栄養学の真実 カロリーによる生命維持は完全な嘘


断食が、健康にとても良く、若返り
遺伝子を発動させて、老化を遅らせ
長生きできる秘訣と、言われ出して、
それが知られるようになってから10年
は経つような気がします。
実際、私は健康のためだけでなく、
意識的な覚醒状態に少しでも近づけようと
、1日おきに断食を実践しています。
そして、以前食べていた量の1/3ほどの
食事量にしてますが、それでもしっかりと
体重も体力も維持されています。
それどころか、身体の動きなどは以前
よりも良く、以前はたびたびひいていた
風邪も断食を習慣にしてからの3年間ほど
全くひきません。
そしてやはり、以前よりも、感性や
理解力が上がっていると実感しています。

さて断食をしていると聞いて、一般の
多くの方は、「それじゃカロリー足りて
ないんじゃないの?」
「それじゃ生きていけないはず」
「栄養が全然足りてないはず」
などという言葉が出てくるのは、目に
見えて明らかですが、そもそもカロリー
という考え方が、本当に正しいもの
なのか、1日に必要な摂取カロリー
という基準も正しいかについては、
通常ほとんど疑問を持たれる事さえ
ありません。
それは、教育やマスコミで、あたかも
絶対的な真理であるかのように、繰り
返されてきたので、私たちが「常識」
のように思い込んできて、さらに
ここが重要なのですが、それを信じる
人々が、それを共認しあう事によって
さらに「強化」されてしまったという
事なのです。

さて今回は、その「常識」が本当なのか
まず考えていただきたいのです。
少し考えるだけで疑問がたくさん出て
くるのに、気づかされます。
たとえば2000キロカロリーが、
もしエネルギーに転化されたところで、
心臓が1日に10万回も拍動し、36度
の体温を維持する事など到底不可能
なのです。
これは今日投稿しました
生命エネルギーもプラズマ    
真空からエネルギーを得る生命

で、千野遙教授が実際に計算して、
詳細に説明されています。

そして今回は、そのわずかな2000キロ
カロリーでさえ、摂取してエネルギーに
転化できているわけではない事を説明して
くれている記事を紹介させていただきたい
と思います。
貴重な真実をあらゆるジャンルに渡って、
多くの記事で紹介されている
「るいネツト」様からの引用です。

「」内が引用、~が中略です。

「食事や食べ物を扱う学問である栄養学で
よく使われている「食物のカロリー」
という概念があります。今やコンビニの
お弁当にも表示されるようになったこの
カロリーですが、実はその算出方法を
調べてみると、全く自然の摂理とはかけ
離れた測定方法に基いており、全く意味
の無い数字であるということがわかり
ます。

「栄養学は欧米食を正当化するための
観念であり、日本人の健康を守るもの
では無い」272715や、
「近代栄養学に根拠なし!肉食推奨の
プロパガンダに過ぎなかった」286294
のように栄養学の怪しさは多数言われて
いるように、栄養学という学問が現代の
様々な「食」に関する弊害を生み出して
います。

『ダイエットの新常識…カロリー数
を信じるな!』
リンクより引用

食物のカロリー数はどうやって測定
されたのかを調べてみると、かなり
インチキくさいことが分かる。

測定法は、1883年にルブネル
という科学者が考案した方法が現在も
使われていて、基本的な考え方は当時
と同じだ。

計算式は、
[食物の熱量]=[食物を空気中で燃やして
発生した熱量]-[同量の食物を食べて
出た排泄物を燃やして発生した熱量]

であり、これをさまざまな食物や
各栄養素ごとに測定する。

具体的には、ボンブ熱量計
(カロリーメーター)という
機器のなかに、熱量を計りたい食品(
乾燥させてある)と酸素を入れ、
電熱線に電気を通して熱して燃やし、
容器内の温度の上昇を測定し、それを
熱量に換算することで、カロリー数は
測定できる(ちなみに、1カロリー
とは水1グラムの温度を1℃上げる
のに必要なエネルギーである)。

