内閣府のホームページに人類とAIの結合とあるのは、「AIによる管理社会の到来」の正式な予告だった!


最近展開している記事は、非常に
危険な時代に突入している中で、
私たちが生死を超えた存在である
という真実をとことん追求してきた
研究成果をまとめていったものが
多いですが、やはり、今人口削減の
罠を逃れた人々が、どのような
社会に向かわされているかという事
についての記事も、たまに投稿する
べきだなと感じたので、今回は
コロナ騒動以前から、支配層の
アジェンダについての警告記事を
取り上げ続けているdonのブログ
さんの記事二つ分を取り上げて
途中コメントやこれまでの情報
を入れながら進めていきたいと
思います。
ただ先に取り上げるdonの
ブログさんの記事は
ツイッターからの引用情報のみ
ツイッター以外の部分は、私が
追加しておきました。

ムーンショット計画は内閣府の
正式なアジェンダです。

記事より

https://twitter.com/STansuke/status/
1563724277257752576?t=TCG6ncAZCefh
japaP2PV1w&s=19



要するに人間疎外の社会に移行
していくという事ですね。
2022年には、ロボットが社会進出
という事ですが、すでにファミレスの
いくつかでは、ロボットが注文の品を
運んできたりしてますし、日帰り
温泉にも、しゃべるロボットが置いて
たりします。
まあお子様は、こういうのを喜ぶので
将来に向けて、慣らしていこうという
事でしょう。
すでに私たちも、鉄腕アトムや
ドラえもんなんかで、精神的に
餌付けされてきたとも言えますが、
全く危機感を持っていなかったですね。
2025年から、AIが人の代役に
なるところから、人が社会から
追い出され始めます。
2045年には、AIが人を越える
という事です。
勿論支配層の計画通りとはいかないと
イメージしたいですが、要するに
社会の中で人の価値が相対的に
下がるという事は、それだけ社会に
大切にされない社会が実現される
という事になるわけです。
もちろん支配層は、そもそも大衆の
事を大事になど微塵も思っていないです
から、私たちが自分たちを大切にする
社会を目指して行動していかないと
危険だという事です。

結局反ワクというカテゴリーで、
影響力のある人のほとんどが、
ワクチンの健康被害に集中して
いるという事を観ても、上の画像の
ような、本来のワクチンの目的から
目を逸らす役割として、支配層の
工作にひと役買っているという事
です。
もちろんワクチンは、人体に危険
ですが、支配層は、当然アジェンダを
進行させるために、使役させる人々を
必要とするわけで、元ファイザー
研究員のカレン・キングストンが
警告してくれたように、人体に
ナノテク素材・グラフェンなどを
のくらい挿入しても耐えられるか
という治験を大衆相手に行っている
というのが現在までの状況だと
いう事です。
もちろんロットによっては、人口削減用
の殺人級のタイプも仕込まれていて、
高齢者を中心に割り当てられていた
というのも真実です。

なんか、メリットを説明しているように
一見紹介されていますが、要するに
人の身体を必要としなくなる社会を
実現させようとしているわけで、
私たちから身体を取り上げようと
しているわけです。
映画「アバター」で歩けない主人公が
遠隔操作で、別の惑星の住民の意識を
ハッキングして、自由に動きまわる
というシーンがありますが、まさに
こういう人類の未来イメージを先に
私たちの潜在意識にインプット
させておいたというわけです。
これが支配層がハリウッド(もちろん
あらゆるメディアも同様)を所有
する目的の大きな一つだという事
ですね。

目標4、5、7、9などは、全く
信用してはなりませんよね。
人間疎外の社会を造ろうと
目論んでいる支配層が、大衆の
健康ましてや心などに気を使って
くれるというのは、幻想でしか
ありません。
たぶん使役するのに有効な、従順
な人々のみ、しかも必要な期間だけ
健康に気を使ってくれるかも
知れないというだけでしょう。

さて後のツイートはそのまま
ノーコメントで貼り付けて
おきますね。
支配層の意図がよくわかるような
情報ばかりです。


https://twitter.com/STansuke/status/
1563724305724485632?t=FR3VX3xy
6AqQHsxZJfXV7Q&s=19



“出典:「donのブログさん」
ムーンショット計画は
内閣府の正式なアジェンダです。

要するに、まず人の脳にナノチップを
埋め込んで、5G、6G、7Gなどの
次世代通信でAIと連結させ。
人が主体というのは、もちろん
真っ赤な嘘の誘導で、実際には、
彼ら支配層に都合よくプログラム
されたAIに人が従うような
通信システムを確立させようとして
いるわけです。
そして最終的にAIひいてはその背後
に存在する支配層のための
超管理支配社会が確立されようとして
いるというわけです。
なので、精巧なロボットが開発された
事を喜んでいる幼稚な感覚では
まんまと彼ら支配層に誘導される
ままになるという事です。
まあ私は信用スコアで判断される社会
に生きようとは思わないので、生死を
越えた存在である事などの真実を
できるだけ多くの人に伝えて、
この肉体での生命からは退出する
かも知れないし
もし信用スコアで判断されない自由
な社会が別に実現するなら、そこで
もう少し生きてみても良いなという
思いがあるだけですね。

さてもう一つのdonのブログさん
記事です。
当然先に取り上げた記事から観て
支配層のアジェンダの意味が
つながります。
Society 5.0の核心を一言で言うと、
「AIの判断に人が従う社会」。

記事より

外資によるミニ独立政府(つまり植民地)
であるスーパーシティ

国の概念を希薄化しNWOへと繋げる
試験的運用

それをさらに拡張5~7Gを駆使しAIで
一元管理するSociety 5.0

“政府が計画するNWO的構想と言えば

「ムーンショット目標」が

よく知られているが、それと並び重要なのが
「Society 5.0」である。

Society 5.0は裏権力が目指す未来像そのもの

である。

Society 5.0の核心を一言で言うと、
「AIの判断に人が従う社会」。

即ち「AIによる支配」である。

「Society 5.0」とは
「狩猟社会=Society 1.0、
農耕社会=Society 2.0、
工業社会=Society 3.0、
情報社会=Society 4.0に続く新たな社会」
という意味である。途方もない大風呂敷を
広げたものである。この構想はNWO計画の
方向性と完全に一致しているので、
バックに裏権力がいるであろう事は
疑いがない。

実際、経団連はSociety 5.0は国連の
SDGsと軌を一にするとして
「Society 5.0 for SDGs」なる標語を
掲げている。文字通り「SDGs=NWOの為の
Society 5.0」である事は明らか。
裏権力は自分で物を考える人間を
何より嫌う。
その点、個々の人間の独立的思考より
AIの判断を重視する社会は裏権力の
目的に適う。

政府資料によると、これまでの情報社会
では必要な情報の探索や分析を行う
リテラシー(活用能力)が必要だったが、
Society 5.0では「(AIによって)
必要な情報が必要な時に提供される」
という。「自分で調べたり考えたりする
必要はなく、AIの判断に従って
いればよい」と言っているようにしか
見えない。

AIが提供した情報だろうと、それが本当に
必要か真実かを判断するのはあくまで
人間である。技術が発達しても人が
自分で情報を調べ物を考える事が必要な
事には変わりない。よって「リテラシー
(活用能力)が不必要になる」と
言わんばかりの構想には、自分で物を
考える人間を減らそうとする意図を感じる。

前掲資料の「フィジカル空間のセンサー
からの膨大な情報がサイバー空間に集積
されます。サイバー空間では、この
ビッグデータを人工知能(AI)が解析し、
その解析結果がフィジカル空間の人間に
様々な形でフィードバックされます」
なる文がSociety 5.0の肝と見る。
中国のデジタル・レーニン主義と同じ。

「一人一人の人間が中心となる社会であり
、決してAIやロボットに支配され、
監視されるような未来ではありません」と、
取ってつけたような事が書いてあるが、
良識ある人に「Society 5.0が主張する
社会になれば、AIやロボットに支配され
監視されるようになる」と批判される事を
想定しているのであろう。

個人が自分で物事を調べ考え判断する事を
最大限尊重する事が人間の尊厳を尊重する
社会の核心であり大前提であろう。
その一番肝心な部分を軽視し蔑ろにして
「一人一人の人間が中心となる社会」
も何もない。一人一人が自分で考える事を
放棄し思考を他者やAIに委ねたら寡頭独裁
になる。それがNWOの本質。

NWO計画では「AIによる支配」といっても、
それをさせるのはあくまで裏権力者であり、
「AIに如何なる情報を学習させるか」や
「AIによるどの判断をピックアップして
民衆に押し付けるか」は、あくまで彼ら
裏権力者が決めるという点が重要である。
裏権力にとってはAIも支配の為の
ツールでしかないだろう。

何故AIがひょっこりと出てきたか?

何故マスコミがAIを持て囃すか?

この時点で、大きな資金力を持った力が
働いていることに気が付き、
警戒しなければならないはず。

なのに、諸手を挙げて喜んでいるアホン人
の姿を見ていると、戦慄してしまう。

上にあげた内閣府のホームページを読んで
ください。陰謀論でもなんでもない事が
分かります。奴らは本気なんです。
AIを使うことに慣れてしまわないように、
今からAI断ちをしましょう。
アンインストールして下さい。
自分で考えてください。

“出典:「donのブログさん」
Society
5.0の核心を一言で言うと、
「AIの判断に人が従う社会」。

チャットGPTとかAIチャット
とかAIチャットボットとか、
AIに大衆が親近感を持ったり信頼感を
持ったりするように餌付けされている
という事がわからないと、いつのまにか
AIに従わされる社会に、取り込まれて
超管理支配社会の檻に入れられてしまう
ようになるという仕組みですね。
自分で、または自分達で調べて、
考えて、語り合うという事がいかに
大切かという事です。

私たちは、人間疎外に向かわされている
時代の只中にいますね。
人間を取り戻していきましょう。
まわりの人とつながりを取り戻し、
身近な人とはより近く、人間同士の
あたたかさこそが
これからの時代を冷たいものから
あたたかいものに変える事ができる
のだと思います。

ではまた(^^)/

いつもありがとうございます(*^_^*)

アジェンダ真相編001

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

地球空洞論論の決定的証拠であると言われる北極・南極のゲートは、時空のゲートだった!


今回は、地球の真の姿について
というテーマになります。

まずは、最近よく話題に上って
いるフラットアース型の地球に
ついては、私は完全否定して
います。

まず地上から観た空に夕焼け、
朝焼けがある時点で、太陽と
地球が互いに円運動の関係にある
とわかるからです。
それは赤方偏移というもので、
一日のうちに太陽が昇ったり
沈んだりするように見えるのは、
地上が丸いために
屈折した光が届くようになる
からという事です。

要するに赤方偏移とは、
屈折すると光は赤い色
に近づいていくという事です。

フラットアースが間違いだと
いう事についてはこちらの記事
で説明しています。

フラットアースが真実かどうか
新しい視点を持ち込みながら検証!

先ほどの赤方偏移の説明に
加えて、以下の記事の説明を
ご覧ください。



これは、フラットアースモデルの
地上で、とても性能の高い望遠鏡で
空を観測してみた事をイメージした
画像です。

もし私たちの地上が、平面で
つながっているのなら、当然
世界中の人々と、同じ空の状態を
共有している事になります。
ですが、日本からニューヨークに
国際電話をかけたり、ネットで
通信すれば、現在日本の上空とは
違う時間帯の空を報告してくれます。
これがたとえばイタリアであっても
また違う時間帯の空を語ったり、
画像として送ってくれるでしょう。
ならば日本から、つながっている
もし地上が平面であるとするなら
地球上の全ての地上は同じ空を共有
している事になります。ならば
全ての国の上空を性能の高い
望遠鏡を観測するのは、可能な
はずですよね?

ですが、たぶんどんな望遠鏡を
使用しても、日本が夕焼けの時間帯
の空であれば、延々と同じ時間帯の
空を観測する事になってしまいますが、
それについては、いかがでしょうか?

さてこういった数々の疑問に、
フラットアース説の方々が、
ことごとく答えてくれるなら
納得もできるかもしれませんが、
今のところは、それには程遠い
ようです。

あと確かにフラットアース真実説を
唱える人たちが、太陽が二つあったり
雲の前に太陽があったり、いろいろ
な証拠画像を見せてくれますが、
太陽が二つあってもフラットアース
の証拠にはなりません。雲の前に
太陽があってももちろん証拠には
なりません。彼らが主張している
空がCGであるという証拠には
なっているという事だけです。
確かに彼らの観た空の画像は、
CGでしょう。
なぜなら彼らはブルービーム作戦
というものを知らないのでしょうね。
支配層が、大衆に空のスクリーンに
映像を見せる技術はかなり以前から
あります。

【偽りの時代①】偽りを見抜くことが
困難になる ブルービーム計画
(NASA)


👆の記事にもありますが、これが
最適な例というわけでもなく、だいぶ
以前から、世界中で暴露されて、一部
には知られてきた事です。
そのブルービームを補助するもの
として、ケムトレイルで撒布される
グラフェンなどが、スクリーンとして
の媒体役割を果たすという事です。

その事はこちらの記事でアイクが
グラフェンの特性とともに説明
しています。
文中のグローバルマインドとは
将来人類とAIが統合されて
しまった時の地球規模のマインド
という事です。

記事より
『この「グローバル・マインド」は、
より強力な(そして体と精神にとって
一層危険な)5G、すなわち第5世代通信
システムと連動し、まさにぴったりの
タイミングで導入されたグラフェン
という物質の特性を利用することによって、
機能するように計画されている。

グラフェンは「炭素原子からできた
六角格子状の物質で厚さは原子1個分」、
鋼の200倍の強度があるが、皮膚のように
柔軟で、かつ「半導体内部で使われる
シリコンと同じくらい導電性が高い」
数十億分の1㍉の厚さしかないグラフェン
を使えば、人間の皮膚も含めたあらゆる
ものの表面がコンピュータないし
スクリーンになりうる。

つまりグラフェンは、空に散布
されれば、ブルービーム計画で
投影されるスクリーンとして
機能する事になるという事です。

だからフラットアース説を唱えて
人類の世界観を混乱させようと
する支配層が、空に太陽を二つ出現
させる事も、雲の前に太陽を出現
させる事も、全部可能だという事
なのです。

さてフラットアース説は、これで
さっさと論破したので、本当の
地球は完全な球体もしくは、公式の
科学が主張してきたように、少し
楕円型の球体なのかというと実は
それが真実でもないのです。

これが今回のテーマです。
実はフラットアースではなく、
我々の地球はトーラス型だという
事が真実だったという事です。

これは、そもそも宇宙はフラクタル
なので、宇宙自身の極大から量子
レベルの極小まで全て
トーラスエネルギーであるという事を
以前にも記事にしてきました。

全てが反転されたマトリックス世界に
私たちのボディマインドは
閉じ込められている!?

記事より
反転された宇宙は、それ自身が
エーテル流(真空状態のプラズマ
エネルギー循環)となっていて、
それ自身を含めて、全てが同質の
形状(フラクタル)のトーラスの
形態を取っているという事なのです。

“出典:「https://consciousquantum.com/torus/」”

太陽も同様にトーラス型の
エネルギー形態なので、
宇宙空間から無限にエネルギーを
取り込んで運行し、光輝いている
というわけです。

その事はこちらの記事で説明して
います。

太陽は燃えていない!正体は
プラズマのトーラス循環だった!


実はこのトーラスは、真空からエネルギー
を無限に取り出し、循環させるシステム
なので、私たちの人体の生体システムも
まさにこのトーラスシステムに
なっていて、真空からプラズマを継続的に
取り出し、循環させているわけです。
つまり私たちは、トーラス構造のプラズマ
循環システムで、生命を維持している
というのが真実だったという事なのです。

そして太陽もそのシステムを使って、
宇宙空間から、無尽蔵のプラズマ電磁気
エネルギーを取り出し続けて存在している
のだという事です。

公式の科学や学校の説明の通りに
太陽が中心部核内の継続的な
核融合反応で、運行していると
考えておられる方は、記事に
しっかりと、その教えが間違いだと
わかるように説明していますので
ご覧くださいね。

そして太陽だけでなく、全ての
天体(進行天体である月などを
除く)も同様に宇宙空間からの
ブラズマエネルギーを取り込んで
運行しているのです。

そもそも重力説では全く説明が
つきません。

公式見解で今も宇宙の構造や銀河や
恒星のエネルギーなどを全て重力で、
説明してますが、重力は電磁気力に
比べて10の38乗分の1程度の力
しかないのです。
つまり太陽系内の天体に限らず
惑星や恒星は、宇宙空間から
無尽蔵にブラズマエネルギーを
取り込んでいるので、そこから
生じる電磁気力により運行し
互いの距離や位置を決定している
という事だったのです。

その事は、こちらの記事で説明
されています。

天文学の間違いや気象学の間違いはすでに
科学的に破綻する事なく指摘されて
いた!


たとえば、太陽系の運動を観測から
導き出した動画がある。

まるで磁場の中を荷電粒子が
運動するような、螺旋を描いて太陽は
突っ走っている。太陽の周りをまわる
惑星は二重螺旋だ。

(引用注:リアルな太陽系と言われて
いる動画がこちらです。

ただしこの場合太陽自身もスパイラル
な動きをするという方が、より
リアルだとは思いますけどね。)

これを見ても太陽や惑星が慣性で
動いていると信じる人は、中世の敬虔
な信者と同じだ。太陽や惑星の運動は、
明らかに電磁気に関係している。
シンクロトロン運動だ。

一様な磁場の方向に回転しながら
進む電子、陽子と太陽、惑星は同じ
動きをしている。
さらに天文学は中性子星、ブラック
ホールを重力で説明する。天文学では
重要な説明になると重力しか持ち
出さないのがルールだ。

(引用注:真空の事にしろ、この重力
にしろ、とにかく常識とされている
公式の科学がいかにいいかげんな
ものかという事を、この方はよく
わかっておられるのだと思います。
これはもちろん皮肉で、重力以外の
説明ができない現代の公式の科学を
小馬鹿にしておられるという事です。
そして本来は重力は重要ではなく、
この方の言われる通り、電磁気を
もとに説明する方が、真理をついて
いるという事なのです。)

自転や公転では、宇宙は真空だからと
説明したのは、すっかり忘れてしまう。
宇宙は真空なので、簡単に放電するのだ。
電流の源は星間物質だ。星間物質は
陽子と電子だが、プラズマ状態なので、
電離したまま宇宙を流れている。
荷電粒子の流れはそのまま電流なのだ。
電流が満ち溢れているのが宇宙と
言える。

というわけで。わが地球もトーラス
型の形状で、宇宙空間から無尽蔵に
プラズマエネルギーを取り込んで
運行しているという事なのです。

トーラスの形状である証拠映像が
実は、地下世界の入り口とも
言われているこちらの記事の
北極の画像です。


気象衛星が撮影した「北極の穴」の写真?
1967年1月6日、アメリカの商務省環境科学
サービス局(当時)が打ち上げた気象衛星
エッサ3号(ESSA-3)が、北極と南極に
穴らしき形状を初めて撮影しています。

その後も1968年11月23日、気象衛星
エッサ7号も北極の穴を撮影しています
(下写真)。

アメリカの気象衛星ESSA-7が撮影した
「北極の穴」
但し、この北極の穴の部分は
「地球の影の部分が丸く写り込んだもの」
と説明されています。

(引用注:地球の影が丸く映り
こんだ?これ納得いきますか?
めちゃくちゃなこじつけにしないと
ならなかった公式の見解の背後に
いる権力者のあわてぶりが
見えてくるようです。)

アポロ宇宙船が撮影した北極の穴

こちらは1969年、NASAの宇宙船アポロ11号
が撮影した地球の映像です。北極付近に、
やはり「北極の穴」らしきものが
写っています。

「やはり北極には、地球内部に
通じる穴があったのか!」と話題に
なりましたが、現在では、アラスカ沖に
発生した大きな低気圧の目と
されています。


“出典:「地球空洞説を証明する驚愕映像!
これが地底国アガルタの入口か?
スノーデンは地底人の存在を暴露!
」”

二枚目の画像も台風の目に
見えなくもないですが、周りの
雲にその流れの影響が全く観られ
ないので、やはりこれも北極の穴の
画像とみて間違いがないでしょう。

この穴は、地球空洞説の言うように
地下世界への入り口なのでしょうか?
それとも時空のゲートなのでしょうか?

まずこれまでその北極のゲートから
全く別の世界に入り込んだエピソード
を記事にしてきました。

一つ目はこちらバード少将の飛行船が
迷い込んだ世界についての記事です。

北極と南極がまさかの時空のゲートだった
!?鍵はやはりプラズマか?

記事より

1946年に、米ソの制空権争いが激化する
中、地政学的にも有利な場所である、北極と
南極の制空権を得る事を目標にしていた米軍
は、両極の飛行のエキスパートである
バード少将を作戦の総指揮官に選び、北極
点を通過して、2700キロの距離を飛んで
アラスカの基地に戻るという
「ハイ・ジャンプ計画」が実行されました。
その時の模様を、さきほどの本から引用
させていただきます。

“バード少将にとって北極圏は庭のような
もの。不安はなかった。専門の通信士と
ともに、予定通り基地をテイクオフ。すべて
順調に進み、北極点上空も無事、通過。
計器を見ながら、目標の2700キロ地点に
差し掛かろうとした、まさに、そのときだ。
 突然、目の前に白い霧が立ち込みはじ
めた。それまでの晴天が一転。真っ白く
輝く霧がバード少将の飛行機を包んだ。
ホワイト・アウト現象である。もはや
窓の外は白い闇。あたかも積乱雲の中に
突っ込んだような状態となった。
 パイロットにとって、雲の中を飛行する
ことは珍しいことではない。ホワイトアウト
など、幾度となく経験してきたバード少将
だったが、このときは少しばかり様子が
違っていた。というのも、機体を覆う
白い霧が変なのだ。氷の粒としての雲と
いうよりは、霧自体が光っているように
見える。
 しかも恐ろしいことに、高度が徐々に
下がり始めた。明らかに、機体に異変が
起きている。このままでは危険と判断した
バード少将は、通信士に命令し、アラスカ
の基地に向けて緊急事態発生のSOSを
発信しようとした。
 と、その瞬間である。白い霧が消え、
一気に視界が開けた。
 バード少将は息を飲んだ。目の前に
ジャングルが広がっている!!
雪と氷の世界であるはずの北極圏に、
うっそうとした森が広がっている。
さっきまで眼下に広がっていた白い世界
は、どこにもない。
あるのは、どう見ても亜熱帯のジャングル
地帯なのである。
 わが目を疑ったバード少将だが、同じ
光景を通信士も見ている。夢ではない、
現実に、亜熱帯の上空をバード少将は飛行
しているのだ。
計器を見ても、外の気温は氷点下どころか、
セ氏20度にもなっている。
 直ちにバード少将は基地に向かって、
自分が今、見ている状況を報告した。
「こちらバード、今われわれの眼下には、
ジャングルが見える」
   (中略)
 まともに取り合わない基地の反応に
苛立ちを覚えたバード少将は、再び語尾を
強めて、こう報告した。
「こちらバード、今われわれの機は北極圏
の氷の上ではなく、広大な亜熱帯の
ジャングルの上空を飛行している!!」
 この時点で、ようやく基地も事態の重大さ
に気がつきはじめる。
「大きな川が無数に見える。遠くには台地が
見える。そこには、大きなゾウのような動物
が親子で歩いている・・・いや、待てよ。
あのゾウは茶色の毛で覆われている。まるで
マンモスそっくりだ。というより、マンモス
以外には考えられない!!」
 ショックのせいか、バード少将の声が
上ずっている。無理もない。北極圏にいた
人間が瞬時に亜熱帯に移動したばかりか、
そこには絶滅したはずのマンモスが闊歩
しているのである。双眼鏡を覗く手が
緊張のあまり震えていた。
 だがバード少将は軍人である。気を引き
締めると、機体の高度を少し上げてみた。
すると彼方に地平線が見え、ジャングルが
どこまでも続いていた。ジャングルの間
には無数の河川が蛇行しており。一種独特
な景観を形づくっている。 どれくらい
たっただろうか。そろそろ燃料のことが
気になりはじめた。もともと、機体には
北極点を2700キロ通過して、
Uターンしてくることを想定した燃料しか
入れていない。いつまでも、異世界を
飛行しているわけにはいかないのだ。
 バード少将は計画通り機体をUターン
させた。すると前方に霧が噴出している
ように見える空間があった。その霧は、
先に機体を包んだ光る霧に似ている。
恐らく、そこから異世界に迷い込んだ
に違いない。そう判断したバード少将は
、一か八か、その霧の中へ機体を突っ込
ませた。すると予想通り、飛行機は光る
霧に包まれ、気がつくと、再び真っ白な
氷原の上空を飛行していた。あたかも、
すべてが白昼夢であったかのように・・
・。”
“出典:「亜空間の謎と地球空洞論」
三神たける/飛鳥昭雄両著 学研刊”

同書によると、このあとバード少将は
呼び出され、通信内容の真偽について
尋問されたあと、軍によって最高機密
扱いとされ、一部新聞のベタ記事と
なった以外は、すべて封印され、
真相は闇に葬られたということらしい
です。
これの正式な軍事記録を入手したことで
このような情報が手に入ったということ
のようですが、通常であればなかなか
信じがたいようなこの情報も、地球の
エネルギーグリッドであるパワー
スポットが北極圏にあるという知識や、
プラズマ現象が次元間のゲートとして
働く事、そしてその現象はたびたび
白いそして光る霧として報告されている
事などを合わせて考えると、当然の
ようにあり得る話となってしまうの
です。

