉致という事です。

    また現地にいかれたこの方は
    スマホを現在は使えているけれど
    今後どうなるかわからないと
    言われたとのことです。


    これが現在リツイートできない
    ようになっているので、スクショ
    しました。
    子供達から携帯を取り上げる
    という通達があったというような
    口ぶりがうかがえます、時期を
    観てそうなるというなら、
    現在は大丈夫という過去の
    発言は、今では活きてない
    可能性があるという事です。
    つまりゆうこりんさんが、
    電話して確認されたように
    電話した時点でどうかという
    より、スマホは預かる方針だと
    いう事が問題なのです。

    それにこの方の主張にはいくつもの
    疑問点があります、その疑問点に
    ついて、明日の世界さんが
    とても的確にまとめておられますね

    授業中には取り上げるけれど
    というようなツイート(それなら
    職員さんがしたくないという
    ような心苦しい発言にはなり
    ませんね。)、
    また親と称する人から、自由に
    テレビ電話しているというツイート
    もありますが、むしろ学校が再開
    していたり、帰還時期が不透明
    という事に対して、不満や不安が
    生じるのが普通なのに、大丈夫
    とだけ主張して、現地弁護に終始
    しているのは、やはり信頼できない
    とみます。

    この怪しさに気づく親が早く行動を
    起こしてほしいと願うのみですね。

    記事を書いている間にも新しい情報が
    入ってきましたね。


    戻ってきたというより戻って
    これた中学生がいるという事です。
    しかしこれは珠洲市の中学生たちだけで
    白山に連れていかれた輪島の中学生たち
    の動向は把握されていないとあります。
    この輪島市の集団避難の中学生たちの
    情報がないと書いてあるに等しい
    わけです。最も危険な感がしますね。
    また能登町は戻ってきた生徒の数を
    非公表としているという謎の報告。


    またこれまでの不審な点が解消
    されたわけではなく、いつ変化が
    起こされるかわからない状況には
    変わりがないので、全員が無事に
    帰れるように親の方々も早々に動いて
    欲しいものです。

    @t2PrW6hArJWQR5S
    うちの先生によると、何が重大な
    問題であるかを決めて世論を誘導する
    マスコミの機能を
    「アジェンダセッティング
    (議題設定機能)」と言うそうです。
    そうやって問題の重要度が
    誤魔化されているわけです。

    @t2PrW6hArJWQR5S
    日本は世界ダントツナンバーワン
    の🐴🦌国だよ。だって総理大臣や、
    防衛大臣や、公安委員長や、
    野党の幹部や、200名近い国会議員が
    統一教会から支援されて、誰も辞めて
    いないことよりも、松本人志の
    セクハラの方が問題になって
    いるんだもん。人類史上最低の
    🐴🦌国家だよ

    @t2PrW6hArJWQR5S
    要するに新聞やテレビが、松本人志!
    裏金!大谷!とかのネタで朝から
    晩まで大騒ぎすれば、国民は改憲や、
    薬害や、統一教会とかの問題は
    それより優先度が低い問題だと
    思い込むわけです。それにみんな
    まんまと乗せられているのです。

    統一教会の話題も最終的に
    うやむやにしたし、裏金騒動が
    起こったときも単なるスピン
    つまり本当に取り上げるべき
    改憲や薬害の問題から目をそらせる
    ための目くらまし報道だと感じて
    いた人も多いと思います。
    もちろん多いといっても悲しいかな
    少数派ですが・・・

    そもそもわかっている少数派の人は
    裏金騒動で麻生派がやり玉に
    あげられないのが不自然な事など
    気づいていたでしょう。


    要するに、監視国家へのアジェンダ
    推進のための人材が無傷で、おそらく
    河野太郎のような最も国民にとって
    最悪な人物の総理大臣への道をつけ
    ようという事でしょう。

    結局裏金問題も不起訴処分でうやむや
    になって、この態度ですよ。
    反省などを期待した人は、たぶん
    政府に善意があると信じている人たち
    でしょうが、まったく国民に対して
    誠意のかけらもないのが、彼ら政治家
    の姿なのです。

    要するに起訴されたのは、あたり
    さわりのない政治家だけという事
    です。

    これでも政府の善意を信じるなら
    そういう人はたちは、羊つまり
    シープルと呼ばれても仕方ありません。

    前回の記事で取り上げたこちらの
    コメントが身に沁みます。
    @jupiter_russia
    石川県輪島市の集団疎開の話。
    なぜ子どもを親から引き離そうと
    するのか。このような時だからこそ
    家族がまとまるべきでは。
    親の付き添いはダメとか、被災地の
    ドローン撮影はダメとか勝手に
    決められているが、
    「政府は国民を守るもの」という
    前提がここ数年完全に崩れて
    しまっているような状況で、
    それでもなお幻想を抱き続けるのは、
    サイコパスの犠牲者が苦しみながらも
    「いや、彼はいい人だから」と
    マインドコントロールされている
    状況に似ている。

    まさにサイコパスの犠牲者たちが
    今の国民だというわけです。

    裏金問題で、しっかりと犯罪を
    犯しながら、不起訴となって笑い
    あうような政治家が、我々のために
    じゃあちゃんと政治をしているかと
    いうと、まったく逆で、国民から
    むしりとるだけむしり取り、経済も
    むしろ破壊していつているという
    有様。
    中世の農奴制よりもひどいらしい
    です。


    次のツイートは、まさに国民を
    バカにしていると思える構図です。

    税金というより罰金という見方
    まさしく的を得てますし、働けば
    働くほど、むしろその罰金が
    増える仕組みになっている
    というわけです。


    狙いは明らかですね、労働意欲を
    失わせ、経済を不活性化し、国民
    が自力で稼げないようにする環境
    にして、最終的にベーシックインカム
    で、制裁与奪権を政府に集中させて
    家畜のように完全管理する社会を
    作り上げようとしているわけです。

    私が多くの気づけない人たちに
    伝えたいのは、悪意以外の何物でも
    ない政府の正体に気づいてほしい
    というわけです。
    政府と背後の超国家権力者の悪意に
    さえ気づけけば、おとなしく政府の
    意図通りに従わなくなるのは、明らか
    だからです。

    また今回の災害の政府の対応が
    遅すぎるというより意図的に
    遅らせていたり、まったく不十分
    であることは、地震直後の記事でも
    いくつも取り上げていました。

    @marron104
    【岸田文雄はハイパーレスキューの
    出動を2日も止めていました】

    もう一度言います

    【岸田文雄はハイパーレスキューの
    出動を2日も止めていました】

    自民党政権の独裁国家を作る為の
    緊急事態条項を盛り込んだ改憲を
    したい為に被災地を見殺しにしました

    これは今回見つけた
    ツイートですが、この動画は
    よくまとめられてますね。


    要するに、この警官の犬が
    国や政府の代弁者というわけ
    です。
    ふざけすぎてますよね、これが
    多くの人がいまだ信じる政府の
    正体です。

    他にもいくつも政府のひどい対応は
    記事で取り上げていましたし、
    現行法で十分に対応可能な今回の災害
    なのに政府の対応のひどさで、支援が
    全く行き届いてないのを、憲法の
    せいにしようとしているわけです。

