底力を引き出すアスペクトとは? サビアンクインカンクスその1


アスペクトの中でも特に解釈が難解
なのに重要とされるのが150度の
クインカンクス(インコンジャンクト)
です。
以前はマイナーアスペクトでしたが、
ごく最近メジャーアスペクトにする
占星術家も出てきたりして注目を
浴びています。

そのアスペクトの意味も難解で、性質の
違うものを結びつける角度だったり、
互いの性質を混乱させるものだったり
しますが、これは互いに葛藤がある
という事です。

つまり関係を構築するまでに、調整が
必要で、さらにそれを活かすための
ルートを見つけなければならないという
事なのです。

そのために、ある意味困難に遭う場合も
出て来たりしますが、それがむしろ
互いのシンボルの良さを引き出すために
有効に働くという事です。

そしてまた一つのシンボルを起点として
逆方向のクインカンクスのシンボルが
二つできる事になりますが、それが上
の図のような形になります。そして
底辺の二つのシンボルは60度の
セクスタイルで結ばれますが、
そうしてできる二等辺三角形を
ヨード(YOD)といいます。

この3つで結ばれた関係は、苦悩を
もたらすとされますが、同時に高い
レベルまで自分を引き上げる事の
できる関係だという事です。
まさに苦悩する天才といった感じの
影響力を持つアスペクトだという事
です。

浅田真央さんにもあるらしいですが、
彼女は確かに素晴らしい才能を持って
世界のトップとして活躍しましたが、
みなさんもご存知のように相当苦悩
していた印象がありますよね。
しかし、彼女は、その困難から逃げず
に向き合い、努力する事によって、
どんどん才能を開花させていった
という事です。

さてこの複雑なクインカンクスやヨードの
アスペクトが、どのようにサビアンシンボル
にあらわれているのか、乙女座14度を
基点としたヨードの3つのシンボルで
見ていきたいと思います。

図のように

乙女座14度
「家系図」

から150度のクインカンクス
(インコンジャンクト)に当たるのが

牡羊座14度の
「男と女のそばでとぐろを巻く蛇」

水瓶座14度
「トンネルに入る列車」

です。そしてこれら3つからなる
二等辺三角形が、ヨードと呼ばれるもの
になるという事ですね。

これらが葛藤、苦悩しながら、互いを刺激
しあって、高いレベルに引き上げてくれる
関係だという事ですが、見ていくことに
しましょう。

乙女座14度の家系図は、人類自体が血の
つながりである家族を持つ事によって、
何世代にもわたって、繁栄してきた事を
示すものです。
これは、血族の繁栄ひいては人類の繁栄に
つながるという力強いエネルギーです。

そしてそれと葛藤するのが、欲望への執着
から、堕落へつながる牡羊座14度です。
14度の誘惑して堕落をもたらす蛇が、
それを暗示しているというわけですね。
つまり繁栄する家族を、子孫が欲望の
ために崩壊させてしまう可能性を示唆して
いる事になります。
つまりは、欲望をコントロールするための
葛藤で、それを調整しきったところに
幸運が宿るという意味にとれますね。

もちろん欲望はいつでも自然に沸き起こる
ために、悩みや葛藤は続くというヨードの
性質も反映しています。

また乙女座14度は人類の繁栄の象徴として
家族が代々伝わるという家系図で象徴して
いますが、これは血による明らかなつながり
を示しています。

しかし乙女座14度とクインカンクスに
あたるもう一方の水瓶座14度は、
列車がトンネルに入るため、霊的領域
または潜在意識の領域に入る事を意味
しています。
つまりつながりがとてもわかりにくい
状態になっています。というより、オモテ
の顕在意識では、つながりがわかりません。
これは、血のつながりではなくて、
霊的な領域、魂の領域を示している
のです。

実は魂でのつながりは、血のつながりと
別次元になっていて、同一のつながり
でない場合も多いのです。
つまり縁と呼べるものだという事なの
です。夫婦や恋人、親友などのつながりに
なる人が、魂でのつながりに属すると
いっていいでしょう。
ただ、つながりには違いがないので、
血のつながりに従うか、魂でのつながり
と思える関係を選ぶか葛藤するわけ
ですが、それらの関係を調整しきって
こそ、幸運が訪れるという事です。

ただこれもずっと答えがはっきりしない
まま、続くものなので、苦悩が続く
というヨードの性質も反映して
いる事になります。

もう一度これら3つのシンボルのヨード
の関係を見てみますと、

乙女座14度は人類の血のつながりに
よる結束と繁栄、

牡羊座14度は堕落のための誘惑、

水瓶座14度は、霊的領域への侵入と
        その領域でのつながり

ですが、なるほど別次元のように思える
3つのシンボルを活かすためには、人類
が最も高次元の意識になれる、水瓶座
14度のトンネル内に侵入して、高い霊性
を手に入れ、誘惑に負けずに子孫を繁栄
させていくというエネルギーとして開花
させればよいという事で、わりと困難で
はありますが、解決を得るために努力
しながら、幸運のエネルギーを惹きつけて
いるヨードの関係になっている事が
わかりますね。

しかし、誘惑は続行され、日常意識に没入
するうちに、霊的領域とのつながりも、
とぎれがちになる事が、ヨードのもたらす
継続的な苦悩だという事なのです。

なかなか難解ですが、なんとか解釈できた
し、サビアンシンボルが、この角度でも、
意味通りの関係を持つ例があるという事を
紹介できた事になります。

いつもありがとうございます(*^_^*)

サビアンクインカンクス編一覧

神秘のサビアンアスペクト一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です