つまりこのエピソードは、時空の穴に
吸い込まれたというより、北極点近くの
上空の、光る霧に包まれて、異世界に
入り込んだエピソードという事ですが、
実際、光る霧は電磁界異常の際に起こる
プラズマエネルギーの現象で、そこに
入り込むと、時空を超える体験をする
という実例が、いくつもあるという事も
記事にしています。

超常現象と電磁界異常1 東日本大震災の
貴重なエピソードの謎解明

記事より

東日本大震災の被災地で“時空の揺らぎ
”現象が起きていた
昨年9月に、アメリカの超常現象誌
『アトランティス・ライジング』
2011年9・10月号に掲載された英文の
取材レポートがある。

そこには日本の女流物理学者―
今井理佐教授(仮名)が、震災直後の
被災地で自ら実地調査した自らの物理理論
を裏付けるという異常な超常現象が報告
されている。

東京在住の物理学者・今井理佐教授は、
東日本大震災の際に、多数の日本人が
時空連続体の基本構造に発生した
“時間の遅れの波紋”を体験したと主張する。
今井教授が被災地で現場調査を行った
ところによると、「3.11」震災直後、
宮城県仙台近郊の海岸地帯の被災地で、
「時間を超えた」、あるいは時空の揺らぎを
体験した―という被災者が実は多く存在して
いるというのだ。その一つの事例はこうで
ある。

―仙台市近郊の沿岸部が津波に全てを押し
流された数日後、被災地の現状を調べ、
また行方不明になった家族を捜す目的で、
避難した被災者の一団が、ワゴン車で被災の
現場に戻ってきた時にその現象は起きた。
小道を走っていたワゴン車は突然、
異様な形をした“雲”のようなものに突入
した。

(雲または水、霧、蒸気などは、プラズマ
現象の一種です。超常現象で光る雲
などというのが、発見されたりもして
いますし、臨死共有体験では、亡くなる
人の身体から、蒸気のようなものが
出て来て、上昇しやがて消えていくのは
生体プラズマまた魂が身体から抜けた
という事を示していると思います。
だいぶ以前にも霊能者が、口から
エクトプラズマという、蒸気のような
ものを出しているという画像が出回って
いますが、このエクトプラズマの
エクトは外へ出されるものという意味で
プラズマはもちろんそのままの意味と
なります。

この動画では、とても丁寧な考察を
されていますが、これが生体プラズマ
で、電磁気をベースにした非物質で
あるという事は、結論として、まず
覚えていただいたらいいと思います。
現行の主流の科学での解釈には、
どうしても「物質」が絶対的なもの
として、卒業できていないので、
それに惑わされずにこの動画を観て
いただくとよくわかっていただけると
思います。

真っ昼間だったが、雲はかすかに光って
いて、車が進むにつれて長く伸びながら
包み込むように見えたという。その間、
数瞬間、ドライバーも含めて同じクルマに
乗り合わせた全員が、クルマの両側に昔
懐かしい古風な村落の風景や人間を目撃
したのだ。

ただ、それは昔は昔でも、どこか
ひどくちぐはぐで、違和感を感じさせる
奇妙な景色だった。
体験者の一人で避難者グループに
付き添っていた警防団員、中村東治氏の証言
によれば、古い写真でよく見るような英国の
ビクトリア王朝時代と、日本の江戸時代を
ミックスしたようなへんてこな光景で、
シルクハットの紳士たちと顔をペイントした
着物姿の娘たちが腕を組んで歩いているかと
思えば、向こうでは伝統的な侍姿のいかつい
男たちが闊歩していたという。
「一瞬、映画の撮影現場に間違って
迷い込んだのかと思ったほどだったが、
被災現場を撮影する人はいても、こんな
時期にこんな場所で、時代劇みたいな
映画を撮っているはずはないし―」
中村氏とグループ一行の主張では、
景色は不安定に揺らめいてはいたが、
確かに昔の家屋が立ち並び、人々が生き生き
と動き回っている村か町の光景だったと
いう。

(引用注:この部分で単なる夢のような幻覚
だと思ってしまう人もいるでしょうが、
私たちの現実世界の時空は、無限の
パラレルワールドになっているので
時空転移で別のタイムラインにとんだか、
いくつかのタイムラインが組み合わさって
しまっている可能性があるのです。
パラレルワールドが現実であるという
事は
パラレルワールド編一覧
の一連の記事を読んでいただければ、単なる
絵空事ではないとご理解いただけるのでは
ないかと思います。)

さらにハンドルを握ったまま呆然として
しまったという政府機関員A氏
(保安上の理由で匿名)は、続けてこう
証言した。
「1分かそこら車が進むうちに、
あの奇怪な“雲”が消えた途端、
まるで瓦礫に乗り上げたようなショックを
車体に感じた。次の瞬間、周りの“幽霊
じみた世界”が、元通りの見慣れた世界に
戻っていた―」

他にも何人もの被災者が、封建時代から
1940年代とおぼしい時代までの歴史
世界、ないしは時間軸が微妙に異なる
パラレルワールド的別世界の光景を
、時空を超えて垣間見たという報告が
あるという。ほとんどの事例は、上記の
被災者グループの集団体験よりもずっと
短時間、“過去”を覗き見した瞬間的タイム
スリップに過ぎないが、今井教授の調査報告
の中で最も特筆すべき特異なケースは、
被災男性が一人、妻の目の前で“時空の穴”に
消えてしまったという驚くべき事件だ。

震災4日目の3月15日、藤原淳子さん
(仮名)は、夫の久和氏がほんの一瞬間だけ
目の前に開いた“時空の穴”に吸い込まれるの
を見て、恐怖の悲鳴を上げた。夫人の証言
では、“時空の穴”が閉じた時、落雷のような
音が響きわたったという。その後、その男性
の行方は全く分からない。

今井教授は、この事例に関連があるかも
しれない後日談を一つ付け加えている。
教授の知人という東京警視庁の刑事B氏
(匿名)から得られた情報によると、全く
同姓同名(藤原久和)を名乗る男が、
1981年当時、B氏の勤務する所轄署に
駆け込んだという。男が話したところでは、
“時空の穴”を通って最初は1960年代に
出たが、再び“時空の穴”に吸い込まれたら、
今度は現代(当時)の1981年3月15日に
出現したという。B氏が名前と日付をはっきり
覚えているのは、ちょうどその日が、B氏の
新人警官としての初出勤日だったからだそうだ。
その後、その男がどうなったかは不明だ。
今井教授は、男がB氏の前に現れた年月日が、
東日本大震災で被災した同姓同名の男が、妻の
目の前で消えた年月日のきっかり30年前という
事実から、両者の姓名の一致は偶然ではなく、
完全に同一人物か、あるいはパラレルワー
のいずれかから“時空転移”してきた
別バージョンの当人だろうと推測している。』
”出典:宇宙NEWS LETTER 2012
「3.11とタイムスリップゾーン」

東日本大震災当時のような、自然界に
大きなひずみ歪みが生じると、電磁界
異常も起こりやすなります。
上記の記事の時空転移現象には、やはり
電磁界異常を示す「光る雲」や「落雷の
音とともに消えた時空の穴」は、やはり
電磁界異常を示すプラズマエネルギーの
証拠だという事です。

これとバード少将の飛行船が入り込んだ
光る霧は同質であるのは間違いないと
思われるので、やはりバード少将も
時空転移を経験したと考えられるのが
妥当だという事です。
つまりこの北極の上空の光る霧は地底
世界へ入り込んだのではなく、時空を
越えた異世界に入り込んだというわけ
です。
しかも戻る時にもう一度その光る霧に
機体を突っ込ませて、戻ったという
のだから、これが時空のゲートである
証拠だとみて間違いないでしょう。

またバード少将のエピソードの記事には
その続きの南極での体験とまた別の
エピソードがありました。
以下です。


しかも10年後には、同じバード少将が
南極圏で再び、異次元世界に突入した
という話があり、それは軍により機密
扱いされて、この件の通信記録は、先の
本では入手できていないとされてるので
詳しい事は書かれていませんでしたが、
やはりこのときにも、光る白い霧に
包まれて突然あるはずのない緑の大陸
に遭遇し、また帰還できたという事の
ようです。
これだけでも、北極圏、南極圏に異次元へ
のゲートがある事が明らかだと思われます
が、他にもその証拠となる実例が伝説
として残っているというのです。

それをご紹介しましょう。

両極には未知なる世界の入り口が
あるのだろうか。もちろん科学的に確かめ
られたわけではないが、気になることが
ひとつある。それは北極圏を生活の場と
するエスキモー(イヌイット)たちの
伝説である。
 彼らは、いう。北の果てには近づいて
はならない。北の果てには、恐ろしい
力を持った魔神が住んでいる。魔神は、
あの世界の入り口の番人で人間が侵入する
ことを許さない。不用意に、近づけば、
必ずや命を取られる、と。
エスキモーは今もこの伝説を信じている。
  (中略)
エスキモーと同様、北欧の人々の間にも、
北極にまつわる不思議な話がある。
伝説によると、北の果てには氷原が
まったくない世界、すなわち気候が温暖
で、青々とした草木が茂る楽園がる。
その名を「ウルティマ・トゥーレ」。
北欧の人たちにとって、そこは民族の
故郷であるという。
   (中略)
誰も見たものがいない。ならば1度、北極
へいって確かめてこよう。あるとき、
そう思い立った男がいた。彼の名は
「オラフ・ヤンセン」。ノルウェーの
漁師である。ヤンセンとその父親は
1829年4月3日、冬の寒さが緩み始め
た頃を見計らい、小さな漁船に乗って遠い
旅に出た。

  (中略)
船出して間もなく、ヤンセン親子は暴風雨に
巻き込まれてしまう。強烈な風と高鳴る
波しぶきに彼らはなす術がない。流される
まま、数日間、北極の海を漂った。
 やがて風雨がやんで、一息ついたとき、
彼らは異変に気づく、水面が曲がっている。
目をこすってよくみると、海面は上下左右
に彎曲し、そのまま伸びている。あたかも、
船は水のトンネルを航行しているのである。
目の錯覚ではない証拠に、その状況は
数日間、続いた。寝ても覚めても、そこに
あるのは水の壁である。
 疲労が頂点に達したころ、水のトンネル
を抜けたらしく、突然、遠くまで見渡せる
水平線が現れた。元の世界に戻ったのかと
思いきや、何かが違う。天空に輝く太陽が
やけに鈍い色をしているのだ。いったい、
ここはどこなのか。ひょっとして、伝説の
ウルティマ・トゥーレなのか。まるで
不思議な夢でも見ているかのような気分
である。ヤンセン親子は疲れた体を休め、
数日間、波間を漂った。
 しかし、やがて太平の眠りを覚ます
事件が起こる。突如巨大な船が現れ、
ヤンセン親子の乗る船に近づいてきた
のだ。見れば、そこに巨大な人影が立って
いる。身長は、およそ4メートルはある
だろうか。前代未聞の巨人たちが船に
乗っていたのだ。知らない世界で出
会った巨大な人間に、ヤンセン親子は
恐怖に包まれた。
 だが、彼らの予想に反して、巨人たち
の性格は温和で、非常に親切であった。
ヤンセン親子を遭難者として丁重に扱い、
自分たちの国に案内してくれたのだ。
巨人たちの言葉はよくわからなかったが
、どうも古代のサンスクリット語に似て
いるように思われた。身振り手振りで
コミュニケーションを図ったところ、
どうやら巨人たちの住む町は「イェフ」
というらしく、そこへヤンセン親子は
案内された。
 彼らはイェフで、約1年間過ごすこと
になるのだが、その間に少しずつ巨人
たちの言葉が理解できるようになって
きた。なんでも、巨人たちは特殊な信仰
を持っており、霞がかった太陽を神
として崇拝しているという。
 巨人たちは驚くほど進んだ科学技術を
有しており、見たことのない機械類を
巧みに操り、非常に高度な文明を築いて
いる。建物は黄金に輝き、見事な装飾が
施されていた。農作物も豊かで、
リンゴは人間の頭ほどの大きさも
あった。 巨人たちの性格は、みな
陽気そのもの。そのせいか、巨人たちの
寿命は長く、みな800歳前後まで
生きる。戦いはなく、平和な理想社会
を実現していたという。
 よほどヤンセン親子は巨人たちに気に
入られたらしい。あるとき、彼らは
「エデン」という町に案内された、
そこで巨人たちの王であり、大祭司である
男に謁見を許された。大王はひときわ
大きな体をもち、神々しいばかりの威厳
に満ちていた。大王はヤンセン親子に、
それまでの経緯を聞くと、好きなだけ
滞在してもよいと許可。これを受けて、
彼らは約1年間、合計2年間とどまった。
 巨人の世界を満喫したヤンセン親子
だったが、いつまでも、ここにいるわけ
にはいかない。意を決して元の世界に
戻ることにした。それを知った巨人たち
は別れを惜しみ、ヤンセン親子に多くの
金塊と異世界の地図を贈った。
巨人たちに別れを告げると、宝物を
積んだ船に乗ったヤンセン親子は水平線
を目指した。
すると、しばらくして以前にも見た水の
トンネルが現れた。そこを数日かけて
航行した結果、彼らは無事、再び元の
世界へと帰ることができた。
 が、しかし。元の世界ではあるが、
様子が少し変だった。なんとしたことか、
そこは同じ極地方ではあつても、北極
ではなく、南極だったのだ。
彼らは北極かに入り、そのまま南極から
出てきてしまったのである。
途方にくれるヤンセン親子だったが、
致し方ない。故郷のノルウェーを目指し、
北へ向かって船を漕ぎ始めた。すると
不運なことに、激しい嵐が襲来。巨大な
波に打ち付けられた漁船は大きく傾き、
そのまま沈没。巨人から贈られた宝物は

おろか、ヤンセンの父親までが海の
藻屑と消え去った。幸いにして、ひとり
助かった息子は氷山に乗って漂流して
いるところをたまたま通りかかった
捕鯨船に救助された。
 九死に一生を得たオラフ・ヤンセン
だったが、彼が体験した話は捕鯨船の
乗組員はおろか、だれも信用しない。
あまりにも本当だと主張するため、
ついには精神に異常があると判断され、
病院に強制収容。その後、24年間も
監禁されてしまう。やっと退院したとき、
オラフ・ヤンセンは異世界の話をだれにも
話そうとはしなかった。 
 彼は、それから24年ほど漁夫として
生活した後、渡米。自らの死を前にした
90歳のとき、ひょんなことで知り合った
小説家ウイリス・ジョージ・エマーソンに
、若い頃に体験した巨人の国の話をした。
すると彼は興味を示し、オラフ・ヤンセン
の話を書き留め、一冊の本を書き上げて
しまった。これが1908年に出版された
『スモーキー・ゴッド(煙の神)』で
ある。小説でもファンタジーでもない
この作品は当時の人々を魅了し、大きな
話題となったという”
“出典:「亜空間の謎と地球空洞論」
飛鳥昭雄・三神たける 著 学研刊”

これだけの伝説と証言があり、前回の
バード少将の話やバミューダトライ
アングルも合わせて考えると
もはや北極圏と南極圏には、異世界への
ゲートがあるのは間違いない事実だと
思われます。しかも入った世界もまた
体験により違うということのようです。
興味深いのは、ヤンセン親子の遭遇した
巨人の化石は、近年発見されており、
800年も生きるという証言も、太古の
人類は1000年近く生きたという言い
伝えが残されていることから、充分に
あり得る話だといえます。
また引用させていただいた同書には、
ヤンセン親子とほぼ同様の体験をした
アルド・ステンセンと友人のイバン・
バイゼの話が紹介されていて、地球の
内部が空洞で、地球の内側の内壁に
陸地がへばりついているような世界に
1年間ほど滞在したということです。
これではまるでガンダムに出てくる
スペースコロニーの世界のようです
ね。

このように北極と南極が時空転移の
ゲートになっている事から、地球の
内部には地下世界があって、地球が
空洞であるという説が、広く流布
されているのですが、ここで
今回の記事のテーマに対して、最大
のヒントと思える視点を申し上げ
ますね。

もし私たちの地上の地下深くに世界が
あるとしたら、北極や南極のゲート
から入り込む世界は、いつも違う
世界として観測されるのだろう
という
事です。

もし私たちの三次元的感覚の物質次元で
私たちの地面の下に地下世界がある
というなら、北極や南極のゲートから
入り込んだ地下世界は、同様の世界で
なければつじつまが合わないという事
になります。もちろんバード少将と
オラフヤンセン親子、またアルド・
ステンセンと友人のイバン・バイゼの
体験の時代には差がありますが、それを
加味しても、それぞれの体験した
世界は、全く別の世界のようだという
事を、考慮に入れると、北極や南極の
ゲートは、時空転移のゲートであり、
地下世界というよりは、時空を超えた
異世界へのゲートだという観方の方が
妥当だという事なのです。

なので地球は北極南極のゲートを結んだ
軸がトーラスの中心軸となっている
トーラス型のエネルギー体である

というのが、今回の記事の結論という
事です。

ただ地下世界というより異世界で
あっても確かに存在するであろう
アガルタの世界やスノーデンの語る
地下世界(これも時空転移により
入り込む事ができる異世界)
については、また別の記事で取り上げる
事にします。

ではまた(^^)/

いつもありがとうございます(*^_^*)

隠された科学的真実編

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

スナメリオさんによる公式データ中心のワクチンの危険性完全看破の記事を分析


このコロナ騒動が始まって以来、スナメリオ
さんのブログ「泣いて生まれてきたけれど」
様の記事から、本当に貴重な情報
を引用させていただき続けてきました。

前回の記事
スナメリオさんがまとめた驚愕の犠牲者の
数々 隠蔽体質は米国以上か?

でご紹介していた今回のコロナワクチンの
犠牲者のツイート集シリーズは、
どんどん更新されています。

これまで、その記事にリンクさせて
きましたが、今回はこちらの記事の末尾
にリンクを貼り付けていこうと思います。

なかなかワクチンの危険性を理解しない
身内や身近な人、知り合いの方たちには
これらの記事読んでいただいたら、
すぐに接種を思いとどまるはずです。

にしてもこの「泣いて生まれてきたけれど」
様のブログの記事は、本当にあらゆる情報
がこれでもか、これでもかと詰め込まれて
いるので、膨大すぎる量になっていると
思います。

だからこそできるだけ多くの人に
読んでいただきたいのですが、私も
是非このスナメリオさんの記事を
引用してまとめてみたいと思ったの
です。

もちろん自分なりのコメントを入れたい
という気持ちもありますし、なんと
いっても凄い情報量なので、逆に
少しでもコンパクトにまとめてみたい
と思ったのです。

今回取り上げたのは、なんと陰謀論
と呼ばせないために公式データを
中心にして、コロナワクチンの危険性
を完全論破するという、とても気持ち
の良いテーマで書かれた記事です。

しかし、よく考えてみたら私の記事も
御用学者ではない専門家の証言や論文を
取り上げた記事や公式データを取り
上げた記事、そして公式の機関が
関わった、情報などをもとにしていて
スナメリオさんの記事も全部そうだと
思いますが、たぶん、冒頭のジョージ
さんのイラストにもあるように、
一般の人が陰謀論と、呼びたくなる
ような、ぶっとんだ内容抜きという事
でしょう。

『』内が引用で、~が中略です。


【陰謀論って言わせない】公式なデータ
を中心にコロナワクチンの危険性を
まとめてみた!


今回は

と言われないように、厚労省や製造元
の公式資料などを中心にまとめて
みました。

接種を迷っている大切な人を説得する
のに、お役立て下さい。

@GONBEI14  5月24日
正真正銘の公式文書ファイザー社
「医薬品リスク管理計画書」に、
ワクチン関連疾患増強が「重要な
潜在的リスク」であり、本ワクチン
は動物実験を経ておらず(例示
として記載されている他コロナ
ワクチンの実験は全て失敗)、
現在ヒトで臨床試験C4591005
(~2022年2月)実施中と明記
https://pmda.go.jp/RMP/www/672212
/844b8dfe-491e-470f-ab0f-
31f68e867f5e/672212_631341DA1025
_003RMP.pdf

(削除済)~

(引用注:もう削除済みの時点で
本物かどうかわかんない人には、
お手上げですよね。
それは、教えてくれてる本人をも
疑う行為だから。)

Maxwell Smart
@universalsoftw2 7月3日

アメリカ:

新型コロナワクチン接種後の

死亡者6,985人、

命に係る障害 6,899件、

血栓症&脳卒中10,400 件、

流産775件、

有害事象 411,931件
CDCがデータを更新

(2021年6月25日現在)


 VAERSには誰でも副反応を報告
することができるが、その存在を
知っているアメリカ人はごく
わずかです。CDCは、VAERSデータ
ベースへのワクチンによる損傷や
死亡の報告は完全に任意である
としています。 したがって、
ワクチンを投与した医師や
医療従事者が傷病死を報告する
義務はない。実際、多くの医師や
医療従事者は、一般の人々と同様
にVAERSの存在についてほとんど
知らない。
https://www.globalresearch.ca
/can-we-trust-america-covid-19
-vaccine-injury-statistics/
5741377

(全訳日本語で読めます。)

 尚、VAERSの数字は実態の
1%未満という2010年の研究報告
があるので、実態は遥かに多いと
思われる。~

(引用注:なんと米国では、このCDC
の公式データを知る人が意外にも
少ないようですね。むしろ日本での
方が有名になったかも知れません。

それと当初から全体の1%未満しか
反映されていないと注釈がついて
いましたが、その当のCDCだった
かが15万人ほどの死亡者の報告を
捨てたというような情報もツイート
されてましたね。

ただこの米国のシステムの良いところ
は、一般人からも報告して良いという
事になっているのが、日本の場合と
大きく違うところですね。

スナメリオさんの報告集シリーズ
を観る限り、日本の医師たちが任意
報告である事を良い事に、隠蔽に
走っているようなツイートもよく
みかけましたし、死亡者の報告
ツイートは、とても厚労省分科会
報告の556人程度ではなく、
おそらく10万人に迫る勢いなのでは
ないかと観ています。)

【日本】

@grilabo
厚労省分科会 本日6.23発表(6.18迄)

ワクチン接種後の死者:356名

コミナティ 355名
https://mhlw.go.jp/content/
10601000/000796557.pdf

モデルナ 1名
https://mhlw.go.jp/content/
10601000/000796558.pdf


@igel_jp
1ヶ月後に表沙汰になった旭川赤十字
病院職員の例から分かる通り、
これも氷山の一角~

(引用注:これこそ私の出番ですね。
その例というのがこちらのツイート
でわかります。


やはり多くの場合病院は隠蔽に
はしるようです。

すいませんスナメリオさんの記事投稿から
時間が経っていますので、その間に
厚労省の発表が更新されました。
スナメリオさんの最新記事からの引用です。


@MAHALOHA13
大半が報告を上げずに既往症の悪化で
処理していて、実際は、万を越えると
言われる!
(Byうつみん)』

“出典:「泣いて生まれてきたけれど」様
のサイト
報告は氷山の一角!コロナワクチン接種後の
副反応、死亡のツイートが多すぎて
戦慄!㉔
より”

実際内海医師のいっておられる通り
万単位で、ほんとここで気付かないと
というレベルを越えてます。)

ドレスオブリージュ
@dress_oblige 5月28日

副作用の簡易報告書(5/12報告分)で
気になる所だけマーカーしてるのに
最後のページまで行かずに新品の
マーカーペンのインク切れた😅

どんだけ被害 酷いんだよ😭

(6/23報告分↓)
MasaDjp@masjp72
こちらは、厚労省の資料を元に有志
のかたが見やすくされた、接種後の
副反応や死亡者のリストです。
https://drive.google.com
/file/d/15I-cNyla70bsbv-
ctrpabBgXxuqgfyL1/view

まさ@sambadouro

ファイザー添加物のひとつがどう見ても

身体に入れるものじゃなさそうな件

4-ヒドロキシブチル
https://chemicalbook.com/Chemical
ProductProperty_JP_CB2681155.htm

用途・塗料,被覆材料,水系コーティング
,粉体塗料,UV.EB硬化性コーティング剤,
接着剤,粘着剤,ディスプレー周辺の
粘着剤原料…

(引用注:なんとワクチンに粘着剤
入りの塗料?)

厚労省成分表
https://www.mhlw.go.jp/stf/
seisakunitsuite/bunya/vaccine_
pfizer.html

(引用注:この厚労省が公表して
いるファイザー社の成分表については
私も
コ〇ナワ〇チ〇に含まれる
超有害化学物質総まとめと詳細解説!

という記事でまとめています。)

この4-ヒドロキシブチルを含む「ALC-0315」
と他の添加物をトータルで見てみます。
怖ろしいです。

第51回厚生科学審議会 P.12
https://mhlw.go.jp/content/10906000
/000745101.pdf

「血中GGTの増加」

糖尿病、動脈硬化、

心不全、肝疾患、癌などのリスク上昇

「肝細胞の空胞化」
肝臓の壊死を意味するそうです。

血中GGTの増加とは?