    @Yuki37623134
    「感染症拡大や災害が起きたことで
    非常事態への対処について国民の
    関心が高まっている」
    「非常事に対応できる法律への改正
    を急がねばならない」
    とか言ってるけど???
    まるで国民全員が改憲を待ち望んで
    いるかのような
    言い方に疑問しかない 
    自分達が何としても改憲をしたい
    だけにしか見えない

    政府の誘導を見抜くゆきさんの
    ような思考ができる人が、
    増えていってほしいと思うわけです。

    @Yuki37623134
    政府が「国民が皆望んでるからやります」
    って言ってる事のほとんどが
    それ望んでる人本当に多い?どこが?
    って思う事多すぎる
    改憲マイナ保険証インボイス制度ワクチン大量買い
    7回目接種昆虫食推進

    @Yuki37623134
    庶民の反発が大きい法案は
    しばらく期間を空けて
    名前だけ変えて出してくる
    それが通るまでしつこく何度でも
    もしくは
    一応意見を募った風を装い
    皆が気付かないうちに
    スーッと通して
    気がついたら決まっている
    表で芸能スキャンダルや
    盛り上がるスポーツの話題など流し
    注意を逸らすいつものやり方

    気付いている人の思考をこのように
    明解に言葉にできる人は、なかなか
    いないから、ゆきさんのコメントは
    貴重です。

    また改憲への誘導をする一方で、
    やはり改憲のやばい内容への関心
    からそらすためのスピン報道も
    行っているというわけです。

    目をそらされているといえば、
    かなり多くの人が気づき始めている
    今回のコロナワクチン(コロナワクチン
    だけでもなく、本来は全てのワクチン
    についてですが)
    の薬害からも、目をそらそうと
    マスコミはスピン報道を展開して
    いるわけです。

    大手のマスコミは、ワクチン
    メーカーや製薬大手の資本が
    入り込んでいるので(さらに
    マスコミ自体が、ワクチン
    メーカーや製薬大手を所有する
    金融寡頭資本の超国家権力の
    資本家にあるわけです)
    ワクチン薬害について、まったく
    取り上げませんが、その資本下に
    ない東海ローカル放送のCBCテレビ
    では、取り上げてくれています。

    @VIRGOnoSTAR
    名古屋市立大学薬学部の授業で、
    新型コロナワクチンによる
    「薬害についての授業」を行った
    ことをCBCテレビ「チャント!」で
    放送してました。
    東海3県(愛知、岐阜、三重)の
    ローカル番組。
    これは全国的に放送して欲しい
    内容ですね。講師は、
    新型コロナワクチン後遺症、
    患者の会。

    CBCについては以前こんな
    ツイートがありましたね。

    @sdc20121101

    知っている人も多いとは思いますが、
    CBCニュースです。

    このように真実を追求しようと
    してくれるメディアも少数ですが
    存在します。

    CBCテレビの株主は、直接的には
    外資が入っていません。
    大手テレビ局などはもはや外資の
    支配下にあります。

    というわけで、まあファイザーや
    モデルナのCMを流している
    テレビがワクチンの薬害を取り
    上げるはずはないですよね。

    しかもこのCBCで取り上げられた
    薬害でも、公表されたものだけで
    これでも本当のコロナワクチン被害
    の規模からみれば、スナメリオさん
    のブログ記事で、これまで存分に
    明らかになったように、ほんの
    氷山の一角でしかないわけです。

    今回もまだまだ取り上げるべき
    情報はありますが、長くなり
    すぎたので、次回また増えるで
    あろう情報とともに取り上げること
    にします。

    ではまた(^^)/

    いつもありがとうございます(*^_^*)

    アジェンダ真相編001

    宇宙の真理編一覧

    あんみんの神秘メッセージメニュー

    トップページ

    ダイエットなどで気にされるカロリー計算の驚くべき真実とは?


    断食が、健康にとても良く、若返り
    遺伝子を発動させて、老化を遅らせ
    長生きできる秘訣と、言われ出して、
    それが知られるようになってから
    10年以上は経つような気がします。
    実際、私は健康のためだけでなく、
    意識的な覚醒状態に少しでも近づけようと
    、朝昼抜きの食事を実践しています。
    そして、以前食べていた量の1/3ほどの
    食事量にしてますが、それでもしっかりと
    体重も体力も維持されています。
    それどころか、身体の動きなどは以前
    よりも良く、以前はたびたびひいていた
    風邪も断食を習慣にしてからの5年間ほど
    全くひきません。
    そしてやはり、以前よりも、感性や
    理解力が上がっていると実感しています。

    さて断食をしていると聞いて、一般の
    多くの方は、「それじゃカロリー足りて
    ないんじゃないの?」
    「それじゃ生きていけないはず」
    「栄養が全然足りてないはず」
    などという言葉が出てくるのは、目に
    見えて明らかですが、そもそもカロリー
    という考え方が、本当に正しいもの
    なのか、1日に必要な摂取カロリー
    という基準も正しいかについては、
    通常ほとんど疑問を持たれる事さえ
    ありません。
    それは、教育やマスコミで、あたかも
    絶対的な真理であるかのように、繰り
    返されてきたので、私たちが「常識」
    のように思い込んできて、さらに
    ここが重要なのですが、それを信じる
    人々が、それを共認しあう事によって
    さらに「強化」されてしまったという
    事なのです。

    さて今回は、その「常識」が本当なのか
    まず考えていただきたいのです。
    少し考えるだけで疑問がたくさん出て
    くるのに、気づかされます。
    たとえば2000キロカロリーが、
    もしエネルギーに転化されたところで、
    心臓が1日に10万回も拍動し、36度
    の体温を維持する事など到底不可能
    なのです。
    これは
    生命エネルギーは、自然界の
    プラズマエネルギーを循環させたもの
    だった!

    で、千野遙教授が実際に計算して、
    詳細に説明されています。

    記事より

    食事からの摂取カロリー
    で、体温が維持されているのではない事に
    ついて、目から鱗の情報を与えてくれた
    のが、ロシアのアカデミーの学会員という
    レベルの高い場所で活躍されている千野遙
    教授の記事です。以下はその事について
    書かれている記事の引用です。

    “生命体は単なる物理的物体ではない:
    生命体の物理学基礎理論的特徴付け

    医学は約100キログラムの体重の人間が一日
    に必要とするカロリー量は通常一日の食事
    で食べる炭水化物約300グラムを燃焼
    させた場合の2700キロカロリーだとし
    ている。
    ところで室温6度Cの中で体温36度Cを一日
    24時間保つのに必要なエネルギーを計算
    してみよう。人は死ぬと約2時間で体温
    が室温に落ちてしまう。100キログラムの
    人体を100キログラム=100リットル
    の水に例えることは概算として許されること
    である。
    1リットルの水が温度1℃下がると1キロ
    カロリーの熱を失う。100リットルなら
    1度cさがると100キロカロリーの熱を
    失う。
    体温36度Cが室温6度Cまで30度C下がるには
    30x100=3000キロカロリーの
    熱が失われる。これは2時間で失われた熱
    なのだから、一日24時間の間に失われる
    熱量は24/2 = 12倍して 
    3000x12=36000キロカロリー
    となる。これだって少なめに見積もって
    いる。
    体温36度C、室温6度C、つまり温度差30度
    の時に単位時間当たりに失われる熱量は体温
    が落ちてきて殆ど6度Cに近くなったときの
    単位時間当たりに失われる熱量よりも遥か
    に多い。これは平均を考えて36000キロ
    カロリーとは温度差15度の体温21度Cを保ち
    続ける場合に24時間で失われる熱量と言える。
    温度差30度の体温36度Cを24時間保ち続ける
    ためには、その2倍をして
     36000x2=72000キロカロリー
    となる。

