結局新型コロナは分離されてない事をもう一度証明するはめに!


なんと昨日こんなニュースが、目に
飛び込んできました。
その記事によると、
「新型コロナウィルスは、1月末に
国立感染症研究所が、
新型コロナウィルスの分離に成功して
いた」
という情報から、実はウィルスは実在
していないとする、大橋眞教授や
カウフマン博士の証言や、それに
類する情報を間違いだとしている
わけです。

その情報は、時々引用させていただく
「donのブログ」様の以下の
記事です。
まず最初に結論とその情報元が明示
されていたので、まずはそれを
引用させていただきます。
『』内が引用

新型コロナウイルスは既に分離
されており、実在する ~
国立感染症研究所や東京都健康
安全研究センター、マルセイユの
メディテラネ感染症研究所でも
分離に成功

陰謀論界隈では、“新型コロナ
ウイルスは存在しない”とか、
“新型コロナウイルスは分離された
ことがない”といった根拠の無い妄想の
ような説を信じている人が結構多いの
です。
 記事をご覧になると分かりますが、
国立感染症研究所が1月の段階で、
“新型コロナウイルスの分離に成功”
しています。
また、東京都健康安全研究センターも、
“2月7日に新型コロナウイルスを
分離することに成功”しています。
 “新型コロナウイルスは存在しない”
という説に固執する人は、これらの
電子顕微鏡写真の付いた記事ですら、
フェイクニュースだとして退けるの
かも知れません。』

“出典:「don様のブログ」
国立感染症研究所が1月に
新型コロナウィルスに成功
していた( ̄▽ ̄;)
より”

なんと、これまで私も「再三新型
コロナウィルスは分離されていない
から架空だった」と証言したり
大橋眞教授やカウフマン博士が、
自分の立場の危険にも関わらず、
勇気をもって証言してくれた
「新型コロナウィルスは分離されて
いなかった」とする言説を、真っ向から
否定し、「根拠のない妄想」とまで
いっているのです。

私も
コロナ最大の秘密 分離されていない
ウィルスという情報は本当だった!

という記事のタイトルで、新型コロナ
が分離されていないと断定してますので
信用にも関わりますから、早速検証
してみる事にしました。

それが真実なら、上の記事のタイトルの
末尾に、?マークを付け足して、訂正と
お詫びの記事を書かなければならなく
なるという超めんどくさい事態も一端
想起されたわけですが、ここで
みなさんちよっと待ってくださいと
私は言いたいのです。

この方かいうように本当に根拠のない
妄想でしたでしょうか?

大橋眞教授や、カウフマン博士の
名誉のために、先に私の検証結果から
結論を申し上げておきましょう。

このdonのブログ様の記事を
検証した結果、やはり、新型コロナ
ウィルスは分離されていないという
のは真実だった
」という事です。

私も最初は一瞬目を疑ったものですが、
全ての情報をもとより、うのみにしない
という姿勢が身に染みついている私
としては、やはりこの情報をも検証
してみる事にしたのです。

するとなんと、非常に簡単に、この
don様の記事にある批判を
覆す事ができたというわけです。

というのもこの記事での情報元
が以下の国立感染症研究所の
記事です。
画像もあるので、それを観て
確定したという事です。
それが以下の記事で、引用分
と画像と出典元です。

『』内が引用で、~が中略です。

『国立感染症研究所ウイルス第三部で、
新型コロナウイルスの分離に成功しました。
使用した細胞はVeroE6/TMPRSS2細胞​
(TMPRSS2というプロテアーゼを発現して
いる)です。臨床検体を接種後、
細胞の形状変化を観察し、多核巨細胞の
出現を捉えました。

細胞上清中のウイルスゲノムを抽出して、
ほぼ全長のウイルスゲノムの配列を確定
しました。これは、最初に発表された
ウイルスの遺伝子配列
と99.9%の相同性が
ありました。~

“出典:「NIID国立感染症研究所」
様のサイト
国立感染症研究所で分離に成功した
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真

より”

なるほど一見、正当な情報に見えます
よね、実はこの情報には、見落とされて
いた大事な点があるのです。

まずこの新型コロナウィルスを分離
させた臨床サンプルの問題です。

臨床サンプルというのは、つまり
「新型コロナウィルス感染者」から
抽出された検体だという事です。

ここで注目です!そもそも
新型コロナウィルス感染者という
サンプルは、何を基準にして
新型コロナウィルス患者として
特定されているのでしょうか?