しかしこの測定法は疑問だらけだ。
なぜなら、

◇体温は最高でも、せいぜい40℃
であり、この温度では、脂肪も
炭水化物も「燃焼」しない。つまり、
人体内部で食物が「燃えて」いるわけが
ない。

◇そもそも、細胞内の代謝と大気中の
燃焼はまったく別の現象である。」

“出典:「るいネット」様
290351
栄養学の嘘:食物のカロリー表示は
全く意味のない数字
」より”

なんともいいかげんなしろものでしたね、
カロリーはつまり乾燥させた食材を燃焼
させて測っただのものであったとは、
勘の良い方は、これだけでもカロリー
による、生命維持に全く根拠もなにも
ないことがわかっていただるでしょうね。
燃焼というのは、体温の36度~40度
では当然不可能であり、実際消化時に、
食べ物が燃える事はありません。当然
です食べる度に消化器官で、実際に
食べ物が燃焼していたら、私たちは、
何度も丸焼きになってしまいますからね。
つまり、せっかく乾燥した食物を燃焼
させて、2000キロカロリーを出して
も、人体でそのカロリーの熱量が再現
される事はありません。
「消化では燃えていないのだから当然」
です。
逆に食べるために、つまり消化するために
多くのエネルギーを必要としてますが、
それも食品の燃焼によるものではない
のは明らかです。さらに分解・吸収・
排泄にいたるまで、さらに多くの
エネルギーを必要とします。
つまり食べ物から得られるエネルギー
ではなく、別のエネルギーによって
それらの消化活動が行われているのです。
たとえば、私も3日ほど断食してから、
食事をした事がこれまで数度以上あり
ましたが、その間ほぼ0カロリーなので、
当然体温維持や生命活動でエネルギーを
使用していますが、食品によるもの
ではない事が明らかですよね。

これはもちろん今日の
生命エネルギーもプラズマ    
真空からエネルギーを得る生命

で説明しているように、生体
プラズマの循環エネルギーだという
事なのです。
つまり食品などの物質の消化によって
ではなく、地球にも宇宙にも無限に
潜在しているプラズマエネルギーを
取り込んで、循環させている事で、
体温維持や内臓などの働きなど、生命
活動に必要なエネルギーを生み出して
いるというわけなのです。もちろん私
たちの五感で認識できる領域にある
ものは、ごくわずかなので、感知・観測
できているわけではありません。しかし
、心臓を中心とした半径数メートルの
範囲が磁場を形成しているように、その
プラズマ循環の状態をわずかに観測
する事ができるというわけです。

