多くの人が知らないお金のしくみの本当のからくり 支配の源がここにある!


私たちの世界が、世界の超富裕層たちに
よって、コントロールされてると、
予備知識のない人たちが、聞いたら
かならず陰謀論だと、まるで、判を
押したように答えたり、反応したり
しますね。

見事に「陰謀論」という言葉を創作した
CIAの誘導による刷り込みに完璧に
はまっているという事ですが、そういう
人がとてつもなく大多数だと、かなり
まずいのです。

なぜなら、そういう世界の仕組みを
多くの人が気づかない事そのものが、
CIAを単なる小道具として、利用
できる超富裕層たちの望み通りなので、
ますます彼らの思い通りに世の中が
動いてしまう事につながるし、それは
私たちの望むような未来とはほど遠い
のが現実です。

ではなぜ、このような超富裕層たちが
存在しているのでしょう。
資産公開義務をもたないような存在が
いるのが現実です。しかもそれを
家訓としてきたロスチャイルドなど
の13とも言われる血族や、
ゲイツやソロスなどそれよりは当然
かなり規模は小さいながらも資産を
公開しているものの、私たちに
とっては、天文学的な資産を所有して
いる人物たちもいます。
彼ら超富裕層の所有している財産は、
公開されている資産だけでも、世界の富
の大半を占めているのです。

彼ら自身はごく少数なのにかかわらず
です。
はて彼らはそんなにお金儲けがうまいのか
と、まず多くの人が、彼らが民主主義の
中で、正当にお金を得てきたと思い
ますよね。

確かに法的には、フェアである事もあるの
ですが、まさかそれだけで、そのようには
なりません。まずスタ―トラインからして
違うのです。彼らはお金の本当の仕組みの
からくりを知っているだけでなく、それを
自由にできる仕組みを開発して、それを
所有しているから可能なのです。

しかも私たちのよく知っている利子の
しくみの意味を知れば、彼ら超富裕層が
どうして支配的な影響力を持つにいたったか
がわかります。
そしてもう一つ大きな仕組みがあるのです。
それは「信用創造」というものです。
これは多くの人がその言葉そのものと
当然仕組みさえ知らない人が多いと
思います。
これが、超富裕層の富を無限に増やせる
いわば打ち出の小槌の役割を果たして
いるという事なのです。

では、一回では説明が終わらないと思います
ので、まずはシリーズ化していく事に
します。

もし今回の記事が難解でも、利子が、
銀行家の資産をどんどん膨らませ、
そして、必ずその利子のために倒産
する事業者が出て来て、その担保を
銀行が得る事によって、どんどん
実体経済における銀行の支配力が
高まることさえわかっていただれば、
詳細である以下の説明を理解しなくても
次回に進む事ができるようになって
います。

第1回の今回は、利子についてです。

もちろん利子を知らない人はいませんよね。
しかし私たちが、知らなければならないのは
その本当の意味だったのです。

その事を、とてもわかりやすく説明して
くれている本から引用させていただく事に
しましょう。

ただし長すぎるので、私がその本で
使用されている図を引用しながら、
まずは簡単に説明していきますね。

たとえば、地域で使われる地域通貨の
ように、銀行から利子もつけられずに
与えられた資金を使って経済活動が
行われる場合、このようになります。


“出典:「金融のしくみは全部
ロスチャイルドがつくった」
      安倍芳裕 著
       徳間書店刊”

上の図のように単に利子がない状態で、
市場の中でお金がグルグルまわって
いるだけなので、この経済は、お金が
足りなくなる事はありません。

もう少し、くわしくみていくと、もし
事業を始める時に資金が必要であれば
銀行から無利子で、資金を調達
すれば、その資金で売るための物資や
設備投資を購入して、それによって
得られる、商品に対して、その設備投資
分やら、原材料費などを加えた価格で
売れば、借金も返せるようになります。
もちろんそこには、設備を売ったことに
より、その資金がまた経済に還元され
たり、原材料を売ったことで、また
それが経済に還元されます。