    さてこの72000キロカロリーと医者の
    言う2700キロカロリーの落差をどう説明
    したらよいのだろうか?!2700キロ
    カロリーの26.66 – 1 = 25.66倍、即ち
    69300キロカロリーのエネルギーは
    どうやって賄われるのか?食べ物の
    タンパク質が有るだろうという人も居ようが
    、筋肉のタンパク質がブドウ糖に分解され熱
    にまで変換されるのは余程強力な運動で筋肉
    を酷使した場合だけで、通常は分解されない
    から、そのような説明は不可となる。食事中
    の脂肪分も無いわけではないが普通炭水化物
    に比べれば遥かに少ない。よってこの
    69300キロカロリーの出所が現代物理学・
    現代医学では説明出来ないのである。

    (中略)
    シベリアの冬は零下50度Cくらいに温度が
    下がり、地下150メートルくらいまで凍り
    付いてしまう。シベリアには原生林タイガが
    生殖しているが、この厳寒の中でもタイガの
    カラマツの木の幹の中、枝の中は0度C以上で
    ある。もし0度Cを割ったなら樹木は枯れる。

    温度差50度Cしかも100キログラムどころ
    でないあの巨体で、食べた炭水化物を熱に
    する事もできないカラマツがどうやって
    0度C以上を保てるのか?!日中の地平線から
    やって来る日光はせめてもの助けとはなって
    いるが、それとても日中ですら零下50度C下
    で0度C以上を保つに必要な熱量には遥かに及
    ばない。ましてや夜、何の熱源も無いのに
    0度C以上を保てる理由は現代物理学・現代
    生物学にとっては全くの謎である。そして

    このように強健なカラマツの中にも曇りの日
    が続くと枯れてしまう者が出てくる。
    つまり日中の日光は例え晴天の日が続いても
    50度の温度差を保つ上では熱量としては全く
    不十分ではあるが、その日光が生命線と
    なっていることも確かなのである。

    生命体とは全てその体から常温プラズマを
    発している。樹木であればその葉から
    5センチメートルくらいまでプラズマが
    放出されている。人類くらい高等生物と
    なると3,4メートルまでその常温プラズマ
    の放出は届く。LSDを呑んだ人間にはその
    プラズマが後光のように見える。キリストや
    釈迦でなくても普通の全ての人間が後光に
    包まれている。

    プラズマとは通常は、例えば
    固体の金属を熱するとドロドロの液体と
    なり、更に熱すると気体となり、更に
    熱すると各原子の原子核と軌道電子が
    ばらばらになった状態のプラズマとなる。
    この原子核と軌道電子がばらばらになった
    状態が生物の体の周りに起こっているので
    ある。この猛烈なエネルギーは何処から
    来るのか?

    つまり先に太陽がエーテルを取り込んで
    エネルギー=質量の補充をしているのを
    見たが、生命体とは、必要に応じて
    エーテルを取り込んでエネルギーに
    資することが出来るとする以外に
    上述した幾つもの現象は説明が付かないの
    である。
      (中略)
    科学とは因果関係を特定するところにその
    使命が有る。
         ロシアの有名人:佐野千遥 ”
    “出典:「フリーエージェント世界革命を
    提唱するフリーエージェント大学
    ロシアの有名人・ドクター佐野千遥教授」”

    さすがは科学者、完璧に人体が食事による
    カロリー摂取で、生命活動を維持している
    のではないことを論破してくれました。
    そもそも、食品のカロリーは、乾燥させた
    ものを燃焼させて測るらしいのですが、
    人体は食品を分解するだけで燃焼しま
    せん。

    つまりエネルギーの測り方からして
    間違っているのです。しかも食事をして
    消化、吸収、排泄の一連の生命活動は、
    取り込む食事のエネルギーよりもはるかに
    大きなエネルギーを必要とします。
    つまりそのエネルギーもプラズマ
    エネルギーだということです。

    ではなぜ人は食欲をおぼえ、食事をする
    事で元気が出たりするようになっている
    のか?それはDNAに書き込まれている
    プログラムだからです

    2700キロカロリーの食品を摂取することで、
    体温維持するための72000キロカロリーが
    生成されるという、ありえないプロセスは
    もちろん公式の科学で、いまだかつて
    一度も証明されたことがないのです。
    試みようともされていなかったと思います。
    つまり食事によって生命力が維持されて
    いるというのは、仮説でしかなかったと
    いう事です。

    そしてその仮説には、プロセスさえ誰も
    説明してこなかったわけです。
    つまり佐野教授の説明は
    プラズマエネルギー循環により生命力が
    維持できるというプロセスが説明されて
    いて、同じ仮説でも結論しか用意して
    いない公式の科学の「食品エネルギー説」
    よりずっと信頼できるものだと思います。

    そして今回は、そのわずかな2700キロ
    カロリーでさえ、摂取してエネルギーに
    転化できているわけではない事を説明して
    くれている記事を紹介させていただきたい
    と思います。
    貴重な真実をあらゆるジャンルに渡って、
    多くの記事で紹介されている
    「るいネツト」様からの引用です。

    「」内が引用、~が中略です。

    「食事や食べ物を扱う学問である栄養学で
    よく使われている「食物のカロリー」
    という概念があります。今やコンビニの
    お弁当にも表示されるようになったこの
    カロリーですが、実はその算出方法を
    調べてみると、全く自然の摂理とはかけ
    離れた測定方法に基いており、全く意味
    の無い数字であるということがわかり
    ます。

    「栄養学は欧米食を正当化するための
    観念であり、日本人の健康を守るもの
    では無い」272715や、
    「近代栄養学に根拠なし!肉食推奨の
    プロパガンダに過ぎなかった」286294
    のように栄養学の怪しさは多数言われて
    いるように、栄養学という学問が現代の
    様々な「食」に関する弊害を生み出して
    います。

    『ダイエットの新常識…カロリー数
    を信じるな!』
    リンクより引用

    食物のカロリー数はどうやって測定
    されたのかを調べてみると、かなり
    インチキくさいことが分かる。

    測定法は、1883年にルブネル
    という科学者が考案した方法が現在も
    使われていて、基本的な考え方は当時
    と同じだ。

    計算式は、
    [食物の熱量]=[食物を空気中で燃やして
    発生した熱量]-[同量の食物を食べて
    出た排泄物を燃やして発生した熱量]

    であり、これをさまざまな食物や
    各栄養素ごとに測定する。

    具体的には、ボンブ熱量計
    (カロリーメーター)という
    機器のなかに、熱量を計りたい食品(
    乾燥させてある)と酸素を入れ、
    電熱線に電気を通して熱して燃やし、
    容器内の温度の上昇を測定し、それを
    熱量に換算することで、カロリー数は
    測定できる(ちなみに、1カロリー
    とは水1グラムの温度を1℃上げる
    のに必要なエネルギーである)。

    しかしこの測定法は疑問だらけだ。
    なぜなら、

    ◇体温は最高でも、せいぜい40℃
    であり、この温度では、脂肪も
    炭水化物も「燃焼」しない。つまり、
    人体内部で食物が「燃えて」いるわけが
    ない。

