臨死体験にも意識のレベルがある!? エベン氏の証言その1


すでにこの絶対意識編でも取り上げました
アニータさんのように絶対意識レベルに、
到達するような臨死体験をした人は珍しく、
多くの人がそこまで到達していない事が
多いという事を説明しました。というのも
肉体を離れた後も、まだまだ意識には
囚われているレベルというものがあって、
個人差があるという事なのです。もちろん
肉体を離れた意識がレベルアップして
いけば、最終的には絶対意識に到達する
ので、単に意識の過程であるに過ぎま
せんが、意識のレベルには個人差が
あるという事です。
そしてアニータさんの到達した意識レベルと
比較検討するのに適した人の臨死体験として
エベン・アレグザンダー氏(記事では単に
エベンさんと省略したりしています。)の
実例が適当だと判断して紹介していっている
わけです。タイトルだけ変えて、再投稿
させていただきます。

 

今回からは、アニータさんのように自らの
臨死体験を詳しく著書にまとめられている
エベンアレグザンダーさんを取り上げて
いこうと思います。
こちらは、最先端医学博士でありながら、
脳神経外科医を続けていたという、
社会的にかなり地位のある人物です。
もちろんだから偉いというような事を
いいたいわけではありません。
逆にそのような地位の人の臨死体験が、
アニータさんのような一般的な女性に
比べて、低いレベルにあった事が、興味
深いという事がいいたいのです。
つまり潜在意識の領域では、現実の
世界での格とは全く違う基準になって
いるという事なのです。
一つには、彼が物質的世界での感覚で
ある左脳に偏った世界観を持っていた
という事が大きいのです。
つまりいわゆる右脳型ではありません
でした。
そのため自分自身が体験するまで、医師と
してよく患者たちから、臨死体験の報告
も聞く事があったようですが、意識は
脳からしか生まれないという概念が、
正しいと思い込んでいるアレグザンダー
氏は、そんな患者たちに、「それは脳の
幻覚のようなもの」だとありがたくも?
諭してあげておられたようです。
まあ臨死体験などの証言やプリブラム氏
の研究成果を知っている我々にとっては
遅れた感覚に思えますが、主流の科学界
というのは、今でもその固定概念が、
根強く広く受け入れられてしまっている
のです。
そんなエベンさんが、細菌性髄膜炎という
致命的な脳の重大な危機的疾患に陥り、
脳波が完全停止に停止していたのにも
かかわらず明晰な意識を持ち続けた事を
体験してから、完全に見解を180度
変えて、意識は脳から独立して存在する
と著書で発表するや、全米中で飛ぶ
ように売れ200万部以上の、大ベスト
セラーになってしまったのです。
がちがちの科学者が死後の世界を保証
するという、まさにセンセーショナルな
ふれこみも功を奏したのでしょう。

しかし人物としては、臨死体験以前から
家族思いの仕事に誇りを持っていた
いわゆる我々が尊敬できる「立派で
いい人」だったはずのエベンさんでも、
アニータさんの臨死体験時の意識
レベルと比べると確実に低いものに
なったのです。
それはそれまでの左脳に囚われていた
意識レベルのまま、臨死体験に入った
からなのです。
ではこれからのシリーズは、エベンさん
の臨死体験について著書から引用させて
いただきながら、私の考察を加えていく
といういつものやり方で進めていきます。
今回は長くなりましたので、そのさわり
だけご紹介します。
彼が昏睡状態に入ってから直後の様子
です。
引用抜粋なので、(中略)だらけになる
と読みにくいので、中略の部分の始まり
と終わりを~で記入します。