国の資料にはここまで
書いてませんね

(引用注:この血中GGTに
ついてやはりナカムラ医師が
教えてくださってるようです。)

γGT (GGT) ナカムラクリニック
https://clnakamura.com/blog/2316/
>体の酸化、肝臓におけるグルタチオンの
枯渇具合を示すマーカー。 GGTの上昇は、
多くの疾患や病態の発症リスクと関連して
いる。具体的には、心血管系疾患、
糖尿病、メタボリック症候群、
全死亡率である。

添加物の中で特に「DSPC」は使用目的が
黒塗り
それぐらい教えてほしい

審議結果報告書 P.17
https://mhlw.go.jp/content/10601000/
000739137.pdf

(削除済)

毒性は:
急性毒性(経口、吸入)、皮膚刺激性、
眼刺激性、発がん性、生殖毒性、
臓器毒性(中枢神経系/肝臓/腎臓)、
急性水生毒性
https://awakeneduk.wordpress.com
/2020/12/08/cov

血中GGTを増加させる上の添加物(ALC-0315
ALC-0159、DSPC
で作るのがLNP=脂質ナノ粒子。

(引用注:ここで太字で取り上げられて
いないALC-0159が、私が
再三その危険性を警告する記事で
取り上げているPEGポリエチレン
グリコールで、化粧品にはことごとく
含まれ、やはり生殖機能に対して
破壊的作用をもたらすという事です。

その事は、
子宮頸がん枠ちんと同じ生殖機能を攻撃する
成分を持つ新型567枠ちん!

と言う記事にまとめてます。)

これはmRNAの保護運搬物質で、
その投与の結果こうなるみたい

まさ@sambadouro

ファイザー、肝胆道系の有害事象。

すんごい黒塗り

打つ人は気を付けて

コミナティ筋注審議結果報告書
https://mhlw.go.jp/content/10601000/
000739137.pdf

脂質ナノ粒子(LNP)を使うmRNAワクチン
はやっぱり遺伝子治療薬?
https://harikiri.diskstation.me/
biologics/15607/

遺伝子治療(wiki)=異常な遺伝子の
ため機能不全に陥っている細胞を
修復・修正する治療法。成功例は
少ない

(引用注:成功例が少ないどころか
実質ゼロだったような。
というより、遺伝子は自分で改善
できるので、他人にしてもらう必要
など全くありません。)

治験中止に至った有害事象も黒塗り。
爆発炎上でもしたのかな?

審議結果報告書 P.30
https://mhlw.go.jp/content/10601000
/000739137.pdf

(引用注:治験で死亡者がゼロ?
いやいや確か明日の世界さんもびんぼ
さんも、確かな証言をもとに確実に
3人は亡くなったっていっておられ
たはずです。

なんと明日の世界さんが古いツイート
のスクショから探してきてください
ました。ここは2件かな?
とにかくこの後、3件以上には増えて
いたと思われます。
それに接種後の経過観察で、途中離脱
とかいうあやしい報告も多かったと
言います。これももしかしたらという
気はしますね。




死亡された時期は、確実なものでは、
なかったかも知れないけど、訂正
しなければいけませんよね?
これまでもそうですが、本当私たち
が目にする公式の報告書は、黒塗り
ばかりです。
それだけでも、いかに危険な
ワクチンを認識しながら確信犯と
して、接種事業を進めているのが
わかりますよね。
以下は、もはや黒塗りのオンパレード
を、街宣でも活躍されありがたい事に
ボードのデザインも手がける、
バードウォッチさんから)

@birdwatch4  5月29日

大規模接種センターで接種が始まって
いるモデルナ筋注の審査報告書
(厚生労働省発表)です。

「品質に関する資料及び機構に
おける審査の概略」の部分。
p8~p11ほとんど黒塗り。


あべしっ@ryouma3da
厚生省によると、モデルナ製
ワクチンを投与した動物実験で
「精嚢の細胞が壊死した」そうだ。
精嚢とは精液を作る生殖器。
その細胞が壊死すれば、精液も
作れない。
つまりワクチンには「男性を
不妊化させる危険性がある」って
こと。接種を断る理由として
十分すぎるよ。

https://t.co/IJmQ1OxvrB

(引用注:モデルナだけでなく、
ファイザー、アストラゼネカも全て
男女ともに、生殖機能への破壊的
作用をもたらす化学物質、PEG
やポリソルベート80等が含まれて
います。)

あかいひぐま
@akahiguma  5月18日

速報 – 緊急 –
コネチカット州がModerna
COVID Vaxの成分を公表。
致死性の毒物 「SM-102 –
ヒトまたは獣医用ではない」

この情報が公開された今、
あなたは誰かにこれを
注射してほしいと思うか
どうか、慎重に考え直した方
がいいでしょう。

このワクチンを受ける決断
をした人は、優れた人身
傷害弁護士と連絡を取り、
その弁護士にこの情報を提
示するとよいでしょう。
(生きているうちに。)

製造元であるケイマン・
ケミカル社が労働安全衛生局
(OSHA)に提出した書類に
よると、この化学物質は
「皮膚に接触すると致命的な
急性毒性」を引き起こすと
されています。

同じOSHAへの提出書類の中で、
メーカーはSM-102を
「長期または反復した暴露により、
中枢神経系、腎臓、肝臓、
呼吸器系に損傷を与える 」と
宣言しています。~

(引用注:モデルナであろうが
ファイザー、アストラゼネカで
あろうが、全て毒物だらけの含有成分
である事に大差はありませんね。

このあともモデルナの成分について
や、コロナワクチン接種後にコロナ
感染による死亡者が急増したという
各国の統計がありましたが、これは
私も記事にまとめてまして、
本当の接種後の死亡数は桁違いだった!
世界で接種後に大量のコロナ死発生中!

で説明しています。
要するに、PCR検査の性質上、
ワクチンで産生されるようになる
スパイクタンパクをコロナと
誤判断し、陽性になるので、
ワクチン死が、コロナ死にすり
替えられるマジックが展開して
いるという事です。

以下も決定的ですね、厚労省が
ワクチンの有効性を認めた書類を
持ち合わせていないので、
出せませんと白旗を上げた、
公文書です。

みなさんコロナの存在証明がない
という厚労省の文書はたくさん目
らしているけど、このワクチンの
方を知らない人多いかも知れない
ですね。)

@purplel22504955

厚労省も有効性を認めた書類が無いもの

だということを先生たちは
ご存知なのかな?
プロでもしらない人多いよ

story_fbid=2065021960306602&id=
100003964558444

@salome8326
2020年10月10日
今更感ハンパないけど、インフルより
危険性が低いって発表したからには、
ワクチン接種に強制力持たせたり
接種証明とかもっての他ですよね
!?

『新型コロナは季節性インフルエンザ
より危険性が低い 

WHOが(意図せずw)認める発表を行う』
(2020年10月9日)
https://bit.ly/3pjJB9l

目覚めてる庶民(自頭2.0)
@Awakend_Citizen  5月21日

意外と多い
「俺は年寄りだからコロナに
かかったら命取りなんだ!」
という70代のお父さん

実際は
70代の人がPCR陽性になった場合の
生存率95.3%です
残りの4.7%も癌や心疾患など
他の死因も含みます

僕らはこういう事実を知って
いるから
「コロナ騒動に騙されるな」
と言っているのです



(引用注:上の治験は、まささんが
最初アストラゼネカ社だけ治験が
終わってるとしておられましたが
アストラゼネカ日本版では完了
していないので、つまり全社治験中
という事で良いですよね?
いずれにせよ、ここまで治験段階で
ある事に特に注意を向けさせて
来なかった政府とマスコミは、大罪
を犯している事になりますね。
治験段階と知らずに接種して、重篤
な副作用や死亡した人は、統計に
あらわれているだけでも相当な数に
のぼりますから。
まあ確信犯でしょうから、罪を認める
はずもないですけどね。)

@darzerogoki
やばくないですか…

6歳~17歳

300人参加して…

79人が血栓症…

19人死亡って…

『アストラゼネカ社製ワクチン
接種後の血栓症で19人死亡 
イギリスで子ども向け治験を中断 』

(東京新聞 2021年4月8日)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/
96331

あべしっ@ryouma3da  5月25日

ファイザー製ワクチンには”16歳未満
についての安全性は確立されていない”と
明記されてる。それを自民党は12歳以上
の子供にまで接種させる気でいるのだから、
もう国民への敵対行為と言わざるをえない。
絶対に許してはいけないよ。全力で反対を。
https://mhlw.go.jp/content/11123000/
000738743.pdf

ハンコウ リン2
@mitsuemon666  5月26日

あまりに辛辣な真実…
言葉が出ない…😭
https:/www.bitchute.com/video/
O5R6LD8qmDdJ

『COVIDワクチンにより、第一期
または第二期の妊娠の5人中4人が
自然流産で妊娠を終了したという
研究結果が発表されました。』
(あかいひぐま 2021/07/02)
https://note.com/akaihiguma/n/
ne9f9377c3477

ニューイングランド・ジャーナル・
オブ・メディシン誌に掲載された
恐ろしい研究結果によると、
妊娠第1期または第2期に妊婦に
COVIDワクチンを接種した場合、
自然流産率が82%に達し、5人中4人
の胎児が死亡することが明らかに
なりました。

(引用注:5人中4人ですよ、
確実な死を未来の命に与える
毒物が、コロナワクチンと呼ばれる
ものの正体だという事です。)

前田弘幸@fxi9ttSrGrL5Hnx 
6月4日
コロナワクチン予防接種説明書
に書かれている事実

『本剤は、これまでのワクチン
で使用されたことのない添加物が
含まれた新しい種類のワクチンで、
明らかになっていない症状が出る
可能性がある。現時点では感染
予防効果は明らかになって
いない』

そんなの20歳以下の死亡
重症化率ゼロの子供に打つ?

(引用注:下の漫画秀逸ですね。
題して、「打つ前に言えよ!」)

Maxwell Smart
@universalsoftw2 5月15日
Fauci, Marksによると、CDC, FDAの
職員の約40-50%がCOVID-19ワクチンを
拒否しているという。
https://twitter.com/Breaking911/status/
1393278011332612107

@ryo12700016 2月12日

オランダでは、89,000人の
医師と看護師がワクチンを拒否

アメリカの全看護師のうち60%が拒否

イギリスの医療従事者の1/3が拒否

ノルウェー、スイスでは65才以上に
打つことを中止

世界医師連盟から12万人の医師・
看護師が
ワクチンを拒否し、我々にも
接種しないよう忠告

あべしっ@ryouma3da

なぜコロナワクチンを接種して
はいけないのか?
それは人間の細胞を“新型コロナ
のスパイクタンパク質を生産する
ように改造する”劇薬だからです。
人間の遺伝子を強制的にいじる
わけで、将来的にどんな悪影響、
後遺症が出るか不明。
正常な細胞を異常に変化させる
わけだしね。
https://www.mhlw.go.jp/stf/
seisakunitsuite/bunya/vaccine
_pfizer.html

政府の資料でも、mRNA編集がゲノム
編集技術の一つだと紹介してた。
遺伝子をいじるのは事実だよ。
仮にワクチン接種でウイルスの免疫が
できても、一度改造された人間の細胞
は元に戻らない。体内の異常な細胞が
暴走する危険性に一生苦しむことになる。
だからダメなんだよ。
https://t.co/EE4J1sSuYA?amp=1 (PDF)

(引用注:さらに書き換えられた遺伝子
は、特許を取得されて、自分のもの
でもなくなる危険性があるという事で
そうなると、他の遺伝子に自分は
特許を取れないので、他人のものに
なるという事になると、つまり
身体が他人の所有物になる危険性が
あるという事を、マディ医師やカウフマン
博士も警告されています。

その事は、
全員接種が想定されている新型コロナ
のRNAワクチンの真実とは?

という記事で詳しく説明しています。)

(管理人)
糖尿病の方は「コロナにかかったら
大変なことになる」と脅かされて
ワクチンを待望しているみたいですが、
逆です!打てば悪化します下差し

『遺伝子注射後には糖尿病の発症に
ご留意を』
(ドクターヒロのリアル・サイエンス
2021-05-25)
https://ameblo.jp/nomadodiet/
entry-12676593121.html

「スパイクタンパク質が膵臓にダメージ
与えて、糖尿病になることは実験的に
確かめられています」

(引用注:崎谷博士ですね。ありがたい
知識をいつも教えてくださってます。)

@akira_pt4ever  5月13日
老人説得時の個人実績では、
これが一番効く!
「こんな薬を飲んでる人は
◯クチンやめとけ資料」

リンク先に拡大画像↓

/vac/novaxx/gendai_0424.pdf

@tokyo0921  5月12日
前年の統計では一昨年より

年間の死者数が14000人も減っている

という事実を考えてみて下さい...
もし言われるようにコロナがそんなに
恐ろしいものであれば、当然死者数は
増えるのが道理でしょう、そういう
常識的な事すらテレビウイルスに
侵されている人達は気付けないの
です。

咲珈琳@Saccharin222
死亡者数も水増しされています。
数を多く見せるのは、恐怖を煽って
全員にワクチンを接種させるためです。

純米酒 兄nii@junmaishu_nii
【復習】
2020年6月18日
厚労省から全国の保健所に渡った
「コロナ死の水増し」を指示する通達


その結果、
新型コロナと関係ない死因でも
PCR陽性であればコロナ死に計上

(引用注:どんな死因でも陽性者なら
死因をコロナとすれば、病院に
金がおりるという情報ありましたね。
しかも医師が、症状を見てコロナ
だと判断するだけで、陽性で
なくてもコロナ感染およびコロナ死
として診断書に書けるという事
です。
もうやりたい放題というわけですね。
さすが、超毒性危険物質の抗がん剤を
平気で患者に与えてきただけの事は
あります。

それにワクチン接種に関しても、やはり
我々の税金を使って、医師に交付金を
出してワクチン接種を煽っています。

それでもいつかは、自分の客・・
じゃなかった患者を減らしていた
だけだという事に気付くでしょうが、
その前に人間を取り戻せよ!)

Rieko(コロナ茶番漫画を描いてます)
@rietanriepon
ワクチン打ったら、海外旅行に行ける~♪
と思ってる皆さん、逆ですよ。
運良く乗れても着く前に…ドクロ

血栓が出来やすいから、打った人は飛行機
に乗らないようにアドバイスしている海外
の航空会社もあるとかー。


“出典:「泣いて生まれてきたけれど」
様のサイト
【陰謀論って言わせない】公式なデータを
中心にコロナワクチンの危険性
をまとめてみた!
より”

まあいつもとてつもない情報量で
情報の選び方も秀逸なスナメリオ
さんの記事はどれも素晴らしい
ですね。

私もだいぶ省略しようとしましたが
どれも貴重な情報ばかりなので、
かなりの量になってしまいました。

もちろん途中で、私もたくさん
コメントさせていただきましたので
また、それも参考にしていただける
とありがたいです。

では冒頭で言っていたとおり最後は
スナメリオさんの接種後の副作用や
死亡情報シリーズをリンク一覧
として貼り付けておきます。
そしてまた新しいのが出たら、
今度はこちらに貼り付けていく事に
しますね。

ではまた貴重な情報を記事にして
いきます。

ではまた(^^)/

いつもありがとうございます(*^_^*)

アジェンダ真相編001

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

全てが反転されたマトリックス世界に私たちのボディマインドは閉じ込められている!?


今回のテーマは、私たちの
日常の感覚(プログラムされた
五感で捉えるボディマインド)で
経験している三次元の物質世界は
、本来の生命が経験するべき
絶対調和の世界の反転宇宙だと
いう事についてです。

まず私たちは、自分自身を静止
した存在として、まわりの世界を
観察しています。
もちろん公式の科学もそうした視点
から世界を宇宙を捉えています。
しかしそれこそが大きな間違い
だったのです。
私たちは、真実の自分の姿を知る
ためには、私たち自身がエネルギー体
そのものである事をまず自覚して
いなければならなかったのです。
これまで記事で説明してきました
ように、宇宙は全てフラクタルの
トーラスエネルギーであり、調和の
球を裏返し続けているような形態
である事を説明してきました。

まずその反転された宇宙の全体像を
イメージしたのがこちらの画像です。

“出典:「宇宙論の超トリック
      暗黒物質の正体」
       コンノケンイチ著
        ヒカルランド刊”

そして反転された宇宙は、それ自身が
エーテル流(真空状態のプラズマ
エネルギー循環)となっていて、
それ自身を含めて、全てが同質の
形状(フラクタル)のトーラスの
形態を取っているという事なのです。

“出典:「https://consciousquantum.com/torus/」”

画像にあるように木などは、
宇宙および地球のプラズマ
(エーテル)エネルギー循環を
そのまま体現しているので、
生命種として長命であるという
事なのです。
同様にリンゴやみかんなど木の実
も同様のエネルギーを体現して
いるので、栄養素として非常に
レベルが高いというわけです。
数十万年前までの黄金時代では、
人類は果物だけを食していた
という事も、納得できる裏付け
でしょう。
ただし、数十万年前に劣化させ
られた我々の身体プログラムでは
果物だけで、生きるというのは
対応できるように再プログラム
する前に健康を損ねる方の方が
多いかも知れませんので危険
です。

とにかく私たちは、自分自身が
トーラス状のエーテル流に
同化しているという自覚を
持たないまま、世界を観察
しているので、宇宙自体が自分自身
に内包されているという真実を
見抜けないでいるという事なのです。

つまり全てが逆転・裏がえしの宇宙
とは、トーラスのエネルギー流と
同じ形状であり、それが宇宙の正確な
観測により裏付けられているという事が
この同化の自覚によってもわかる
という事なのです。

その逆転裏返しの宇宙については、
二つの記事で説明しています。

常識とされているビッグバン理論は
とうの昔に破綻していた!
反証の数々の総まとめ

私たちが学校で教えられてきた、
ビッグバン宇宙論はすでに
間違いだった証拠が、いくらでも
あるのですでに破綻しています。
なので、専門家と称する人達が
ビッグバン理論を前提にして
説明していたら、公式の科学界を
信奉している盲目の偽科学者だと
思って間違いないでしょう。

そして公式の科学でさえ、認めている
大事な真実が、「宇宙はどこから
観測したとしても、そこが宇宙の
中心であるように観測される

という事です。

ビッグバン理論が正しいなら、私たち
自身がビッグバンの中心となります
が、それだけならまだしもあらゆる
他人も、他の惑星も、他の銀河も
全部ビッグバンの中心という事に
なりますので、もはや矛盾だらけの
状態になります。

ところがビッグバンはすでに破綻
しているので、そんな心配は
ありません。単に学校で教えられて
いる数々の偽の科学的真実の一つが
明らかになっただけの事です。

そこで視点の転換をするだけで
「宇宙はどこから
観測したとしても、そこが宇宙の
中心であるように観測される」事が
天体観測結果と矛盾される事なく
説明できるのが、コンノケンイチ氏の
提唱している反転宇宙なのです。

その事は、こちらの記事で説明して
います。
偽物だったビッグバン宇宙観に変わる
真の宇宙モデルはまさかの反転宇宙
だった!

なぜビッグバン理論が、破綻した
のかわかりやすく説明されています。

遠くの天体ほど赤方偏移が強くなって
いる事から、天体が遠ざかっている
証拠と判断されて、宇宙膨張説が
生まれて、ビッグバン宇宙モデルが
あくまで仮説として誕生し、まるで
唯一無二の真実であるかのように
流布されてきましたが、
その赤方偏移が、光の屈折率を示す
ものであるという観点で捉えると
観測する時点がどこであっても
常に宇宙の中心であるという事を
矛盾する事なく説明できるという
真実が、コンノケンイチ氏によって
暴かれる事になったのです。

全ての方向に光が同様に屈折する
という事は、我々の宇宙空間は、
極大の状態で反転し、観測地点に
もどってくるという事になり、
宇宙空間は、全ての地点で文字通り
中心となるわけです。
それが逆転・裏返しの宇宙という
我々の宇宙の真の姿であるという
事なのです。

つまり観測者自身がどこにいても
そこが宇宙の中心になるという
公式の科学の認識がこれで
説明できるというわけです。

となると私たち自身も宇宙の中心で
あり、むしろ宇宙全体自身でも
ある事になります。

そして先ほど説明しましたように
宇宙の全ての基本エネルギー形態が
トーラスであるので、宇宙全体
もトーラスであり、よって私たち
自身もトーラスであり、それに
同化しているという事なのです。

トーラスは、絶対調和の球を反転
・裏返し続けている形態なので、
まさに反転宇宙モデルそのものを
体現しているわけなのです。

さて私たちがトーラスのエネルギー
そのものであれば、私たち自身も
逆転して循環し続けているわけです。

それが、生きている間の私たちの空間
認識となっていますが、このトーラスの
波動循環は、肉体のボディマインドに
囚われた状態から解放されれば
その逆転したエネルギーからも解放
されるので、空間の変容が起こる
わけです。

臨死共有体験という、死にゆく人の
付き添い人の体験は、健常な人の
臨死体験であるが故に、余計に
信頼性が高いとされていますが、
空間の変容についても、数多く
報告があります。

その事はこちらの記事で紹介してます。
あんみんとなおみんのイラストが
見れなくなっていますが(^▽^;)
臨死体験で空間が歪むのは、
本来の認識に回帰するためだった!

記事より
あまりに狭い範囲の視覚領域
しか捉える事ができない
私たちの空間認識を紹介した
事に続いて

これだけ特殊な我々の肉体の視覚が、
肉体を離れる人にとってはもはや不要に
なるため、別の見方で世界を見るように
なります。臨死体験者の証言にも共通して
いるのが、360度の範囲が自在に見れて、
肉体のあるときには、見えなかったものま
で見えるようになるということなのです。
そして臨死共有体験をする人は、そんな
臨終の間際の人が新しい視覚また感覚を
獲得するのに同調して、五感を超えた感覚を
一時的に獲得するため、「空間が変容」
するという感覚を味わうことになるの
です。

さてこの臨死共有体験者の「空間の変容」
に対しての証言をまたレイモンド・
ムーディー氏の著書から引用させて
いただきます。

“たとえば、兄の臨終の床に付き添っていた
ある女性は、自分のいた四角い部屋が、
まるで「別の形に変容した」ように見えた
という。
数学の教師をしているある男性も、「まるで
部屋が崩落と膨張を同時になしたように見え
ました。あたかも代替の幾何形態を目撃した
ような感じでした。」と語る。
多くの人にとって、この空間の変容は、
単に部屋が形を変えて見えることである。
しかし一方、単に形を変えただけでなく、
「別次元」の扉が開くのが見えたという人も
いる。
この「別次元」という言葉は、他にも
様々な言葉で言い表されている。ある人々は
部屋に「時間のない世界」への扉が開いた、
という表現を使う。ある女性は、「霊たち
のほうからは私たちを見ることができるが、
こちらからは彼らを見ることができない。」
ような状況を感じたともいう。
別の女性は、
「部屋はディズニーランドのように見えま
した。つまり、表に見えている様々なもの
は、実は裏方がしているものだということ
です。私たちが見ているのは表面にすぎず
その下でなされている事柄が出てきたものに
すぎません。」
と語っている。もしこれらの表現をまとめる
とすれば、どう言ったらいいだろう。
たとえば、「死の際にある種の出入り口が
ポンと開き、より高き異次元の世界へ導く」
と言ったらいいだろうか。
これはじつは、ノースカロライナの病院で、
うっ血性心不全で死につつあつた兄との
臨死共有体験をした、ナンシーという女性に
よる表現だ。

「兄がまだどれほど生きられるかは、
わかりませんでしたので、私は決心して、
兄のベッドの横に座って付き添うことに
しました。
一日ほど経ったのち、兄の息は不安定に
なり、やがて止まりました。
私が兄の手を握っていると、看護師が
入ってきてベッド際に立ちました。
兄は生前、「蘇生術を施さないでほしい」
という覚え書きを出していましたが、
看護師は兄の臨終が安らかなものだった
かどうかを、知りたかったようです。
突然、私は部屋が形を変えたと感じ
ました。あたかも空気で満ちて膨張した
かのような感じでした。
すると、私自身が肉体から離れて、空中
で兄と一緒にいるではありませんか!
私たちは文字通り、部屋の中を自由に
飛び回れる霊となっていました。
そののち私は自分の肉体に戻りま
した。そして普段持っている五感の感覚
が戻ったのです。
部屋を飛び回っているとき、私は下の
ほうに、兄の体の横に座っている自分
を見ました。
空中を飛び回る私のとなりには、肉体を
抜け出た兄の姿がありました。
私が自分の体に戻ったとき、部屋も元
の形に戻りました。何もかも元に戻った
のです。」”
“出典:「臨死共有体験」レイモンド
・ムーディ/ポールペリー共著
堀天作訳 ヒカルランド刊”

要するに、臨死体験者の感覚は、
そばで付き添っていた人とも
エネルギー的に共有されるため、
空間の変容も体験できたという事
です。

もちろん臨死体験者自身も
空間の変容を体験していると
いう報告は数多くありますが、
船瀬氏の著書「幽体離脱」にも
その事例がありました。


一五歳のとき、交通事故に遭う。
通学途中、横断歩道でバイクに
激突された。背骨、骨盤まで打撃で、
覚えているのは強い衝撃。坂道の
横断歩道。
トラックの陰からバイクが飛び出す。
横断中の私は跳ね飛ばされた。
オートバイのドライバーも急ブレーキを
かけ激しくスピン。
生垣に激突。私は電車の軌道に
叩きつけられた。
 そのとき不思議なことが起きたのです。
クンダリーニ(尾骶骨)のチャクラから
トルネードのような熱エネルギーが
湧き起こった。・・・・なんの感情もない。
無音で本当に静かです。
高いところから事故の現場を見下ろして
ました。すべてがゆっくり、ゆっくり
スローモーションで動いています。
悲しみも、苦しみもない。じっと
上から見ているのです。
靴や鞄の中身が、ゆっくりコマ落としで
飛んでいく。とっても静か・・・。
フッと見ると、セーラー服の女の子が
電車の軌道の横に倒れている。
単車は木っ端みじん。
意識は向けたところにズーム・イン。
高一になったばかり。セーラー服が
ぎざぎざに破れている。下着まで
破れていた。少し恥ずかしい・・・。
・・・と、身体に引き戻された。
「痛い!痛い」。思わず、声を
上げていた。友達がタクシーに
運んでくれた。幸い大怪我はなく、
自宅に戻って来られた。
アレはいったい何だったのか?
すべてが球体で見える。球体の
真ん中から360度、見える
感覚です。』

出典:「幽体離脱」
      船瀬俊介 著
      ビジネス社刊”

臨死体験の典型的な感覚、つまり
時間感覚の変容、上から見下ろす
体外離脱体験などは、よく報告
されていますが、最後の
「すべてが球体で見える。球体の
真ん中から360度、見える
感覚です。」
という感覚は、まさに反転宇宙から
解放された視点といえるのでは
ないでしょうか?