このようにして貨幣システムそのもので
経済が破綻する事はありません。

ですが、銀行が、利子をつけて
貸し付けてきた場合、その分を上乗せ
したり、付加価値をつけていかなければ、
その借金を返せなくなるので、
等価交換ではなく、必ずどこかで
資金が足りなくなる事業者が出てくると
いう事なのです。

この場合その足りない分は、経済には
ないので、銀行に借りた分を返せずに
さらに借金を増やしていく事になります。
しかし、その借金にさらに銀行が利子を
加えることで、余計に儲けなければ
ならなくなり、付加価値をつけて、
商品を売っていくとまたかならず、
その利子のために最初よりもたくさんの
借金が、経済市場で発生してしまう事
になるというわけです。

さてこのような事をふまえて、この本
の説明を見ていくとしましょう。

『』内が引用で、~が中略です。

現在の貨幣システムでは破綻は不可避

利子はバーチャルな数字であって、実体
のないお金です。利子分のお金は、
椅子取りゲームのように、誰かから
奪わなければ支払われません。
だから、椅子を巡って激しい競争が
行われます。
そして、全体で見れば貸し出し金額
より、返済金額の方が常に大きい。
借金を完済しようと思えば、さらに
新たな借金をしないとできない仕組み

になっています。
これを「無限の借金ループ」と
呼びます。
フォード自動車の創業者ヘンリー・
フォードは「金融業者たちの目的は、
消滅不可能な債務の創造による世界
支配である」と語っています。

どんな事業をおこなうにも、まずは
資本の調達が必要です。
株や社債を発行したり、金融機関から
借り入れたりなどの方法がありますが、
これらのお金には必ず利子が付きます。
 
この利子を誰が支払っているかと言えば、
直接的にはお金を借りた業者ですが、
実際には利子や配当も経費として価格に
含まれるので、間接的に私たち消費者
の誰もが負担しているのです。
ドイツで行われた調査では、商品や
サービス価格の25~35%
は、利子ないし資本部分ということ
でした。
例えば、10万円借りて元本の10万円
のみ返せばよいのなら、経済は均衡を、
保ったまま、お金とその反対方向に
財やサービスが循環するだけですが、
10万円借りて元本+利子だけで11
万円返さなければならないとすると、
1万円分売り上げを増やさなければ
ならない。つまり経済成長しなければ
ならなくなります。
利子の返済によって経済成長が強制
されると言ってもよいかと思います。』

“出典:「金融のしくみは全部
ロスチャイルドがつくった」
      安倍芳裕 著
       徳間書店刊”

このようにして、経済がどんどん
成長していくと、当然銀行から
さらなる多額の借金をしなければ
ならないという悪循環が発生
する事になり、多くの事業者が破綻
していく事につながるというわけ
です。

もちろん破綻した事業主の店や設備
などの実体のある資産は、最初から
銀行の担保になっているので、結局
経済全体での、銀行家の資産は膨らむ
一方になってしまうのです。

しかし、もちろん実際にはもっと複雑
です。
最初から、つまりお金の出回る前から、
市場にすでに充分な資産がある場合、
必ず、それに見合った金額だけは、
経済が破綻せず出回り、その資産を
元手にして、銀行に借金をその資産分
だけ上乗せして、返却する事かできます。
しかし、その場合でも、元手となる資産
はいずれ枯渇する事になり、その利子分
だけ、本来の資産から銀行家に、資産が
奪われていく一方になるわけです。

しかし、基本的に資本主義経済では、
自分の資産よりも多くの借金をして
経済活動をする事になり、どうしても
利子分を稼がなくてはならなくなり、
市場全体として、必ず余計に資金を
借りなければ、破綻してしまうので、
また銀行から金を調達するはめになり
借金ループになるという事です。

ただしこのようにして、経済がどんどん
成長していくと、いくら利子で儲けて
いても、銀行は必ず貸す資金が足りなく
なります。

というのも経済が成長していくと、
多額の借金をしてそして、余計に多額の
付加価値をつけて売るために物価も
上がってくるわけで余計に市場は
お金を必要とするようになるわけです。