とにかく、食品を燃やして測ったカロリー
などが、生命維持や健康維持のための
基準などでは全くなかったことがこれで
よくわかっていただけだろうと思います。

この記事に関連した事は、また書いて
いこうと思っています。
ではまた(^^)/

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です💦

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

生命エネルギーもプラズマ    真空からエネルギーを得る生命


これは、今日投稿の
栄養学の真実 カロリーによる
生命維持は完全な嘘

という記事に関連する記事という
事です。
またもう一度軽く振り返っていただく
だけでも、かなり重要な記事です。
歯に金属の詰めものが入って、感情の
バランスを壊したりするのは、水銀
だけのせいではなく、電磁波も合わせて
影響を受ける事になるので、電気的性質
が基本の、生命エネルギーのプラズマ
循環に悪影響を及ぼすという事でもある
し、高架線の近くや携帯基地局の近くの
住民の身体に悪影響を及ぼすのも、同じ
理由です。
そうそう身体に電磁波の悪影響を及ぼす
もので、以前電車内のアナウンスで、
よく警告していた。心臓ペースメーカー
を、体内に備えている人に対して、
携帯電話の悪影響というのがあり
ましたが、あれも同じ理由です。
身体の金属部分が電磁波の媒体として
働くために、大きく悪影響を受ける
という事ですね。
私はペースメーカーそのものの
デメリットもある事で、装着自体に
反対してますが、確かに電磁波により
装置自体も誤作動を起こすという事
も間違いではありません。
でもそれもまだ足りない言い方だった
のです。本当は体内に電磁波の発生
するペースメーカーを内蔵させる事
自体、心臓に大きく悪影響を及ぼす
上に、体内のプラズマエネルギー
循環にも悪影響を及ぼすのです。
当然またそのペースメーカーが、
携帯からの電磁波に対して媒体となる
ので、さらに人体のプラズマ循環に
悪影響を及ぼすから危険というわけ
なのです。
そもそも心臓は、体内の電磁気
エネルギーの発生基点でもあるのに、
その電磁気のリズムに悪影響を
与えるペースメーカーが、どうして
必要なのか理解に苦しみますね。
もちろん心臓の活動に心臓ペース
メーカーの電磁波は悪影響を及ぼし
ますし、その機器そのものも、
空間の電磁波の影響を受けやすく
する媒体にもなっているので、
とても危険だと思いますがねー。
まあ専門家でないから、どうのこうの
いう常識人の方には伝わらないかな。

生命エネルギーがプラズマというのは、
世界で主流でないながらも、何人かの
科学者たちによって提唱されていますが、
これが真実だという事です。

温泉が何故身体にいいのかなど、多くの
人にとって目からウロコの話ばっかり
ですよー(^_^)

宇宙は真空と再三に渡って強調してきまし
たが、真空とは何もないという意味では
ありません。それどころか、無限の
エネルギーに満ちているのです。そして我々
の感知、観測できる原初のエネルギーが、
プラズマなのです。このことはすでに
「宇宙はプラズマ」「プラズマの驚異の力
その1」
で説明させていただき
ましたのでそちらをご覧くださいね。
またプラズマの驚異の力その1でチラッと
説明させていただいた、人体はプラズマ
エネルギーの循環により、生命活動を
維持していると書きましたが、今回は
それについての詳しい説明となります。
そもそも何故たかだか2000キロ
カロリーの食事を摂取しただけで、
一日10万回も心臓が拍動できて、
さらに36度の体温を維持できるのか
ちょっと考えただけで異常なくらい
つじつまが合わないことはわかりそうな
ものなのに、理解されていないのは、
いかに日常の思い込みにどっぷり
浸かって疑問に思うことすらないからと
同時に、ほとんどの人がそういうことに
対する思考さえほとんど、しなくなって
きているからだと思います。
私は、ほぼ3日まるまる食べな
い事も何回か経験してますが、心臓は
きちんと拍動していて、体温も維持され
ていて、また運動についてもいつもより
体が軽くなって余計に動けたりします。
つまりほぼ0キロカロリーに近い状態で
72時間以上平気で、普通に生命活動
しているわけです。
それは、人体の生命活動が食事によって
維持されているわけではない、何よりの
証拠です。

さて話を戻します。食事からの摂取カロリー
で、体温が維持されているのではない事に
ついて、目から鱗の情報を与えてくれた
のが、ロシアのアカデミーの学会員という
レベルの高い場所で活躍されている千野遙
教授の記事です。以下はその事について
書かれている記事の引用です。

