インド占星術 学びか研究か?  気になった疑問を雑記風に


現在今度の日曜日か月曜日に、丁寧に
書いて投稿する予定のインド占星術の
記事のための勉強中ですが、この私の
事ですから、やたら素直ではなく、
私のサビアン占星術との比較をしながら
時には批判的になったりもします。

こんなんで、ちゃんとインド占星術を
習得できるのか、まわりから見ると
不安になるような、学び方ですが、
本人曰く、インド占星術も西洋占星術も
サビアン占星術も意図する事は、個人の
性質と運命を星の配置やそのサインから
読み取る事に違いはないわけで、それを
統合してこそ、本物の占星術が完成する
という事だそうです。
(完全他人事か?(^_^;))
学びながら研究もしたいという事で、
インド占星術の生徒としては、ダメな
見本でもあると思います。

ただし驚異の的中率を誇る、最古の占星術
ともいわれるインド占星術には、古代から
の叡知が、凝縮されているはずだという
意識を持っていて、基本的に敬意を持って
いる事だけは、間違いないです。
そこを誤解なきようにお願いしますね。

さてそんな能書きはおいといて、今回
勉強中なのが、インド占星術の基本と
いう事での、惑星の生来的吉凶という事
です。
もう一つ機能的吉凶というのは、その次の
記事からになります。

その生来的吉凶を調べていくと、私の
サビアン占星術の観点から見て、どうかな
と思う事にいくつか、ぶつかったので、
それを今回雑記風に書いてみようと思い
立ったわけです。
というより、雑記風が本来の私のスタイル
だって、気づいておられる人は多いで
しょーねー(^_^;)

さてさてインド占星術では、通常天王星や
海王星に冥王星という、私がとても重要視
している、トランスサタニアンという
惑星を、考慮に入れないスタイルが主流
らしいです。
すでにここで少し脱力ーー(^_^;)

インド占星術では、9つの惑星を見るという
のが基本ですが、それは太陽、水星、金星
火星、木星、土星の7つの天体以外に、
西洋占星術では、ドラゴンヘッドと、
ドラゴンテイルにあたる、ラーフとケートゥ
という、影の惑星を取り扱います。

で、今回それらの惑星の吉凶を学んでいる
ところですが、なんとインド占星術では、
太陽が、弱いですが凶星という事なの
です。
生命のエネルギーである、プラズマ
エネルギーや地表への温度などを司る
太陽が凶星なわけは・・・・ないはず。

ただしインド占星術では太陽を魂と捉えて
いるという事らしいので、それならば理解
できる事があります。
インド占星術は魂のカルマを明らかにして
いくものだというコンセプトがあると
いう事です。
つまりカルマとは、人生での個人が、
背負った課題、前の人生から持ち越される
負の部分を内包しているわけで、もし
太陽がそういう意味を含めた魂という
なら、凶意というのも当然ある事にになり
ます。
私のサビアン占星術では、太陽は、
「本来の自分の意識」という事で、
ポジティブなものとして捉えている
ので、そこがたぶん解釈のずれにも
なっているのだと思います。
ただし疑問は疑問、研究するという視点
があるというだけで、インド占星術を
否定する気持ちは全くありません。

次に見たのが月ですが、これは吉星という
事で、現在の西洋占星術界の一般的な解釈
と一致しています。
そしてインド占星術では、月を心として
いるので、心であれば吉星になるのは
当然だと思います。
ただし私のサビアン占星術では、月は心
とは解釈していません。
月は生命にとっては、必要なエネルギーを
もたらしますが、本来の意識を五感の
物質的次元に閉じこめるプログラムを
もたらしているという事で、どちらか
というと凶意を意識しています。ただし、
生命エネルギーや現実的な利益など
という点では、吉の意味もありますので、
まあ逆に弱い凶意という感覚でもあります。
またこの現実的な利益という解釈は、
かなり複雑になりますので、それは
別の記事に書こうと思います。
ただ私が尊敬する、サビアン占星術の
第1人者であり、さらに占星学の専門家
としてとても著名な松村潔氏は、太陽と
月についてこう書かれています。