    ◇そもそも、細胞内の代謝と大気中の
    燃焼はまったく別の現象である。」

    “出典:「るいネット」様
    290351
    栄養学の嘘:食物のカロリー表示は
    全く意味のない数字
    」より”

    なんともいいかげんなしろものでしたね、
    カロリーはつまり乾燥させた食材を燃焼
    させて測っただのものであったとは、
    勘の良い方は、これだけでもカロリー
    による、生命維持に全く根拠もなにも
    ないことがわかっていただるでしょうね。
    燃焼というのは、体温の36度~40度
    では当然不可能であり、実際消化時に、
    食べ物が燃える事はありません。当然
    です食べる度に消化器官で、実際に
    食べ物が燃焼していたら、私たちは、
    何度も丸焼きになってしまいますからね。
    つまり、せっかく乾燥した食物を燃焼
    させて、2000キロカロリーを出して
    も、人体でそのカロリーの熱量が再現
    される事はありません。
    「消化では燃えていないのだから当然」
    です。
    逆に食べるために、つまり消化するために
    多くのエネルギーを必要としてますが、
    それも食品の燃焼によるものではない
    のは明らかです。さらに分解・吸収・
    排泄にいたるまで、さらに多くの
    エネルギーを必要とします。
    つまり食べ物から得られるエネルギー
    ではなく、別のエネルギーによって
    それらの消化活動が行われているのです。
    たとえば、私も3日ほど断食してから、
    食事をした事がこれまで数度以上あり
    ましたが、その間ほぼ0カロリーなので、
    当然体温維持や生命活動でエネルギーを
    使用していますが、食品によるもの
    ではない事が明らかですよね。

    つまり食品などの物質の消化によって
    ではなく、地球にも宇宙にも無限に
    潜在しているプラズマエネルギーを
    取り込んで、循環させている事で、
    体温維持や内臓などの働きなど、生命
    活動に必要なエネルギーを生み出して
    いるというわけなのです。もちろん私
    たちの五感で認識できる領域にある
    ものは、ごくわずかなので、感知・観測
    できているわけではありません。しかし
    、心臓を中心とした半径数メートルの
    範囲が磁場を形成しているように、その
    プラズマ循環の状態をわずかに観測
    する事ができるというわけです。

    とにかく、食品を燃やして測ったカロリー
    などが、生命維持や健康維持のための
    基準などでは全くなかったことがこれで
    よくわかっていただけただろうと
    思います。

    ではまた(^^)/

    いつもありがとうございます(*^_^*)

    隠された科学的真実編

    宇宙の真理編一覧

    あんみんの神秘メッセージメニュー

    トップページ

    インドの最高裁判所は「占星術は信頼のできる科学」と判決していた!ただし利用するべきもので従うものでもない!


    占星術は、科学だと言われても
    ピンとこない人も多いでしょうが、
    実は、科学的な説明のつくもの
    だという事を以前にも記事にして
    きました。

    占星術は、天体の配置と人体が電磁気
    (プラズマエネルギー)によってリンク
    している事によって、人生や運命、健康
    などを読み取る事ができる科学です。
    この思想は、むしろ太古からあるもの
    ですが、最近は偏った教育や常識に誘導
    されている事によって、わりと「当て物」
    とか非科学的なものと思われている事が、
    特に日本人に多いと思います。
    また非科学的とか思わなくても、深く
    考えずに、利用する人も多いでしょう。
    それと超常現象や目に見えない領域の事を
    スピリチュアルの幻想世界のように思う
    人も多いと思いますが、それらはれっき
    とした現実で、しかも科学的な説明が
    可能なものです。
    まさに私の神秘メッセージを読んでいって
    いただければ、わかっていただける内容に
    なっています。

    また私は、西洋占星術とインド占星術を
    ベースにしたサビアン占星術という
    独自の占星術家(休業中)であり、
    占星術研究家でもありますが、
    誕生時の時点での天体の配置と
    地球での位置が、人生のおおまかな
    運勢と、個人の性質や資質を
    かなり正確に的中させる事ができると
    実占を重ねる度に実感してきました。

    今回は、占星術がなぜ個性や人生の
    運気などを言い当てる事ができるのかを
    説明していきたいと思います。

    まず占星術に懐疑的な人の訴訟に対して
    なんと「占星術が科学である」と、
    インドの裁判所でも判決が出された
    実例があるのです。

    以下はあらゆる超常現象や、古代からの知識や
    真理などについて取り上げ、深い考察を
    加えているブラッド・オルセン氏の著書
    「モダン・エソテリック」を、訳して
    くださっているサイト、「両生歩き」様の
    記事です。

    『    占星術は科学か

    最近の法的挑戦にもかかわらず、占星術の
    実践はインドの最高裁判所から事実上の承認
    をえている。それはしかし、現代の支配的
    制度にとって受け入れられる発展ではない。

    (引用注:現代の支配的制度というより
    現代の支配層というべきですね。これまで
    看破してきたように、公式の科学は、
    間違いだらけですが、根本的なレベルで
    人類を無知な状態にしておくことが、
    大衆支配にとって必要不可欠なために
    真実の科学は打ち消されてきたわけです。
    つまり占星術が科学であるにも関わらず
    それを公式の科学が認めようとしないのは
    背後に大衆を無知のままに留めておきたい
    支配層の存在があるからなのです。)

    それに懐疑的なインドのタイムズ紙の報じる
    ところでは、「占星術は世界の科学者の
    大部分が欺かれてきた」と、「著名な」
    物理学者のヤシ・パル教授の言葉を引用
    している。

    (引用注:世界中のマスコミが、支配層の
    資本下にあるわけで、当然著名な教授に
    占星術を科学でないかのように証言させる
    事など、簡単なわけです。
    ところがインドの最高裁判所では、占星術
    を科学と認めているというのです。
    つまりインドの最高裁判所は、世界の
    支配層の配下にない事を意味しています。
    ただし日本の最高裁判所はすでに、外資に
    身売りされていて、日本国民の機関など
    ではありません。
    この事はこちらの記事が参考になります。)

    インドの裁判所に提訴された
    訴訟は、占星術に基づく予測の広告を禁止
    しようとしている。占星術の広範な信奉を
    乱用し、間違いをもたらしたにせ者がいる
    のは確かである。にもかかわらず、インドの
    裁判所は、そうした告訴をよそに、占星術を
    「信頼できる科学」と判決している。
    そのインド裁判所には、
    『Theatre of Astrology』の著者
    ジョン・アンソニー・ウエストを含む多くの
    専門家が参加している。彼は、
    トマス・アクィナス、ヨハネス・ケプラー、
    ゲーテ、ラルフ・ウォルド・エマーソン、
    カール・ヤングなど歴史上の多くの偉大な
    思想家によって有効であると認められて
    いることを指摘している。
    ある事が
    正しく用いられないことを理由に何らかの
    慣習の有効性を否定する者たちは、家を
    燃やすために使用する人がいるから
    ライターを所有する権利を否定するのと
    同じ論理にたっている。もし、ある予測が
    誤った結果となったからと言って、科学が
    違法とされてもいいとするのだろうか。”

    “出典:「両生歩き」様”