“生命体は単なる物理的物体ではない:
生命体の物理学基礎理論的特徴付け

医学は約100キログラムの体重の人間が一日
に必要とするカロリー量は通常一日の食事
で食べる炭水化物約300グラムを燃焼
させた場合の2700キロカロリーだとし
ている。
ところで室温6度Cの中で体温36度Cを一日
24時間保つのに必要なエネルギーを計算
してみよう。人は死ぬと約2時間で体温
が室温に落ちてしまう。100キログラムの
人体を100キログラム=100リットル
の水に例えることは概算として許されること
である。
1リットルの水が温度1℃下がると1キロ
カロリーの熱を失う。100リットルなら
1度cさがると100キロカロリーの熱を
失う。
体温36度Cが室温6度Cまで30度C下がるには
30x100=3000キロカロリーの
熱が失われる。これは2時間で失われた熱
なのだから、一日24時間の間に失われる
熱量は24/2 = 12倍して 
3000x12=36000キロカロリー
となる。これだって少なめに見積もって
いる。
体温36度C、室温6度C、つまり温度差30度
の時に単位時間当たりに失われる熱量は体温
が落ちてきて殆ど6度Cに近くなったときの
単位時間当たりに失われる熱量よりも遥か
に多い。これは平均を考えて36000キロ
カロリーとは温度差15度の体温21度Cを保ち
続ける場合に24時間で失われる熱量と言える。
温度差30度の体温36度Cを24時間保ち続ける
ためには、その2倍をして
 36000x2=72000キロカロリー
となる。

さてこの72000キロカロリーと医者の
言う2700キロカロリーの落差をどう説明
したらよいのだろうか?!2700キロ
カロリーの26.66 – 1 = 25.66倍、即ち
69300キロカロリーのエネルギーは
どうやって賄われるのか?食べ物の
タンパク質が有るだろうという人も居ようが
、筋肉のタンパク質がブドウ糖に分解され熱
にまで変換されるのは余程強力な運動で筋肉
を酷使した場合だけで、通常は分解されない
から、そのような説明は不可となる。食事中
の脂肪分も無いわけではないが普通炭水化物
に比べれば遥かに少ない。よってこの
69300キロカロリーの出所が現代物理学・
現代医学では説明出来ないのである。

(中略)
シベリアの冬は零下50度Cくらいに温度が
下がり、地下150メートルくらいまで凍り
付いてしまう。シベリアには原生林タイガが
生殖しているが、この厳寒の中でもタイガの
カラマツの木の幹の中、枝の中は0度C以上で
ある。もし0度Cを割ったなら樹木は枯れる。
温度差50度Cしかも100キログラムどころ
でないあの巨体で、食べた炭水化物を熱に
する事もできないカラマツがどうやって
0度C以上を保てるのか?!日中の地平線から
やって来る日光はせめてもの助けとはなって
いるが、それとても日中ですら零下50度C下
で0度C以上を保つに必要な熱量には遥かに及
ばない。ましてや夜、何の熱源も無いのに
0度C以上を保てる理由は現代物理学・現代
生物学にとっては全くの謎である。そして
このように強健なカラマツの中にも曇りの日
が続くと枯れてしまう者が出てくる。
つまり日中の日光は例え晴天の日が続いても
50度の温度差を保つ上では熱量としては全く
不十分ではあるが、その日光が生命線と
なっていることも確かなのである。

生命体とは全てその体から常温プラズマを
発している。樹木であればその葉から
5センチメートルくらいまでプラズマが
放出されている。人類くらい高等生物と
なると3,4メートルまでその常温プラズマ
の放出は届く。LSDを呑んだ人間にはその
プラズマが後光のように見える。キリストや
釈迦でなくても普通の全ての人間が後光に
包まれている。プラズマとは通常は、例えば
固体の金属を熱するとドロドロの液体と
なり、更に熱すると気体となり、更に
熱すると各原子の原子核と軌道電子が
ばらばらになった状態のプラズマとなる。
この原子核と軌道電子がばらばらになった
状態が生物の体の周りに起こっているので
ある。この猛烈なエネルギーは何処から
来るのか?