   ~以下引用抜粋~
“そこは暗い場所だった。闇でありながら、
視界が効く暗がり―泥の中に沈んで
いながら、泥を通してものが見えるような
暗がりだった。それとも汚らしいゼリーの
中と言った方がいいかもしれない。透けて
はいるが、すべてがぼんやりとぼやけて
して閉じ込められている息苦しさを覚えた
。意識もあった。だがそれは、記憶も
自意識も持たない意識だった。
何が起こっているかはわかっているの
だが、それを見ている自分がどこのだれ
なのかわからない。・・・
夢の中のそんな状態に似ていた。~
~私には身体がなかった。肉体の自覚が
ないまま、ただそこにいるだけだった。
その場所をその時点で表現するとすれば、
「始原的」あるいは、「原初的」といった
言葉があてはまっただろう。~
~そのうちにそこにいる時間が長くなって
くると落ち着きが悪くなってきた。最初
のうちは、薄気味悪さと馴染み深さがない
交ぜになった、周囲と自分との間に境界が
ない状態に溶け込んでいたのだが、時間
も境目もないところに深く沈み込んでいる
感覚がそのうちに変化し始めた。こんな
地下世界は自分の居場所などではない、
閉じ込められているのだと感じ始めた。~
~「自分」の意識-じめじめした冷たく
暗い周囲とは、別のものであるという感覚
-が強くなるにしたがい、闇の中から
にゅっと出てくるいろいろな顔がいっそう
気味悪く醜悪になった。遠いかなたから
響いてくるリズミカルな鼓動の音も、
大きく、鮮明になったてきた。~
~周囲にあるものが目に見えるという
より。触知するものになってきた。
うようよとミミズのよう這いずっていく
爬虫類のザラザラした皮、つるつるした
皮膚が触れていくのが感じられた。
~臭いが漂っていることにも気がついた
。血のような、排泄物のような、反吐の
ような臭いだった。「生き物」を思わ
せる生臭さだったが、生き物の命では
なく、生き物の死を連想させられた。
認識がいよいよ研ぎ澄まされてくる
一方で、私はますますパニック寸前
まで追い詰められた。”
“出典:「プルーフオブヘヴン」
   エベン・アレグザンダー著
          白川貴子訳
          早川書房刊”
これが、エベンさんの臨死体験の最初の
ステージです。どうみてもこれは地獄
の一種ですよね。もちろん、霊的な
レベルでの地獄にはいくつもの無限の
種類、無限のレベルがあるとは思います
が、これもやはり地獄だと思ってもいい
でしょう。
注目したいのは、泥の中からさらに醜い
場面に移行した時、気色の悪い触覚、
強烈な嫌悪感をもたらす臭気を彼が
感じたという事です。これはアニータ
さんにも全くなく、多くの至福の状態を
味わった臨死体験者の証言にもほぼ
皆無といっていい感覚だったのです。
つまり意識レベルの高い感覚には、
味覚、嗅覚、触覚はないという事を
示しているのです。これらは特に
肉体があるという前提のもとにある
感覚ですので、臨死体験者のほとんど
が、それを感じなかったと証言して
います。
今宇宙の真理編で、五感のレベルに
ついての記事を書かせていただいて
ますが、五感の中でも味覚や嗅覚、
触覚のレベルは、やはり低いものなの
です。
その低いレベルの感覚で、ひどい状態
に陥っていたのが、エベンさんの臨死
体験の最初のステージでした。
またリズミカルな鼓動の音が聞こ
えるとも言っておられますが、レベル
の低い状態での聴覚や視覚も働いて
いたようです。
この地獄の状態で聞こえてくるのが
リズミカルな鼓動の音というのが、
非常に興味深いのです。

実は音楽の感覚でいえば、このリズム
感が最もレベルが低く、その上に音色の
感覚、最上位にあたるのが、和音と
旋律の調和の感覚なのです。
だから地獄の状態では、メロディー
は聞こえず、リズミカルな音だけが
聞こえてきたという事なのです。
とにかく臨死体験をする前のエベン
さんは、五感の世界に囚われていた
ので、それがこのような世界に来て
しまった事の大きな原因になっている
という事なのてず。
アニータさんの臨死体験とは全く違う
のがよくわかりますよね。
次回は、エベンさんの臨死体験をまた
深くみていく事にします。
では(^^)/

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です

絶対意識編一覧

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

知識の徹底深掘りのサビアンシンボル   徹底比較その10 


今回比較検討するサビアンシンボルは

双子座6度
「油田の掘削」
です。

これは双子座のサインが知性の探究を
意味しているので、未知の領域へ知識を
求め、まさに深く掘り下げていっている
という暗示のシンボルです。
つまり油田は、双子座にとっては、知識
の富だという事の比喩というわけですね。

そしてこのシンボルの松村潔氏の解釈を
また氏の著書から引用させていただきます。

「」内が全て引用で~は中略の意味です。

「大地の奥深くに眠っている「油田」を
探し当て、そこから巨大なエネルギーや
富に繋がるような力を引き出すことが
できます。
双子座5度の“過激な雑誌”の度数で、
情報に結びつく付加価値の方にこそより
大きな価値がある事に気がついた人は、
多くの人に力をふるえるようなもっと
大きな鉱脈を探します。~
~双子座の発達段階では、他者との共有
よりも、個人の可能性をいかに広げて
ゆくかという事の方が重要ですから、
これの発展性を考えた時には、できる
限り大きな素材を扱う事がキーワード
です。~
~第2グループになると、この知性
によって拡大されていく人間性や世界像
の方が重要になってきます。
ルディアは、資本主義的な現代の発展性
というものは双子座の世界であると述べて
いますが、これは他人や他企業と競争
する中で、個人や特定のグループがより
大きなパワーを握るという現代の産業構造
のことを示しています。」
“出典:決定版!!サビアン占星術
          松村潔 著
        Gakken刊”
なるほど、私が双子座の知性の探究ばかり
に焦点を当てているだけに留まっている
のに対し、サビアン占星術の生みの親の
一人でもある、占星学の大家、ディーン・
ルディヤー氏の解釈も交えながら、双子座
の資本主義的な発展性も、このシンボルが
表現していると解釈されていますね。
また勉強になります。