    こちらは、原著を訳してくださっている
    わけですが、私は原著も持っていて、やはり
    自分で読破しております。こちらのサイト
    では訳されていない部分もあり、さらに
    理解が深まりますので、本格的に研究
    したい方は
    “「Modern Esoteric」
           BRAD OLSEN 著
       CCCPublishing 刊”
    をお読みください。

    まず占星術の発祥は、近東から始まった
    とされていますが、近東とはバルカン諸国
    やトルコ、シリア、エジプトなどの地域
    の事らしいですが、西洋占星術はそれより
    後の事だということのようですね。
    またこのブログでも紹介しているギリシャ
    の、音階まで発見した大天才真理学者
    ピタゴラス(哲学という訳し方は、誤解を
    生みやすい日本語で、英語の
    フィロソフィーとは、真の知を探求する
    学問の事で、真理学と訳した方が適当
    だといえます。)
    もエジプトに学んだという事
    ですから、古代の歴史はこのあたりから
    西洋に文明が広がっていったという事
    でしょうね。
    もちろんインドや中国、チベット、日本
    などの東洋もそれに劣らない歴史を
    持っています。
    インドは今でも、最高裁判所が占星術を
    正式に承認していて、占星術に対して
    訴訟のあった裁判で、なんと
    「占星術は信頼できる科学」だと判決
    しているというのです。
    それも多くの専門家が参加しての判決
    なので信頼できる判決だと、思えますね。

    またアイクも、私がブログで記事にして
    きた電気的宇宙モデルの観点から
    占星術が科学だと、語っています。

    『だが、深いレベルで行われる占星術は
    科学だ。
     電気的宇宙(ないしその波形の基盤
    である形而上宇宙)では、電気的に孤立
    した状態で機能しているものはなにも
    ない。惑星と恒星は本来電気的性質を
    持っているので、帯電したプラズマ場との
    交信に影響を与えたり受けたりしている。
    私たちに見えるのは、惑星や恒星が
    物理的に出している可視高周波による
    プログラムだが、星は電気および波形の
    情報場でもある。
    太陽周囲の軌道を回るときも、宇宙の
    電気・波形情報と交信し、場の情報を
    変化させ、同時に変化させられている。
    だから、複数の星が特定の配列
    (アスペクト)になると影響力が何倍も
    強くなる。
    私たちは生まれた瞬間に(受胎した瞬間
    という人もいる)
    宇宙の電気エネルギーや情報の場とつな
    がる。その瞬間の場の情報が、その人の
    「星座」をはじめとする詳細な占星術上の
    影響を決定する。
    占星術に表れるエネルギー場
    (=誕生か受胎時の宇宙の状態)は、
    その人の生涯を通じて、宇宙の情報網と
    交信し続ける。
    宇宙の情報網は常に変化しているので、
    交信方法は、1年のどの時点で生まれたか
    によって違ってくる。
    逆に、同じ(情報)時期に生まれた人には、
    才能や能力や性格の面で共通点が多い。
       (中略)
    占星術には別の面もある、宇宙という
    ホログラムのなかでは、あらゆるものは
    全体の縮小版なので、、惑星の動きや
    並びは、私たちのホログラム場の中でも
    起きている。
    上の如く、下も然り。私たちは占星術的な
    力に大きく左右され、影響されているが、
    ここでも、もし〈意識〉(コンシャスネス)
    が選択しさえすれば、その力に打ち勝つこと
    ができる。”
    “出典:「ハイジャックされた地球を99%
                の人が知らない」
          デーヴィッド・アイク 著
                本多 繁邦 訳”
    私はこちらの本の原著「Remember
    Who You Are」も持っており
    ます、原著の方が深く理解するのには適して
    います。私はさらに訳されていない
    最新の3冊も手に入れ、読破しております。

    上記のようにアイクは、見事に占星術の
    科学的な仕組みを説明していますね。

    私は、「受胎よりも生体プラズマとして
    独立した時点である、出生時の方が人生
    全般に渡って影響を受ける、電磁波
    サイクルの生成として正確」なのだと
    思っていますし、どの人も出生時の記録は
    あっても、受胎時を知る事はほぼ不可能
    なのだと思います。
    まあめったに夜をともにしない両親が、
    「あのときの」といえるような特殊な
    場合を除いてはですが💦
    まあしかし、受胎は出生時ほどでは
    なくても影響があると思われます。
    生命の原型が出来た瞬間なのだから当然
    ですね。
    だから十月十日前のサインなどを見るの
    も参考になるかもしれません。

    とにかくアイクの占星術が科学だという
    理由は、私がこれまで取り上げてきた
    電気的宇宙論モデルがペースになって
    います。

    こちらの記事ですね。

    真空はプラズマエネルギーでもある!
    その仕組みのカンタン説明

    公式の科学は、フリーエネルギー
    つまり空間に無限のエネルギー
    (電磁気エネルギー)が
    存在する事を認めていませんが、
    それは石油や原子力など、彼らの
    利権で、人類を貧しいままに留めて
    彼らの支配化におくために必要
    だからです。

    公式の科学では、宇宙空間には電気
    は存在せず、重力だけで、天体の
    位置のバランスを取っていると
    主張していますが、単なる仮説に
    すぎず、証明されたものでは
    ないのです。

    そもそも宇宙の天体の配置が重力
    だけで決定されるという事は、
    宇宙の支配的な力は重力だという事
    になりますが、それが全くの間違い
    だった事はすでに知られているのです。
    なんと、重力は電磁気力に
    比べて10の38乗分の1程度の力
    しかない
    と、公式の科学で認められて
    いるのです。

    そういう事であれば、天体のような
    超巨大な物体を動かし、配置させて
    いるものは、電磁気力だろうと
    誰でも推測できようものなのに
    公式の科学では認められていないの
    です。

    ただし近年は、公式の科学に従わない
    科学者も多く、電気的宇宙論が、
    多くの専門家に認められるように
    なってきています。

    この事もアイクが著書で語って
    いますね。


    最近は、宇宙の電気レベルの解明に
    取り組む本物の科学者や研究者が
    増えてきている。
    私が主張するような、波形とデジタル
    とホログラムによる現実の存在を
    受け入れているわけではないが、
    それでも彼らは目覚ましい成果を挙げ、
    宇宙が電気によって動いている事を
    明らかにしてきた。
    この分野の第一人者としては、
    デーヴィッド・タルボットと
    ウォーレス・ソーンヒルを挙げること
    ができる。

    宇宙は、あるレベルでは、電気と電磁気の
    渦巻く塊だ。~

    (引用注:電気と磁気はそれぞれ独立して
    存在し得ないものだという理解が
    浸透していないのも、公式の科学に
    よる洗脳の一種ですね。電気と磁気は
    必ずどちらも相補関係にあり、電気の
    あるところには磁気が発生していて
    磁気のあるところには、電気が発生
    します。
    心臓と脳の関係をたとえにしてみますと
    心臓は、電磁界としても脳とは比べものに
    ならないくらい強大なエネルギーの
    ゲートになっていて、心臓は脳の10万倍の
    電気を生みだし、5000倍の磁界を生み
    出している事が、確かめられています。)

    地球は、電子機器に使われる蓄電器のように、
    電荷(電気)を集めて蓄えておく役目を
    果たしている。電気は、地表と大気圏上層部
    の電離層との間に蓄えられ、蓄積量が大きく
    なると放電されて「稲妻」となる。
    竜巻も電気による現象で、電荷が高速回転
    して起こる。(だから竜巻には雷雨が伴う)。
    同様にオーロラも電気現象だ。~