つまり先に太陽がエーテルを取り込んで
エネルギー=質量の補充をしているのを
見たが、生命体とは、必要に応じて
エーテルを取り込んでエネルギーに
資することが出来るとする以外に
上述した幾つもの現象は説明が付かないの
である。
  (中略)
科学とは因果関係を特定するところにその
使命が有る。
     ロシアの有名人:佐野千遥 ”
“出典:「フリーエージェント世界革命を
提唱するフリーエージェント大学
ロシアの有名人・ドクター佐野千遥教授」”

さすがは科学者、完璧に人体が食事による
カロリー摂取で、生命活動を維持している
のではないことを論破してくれました。
そもそも、食品のカロリーは、乾燥させた
ものを燃焼させて測るらしいのですが、
人体は食品を分解するだけで燃焼しま
せん。
だからこの場合、燃焼した場合の熱量が
そのまま人体のカロリー摂取に適用できる
わけでもないのに、あたかもそのように
錯覚させられています。
つまりエネルギーの測り方からして
間違っているのです。しかも食事をして
消化、吸収、排泄の一連の生命活動は、
取り込む食事のエネルギーよりもはるかに
大きなエネルギーを必要とします。
つまりそのエネルギーもプラズマ
エネルギーだということです。
ではなぜ人は食欲をおぼえ、食事をする
事で元気が出たりするようになっている
のか?それはDNAに書き込まれている
プログラムだからです、このあたりの
事は、また説明するのに大変時間が、
かかりますので、また別に何回かに
分けて説明します。ただ一つだけヒント
になる事を書いておきますね。我々が
近年、少食や断食などをすると長寿
遺伝子が働くという著書がよく
出回っていますね。実は、これは食事
をしないという選択をすることに
よって、あらかじめDNAに書き込まれ
ていた生老病死の時間のプログラム
を解除し、DNAの書き換えを行った
からなのです。(DNAは書き換えら
れるのです、言葉や音楽や意識に
よってです。これはすでに科学者の
間では知られた認識です。もちろん
DNA鑑定もそういう意味で確実な
判断材料というわけではなく、参考材料
であるというものにすぎません。ただ
なかなか変わらないプログラムの部分
というものが確かにあるのもまた事実
ですが)
つまり実際には食事ではなく、我々は
プラズマエネルギーを取り込んで生き
ながら、それを使って消化活動をして
いるわけです。
千野教授は、エーテルを取り込んで生きて
いると説明しておられますが、ほぼ同じ
意味です。エーテルとは空間中にある
感知できない物質のことだから、私の
いう真空の無限エネルギーのことです、
そして我々をとりまく真空はプラズマに
満ちているので、それを取り込むという
ことは、エーテルを取り込むというのと
同じ意味になるのです。
さらに、千野教授は、3,4メートル先
までプラズマが放出されていると説明
されてますが、その源は心臓なのです。
心臓が中心となって、プラズマエネルギー
を循環させているわけですね。
心臓が一日10万回も拍動しているのは、
プラズマエネルギーの源としての役割を
担っているからなのです。
ここでなぜ心臓なのかといいますと、人体
と高次元をつなぐチャクラの中心が心臓に
あるからです。
つまり心臓のチャクラ、つまりハート
チャクラのゲートから、無尽蔵にプラズマ
エネルギーを取り込んで、生命活動を維持
しているというわけです。
そしてミネラルを含んだものが、人体に
良いのも、プラズマエネルギーの循環を
助けるからです。
プラズマは電磁気のもとなので、電磁気
によってエネルギーを人体に届けること
ができます。
またプラズマ自体も電磁気によってさらに
活性化します。つまり電磁気は人体と
プラズマをつなぐ媒体なのです。それで
電磁気を通すのに、最適なのがミネラル
を含んだ水分なので、それを取り込む
ことが、人体のプラズマエネルギー
循環を助け、健康を維持できるように
なるというわけです。以前にも書きまし
たが、輸血の代わりに塩水を飲めば、
血液が大量に補填されるのも、プラズマ
エネルギーの循環によって真空中から
人体に必要な血液を新たに作りだせた
からなのです。
物質は、真空なので、真空から物質が
できるというのは、全く自然なことなの
です。近年実際量子物理学の分野では、
素粒子は真空中から生成することを
すでに確認していますので、またご確認
していただいたらいいと思います。
またこれも以前書きましたが、温泉で
体が温まり、また健康にも良いのは、
ミネラルを含んだ水だからなのは、これで
よくわかっていただけたと思います。
我々が臨終の人の体から、プラズマ現象
の一種である白い霧のようなものを目撃
するのも、当然人体の生命活動を維持し
ていたプラズマエネルギーが離れて
いったからなのです。
このように、プラズマや真空などについて
正しい知識を持つことができれば、生命
活動の神秘も、超常現象の神秘も科学的
に説明可能になるのです。