そうなると今度は今度は利子だけでいくら
儲けてきたからといっても、銀行には
貸すための資金がなくなってしまい経済
が破綻してしまうのです。

これが、経済破綻となり、恐慌や暴落
につながるのですが、その都度、
銀行家自体は貸せなくなるだけで、
自分の資産は減らず、さらには、
借金を返済できずに破綻した企業から、
担保にとっていた、土地や設備や会社
そのものの権利など、実体のあるものを
どんどん手に入れる事かできるように
なるというわけです。

これがどんどん銀行家による世界的な
支配を無限に進行させてきた、大きな
からくりの一つだったというわけです。

しかし、実際には、さらに銀行家自身の
富をもっと無限に増やせるシステムは、
他にもあったのです。

このようにもし経済が破綻しても、市場に
資金がなくならないように、また経済活動
を続行させていくために、銀行家には、充分
な資本がなければなりません。

利子だけの儲けでは、膨らみすぎた経済
成長に見合うだけの貸し付けを行うだけの
資本つまり資金がなければなりませんが、
そこまでの資金を、銀行家の資産だけで
まかなう事ができなくなるのです。

これでは経済が立ちゆかなくなり、市場に
頼る人々にとっても、銀行家自身にとっても
完全にお手上げ状態になるわけですが、
実際には、銀行は、無尽蔵にお金を
貸し続けるシステムがあらかじめ
設定されていたのです。

これこそが多くの人がその仕組みさえ
知らない、第2のお金の仕組みと
からくりなのです。

もう少し専門的にいえば、これが
多くの人の全く知らない、金融システム
で、それがあるからこそ、銀行家のための
永遠の搾取システムが成立している
全ての原因となっているのだという事
なのです。

つまりはこれが「信用創造」というもの
なのですが、これについては、次回
という事にします。

今回とても難解で、とても次回の記事なんて
無理という方でもご安心ください。

まずは利子だけでも銀行は充分に
儲ける事ができて、社会の中での
支配的な力を蓄える事さえわかれば、
信用創造でさらに、その規模をさらに
大きく拡大させていく事ができるという
ように考えていただければ、まず、
次回もすんなりわかっていただける
と思います。

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

隠された歴史編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

あなた色に染まる?「オウム返し」のシンボルが? 徹底比較25(新規)


さて今回のシンボルも意味深な
シンボルについて徹底比較して
いきたいと思います。

今回徹底比較するのは、
蠍座19度
「聴いた事をそのまま話すオウム」
です。

タイトルは、いきなり男性には
あまりなじみのない女性の
「相手色に染まりたい」という
恋心につながるという意味で、
設定しました。

なぜこのようにしたかといいますと
鑑定させていただいた方の中に、
モテていながら、一途に想う男性
がいるのに、積極的にアプローチ
してくれる男性と恋に墜ちて
しまったという方がいて、そして
このシンボルもお持ちだという事を
思い出したからなのです。

その方は、
蠍座2度
「割れたビンとこぼれた香水」
というシンボルを持ち、女性の
フェロモンのようなものを先天的
に身につけている方だという事です。
(このシンボルはすでに
フェロモンのシンボルなのか?  
サビアンシンボル徹底比較その23

ですでに徹底解釈しています。)

実際にモテる条件は、シンボルにも
あらわれていたわけですが、
結局押してくる一方の相手を断り
きれずに恋に墜ちたという事で、
やはり今回のシンボルが思い
当たったという事なのです。

彼女は、主要な天体に
蠍座19度
「聴いた事をそのまま話すオウム」
があるのです。

つまりそれが、先天的な彼女の
恋愛傾向にも反映されている
と思えたので、今回解釈を徹底
したいと思ったというわけなの
です。

というのも、この
「聴いた事をそのまま話すオウム」
というのは、相手の心や潜在意識を
そのまま自分の感覚として捉えて、
同化していきたいという意識が
働いているという事なのです。

確かにこの方は、一途な恋をする相手
がいて、数々のアプローチを断り
続けていたのですが、常に相手の立場や
考えを尊重して、よき理解者となって
いるという事が、ひしひしと感じられた
のです。
結局そのように相手の心を感じすぎた
事で、情がうつって、恋に墜ちたの
ですが、冷静になってみると、果たして
これで良かったのかと不安にもなって
おられるようですね。

