究極の意識と一体化できるかどうかの境界とは? エベンさんの証言その5


今回の記事は特に重要です、このエベン
さんが、アニータさんと違って、
絶対意識にまでは到達していなかった
事の証明となる大事な内容になっている
からです。
というのも、この臨死体験で得た理解
の差、つまり肉体に戻ってからの体験の
話でまたその差がわかるのですが、この
レベルの差というものが非常に重要なの
です。

前回エベンさんが天使のような女性に
導かれて、天界を体験した様子を紹介
させていただきました。
そこでは、五感の感覚は分離したもの
ではなく、一体のものとして感じ
られたという事です。
分離されたものを、対象としてみる
という感覚ではなく、それと一体に
なることで、捉えるという感覚だった
ようです。
またこの天界においても音楽が重要な役割
を担っているという事がよくわかりました。
そして今回は、エベンさんがさらに高い
意識領域に移行する様子をご紹介していこう
と思います。

「」内が引用で、~は、中略です。

「さらに先へ進んでいくと、広大な虚空の
中へ入っていった。果てしない広がりが
続く全くの闇だったが、そこは限りない
安らぎも感じられた。漆黒の闇であるにも
かかわらず、光も満ち溢れていた。すぐ近く
にいる気配のする光の球体、オーブ(たま
ゆらとも言う)の一つが放射している光らし
かった。オーブはあの輝く存在の天使たちが
奏でていた調べと同じように、ほとんど
固形のようで生きていた。~
~私の場合は胎児の「母親」に相当する
ものが、宇宙とそこにあるもの全体の母体、
言い換えれば、神や創造主、根源などと
呼ばれる存在だった。
神の存在はきわめて間近に感じられ、自分
との間にまったく距離がないように思えた。
しかしそれと同時に神が無限に広大である
ことがわかり、それに対して自分がいかに
比べ物にならないほどちっぽけであるかを
思い知らされた。」
“出典:「プルーフオブヘヴン」
   エベン・アレグザンダー著
          白川貴子訳
          早川書房刊”

この部分が特に重要で、エベンさんの
臨死体験を紹介しようとした理由につながる
ものなのです。
今ここが、エベンさんの到達した意識レベル
の限界を示しているところだからなのです。
彼はこの高次元の意識領域で神のような存在
に会ったという事ですが、それは絶対的な
存在と自分が分離したままの感覚だという事
を示しているのです。
せっかく「神の存在はきわめて間近に感じ
られ、自分との間にまったく距離がないよう
に感じられた。」という意識まで到達して
いるのにあと一歩、そのような絶対的な
意識と一体になるところまでいかなかった
という事なのです。
それまで拡大し続けていた彼の意識が、
ここでストップしてしまう事になる
のです。
ここで絶対意識になれなかったエベンさん
と比較して、それを自分のものとした
アニータさんの意識をもう一度引用
させていただきます。

“「どうして突然、すべて理解できたんだ
ろうか?」私はそれが知りたいと思いま
した。
「誰がこの情報を与えてくれたんだろう?
神様かしら?それともクリシュナだろうか?
それともブッダ?キリスト?」
その時、「神は存在ではなく、存在のあり方
なのだ。そして、私は今、そのような存在の
あり方をしている」という悟りが得られ、
その感覚に圧倒されたのです。」”
“出典:「DYING TO BE ME」
アニータ・ムーアジャニ著 
           hay house 刊
邦訳「喜びから人生を生きる」
    アニータ・ムーア・ジャニ著
       奥野 節子訳
      ナチュラルスピリット刊”

