輪廻転生を説いて異端とされたキリスト教のカタリ派


輪廻転生の概念は、古来から世界中
での宗教や伝承でも広く伝え継がれて
きましたが、キリスト教では、死は
全ての終わりを意味していて、全て
の人は、最後の審判の日に復活して
審判を下され、天国へ行くか地獄へ
行くかを決定される運命にあると
いう事で、輪廻転生のように何度も
魂が生まれ変わるというような事は
ないという教えです。
ですがかつて中世のヨーロッパでは
キリスト教の一派に、輪廻転生を
説いているカタリ派という存在が
あったのです。しかも広く信者を
集めていたというのです。
もちろんローマカトリックの総本山に
よって、迫害、弾圧され、根絶される事
になりましたが、その教えと歴史は今に
伝わります。
その彼らの言っている事に真理がある
と思われますので、詳しく紹介して
くださっているサイトから引用させて
いだきましょう。

「」内が引用で、~が中略です。

「 カタリ派
 カタリ派というのは「12世紀南フランス
のラングドック地方に出現した」キリスト教
の一宗派だそうです。「悔い改めない罪人は
永遠に地獄に閉じ込められる」と説く
キリスト教の主流の教義に対して、カタリ派
が説いた「輪廻思想」は、これとは別の
可能性を示すものとして「急激に台頭した」
と考えられているようです。
 「カタリ派はふたつの創造神が存在すると
信じていた」のだそうですが、そのひとつは
「不可視の霊的領域を創造した」
「善なる神」で、いまひとつは「物質界を
創造した神」としてのルシファーです。
このルシファーは「天から追放される前」は
「光の天使」でしたが、追放後は「サタン」
と呼ばれるようになったそうです。
ルドルフ・シュタイナーの著作の中には、
このルシファーのことがたびたび現われ
ます。
なるほど、私たち地球人が親しんでいる、
この物質で満たされた物理次元の世界という
ものは、「神の階層」のかなり上のほうに
いたルシファーという名の意識体によって
生み出されたということなのですね。
 スタニスワフ・レムは
「新しい宇宙創造論」で、この物理世界を
「機械」として生み出した、「最初の世代」
の星で進化した知性体のことに触れています
が、星で進化したかどうかはよく
分かりませんが、わたしたちが観測している
「物理世界」を生み出した知性体の、ひとつ
の候補として、このルシファーが挙げられる
ことになります。
 カタリ派の教義は、同じキリスト教の、
グノーシス派やエッセネ派のものと近い
らしく、
いずれも(詳しく調べたわけではないので、
よく分かりませんが)、キリスト教における
原初の理解へと戻ろうとするもののよう
です。
 グノーシスという言葉は「神を直接体験
すること」を意味しているのだそうですが、
「神」という言葉を使うのではなく、
「意志」や「抽象」という言葉で表している
ものの、それに関しての「直接的な体験」を
指導しようとしているのが、ドン・ファンら
の呪術師の世界での、ナワールたちです。
 カタリ派では「手をあてて治療する」こと
もやっていたようで、このとき
「霊的なエネルギー」
が伝えられるということです。これも、
呪術師たちの認識とよく対応しています。
 また、カタリ派の(男女の)司祭は
「心霊的な能力や治癒能力があるという理由
で選ばれた」ということから、
「奇妙な邪教」として、あるいは「魔法や
妖術やオカルト」
にまつわるものとして、告発されたという
ことです。
 このような事情は、
アメリカ・インディアンの
呪術師たちの世界では、告発なぞ、
ありえなかったことと考えられます。
「心霊的な能力や治癒能力がある」という
ことは、素晴らしいことであり、尊敬に
値するものであったはずです。
 ところが、キリスト教では、これらの、
本来の教えそのものが、人間がもっている、
さまざまな弱点によって、どんどんと
変化させられていったのでしょう。」
“出典:「冥土院日本」様”

このあととてつもない大虐殺が行われ
カタリ派は根絶される事になったわけ
ですが、キリスト教というものの正体が
本当によくわかる一面でもあります。
まだ他にもグノーシス派などもカタリ派
と同じ様に真実を説いては弾圧されて
いったようですが、他にも魔女裁判での
虐殺とか、まさにキリスト教が残虐な歴史
の上に成り立っているもののようです。
ただ、私たちは、こういう事を知って
キリスト教の世界観とは、全く違う世界
が真実であるという事に気づかないと
いけません。弾圧された方がまさに真理
を残してくれていたという事なのです。
グノーシス派の事らについては、また
別の記事で紹介していこうと思って
いますが、このカタリ派の教えに多くの
真実が残されているという事を、今回は
説明させていただきましょう。