さてとてもコアな直居あきら氏の解釈も
いつものように、同氏の著書から
引用させていただきます。

またシンボルのタイトルは、ルディア氏の
意訳をもとにしたものとなっています。

「」内が引用で、~が中略の意味です

「 ジェムナイ五度
 「石油を掘る労働者」

シンボル課題
【能力の発揮・利益やパワー・社会的立場
を得る】

このディグリーの人は、この人生で能力を
発揮し、それを実現するだろう。但し、
このディグリーの場合、必ずしも自分の
やりたいことを行って認められるという
よりも、環境の要求するものをこなす傾向
が強いかも知れない。環境の限定を受けて
いるといってもよい。その意味では与えら
れたことをやりこなす力のある人でも
あろう。
組織やグループで能力を発揮することも
考えられる。~
~自己能力を発揮出来るところに必ず配置
されるようになる人生だ。」
“出典:「定本サビアン占星学」
          直居あきら著
      魔女の家®BOOKS刊”

今回の直居氏の解釈はわかりやすいですね、
私や松村氏と同じように、個人の可能性を
追求していくという事につながる、能力
の発揮という解釈で、その上に松村氏と
同じように利益の追求という要素も加えて
おられます。
ただ直居氏独自の見解として、この
シンボルは、環境の限定を受けていると
解釈されています。
この点について、私はこのシンボルが
環境を打破するために深く探究して
いっているという意味で捉えているため
相反するところがありますね。

今回も三者三様の解釈で、とても興味
深かったですが、最後にエリス女史の
サビアンシンボルのチャネリングに
立ち合った、サビアンシンボルの創始者
でもあるマーク・エドモンド・ジョーンズ氏
の、このシンボルのキーワードを紹介
します。

キーワードは
「思索・熟考」です。
これは私のサビアン解釈と、ほぼ同じとみて
いでしょう。かなりうれしいですね、
これは。
つまり探究や熟考のような知性の発揮と
みるのが二人。また個人の可能性や利益
の追求を暗示しているとみるのが二人と
いう結果です。

また次回のサビアン徹底比較も
お楽しみにー(^^)/

いつもありがとうございます(*^_^*)

サビアンシンボル比較一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ

かんたん毎日のサビアン11月20日


今日の太陽のサビアンシンボルは

蠍座28度
「自分の領土に近づく妖精たちの王」
です。

これは、とても精神的に豊かな世界
が開かれていて、それをコントロール
できている事を示しているという事
ですが、精神的な豊かさをまわりに
広めていこうとする意識を示して
います。

感情面を示す金星のシンボルが

射手座23度
「移民が入国する」
です。

これは全く新しい環境で育った人
や、異質な境遇にある人達との
縁が高まるというシンボルです。
これは自分と違うタイプの人との
出会いや外国人との縁が、あったり
また自分が全く新しい環境に入る
事も意味します。

知性とコミュニケーションを示す
水星のシンボルは昨日と同じく
蠍座12度
「大使館の舞踏会」
なので、豊かな人達と縁があったり、
社交的な意識になりやすくなる
という事です。

行動面を示す火星のシンボルが

蠍座1度
「観光バス」
です。

これは同じ目的意識を持った人たち
との共感が高まるというシンボル
です。
これが火星に宿ると、チームワーク
が高まってチームプレイに役立ったり
協力してするような仕事がはかどる
という事になります。

という事で今日は、精神的な豊かさ
をまわりに広めようという意識が
高まるので、まわりの人を啓蒙
したり、そういう事をSNSなど
で発信したりするのに良い日です。
また自分と全く異質の人と縁が
あったり、社交的な意識も高まり
ます。
また仲間や同僚と協力しあうのにも
良い日でしょう。

いつもありがとうございます(*^_^*)