“(月についての記述の途中からの引用
です)
太陽意識は目覚めた意識なので、浮力が
強く、それをより低い次元の地球にとど
めることはできません。この時、地球よりも
低い次元にあり、より重さを持つ月が、太陽
の力を否定的な姿勢で固定化して受け止める
ことで、太陽の意識は地球にとどまることが
できるのです。
太陽がプラス1の力だとしたら、
月はマイナス1、そしてその両方の均衡が
地球を表し、地球は太陽と月の二つの力の
調停点だと考えられるのです。
 人間の生活の中では、このプラスの浮力
である太陽の力と、マイナスの重力である
月の力が葛藤を起こしつつ、両方生きて
ます。
     (中略)
月は人間の中にある何ものにも限定されない
意識を、人の形やエゴに閉じ込める重力を
象徴した天体です。”
“出典:「決定版!!サビアン占星術」
         松村潔 著
           Gakken刊”

この松村氏の解釈は私の神秘研究から
得られた解釈と、見事に一致していて、
こんなすごい方に裏付けていただいて、
心強いと感じているわけです。
つまりこの松村氏の解釈もの解釈も、
太陽がむしろ心で、月の方がとらわれて
しまった意識という感覚だという事です。
私の場合でいえば、実際の観測された
結果から、科学的にも導き出された、
月の現実的なエネルギーをもとにしての
解釈です。

その事は、真実の月編の一連
の記事でくわしく説明しています。

さてそんな月は弱い吉星という位置づけ
ですが、月の状態などでもその吉凶の
性質が変わるようです。

月は、光によって吉凶が変化し、
満ちていく月、また明るさの充分な月は
吉星で、欠けていく月、暗い月であれば
凶星となるという事です。

んーー?ここでちょっと待てーーが
入ります。月が明るくなって、吉星
になって、暗くなったら凶星になる
だとーー?
月が明るくなるのは、太陽の光だから
、太陽の光によって吉星になったら、
太陽の幸運のエネルギーが月に伝わった
といえなくねーのかー?
という事です、逆に暗くなるのは
太陽の光を受けられないからで、
それで凶星になるのなら、まさしく
太陽が幸運の天体で、吉星とならなけ
れば、いけないはずですがーーー!

しかしインド占星術では太陽は弱い凶星
扱いだという事なのです。私の神秘研究
によるサビアン占星術的な観点から
では疑問とつっこみが入ってしまった
というわけです。

しかしまだありました、明るいほど
吉星になる月は満月の時にその吉の
エネルギーが最大になるはずですが、
私が記事にしてきたような次の統計
的な事実からは、満月にそのような
幸運なイメージは湧いてきませんね。

「満月の時期に犯罪が増えることが統計で
判明しており、自動車事故は月が欠ける
時期よりも満ちる時期の方が、顕著に
多いことが分かっている。」
とか
「アメリカ風土医学協会からのフィラデル
フィア警察への報告書では、殺人、無謀
運転、放火などの犯罪の件数は、満月に
ピークを迎えることが判明している。
満月のときには、監獄の囚人たちの喧嘩
、暴動、動揺が増えるようである。」
という内容です。

というわけで、今回研究もしている
という私の疑問点などを書いてみま
したが、驚異の的中率を誇る
インド占星術の事だから、ちゃんと
した理由があるに違いないとは思って
いて、学びという点では素直に
覚えていっているわけです。

なんかこんな雑記を喜んで見てくれる人
がいるのだろうか?そんな人は、とても
あたたかく、寛大で、意識レベルの高い人
に違いないでしょう(^^)/

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

占星術編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

臨死体験と音楽と意識レベルというもの   エベンさんの証言その2


前回からエベン・アレグザンダーさんの
臨死体験をご紹介していますが、今回
はその第二弾という事になります。
アニータさんが、絶対意識領域という
とてつもないレベルに達していたのに
対して、このエベン・アレグザンダーさん
の臨死体験が、それよりかなり低い
レベルの臨死体験になっていた事を
証明するように、エベンさんの臨死体験
での最初のステージが地獄のような場所
になっていたということです。
今回もエベンさんの著書からの引用と
それについての私の考察という形で
進めていきたいと思います。
「」内がエベンさんの著書からの引用に
なります。

まずは地獄のような場所にいる時のエベン
さんの意識の状態からです。

   ~以下引用~
「その状態しか知らずにいて、それを
気にすることができただろうか。生きられ
るかどうかについて、それに近い観念を
抱いたことは覚えているが、生きるに
しても、死ぬにしても、どちらでも
かまわなかった。
   (中略)
自分のいる場所を支配している原理に
ついても、なんの手がかりもなかった。
しかし別に知りたいとも思わなかった。
それがそんなに大切なことだっただろうか。」
   ~引用終了~