まずルシファーというような悪魔そのもの
の存在を、一般の人々はすぐに眉唾もの
として、または架空のものとして一蹴した
がりますが、実は、シュタイナーや
グノーシス派また世界中の伝承や宗教、
などでも語られているように実在している
ものなのです。
当然拒否反応を示されるでしょうが、
実は興味深い実例を私はすでに神秘
メッセージの記事でご紹介しているの
です。
それが
非人格的霊 負のエネルギーを
糧とする悪霊

という記事なのです。
これは憑依した霊が、語った言葉
として、自分が邪悪な存在である
事を細かく説明しているのです。
その存在は、数千年の間崇拝されて
きた存在であるといいますが、
なんと
「愛情や慈悲を嫌い、暴力や恐怖
の雰囲気の中で成長する」
存在であるといっているのです。
これはまさく悪魔という存在そのもの
ではないですか、しかも自分は
もともとは光の存在と一体であったとも
いっていることから、呼ばれ方は
違っても悪魔ルシファーやサタンと
全く同じ存在であるという事がわかり
ます。これは「教え」や「言い伝え」
とは違い、現代における霊自身の言葉の
実例である事が、真実の裏付けになって
いるという事なのです。
(この憑依霊のような小さい存在だけが
「サタン」といっているのではなくて、
私たちの感覚と違い、このような存在は
時空に関係なく存在しているので、当然
「サタン」や「ルシファー」の一部だと
いうことです)

そしてまたこの物質世界を創りだした
「サタン」という存在こそ、物質的な
現実を届けるリングを持っている土星
つまり「サターン」だという事なのです。
このことは、土星の真実編の一連の記事
で詳しく説明しています。
つづりが違うからというのは、古来から
伝わるアナグラムという、似た言葉に
真実を隠すという技法で、今に伝わる
からといえると思います。
とにかく超常能力を使って、人々を治療
してまわるようなこのカタリ派の言葉を
信じるか、そのような宗派を大虐殺に
よって根絶やしにするキリスト教の
総本山ローマカトリック教会を信じるか
尋ねるまでもないでしょう。
カタリ派と似たような事を語って、弾圧
されたグノーシス派については、また
別の記事で紹介させていただきます。

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

意識と思考と覚醒編一覧

超意識編 一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

「風」を表現するサビアンシンボル   水瓶座編


これまで、風のエレメントを持つ
天秤座双子座のサビアンシンボル
について、見てきましたが、確かに
風の性質を、よくサビアンシンボルが
表現している事がわかりましたね。

風のエレメントの性質について、
もう一度おさらいしますと、

占星術の風のエレメントは、知性や深い
レベルでの知識、理解を表して、しかも
風なので伝播、伝達するという意味と
真空である宇宙の本質にもっとも近い
ため、全てとの一体感をあらわしても
います。またその一体感や伝播・伝達
が、知性や理解を深めるために、
とても重要です。

さてこのような風の性質を高度な知性
のレベルで表現していたのが、天秤座
で、伝播・伝達のレベルで表現していた
のが双子座という分類になりました。
そして水瓶座の風については、どうで
しょうか。結論からいいますと、水瓶座
は風の性質としての知性や深い知識・
理解を、既存の社会に投影しようとして、
浄化のエネルギーを持ち込みます。
そしてその浄化のために、伝播される
という性質を持っているといえます。