かんたん毎日のサビアン 
2019年11月分

かんたん毎日のサビアン一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ

蠍座28度


今日の太陽のサビアンシンボルは

蠍座28度
「自分の領土に近づく妖精たちの王」
です。

この蠍座28度の妖精の王は、
自分の領土に近づいているという事
ですが、これは、内面にある自分の
核に近づいているという事です。
蠍座のテーマが、自己の中心核への
回帰という事でしたから、これは
自分の核へ回帰しようとする姿を
示しています。
そして自分の核には、領土とも
いえる大きな領域がある事を再発見
しているという事ですね。
自らの意識の核を獲得するという意味
があります。
精神的な豊かさを獲得しているという
事でもあります。
またその精神的な豊かさを、まわりに
広めていこうとするような意識にも
つながります。

対称の180度のシンボルは

牡牛座28度
「成熟したロマンスで求められた女性」
です。

牡牛座のサインは、恋愛、出産、所有と
いったものでしたが、このシンボルは
女性の恋愛願望の獲得ともいえる
暗示なので、今日の蠍座の精神的な獲得
と対称的になっています。
もちろんこれは、男性的にも応用が
できるという意味でもあります。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは

水瓶座28度
「倒されのこぎりで切られた木」

獅子座28度
「大きな木の枝にとまる
たくさんの小鳥」
です。

水瓶座28度の「倒され切られた木」
というのは、水瓶座のサインのテーマ
が、「浄化」つまり山羊座で完成された
社会をいったんリセットする役割なの
で、その浄化をする意味で、それまでの
既存の社会を象徴する完成された生命体
である木が切り倒されたという事です。
これは自分の核の意識を獲得する蠍座
や恋愛での獲得を意味する牡牛座に対して、
完成されたものを喪失するという意味に
なるので、逆のエネルギーとなります。

獅子座28度の「大木に群がる小鳥」は、
獅子座のサインが、創造的エネルギーの
発現と、自己の生命力を高めていくと
いう事でしたが、自分の意思や生命力
そして創造力を達成した姿が、「大木」
となって表れているわけで、また
さらなる小鳥たちのような生命
エネルギーを加えていって繁栄して
いる事を示しています。

これは、自己の内面の核という精神面を
示している蠍座のシンボルとは、逆に
生命力や物質面での豊かさを暗示
しているので逆のエネルギーです。

また生命力を得るために、異性の
愛を必要としている牡牛座の
シンボルに対して、すでに生命力の
繁栄を示しているこの獅子座の
シンボルは、時間的な経過という
意味で逆の面があるという事です。
ただしこれは完全な逆という感じ
でもありませんね。

 

いつもありがとうございます(^^)

 

蠍座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

あなたの乙女座17度


乙女座17度のサビアンシンボルは

「噴火している火山」
です。

このシンボルが太陽にある人は、
わりと普段は穏やかで冷静な人
ですが、時々思わぬ時に感情的に
なり周囲の人を驚かせたりします。
実はこのシンボル私の金星のオーブ
1度のシンボルですので、よくわかり
ます。
感情の動きは、この人特有のもの
なので、ほとんど誰にも読まれる
事はありません。
また普段から、情熱を内に秘めていて、
それにスイッチが入れば、大きな
エネルギーとなってこの人をつき
動かすでしょう。
会社勤めというよりも、自営業や
創作活動をする事に向いている
と思われますが、意外にどんな仕事
に就いても適応力はあります。
ですがあまり感情のままに行動しては
立場を危うくしたり、人間関係を
こじらせるもとになるのに注意が
必要。(なんだか自分にいってる
みたいですねー💦)

異性に対しては、なかなか腰が重たく
ほとんど自分からは動こうとしません。
むしろ、あなたをフォローしてくれる
ような人と相性が合うでしょう。

このシンボルが月にある人は、小さい
頃から、親の手がかかりません。
ですがものわかりがいいというより、
自分のことになると、相当頑固な
態度になります。
芯が強いというより、親に迎合しない
態度は、大人になっても上司に対して
常に反発心を持つ性質として表れます。

金星にある人は、自分の内面をそのまま
さらけ出す事に抵抗があり、人当たりは
よく、おだやかに見えますが、内心は
人に合わせる事で、疲弊します。
どういうわけだか、感情がオモテに
出た時に自分をコントロールしにくく
なるという事を、経験からか知って
いる場合が多いです。恋愛は苦手に
なる事が多いですが、やはり献身的な
相手や、逆にこの人の助けをありが
たがるような、依存心の強い人と相性
がいいようです。

土星にある人は、できるだけストレス
を感じないような生活環境にいる事を
心がけましょう。あまりに、自分に
合わない環境にいると、それに対する
不満が、思わぬところで爆発し、
生活に必ずネガティブな影響が出ます。

いつもありがとうございます(*^_^*)

あなたの乙女座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