これはエベンさんが、充実していたそれまで
の人生とは全く別の意識になったというわけ
ではなく、エベンさんの潜在意識のそのまま
の状態の一部なのです。
臨死体験になっていても、それまでの意識と
別の存在になったのではなく、意識として
の別の状態になっているというだけなの
です。
ではなぜ、充実した人生を送っていたエベン
さんの潜在意識が、最初にこのような地獄
のような世界に移行してしまったのか?
それは、彼が左脳に囚われた物質世界に
どっぷり浸かった潜在意識だったからなの
です。物質的にも豊かで、世間の感覚でみて
も恵まれた人生で、しかも自分も家族思い
で、仕事にもやりがいを持っていたエベン
さんでさえ、物質世界に囚われた潜在意識の
世界は、これほどまでに荒廃したものだった
というわけなのです。
さて日本人の多くの人の潜在意識の状態を
考えてもみてください、エベンさんよりも
ひどい状態の人がやたら多いではない
ですか。
たとえどんなに物質的で豊かで、人生で
順調に生きているように見えても、物質世界
に囚われて、無感情、無気力、無関心で
生きている人があまりにも多いのを感じます。
もちろんそうでない人も多いですが、日本の
方が間違っているなと感じるのは「感情的」
になる事全てがいけないように捉えたり、
言ったりしている人が多いという事です。
確かに、怒りや憎しみ、いらだちや嫉妬、
憂鬱、焦り、また自分をコントロール
できないような感情に囚われている時
などは、もちろんだめです、このような
時、感情的になってはいけないのは、
よくわかりますが、豊かな愛情、感動、
喜び、楽しみ、共感、充実感、良い意味
での情熱などのポジティブな感情は、
当然高めるほど良いので、つまりは
「感情的」になって良いわけです。
このように柔軟な感性で、言葉を捉え
ないと、、意識レベルにとっては大きな
マイナスなのです。
むしろ無感情の方が冷酷さにつながり、
とても意識レベルの低い状態に陥ると
いう事を、もう一度わかっていただき
たいと思います。
だから他人に対しての感情があまりにも
冷たい人が多くなって来ているのが、
現在の日本人だと思います。
サイコパスは、その最たるものです。
つまり肉体を離れれば、このエベンさの
ような状態よりもひどい状態になる可能性
が高いというわけです。
特に冷酷陰惨ないじめやパワハラなどは
間違いなく、さらにひどいものになる
でしょう。
そしてあまりにも人生でその意識が強ければ
、なかなかそのようなレベルから抜け出せ
ないような状態に死後になる可能性が高いと
いう事です。
もちろん感情が豊かで、愛情も豊かである
ような心の持ち主であれば、ほぼ大丈夫
です。このような地獄の世界にいく事は
ないでしょう。ただし、それでも物質世界
に囚われているとあまり高い意識レベルの
領域にはいけないのです。
臨死体験者の報告で肉体を離れた意識が、
至福になったという証言が多いのは、
臨死体験から戻ってこれるというような
人達の意識レベルが、高かったからという
ことでもあるのです。

エベンさんは、少なくとも「冷酷」
「無気力」「無関心」「無感情」のような
意識ではありませんでしたので、やはり
地獄から抜け出せる事になります。
エベンさんが泥の中の地獄のような世界
から引き上げられて、天界のような場所に
導かれる様子が以下のものになります。
~が入ると中略という事です

   ~以下引用抜粋~

「自分が何であれ、ここにいるわけには
いかない。ここを出ていかなくてはなら
ない。
出るといっても、どこへ?
その時だった、それを自問していると、
上方の暗がりから何かの姿が現れた。
冷たさのない、暗さとも死とも無縁の、
それらの正反対を表すもの。私が一生を
かけて説明しても、こちらへ近づいてきた
存在の美しさを表現することはかなわない
だろう。
 だが、それを試みてみよう。~
~闇の中から何かの姿が現れた。ゆったりと
回転しながら、金色がかった絹糸のような
白い糸を燦々と放射している。
光に照らし出され、周りの闇が崩壊し
始めた。
初めて聞く旋律も聞こえてきた。それは
「生きた」音色だった。どんな音楽も
かなわないほど豊かで美しい、妙なる
調べ。純白にきらめく光が下へ降りて
くるにつれて、しらべはいっそう強くなり
、永劫にわたって聞き続けた気がするあの
単調で無機質な音がかき消されていった。
光はぐんぐんこちらへ迫ってくる。~
~やがて光の真ん中に、別の何かが出現
してきた。~
~そのことに気づいたとたんに私は上昇し
始めた。猛烈なスピードだった。ヒュッと
音を立てて開口部をくぐり抜けると、見た
こともない別世界が広がっていた」
    