という事です。

もちろんその時点では当然最初に
武漢の新型ウィルス患者とおぼしき
検体から抽出されたサンプルを
データとして、あのPCR検査で
陽性とされた患者だという事です。

つまり新型コロナウィルスを分離
させる元となった検体は、そもそも
中国から提示されたデータを元に
してコロナ患者とされていたという
わけだったのです。

ならばまずは話が早い、そもそも
中国の論文には、この新型コロナ
ウィルスが分離されたという記述が
ないので、このデータは、分離
された新型コロナウィルスのデータ
としては、使用できないという
わけだったのです。つまりその
データをもとに感染者とされた
新型コロナ患者の検体サンプルは、
新型コロナウィルスの検体としては
採用できないという事です。、
つまりそもそも分離させる
べき患者のサンプルの元である
患者の感染源が、新型コロナウィルス
とは、断定できない
というわけです。

まあ簡単にいえば、今回国立感染症
研究所が発表した新型コロナウィルス
の分離成功のサンプル元自体が、
新型コロナウィルスに感染したか
どうかわかっていない患者から
のものだったという事で、やはり
厳密にいえば、分離に成功したとは
言えないというのが真相
だったという
わけです。

さらに今回の分離のデータは電子顕微鏡
の上の画像から、新型ウィルスの
これまで発表された画像とほぼ類似
している事から、分離に成功したとして
そのデータを発表したわけですが、
そもそもその画像は体内生成物質の
エクソソームと同じだという事が
すでに判明しているのです。

つまりはこの画像ですが

“出典:「Eテレ:サイエンスZERO
「生命維持の要 エクソソーム
」」”

これが体内エクソソームの画像
というのなら、今回分離成功
とされた新型コロナウィルスの
視認された上記の画像と、酷似
している事になるので、分離
成功されたという新型コロナ
ウィルスがエクソソームであった
という可能性は、否定できない
という事になります。

しかも今回の国立感染症研究所の
記事には、その分離されたとおぼしき
新型コロナウィルスのデータが
中国の発表した臨床データと
99.9%の性同性があったとして
いるので、つまりは今回の分離成功
の最後の確認が、なんと中国の
発表したあのデータと、ほぼ同一
だからというのです。

これで勝負ありましたよね。
以前のこの
これがPCR検査で使用されるコロナの
データ!やはり体内物質だった

という記事でデータをもとに
証明させていただいたように、
中国の新型コロナウィルスのデータ
として世界中に配布されているものは
「体内生成物質のエクソソーム」
というのが真実なので、今回
国立感染症研究所が分離に成功した
というのは、新型コロナウィルス
ではなくて、体内生成物質の
エクソソームの事であったと断定
できるというわけです。

そして同様の方法で、分離に成功
したという、マルセイユ研究所の
新型コロナウィルスの性質の検証
結果でも、この新型コロナウィルス
の性質と影響力は、
「この新型コロナウィルスの
影響力は患者の本来の体調に
よるもので、変異株の全てにおいて
致死率や危険性の高い株は確認
されていない」
とされているので、もちろん弱毒性
であり、それこそ、これが体内の
細胞の損傷の度合いから排出される
毒素の性質の強弱も変わる
エクソソームの事だと、考えても
一向にさしつかえないという
わけです。

つまりこのdon様のブログの記述の
ように「新型コロナウィルスは
分離されていないという情報が根拠
のない妄想」と証言するのは全くの
間違いで、未だ正確の理由で、新型
ウィルスが分離に成功されたとは、
言いがたいというのが真相たった
という事です。

そりゃそうですよ、分離を確認する
ための元データが、あの中国の発表
したデータだったのだから当然です
よね。

また貴重な情報を記事にして
いきます。

良かったこれで大橋眞教授や
カウフマン博士の証言や、アイク
氏の証言、そして私のブログの記事の
信頼性、全ての信頼度は、損なわれて
いなかったという事になりますね。

それから、現在ツイッターから
アクセスしていただいてる方が
多いと思うのですが、ツイッター社
が存続の危機というような話も
持ち上がってきたようなので、
念のため今回のような記事を一覧で
掲載してるページをブックマーク
していただくとありがたいです。
わりとひんぱんに更新している
カテゴリーです。
それともう一つの重要な意識の話の
一覧のページも、よろしければ
https://wp.me/Pa36hC-3D8

生命の神秘編一覧

https://wp.me/Pa36hC-3Gq

意識と思考と覚醒編一覧

ではまた(^^)/

いつもありがとうございます(*^_^*)

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

「結局新型コロナは分離されてない事をもう一度証明するはめに!」への14件のフィードバック

  1. いつもありがとうございます…
    私も最近エクソソーム説を情報収集し信憑性を高めつつありますが、時折日本でも発生しているクラスターについてどのように説明したらいいか行き詰まっております…。
    もし何か情報お持ちでしたらご教授くださいませ。よろしくお願いします。

    1. 翼さん初めまして(*´▽`*)

      記事をご覧になっていただいて
      ありがとうございましたー(*´▽`*)