この蠍座の解釈は、私も相当深い解釈
をしてまして、冥王星が支配する
という事で、自分の核の意識を示す
サインなので、本来人間が男女が
一体であったのを引き離されたという
伝承にある通り、ツインレイのような
存在とはまた別に、もとの完全体
であった男女一体に戻ろうとする意識
が強く働きます。

つまり蠍座のサインは、相手ととことん
深くつながろうとするために、まわり
など目に入らずに、とても強い情愛で
突っ走る、または人生ごと相手に
投げ出すというような感覚を
もたらすという事です。

もちろんこれも個人差がありますが、
このとことんな情愛という意味では、
蠍座に共通するものがあるという事
です。

だからこの蠍座19度が
「相手色に染まりたい」という意識も
暗示していると解釈してみたという
わけでした。

もちろんこれまでのように、自分の
主体性が、欠ける場合もありますし、
また霊的・潜在意識の領域を「素直」
に感知できる事から、深い感受性を
持つという暗示もありのます。

では松村氏の解釈をかんたんにみますと

『』内が引用で、~が中略です。

『この度数では、自分の心の奥底から
出てくる成果に対して、いちいち知性
に抵抗される前に、意味はよくわから
ないけど、ともかく感じた通りに
行動してゆくという傾向が出てくる
のです。そうすることで、意識的には
管理のできない不可知の行動傾向が
出てきます。それは、ある時は超意識
の鏡として機能することもあれば、
コントロール不可能な衝動の操り
人形として動くこともあります。』
“出典:「愛蔵版!!サビアン占星術」
          松村潔 著
        Gakken刊”

松村氏の解釈もだいぶ似たとこは
あります、やはり内面深くからの
衝動に素直に従うというところが
その領域を素直に感知するという事
と共通しています。
ただし、松村氏の場合は、その内面
の衝動は、あくまでも「自分」からの
ものなので、私のように、その
潜在領域でつながる相手の意識を
素直に感知し従うというのとは、
違う事になります。

まず私は潜在意識領域では、
他人も自分もなく、すべての人が
つながっていると解釈しているの
です。
ですが松村氏の内面深くというのは、
あくまでも自分自身に対するもの
という事なので、違うと解釈した
わけです。

ただ私の潜在意識でつながる他人
の意識と同化したいという衝動に
つながったり、相手の心のままに
行動してしまうという事は、
松村氏のいうように、自分の内面
の衝動に対してですが、操り人形の
ように行動してしまうという解釈と
共通している部分はあります。

さてさらにコアな解釈の直居あきら氏
もかんたんに観てみましょう。

タイトルは、ディーンルディアの意訳
からのものになります。

『』内が引用で、~が中略です。

『スコービオ一九度
「オウムが自分の聞いた会話を
繰り返してしゃべる」

このディグリーの人には、知識や
情報が人生のテーマになるだろう。

これらの知が世界を創造し、また古い
ものを破壊する。その意味でこの人は
進化の媒体となっている。~
自己の内部の振動率を知識や教育を
通じて掘り起こす人生である。
知的な充実とその使命を自覚して
欲しい。』

“出典:「定本サビアン占星学」
          直居あきら著
     魔女の家®BOOKS刊”

直居あきら氏は、このシンボルを
深いレベルからの情報を感知するため
それが新しい知識や情報につながり
古いものを破壊するというように
捉えておられますね。
つまり知性が非常に高まるという
エネルギーだという事のようです。

新しい知識も、内部の振動率を
刺激して掘り起こすとされている
事から、潜在意識または高次の
領域からの情報の感知能力で得られた
とも解釈する事ができて、やはり
個人の内面に焦点も当てられて
いるので、松村氏の解釈と共通する
点はあります。
ただし、松村氏のように、それを
自覚しないまま、内面の衝動の
操り人形になっているのとは違い、
この直居氏は、あくまで新しい
知識や情報を外部から取り入れて、
それを自覚しながら、自分の内部も
掘り起こすという事で、完全に
自分をコントロールできている
という点では違います。