反転宇宙を裏付ける事例は、
臨死体験だけに留まりません。

地球最大のボルテックスポイント
であり、時空の穴とも推測される
北極から地球内部に入り込んだ
と言われている有名な逸話を
いくつか紹介したのがこちらの
記事ですが、そのうちの一つの
逸話に内部の地球が、地上世界を
反転させたような世界として
紹介されているものがありました。
北極と南極がまさかの時空のゲートだった
!?鍵はやはりプラズマか?

記事より

引用させていただいた同書には、
ヤンセン親子とほぼ同様の体験をした
アルド・ステンセンと友人のイバン・
バイゼの話が紹介されていて、地球の
内部が空洞で、地球の内側の内壁に
陸地がへばりついているような世界に
1年間ほど滞在したということです。
これではまるでガンダムに出てくる
スペースコロニーの世界のようです
ね。しかしこちらは円筒形のコロニー
ではなく、全周が球の状態のようですが、
“参考文献:「亜空間の謎と地球空洞論」
飛鳥昭雄・三神たける 著 学研刊”

北極が地球内部への入り口というより
バミューダトライアングルのような
時空の次元を超えるためのゲートと
考えられるという事は、こちらの
記事で紹介しています。

時空のゲートでもあった地球最大の
12のパワースポットとは

記事より
要点は、地球には無数のエネルギー
スポットがあり、それらは一様に
電磁界異常を引き起こし、時空の
ゲート的な役割を果たしますが、
中でも最大級のものが、地球の
12カ所の位置に等間隔としてあり、
バミューダトライアングルや北極
南極も、それにあたるというわけ
です。

『実は地球には、人体の経絡(ツボ)と同じ
ように、レイラインと呼ばれるエネルギー
の通り道があり、またそのエネルギーが
集中するスポット(パワースポットの事)
が、人体のツボのように、世界中にあり
ます。実は宇宙に存在するものは、スパイ
ラルやトーラスのところでも説明したよう
にみな一様に同じエネルギー形態をして
いるので、人体と地球のエネルギーも
よく似ているのです。
そして地球には、最大のエネルギー
スポットがあります。
それが北極と南極です。我々が北極圏に
近い北欧の国で、オーロラを見ることが
できるのも、その極のプラズマパワーを
受けた現象だからなのです。
オーロラとはプラズマ現象です。
そしてイヴァン・T・サンダーソンという
人物が、世界中で船や航空機が消える
地球上全てのポイントを割り出し、図表化
したのですが、彼が導きだしのは、北極
南極を除いた、10カ所のボルテックス
ポイント(エネルギースポット、エネルギー
グリッドともいいます)ですが、それら
と北極・南極を含めた12カ所のポイント
は、全て等距離にあるというのです。

つまり時空のゲートとしての北極から
入り込んだ上記のアルド・ステンセンと
友人のイバン・バイゼの話の反転地球は
、本来の地球の姿だという見方もできる
という事です。

本来の世界は、しかし、無限のパラレル
ワールドの存在からして無数の種類が
あると考えられます。

とにかく私たちのいる三次元物質世界
は、本来の宇宙の反転された世界だと
いう事が、臨死体験や地球の裏側体験
からも、推測できるという事なの
です。

仏教の中心経典ともいえる、般若心経
にも、その逆転宇宙のコンセプトは
示唆されています。

その事はこちらの記事で説明しています。
仏教は五感が囚われている逆転した現実世界
(宇宙)を見抜いていた

記事より

「遠離一切顛倒夢想」
(おんりいっさいてんどうむそう)
は逆転・裏返しになった宇宙(宇宙)を
語っている。宇宙は量子物理学のいう
「非局所性の原理」に基づいて、
すべてが一体で、ビッグバンでいう
宇宙の赤方偏移、重力の正体、宇宙構造
は私たちが考えているようなもの
ではない。
それらすべては「遠離一切顛倒夢想」
(逆転・裏返し)した夢のごときもの
と教えているのである。~
~当時は、地球が丸いことはもちろん、
宇宙の銀河のことなど何もわから
なかった。にもかかわらず仏教
そして空海は、現代の理論科学を
超えた宇宙の真理を見抜いていた。』

“出典:「量子力学・日月神示・般若心経・
王仁三郎の超結論」
         コンノケンイチ著
              徳間書店”

またこのコンセプトは、当時すでに
支配層血族の息の支配化にあった
ローマカトリック教会に弾圧され
歴史から抹消されていた古代の
知的集団グノーシス派が、提唱
していた宇宙観によるものでも
あります。

その事は
歴史から消されていたグノーシスが
語っていた真実「現実は鏡の世界」

で取り上げています。

記事より

カタリ派は、中世ヨーロッパの
キリスト教の一宗派でしたが、
「輪廻転生」など、キリスト教の
教えに反する事を広めたとして、
弾圧というか、大虐殺されたと
いう話を前回ご紹介しました。
カタリ派は、現在の物質界を創造した
のが、ルシファーという堕天使で、
天から追放された後は「サタン」と
呼ばれるようになったという事を
説いていました。
当然このこともキリスト教の教えに
反する事なので、弾圧の理由の一つ
にもなったというのですが、彼らは
そのようなルシファーが創った
「物質界」は悪だといいます。
実は、これと同じような事を説いて
いる、カタリ派の源流ともいえる
古代の知的集団が、グノーシス派と
呼ばれるものなのです。
当然当時のキリスト教会に弾圧
されました。
そして長らくその知識は歴史にうずもれた
ままだったのですが、
1945年にエジプトのナグ・ハマディ
という村で、初期のキリスト教の写本が
みつかり、そこにグノーシス主義の
思想が、多く記されていた事により、
明るみに出る事になったのです。
そもそもローマ皇帝により、キリスト教を
国教とする過程で、それまでの知識を
記した本や文書が大量に破棄され燃やされ
てしまい、さらにキリスト教自体も都合
良く編纂されてしまったのです。
その時にわずかに難を逃れた文書があった
という事です。
つまりこのナグ・ハマディのキリスト教の
写本は、キリスト教が編纂される以前の文書
だという事です。
つまりこの写本から、古代の知識を得る
チャンスが生まれ、多くの研究家によって
知られるところとなったという事です。
そしてそこに書かれていたのが、
グノーシスの教えだったという事なの
です。

さてそのグノーシスの教えとはどんな
ものなのか、説明しておられるサイトから
引用させていただきます。

「」内が引用です。

「グノーシス(gnosis)という言葉は、
もともと古代ギリシア語で「知識」や
「認識」のことを意味する言葉であり、
より具体的には、人間が宇宙全体を
俯瞰してその仕組みを理解すると同時に、
自分自身の心の内を深く内観することに
よって得られる神秘的な知識としての
真理のことを意味する言葉ということ
になります。
グノーシス主義では、ミクロコスモス
(小宇宙)である人間は、根源的には
肉体と精神という二つの側面に分裂した
存在として捉えられ、
肉体がもたらす欲望が人間を悪しき道へ
と引き込む悪しき存在であるのに対して、
精神における知性の働きは人間を正しき道
へと引き戻して真理へと導く善き存在
であると捉えられることになります。

それと同様に、
マクロコスモスである宇宙についても、
それは物質的存在から成る悪しき宇宙と、
神的で精神的な存在から成る善き宇宙
という二つのあり方に根源的に分裂した
存在として捉えられることになります。
そして、グノーシス主義においては、
物質的存在から成る悪しき宇宙とその内
にある悪しき肉体から離れ、自分自身の
心の内にある人間の魂の神的な本性を
自覚することによって魂の救済が
得られると考えられることになるの
ですが、こうした自分自身の魂と宇宙全体
の真理に関する神秘的な認識のあり方こそ
が、グノーシス主義におけるグノーシスと
いう言葉が持つ具体的な意味の内実である
と考えられることになるのです。
・・・

以上のように、
グノーシス主義におけるグノーシスと
いう言葉は、もともと古代ギリシア語に
おいて「知識」や「認識」のことを意味
する言葉であり、
それはより具体的には、自分自身の魂と
宇宙全体の真理を探究することによって
得られる神秘的な認識のあり方のことを
意味する言葉であると考えられることに
なります。」

“出典:
TATANの雑学と哲学の小部屋」様”

このことから、私たちの五感で捉える
物質宇宙は悪であり、肉体の欲望が人々を
悪へと導くという事をいっているわけです。
まあ肉体的な欲望全てを悪だというのは、
私の見解とは違います。それは単なる
肉体的プログラムで、それをコントロール
する心さえあれば、人生の経験として
尊重して良いと思いますが、ここで
注目していただきたいのは、その肉体的
欲求も物質宇宙も同じく、悪のような存在
ルシファーまたはサタンによってつくられた
という事を、前回ご紹介したカタリ派が
説いていたという事です。
そして実は、グノーシス派も同じような事を
説いていたのです。

このことはデービッドアイク氏の著書
「PERCEPTION 
    DECEPTION」
と「PHANTOM SELF」
に詳しく書かれていましたので、それを
訳した内容をご紹介します。

グノーシスでは、物質宇宙とその外側の
境界には、土星があり、その向こうに
悪の象徴があると説いています。
単に当時土星が最も遠い天体として認知
されていたからというだけにも思われる
かも知れませんが、土星の内側の領域が
コントロールされているという事は
真理をついていると思えます。

またこの物質宇宙をつくったのが
アルコン(Arcon)という存在で
我々の支配者だという事なのです。
しかもこのアルコンの綴り「arch」
なのですが、英語の支配者に関する
単語に多く使われているのです!
列記しますと。

monarch 君主

hierarchy 王制

archfiend 大悪魔

archbishop 大司教

archangel 大天使

このように英語の支配者や悪魔などを
示す単語に「arch」の綴りが
使われているのは偶然ではなく、古代
ではこのアルコンというのは、支配者を
示している言葉だという事が広く
知られていたという事なのでしょう。

第一のアルコンは特にデミウルゴスと
呼ばれて、正確にいうとこの存在が
物質宇宙を創ったという事です。
つまりカタリ派のいう「サタン」と同じ
ような存在だという事ですね。

アルコン(デミウルゴス)は、この世界
を一から創ったのではなく、本来の宇宙
をコピーして創った粗悪なコピーだ
という事です。
(ここはとても重要で、私たちが肉体を
離れた臨死体験で、遭遇する天界は、
私たちの世界とよく似ているけど
まるで天国のように祝福された場所
だというように証言されてますが、
まさにこれが本来の宇宙だという事
であれば、つじつまが合うわけですね)

そしてこのアルコンは、人類から恐怖の
エネルギーを吸収するために働く機械的な
存在だという事です。
(つまり彼らが一種のプログラムで、恐怖の
エネルギーを吸収するコンピューター
ウイルスのような存在だという事です)

そして調和のエネルギーは、彼らにとって
マイナスに働きます。

彼らの吸収する恐怖エネルギーというのは、
心配、憂鬱、競争、復習、ストレス、嫌悪
憤慨、争い、矛盾という派生エネルギーに
分かれてもいます。

また恐怖以外のエネルギーとして、死と苦痛
不幸、また愛情のない性的エネルギーなど
があるという事ですが、要するにあらゆる
ネガティブエネルギーを吸収する事で、存在
できるものだという事ですね。
となるとグノーシス派がいうように物質世界
との境界にある土星が、そのような
エネルギーを生みだすプログラムを発信
しているのであれば、またつじつまが合う
という事ですが、まさに土星の占星術的な
エネルギーは、今いったネガティブ
エネルギーそのものなので、これまた
アルコンにより、土星(リンク)から発信
されるプログラムが作成されたという事を
示唆していることになります。

また太古からの神(偽の神アルコンの事)
へのいけにえは、真の恐怖のエネルギー
の供給として最も適しているという事
ですが、まさに太古の神がアルコンの
ような存在である事を裏付けてくれて
いますよね。
神様がいけにえを欲しがるなんて、どう
考えてもおかしいですからね、まさに
偽の神であるアルコンであれば、納得が
いきます。

バベルの塔以来、言葉は人間を分断させる
ために神がつくったとされていますが、
まさにその神はアルコンの事だといえます。

LIVE(生命・肉体)は逆から綴ると

EVIL(邪悪、不幸)となりますが、

これはアナグラムといって、綴り順を
変えた言葉に、意味を隠すという太古から
支配者が好んで使った技法になります。

(もちろんこれはアルコンが、そう意図
したという事で、生命自体が不幸と
いう意味ではありません。しかし、
真実の月編の
月のエネルギーの真実 
その1我々の身体について
)という
記事でもご説明したように、私たちの
肉体が、全て理に適っているとするには、
あまりにも不自然であるという事も
明らかです。しかも
進化論の破綻と月とのつながり改
世界の学校教育で「進化論」排除の動き
   進化論があり得ない理由

という記事でご説明したように、私たちの
肉体が自然にできあがったものではなく、
意図的にプログラムされたという事で
あれば、なおさらこのアルコンとの
つながりを意識せざるを得ないという
事なのです。)

つまり我々生命体も、彼らのプログラムに
よって操作されてできているという事が
考えられるわけです。

ただからくりさえ知れば私たちは、即
自由になれるのです。

デミウルゴスもその下のアルコンも
「ゆがみ」という性質そのものらしくて
「調和」または「愛」が対極にある
という事です。
つまり彼らは「調和」のエネルギーから
離れる事によってのみ存在できるもの
であって、私たちが調和や愛を意識の
中心におけば、彼らは近づく事もできない
という事なのです。
つまりLIVE(生命)を真に自分たちの
ものにできるという事ですね。

今回大事なのは、アルコン(デミウルゴス)
は、この世界を一から創ったのではなく、
本来の宇宙をコピーして創った粗悪な
偽宇宙だという事です。

コピーなので本来の調和の世界を反転
させた世界という事になります。

これでもかというほど、私たちの
三次元物質世界は、本来の世界の
反転・逆転・裏返しの世界だと
いう理由を取り上げてきましたが、
最後にもう一つわかりやすい事例を
取り上げておきます。

サイコマンティウムという霊を
呼び出す技法がありますが、鏡を
用いたり、水晶玉を用いたり
します。

それらは、まさに反転した世界を
映し出すので、我々のボディマインド
の中心である視覚に、逆転した
世界を見せる事になり、そして
それが、本来の領域に存在する霊
などを観る事を可能にするのでは
ないかと考えられるというわけです。

水晶玉は特に、逆転裏返しの世界を
映し出しますが、占い師が水晶玉を
前に置いて、お告げをするシーンが
茶化されて、アニメや映画に使用
されたりするのも、本来それが
私たちの見えない領域を映す鏡でも
あり、効果がある理由を知られ
たくないからだという事が、見えて
きませんか?

大衆を真理から遠ざけたい支配層は
アニメや映画の制作側に大きな
影響を及ぼす事ができるので、
大衆真理から遠ざけるために、
あらゆる意図的な工作を仕掛けて
きますからね。

とにかく私たちは、逆転・裏返しの
世界に存在しているという事をヒントに
ボディマインドの錯覚から解放されて
制限された時空から解放されるように
なれば、支配層のアジェンダも頓挫
するしかないので、そういう意識の
変革は大事だと思います。

ではまた(^^)/

いつもありがとうございます(*^_^*)

隠された科学的真実編

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

ナカムラ医師の警告!接種者から放出される電離放射線により周囲も被曝する!


今回は、いつも参考にさせていただいてる
ナカムラ医師のnote記事からの引用で
接種者から放出される電離放射線による
被曝により周囲への健康被害が広がって
いるという警告について観ていこうと
思います。

ただその前に、ベースとなる知識があいまい
な方もおられると思いますので、電離放射線
や電磁波の被害について、簡単に説明
させていただきます。

まず電離放射線というのは、超強力な
電磁波であるという視点が、まず大事
です。

👇の画像をご覧ください

“出典:「ScienceABC」”

これは電磁波の領域を示した画像ですが
もちろん全体は収まりきりません。

ただわかっていただきたいのは、音波
であろうと、光波であろうと、放射線
であろうと全て、電磁波の一種だと
いう事です。

右端にいくほど電磁波が高く強力に
なっていきます。

私たちの視覚領域での光の波動も
途中にありますが、これもかなり
強力な高い電磁波という事になります。

音波にあたる音の波動だと20Hz
から2万Hzなので、テラヘルツの
単位である光波よりも音波は、
はるかに低い電磁波という事になり
ます。

脳波だと4~26ヘルツ程度なので
我々が知覚する電磁波としては最も
低い波動というわけです。

要するに高度な知性の認識、レベルの
高い意識には、低い波動の方が
適している証拠でもあります。

そして今度は強力な高い電磁波を観て
いきましょう。右へいくほど高振動、
高波動になります。
右端にあるのが、超強力な電磁波
である放射線の中にあっては、
より低いレベルにあるガンマ線
ですが、この画像の表の中ではケタ違いに
強力な電磁波であるという事です。

そして、さらにより強力な放射線である
ベータ線やアルファ線は、この表に
入りきらず、もっとずっと右側にある
という事になります。

福島原発事故により放出された
放射能物質のストロンチウムやら
セシウムというのは、このような超強力
な電磁波である電離放射線を
放出するため、とても危険なもの
だという事なのです。

電離というのは、電磁気エネルギー
が高まると、電子や陽子などが
原子の状態で安定できずに、
プラスまたはマイナスの電荷を
持った素粒子となってバラバラに
空間に離散するようになった
状態の事をいいます。
それは潜在的高電磁気エネルギーの
プラズマ状態になっている事を
示しているのです。

そしてこのような超強力な電磁波や
電離放射線が、そもそもなぜ人体に
悪いのかという事も簡単に説明します。

今電離のところでご説明したように
電磁気エネルギーが高まると、原子
としての安定を失い、崩壊して
電子や陽子が離散して、電離すると
いう事なので、同じく電磁気的に
安定した肉体も同様に高電磁気
エネルギー(超強力な電磁波や放射線)
の影響を受けると、体内を組成する
最小単位の原子の安定性が崩壊して
いく危険につながり、
また安定した生命の電磁気エネルギーの
ベースであるプラズマ循環が乱される事
になるから、
当然健康被害につながるというわけです。

物質としての見方もそうですが、
そもそも人体は、心臓を中心とした
プラズマエネルギー(電磁波エネルギー
のベース)の循環により、維持されて
いるので、強力な電磁波である
電離放射線で、大きくその安定した
生命エネルギー循環が乱される事に
なるというわけなのです。

ハートマス研究所という有名な心臓
の働きに関する研究機関が、心臓を
中心とした円形の範囲に磁界が測定
されていると公表しています。






“出典:「Magellan」”

磁界と電解は一体のものなので、要する
に心臓を中心とした電磁界フィールド
が形成されているという事です。

電磁気エネルギーのベースとなる
プラズマエネルギーの循環が、
生命エネルギーそのものだという
記事はこちらです。

生命エネルギーは、自然界のプラズマ
エネルギーを循環させたものだった!

この記事でも電磁波が、生体
エネルギーに悪影響を及ぼす理由を
説明しています。
再掲しておきますね。


人体がリンクするために大切な
プラズマエネルギー(電磁気の波動)が
自然界にある電磁気より、かけ離れて
強力であった場合、大きく乱され
健康に大きなリスクをもたらすという
事です。
しかも自然界にある元素にも影響を
与え、5Gの影響として、以前科学者が
説明していた記事にもありましたように、
酸素の組成まで変化させて、呼吸困難
もしくは停止という現象につながる
という事や、当然電磁気エネルギーの
発動元である、心臓にも異常をもたらす
ために、心不全にもつながるという事
なのです。』

さてこれで電離放射線が強力な電磁波
の一種だという事と、強力な電磁波
が、身体にとって大きく悪影響を
及ぼすという事は、説明しました。

そして今回は5Gの電磁波よりもさらに
強力な電離放射線が、接種者から放出
されているという事についてのナカムラ
医師の記事を観てみましょう。

『』内が引用で、~が中略です。


デルガド博士
「グラフェンには増幅作用があって、
非電離放射線を電離放射線に近い状態
にします。だからこそ、ガイガー
カウンターで計測できるわけです。
意味が分かりますか?そもそも
ガイガーカウンターというのは、
ガイガー-ミュラー管のなかで生じる
電離効果を使って、α線、β線、γ線
なんかを検出しているので、
ガイガーカウンターが反応するという
ことは、接種者の体内から電離放射線
が出ていると解釈するより他ありま
せん。
実際、ワクチン接種者に生じる
息苦しさなどのコロナ様症状は、
急性放射線症候群(acute irradiation
syndrome)とよく似ています。

(引用注:要するに接種者の体内の
グラフェンで、電磁波が増幅されて
放射線を検出するようなガイガー
カウンターが、接種者に対して
反応するので、接種者が放射線を
放出していると推測できると説明
しています。以下は、接種者から
のウイルスなどによる伝染では
なく放射線による伝播・被曝
する事が、健康被害の原因だと
説明しています。通常伝染などに
よる被害をシェディングといい
放射線などの伝播による被害を
トランスミッションといいますが
この記事では、全部シェディングの
被害としているようです。)


うちの研究員で、ガイガーカウンターを
使ってこの放射線を詳しく測定している
のがいるんですが、彼はこう言って
います。「“伝染”ではないと思います。
生物学的現象ではないからです」
シェディングは放射線による物理的現象
だと言いたいわけですね。

たとえば、ワクチン接種者の近くにいた
ある女性は、生理周期が確かに乱れ
ました。子供がワクチン接種者の近く
にいると「胸がどきどきして苦しい」と
言います。月経不順、呼吸困難感、動悸。
全部、急性放射線症候群の症状に一致
します。体内に周波数を増幅する物質が
あれば、その人自身が放射線を発散する、
ということです。

発散するのは、特に電離放射線です。
これがどういうことを意味するか、
分かりますか?ワクチン接種者は、
体内に爆弾を仕込まれたようなものです。
放射線を浴びれば、彼らは“爆発”しますよ。
放射線の慢性曝露が病気を引き起こす
ことは、
改めて語るまでもないでしょう。

昨晩、この研究室でワクチン接種者の
放射線量を計測したのですが、
1時間あたり2.5レントゲンを記録しました。
CTスキャン4回分ですよ。家にエックス線
が4台あるとすれば、どう思いますか?
さすがに私も納得しましたよ。ワクチン
接種者に倦怠感、不眠、関節痛が見られ
るのは偶然じゃない。被曝してるんだから、
当然のことだ、とね。」

vaccinated-individuals-show-
radioactivity-that-could-make-
unvaccinated-ill.html


(以下は30代女性からのコメント
ですが、長いので途中かなり省略します。)

30代女性
「看護師をしています。職場でワクチン
を打ってないのは、私だけです。
婦人科病棟に勤務していて、コロナ
ワクチンを希望する患者に接種する
こともあります。
それで実際に経験したのですが、接種
から2週間以内くらいの人のそばにいると
、私、ものすごく気分が悪くなります。
3分くらいそばにいると、まず肩が張って
きます。頭が痛くなって、夕方には
下痢と吐き気、めまいが出てきます。
シェディング。明らかにありますよ。
勘違いっていうレベルではありません。
ひどいときは、顔にヘルペスが出て
きます。もともとヘルペス持ちでは
あります。でもいつもは年に1、2回出る
程度でしたが、最近はその頻度が普通
じゃありません。打った直後の人に
会うたびに、必ずと言っていいほど
症状が出ます。顔の痛みだけでなく、
体の表面がぴりぴりする感覚もあります。

打った直後のスタッフと1日一緒に働くと、
めちゃくちゃ具合が悪くなります。
翌日には起き上がれないほどダウンします。
でもそういうスタッフも、2週間ほど経てば
一緒にいても大丈夫になります。不思議です。
接種者からのシェディングは2週間ほどで
治まるみたいです。

(引用注:これが体内の放射線を浄化作用
で安定させる事ができたという事なのか
もっと詳しく知りたいところですね。)