    ~引用終了~
“「」内全て出典:「プルーフオブヘヴン」
   エベン・アレグザンダー著
          白川貴子訳
          早川書房刊”

これは、泥のような世界から天界のような
高次元へ導かれる様子を描写してくれて
います。
エベンさんは、やはり家族思いのいい人で
仕事にやりがいを持った向上心のあるような
好人物だったので、表面的な左脳の地獄の
世界を見事に突破することができたのです。
私たちが、結果でなくいかに生きるかが、
とても大切だと実感させられますね。
この光による導きは、よく臨死体験者の
多くの人が口にする「光のトンネル」と
ほぼ同じものだといっていいと思います。
そして、注目していただきたいのが、音楽
です、宇宙の真理編で、五感のレベルに
ついての記事を書かせていただいてますが、
聴覚が最も五感の中でレベルが高いという
事を説明していますが、この時の聞いた事
もないような音色と、また初めて味わう
ような豊かな旋律が聞こえてきたという
のが、何よりの証拠になると思います。
光とともに導いてくれたのは、この音楽
だという事ですね。
まさに高次元の意識レベルに移行するのに、
音楽が欠かせないことの証拠でもあります。
地獄の中で永劫にわたって聞き続けていた
ような単調で無機質な音がかき消されて
いったという事ですが、他の記事でも説明
していますが、音楽にもレベルがあって、
リズム、音色、旋律に分ければ、リズムが
最も低いレベルです。
だから地獄の世界では単調で無機質な
リズムだけが聞こえていたという事なの
です。
そして最もレベルの高いのは「旋律」なの
です、聴いた事もない豊かで美しい旋律に
導かれて、エベンさんは天界にいくことに
なります。
(もちろん音色も大切です。つまり旋律
に比べればという事ですね。というのも同じ
音色でも、別の音階の波動が共鳴しあうのが
旋律なので、その分意識にとって豊かな
状態に導かれるというわけです)

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です

絶対意識編一覧

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

かんたん毎日のサビアン11月21日


今日の太陽のサビアンシンボルは

蠍座29度
「酋長に自分の子供たちの命乞いをする
インディアンの女性」
です。

これは社会から家族などの身近な人達
を守るという意識が高まる日です。
母性本能というよりは、父性本能
とでもいうような意識です。
深い愛情全般も意味しています。

感情面を示す金星のシンボルは

射手座24度
「家のドアにとまっている青い鳥」
です。

これは、良い家庭運を示している
シンボルですが、他にも家庭に
幸運がもたらされたり、良い縁の
ある人と知り合ったり、新しい
仕事や運気がもたらされたりする
という暗示もあります。
とにかく家庭などに、幸運がもたら
されるという事です。

知性とコミュニケーションを示す
水星のシンボルはまた昨日と同じく
蠍座12度
「大使館の舞踏会」
なので、豊かな人達と縁があったり、
社交的な意識になりやすくなる
という事です。

行動面を示す火星のシンボルが

蠍座2度
「割れた瓶とこぼれた香水」
です。

これは、恋する相手や、相手がいる
人であれば、その人と深く結ばれたい
という気持ちになるというシンボル
です。
また人と深くわかりあいたいという
意識を示してもいます。
つまり自分の深いところで、つながり
たいという意識で行動したくなる
という事です。

またこの時期の木星のシンボルが

射手座28度
「美しい流れにかけられた古い橋」
です。

これは、社会の流れや、お金の流れ
などに囚われず、昔から大切に
されてきたようなものに感謝したく
なるという意識を示すシンボルです。
木星に宿っているので、古くから
ある大切なものやアンティークな
ものがラッキーアイテムになる
という事です。

という事で今日は、家族など身近な人
を守りたいという意識が高まったり、
家庭に幸運がもたらされたりする
ような日です。
ここ数日社交的な意識が高まる事が
続いていましたし、まだそういう意識
もありますが、、どちらかというと
今日は、家族や家庭に対する強い
愛情が高まる日です。
また自分が思う人と、深くつながり
たいという意識も高まります。
この意識が不倫に向かうと、太陽の
意識と正反対になる事もあるので
激しい葛藤に悩まされたりする
かも知れませんね。

いつもありがとうございます(*^_^*)

かんたん毎日のサビアン 
2019年11月分

かんたん毎日のサビアン一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ

蠍座29度


今日の太陽のサビアンシンボルは

蠍座29度
「酋長に自分の子供たちの命乞いをする
インディアンの女性」
です。

これは昨日の蠍座28度が、自分の核の
意識を獲得するという事でしたが、
この蠍座では、自分の分身でもある
子供という、また別の大切な核を
守ろうとしています。
つまり自分の家族や身近な人を、社会から
守るという意識になります。
つまり29度で次の射手座が社会への
広がりを示すサインなので、その
影響を受けて、社会から大切な家族を
守ろうとする意識につながったという
事です。