    惑星が軌道から外れずに太陽の周りを回り
    続けているのも、すべて電気力および
    電磁力のおかげであって、重力のためでは
    ない。
    (重力も磁力の一種であるがずっと弱い)。
    また他のあらゆるものと同じで、電気力も
    情報だ。人間の脳は電気の情報を
    受け取って交信し、心臓は電気によって
    拍動する。
    私たちと宇宙インターネットとの交信も
    電気の宇宙を通して行われている。~

    タルボットとソーンヒルは『電気的宇宙論』
    で述べている。

    最小の素粒子から最大の銀河構造に至るまで
    、宇宙のすべてはクモの巣のように
    張り巡らされた電気回路によってつなぎ
    合わされ、まとめられている。銀河を
    組み立て、恒星にエネルギーを与え、惑星を
    誕生させ、私たちの世界では天候を
    コントロールし、生物有機体に生命を
    与えているのも、すべてはこの回路だ。
    電気の宇宙に孤立した島などないので
    ある。

    電気宇宙は、波形、デジタル、
    ホログラムの各レベルとつながって
    いて、それが相互に連結して一枚の
    タペストリーを織り上げている。
    これが〈全一性〉だ。

    “出典:『ハイジャックされた地球を
    99%の人が知らない』
        デーヴィッド・アイク著
           本多繁邦訳
            ヒカルランド刊”

    アイクの説明でわかりやすかった
    と思いますが、太陽もまた宇宙から
    受け取る電磁気力により運行し、
    超高熱エネルギーを維持し続けている
    という事は、こちらの記事でも
    説明しています。

    太陽は燃えていない!
    正体はプラズマのトーラス循環だった!

    プラズマは、電磁気エネルギーの
    ベースであり、完璧な媒体なので
    真空から無限の電磁気エネルギーが
    絶えず生成・消滅するように見える
    のも、プラズマの状態が電磁気
    エネルギーに変換されるか、元の
    ベースの状態に戻るかだけの違い
    でしかないのです。

    さてこのように天体の配置が電磁気力で
    配置されている事がわかれば、それが
    私たちの誕生時に情報として受信される
    事になるという理解が必要ですね。

    私たちの生命の最小単位のDNAは
    最適な受信アンテナとしての形状を
    持っているので、まさにその誕生時の
    天体の配置情報を受けとっている
    わけなのです。

    DNAが、どんなものかご存知ない方の
    ために簡単に説明しておきますと、まず
    DNAは、下の画像のような二重螺旋
    の形をしています。

    この画像で、実はDNAが電磁波
    の信号などを受けとるのに最適な
    形状をしている事が説明されてい
    ます。

    実際、DNAは上の図のように、
    アンテナとして最適な形状をして
    いる事は、広く知られています。

    長いらせんは、羽根状のブレイド
    として電磁波などの波動を受け取りやすく
    なっていますし、二重螺旋構造は複雑な
    波動の信号を的確に捉えることもでき
    ます。また図のように垂直方向からみても、
    軸である塩基の柱が、螺旋に従って回転
    していくので、その方向からも、電磁気
    などの波動を受け取りやすくなってい
    ます。つまり全方向からの波動をキャッチ
    するのに最適な形状をしているという
    ことなのです。
    実際DNAは空間から、様々な波動信号を
    受け取っています。

    つまり誕生時の宇宙の天体の配置情報も
    電磁気信号として、このDNAに書き
    込まれているというわけです。

    つまり誕生時に書き込まれた天体の
    配置情報をベースにしながら、人生を
    過ごすことになるため、個性や全体的
    な運気とその変遷が、把握されるわけ
    です。
    これが占星術が科学であるという事の
    理由というわけですね。

    もちろんベースとなる情報は、大きく
    変えるのは、難しいですが、運気や
    個性に変化を与えることは可能なの
    です。なぜなら👆の画像のように
    最適なアンテナの形状と性質を持つ
    DNAは常に受け取る波動情報によって
    書き換え可能な状態にあり、意識や
    言葉また電磁気信号そして環境に
    よっても書き換えられるという
    事が明らかになっているからなのです。

    ロシアの研究者たちは、DNAの90%を
    占める「ジャンクDNA」を調査しました。
    その結果、研究者たちによると、DNAは
    わたしたちの肉体をつくるもととなるだけ
    なく、データの記憶、そしてコミュニケー
    ションの記憶も蓄積しているという事を
    明らかにしました。
    我々の体内にはのべの長さにして1900億
    キロメートルのらせんがあり、現在の
    人間が構築できる最高の装置の100兆倍
    もの量の情報を保存できるのです!
    またこのジャンクDNAのコードは、人類
    が普遍的に使用している言語のパターンに
    酷似しているということも発見されました。
    つまり我々が言葉を使って、会話ができる
    のも、互いの生体内に組み込まれた言語
    パターンを使用しているからという事なの
    です。
    ロシアの分子生物学者ガジャジャエフ博士
    (Pjotr​​ Garjajev)と彼の同僚たちに
    よると、適切な周波数が使用された場合、
    生きているDNA物質は、言語変調された
    レーザー光、さらには電波にも常に反応
    するというのです。そして彼らは言語に
    よってDNAは、書き換え可能だといい
    ます。
    実際我々のDNAは電磁波や言葉に
    よって何度も書き換えられているのです。

    なので占星術などで自分の個性や資質
    運勢傾向を知り、それをうまく
    利用しながら、自分の人生がよりよく
    なるように、書き換えていく事は
    可能だし、それをするためにこそ
    占星術などで自分を知る必要が
    あるという事なのです。

    ただし個性や全体的な運勢などを大きく
    変えるのは、相当な意識改革と意識
    レベルを変えるための訓練をしなければ
    難しい
    のです。

    なぜなら誕生時に受けとった、環境情報
    というのは、人生という丸ごとの時間が
    内包されたものだからなのです。

    どういう事かと言いますと、死後の世界
    これは魂にとっては生前の世界でも
    ありますが、その世界では、人生で
    経験するような時間の進行はなく、全て
    が同時または無限の現在という状態
    なのです。

    これは臨死体験を統計的に研究した本
    にも説明されています。


    まず死後の世界には、現実の世界の
    ような、一定で一方向への時間の
    流れはない。すべてが同時進行で
    起こっているように感じることも
    あれば、静止した時間のなかで
    すべてが起きているように感じる
    こともある。

    “出典:「死んだ後には続きが
    あるのか」
         エリコ・ロウ著
           扶桑社刊”

    またこちらの記事でも説明して
    います。

    時間は「瞬間の今」だけしかないのではなく
    「無限の時空の同時の現在」として
    存在する

    記事より

    アルバート・アインシュタインは、
    過去・現在・未来は、全て同時に
    存在するという結論に達している。
    「過去、現在、未来の区別は、実感
    としては、とても明確であるが、
    物理学者は錯覚に過ぎないと考えて
    いる」と書いている。これは、
    臨死体験者が身体の「外側」で
    起きている現実を語った内容と
    ぴったりと一致している。一例を引用
    しておく。

    | 私の誕生、先祖、子ども、妻と、
    最初から何もかもが一緒になって
    同時にやってきた。私に関する全て
    を、私の周りの全員のことがわかった。
    みんなが今なにを考えているか、
    あのとき何を考えたのか、前に何が
    起きていたのか、今何が起きている
    のか、全てわかった。出来事の順番
    もなく、距離もなく、期間もなく、
    時間も、場所もなかった。私は望む
    がままに、どこであろうと同時に
    存在することができた。  | 