つまり彼女の謙虚な言い回しに惑わされず
に、彼女の説明をそのまま受け取れば、
アニータさんは、自分自身が絶対的な
存在そのものとなったといっていると
いう事なのです。
「えーそんな偉そうなー!」
普通そう思いますよね、その普通の感覚
こそ長年の間人類全体を苦しめてきた
「分離」の感覚なのです。
ここで絶対意識のからくりを説明します
と、アニータさんだけが、本来絶対的
存在だったという事ではなく、我々の
一人一人全員がそのような存在で
あるという事なのです。
つまり「みんな偉い!」のですが、
わかりにくいと思いますので、この宇宙に
おける全てのものは、全体とつながって
いて、またその全体そのものでもある
という事なのです。
実は宇宙の物理的モデルもそういう事に
なるのですが、それについてはまた別の
記事に書かせていただきます。
とにかく残念ながら、絶対的な存在と一体
になれなかったエベンさんは、
「自分がいかに比べ物にならないほど
ちっぽけな存在であるかを思い知らされた」
とあるように分離された小さな存在として
自分を意識することで、その絶対的存在
から離れてしまう事になるのです。
(これに対して、絶対意識に到達した
アニータさんは、肉体に自分を自身の選択
により戻すまで、その領域に留まっていま
した。)
そしてちっぽけな自分という感覚を持って
しまったエベンさんは、絶対意識領域に
留まる事ができず、この後、低次の領域に
下降してしまう事になります。

ただその前に、エベンさんは絶対的な存在
から、いろいろと教えを受けることになり
ます。
彼は、無私の愛を注ぎ、全知で全能である神
、つまりそのような絶対的な存在を自分
とは分離させて認識しており、その存在
のことを「オーム」と呼んでいます。
そしてまたその「オーム」と自分を、媒介
くれる通訳者を「オーブ」と認識して
います。
また「オーブ」は自分を天界へと導いて
くれた案内役の女性であるとも言って
ます。
これはとてもわかりやすいですね、彼は
高次元の意識を認識するようになっても、
自分を小さな「個」であるという認識
の世界からは抜け出せず、必ず媒介を
通して、高次の世界を認識するという
意識レベルのままだったということです。

つまりこれは私たちがハートチャクラなど
のゲートを媒介物として、高次の意識に
つながるのとほぼ同じレベルだということ
なのです。臨死体験でないと高い次元の
意識に移行できないのではなく、多くの
人の場合、肉体を離れた意識が、より
高次元の意識領域を感知しやすい状態に
なるということです。
もちろん邪悪な執着にまみれた魂では、
当然そんな領域を感知することはできま
せん。
そしてまた臨死体験でなくても、チャクラ
が開いた状態であれば、同様に高次の
意識領域を感知できるのだということなの
です。

認識レベルが真理に近くなり、さらに愛情
などの感情のレベルが上がれば、より
チャクラが開きやすくなるし、肉体的な
反応レベルでいえば、催眠状態、睡眠状態
アヤフアスカなどの向精神剤(幻覚剤とい
うのは私たちの日常感知している世界が
現実だとしてみた場合で、高い意識レベル
からみれば、どちらも同じ現実ですし、
どちらかというと、そのようなものを
摂取してのぞいた世界の方が真実で現実
です。)
そして臨死体験や瞑想、低呼吸、断食
恍惚感といったようなものになります。

さて次回は、エベンさんがオーブを通して
得た「オーム」からの真理についてご紹介
していきます。

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です

絶対意識編一覧

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

サビアン占星術的ハウスの解釈  第2ハウスについて


サビアン占星術的なハウスの解釈
シリーズは、今回第2ハウスになり
ます。

まずこのサビアン占星術解釈による
ハウス解釈のコンセプトをもう一度
おさらいしておきますね。
前回言葉足らずで、しかも稚拙で
あった分を訂正しておきました。

地球の自転と公転により、表現される
サイクルは、時間の間隔が違うという
点だけ除けば、公転のサイクルによる
12星座のサインと、自転のサイクル
によるハウスシステムで、同じ性質
のものとして対応するという事です。
そのコンセプトを利用してハウス
システムと、その対応する星座(サイン)
の性質やその支配星の性質をリンク
させて解釈しようという事なのです。