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です💦

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

ピタゴラスの歴史的偉業    「音階発見」のエピソードとは


以前からの記事ですが、加筆して
差し替えます。

ギリシャ時代には神聖幾何学という
自然の根底のパターンにも通じる
高度な数学的遺産があります。
これについては、他の記事でも説明
していますが、宇宙の真理を理解する
ために重要な黄金律もギリシャ時代に
すでに使われていた事と合わせて、
ギリシャ時代の科学は、非常にレベル
が高いものだったと考えられます。

中でもピタゴラスはその先駆者の一人
ともいえる大数学者で、下記にも
ありますように、宇宙は法則に従った数字
でできているという言葉を残しています。

つまり、ここは間違えてはいけないの
ですが、これは何も宇宙に数字を表す
記号があちこちに浮かんでいるという
わけではもちろんありません。
宇宙が数比的に秩序だっているという事
を、そのように表現しているだけだと
いう事です。

またよく宇宙は周波数でできている
という言い方がありますが、これも数字
の記号が空間に浮かんでいるのではなく
「数値で表現できる周期的な波動の事を
周波数というのです。」
意外とこう書かないと、ピントこない人
も多いはずなので(^_^;)

昨日の記事
飲まず食わずにマラソンまで走る!?
プラーナを食べて生きるとは?

で、ピタゴラスが天球の音楽を歴史上
初めて聴いたというお話をしましたが、
そのときに、すでにピタゴラスは
これまた歴史的な偉業となるドレミ
ファソラシドの音階を発見していま
した。その時の経緯を紹介してくれて
いるサイトから引用させていただき
ます。

“ピタゴラスは、世の中のいろいろな
ものを数学で解き明かしたいと考えて
いました。まず彼は、音を出す「弦」と
その長さに注目します。弦とは、
代表的な楽器だとギターやバイオリンに
張ってあるもののことで、弾くと音が鳴る
糸状のものが弦です。弦はその長さに
よって、弾いたときの音が変わりますが、
まずピタゴラスは、ドの弦の長さを1と
した場合、1オクターブ高いドの弦の長さ
の比は、1/2であることに気づきました。

さらにそこから、弦の長さには美しく
響きあう比があることに気づきました。
彼はこの発見により、弦をいろいろな
長さにして、相性のいい音色を探そうと
努力します。例えば、1本の弦の長さを
2/3にしたときの音色は、ドの音色と
非常に相性が良く、美しく聞こえたため、
2/3の長さの音色をソとしました。
このようにしてピタゴラスは、弦の
長さを調節することで、1オクターブの
中に、相性よく聞こえる複数の音を発見
してきます。この相性のいい音=協和と、
その逆にあたる不協和の現象の発見が
もととなり、ドレミファソラシドの音階は
生まれていったのです。”
“出典:「進路のミカタ」様
音楽家ではない!? ドレミファソラシドを
つくったのは数学者だった?
より”

これは音と音の調和に対して、
ピタゴラスが優れた感性を持っていた事
を示すエピソードです。それも人類の
歴史の中でずば抜けていたという事です。
人の耳に心地よい、美しい音の調和と
いうものを感じる感性を彼は、とんでも
ないレベルで持ち合わせていたという
事なのです。
しかも彼が凄いのは、それを自然法則の
根底にある数学につなげていったところ
にあるわけです。
事実、古代より近代にかけて、いや現代でも
音楽を数学的な比率関係で理解するように
なっているのは、全てこのピタゴラス
のおかげといえるのです。