      エクソソームについては、今週の日曜日の
      投稿で、まとめた記事を投稿予定です。

      よろしければそれもご覧になってみて
      くださいね。

      クラスターというのは、その現象が
      真実と思うかどうかが、一つの情報の
      解釈の分岐点になっていると
      思うのです。

      一つには、実際なんからの人体への健康被害が
      あった事が原因で、クラスターが発生した場合、
      当然、コロナはエクソソームでしかない事がわかって
      いるので、5Gや他の感染症や、放射能被害など
      同じような場所でのコロナ以外での共通項を見つける
      必要があると思いますが、

      もう一つは、完全なでっちあげだという情報の見方が
      あります、すでに政府やマスコミによって壮大な
      偽コロナパンデミックが演出されたので、
      珍しい事でもなんでもないと思うものですが、
      クラスターはなんらかの意図があって、発生した
      というように陽性患者をその場所で集中させて、
      例によってマスコミが大騒ぎするという事が
      真相で、その意図を探るべきだと思います。

      私なら、このクラスター騒ぎによって、自粛の
      雰囲気を増大させたり、三密回避や、ソーシャルディスタンスの
      必要性を、認識させたり、やはりコロナの恐怖を植え付けたり
      する意図がある偽のクラスターが演出されていると
      みますけどね(;^ω^)

      また何か情報があればお知らせしますね(*’▽’)

      1. お忙しいところご丁寧にありがとうございます。
        なるほどですね、そういう解釈も可能ですね…。
        私も色々考察し、PCRで検出された陽性反応が自身のエクソソームである以外に所謂密の状況の中で他人のエクソソームが体内に付着し反応するケースも考えられるのではないかと思っております…。
        いずれにしてもエクソソーム自体には毒性はないのでほとんどは無症状なんでしょうが(PCR自体の精度の問題によるミス判定も含みますが…)たまたま他の様々なものが原因でで風邪に似た症状の方もおられるのかもしれませんね…。
        日曜日の投稿楽しみにしています。
        ありがとうございました…m(__)m

        1. 何度も失礼します…。
          ただエクソソームの遺伝情報は万人共通なのでしょうか?
          少なくともPCRでチェックしている塩基配列部分は共通していないとこの理論は破綻してしまいますが…。
          また情報ありましたらよろしくお願いします…m(__)m

          1. エクソソームという定義の遺伝情報自体は
            万人にあてはめる事か可能です。

            なぜならそれが、定義というものだからです。
            一方で、新型コロナウィルスの遺伝子情報の定義に
            絶対必要な要素というのが、
            新型コロナウィルス自体が病原体として、
            分離特定されているという情報が皆無である
            という事から、独立したウィルスの遺伝子情報として
            定義できないという事です。

            しかもウィルスの遺伝子情報という意味で
            特定するためには、分離されて特定された
            ウィルスに感染してそれが、病状などの
            兆候を示さなければ、ウィルスとして
            定義する事はできませんが、分離特定されていない
            以上確認する事ができていないのが
            現状で、世界の新型コロナウィルスの
            データとして採用されている遺伝子情報は、
            その遺伝子情報の中に、病原性ウィルスの
            遺伝子情報が含まれている可能性がある
            という仮定をもとにしたものでしかないという
            事が現状だという事なのです。

            そしてその仮定をもとにした、遺伝子情報の
            遺伝子配列の特徴が、すでに定義づけされている
            エクソソームという体内物質とほぼ合致しているので、
            新型コロナウィルスの遺伝子情報として、
            世界中に出回っているデータは、エクソソーム
            の事だという事の可能性が最も高く、
            ましてや、分離特定したという事実がどこにもない
            新型コロナウィルスのものでは全くないという事
            が言えるのだと思います(*^^*)

  2. お忙しいところ何度も分かりやすい解説ありがとうございました…m(__)m
    非常に説得力のある理論構築がなされていると感じました…。
    これからもよろしくお願いします。
    応援しております!

    1. ありがとうございましたー(*´▽`*)

      振り返ると、ところどころ説明不足の点も
      見つかったのですが、私のコメントも
      逆に深く意図するところを読みとっていただけた
      ようで、とてもありがたく思ってます。

      これからも読んでいただけるとの事
      本当にうれしい事です。

      また今回のような疑問や質問などあれば
      またコメントをお待ちしておりますので
      よろしくお願いしまーす(*´▽`*)

  3. あんみんさん…
    お忙しいところ何度もスミマセン…
    実は最後に抗体検査のことが引っ掛かってまして…
    自身で調べたんですがIgMやIgG等の理論は分かったのですが、特定のウイルスをターゲットに働くかです…
    今回はcovid-19(仮に存在するとして)に対する特定の抗体が出現するのか?だとしたらそもそもどうしてそれ特定の抗体だとわかるのか?でそのためにどういった抗体検査を実施しているのか?
    もちろん抗体があったとしても免疫が確立されたことにはなりませんが…
    もしくは検査している抗体はcovid-19に対するものではないのか…
    ここが最後の障壁だと感じています…
    ここが明確になれば核心により近づけるのではないでしょうか…
    失礼しました…m(__)m