まずは、水瓶座の深い知性や理解を
示しているサビアンシンボルを
列記していきます。

水瓶座4度
「インドのヒーラー」

水瓶座11度
「自分のひらめきと向き合う男性」

水瓶座12度
「階級づけされた階段を登りゆく人々」

水瓶座13度
「バロメーター」

水瓶座16度
「机に座っている偉大なビジネスマン」

水瓶座26度
「水圧計」

水瓶座27度
「スミレで満たされた古代の陶器」

これらのシンボルは、いずれも、水瓶座
の知性や高いレベルの知識や感性に
通じるものですね。
水瓶座4度のインドのヒーラーは、東洋
の神秘的な意識を獲得した事により、
能力を発揮できるようになったという事
を示しています。
11度のひらめきは、もちろん高いレベル
の叡知からのサインです。
13度のバロメーターと26度の水圧計
は、ともに物事を測る基準としての知性を
手に入れたという事の証明になっています。
16度の偉大なビジネスマンは、社会を
俯瞰できる知性を示しています。
27度は、古代からの普遍的な叡知に
新しい知識が加わった事を示しています。
このように水瓶座の高い知性と意識レベル
を、よくサビアンシンボルが示しています。

今度は、水瓶座の風の性質の中でも特有の
性質である「浄化とその伝播」の性質を
表現しているサビアンシンボルを
列記していきます。

水瓶座1度
「古いレンガの伝道所」

水瓶座2度
「予期されなかった雷雨」

水瓶座3度
「海軍からの脱走兵」

水瓶座18度
「仮面が剥がされた男性」

水瓶座19度
「消し止められた山火事」

水瓶座20度
「大きな白い鳩、メッセージの
           担い手」

水瓶座21度
「絶望し幻滅した女性」

これらのシンボルは、水瓶座の浄化また
その伝播を示すものです。

水瓶座1度の伝道所は、既存の俗社会に
倫理観をもたらそうと建てられた
もので、人々の心に革新をもたらした
ものとしての象徴です。

2度の雷雨は、まさしく浄化を象徴して
いますし、とても激しいパワーを持って
いる事がわかります。

3度の脱走兵は、組織からの脱却という
自己改革の意識を示していて、それまで
の被支配的な関係を浄化しています。

18度も、自分がさらけ出される事に
より、表面的な自分を浄化しています。

19度の山火事は、浄化のための災害
ではありますが、その伝播の広がりが
致命的になる前に、人々の手によって
止められたという事で、浄化と伝播の
調整を示したものとなっています・

21度の幻滅している女性は、自分の
執着してきた幻想が破壊される事に
より意識が浄化されています。

これらのシンボルはいずれも、水瓶座の
浄化またその伝播を示しているもの
となっています。

これまで風のエレメントのサインを
見てきましたが、それぞれのサインに
特有の風の性質も、サビアンシンボルが
よく表現している事がわかりました。

次回からは、他のエレメントのサイン
についても見ていきたいと思っています。
では(^^)

ではまた(^^)

いつもありがとうございます(*^_^*)

サビアン占星術解釈一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページへ

かんたん毎日のサビアン2月12日


水瓶座23度

「座ってすべての手足を振っている
大きな熊」
です。

熊といえば高い霊性を持つ動物として
知られています。その熊が手足を
振る事によって自身を訓練している
様子を示しているのがこのシンボル
です。
つまり自己管理やトレーニングや
訓練などに良いシンボルです。

感情面を示す金星のシンボルが、

牡羊座5度
「羽のある三角」
です。

この三角というのは、自然の調和の法則
を示します。それに羽が生えているので
金星に宿れば、自然の中にいる事
で癒やされたり、元気を取り戻したり
するという事です。

知性とコミュニケーションを示す
水星のシンボルが

魚座11度
「光を探している男性たち」
です。

これは、向上心を持つものどうし
での共感を示しますが、水星に
宿るので、本質的な事を学び合う
のに良いという事です。

行動面を示す火星のシンボルは
昨日と同じく
射手座27度
「彫刻家」
なので、アートや創造的な行動をする
のに良いという事です。

この時期の豊かさを示す木星の
シンボルが

山羊座17度
「密かに裸で入浴する少女」
です。

これは秘密の楽しみ、密かな楽しみ
秘密の恋などが充実するという事
です。

という事で今日は、トレーニング
や、訓練など自己管理に良い日
です。
また自然を感じるようにしている
と、元気がもらえたりします。
さらに本質的な事を学び合ったり、
創造的な行動をすると良いという
暗示です。

いつもありがとうございます(*^_^*)