    肉体から離脱するという事は、肉体の
    解読システムから離脱することであり、
    そうなると、劇的に違った経験や認知
    をすることになる。「年齢を加えて
    いる」という錯覚とともに生きている
    のは、そのように肉体コンピュータの
    ソフトウェアに記述されているから
    であり、それに我々のマインドが
    騙されているだけのことである。
    “出典:「ムーンマトリックス
            〈覚醒編6〉」
         デーヴィッド・アイク著
           訳 為清 勝彦  ”

    肉体の認識レベルから解放された
    臨死体験者にとって時間がないという
    のが、真実だという事です。これは
    同じく肉体から解放された認識
    だった右脳の働きと同じです。

    つまり過去も未来もみんな同時に
    存在しているという事の裏付けでも
    あります。

    要するに魂が生命を受けとるまでは
    時間は同時のものとして捉えて
    いたので、誕生時も同様に人生を
    同時の一つのシナリオとして
    魂は受けとる事になるわけです。
    そのシナリオとしてのあらすじの
    大きな一つが天体の配置情報に
    示されているというわけです。

    なので誕生時に人生としての生命を
    時間のない世界の魂が受けとる時は、
    人生という時間を丸ごと一つの同時の
    ものとして受けとるので、誕生時の
    環境情報が人生の全ての時間に
    関わってくるというわけなのです。

    ただし誕生時に死期が決まっている
    という意味ではありません。
    大まかな個性と資質と全体的な
    運勢傾向が、魂とDNAなどの生体
    情報に取り込まれるという事です。

    誕生時にすべてが決まっているわけ
    でもないですが、大まかな人生の
    シナリオも受けとっているというのも
    また事実で、そのシナリオを知る
    ために占星術があるという事なの
    です。

    もちろん肉体的意識(ボディマインド)
    は、一方通行の時間という認識なので、
    刻々と移り変わる天体の環境情報の
    影響も受ける事になります。ただし
    それは潜在意識に存在する魂のベースに
    書き込まれた人生の天体の環境情報を
    書き換えるわけではなく、アイクの
    説明したように、ベースを維持したまま
    その時々の天体情報と交信していく
    という事です。
    なので、時々刻々と移り変わる天体の
    配置からの影響は、あくまでも
    魂のベースに書き込まれた天体の
    環境情報に対して、副次的なもの
    になるという事です。

    そりゃあ簡単にいえば、乙女座の季節に
    なったらみんな乙女座の性質に
    なったり、蟹座の季節になったらみんな
    蟹座の性質になったら、大変でしょうし
    全然面白くもない世界になりますよ。

    なので今日のサビアンシンボルが
    どうだから、天体の配置がこうだからと
    みんな似た影響を受けるか
    というとそうでもない理由がここに
    あるのです。

    ただし私たちの本来のワンネスの意識は
    魂のレベルよりもさらに上位にある
    ので、そこにアクセスできる意識レベル
    であれば、ベースにある魂に書き込まれた
    個性や資質、運勢を越えた能力をも発揮
    できて、運気も逆転する事が可能だという
    事です。

    ではまた(^^)/

    いつもありがとうございます(*^_^*)

    隠された科学的真実編

    宇宙の真理編一覧

    あんみんの神秘メッセージメニュー

    トップページ

    内閣府のホームページに人類とAIの結合とあるのは、「AIによる管理社会の到来」の正式な予告だった!


    最近展開している記事は、非常に
    危険な時代に突入している中で、
    私たちが生死を超えた存在である
    という真実をとことん追求してきた
    研究成果をまとめていったものが
    多いですが、やはり、今人口削減の
    罠を逃れた人々が、どのような
    社会に向かわされているかという事
    についての記事も、たまに投稿する
    べきだなと感じたので、今回は
    コロナ騒動以前から、支配層の
    アジェンダについての警告記事を
    取り上げ続けているdonのブログ
    さんの記事二つ分を取り上げて
    途中コメントやこれまでの情報
    を入れながら進めていきたいと
    思います。
    ただ先に取り上げるdonの
    ブログさんの記事は
    ツイッターからの引用情報のみ
    ツイッター以外の部分は、私が
    追加しておきました。

    ムーンショット計画は内閣府の
    正式なアジェンダです。

    記事より

    https://twitter.com/STansuke/status/
    1563724277257752576?t=TCG6ncAZCefh
    japaP2PV1w&s=19



    要するに人間疎外の社会に移行
    していくという事ですね。
    2022年には、ロボットが社会進出
    という事ですが、すでにファミレスの
    いくつかでは、ロボットが注文の品を
    運んできたりしてますし、日帰り
    温泉にも、しゃべるロボットが置いて
    たりします。
    まあお子様は、こういうのを喜ぶので
    将来に向けて、慣らしていこうという
    事でしょう。
    すでに私たちも、鉄腕アトムや
    ドラえもんなんかで、精神的に
    餌付けされてきたとも言えますが、
    全く危機感を持っていなかったですね。
    2025年から、AIが人の代役に
    なるところから、人が社会から
    追い出され始めます。
    2045年には、AIが人を越える
    という事です。
    勿論支配層の計画通りとはいかないと
    イメージしたいですが、要するに
    社会の中で人の価値が相対的に
    下がるという事は、それだけ社会に
    大切にされない社会が実現される
    という事になるわけです。
    もちろん支配層は、そもそも大衆の
    事を大事になど微塵も思っていないです
    から、私たちが自分たちを大切にする
    社会を目指して行動していかないと
    危険だという事です。

    結局反ワクというカテゴリーで、
    影響力のある人のほとんどが、
    ワクチンの健康被害に集中して
    いるという事を観ても、上の画像の
    ような、本来のワクチンの目的から
    目を逸らす役割として、支配層の
    工作にひと役買っているという事
    です。
    もちろんワクチンは、人体に危険
    ですが、支配層は、当然アジェンダを
    進行させるために、使役させる人々を
    必要とするわけで、元ファイザー
    研究員のカレン・キングストンが
    警告してくれたように、人体に
    ナノテク素材・グラフェンなどを
    のくらい挿入しても耐えられるか
    という治験を大衆相手に行っている
    というのが現在までの状況だと
    いう事です。
    もちろんロットによっては、人口削減用
    の殺人級のタイプも仕込まれていて、
    高齢者を中心に割り当てられていた
    というのも真実です。

    なんか、メリットを説明しているように
    一見紹介されていますが、要するに
    人の身体を必要としなくなる社会を
    実現させようとしているわけで、
    私たちから身体を取り上げようと
    しているわけです。
    映画「アバター」で歩けない主人公が
    遠隔操作で、別の惑星の住民の意識を
    ハッキングして、自由に動きまわる
    というシーンがありますが、まさに
    こういう人類の未来イメージを先に
    私たちの潜在意識にインプット
    させておいたというわけです。
    これが支配層がハリウッド(もちろん
    あらゆるメディアも同様)を所有
    する目的の大きな一つだという事
    ですね。