それでは第2ハウスについてです。

第2ハウスは、「所有・物質」のハウス
と呼ばれ、個人の金運や才能などを、
読み取るのに使われるのが一般的です。

さて第2ハウスは、牡牛座に対応して
いてその支配星が金星になります。
そして地の元素を持ちます。

地は物質や現実的な事を示す元素で、
金星も牡牛座も陰のエネルギーなので、
物質や富、才能などを得るという意味
合いが強い事で金運にもつながる
という事です。
得るという意味では、五感のそれも
物質を感じる事ができる触覚の影響が
強い牡牛座の快楽という意味も、含まれ
てきます。

この点において、私の解釈としては、
金運や才能の上に、楽しむという
意味での恋愛も、この第2ハウスが
司ると考えます。
この人生の初期段階の第2ハウスは
社会的な性質が持ち込まれる事は
ないので、結婚などとはつながらない
恋愛という事になります。

そしてまた、私は、金星を最高の
幸運の天体と解釈しているので、
つまり幸運もこの第2ハウスが
あらわすという事になります。

というわけで、私の第2ハウスの解釈
を簡単にまとめると

第2ハウスは、金運や才能そして
楽しむための恋愛、さらに幸運を
司る
という事になります。

次回は第3ハウスです。

 

いつもありがとうございます(^^)

 

射手座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

かんたん毎日のサビアン11月28日


今日の太陽のサビアンシンボルは

射手座6度
「クリケットゲーム」
です。

これは、チームで楽しむスポーツを
示すシンボルです。
つまり仲間と協力し合う事を楽しん
だり、コミュニケーション力も高まる
という事を暗示しています。

感情面を示す金星のシンボルと変化や
革新をもたらす天王星のシンボルが
タイトなトラインを形成しています。

金星のシンボルが
山羊座3度
「成長と理解に対して受容的な人間の魂」

天王星のシンボルが
牡牛座4度
「虹のふもとの金の壺」
です。

金星のシンボルは、学ぶという意識で
自分を成長させたいという意識と、
また運命を受け入れて、流れにまかせ
ようという意識の両方の暗示を含み
ます。
そして天王星のシンボルが、予想外の
収入や物質的な豊かさがもたらされる
というシンボルです。
つまり金星の学びや流れにまかせる
という意識が、豊かな運気も受け取れる
というエネルギーにつながるという事
です。

知性とコミュニケーション示す水星の
シンボルと、潜在意識を示す天王星の
シンボルがタイトなトラインを形成
しています。

水星のシンボルが
蠍座16度
「突然笑顔になる少女」

海王星のシンボルが
魚座16度
「ひらめきの流れ」
です。

水星のシンボルは、童心になって、
素直に喜びを表現しているという
事を示しています。これが、まわり
との人間関係をよくしたり、海王星
のエネルギーの助けにより、
ひらめきにもつながるという事です。

行動面を示す火星のシンボルは
昨日と同じく
蠍座6度
「ゴールドラッシュ」
ですので、稼ぐ意欲が高まったり
モノやお金に対する執着心も高まる
という事です。

という事で今日は、人と協力したり
同じ目的のために働くという事に
喜びがもたらされます。
また学んだり、流れに身を任せよう
という意識が予想外の収入につながる
事もあり得るという事です。
つまり稼ぐというモチベーションで
がんばりたくなりますが、むしろ
欲への執着に囚われないようにする事
の方が、豊かさを得る事につながる
事を暗示しています。
また無邪気に喜びを表現する事で、
ひらめきなども得られるような日に
なるでしょう。

いつもありがとうございます(*^_^*)