電車通勤ですが、女性専用車両のほうが
シェディングがきついことに気づきました。
明らかに、女性専用車両に乗ってるほうが
しんどいんです。なぜかは分かりません。
女性のほうがワクチンの副反応の発生率が
高いですが、そのことと関係しているかも
しれません。

(引用注:女性の化粧品の中に
酸化グラフェン働きを促進させる
といわれるPEGやポリソベート80
が、含まれる事が多いという事も
大きな原因の一つだと思います。)

不正出血もあります。明らかに、通常の
生理ではありません。タイミングも
下り物の性状も違います。あと、
最近不正出血を訴える患者さんが異常に
増えています。普通、不正出血といえば、
生理と生理のあいだに単発的に起こる
ものですが、最近は「もう1か月間生理
が止まらない」みたいな人ばかりです。
他のスタッフとも「おかしいね」って
話してますけど、ほとんどの医者は
ワクチン接種との因果関係は疑わない。
「ホルモン剤出しておきますね」で
終わり。

(引用注:医者は本当にできが悪い
のが多いですね。根本的な治療など
望むべきものではありません。)

身近にワクチンを打っておかしく
なった人がたくさんいます。叔母が
ワクチン接種後、うつ病になって
食事がとれなくなりました。精神科の薬
を飲みだして、一見、元気になりましたが、
記憶障害があるみたいで、同じ話を何度も
します。「頭が働かない」って言ってます。
父の職場では、接種後に半身不随になった人
がいます。フルマラソンを走るような40代の
心筋梗塞になったり、30代でくも膜下出血に
なる人がいたり、身近でそういう話、
たくさん聞きますよ。
最近、救急隊員が現場にかけつけると、
まず最初に「ワクチンを打ちましたか」って
聞くという話がありますけど、あれは本当
ですよ。本当にそういう質問をします。で、
ワクチン接種が原因だとすると、まともに
見てもらえないことが多いです。
現場としては「ああ、またか」って感じ
なので。たとえば「片足が急に動かなく
なった」という訴えがあるとします。
救急隊が駆けつけて「ワクチンを打ち
ましたか」と聞き、答えがイエスなら、
一応病院まで運んではもらえますが、
その後は、なんというか、塩対応です。
CTも撮らないで、点滴だけして
帰されたり。

(引用注:これはワクチン接種被害に
ついてですが、救急隊員がワクチン
打ちましたか?と聞くのは、そういう人
用の病院が分けられていて、また
その病院もほとんど役にも立たず
いいかげんすぎるようです。

で話は、またシェディングのデトックス
についてです。フルボ酸シラジット
が良いとの事です。)

シェディング対策として、効果を感じた
のはフルボ酸です。飲むと飲まないとでは、
シェディングによる体調不良の具合が全然
違ってきます。ここでいただいたフルボ酸
がきれたので、でも予約もとれなかった
ので、自分でシラジットを買いました。
シラジットでもけっこう代用できました。
やはりミネラル、大事ですね」

(引用注:ここからはナカムラ医師の
説明になります。ナカムラ医師は
シェディングを接種者の体内から
放出されるスパイクタンパクなど
からの伝染とも解釈したり、接種者
から発する放射線からの被害かも
知れないとも、語っておられます。
そのあとの説明から、この接種から
の電離放射線説は、十分にあり得る
と結論を出されたようです。)

いつも患者から学ばせてもらっている。
上記の患者は、シェディング(ワクチン
接種者から何らかの病原物質が出ていて
その悪影響を受けること)の症状が
出やすいことを自覚していて、その
対策をいろいろと模索している。
症状が出やすいがゆえに、どういう
状況がその症状をもたらしたのか、
またどういう対策が症状を軽減したのか、
が敏感に分かる。こういう患者から
得られる情報は多く、僕としては
非常にありがたい。
シェディングとは何なのか。接種者の
呼気や毛穴などからスパイクタンパクが
発散しているのかもしれないし、
何らかのウイルスが出ているのかも
しれない。上記の学者は「放射線説」
をとっている。真実は分からないが、
仮に接種者から放射線が出ていると
すると、シェディングとは被曝という
ことになる。

吐き気、頭痛、下痢、発熱。確かに、
いわゆるシェディングの症状は、
放射線障害の症状と一致している。

すでに1回以上接種者は9700万人を
超えた。つまり、ほぼ1億人の肉体が
周囲に放射線を発散している、という
ことになる。
福島原発の事故から10年後、まさか、
日本人1億人の体そのものが放射性物質
になるなんて、こんな事態を一体誰が
予想しただろうか。』
“出典:「ナカムラ医師のnote
記事」
ワクチンと放射線

崎谷博士が警告されていたように、接種者
の体内のスパイクタンパクやワクチン内の
毒性物質が、エクソソームに包まれて
体外に放出されたのを、被害者が受け取る
シェディングも、もちろんあるでしょうが、
接種者の体内のグラフェンによって増幅
された放射線に対する被ばくというのも
やはり健康被害につながるという事です。

そのグラフェンで、電磁波が増幅される
という事は、こちらの記事でも説明
していました。

酸化グラフェンは5Gの電磁波被害を
1000倍に増幅する!

そのグラフェンの電磁波増幅作用が
5Gの特定の周波数により、
1000倍になると説明されている
部分を再掲しておきます。


『ホセ・ルイス・セヴィラーノ医師は、
エル・ムンド・アル・ロホ[El Mundo
al Rojo]の短いインタビューの中で、
La Quinta Columnaがこれまでに行って
きた研究について説明し、また、
スペインチームについて知り始めた
ばかりの人たちからよく聞かれる質問
にも答えています。ウイルスが存在
しない場合、「感染」をどう説明する
のか?

スペインの研究者たちのフォロワー
たちは、5Gアンテナが定められた
上限を超える特定の周波数で放射
することをすでに知っています。
これらの周波数は、酸化グラフェン
によって1000倍になり、この注目を
浴びている物質を接種された人は、
よく知られているCOVID肺
(両側性肺炎)を引き起こします。』
“出典:「大摩邇(おおまに)」様の
サイト
実際のCOVID症例と他のタイプの
感染症との違い
より”

仮に接種者からの物理的なシェディング
で、グラフェンを含んだエクソソームを
体内に取り込んだ場合、非接種者で
あっても、体内の内部被ばくを受ける
可能性があるという事でもあります。

内部の放射性物質であっても、外部
からの放射線であっても、デトックス
には、天然塩や発酵食品の接種や今回
取り上げられていたフルボ酸や
シラジットなどの接種も大事なよう
です。

さらに、松葉茶のスラミンや、クエン酸
MMCなどがありました。
そしてまた酸化グラフェンのデトックス
として以下の画像のようなグルタチオン
が良いようで、私はこちらにあるような
自然物から摂っていきたいと思います。

また放射能被害のデトックスには、
天然塩入りの風呂や、フルボ酸入りの
風呂もよく効くという話もあります。

結局人体の本来の生命力を活性化
させる事が、放射能被害の軽減には
大事なので、生命のプラズマ―
エネルギー循環を助けるように、通電
させるミネラル入りの風呂は、とても
良いと思います。
もちろん天気の良い日に土の上に
裸足で立つアーシングも効果的
でしょう。

ではまた(^^)/

いつもありがとうございます(*^_^*)

アジェンダ真相編001

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

波動で満たされた現実世界・・・実は宇宙全体の一部だった!?


まずこの私たちの体験している
(実際には、そう感覚的に思い込んで
いる)現実世界は、目に映る物質に
囲まれた世界です。
公式の科学では、空間でさえ気体分子
が存在し、それ以外も電離された素粒子
で満たされているという解釈をしていて
、真空(これをエーテルという目に
見えないエネルギーと表現する場合も
あります。私は電磁気の源泉である
プラズマもエーテルにあたると想定
しています。)はあたかも自然界に
存在していないかのように説明して
います。
こちらのウィキペディアの真空の
説明をご参考に

もしウィキペディアの「真空」の説明
を読んで、この世に物質の全くない
空間つまり私たちが普通にイメージ
する真空がないと思う人がいたら、
それは公式の科学の誘導にはまって
騙されたのだと自覚して欲しいもの
です。
その事については、私のこちらの記事
で説明しています。
我々が「真空」を意識しないように
教育されてきた理由とは?

つまり私たちの現実世界では、物質は
存在せずに、そのように見えるだけの
エネルギーの存在する世界だという
事です。そのエネルギーの源泉は
プラズマエネルギーをベースにした
波動エネルギーだという事です。

その事は、こちらの記事で説明
しています。
真空はプラズマエネルギーでもある!
その仕組みのカンタン説明

プラズマ宇宙論では、宇宙の
99.99999%がプラズマ
だとしていますが、要するに
電磁気の元である素粒子が
電離された空間が、ほぼ全て
だという解釈です。

素粒子自体も、実は体積を持つ
物質としての性質と波動としての
性質と合わせ持つと言われて
いますが、五感のレベルで私たち
が捉えない以上は、波動でしか
ないというのが真実です。

私たちの五感が意図的に制限
されたボディマインドプログラム
なので、真実の世界を理解する
ためには、その制限を取り除いて
しまわなければなりません。

そうなると宇宙はプラズマの
波動で満たされていて、それは
電磁気・電磁波の性質を持つ
という事になります。

もちろん宇宙のプラズマの大半は
潜在的な電磁波状態なので、観測
できませんが、電磁波の波動として
感知・観測できるようになると
電磁波の光または周波数として
捉えられるようになります。

観測できる領域というのは、
こちらのグラフです。

“出典:「GEO MAGNETIC CORPORATIN」様”
この画像で、円全体が宇宙だという事です。
ほとんどダークエネルギーとダークマター
ですね。私たちは、もちろん見えません。
というより感知・観測もできないのです。
私たちが観測できるのは、オレンジの部分と
白の部分を足した領域で、全体の4%だけ
だという事です。
つまり私たちは、宇宙のほとんどの領域を
観測できていません。

上の図は、公式の主流の科学としての
ニュートンの重力理論をもとにした
ものなので、プラズマ宇宙論でいくと
ダークマターやダークエネルギーの
部分が、プラズマエネルギーの領域
だという事になります。

ここで大事なポイントがあります。
みなさんになじみの深い言葉である
波動・振動・周波数などは、ダークマターや
ダークエネルギーのようなレベル、また
プラズマエネルギーレベルでは感知・
観測されないものだということに
なります。
つまり宇宙全体のほんの一部だけが波動
であり、残りのほとんどすべてが波動の
潜在的エネルギーだという事
なのです。
意外に思われるかもしれませんが、
感知・観測されるものは、波動を
電磁波のような形で捉えることが
できますが、感知・観測できない
ものは波動として捉えられるわけでは
ないという事なのです。
もちろん周期的な波動である
周波数についても同様です。
つまりダークエネルギーもダーク
マターも、潜在的なプラズマ真空空間も
波動ゼロ・周波数ゼロだという事なの
です。

なので見えない世界もすべて、周波数
で表現されるというのは、間違いだと
いう事ですね。

魂とか霊とかの領域は、潜在的な
波動レベルだという事です。
もちろん魂や霊魂がプラズマ現象を
起こして、写真に映り込んだり、
人魂のようなプラズマレベルの浮遊物
として現れたり、メッセージとして
電気現象を引き起こしてみたりする
ように私たちの仮想現実に現象として
関わってくる場合には、波動が感知
される事もあると思います。
ですが、通常の状態では、魂や霊、
アストラル体などは、周波数として
感知されませんので、周波数はゼロ
という事になります。

つまり私たちが五感や科学的機器で
認識する物質世界は波動でできている
というのは正しいし、周波数で多くの
事を理解することもできます。

ただ世間では、この波動という言葉を
霊的領域や魂レベルにも適用して
波動のレベルが高いとか、周波数が
高いというように表現するので
少しややこしくなるわけです。

なので私は魂や霊のレベルが高い
とか低いという場合は、意識レベルが
高いとか低いという表現にしている
わけです。

ですが私たちの体験している、物質的な
仮想現実(マトリックス)の世界を深い
レベルで知ろうと思えば、やはり
ニコラテスラの言う通り、周波数・
波動について研究する必要がある
という事です。

二コラ・テスラの名言

「宇宙の秘密を知りたければ、
エネルギー、周波数、振動の観点から
考えなさい。」

周波数とは、一定の数値で示される
周期的な波動という意味なので、数
そのものを指しているのではありません。
この周波数という言葉は、少し誤解を
生みやすいですね。
波動の事だと考えて間違いないです。
また周波数の波動は、振動でもあります
見る角度が違うだけなので、それに
ついては、こちらの記事が参考になります。
「波動」の仕組みと「思考と意識」の
マトリックス!奪われていたのは
本物の思考だった!

さて我々が感知・観測できる物質世界
の秘密は周波数(一定の周期で循環する
波動)・波動・振動にあるという
わけですが、周波数についてとても
わかりやすくまとめてツイッター
で投稿されてるsiroさんという方の
説明を見てみましょう。

👆の動画


サイマティクスのコンセプトについては
こちらの記事が参考になります。
音の波動は、現実世界の創造につながる!真理を見せるサイマティクスとは?
つまり音の波動が、私たちの
物質世界を創造するエネルギーの
一つになっているという事です。

この四元素は全て、電磁波領域として
感知・観測されるレベルです。
火・空気(風)・土・水は古代西洋
での概念ですが、中国では五元素
つまり木・火・土・金・水が、世界
の要素だとしています。
木は有機的生命体として捉えるなら
西洋よりも、あたたかみのある捉え方
のようにも思えます。

大事なのは、電磁波で感知・観測
できる西洋の四元素と次元を異にする
五つ目の要素として紹介されている
エーテルです。
こちらは電磁波ゼロ・周波数ゼロの領域
にあるので、プラズマエネルギーの
潜在領域と同じ意味となるのです。

エーテルもプラズマも、電磁波の
ベースとなる領域だという事です。
そしてこの領域が宇宙の大半を占めて
いるというわけなのです。

「世界はエーテルの圧力による統合体の
フィールドであり、一つのエネルギーですが、
一見は分離した形態となっています。」

まさにこの通りで、宇宙全体が一つの
エネルギーなので、電磁波・周波数は
そのごく一部として捉えられるもの
だという事です。
エーテルの圧力というのは、公式の科学
でのダークエネルギーという事に
なりますし、より正確なプラズマ宇宙論
では、
プラズマの潜在エネルギーという事
になります。


波動がらせんと振動を同時に体現
しているという図は、こちらになり
ます。


物質として現れているものは全て
トーラスのエネルギー形態を取る
という事は、こちらの記事で詳しく
説明しています。
真の宇宙モデルを理解するために 
後編  トーラスと決定的発見

こちらの記事にもなかった注目する
べき情報は、果物を横に切れば、上の
ツイートでも取り上げられていた
ような固有の周波数による幾何学模様
となり、縦に切るとトーラスの形状と
なるという事です。


私たちの物質的な自然界は、数学的な
プログラムに従っています。
その鍵を握るのが、黄金比や
それに深く関係するフィボナッチ
数列というものです。
トーラスの中央にある螺旋は、
黄金比に従う、黄金螺旋の形態を
取っています。
黄金比についてはこちらの記事で
説明しています。
宇宙と自然の神秘を解く秘密は黄金比に
あった!支配からの解放へ!

黄金比!隠された真実を追えば、
被支配からの出口が見えてくる!

また宇宙には、始めも終わりもない
というのは、主流の公式の科学で
主張されているビッグバン理論が
間違いだという事ですが、まさに
その通りで、ビッグバン理論が
間違いだという証拠を取り上げての
説明はこちらの記事になります。
常識とされているビッグバン理論は
とうの昔に破綻していた!反証の数々
の総まとめ

宇宙の永遠の運動については、私の
説明があります。
宇宙の永遠の運動とは、宇宙のすべての
要素と同じく全体としてもトーラスの
形状をとっています。その循環の
中心部が二重らせんのスパイラルと
なっていて、それぞれは逆方向の
エネルギーの流れになっているという
事です。そしてやはり双方向の
エネルギーは相殺されてゼロになり
ます。


チャクラは、私たちの肉体が、
物質次元を超えた高次元からの
エネルギーを受け取る場所で、
心臓付近にあるハートチャクラを
中心として七カ所または十二カ所
あると考えられています。
生命エネルギーのセンター心臓は、
次元間のゲートのハートチャクラだった!


周波数とは、一定の周期を持つ波動
であり、循環する定常波だという事
です。
これは、どの周波数で示される波動も
循環するトーラスであるという事に
なります。


周波数の低い方が、高い意識
レベルにつながると、繰り返して
きましたが、赤や橙というのは、
夕焼け、朝焼けの日の光の色の
波長で、高い意識レベルに直結する
松果体が活性化する波長だという
事も、裏付けの一つに加えて良い
と思います。
また人間味のある温かみを感じ
させるのも赤や橙の色の特徴
ですが、高い意識レベルに
つながるハートチャクラの
エネルギーを活性化させるのも
そのような温かい心なので、
やはりここでも周波数の低い
赤や橙の色が、高い意識レベルへと
つながる裏付けになっていると
思います。

また音に色を感じる人は、本来の
感覚を持つ人だとも言えて、
臨死体験者やアヤワスカの服用者
たちが、見えるものが聴こえて、
聴こえるものが観えるという報告
があるのと一致します。

つまり囚われた五感だからこそ
視覚と聴覚で捉えられる周波数が
違うという事なのです。

さてsiroさんの画像付きの解説と
私の補足説明と記事によって、
周波数について、理解を深めて
いただけたと思います。

ここでもう一度まとめておきますね。
私が使用する周波数という言葉は
周期的波動の事で、数そのものを
示しているのではありません。
周波数の波動である定常波の周期的な
数値の事を示す場合は、振動数や
波長の単位が用いられます。

私たちの捉える物質的世界は、この
周波数の定常波で満たされていますが、
宇宙は、ほとんどがダークエネルギー
や、ダークマターまたは潜在的
プラズマエネルギーのように感知・観測
できない、ゼロ電磁波、ゼロ波動
の状態で存在しています。

つまり波動で捉えられる、物質世界の
秘密を知るためには、二コラ・テスラ
の遺してくれた言葉、周波数・振動に
ついて深く知る必要がありますが、
宇宙全体を深く知るためには、その
宇宙のほとんどを占めるゼロ波動
(振動数ゼロ)についても深く知る
必要があるという事なのです。

そして本来の我々の意識、つまり
ワンネスこそが、そのゼロ波動
(振動数ゼロ)の正体なのです。

アイクがアヤワスカを服用して、
ワンネスの絶対意識としての内なる
声として聞いた「振動するものは幻」
という言葉は、その裏付けの一つに
なります。

私たち自身は、その絶対意識である
ワンネスとつながっていますが、
それが生きて肉体を持っていると
いうマインドは、そのワンネスとの
つながりを意識させないための
トラップとして働いてます。

具体的にマインドが囚われている
仕組みは、DNAの二重螺旋を
観ればよくわかります。

DNA二重螺旋は、逆向きのスパイラルで
その内側の軸は、ゼロ磁場、つまり
ゼロ電磁波・振動ゼロの領域なの
です。つまりゼロ波動の本来のワンネス
の意識が、DNAの二重の鎖に縛られ
閉じ込められているという事に
なるわけです。

つまり肉体のDNAの波動に
閉じ込められたワンネスの意識は、
そのDNAの生み出す肉体的な
波動のフィルターを通して、
ボディマインドとなって、五感の
世界に我々を閉じ込めているという
わけなのです。

そのことはこちらの記事でも
説明しています。
私たちの意識は、DNAに存在していた!?  
物理的な証明を画像で解説!

記事より

これは、二重螺旋のそれぞれの螺旋は
逆向きに流れる電磁気の波動だという
事を示しています。

しかも逆向きに流れて、一定の間隔を
保った、その内部は、超伝導が実現
されていて、しかもゼロ磁場である
という事です。

ゼロ磁場とは、つまりはゼロの電磁場
という事です。(磁場と電場が一体の
ものであるという事は多くの人の盲点
です。公式の科学では、やたら複雑に
説明されて真実が見えないように
させられているだけです。)
つまり波動ゼロの意識が、本来の意識が
唯一存在できる場所だという事になる
わけです。
つまり私たちの本来の意識が物理的に
存在している場所がDNAの二重螺旋
の内側だという事です。

つまり私たちが宇宙の秘密を深く
知ろうと思えば、その大半の領域を
占める周波数ゼロ、振動ゼロの世界も
知る必要があるという事なのです。

ではまた(^^)/

いつもありがとうございます(*^_^*)

隠された科学的真実編

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

音の波動は生態系も反映する!鍵は周波数にあった!


この記事は、
音の波動は、現実世界の創造につながる!
真理を見せるサイマティクスとは?

の続編にあたります。

今回も音の波動を視覚的な映像に
変換するサイマティックスの実例を
取り上げながら、音の波動と生態系
というテーマで書いています。

地上の生態系には、大きく分けて
二つあると思います。
それは植物系や草食動物系のような
共生のコンセプトを持った生態系で、
もう一つは、肉食系動物などの、
弱肉強食のコンセプトを持った
生態系です。

後者はまさに、支配層が望むピラミッド型の
社会と酷似していますが、まさにこれこそ
支配層が太古の昔に地上に仕組んだ
生態系のマトリックスだったという事なの
です。

それに関連して
進化論の破綻と月とのつながり
という記事でも説明させていただいた
ように、20万年前に、現在の地上の
生命種の90%が突如として出現した
という驚愕の事実が明らかになり
ましたが、それにより進化論は完全に
破綻している事が明らかとなり、それ以前
の黄金時代の世界中の伝承が共生の世界で
あった事と合わせると、20万年前に、
突然弱肉強食のコンセプトの生態系が
出現したと考えるのが妥当だという事
なのです。

そしてこの波動を地上に届けるのに、
前回の記事でも最後に説明しました
土星-月の星間マトリックスからの
波動があるという事です。

少し難解ですかね。
またこの事は、別の記事で説明します。

さて音の波動と生態系についての説明に
入りたいと思います。

前回、音の波動が砂や水に作用し、物質的
形態を創造するという事をご紹介しました。
この音の波動を形で表現したものが、つまり
サイマティックスという事になります。
そしてこの音が、波動つまり周波数に
よって、また定常波などの条件にも
より、花の形の原型のような調和の
とれた結晶になる事も、ご紹介しました。
この定常波と音の関係は、また別の記事で
説明させていただきたいと思います。
今回は音の波動と生命の波動と
意識エネルギーについて、とても貴重な
真理のヒントが、サイマティックスに
よって得られたのでそのご紹介をします。

“以下の画像はすべて
出典:「ウォーター・サウンド・
           イメージ」
 アレクサンダー・ラウターヴァッサー著
       増川いづみ[監訳・解説]”

図1

図2

図3

まずは、前回もご紹介した、定常波に
よる音の波動の形態です。
とても調和がとれた美しいものですね。
特に図1と図2は、花びらの元型として
の調和という事で紹介されています。
また図3も似たような低い周波数(波動)
での調和のとれた結晶だという事です。
つまり植物の放射している波動が、この
花びらのような形態を示しているという
事なのです。

我々が感知する音の周波数は
10Hz~20,000Hz程度ですが、
これらはすべて、音の波動の中でも
非常に低い振動数によるもので、花びら
に代表される植物の波動がとても低い
事も同時に証明しています。
(ちなみにHzはヘルツの事で振動数
・周波数を表します。)

では次に動物の放射している波動が
どんなものか、今度は砂を媒介とした
クラドニ図形での画像です。

図4

図5
これは図4のシマウマの毛皮の模様を
映した画像ですが、このたとえば
シマウマのお尻の画像と、下の図5
の画像の柄がよく似ているのが
わかりますね。
つまりシマウマが放射している周波数
の波動が1355Hzだという事なのです。
花びらの波動から二ケタも高い周波数
(波動)になりました。
つまり動物の波動の方が、植物に比べて
非常に高いという事です。
そしてシマウマは草食動物でしたが、
今度は肉食動物ならどうでしょう。

図6

なんと肉食動物の豹の毛皮の模様の
波動がなんと1万101Hzのクラドニ
図形と酷似していますね。
つまり草食動物のシマウマの波動が
放射してできた模様は1355Hz
の周波数でしたが、豹だとケタが
変わって高くなり、1万101Hz
という高い波動により毛皮の模様が
形成されているという事を示して
います。
つまり草食動物より、肉食動物の方が
圧倒的に、「波動(周波数)が高い」
という事なのです。

さて一般的にスピリチュアルで、常識
のように言われているのが、波動
(周波数・振動数)が高い程、意識レベル
が高いという事でしたが、私のこれまで
紹介させていただいてきた記事では、
波動が低いほど意識レベルが高いという
事でした。
脳波が低いほど意識レベルが高くなり、
臨死状態でほぼ0Hzになると圧倒的に高く
なる事が明らかだし、五感にもレベルが
ありますシリーズでも、さんざんその
根拠を説明してまいりました。つまり
きちんとした根拠に基づく結論なので、
異論のある方は、まずその根拠をご覧に
なってくださいね。

そしてまた、このサイマティックスでの
実例が、どちらの見方を裏付けている
でしょうか?