その音楽と数学の関係を発見した彼の
エピソードを今度は鏡リュウジ氏の
著書から引用させていただきます。
ピタゴラスにまつわる伝承やその影響
をまとめたキティ・ファガーソンの論述
ということです。

“天球の音楽に興味を持つ僕たちにとって
重要なのはここからだ。

 竪琴(リラ)をかき鳴らし、なぜ美しい
音を立てる弦の組み合わせもあれば、
そうでない組み合わせもあるのか考える
うちに、ピュタゴラス(あるいは彼に
励まされ、触発された人々)は気づいた。
リラの弦の長さと音の聞こえ方の関係は、
決してでたらめなものでも偶然の産物
でもないのだ。音のハーモニーの
根底をなす比は、じつに単純な規則に
基づいている。

そう、人間の耳に美しく(魂によって)
聞こえる音程は、数学的な規則、つまり
比例関係に基盤を持つ。
    (中略)
 
驚くべき閃きの瞬間が訪れ、ピュタゴラス派
の人々は、一見すると多様で混沌とした自然
がその裏にパターンと秩序を秘めていること、
そして我を通してそれを理解しうることを
知った。言い伝えによれば、宇宙が理に
適っていることを発見したとき、彼らは
文字通り、そしてまた比喩的な意味でも
思わずひざまづいた。”

“出典:「占星術の文化誌」
       鏡リュウジ 著
         原書房 刊”

ピタゴラスは、音階の発見時も、
天球の音楽を聴いた時も必ず彼の
弟子たちにそれを伝えてきました。
上のエピソードは、音階を発見して、
リラで音楽を演奏してみた時の様子を
紹介しています。
また音階を発見したピタゴラスの後を
受けて弟子たちは、和音を発見して
いって、これまた歴史に大きく貢献
したりもしています。

とにかく自然界は数学的に秩序だった
パターンになっている事を、音階の発見に
より感性を発達させた事により発見した
という事です。
つまり自然界は数字的な比率のパターン
によって秩序づけられているという
わけです。
実際にギリシャ時代に発見されていた
神聖幾何学は、現代においてなお貴重な
知識だし、これまで黄金比についてみて
きたように自然界は、黄金比と関係の深い
比率で支配されているという事も、
ギリシャ時代にすでにあったコンセブト
なのです。

次回はピタゴラスが天球の音楽を聴いた
時のエピソードです。

 

いつもありがとうございます(^^)

 

占星術歴史編一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ

かんたん毎日のサビアン2月27日


今日の太陽のサビアンシンボルは

魚座8度
「ラッパを吹く少女」
です。

これは自分が、好きな音楽を演奏する
事で、人々との共感を呼び覚ましている
という事を示しています。
つまり音楽などを通して、人と共感
できたり、音楽でなくても共感を
呼ぶようなものを発信していくのに
良いという事です。

感情面を示す金星のシンボルが

牡羊座23度
「ベールに隠された重く価値がある
荷物を運ぶ女性」
です。

社会的にタブーな貴重な情報や、
他人の秘密などを知って、軽々しく
口外しないようにしてるという
シンボルです。
むしろ孤独でいた方が、気楽だと
いう意識になるという事でもあり
ます。

知性とコミュニケーションを示す
水星のシンボルが

魚座6度
「正装して行進する将校たち」
です。

これはルールに従って協調している
というシンボルです。
チームワークが高まるという事でも
ありますが、水星が逆行している
ために、少し互いの意思が伝わり
にくいところも出てくる場合が
あります。

行動面を示す火星のシンボルが

山羊座8度
「しあわせそうに歌う家の中の鳥」
です。

これは家族との相性もよく、家庭内
での運気も良いというシンボル
です。今日は外出より、家の中で
過ごす方が、良い運気かも知れません。

という事で今日は、音楽で人と共感
したり、多くの人が共感するものを
発信していったりするのに良い日
です。
またチームワークも高まりますが、
少し意思が伝わりにくい場合が
あります。そういう場合、太陽の
シンボルの力を使って、互いの共感
を大切にすると良いでしょう。
また、家の中で過ごすのが心地良く
感じられて、むしろ一人で過ごし
たくなる日でもあります。