かんたん毎日のサビアン 
2019年11月分

かんたん毎日のサビアン一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ

射手座6度


今日の太陽のサビアンシンボルは

射手座6度
「クリケットゲーム」
です。

こちらは、射手座2度の「チェスを
する二人の男性」というシンボルと
同じように、ゲームがテーマになって
います。蠍座で自分へ回帰できた後は、
他者との関わりを意識するように
なったのが、この射手座です。
このシンボルは、射手座の戦うという
意識を、社会でのルールにのっとって
平和的に表現しようとしているという
事を意味しています。
また、対戦相手との駆け引きや戦略など
臨機応変な対応から、また貴重な経験
が得られるという期待をしているとも
とれます。
とにかくこの射手座のシンボルは、
社会でのルールにのっとった生き方だけ
でなく新しい戦略で、その現状を打破
しようとしているわけです。
人生をゲームに例える人もいます。むしろ
困難を、克服するための楽しみややりがい
と捉えるようなポジティブな意識が、幸運
を呼ぶ暗示です。
また今日のシンボルは良好なチームワーク
を暗示してもいるので、仲間や同僚と
協力し合う事が、幸運をもたらすでしょう。

対称の180度のシンボルは

双子座6度
「油田の掘削」
です。

これは富を得るため、また知識を得る
ために深く掘り進む暗示を示すシンボル
です。
射手座6度の現状打破に向かっている
という意味で、共通しています。
ゲームとして経過を楽しむ射手座に対して、
成果、結果をひたすら追求するこの双子座
が対称的だと言えます。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは

魚座6度
「正装して行進する将校たちです」

乙女座6度
「メリーゴーランド」
です。

この二つのシンボルが今日のシンボルの
対称軸の逆というのは、とてもわかり
やすいですね。

まず変化を楽しみ、現状を打開する
テーマなのが、今日の射手座でした。

またひたすら油田だけをめざして
まっすぐ掘り進み、やはり現状を突破
していくのが双子座でした。

それに対してこの二つのシンボルは、
まったく同じリズムの繰り返しという
意味で逆のエネルギーなのです。
魚座の行進する軍隊は、決められた
軍隊のルールにしたがって、規則
正しく、まわりに合わせて、同じ
行進の動作を延々と繰り返すだけ
だし、
乙女座のメリーゴーランドも、同じ
ように上下しながら、全く同じ動作を
繰り返すだけなので、この二つとも
今日の変化や現状打破をテーマとする
シンボルの対称軸とは逆のエネルギー
だという事です。

 

いつもありがとうございます(^^)

 

射手座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

あなたの乙女座25度


乙女座25度のサビアンシンボルは

「半旗として掲げられた旗」
です。

このシンボルが太陽にある人は、
個人的な責任感から解放されて自由に
なりたいという意識の強い人ですが、
個人的な能力も高く、社会性も豊かな
資質を持っているために、まわりが
なかなかそれを許してくれません。
結果的に会社などで、まわりから頼りに
され、重要なポストについたりする
ようになります。
私生活でも似たような形で、家庭から
解放されたいと願いつつも、家族への
サービスに没頭させられるような日々を
送るでしょう。
まわりから見ると、順調な人生を歩み
ますが、本人の意識が解放されるのは
アウトドアなどの趣味で、自然に
癒やされているような時や、音楽に
没頭したり、小説や漫画などの世界に
意識を没入しているような時という事
になります。
つまり他人への奉仕に忙殺されるような
毎日になりがちな性質だという事です。

適職は、スポーツインストラクター、
カウンセラー、各種アドバイザーなど
になります。

結婚運は強いものがあり、祝福されながら
幸せな家庭を築いていけるでしょう。

このシンボルが月にある人は、小さい頃
から、まわりの子供の手本となるような
優秀な児童として知られます。
それは成人してからも変わらず、品の良さ
を称えられるような人物として、まわり
から認知されます。
本人は、はめをはずしたり、もっと自分
の本質を出したいと願うのですが、そんな
まわりの意識に合わせようとしてしまうの
です。

木星にある人は、地域のまとめ役や
町内会長のような役割を与えられ、
自分の時間がなかなか確保できません。

海王星にある人は、とても霊感が強く、
神秘的な探究から、いろいろな発見があり
それを生涯の趣味にしたりするでしょう。
得がたい知識を得られる暗示でもあります。

いつもありがとうございます(*^_^*)

あなたの乙女座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