    目標4、5、7、9などは、全く
    信用してはなりませんよね。
    人間疎外の社会を造ろうと
    目論んでいる支配層が、大衆の
    健康ましてや心などに気を使って
    くれるというのは、幻想でしか
    ありません。
    たぶん使役するのに有効な、従順
    な人々のみ、しかも必要な期間だけ
    健康に気を使ってくれるかも
    知れないというだけでしょう。

    さて後のツイートはそのまま
    ノーコメントで貼り付けて
    おきますね。
    支配層の意図がよくわかるような
    情報ばかりです。


    https://twitter.com/STansuke/status/
    1563724305724485632?t=FR3VX3xy
    6AqQHsxZJfXV7Q&s=19



    “出典:「donのブログさん」
    ムーンショット計画は
    内閣府の正式なアジェンダです。

    要するに、まず人の脳にナノチップを
    埋め込んで、5G、6G、7Gなどの
    次世代通信でAIと連結させ。
    人が主体というのは、もちろん
    真っ赤な嘘の誘導で、実際には、
    彼ら支配層に都合よくプログラム
    されたAIに人が従うような
    通信システムを確立させようとして
    いるわけです。
    そして最終的にAIひいてはその背後
    に存在する支配層のための
    超管理支配社会が確立されようとして
    いるというわけです。
    なので、精巧なロボットが開発された
    事を喜んでいる幼稚な感覚では
    まんまと彼ら支配層に誘導される
    ままになるという事です。
    まあ私は信用スコアで判断される社会
    に生きようとは思わないので、生死を
    越えた存在である事などの真実を
    できるだけ多くの人に伝えて、
    この肉体での生命からは退出する
    かも知れないし
    もし信用スコアで判断されない自由
    な社会が別に実現するなら、そこで
    もう少し生きてみても良いなという
    思いがあるだけですね。

    さてもう一つのdonのブログさん
    記事です。
    当然先に取り上げた記事から観て
    支配層のアジェンダの意味が
    つながります。
    Society 5.0の核心を一言で言うと、
    「AIの判断に人が従う社会」。

    記事より

    外資によるミニ独立政府(つまり植民地)
    であるスーパーシティ

    国の概念を希薄化しNWOへと繋げる
    試験的運用

    それをさらに拡張5~7Gを駆使しAIで
    一元管理するSociety 5.0

    “政府が計画するNWO的構想と言えば

    「ムーンショット目標」が

    よく知られているが、それと並び重要なのが
    「Society 5.0」である。

    Society 5.0は裏権力が目指す未来像そのもの

    である。

    Society 5.0の核心を一言で言うと、
    「AIの判断に人が従う社会」。

    即ち「AIによる支配」である。

    「Society 5.0」とは
    「狩猟社会=Society 1.0、
    農耕社会=Society 2.0、
    工業社会=Society 3.0、
    情報社会=Society 4.0に続く新たな社会」
    という意味である。途方もない大風呂敷を
    広げたものである。この構想はNWO計画の
    方向性と完全に一致しているので、
    バックに裏権力がいるであろう事は
    疑いがない。

    実際、経団連はSociety 5.0は国連の
    SDGsと軌を一にするとして
    「Society 5.0 for SDGs」なる標語を
    掲げている。文字通り「SDGs=NWOの為の
    Society 5.0」である事は明らか。
    裏権力は自分で物を考える人間を
    何より嫌う。
    その点、個々の人間の独立的思考より
    AIの判断を重視する社会は裏権力の
    目的に適う。

    政府資料によると、これまでの情報社会
    では必要な情報の探索や分析を行う
    リテラシー(活用能力)が必要だったが、
    Society 5.0では「(AIによって)
    必要な情報が必要な時に提供される」
    という。「自分で調べたり考えたりする
    必要はなく、AIの判断に従って
    いればよい」と言っているようにしか
    見えない。

    AIが提供した情報だろうと、それが本当に
    必要か真実かを判断するのはあくまで
    人間である。技術が発達しても人が
    自分で情報を調べ物を考える事が必要な
    事には変わりない。よって「リテラシー
    (活用能力)が不必要になる」と
    言わんばかりの構想には、自分で物を
    考える人間を減らそうとする意図を感じる。

    前掲資料の「フィジカル空間のセンサー
    からの膨大な情報がサイバー空間に集積
    されます。サイバー空間では、この
    ビッグデータを人工知能(AI)が解析し、
    その解析結果がフィジカル空間の人間に
    様々な形でフィードバックされます」
    なる文がSociety 5.0の肝と見る。
    中国のデジタル・レーニン主義と同じ。

    「一人一人の人間が中心となる社会であり
    、決してAIやロボットに支配され、
    監視されるような未来ではありません」と、
    取ってつけたような事が書いてあるが、
    良識ある人に「Society 5.0が主張する
    社会になれば、AIやロボットに支配され
    監視されるようになる」と批判される事を
    想定しているのであろう。

    個人が自分で物事を調べ考え判断する事を
    最大限尊重する事が人間の尊厳を尊重する
    社会の核心であり大前提であろう。
    その一番肝心な部分を軽視し蔑ろにして
    「一人一人の人間が中心となる社会」
    も何もない。一人一人が自分で考える事を
    放棄し思考を他者やAIに委ねたら寡頭独裁
    になる。それがNWOの本質。

    NWO計画では「AIによる支配」といっても、
    それをさせるのはあくまで裏権力者であり、
    「AIに如何なる情報を学習させるか」や
    「AIによるどの判断をピックアップして
    民衆に押し付けるか」は、あくまで彼ら
    裏権力者が決めるという点が重要である。
    裏権力にとってはAIも支配の為の
    ツールでしかないだろう。

    何故AIがひょっこりと出てきたか?

    何故マスコミがAIを持て囃すか?

    この時点で、大きな資金力を持った力が
    働いていることに気が付き、
    警戒しなければならないはず。

    なのに、諸手を挙げて喜んでいるアホン人
    の姿を見ていると、戦慄してしまう。

    上にあげた内閣府のホームページを読んで
    ください。陰謀論でもなんでもない事が
    分かります。奴らは本気なんです。
    AIを使うことに慣れてしまわないように、
    今からAI断ちをしましょう。
    アンインストールして下さい。
    自分で考えてください。

    “出典:「donのブログさん」
    Society
    5.0の核心を一言で言うと、
    「AIの判断に人が従う社会」。

    チャットGPTとかAIチャット
    とかAIチャットボットとか、
    AIに大衆が親近感を持ったり信頼感を
    持ったりするように餌付けされている
    という事がわからないと、いつのまにか
    AIに従わされる社会に、取り込まれて
    超管理支配社会の檻に入れられてしまう
    ようになるという仕組みですね。
    自分で、または自分達で調べて、
    考えて、語り合うという事がいかに
    大切かという事です。

    私たちは、人間疎外に向かわされている
    時代の只中にいますね。
    人間を取り戻していきましょう。
    まわりの人とつながりを取り戻し、
    身近な人とはより近く、人間同士の
    あたたかさこそが
    これからの時代を冷たいものから
    あたたかいものに変える事ができる
    のだと思います。

    ではまた(^^)/

    いつもありがとうございます(*^_^*)

    アジェンダ真相編001

    宇宙の真理編一覧

    あんみんの神秘メッセージメニュー

    トップページ