いつもありがとうございます(*^_^*)

かんたん毎日のサビアン 2020年2月分

かんたん毎日のサビアン一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ

魚座8度


今日の太陽のサビアンシンボルは

魚座8度
「ラッパを吹く少女」
です。

これは自分が、好きな音楽を演奏する
事で、人々との共感を呼び覚ましている
という事を示しています。
これは魚座の集合意識としての共感と
交流を暗示しているという事です。
今日は音楽を通して、人々とつながれる
ような日だという事です。
言葉の壁に阻まれない音楽は、共感
しやすい、豊かな分野として貴重でも
あります。
もちろん音楽だけでなく、共感できる
ような事を発信したり、広めようと
するのにも良いというシンボルです。

対称の180度のシンボルは

乙女座8度
「最初のダンスの練習」
です。

これは、音楽という共通点で、今日の魚座の
シンボルとつながっているのが、よくわかり
ますね。
乙女座のシンボルが初めての練習に対して、
とても新鮮な気持ちになっているのですが、
もちろんこの気持ちは、個人的なものです、
これに対して、人々との共感の広がりを
示している魚座のシンボルは対称的な意味
となっています。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは

双子座8度
「産業労働者のストライキ」

射手座8度
「岩がその成分とともに内部を
形成する」
です。

双子座8度の労働者のストライキは、
資本家に対しての反感を持ってストライキ
をしているので、共感の広がりを示して
いる魚座のシンボルとは逆のエネルギー
となります。

また資本家に、労働条件を要求するような
せっぱつまった状態の双子座のシンボル
は、新しい事を学ぶ事での楽しみを
感じている乙女座のシンボルとも
逆のエネルギーとなっています。

射手座8度の内部を形成している岩は、
自分の中の強い意志を暗示しています。

音楽に対しての共感が、人々の意識を溶け
込ませている魚座のシンボルは、
個人的な意志として、人々の意識に全く
染まらないこの射手座のシンボルと逆の
エネルギーです。

また、自分の先入観をなくして、素直に
教えを受けようとしている乙女座の
シンボルは、他人の意見に対して、
揺らがない意志を示している射手座の
シンボルとは逆のエネルギーとなって
います。

 

いつもありがとうございます(^^)

 

魚座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

あなたの射手座26度


射手座26度のサビアンシンボルは

「旗手」
です。

このシンボルが太陽にある人は、常に
目立つ存在で、存在感のある人になり
ます。
自分が落ち着きたいと思っていても、
常にあちらこちらから声がかかり、
出かけていくような生活になります。
性格は、もちろん外向的になりますが、
自分の意志は強く、他人の意見に左右
されない意志の強さも持ち合わせて
います。

適職は、企業では営業職、個人商店経営、
広告業、マスコミ関係の仕事などになり
ます。

異性にはモテるタイプですが、相手の
気持ちに疎いようなところがあり、
衝突する事も多いでしょう。
常に喧嘩ばかりしてるような関係
になりやすいです。

このシンボルが月にある人は、とても
明るく、多くの友人を持つ事になる
でしょう。ただ交友関係が広すぎて
自分一人の時間があまり持てず、
自分の内面を深めるような余裕が
ありません。

火星にある人は、自分が働きかける
事で、多くの人に影響が出る事に、
とても強い興味を持つので、マスコミ
関係の仕事につく事を望んだりする
事が多いでしょう。
または自分の経験を世間に知らせ
たいという気持ちからジャーナリスト
なども適職になります。

天王星にある人は、自分の意志で世の中
の流れを変えたいと思うような事が多く
、機会があれば、多くの人と協力し合い
行動に移す事もあるでしょう。

いつもありがとうございます(*^_^*)

あなたの射手座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