この直居氏と松村氏は、あくまで、
自分自身の事についての焦点に
なっているので、
私の、相手色に染まるというような
感覚とは違うという事のようです。

ではいつものようにサビアンシンボルの
原典から、蠍座19度のシンボルの
キーワードをひもといてみましょう。

キーワードは
「型にはまる、平凡」
です。

意外にもエリス女史のチャルリングの
立会人のジョーンズ氏は、このシンボル
に非凡さを全く認めておらず、主体性
がないけれど、素直なそしてまわりに
合わせようとする平凡な性質として
捉えています。

これは、今回の私の解釈が、まわりに
合わせようとする柔軟な性質で、相手の
意見に従いやすいという事から、
相手の型にはまるという点と共通して
いるところはあります。
松村氏や、直居あきら氏の場合は、
あくまでも自分の衝動に従ったり
自分の内部の振動率を掘り起こす
という事なので、むしろ非凡さが
強調されるので、このキーワード
とは合わない事になります。

今回も興味深いサビアンシンボルの比較
研究ができたと思います。

ではまた(^^)/

 

 

いつもありがとうございます(*^_^*)

サビアンシンボル比較一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ

かんたん毎日のサビアン6月18日


今日の太陽のサビアンシンボルは

双子座28度

「破産宣告された男性」
です。

個人として、あてはめる時には
お金に関してネガティブなイメージ
としてだけ捉えない事が肝心な
シンボルです。
これはいったん仕事をリセットしたり、
心機一転、別の道を模索するのに良い
というシンボルです。

感情面を示す金星のシンボルは、
昨日と同じく
双子座7度
「古風な井戸」
なので、深層意識での、人との共感を
感じたり、古代の知識にも興味が向く
という事です。

知性とコミュニケーションを示す
水星のシンボルはいつもと同じく
蟹座15度
「ありあまるほどの食事を楽しんだ
グループの人々」
なので、多くの人と豊かな
時間を楽しんで、それを共有して
いるという事です。

行動面を示す火星のシンボルも
昨日と同じく
魚座24度
「人の住んでいる島」
なので、同じ目的の人たちや
意識を持つ人たちと、協力しあって
目的を果たすのに良いという事です。

という事で、今日はお金をめぐる
事にはネガティブなイメージも
暗示されていますが、倹約を
心かげていれば大丈夫です。
そして仕事をリセットしたり、
心機一転別の道を模索したりする
のにも良い日でしょう。

また今日は、昨日と金星、水星、火星の
シンボルがまったく同じです。
なので人と深いところで共感しあえたり、
多くの人と、豊かな時間を共有しあえたり
もしますし、
そして、同じ目的の人や同じ意識を持つ
人と協力しあって行動するのにも良い
という日でしょう。

いつもありがとうございます(*^_^*)

かんたん毎日のサビアン 2020年6月分

かんたん毎日のサビアン一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ

双子座28度


今日の太陽のサビアンシンボルは

双子座28度
「破産宣告された男性」
です。

このようなシンボルがたとえ、生年月日に
あったからといって、その人の金運が悪いと
いう意味ではありません。特に太陽であって
もです。
金運の見方はいろいろありますが、第2
ハウスのサインや在泊の天体およびその
シンボルでみる方法もその1つです。
それでもパートナーや関わりのある人、
また出会う人々の金運や社会全体での経済
状況や、社会的な側面も全て合わせてみるこ
とになるので、個人の持つ金運だけで全てを
はかることはできません。
ただ、どんな場合でもお金に対する未来の
イメージを豊かにできるかどうかで、金運
は大きく左右されるのです。

サビアンのシンボルは個人として見るなら、
全てポジティブなイメージとして捉える
のが正しい見方なので、一見そのように
見えないシンボルの場合こそ、解釈を
深く読み取り、むしろやりがいのある
人生と捉えて活かしていくことが大切と
なるのです。

そこで今日の破産宣告された男性の解釈な
のですが、これはいったんビジネスがうまく
いかなくなっても、再出発の機会を与えられ
るという意味で、再生の意味があり、また
「免責」が認められると、一部の制限を
のぞき自由な立場にもなれるという事を意味
します。