    1. えーと、すいません抗体検査は、そもそも
      コロナ感染をしていた人が、つくった抗体という事
      ですよね。
      だすが、コロナ感染をしていたという証明は、PCR検査でしか
      できないのです。よって、PCR検査で偽陽性となった人が
      インフルやバクテリアなどに対しての抗体をつくったのなら
      それはインフルやバクテリアの抗体なので、そもそも
      新型コロナの抗体の塩基配列は、定義できないという事です。
      上の偽陽性となったというのは、そもそも新型コロナウィルスの
      データが定義づけられていない以上、陽性反応であれば全て
      偽陽性と判断できる事になります。

      つまり抗体そのものが、新型コロナウィルス由来のものである
      という証明になる事は現状不可能だという事です。

      全ては、分離特定もされていない新型コロナウィルスだという真実が
      明らかになっているのに
      そのデータを存在すると考えてしまうので、
      話が複雑になっているのだと思います。

      なので言っておられた
      「検査している抗体はcovid-19に対するものではないのか」
      に対しての答えは、ないと断定しても良いという事になります。

      仮に存在するとしてしまうのが一番ややこしくなる原因で
      そもそも新型コロナが存在するという話が、広められた事
      自体を素直に受けとって、このような事態になっているので
      その存在するという話の根拠がすでにないという事が
      明らかになっているということです。

      なぜ根拠のないウィルスの存在を意図的に広めたかを
      理解するために、政府より上の世界の支配的な立場の者たちの
      事を深く知る必要があるという事なのです。

  4. お忙しいところ何度もありがとうございます。
    仰ることはわかります。分離特定出来ていないので存在は確定できず。遺伝情報もエクソソームのものであると言えると…。
    私もこれを確定したいがために抗体検査がいかなるロジックなのか調査しましたがよくわかりませんでした…
    言えるのは実際抗体検査は行われていて、検査キットは中国以外にも世界各地の数社から提供されていて、検査キットを作るには今回の新型コロナウイルスを分離特定しそのウイルスに限定して働く抗体を特定する必要があるはずなので現時点でそれが出来ているのでは?と言うことです…。その抗体が存在しているのであれば必然的にcovid-19も存在していることになると…。エクソソームと誤認しているとしたらさすがに抗体までは出来ないのではないか?と…。ここで行き詰まってしまいました…(((^_^;)
    なので抗体検査がその他のウイルスに対する抗体に反応していると証明できれば覆せるのですが現時点で抗体は目的とするウイルス限定で働くとなっておりcovid-19をターゲットに設計されていると言われ、実際に行われているのであれば全てデタラメだ!と反論するぐらいしか出来ず論拠を示すのが難しいなぁと悩んでおります…。検査キットの詳しい製法は分からないのですが様々な研究施設から提供されており、日本でもとくに横浜市立大学の研究グループのホームページを見ていてもさすがにエクソソームでは研究は行き詰まるはずだし、それが可能ならやはり何らかの特定されたウイルスが存在しているのかと思ってしまいました…。
    長々と失礼しました…。

  5. https://www.yokohama-cu.ac.jp/amedrc/news/202003ryo_covid19.html

    https://www.yokohama-cu.ac.jp/amedrc/news/202004ryo_covid_1.html

    あんみんさん
    新しいblog拝見しました。
    ありがとうございました。
    その論点で言えば必要ないことなのかもしれませんがどうしても上記の内容が解明できません。
    もしいつか機会がありましたら是非解説をお願いします。
    ではまたblog楽しみにしています。

      1. あんみんさん
        お忙しいところ失礼いたします。
        あれからエクソソーム自体の研究資料など調査しておりましたらどうやらエクソソームに対する抗体が体内で生成されるらしきことがわかって参りました。
        と言うことであれば抗体検査でも陽性反応となる可能性は十分あり、また抗原検査においてもそのタンパク質を検出するという特性から陽性反応となりうると…。
        結果、新コロをエクソソームと誤認していたとしても(意図的か否かにかかわらず)PCR、抗体、抗原いずれの検査においても陽性反応が得られる可能性が十分あり、実際に新コロを分離特定しその毒性等に関して明確な検証が無い限りはその存在に関して断定することは出来ず、それはエクソソームである可能性も十分に有り得ると結論付けることが出来ると思いました。
        ありがとうございました…m(__)m

        1. 翼さん、ありがとうございます(*´▽`*)
          実は、リンク先の記事まだ読めてなかったのですが、
          なんだかご納得いただけたようで大変
          うれしく思っています。
          しかも、ご自身でとても合理的な結論を導かれた
          ようで、逆参考になるくらい、素晴らしい考察だと思います。
          またこのような感じでお話できるのを楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です