上記の例が示しているのは、植物から
草食動物、肉食動物と変わっていくと
どんどん周波数、つまり波動が高くなって
います。肉食動物は、波動がケタ外れに
高いですよね。
では肉食動物の意識レベルは、どうで
しょう。弱肉強食の法則にしたがって、
逃げる草食動物を、獰猛な姿で追いかけ
回して、口の中に血をしたたらせて、
むさぼり食う姿を見て、調和と愛の
波動で表現されるような、高い意識
レベルを感じますか?
「感じます!」という方には感覚が
おかしいですと素直に教えてあげるのが
その人への愛情というものです。

わかりやすいのは、意識レベルが高い
というのは、「調和」と「共感」そして
「共生」という概念があてはまる「愛」
につながる意識エネルギーです。
つまり弱肉強食のエネルギーを発揮
する獰猛な肉食動物のように、逃げる
おとなしい草食動物を追いかけ回して、
命を奪うような姿とは、真逆の
意識エネルギーなのです。つまり共生と
調和のエネルギーに満ちた、植物の方が
意識レベルが高いということなのです。
だれが美しい花を見て、これは低い意識
レベルの表現だなんていう人がいるで
しょうか?
間違いなく植物の発している波動が、高い
レベルの意識エネルギーである事は
確かですよね?
つまり植物の波動・周波数の低さは、その
まま意識レベルの高さを表していて、
つまり波動(周波数)が低い方が、意識
レベルが高い事をここでも証明してくれた
というわけなのです。

え?弱肉強食が自然の摂理?とんでもない!
それは肉食動物から見た偏見というものです。
共生の植物にも、そしてまた共生のエネルギー
を分けてもらうだけの草食動物にも、そんな
摂理はあてはまりません。
これは月の真実編の
進化論の破綻と月とのつながり
でも参考になる事が書かれています。
つまり長い地球の歴史の中で、比較的最近に
なって、現在のような「弱肉強食」の生物
体系が、できあがったという事なのです。
つまりもとからの「自然界のルール」という
わけでも、地球の基本的な自然の摂理と
いうわけでもないという事です。

そして肉食動物は、草食動物に比べて圧倒的
に短命で、そしてまた木などの植物が、
とんでもなく長寿である事を考えれば、
どれが、より「自然の摂理」にかなった
生き方をしているか、答えは明らかでしょう。
え、小さな花ですぐに枯れてしまうものは
どうだって?花が寿命でもないし、植物は
単体での生命というより種という意識で、
さらに地球の大地の生命エネルギーの一部と
いうレベルの意識のものです。
つまり地球上の植物全体が、一つの生命で
あるという見方にもなりますから、全く
永続的に近いエネルギーという事になり
ます。

だから植物をいただいている草食動物には、
「命を奪う」という潜在意識が根底に
あるのではなく、「命を分けてもらう」と
いう意識なので、「共生」の意識があて
はまるのです。

そうそう目を見てください、獰猛な動物の
目や肉食系の動物の瞳が細くなる時が、
ヘビのように邪悪だと感じませんか、
そして草食動物の目は、真っ黒な瞳そのもの
が目となっています。
どちらが、愛情深い目に思えるでしょう?
みなさんの、右脳を中心とした感性で、
どちらの方が「意識レベル」の高い生物種か
、感じられませんか?

という事で今回は、音の波動による実例から
も低い波動(周波数)の生物の意識レベルの
方が、高い波動の生物の意識レベルよりも
高いという事を裏付けられるという説明を
させていただきました。
つまりより低い波動の方が高い意識レベル
になるという事です。

そしてスピリチュアルの世界の人々は、
表現の仕方を変えればよいだけです、
これからは、高い意識レベルは、波動の
レベルが高いという言い方ですね。
これなら波動や周波数が低い事が
意識レベルの高さを示すという真理と
相反しない言い方になります。
長いのが、だめだという人はここまでで
いいと思います。

ここからが波動についての説明に
なりますので、お時間のある方だけ
どうぞー💦

いまだに、スピリチュアルな世界の
方々が、高い意識レベルが波動が高いと
いっておられるのが不思議でしょうが
ないんですけど。
「波動といったらなんだかすごそう、
だから意識レベルが高いという事は、
波動も高いんじゃない!?」
というような感覚でしょうね。
波動とは単に私たちが「感知・観測」
できる範囲の宇宙の基本エネルギー形態
だというだけの事です。
私たちは、振動しているものなら感知・
観測できるので、全て振動数で表すことが
できます。ここで振動と波動とは同じ物
だという事を説明しておきましょう。
下記は引用ですが画像だけ見て
いただければわかっていただけると思い
ます。


物体が円周上を一定の速さでまわり続ける
運動を等速円運動と呼びますが、この物体
に横から光を当てると壁に映った影は
周期的な往復運動をします。

この動きを単振動といいます。物理において
等速直線運動の次に基本となる重要な運動
です。

各点が隣の点を引っ張っり上げたり
引き下ろしたりしながら次々に伝わるのが
波です。波をよく伝える媒質はばねの性質を
持ち、各点がこの単振動という動きをして
います。目を凝らして1つの縦の線に注目
して見てください。
このときできる波の形はきれいに整って
いて、正弦波と呼びます。数学で習う
正弦曲線(サインカーブ)と同じ形なので
このように呼びます。”
“出典:「正弦波 わかりやすい
高校物理の部屋」

上の波の各点は、実際にはつながって
います。
要するにこれら全ての動きを立体的に
表現しているのがスパイラル(渦巻き)
で、それが「波動」のエネルギー形態
だという事です。振動数は、上の画像の
ように波の頂点から頂点に戻ってくる
のが、一秒間に何回かという事を示す数
です。
つまり見方を変えれば、円を一周する
間という事ですね。
でこれを立体的に見たのが波動というわけ
です。

さてこの私たちが感知観測できる波動は、
しかし宇宙の一部なのです。
宇宙全体の95パーセントは、
ダークマター・ダークエネルギーと
呼ばれて観測できません。
つまり波動のない真空だという事です。
しかも本当は95パーセントどころでは
ありません。
誰も宇宙のサイズを知らないからです。
つまり宇宙全体の領域が特定できて
いないのに95%という数字が特定
できるはずもありません。主流の科学が
とにかく数字を出しておかないと権威が
失墜するから、一応95%としている
だけのものなのです。要するにわれわれ
が、波動として感知観測できない領域が
宇宙の大半で、それが主体である事を
まずご理解してくださいね。
そして真空の方が圧倒的な潜在エネルギー
を持っているのです。このことは
宇宙は全てまさかの真空です
宇宙はプラズマ
という記事で説明していますのでご覧
ください。

このように波動は単に、感知・観測できる
範囲の宇宙のエネルギー形態というだけで、
感知することも、観測することもできない
霊的なレベルの意識や、高次元の意識
エネルギーは、波動とは別次元にある
という事なのです。
つまり本当の高い意識レベルというものは、
波動がゼロの状態であり、われわれが
生きている間の高い意識レベルというのは、
限りなくゼロに近い低い状態だという事なの
です。
高い意識レベルに達した臨死体験者の波動
は感知されません、そして脳波はほぼゼロ
です。つまりほぼ波動がゼロの状態だと
いう事ですが、これまで見てきたように
その波動ゼロの臨死体験者の意識は、
圧倒的に高いレベルの意識だという事が
わかります。
だから周波数の高い波動が、高い意識
レベルという知識は全くの間違いだ
という事なのです。
ただ、あまりにもなじみの深い、
周波数の高い波動=レベルの高い意識
という考え方ですし、物質に
とらわれない感覚の言い方としては、
なかなかもったいない言い方なので、
私は意識レベルの高い波動などという
言い方にしています(^^)

ではまた(^^)/

いつもありがとうございます(*^_^*)

隠された科学的真実編

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

シュタイナーも警告していた悪魔の音律440Hzは土星の波動だった!


この記事は、
音の波動は、現実世界の創造につながる!
真理を見せるサイマティクスとは?

の続編・補足・傍流記事という扱い
になります。

なんせ古い記事だったので、結局
いろいろ詰め込んだだけの内容を
いろいろ補足してみたいと感じた
わけです。

とはいえ長いので、これまで
取り上げた記事の内容もたくさん
含んでいるので、おわかりの
部分は飛ばしてお読みください。

まずは前回のおさらいとして
音の波動は、視覚的な世界の創造に
つながるという事でしたね。

エルンスト・クラドニ(1756-1827)
に始まり、ハンス・イエニー
(1904-1972)によって、
サイマティクスという言葉が生まれ
音の波動が、視覚的な現象を生み出す
事が広く世界に知られるように
なりました。

それは音楽の世界でも、大きな視点を
もたらしてくれたのです。

あのシュタイナーも知っていた、
音の波動の究極の秘密!
432Hzが鍵!

で取り上げたように支配層の
陰謀により、世界の音楽の調律の
基準音律が440Hzに、
無理やり定められたのですが、
当時というか伝統的に西洋音楽界
では、ベルディの推薦する432
Hz
や、バロック音律と呼ばれる
415Hzや392Hzなど
様々な調律が用いられ、
特に432Hzは、ギリシャ時代の
楽器の調律にも使用されていたり
432という数字はあらゆる
古典的文明遺産の数値や天文学的
な数値ともシンクロしていたり
する事で、非常に人類や自然界との
調和が感じられるものでした。
何より440Hzに定められた
当時432Hzの保全活動に数多くの
ミュージシャンや音楽院が署名を
集めた事でも、どれだけ432Hzが
愛され、440Hzが忌み嫌われて
いたかを理解する助けになります。

そしてシュタイナーの警告があります。
👆の記事より

今度は神智学者としてあまりにも有名な
ルドルフシュタイナーが、彼の弟子
たとともに、障害者の子供たちの治療の
ために、ライアーという楽器が創り出さ
れたのですが、シュタイナーは、この
楽器の調弦の音を「432Hz」と
一発で決定したというのです。

彼は「A=440Hzの音調は、人類の
未来を悪魔が支配する世界に変える
だろう。逆にA=432Hzは、愛と
調和の世界に人類を導く」という言葉
を残しています・・・

果たして、現在440Hzが世界の
音楽の基準音律となっていますが、
世界は、確かに悪魔の支配する
世の中になっています。
(まあ真実を見極める力のある人なら
今世界が、支配層の目論む、超管理
支配社会へ向かっているという事は
間違いなく理解されているはずです。
それが完成してしまえば確かに
悪魔の支配社会が完成します。
もちろん失敗するとイメージして
ますが・・・)
シュタイナーの警告通りですが、
ここでなぜ440Hzが、悪魔の
世界を導くのかという謎が残って
いますよね。
前回の記事では
そこが示唆に留まってしまっていた
ので補足する、今回の記事に
つながったというわけです。

つまり今回の記事はここからです。
(いつものように前置きが長い😓)
さて前回の記事でも取り上げた
その二つのサイマティクス画像が
こちらです。

悪魔の世界を引き起こす440Hzの
画像をよくご覧になってください。
六角形に見えませんか、まさに
それは土星の波動の六角形の波動
なのです。

音の波動により六角形が創造される
というのは前回の記事の画像にも
ありましたがこちらです。

“出典:EVERYTHING YOU NEED
TO KNOW
    DAVID ICKE著
      David Icke BOOKS 刊”
つまりこの音の波動と、440Hz
そして土星のリングの波動は、
深く関係しているのだと思われます。

土星のリングの作用によると
推測される、土星の北極の巨大
六角形の渦の画像がこちらでした。


“出典:二点とも「カラパイヤ」様”

この土星の北極の六角形の渦も
リングからの音の波動で形成
されたものと考えられますが、
その理由はこちらの記事で説明
しています。
ムーンショット計画は太古からの
土星システムの進化版だった!?

要するにこの記事では、太古から
現在にまで続いている、世界の
支配層が非人類種で、太古から
土星のリングのテクノロジーを
使用して、地上の生命種と人類の
DNAに、遠隔電磁波操作で働き
かけ、特に人類においてはその能力
を大きく制限させてきた事の裏付け
となる理由を説明しています。

記事より


「この話は、都市伝説のような根拠のない
ウワサ話ではありません。アメリカの
航空宇宙工学の科学者、
ノーマン・バーグラン博士が正式に
発表しています。
下の図はバーグラン博士
(Norman Bergrun)が作成したものです。
土星の環の中に、3機の巨大UFOが潜んで
いる状況を説明しています。

描かれているのは葉巻型の母船UFOですが、
最大のものは、億単位の宇宙人が生活
できるような超巨大宇宙ステーション
なのです。~
~バーグラン博士は、
NASAの宇宙計画の科学探査チームで、
惑星探査機からのデータを分析していた
一流の科学者です。
博士は、1980年に土星を通過した
ボイジャー1号と2号から送られたきた
写真をコンピュータで分析した結果、
土星のリングの中に巨大なUFOが写って
いる!という、驚くべき発見をしたの
です。
それは長さが5万kmもある金属製UFOで
した。なんと地球の直径の約4倍の長さ
です!~
~バーグラン博士は1986年に、
『Ring-makers of Saturn
(土星リング人工建造物説)』という
著書を発表しています。
それは、「リングのあちこちに地球の
直径ないし、それ以上のとてつもない
サイズの超巨大な葉巻型の物体が、
停泊したり、発着したりしている」
という、驚くべき内容でした。~
~バーグラン博士は、この超巨大な
宇宙船を「EMV(電磁力式輸送機)」
と名づけ、高度に進化した
電磁力推進原理を使って、広大な宇宙を
自在に行き来している宇宙船の一種
だろうと推測しています。
土星の環は、この巨大な宇宙船が
人工的に作っているというのが博士
の主張です。~
~1996年4月、ハッブル宇宙望遠鏡が
土星リングの連続赤外線撮影を行った
ところ、バーグラン博士が述べてい
た超巨大な宇宙船らしき物体が、リング
沿いに移動している写真が捉えられて
いたのです。~

~さらに2007年の夏には、フランスの
大衆新聞「ラクチュアリテ・インソリト」
に驚くべき内容が発表されました。
紙面には、土星探査機カッシーニが撮影
したという、3機の巨大な葉巻型UFOが
掲載されています。


“「」内画像も含めて全て、
「宇宙怖すぎ」宇宙の不思議
NASA情報も有り
  様”

また他にも多くのサイトが取り上げて
おられます。
下の画像も引用させていただきました。


“画像2点とも出典:
Ancient code」様”
これをみたら、多くの方が納得されたの
ではないでしょうか?
ただ最初に非公開のNASAの画像を
公開するとはとても勇気のある事だと
思いますが、バーグラン博士に大感謝
ですね。~

上の図のように現在でも、地球4個分に
相当するという巨大なUFOにより、
土星のリングは増設、修正、加工して
いるというバーグラン博士の説明が
正しいという事が理解できます。』

土星のリングはケイ素でできている
という証拠の記事も書いています。
ケイ素は、水晶の素材でもありますが、
半導体の材料としても使われています
ね。

つまり、情報の発信・受信・変換・
保存として最適な材質だという事
です。

もちろんパソコン・携帯・テレビにも
使用されていますが、なんと、細胞膜
もケイ素でできていて、半導体の液晶
として、情報を選択して送受信そして
保存・変換できるものだという事です。

つまりこれはDNAの結晶構造にも適用
されて、同じように電磁気信号または
波動の送受信・変換・保存という働きに
役立っているという事なのです。

DNAが時空を超えて電磁気信号などの
波動を送受信する事が知られていますが
その説明が
DNAの驚異の力 その4改大幅修正分   
ハイパーコミュニケーションとは?

という記事にあります。

重要部分を抜粋しますね。

「さて、私たちのDNAがアリのハイパー
コミュニケーションの能力がある事も
実験で確かめられています。

まずワームホールという言葉について説明
します。
これは、アインシュタインローゼンブリッジ
と呼ばれる微細なブラックホールのこと
です。
このワームホールは、情報を「現在の空間と
時間の外」に送ることができるもので、宇宙
の異なる領域とつながっているトンネルなの
ではないかといわれています。
DNAが、そのワームホールのような状態を
つくることが、実験で明らかになってきま
した。
これが、我々の人体にも見られるハイパー
コミュニケーションということなのです。
ワームホールがつくられる状態、つまり
ハイパーコミュニケーションが行われる
状態では、最もリラックスした状態で強く
効果が出ることがわかり、またストレスと
心配、そして「過剰に固定化された知性」
がハイパーコミュニケーションを妨げる
こともわかっています。」

このように時空を超えて、電磁気情報も
送受信できる事が、良い方向へ使用
される事も当然あるわけですが、太古
から、支配的な存在が、それを悪用し
私たちのDNAを遠隔操作するのにも
役立ててきたというわけなのです。

つまり上記のワームホールを介して
直接DNAに超遠隔から信号を送り込む
事が可能だという事です。

つまり土星のリングからのプラズマ的な
電磁気信号が月を介して、地上の
生命のDNAに直接届けられる事により
太古から私たちの生体システムが
コントロールされてきたという
事なのです。

要するに人類を遠隔するための
波動が、太古から地球上の生命種や
人類に送られ、人類の能力も大きく
制限される事になったというわけ
なのです。

リングからの遠隔操作の証拠の一つが
こちらの画像になります。
もちろんこの画像の公開者は、土星の
リングによる太古からの遠隔支配などは
全く想像もしていないようなので
余計に参考になるというわけです。

記事より


土星が“レーザービーム”を照射、攻撃モード
に替わる瞬間が激撮される!
やはり土星全体が宇宙人基地
だった?

今月18日、アマチュア天体観測家の
ポーラ・ギリー氏がとんでもない
動画をYouTubeに投稿した。

 今月11日午後6時59分、土星を観測
していたギリー氏は全く予想外の
光景を目の当たりにした。なんと、
土星から赤いレーザーが放射されて
いたというのだ! 

 なにはともあれ、まずは動画を
ご覧頂こう。

動画は「YouTube」より引用
 動画の冒頭、写っているのは我々
のよく知るグレーの土星だ。しかし
次の瞬間、太陽のように真っ赤に
なった土星が出現、赤いレーザーが
土星の輪から照射されたのだ。
それも1本だけではない、同時に
2本のレーザーを照射しながら、
断続的に何本ものレーザーが
放たれたのだ。よく見てみると
青いレーザーも一瞬照射されて
いるのが確認できる。~

 動画のコメント欄には200を
超えるコメントが寄せられて
いる。

「OMG OMG OMG!!!!!」
「これは脅しか? 戦争が始まる
のか?」
「このレーザーは土星から照射
されているのではなく、土星に
向けて照射されている可能性も
あるかな?」

 どのユーザーも謎のレーザーに
驚きを隠しきれない様子だ。
土星に一体何が起こったの
だろうか?トカナ編集部で
考察してみよう。
 かつてNASAエイムズ研究センター
に勤務していた科学者の
ノーマン・バーグラン博士は、
1980年にボイジャー1号と2号から
送信されて来た映像から、土星の
リングの中に、長さが1万キロから
5万キロに及ぶ、3機の巨大な
葉巻型宇宙船がいることを発見。
1986年には、その詳細を記した
著書『Ringmakers of Saturn
(土星のリングメーカー)』を
刊行している。

 バーグラン博士によると、
これらの宇宙船は土星の輪を
製造している張本人であり、その
輪の中に潜んでいるというのだ。
これほど巨大な宇宙船ともなれば、
内部は大都市並の文明が栄えている
ことだろう。宇宙人たちはそこで
ひっそりと繁栄してきたのだ……!

 すると、今回撮影された映像は、
土星の輪に潜む宇宙船から
照射されたレーザーなのかもしれ
ない。敵対する宇宙人を攻撃した
可能性もあるだろう。土星が赤く
燃え上がっていたことから、
レーザーのエネルギーとして
土星を利用している線も考え
られる。

 世界的UFO研究家スコット・
ウェアリング氏は、土星の輪が
シグナルをキャッチするための
アンテナのような役割を
果たしていると主張していたが、
それどころか土星自体が宇宙人
たちの要塞である可能性も出て
きたと言えるだろう。』

“出典:「知的好奇心の扉 
トカナ
」様のサイトより”

土星からレーザー光線が照射される
と、すぐに攻撃をイメージしたくなる
気持ちもわからないでもないですが、
単純に、信号を太陽系内のいずれかの
天体に送っているという見方が妥当
でしょう。

👆の記事では、土星の波動が
支配層の遠隔操作テクノロジー
の拠点のもう一つ月を介して、
地上に届けられるという見方を
していますが、もちろんそれも
あると思いますが、土星から直接
地球に届けられている可能性も
高く、その波動の一つは、まさに
六角形と大きく関係していると
思われるというわけです。

またその太古に地球上に、弱肉強食の
生態系が持ち込まれたという理由が
こちらになります。

記事より
『さて10万年前~20万年前に
突如、現在の生命種の90%が出現
したという、驚くべき調査結果が
こちらです。

『この研究の方法もすさまじいものです
。かつてなかったもので、誰も想像さえ
しなかったものです。
それは、10万種以上の生物種の DNA と、
アメリカ政府の遺伝子データバンクにある
500万以上の DNA の断片を「徹底的に調査
した」というものなのです。
そこからいろいろとわかったのですが、最も
衝撃的だったのは、現在地球にいる大半の
生物(人間を含む)が地球上に登場した
のは、10万年〜20万年前の間だとわかった。
そして、

「中間種は存在しない」。

ことでした。
その部分を記事の翻訳から抜粋しますと、
次のようになります。
おそらく、この研究の最も驚くべき結果は、
人間を含む現在地球上に存在する生命種の
うちの 10種のうち 9種(引用注:これは
おそらく上の記述からいっても10万種の
うち9万種という事だと思われます)が
10万〜 20万年前に出現したことが明らかに
なったことだろう。

これはつまり、この地球の生物の 90%以上は
「それ以前への遺伝子的なつながりがない」
ということでもあり、もっといえば、
・地球のほとんどの生物は 20万年前以降に

「この世に現れた」

のです。』
“出典:「In deep」様”

これはもちろん、いくらでも破綻の
証拠がある進化論では説明が
つきませんが、月からの信号が
地上の生命体にダイレクトに届いて
遺伝子書き換えを行う事は、1度に
遠隔からできるものなので、理に
かなっているというわけです。

実は、ワクチンで体内に埋め
込まれるナノチップやハイドロ
ジェルでのナノロボットと5G
システムを介して、AIに
つながった場合、遺伝子書き換え
の信号を多数の人々に同時に行える
仕組みも、この方法でできる可能性
があるという事なのです。
)』

こちらの記事では
10万年前~20万年前に
突如、現在の生命種の90%が出現
した
という信頼性のある
研究結果を取り上げていますが、
それが土星のリングのテクノロジー
を所有する非人類種により、意図的
に配置された月の影響によるものだと
説明しています。

この90%の生命種こそ、弱肉強食の
生態系システムに従う生命種だと
考えているわけです。
なぜならそれこそが、彼らの
支配システムにとって都合のよい
生態系だからです。

そしてそれとは別に共生の生態系
というのが、それ以前から存在
していた「共生」のシステムに
従う生命種で、それがほとんどの
植物系生命種によく観られる
ものだという事です。
もちろん、彼らが弱肉強食の生態系
システムを持ち込む前は、それら
植物系以外にも、ケイ素系の共生
システムに従う人類種や動物系の
生命種も存在していたと考えられ
ます。
それがムー大陸やレムリア大陸
などの伝承にある通りの黄金時代
の生命種という事だと考えています。

さて土星の六角形の波動がDNAに
遠隔操作で届けられている
仕組みについてはこちらの記事
で説明しています。

土星のリングからの波動とDNAプログラム
の驚くべき関係とは?