このシンボルの場合、一見閉ざされたように
見えることがあっても、本人にはやりがいの
ある別次元の道がありますよという暗示と
なります。
つまり今日は、今までやってきた事が
行き詰まったのなら、視点を変えると
良いヒントがもたらされるという日です。

対称の180度のシンボルは

射手座28度
「美しい流れにかけられた橋」
です。

私のサビアン解釈では、対称の180度の
シンボルは表裏一体でもあるという見方を
しています。つまり意識次第でどちらの
エネルギーも使えるという事でもあります。
つまり今日に双子座のようなネガティブな
イメージのシンボルが出て来た場合には、
この180度またはその近辺のシンボルの
意識を持てば、いいというわけなのです。

この射手座のシンボルは、双子座のシンボル
に深く関係していて、美しい流れとは人々の
生活を円滑にするためのあらゆる流れ、また
流れが流通の暗示も持つことから、豊かな
お金の流れという意味も隠されています。
美しいお金の流れによって、人々の生活が、
全て豊かになればいいし、逆に流れに
溺れそうな場合には、それを渡るための
橋も用意されていますよという、救いの
メッセージでもあります。

それは今日のような社会制度による救済
措置ともつながっています。
もし今日のような破産宣告のシンボルを
逆転させようとするのなら、豊かなお金の
流れを追うのではなく、人々を救うための
仕事などを、最初からイメージしていく方
がいいということもありますし、大きな
流れにあるビジネス社会とは、別次元での
芸術家とか、クリエイティブな仕事など
あらゆる自由な立場での稼ぎ方を考えて
いくと、古くからある橋を渡るように、
悠々と人生を送ることができるという暗示
でもあります。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは

乙女座28度
「禿げ頭の男性」

魚座28度
「満月の下の肥沃な庭」
です。

乙女座28度の禿げ頭の男性は、中年の
悲哀などではありませんよ、ロシアでは
男らしさの象徴として逆に長所とされる
場合もあるのです。占星術的な暗示
としても、男性的なエネルギーの
ポジティブな側面、つまり実行力や
創造的な力、社会的な影響力という面に
おいて力を発揮できるという事を
意味します。

サビアン占星術の産みの親である、ディーン
・ルディヤー氏は、この禿げ頭の男性の事を
確立された社会階層構造(ヒエラルキー)を
破壊するような、強烈な力を持った男として
描いており、いかにこの男性の実行力が
強烈なものかおわかりいただけるかもしれま
せん。

つまり今日の双子座のシンボルのような
社会に救済されるような男性とは、逆向きの
力強いエネルギーとなります。

また古くからある普遍的なものを象徴して
いる射手座のシンボルに対しても、革新的な
この乙女座のシンボルは逆のエネルギーと
なっています。

魚座28度の「満月の下の肥沃な庭」
というのは、月が母性を示す事から、
母なる大地という意味となります。
生命の母体という事ですね。
これは、自然のエネルギーの享受という
事で、豊かなイメージがもたらされます。
これに対して、破産宣告を受ける双子座
のシンボルは逆のエネルギーですし、
人の手による橋の恩恵を受ける射手座の
シンボルとも逆のエネルギーとなります。

 

 

いつもありがとうございます(^^)

双子座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

あなたの牡羊座18度


牡羊座18度のサビアンシンボルは

「からっぽのハンモック」
です。

このシンボルが太陽にある人は、
とても素直で柔軟な感性の持ち主です、
また共感能力がとても高くて、相手の
気持ちを読み取って行動するのも得意
です。
ただあまり自己アピールするのは、
得意ではなく、集団の中では目立たない
タイプでしょう。

適職は、会社員、公務員、保育士、
ホテル業務、調理師などになります。

結婚運は強く、温かい家庭を築く事が
できるでしょう。

このシンボルが月にある人は、
素直で、誠実で、親や先生の事をよく
聞いて、品良く育つでしょう。
あまり冒険をせず、何気ない日常を
楽しめるような人です。

金星にある人は、友人も多くいつも
集団の中にとけこんで幸せな気分
でいられるでしょう。

木星にある人は、お金を堅実にためる
のが得意なので、年齢が高くなる毎に
豊かになっていきます。

いつもありがとうございます(*^_^*)

あなたの牡羊座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