今日は家族のために仕事をがんばろう
とか、家族サービスをがんばろう
などという意識になったり、家の
セキュリティーなどの意識も高まる
日です。

対称の180度のシンボルは

牡牛座29度
「テーブルの前の二人の靴職人」
です。

今日のアスペクトによる対比は、
いつものように、シンボルの意味
そのものから読み取るより、その
シンボルの度数の意味である、29度
でのサインの比較と両立いう関係で
見た方が、わかりやすくなっています。
この牡牛座29度の二人の靴職人は
次のサインが知性の双子座である
事から、二人の靴職人の技量を比較
するという知性を示しています。
また靴職人の仕事は、生産や労働を
司る牡牛座のサインの特質も示して
いますので、見事なサインの両立に
なっているというわけです。
またこの靴職人たちは、伝統を守る
という意識にもつながるため、守る
という点で蠍座のシンボルと対称的
になっています。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは

水瓶座29度
「さなぎから出てくる蝶」

獅子座29度
「人魚」
です。

こちらもわかりやすいのが、スクエア
のシンボルどうしで、見事に対称的に
なっているのがわかっていただけると
思います。
水瓶座29度のさなぎから出てくる蝶は
さなぎが、山羊座の社会意識から脱して
宇宙意識を育んでいる姿で、そこから
霊的なシンボルである蝶が、魚座の
象徴として出てきたという事です。
魚座の霊的な蝶は、さらにその次のサイン
の牡羊座の生命の誕生に向けて、霊から
魂へと変化していきます。
今日のシンボルの対称軸が、現在ある
ものを守るという意識を示しているのに
対して、この水瓶座のシンボルは、
新しい自分に変わるという事なので
逆のエネルギーとなっています。

獅子座29度の人魚は、下半身の魚部分
が、獅子座の、支配星の太陽の魂の意識
から来る、霊的な本能としての資質を表現
しているのに対し、上半身の人間は、
自分自身を客観的にも見れるようになった
個人の完成形としての乙女座を示してい
ます。
これも自身の変容という意味なので、
現在の状態を維持しようとする今日の
シンボルの対称軸とは、逆のエネルギー
となります。

 

いつもありがとうございます(^^)

 

蠍座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

あなたの乙女座18度


乙女座18度のサビアンシンボルは

「ウィジャ盤」
です。

ウィジャ盤は、西洋版こっくりさんの
事だそうです。これは、広く占いなどを
示すシンボルとして見ていいと思います。
私もこの乙女座18度を冥王星に持って
いますので、占星術の解釈にも役立って
いると感じますね。冥王星は太陽とは両極
の自分の核の意識です。

このシンボルが太陽にある人は、霊感が
優れていて、ヒーラーやチャネラーとして
才能が開花する事もあるでしょう。
もちろん適職は、占い師や、ヒーラー、
カウンセラーなどになります。

またこの人に出会いの難しさなどは、関係
ありません、自分の霊感で相手を選び
巡り合う時期や場所まで感じてしまう
わけですから、ただし大変なのは、
付き合い始めてからで、身近な相手には
霊感が働きません、相手の影響も受け
取って、自分の感性が自然に抑えられ
てしまうからです。この出会ってから後
の事については、経験がこの人を助けて
いく事になります。
もちろんこの事を分かっていれば、霊的
なパワーを発揮する場面を、切り替える
事で、両立できるようにもなります。

このシンボルが月にある人は、両親が
神秘的な事に関わっているような人の
もとに生まれることが多いでしょう。
また幼少の頃から霊感に優れた能力を
発揮して周囲を驚かせたりします。
ただ、この月にある人の場合は、その
霊感は、育つうちに弱くなっていき、
成人するとそれほど強くなくなる
ケースもあります。もちろん、その力
を維持するように、意識的に使って
いれば、そのエネルギーは失われま
せん。

金星にある人は、霊感で感じ取った運命
の人と出会いそのまま結ばれます。

このシンボルが海王星にある人は、他の
どの天体にある人よりも、シンボルの
特性を活かす事ができる才能があります。
つまり、かなり抜きん出た霊感、霊力の
持ち主で、そのエネルギーは生涯失われ
ません。

いつもありがとうございます(*^_^*)

あなたの乙女座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