私たちを物質世界という錯覚に
閉じ込めるために、大きな役割を
果たしている視覚が、その六角形の
波動と大きく関係しているという
わけです。その媒体として最適な
材質が、地上に普遍的に存在する
ケイ素という事です。
いわば今回の記事のテーマの答えが
全てこの部分に集約されていると
言って良いと思います。

記事より

土星の六角形の波動のエネルギーが、
どのようなものかという事についです。
我々の認識や五感の領域に制限を与える
電磁気情報が、土星のネガティブエネルギー
によるものであるという事の証明になる
でしょう。

我々の視覚領域が、宇宙全体の領域に
比べて、ほとんど盲目に近いほど微小な
範囲であることは、五感にもレベル
がありますシリーズでご紹介しました
が、念のためもう一度掲載しますね。


“出典:「Madstone Mystery Labs. Inc
様”
もちろん上の画像よりも観測できる
電磁波の領域はもっと広く、さらに
宇宙には最低でも95%以上の観測
できない領域、つまりダークマターや
ダークエネルギーがあるのです。
我々の視覚領域つまり見える範囲と
いうのは、観測できる電磁波領域の
ほんの一部でしかないという事なのです。
そしてその見えている光の波長は、図の
ように色彩範囲でもあります。
実は我々が、見えている視覚は色の範囲
でもあります。単なる波長の違いが
我々の視覚で解読されると、色の範囲で
分けられるというだけのことなのですが、
この光の範囲は、光を屈折させる事で
見ることができます。
もちろん虹もその一つですが、透明の
三角錐のような物質を通してもみる
ことができるのです。
以下のサイトの説明がわかりやすい
です。
画像と「」内が引用です。

「赤なら赤、青なら青といった1つの色
しかない(1つの波長しかない)光を
単色光といいます。それに対して、
様々な波長の光を含んだ光を白色光と
いいます。人間の目に白く映るからです。
この様々な波長を含んだ白色光を、ガラス
でできた三角形の角柱(プリズム)に通す
と屈折によって様々な色に分離されます。
波長の比較的長い赤はあまり曲げられず、
波長の比較的短い青は大きく曲げられます。
これを光の分散といいます。
色の種類はきっちり7つに分けられるわけ
ではありませんが、以下の順番は一応覚えて
おいた方がいいです。
<波長が長い>
赤→橙→黄→緑→青→藍→紫
<波長が短い>」

“出典:「わかりやすい高校物理の部屋」様
光の散乱・分散 より”

要するに三角形の角柱により、我々の
視覚領域の色彩に分光されるという事
です。
そしてこの分光された光を、今度は
三角柱を逆さまにして通した場合、
なんと白色光、つまり太陽光などの光
に戻るわけです。
ここで大事な事をつなげていただきたい
のです。

さきほど取り上げた実験での再現画像の
ように、土星の六角形には、その三角形
と逆三角形の波動も隠されているでは
ないですか、しかも六角形の渦によって
逆向きに重なるようにです。
という事は、我々の視覚領域の範囲
そのものも、この波動に閉じ込められ
ているとも解釈できますよね。
そうです、我々が物質を感知する最も
重要な視覚領域の範囲に、この土星の
北極の渦の波動が、密接に関わっている
だろうと考えられるわけです。

つまり土星のリングによる波動により、
形成された六芒星に含まれる逆向きの
三角形どうしで、私たちが感知できる
光の波動を、現在の視覚領域に閉じ
こめる事ができるという事なのです。

つまり私たちの視覚領域は、色覚領域
の範囲でもあるわけですが、ここで
思い出していただきたいのが、
「彼ら」の言葉です。確かに「色」に
ついて語っていましたね。

その部分だけ取り上げてみましょう。

『色は錯覚であることも 奴等は決して
知ってはならないし、奴等は常に
「自分たちは同等の存在ではない」と
思っていなければならない』
“「さてはてメモ帳」様のサイト
<イルミナティ――秘密の盟約>
千早様訳
 より”

やはり究極の支配的な存在である
人類とは異種の彼らは、土星の波動
の秘密をよくわかっていて、色が
錯覚だという事をよく知っていた
という事ですね。土星のリングの操作
に関わっている可能性も充分にあり
得ます。
そして「彼ら」この知覚の錯覚は、
あまりにも膨大なので、気づくものは
他者から正気とは思われないと語って
いますが、確かに私の言ってる事が
信じられない「常識人」にとっては、
そう思えるのかも知れませんね。

しかしなんと古代から伝わる仏教の
叡知の結晶である「般若心経」では
その錯覚を見抜いていたのがよく
わかります。
「色即是空 空即是色」という
部分ですね。色そしてそれが
もたらす物質という知覚は、「空」
つまり実体のないものとはっきり
分かっていたという事です。

そしてまたここからも重要です。
この土星の波動が地上にも届いている
証拠としてあるのが、なんと地球で
最も多い固体としての物質の元素ケイ素の
形態にも表れている事なのです。

元素としては地球上で最も多いのが酸素
でケイ素が二番ですが、酸素は気体と
して安定的に存在するので、固体物質と
しては、ケイ素がもっとも多い元素という
事になります。また地殻では、6割を
占めているので、当然最も多い元素という
事です。
ケイ素は、地上では水晶や氷の結晶を
形成する元素ですが、その形態が
六角形、または六角柱なのです。
つまり地上で最も多く見られる物質的
元素の取る形態が、六角形または六角柱
の物質であるという事です。
逆にいうと、地上で物質として最も
安定する為には、六角形の形を取る
のが最適という事になります。
つまり我々の物質世界を安定させる
のにも、土星の波動が密接に関わって
いる事の証明でもあるという事です。
簡単に言えば、我々が物質の世界に
囚われているというのは、土星の波動
の世界に囚われていると言い換えても
いいという事です。
先ほどの視覚領域も物質に反射する
光の波長に合っているので、「モノ」
として感知できるわけです。

珪素(ケイ素)について取り上げて
おられるサイトから引用させて
いただきますね。

“自然界の水は必ず珪素と結びついて
います。
それが、水溶性珪素、ソマチッド
であり、
生命の源、生命力です。
水が凍って雪の結晶になって
6角形になるのも、水晶が6角形に
結晶化するのも、珪素が入っているから
です。

珪素は、エネルギーが、この3次元の
世界で物質化したものです。逆に、
物質からエネルギーに戻ることもでき
ます。”
“出典:「ありがと菜」様”

つまり、さきほどのリングの波動と
合わせて見れば、土星の波動のエネルギー
が、我々の地上で物質化したものが、
六角形に結晶化させる作用を持つケイ素
だという事なのです。
またなんと自然界の水までケイ素と結び
ついているというではありませんか。
水といえば、我々の生命維持にとって
不可欠なものです。
そこにもケイ素が結びついているの
なら、まさに土星の波動は生命にも
深く関わっているという事になります。

このように土星の北極の六角形の波動が
私たちの物質世界に、密接に関わって
いるという事は、ほぼ明らかなのだと
推測できるというわけです。

臨死体験者が肉体から意識を離した瞬間
から、至福の恍惚感を経験し、肉体に
いる間は、檻の中に閉じ込められている
ようだったと、口々に証言するのも、
土星のネガティブな物質エネルギーにより
閉じ込められていたからだと考えられる
というわけです。

このようなマトリックスの仕組みや、世界
の支配層の奥の存在などをご存知ないのに
西洋占星術の大家として著名で、数多の
人気解説書の著者でもおられる松村潔氏
が占星術家として、長年培って得られた
天体のエネルギーを形容しておられる
ものに次のような解説がありましたので
引用しておきます。


“そこで著者は太陽をライオン、土星を
ライオンの檻という言い方をします。
太陽の力は土星の柵まで行くと、力尽きる
のです。
逆にこの柵がなければ太陽の力をどの
ような方向に向けていいかわからない
のです。
~中略~
土星は否定法で、してはならないこと、
従わなくてはならないルールなどを
決める天体で、それは太陽の創造力を
禊ぎするので、太陽は作る、土星は減らす
という正反対の作用を持つ天体として、
両方協力しあうことでうまく機能している
と考えるとよいでしょう。”
“出典:「決定版!!サビアン占星術」
松村潔 著
Gakken刊”

これは土星が、人生にとってのルールを
つくり出し、それに従わせるエネルギー
だといっていることになります。』

このように占星術の大家でも、土星の
人生に対する、制限的なエネルギーを
しっかりと読み取れている事が、よく
わかりますね。

今回は、土星の北極の波動が、地上の物質
の世界に大きく影響し、我々の視覚範囲の
制限にも関わっているという、とても重要
な事をご紹介しましたが、実はまだ奥が
深いのです。
実は、土星の波動を受けているとおぼしき
ケイ素が形成する一般的な自然物に、水晶、
液晶がありますが、それは半導体としての
役割も持つことはご存知ですよね、つまり
電磁波を受信し、保存し、変換し、また
発信するのに最適な物質です。クォーツと
いう英語名の方がわかりやすいかもしれま
せん。
ラジオ、テレビ、パソコン、携帯に欠かせ
ない材料でもあります。
つまり電磁波また電磁気の信号、情報を
受け取るのに最適な物質だという事です。

そしてこちら
身体は精密なバイオコンピュータだった!
そしてDNAに書き込まれたプログラム

でも説明したように、我々の細胞膜もまた
、その液晶でできているのです。
つまり我々の人体は
電磁気の信号を受け取るのに最適な材料を
すでに備えているという事です。
それを通して、同じく結晶体として、
アンテナとして最適なDNAにも電磁波
の情報が届けられていますが、その細胞膜
を介さなくても、DNAは直接に波動
情報を受けとる事ができるという事なの
です。

ここでようやく今回の結論にたどり着く
事ができました。
つまり私たちのDNAには、土星から
の視覚的な制限につながる波動と、
物質的な認識という制限につながる
電磁的波動情報が、届けられているという
事なのです。

要するに、土星の六角形の波動は、
地球上のケイ素や、人体の細胞膜の
液晶(液体の水晶)を媒体として
地球上の生命や精巧なアンテナでも
あるDNAに届き、生命種に
意図的な制限を与えるプログラム
として届いているという事です。

人体で言えば、土星の六角形の波動
は、ケイ素(水晶)を通して、
色覚領域の範囲に視覚領域を
閉じ込める役割を果たしている
という事です。

この部分が特にわかりにくいと
思いますので追加説明をして
おきましょう。

“出典:「わかりやすい高校物理の部屋」様
光の散乱・分散 より”
👆の図は水晶でできたガラス製の
三角錐に白色光を当てれば、
逆の方向からは、屈折した
色覚領域の範囲の
レインボーの色に分光されて
出て来ます。

この三角錐を逆向きにして重ねる
と、六芒星形の立体板になりますが
土星の六角形のサイマティクスの
波動もやはり六芒星形を内包して
いるのです。

“出典:EVERYTHING YOU NEED
TO KNOW
DAVID ICKE著
David Icke BOOKS 刊”

これは、プリズムの分光を
それぞれが逆転した形で内包
させる形なので、それが
地球上のケイ素を通じて
届けられるという事になります。

ケイ素(水晶)自体が光を屈折
させ、分光させる性質を持って
いるので、色覚領域を内包させる
事ができている上に、さらに重要
な事があります。

それはケイ素は、現在の電子
テクノロジーに不可欠なシリコン
でもあるのです。
つまり電磁気情報を受信し、蓄積し
変換し、発信させるという万能の
電子媒体という性質です。

つまり土星からの波動を電磁気情報
レベルで受信し、蓄積(記憶)し、
変換し、発信するために人体の細胞膜
の液晶(液体の水晶)やDNAが
使用させられて、土星からの波動
プログラムを受けとっているという
事なのです。

つまり色覚領域だけでなく、占星術
でも読み取られていたように
土星の様々なネガティブエネルギー
も、ケイ素を通じて人体にプログラム
として届けられているという事なの
です。

また人間の目にもケイ素で
できている水晶体と、また
同じく水晶でできたガラス体が
ありますよね?

“出典:「https://chika5.com/archives/5128」”

つまり色覚領域に人間の
視覚領域を閉じ込める
ための媒体がケイ素であり
そのケイ素を媒体として
土星の六角形の波動が
人間を狭い視覚領域に
閉じ込めるために届いている
という事なのです。

ここでもう一度440Hzの
六角形のサイマティクス画像を
ご覧ください。

右側の440Hzの六角形の
音の波動は、土星の六角形の波動で
あり、人類を狭い視覚領域に閉じ込め
また土星のあらゆるネガティブな
波動エネルギーを内包したもの
だという事なのです。

これがシュタイナーが警告した
440Hzが、世界の基本音調に
なれば、悪魔(土星)の支配する
世の中になるという事の理由
だったのです。

冒頭の画像にもありますが、
土星SATURNという英語表記は
音感だけ用いたアナグラム(辞書には
並べ替えの言葉遊びとか、同じ
音感の別表記の言葉遊びという
意味で説明されていますが、
転じて暗号的な言葉・隠語という
意味も含んでいます。)で
SATAN(悪魔)となりますが、
土星にその意味を含めたのは、
その理由を知っている、古代から
の非人類種支配層であるのは間違い
ありません。

なぜなら支配層が太古から崇拝して
いるのは土星であり、土星信仰とは
そのまま悪魔崇拝でもあるから
です。

その事はこちらの記事で説明して
います。
太古からの権力者が土星を崇拝し続けている
事の証拠の数々

記事より
今回は、太古からの支配層が、
ことごとく土星を崇拝してきたという
証拠を、アイク氏の著書から、引用
させてもらおうと思います。

『』内が引用で、~が中略です。

『ここからは、土星という
「古(いにしえ)の太陽」「黒い太陽」
「暗黒神」への執着を説明していこう。

バビロニアのニムロドは、ローマでは
「土星(サターン)」を意味する
「サトゥルヌス」として崇拝されていた。

(引用注:ニムロドとは、
古代バビロニア王国の王であり、
悪魔崇拝者のサタンとしても
知られています。
こちらの記事も参考になるかと
思います。
悪魔王サタン(ニムロド)サンタ
(SANTA)の正体はサタン
(SATAN)

当時の神の「誕生日」がサトゥルナリア祭
で、生け贄を捧げ、プレゼントを贈り合い
、屋内で木を飾りつけた。祝祭行事は
12月に始まって1週間以上続いた。
その変形が「クリスマス」「で、あれは
土星を祝う祭りなのだ(サンタクロース
の「サンタ(SANTA」は土星
(saturn)の変形である「サタン
(satan)のアナグラム)。
バビロニア人の土星崇拝がもたらされた
ローマは、一時は「土星の都市」と
呼ばれていた。キリスト教は、そうした
ローマやバビロニアの「異教」信仰の
別バージョンに過ぎない。~

「キリスト教」の十字架はどう見ても
土星を表す占星術の記号だし、そこから
は、ヘビのようなイメージが浮かび
上がる。おそらく、十字架に巻き付いた
ヘビというテーマと結びついているの
だろう。(図168、169)

イエスのローマ・ペルシャ版である
ミトラの信仰は、土星と密接な関係が
あった。土星崇拝は、古代世界において
支配的だったし、現在もいたるところに
見られる。
ローマの神サトゥルヌスは古代ギリシャ
では「クロノス」と呼ばれ、ゼウスの
タイタン族の父親だった。~

土星は、メソポタミアでは「ニムロド」
あるいは「ニヌルタ」、ヒンドゥー教
では「シャニ」と呼ばれた。~

ユダヤ教が土星-月崇拝なら、イスラム
教もそうだ。イスラム教徒にとって
地球上で最も神聖な場所であるサウジ
アラビア・メッカのカアバ神殿は、
世界最大のモスク、マスジド・ハラーム
の内部にある。~
カアバは立方体の建造物で、内部には
アブラハムが据えたという黒石がある。
この黒石は隕石の一部だと言われ、
イスラムでは、アダムとイブの時代の
ものとされている。つまりは、土星と
月をコントロールするレプティリアンに
よって人類が遺伝子的に乗っ取られた
時代だ。

(引用注:これが私が土星の真実編
で再三説明してきた、土星による
人間のDNAのハッキングというもの
なのです。
そして宇宙的環境の変化から、人類の
覚醒が始まりつつある現代で、彼ら
は、より物理的な方法である、マイクロ
チップのインプラントによる、さらなる
遺伝子のハッキングが試みられようと
しているという事なのです。)

なるほどだからカアバは立体なのだ。
立方体は土星を象徴している
(図170)。

 宗教や奥義のシンボルとして
立方体が使われているときは、
それはつねに土星を表している。
また、立方体はどのオカルトでも
物質を象徴しているが、ここまで
くればその理由もわかる。土星が
「物質」を創造し、それを私たちが
情報フィールドを通して知覚し、
解読してホログラムの現実に
しているのだ。

(引用注:このあたり非常に難解
だと思われるでしょうが、要するに
、土星によりハッキングされた人間
のDNAは、知覚を大幅に縮小
された五感の認識に閉じこめられた
ので、本来の現実である真空の
世界を物質的世界だと、捉える
ようになっているという事なの
です。)

先に、土星の北極でNASAが撮影
した六角形構造を紹介したが、六角形
は3次元の立方体を表している。
精神(マインド)の中に囚われて
いる人々は箱に閉じこめられている
という-そう、土星-月マトリックス
という「箱」だ。~

「キリスト教」の十字架も、立方体を
開いた形として象徴されていると考えて
いいだろう(図173)。

~土星の象徴化は宗教だけにとどまら
ない。「環の神」の象徴化と崇拝は、
イルミナティ血族のシステム全体を
通してみられる。土星は黒という色に
代表され、古代から現代まで、
秘密結社や悪魔崇拝者から「黒い太陽」
と呼ばれてきた。
カアバが黒いのはそのためだし、
裁判官、法廷弁護士、カトリックの
聖職者、ユダヤ教のラビなどのローブ
が黒いのも、大学の卒業式で学生が
四角い帽子を被るのも、すべて同じ
理由による(図174)。

土星を崇拝するイエズス会の総長は、
そのものずばり「黒い法王と呼ばれる
し、イタリア出身のイルミナティ血族
、特にフィレンツェとヴェネチア出身者
は「黒い貴族」と呼ばれている。~

占星術の土星のシンボルが旧ソ連国旗
の「ハンマーと鎌」「に組み込まれて
いることは図175を見れば明らか
だろう。

黒いローブを着た裁判官はハンマーを
持っているし、土星に着想を得た「死神」
は大鎌を手にする邪悪な存在として
表される。古代人は六芒星で土星を
象徴した。
六芒星はロスチャイルド家のシンボル
であり、そのまま近代イスラエル~
の国旗に組み込まれている
(図176)。

そもそも「ロスチャイルド」という
名前自体、ドイツ語の「赤い表札
(ロート・シルト)」が語源で、ドイツ
にあった本家のドアに六芒星が飾られて
いたことに由来している。

 土星は太陽から6番目の「惑星」
であり、土曜は1週間の6番目の日
だ。土星の北極にあった六角形も
思い出してほしい。聖書では666は、
獣の数字と言われる。輪も明らかに
土星のシンボルで、結婚指輪は
言うまでもない。
~今にして思えば、神や宗教上の
英雄の頭の周りに描かれる光輪は、
太陽ではなく「古の太陽」すなわち
土星のシンボルだったのだ。~

悪魔の色には赤もある。最も有名な
「赤福の男」である「サンタクロース」
(サンタ=サタン)はサトゥルナリア祭
の時期に「そり」に乗って「到着」
する。~

(引用注:私も独自にサンタクロース
のアナグラムを発見しています。
サンタクロース=サタン・クロノス
で、悪魔の土星の神という意味と
なります。)

土星は占星術では山羊座になるが、
ギリシャ神話ではヤギの頭をした神パン
が登場する。その他悪魔崇拝にもヤギ
の像が広く使われている。
「邪悪な者」の古典的な合成表現
であるバフォメットも、中心となる
モチーフはヤギだ(図178)。

このバフォメットを崇拝していた
テンプル騎士団が、イエズス会や
マルタ騎士団、オプスデイと同じく
土星カルト教団である「ローマ教会」
の一部分だったことは、周知の事実
だ。~

土星-山羊座のシンボルは魚と合体
したヤギ「魚神」で、これも
レプティリアンのシンボルだ。
イルミナティ血族の秘密結社ネット
ワークも土星を崇めている。~

フリーメイソンの建物の床をはじめ
、多くの教会や聖堂にある黒い正方形
も、土星を象徴している。チェス盤の
マス目や、フリーメイソンのシンボル
として使われているコンパスと定規
にも同じ事が言える。

(引用注:土星は、黒い立方体に
象徴されていますが、このように
四角形であっても、同様に土星を
象徴していて、また四角も物質性を
象徴しているのです。)

土星は、数秘術では「8」で表される。
そこで8本足のクモが土星のシンボル
に使われているほか、ローマの
サン・ピエトロ広場は、エジプトから
持ってきたオベリスクを中心に8つに
分割されている』

“出典:「ハイジャックされた地球を
99%の人が知らない」上
     デーヴィッド・アイク著
       内海 聡(推薦・解説)
       本多繁邦訳
       ヒカルランド刊”

まだまだ古代から現代にかけての
権力者や支配層による土星崇拝の
証拠と、土星を象徴するものに
ついての証拠は、あるのですが、
わかりやすいものだけ引用しておき
ました。

支配層が土星を崇拝する理由は、もちろん
支配層より上の存在を崇めているから
だという事なのです。

さて今回は土星をあしらった
支配層イルミナティの企業ロゴも
ご紹介しましょう。
引用元はその下の記事より

イオンもそうですね

これでシュタイナーの警告と
440Hzの六角形と土星の
波動の六角形と、支配層の土星
崇拝と、悪魔崇拝とが全て
つながる理由がわかって
いただけたかと思います。

もちろんこの長い記事を
読み込んでいただいたなら
という過酷な条件付きですが😓

単なる補足のつもりが、
あらゆる理由を全て説明
しないとやはり記事として完成
しないので、長くなってしまい
ました。

ではまた(*´▽`*)

いつもありがとうございます(*^_^*)

隠された真実編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

音の波動は、現実世界の創造につながる!真理を見せるサイマティクスとは?


私たちが、本当に解放されようと
思えば、支配層のシナリオを全て
頓挫させるという、気の遠くなる事
に、いちいち取り組むよりも、
もっと奥深い真実
を共有し、本当の意味での覚醒を
する事が大事だと思っていますし、
そう言い続けてきました。

今回は音の波動についてです。

あのシュタイナーも知っていた、音の波動の
究極の秘密!432Hzが鍵!

という記事などで、音の波動の真実に
迫ってきましたが、今回は、音の
波動が、物理的な現実世界を創造
する源としても働く事を記事に
していきます。

まずは今回ヒントとなるサイマティクス
というものについての説明がこちらに
なります。

サイマティックスとは、知る人ぞ知る
貴重な知識のひとつで、どういうものか
といいますと、音の波動が、水や砂に
作用して、図形のような、形態をつくり
出すというものです。
これは、波動が物質を創造するもとで
ある事を、証明しているばかりか、
音のように低い波動の領域が創造
エネルギーを持っていることの証明
でもあります。

さて音の波動が、結晶のような調和の
ある形になったという実際の画像を
ご覧ください。


“出典:「ウォーター・サウンド・
           イメージ」
 アレクサンダー・ラウターヴァッサー著
       増川いづみ[監訳・解説]”

これは、4センチ四方の容器に8ミリの
深さまで水を入れ、そこへ28.9Hzの
周波数を流して振動させたものです。
28.9Hzというのは、もちろん我々の
聴覚が捉えることのできる範囲なので、
つまりは音の波動です。
なんと音が、結晶のような美しい「形」を
実体として生み出したのです。
しかもこちらはユリの花の形の原型のように
なっているという事を紹介しています。
実は、これはあらゆる周波数帯で、サンプル
があり、どれも美しい結晶のような形になる
のです。
これは定常波という一定の条件を満たす事が
必要ですが、音の波動が形を創ったという
事実が真実だという事が、実験で繰り返し
証明されたという事なのです。
定常波というのは、別の記事で説明
させていただきますが、実は我々の捉える
現実世界も定常波で満たされているという
ことなのです。
これはまた真理を解く鍵のひとつでもあり
ます。
そして、音の波動が、物質の形態を
生み出すというのもまた大きな真理に
つながるのです。

今回は、音が物質の形態を生み出す事を、
最初に発見したと思われる人物の事を
紹介したいと思います。これは上の画像を
掲載してくれている
アレクサンダー・ラウターヴァッサー氏の
著書からの引用です。

「18世紀の終わりに自然科学者の
エルンスト・クラドニ(1756-1827)は、
振動する物体におけるさまざまな音の
現象に着手した。
なかでももっとも有名なのは、薄いガラス
の皿に砂を広げ、バイオリンの弓で皿の
縁をこすり、振動させる実験である。

その結果、クラドニは驚くべき発見をし、
「クラドニの音(砂)の図形」として
世間を感嘆させた。
1802年に出版された著書『音響学』で、
砂に表れた形や模様の精巧なスケッチを
数多く紹介した。
ウィーラント(ドイツの詩人)は
「音で描いた絵」と評した。

これらの実験の成功により、クラドニは
おそらく史上初めて、音は心を揺り動かす
だけでなく、実体のある物質に影響し、
形づくることもできることを示した。
一目で理解できるこの現象が大昔に発見
されていたなら、プラトンが著作に記して
後世に伝えているはずだし、ヨハネス・
ケプラーも偉大な著作『世界の調和』で
取りあげ、音の想像的なパワーを示す
奇跡的な実例として詳しく論じていたに
違いない。

さまざまな線や模様の音の図形を奇跡的に
作りだしたのが、ただの音であるとしても、
自動的に描かれる画像を目の当たりにすると、
想像力が刺激され、音の創造的なパワーを
直観の部分で理解できる。
目で見ると、「宇宙の無限の創造的な音楽」
が実感としてわかるのだ。

 20世紀初頭、イギリス人女性メアリー・
ウォーラー(シェン 1992)とアメリカ人
女性マーガレット・ワッツ・ヒューズの
ほかに、スイス人医師で、自然科学者で、
画家でもあったハンス・イエニー
(1904-1972)を忘れてはならない。彼は
1960年代初めにクラドニの研究に新たに
命を吹き込んだ。
いろいろな素材や先進的な実験、とりわけ
液体を用いて、イエニーは音や音程、音楽
によるさまざまな現象を目に見える形で
実証してみせた。
イエニーは〈Cymatics〉
(ギリシア語で波を表すKymaより)
という言葉を考案し、12年にわたる
研究成果を、多くの著作で美しい見事な
写真やフィルムとともに発表した。」
“出典:「ウォーター・サウンド・
           イメージ」
 アレクサンダー・ラウターヴァッサー著
       増川いづみ[監訳・解説]”

なんとこのクラドニ氏は、歴史上初めて
音が形態を生み出す事を発見したという
事です。これは偉大な発見ですね。
もちろんギリシャ時代から、音楽が真理
につながる非常に重要な鍵であると
いう認識はあって、プラトンも
「音楽が、あらゆる芸術の中で最も
レベルが高く、重要である」と説いて
います。
またピタゴラスも、意識を高い状態に
すれば、天球の音楽(宇宙の波動の音楽)
が聴こえると言い、実際に歴史上初めて
その音楽を聴いた人物として知られて
います。
またケプラーも、現代の我々が知るべき
多くの真理に気づいていて、その事は
別の記事に書こうと思っています。
そのような偉大な歴史上の、科学者たちが
到達していなかった叡知をクラドニ氏が
もたらしてくれたというわけなのです。