かんたん毎日のサビアン 2020年2月分

かんたん毎日のサビアン一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ

水瓶座23度


今日の太陽のサビアンシンボルは

水瓶座23度
「座ってすべての手足を振っている
大きな熊」
です。

熊といえば高い霊性を持つ動物として
知られています。その熊が手足を
振る事によって自身を訓練している
様子を示しているのがこのシンボル
です。
霊性の熊が、自身をコントロール
しようとしている事から、これは
潜在意識をコントロールしようとして
いる事を暗示しているのです。
今日は自分の声に従ってみるのが良い
という暗示です。そこで結果がどうで
あったかを必ず振り返って、自分の
心の声、つまり潜在意識の声が、
正しい導きをしてくれたかどうか
判断していくのです。
これが霊性の1つの訓練になります。
当然以後の日常の大きな役に立つのは
言うまでもありませんね。
もちろん自己管理やトレーニングなど
にも良いシンボルです。

対称の180度のシンボルは

獅子座23度
「裸馬乗り」
です。

裸馬は、とても乗りこなすのが難しい
ので、馬の本能を上手にコントロール
しなければいけません。
そしてこれは、自分自身の本能を
コントロールしている事を暗示して
いるのです。
コントロールというテーマでは今日の
水瓶座のシンボルと同じテーマですが、
水瓶座のシンボルが、潜在意識を
コントロールしようとしているのに
対して、この獅子座のシンボルは、本能
をコントロールしようとしているので、
対称的です。
本能と潜在意識を一緒に考える人も、
いるかも知れませんね。
本能とは、肉体に関する深層心理で、
肉体から独立した霊的なレベルでの
深層心理である潜在意識とは、次元
を異にするものなのです。 

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは

牡牛座23度
「宝石店」

蠍座23度
「妖精に変容するウサギ」
です。

牡牛座23度の宝石店は、現実的な富と
しての豊かさを象徴しています。
外界の豊かさの享受をしているこの
シンボルに対して、霊性や本能を
コントロールしようと自身の内面に
意識を向けている今日のシンボルの
対称軸は逆のエネルギーとなって
います。

蠍座23度の妖精に変容するウサギは
自分が生命体以上に変化する事で、
完全体になる事を示しています。
これは、自身への高い次元からの
エネルギーを受け取ったという事を
示しています。
これは、自身が完全体でない事を
自覚して、潜在意識や本能をコントロール
しようとしている今日のシンボルの対称軸
とは逆のエネルギーとなっています。

 

いつもありがとうございます(^^)

 

水瓶座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

あなたの射手座11度


射手座11度のサビアンシンボルは

「寺院の左側にある物質的さとりを
もたらすランプ」
です。

このシンボルが太陽にある人は、先天的
に、世の中を俯瞰して、大事な事を理解
できる能力に恵まれています。
物事の肝要な点、人情の深い機微など、
とても深い感性でしか得られない真理の
事を「盆」と古来からの日本語で呼ぶ
らしいです。
盆というのは、夏の時期の事を示しいる
だけではないのですね。
盆というのは、物事の肝要な点だという事
です。
そして盆暗(ぼんくら)という言葉がある
のはご存知でしょうが、あれは物事の肝要
な点に疎い、盆にくらいという意味なの
です。
逆に盆に明るいというのは、ものごとの道理
に明るい人という意味で、ちょうどこの
シンボルが太陽にある人のようになります。
他人に対しての洞察力も鋭いものがあります
ので、相手の心を癒やすように行動しようと
したり、言葉を選んだりできるので、とても
人から信頼され頼りになります。
また自身は、自分の視野を広げたいという
探究心が旺盛なことから、とても行動的に
なります。

つまり、ジャーナリストや、カウンセラー
ツアーコンダクター、通訳、占い師などが
適職となります。

自由な立場でいたい事から、結婚をする
事には消極的になりがちですが、恋愛運は
概ね良好なものとなります。

このシンボルが月にある人は、聡明な人物
として知られるようになるでしよう。
ただ若い時分の、聡明さにあぐらを
かいて、努力をせずに過ごし、結果的に
普通の人と変わらないような、知性レベル
に堕ちてしまう人もあります。

金星にある人は、自分が自由に行動
できる事を許してくれるような寛大な
人と出会い、結婚を決心する事になり
ます。

木星にある人は、探究心旺盛な人との
つながりができるようになり、知的な
会話を楽しむ生活をする事ができる
ようになるでしょう。

いつもありがとうございます(*^_^*)

あなたの射手座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