著書で、ただの音と表現されていますが、
現実の形態を創造する力があるわけだから
「偉大な音」と言い換えた方がいいと思い
ます。
この著者は、サイマティックスという言葉
を生み出したイエニーの手法をさらに
洗練させて、この本に掲載されている
ような鮮明な音の画像を多く、公表して
くれています。その事は次回の記事に
まわす事にします。

さてこのサイマティクスを
あの432Hzと、440Hzで比べて
みますと、以下のようになります。

『』内が引用で、~が中略です。


A=440HzとA=432Hzの差を調べてみよう。
ある音楽愛好家やミュージシャンたちは、
A=432Hzでチューニングされた音が、
より美しく響き、調和がとれるだけ
でなく、脊椎や心臓で感じることが
できるのだと気づいた。
一方、 A=440Hzでは、より外側に、
精神的な経験として感じられるの
だそう。
あるオーディオ愛好家は、
A=440Hzの音は、伝播において方向性
や線として知覚できるのに対して、
A=432Hzの音は、「非局所的」で、
空間全体を満たすことができると
述べた。』
“出典:「山元学校」様のサイト
【奇跡の法則】周波数を「432Hz」にすると、
音の聞こえ方が違った!
より”

上の画像を見れば、432Hzが
生み出す結晶の方が明らかに、
美しく、440Hzは、結晶とは
いえないほど雑なのがわかり
ますね。

これがシュタイナーが警告した
440Hzがベースになる世界は
悪魔の支配する世の中になるという
事の、視覚的証拠のひとつだと
言っていいでしよう。

そのあとの音楽愛好家や、
ミュージシャンの言うように、
432Hzの方が、より
身体の内側で聴く事ができ、
オーディオ愛好家の言うように、
432Hzは空間全体を満たす
ことができるという事で、
まさに432Hzは、ワンネスに
つながる音の波動だという事が
できると思います。

古代ギリシャの楽器が432Hzに
チューニングされていたという
事からも、やはり432Hzが
覚醒への一つの鍵であると
言えると思います。

ただし、私たちの物質世界の
マトリックスを創造している波動
の元が、はるか土星のリングに
あるという記事を以前に書いて
いますが、土星のリングの音の
波動により、土星の北極が超巨大な
六角形になっているのです。

この波動が、はるか遠隔で私たちの
DNAに直接伝わっているという
あまりに重要な真実を
お届けしておきます。

今回説明させていただいた音による
結晶構造の形成には、
定常波、つまり継続的な音の波動が必要
だという事ですが、土星の北極の巨大な
六角形の渦も、南極の一つ目のような
渦も、数十年にわたって観測されていて、
一定の波動により形成されているという
事なので、巨大な定常波を受けて、継続的
な渦の形を維持していると思われます。

ちなみに土星の超巨大な六角形の渦という
のはこちらです。なんと全幅が地球の直系
の2.6倍です。


“出典:二点とも「カラパイヤ」様”

観測から類推しても、相当長い年月に
わたって、その形を維持してきたものと
思われますが、私は人類が狭い五感の領域
に閉じこめられた時から、そうだったと
想定しています。
では、その土星の継続的な音の波動と
同じように音の波動で六角形の形を
人工的に実験で創られたたのが下の画像
です。

“出典:EVERYTHING YOU NEED
TO KNOW
    DAVID ICKE著
      David Icke BOOKS 刊”

つまりこのように土星の北極の巨大な
渦も継続的な音の波動により創られて
いるという事です。
もちろんこれは、六芒星形を同時に
形成している六角形という事ですね。
これが、直径が地球2個分以上で
ある巨大な渦なのですが、それは
リングの音の波動により形成された
という事であろうと思われます。
以前も同じ内容の記事を投稿させて
いただきましたが、
土星の六角形の波動とは? 
という記事でご紹介したあのなんとも
いえないいやな音の波動が、つまりは
この六角形の渦を形成したという
事なのです。

そして以前にもご紹介した、リングを
形成させるようなテクノロジーを持つ
存在が意図するのは、土星の北極に渦を
形成する事ではなく、太陽系内の土星
より内側の天体などに、その波動を
伝えるために、そのような波動をリング
から発生させているという事なのです。
そしてそれが直接地球上に届くものと
月により、受信され変換・増幅されて
地球上に届くものとがあるという事で
す。

その波動の種類をおおざっぱに分ければ、
土星は、我々の感覚を狭い五感の領域に閉じ
こめるための電磁気情報つまり六角形の
波動そのものを直接私たちのDNAに
届けていて、月はそれを生老病死の
生体リズムや、生命エネルギーの本能的
なプログラムに変換して、同じく私たちの
人体のDNAなどに届けているという
事です。

ではまた(^^)/

いつもありがとうございます(*^_^*)

隠された科学的真実編

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

電話からインターネットそして携帯そして・・・どんどん高周波に慣らされていく人類!?


この記事は
「波動」の仕組みと「思考と意識」の
マトリックス!奪われていたのは
本物の思考だった!

の続編です。

私は、真理探究家(もちろん自称ですが)
として、このブログで、世間一般の常識や
感覚と、たとえかけ離れてたり、ズレ
ていたとしても、自分が追求する真理
に対して正直な姿勢を貫いてきました。

その中で、私がいろんな感覚を共有
できる精神世界や東洋思想に理解の
ある人たちでも、私の主張する
「周波数の低い方が高い意識に
つながる」という定義には、眉を
ひそめる人が大半だろうと思います。

なぜなら世間では広く、周波数の高い
人が意識レベルが高いという表現を
違和感なく受け入れられて、潜在意識で
なんの疑いもなく固定されているから
です。

ただしその意味を理解している人が
どれだけおられるでしょうか?

周波数とは固有の波長または振動数
継続的に持つ波動の事です。

継続的な波動とは定常波と言って
双方向に逆向きの波動が流れるもの
です。これが一定の振動数、波長で
示せる周波数の波動だという事です。
一過性の波動とは、爆発とか地震とか
一時的なエネルギーとして表れる
ものです。

定常波についての公式の科学の説明は
ウィキペディアにあります。
ウィキペディア・定常波
『定常波(ていじょうは、
standing waveまたはstationary wave)
とは、波長・周期(振動数または周波数)
・振幅・速さ(速度の絶対値)が同じで
進行方向が互いに逆向きの2つの波が
重なり合うことによってできる、
波形が進行せずその場に止まって
振動しているようにみえる波動の
ことである。定在波(ていざいは)
ともいう。』

残念ながら公式の科学では、説明の
矛盾に気づけていないようです。
二つの逆方向の波動が、全く
重なっていれば、双方向のエネルギー
が相殺されて消滅するだけです。
定常波というのは、DNAや
ビルケランド電流のように
逆方向の波動が違いに一定の距離
で平行に流れて、やがてそれぞれが
広がりながら、さらにねじれた方向
で反転していき、逆の方向の波動と
なって戻ってくるので循環できて
一定の波動・振動を保つ事ができる
のです。それを体現したエネルギーの
形が、宇宙に普遍的に存在する
トーラス構造だという事なのです。

自然界の波動は、振動の事でも
あるというのは、前回の記事でも
説明していますね。

要するに波動を見る角度によって
円運動にも見えるし、振動して
いるだけのようにも見えるという
事です。

なので波動が高い事が周波数が高いと
いう表現もその逆も、また
周波数が高いと振動数が高いという表現
も頻繁に使われる事になっているわけ
です。

つまり周波数とは、波動の事であり、
振動数の事でもあるわけです。

そして私たちの捉える現実世界は
実は、物質であろうと、光であろうと
音であろうと、実は電磁気の波動
つまり電磁波でできているのです。

その事についてはこちらの記事が参考
になります。
私たちは見えてる世界が全てと
思い込んでいるけど、実際には世界の
ほとんどが見えていないという
視覚の現実!

記事の画像より

“出典:「Madstone Mystery Labs. Inc
様”
視覚領域は色の領域でもあります。
なのでそれぞれの色は特定の
周波数を持ちます。

聴覚領域は視覚領域よりずっと低い
周波数で、思考や感情による脳波は
さらに低い領域です。

しかも脳波の周波数の範囲でも、
低い方が、感情的にも安定し、
思考力や直感も高いレベルに
なっていきます。

“出典:
「奇跡の《地球共鳴波動7.8Hz》の
すべて」
        志賀一雅著
        ヒカルランド刊”

脳波が低ければ低いほど高い
潜在能力を発揮できる事から
低い周波数の方が意識レベルが
高いという事を前回の記事
説明してきたわけです。

脳波だけでなく、周波数が低い方が
高い意識につながるという事の根拠
には、まだ他にもあるのでする

まず現実世界の見方に関して鋭い
考察を著書にしてきたデーヴィッド・
アイクが、ブラジルで、精神の扉を
開き、マトリックスの制限から
解放され、究極のワンネスの本来の
絶対意識に回帰した時の内なる声で
「振動しているものは幻」という
言葉を聞いたというエピソード
ですが、まさにこれこそ天啓の言葉
だったと思います。

振動していない状態というのは、
つまりゼロ磁場・真空・エーテル
プラズマの真実の世界を示して
いて、振動すると我々の感知・観測
できる振動・波動の電磁波の世界が
創出されますが、これが幻でしか
ないというのは、現実だと我々が
思ってきた世界は、我々の五感や左脳
で解読する事でしか存在しない
仮想現実のマトリックス世界という
幻想でしかなかったという事を示して
いるのです。

アイクも定常波がマトリックスだと
語っている通り、我々が現実だと
思っていた物質は、全て定常波で
特定の周波数を持ち、継続的な
波動として存在しているだけの
エネルギー(トーラス構造)だった
わけで、物質としての実体は幻想で
しかなかったというわけです。

そして視覚領域の周波数は👆の図で
示されているようにとても高い
ですが、私たちの物質世界という
幻想は視覚によるところが大きい
ので、当然幻想の感覚を強化する
視覚領域が周波数が高く、よって
真実から意識を遠ざけるという
意味で、意識が低くなるのは
周波数の高い視覚を働かせるから
という事になるわけです。

つまりここでも周波数が高い
という事が低い意識レベルに
つながる根拠が示せたというわけ
ですね。

アイクは、なぜだか周波数が高い
人の意識が高いという、説明を
著書でしているので、そこだけは
解釈が違っていると思いますが、
彼が自ら説明している通り定常波
の波動はマトリックスであり
定常波は物質世界を形成する
継続的・恒常的な波動なので
我々はいわば、振動の見えない
檻に入れられているようなものだと
いえると思います。

定常波は、継続的・恒常的な
エネルギーの循環形態である
トーラスであり、これが宇宙に
普遍的に存在するエネルギーの形
です。


“出典:「末日聖徒イエス・キリスト教会の会員の聖典研究」様」”

とても美しい形に見えますが、
実はこの形は、本来の世界を反転
また逆転したものなのです。
本来の世界とは、ワンネスであり
絶対調和なので、それを形で示す
とすれば球になります。
そして美しいはずのトーラスは
球を永続的に反転し続ける形を
取っているわけなのです。
つまりトーラスエネルギーは、
調和の真逆の世界を創出する
エネルギー形態という事なのです。

ビッグバン宇宙モデルの嘘を完全
に看破したコンノケンイチ氏が
つきとめた宇宙の形も逆転・裏返し
の宇宙です。
その事はこちらの記事で説明して
います。
真の宇宙モデルとは、全てが逆転・裏返し
となる世界だった!?

コンノケンイチ氏が私たちの本来
の宇宙モデルをイメージするため
画像で示された説明が以下のもの
です。

『分かりやすいように、スポンジボールを
「基本宇宙」と考える。
このスポンジボールの中心部をひっくり
返して表面とし、逆に全表面が中心点と
化しているのがわれわれの存在する
「内観宇宙」の空間構造となる。
現実には、固体のスポンジボールの
どこに切り口を入れても、表面と中心
をひっくり返すのは不可能である。
強いていえば図33のようにスポンジ
ボールを真っ二つに切断し、一方を指で
押しながら中心部をひっくり返し、
中心部を逆に表面にしたもの二つを接合
すれば、完全ではないが似たような形態
になるだろう。』
“出典:「ビッグバン宇宙論は根幹が
まちがっていた」
        コンノケンイチ著
         ヒカルランド刊”

コンノケンイチ氏はスポンジボールを
ひっくり返す事で逆転宇宙の姿を
説明使用としましたが、スポンジ
ボールがトーラスの反転エネルギー
だとすると、無理なくイメージ
する事ができますね。

なんとこの逆転宇宙は、量子物理学者
によっても示唆されていたのです。
マイケルタルボット氏の未邦訳の著書
「MISTICISM AND THE
NEW PHYSICS」
からの拙訳
「量子物理学者のジョン・ホイーラー
は、時空のあらゆるポイントは、
量子空間を通じて、全ての他の時空と
つながっていて、一つの莫大な
想念の宇宙を形成していると考えた。」

全ての時空のあらゆるポイントが
他の全てのあらゆるポイントと
つながるとはどういう事かというと
時空のある一点は、すなわち
宇宙全体とつながり、別の言い方で
いえば、時空のあらゆる一点は
全て宇宙全体でもあるという事に
なるわけです。
これは全ての時空が逆転して
いなければ不可能です。

つまり量子物理学の分野でも
逆転宇宙は、観測結果から推測
され得る、科学的な見方でも
あるという事なのです。

さらにこの逆転宇宙の事は、
なんと仏教の般若心経にも
示されていたのです。
その事はこちらの記事で説明して
います。
仏教は五感が囚われている逆転した現実世界
(宇宙)を見抜いていた

記事より

「遠離一切顛倒夢想」
(おんりいっさいてんどうむそう)
は逆転・裏返しになった宇宙(宇宙)を
語っている。宇宙は量子物理学のいう
「非局所性の原理」に基づいて、
すべてが一体で、ビッグバンでいう
宇宙の赤方偏移、重力の正体、宇宙構造
は私たちが考えているようなもの
ではない。
それらすべては「遠離一切顛倒夢想」
(逆転・裏返し)した夢のごときもの
と教えているのである。~
~当時は、地球が丸いことはもちろん、
宇宙の銀河のことなど何もわから
なかった。にもかかわらず仏教
そして空海は、現代の理論科学を
超えた宇宙の真理を見抜いていた。』

“出典:「量子力学・日月神示・般若心経・
王仁三郎の超結論」
         コンノケンイチ著
              徳間書店”

ビッグバンが間違いである事の証明は
すでにいくらでも発表されている
のですが、ことごとく私たちの目に
触れないようにされてきたのです。
観測結果から、ビッグバンの唯一の
拠り所である赤方偏移が膨張を示す
という事が、そもそもの解釈の間違い
であるという事が、示されているの
ですが、
それは、赤方偏移は、宇宙の空間の
「湾曲」を示していたという事なの
です。
そしてそれは、宇宙のすべての空間
は、極小につながり、そしてまた
それは極大になるというような
認識になるという事です。
これがつまり逆転裏返しになっている
宇宙が真実だと解いている、仏教の
「遠離一切顛倒夢想」と一致している
というわけです。

つまり宇宙空間は、完全に
「閉じている」状態で、膨張も収縮も
なく、始まりも終わりもない事が
認識されるようになったという事なの
です。
つまり空間は無であり、また極大の
広がりでもあるという事であれば、
始まりや終わりを設定する事もまた
不可能なのです。すべては宇宙全体
でもあり、また無でもあるからなの
です。
その事を仏教は見抜いていたという
事ですね。

そしてまたこのように私たちの認識が
全て逆転裏返しになっているのが
真実だという事なのですが、この
宇宙が逆転した世界だと、古代の
グノーシスも教えているのです。
「私たちの世界は、本来の世界の鏡
でしかない」という事です。

やはり逆転裏返しの宇宙である事を
はっきりと伝えています。

このことは、れっきとした宇宙観測の
結果や、量子物理学の実験などで
証明されている事でもあるという事
なのです。

ではどうして私たちの目には、宇宙は
広がっているようにしか見えないか
というと、それが私たちが宇宙空間
のエネルギーそのもので「同化」して
いるという事を、認識できていない
事での逆の感覚だという事なのです。

この記事の同化というコンセプトが
とても大事になります。
宇宙に普遍的なエネルギー形態で
あるトーラスエネルギーは、なんと
我々自身でもあるという事です。
なのに我々は自身を静止したもの
として捉えた世界観・宇宙観を
イメージするために、この逆転宇宙が
想像できないのです。
自らがそのエネルギーの流れに
同化していたら、周りの世界は
反転した世界を見せる事になる
わけです。
たとえば川の水の流れに身を任せて
いれば静止しているはずの陸の世界
があたかも高速に動いているように
見えるのと同じです。

さて、古代ローマカトリック教会に
弾圧・虐殺され、歴史に埋もれていた
真実追求の知的集団だった
グノーシス派のナグハマディ文書には、
私たちが知るべき真実が語られて
いると感じました。

文書には、この我々の現実世界は
ヤルダバオートというワンネスから
不当に離脱した悪意のある神が
本来の楽園のような世界を
粗悪な状態でコピーして造られた
ものだと語られています。
文書より
「真理の永遠の領域には「闇」は
存在しなかったが、光の世界の
外側にその「陰」として存在した。
それは「無限のカオス」と呼ばれ、
そこに神々の種族と地上世界が
生じてきた。」

本来の世界の粗悪なコピーとは
まさに調和の球をひっくり返した
トーラスのエネルギー形態そのもの
だという事ではないでしょうか?

そして周波数が高いほど、振動数が
高いほど、その振動の檻が強化
される事になりますが、まさに
我々人類は、高周波の環境に徐々に
移行させられているという事が
今回のテーマです。

かなり前置きが長くなりましたが、
周波数が高いという事は、意識レベル
が低い事につながるという理解が
前もってどうしても必要だった
というわけです。

ではツイート(現在はエックスですが
この名称は認めたくないので)からの
情報を見ていきましょう。


5G の開始、2019 年の新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)

4G の開始、H1N1 2009

3Gの開始、1998年のインフルエンザ

2G の開始、コレラ 1991

1G 開始、インフルエンザ 1979 年

電波の導入により、1918 年の
スペイン風邪が引き起こされました。

要するに電波の導入以降、環境に
人工的な電磁波が加えられる事に
よって人体に悪影響が出る事を
支配層レベルではわかっていて
人工的な電磁波の被害をごまかす
ためにウイルス騒動をでっち
あげていたという事です。
もちろんウイルス騒動をより
大げさにするために、スペイン
風邪にはアスピリンとワクチンで
、他のウイルス騒動でも必ず
有害なワクチンと治療薬で
確実に健康被害を及ぼし、
ウイルス騒動も電磁波被害も
両方とも隠蔽する事に成功して
きたというわけです。
支配層は、秘教レベルで古代
から貴重な知識を受け継いで
いて、電磁波を徐々に人類社会に
浸透させていく事で、完全管理の
支配社会を造り上げようと
目論んできたわけです。
そういう意図は、我々の想像より
ずっと以前から、少しずつ暗示
されていたというのがこちらの
記事ですね。

1962 ‘Life in 2022’ Image Depicted Everyone Trapped in Pods


2020年5月13日の記事
日本語訳より
『1962 年の「Life in 2022」の画像には、
ポッドに閉じ込められた全員が
描かれています
そう遠くないですか?

1962年に創刊されたイタリアの雑誌
による2022年の生活の描写では、
歩行者の代わりに電動ポッドを
使用する歩行者が描かれていたが、
現在のコロナウイルスに対する恐怖を
考慮すると、これは非常に正確で
あることが判明する可能性がある。』
これは1962年のイタリアの雑誌の
表紙に、描かれた漫画家兼イラスト
レーターのイラストらしいですが、
2022年の未来を描いたもの
としては、確かにウイルス騒動で
人々を個人どうしで隔離させて
移動する様子は、2020年の
ロックダウンから行きつく未来
としては正確ですし、このイラスト
レーターが支配層と関係のある
インサイダーか、もしくは未来を
読み取れる能力者かは、わかり
ませんが、未来にそのような正確
なイメージを支配層が持って
いるからこその、約60年前の
イラストなのだと思います。

250年ほど前の1773年の
初代ロスチャイルドの
秘密会議で採択された
「世界革命行動計画25ヶ条」では
内容を読まなくてもタイトル
だけで、悪意が読み取れるもの
ばかりですが、確かに金融寡頭資本
の頂点として支配層血族に名を
つらねるロスチャイルドの意図
通りに人類社会は歩みを進めて
きたのだなとわかります。

第一条 支配は恐怖を用いるべし
第二条 リベラリズムにて既存権力を
弱めるべし
第三条 「自由」を用いて、大衆を
分断せよ
第四条 結果を出すためには、手段を
選んではならない
第五条 今までの文化やルールや
社会的規範をぶっ壊して、イチから
作り上げるべし
第六条 我々の存在や計画を世間に
知られてはならず、侵略は秘密裡に
行うべし
第七条 群集心理を巧みに使用するべし
第八条 甘いアメを与えることで、
民衆の道徳心を破壊せよ
第九条 民衆の財産のすべてを手中に
するべし
第十条 「自由・平等・博愛」という
矛盾した理念を、民衆(ゴイム)には
植え付けよ
第十一条 我々が戦争を発生させ、
その戦争で両方の国家に負債を
抱え込ませよ
第十二条 政府を「陰で操る人間」
までも雇うべし
第十三条 大衆の情報を、噂や口コミに
至るまでコントロールせよ
第十四条 ゴイムが大量に減る(死ぬ)
ような恐怖の後に、我々はメシア(救世主)
として現れる段取りを組むべし
第十五条 貧困と飢えを作り出し、
支配力の一端とせよ
第十六条 博愛主義をタテマエに、
無神論的唯物主義を広めるべし
第十七条 スローガンを掲げるが、
その反対のことを行っても民衆を
欺き続けられる
第十八条 恐怖支配を行うべし
第十九条 戦争を利用し、国家間の
外交を支配せよ
第二十条 世界の富を独占した時に、
世界統一政府に到達する事ができる
第二十一条 ゴイムのもつ土地や
産業を手中に収めるべし
第二十二条 選民を行い、ゴイムには
殺し合いをさせるべし
第二十三条 世界統一政府のメンバー
は我々によって決められる
第二十四条 スパイを大衆~上級市民に
至るまで、全ての属性に潜入させよ
第二十五条 法律を用いて、合法の
制圧組織を各都市に配備すべし

“出典:「https://em-base.com/midoblog/
2020/12/07/257/
」”
特に第24条の「スパイを大衆~
上級市民に至るまで、全ての
属性に潜入させよ」というのは
支配層が、人類を丸ごと監視社会
に収監されたいという意図が
ありありとうかがえますね。

そういう意図から、上のイラストの
ような個人をカプセルの中に閉じ
込めたような、自由のない、
管理された人類社会のイメージが
支配層に60年前にはできていた
という事なのです。

そういう意図に向かって、5Gから
6Gのネットワークを大衆の個人に
つなげて、完全管理社会を実現
させるために徐々に高周波の環境を
社会に浸透させていったという
わけです。


ちえFX (@chie_FX)
⚠️5G周波数が『うつ病』を引き起
こすことが
公式研究で判明! (国際環境衛生
研究ジャーナル)

5G曝露で扁桃体の形態変化
→マウスが脳障害

既に世界中で「5Gは有害」と
結論付けられてるのに
なぜ日本は5G基地局を建て
まくってるのか💢

記事より

5G通信で使用される周波数にさらされると、
うつ病などの神経障害を発症するなど、人間の
認知機能に問題が生じることが公式調査で
明らかになりました。

この研究結果は「マウスのおける空間記憶と
情動に対する5G通信からの無線周波数
フィールドの影響」として、
2022年11月22日に国際環境衛生研究
ジャーナルに掲載されました。

研究者らはまた、これらの有害な
周波数にさらされると、扁桃体の
形態変化をもたらす炎症性細胞死
であるパイロプトーシスを引き起こす
可能性があることも明らかに
しました。

5G通信、5Gネットワークは
健康に被害をもたらす事は、
コロナ騒動でごまかされる頃には
世界中で広く知られていて、
デモもさかんに行われていました
そして注目するべきは、鬱病を
引き起こし、認知機能に障害を
引き起こすとある部分です。
これでも周波数が高い事が
意識が高い事につながる
でしょうか?

我々は、意識レベルを高周波の
環境により、著しく低下させられ
続けているという事です。

木や森は、高周波の電磁波
環境を打ち消すように働いて
くれます。
全ての生命にはもちろん意識
が存在しますが、木や森は、
自然との共生を体現している

ため長命であり、その点
弱肉強食の生物より、ずっと
ワンネスに近い、意識レベルを
保有としていると考えられます。

つまりやはり低い周波数の方が
高い意識レベルにつながるという
事がここでも示されていますね。

高い周波数が意識のレベルを引き
上げるというコンセプトは、
マトリックスの振動を
強化し、人類の意識レベルを落として
完全管理社会に誘導していくための
支配層のトラップだという事なの
です。

ではまた(^^)/

いつもありがとうございます(*^_^*)

アジェンダ真相編001

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