武田教授が語った、医療の真実とは? そして本物の医学とは!?


この新型コロナパンデミックに際して、
以前の記事でも、取り上げましたのは
検査で陽性とされていなくても、
症状のみから、新型コロナ感染が
病気の原因と診断したり、また
単なる肺炎や心臓疾患などで、死亡
した場合でも死因を新型コロナ感染に
よるものとするのが望ましいと、WHO
が世界中の医師や医療機関に通達した
という事は、すでに世界では、かなり
の人に知られ始めています。

それが世界中でのロックダウンへの
猛抗議につながっているのは、いう
までもありません。

当然日本も同様の事が行われている
というわけです。
そもそもこれまでの記事でご説明
してきましたように、ウィルスそのもの
が架空のものなので、死因にも病気の
原因にも全くなり得ないのは、明らか
なのですが、どうやら世界の多くの人
や、特に日本人の大半は、いまだに
新型コロナウィルスを、まともに
恐れているようなのです。

今日も買い物にいって、わりと仲よく
話してくださる店員さんに、新型コロナ
は、でっちあげだといさってみたら
きょとんとしてて、逆に5Gの電磁波
の方がやばいから、5Gの携帯などは
持たない方がいいですよーといったら
「私持ってますけどーー(^_^;)」と
いわれてしまい、ただ気をつけて
くださいねーとしか言えませんでしたー

そんな調子じゃ、ゲイツの高笑いが
聞こえてきそうですが、、こちとら
記事など書いて地道な活動を続ける
しかないわけですからね。

そんな中、いつも真実を私たちに知らせ
続けてくれている武田教授が動画
で、感染者数についての真実を
語ってくれています。

とても穏やかな話し方で、辛抱強く
聞かないと内容がわかりにくいと
思いますので、私が後から解説する
方を読んでいただいた方が良い人も
いると思います。

【武田邦彦】この大損失!全員捕まえて
処分せよ!なぜこのようなことが野放し
になっているのか?それは連中が
初めから・・・

なるほど辛抱強く聞いても、おそらく
要点を掴むことのできた人の割合は
少ないと思います。

では簡単に言いますと、要するに
全ての人を、信用できる検査をして
全て判明してから、初めて感染者数
を報道したり、口にする事ができる
のに、あたかも感染者が日々増えた
ように報道したり、証言するのは、
詐欺にあたるという事を言って
おられるわけです。

つまり現在判明している感染者だけ
を取り上げて、感染者が増えたとか
、感染が拡大したといったり、現在の
感染者数を報道するのは、全く
真実をもとにしたものではない
という事です。
なぜなら、検査もしていない感染者
もいたり、感染しても発症せずに
検査にもいかなかった人たちも
何人いるのかわからないのに、
いかにも現在感染が拡大し続けて
いるかのように証言するのは詐欺に
あたるというわけです。

しかも武田教授は、検査が信用できる
ものという前提で語っておられますが、
そもそも、現在感染しているかどうか
測定するPCR検査などで、用いられて
いるデータは、ウィルスとして分離
されたものではない、単なるRNAの
遺伝子情報というだけのものです。

つまり偽物なので、本当は感染者は
一人も確認されていないというのが
真実なのです。

この事は
コロナ最大の秘密 分離されていない
ウィルスという情報は本当だった!

という記事でもご説明しました。

もし仮に誰かが、架空のコロナウィルスに
感染し、病気を発症したとしても、それが
もとで発症したのか、他にもウィルスに
感染していて、そのおかげで発症したのか、
わからないわけです。というのも、
人は発症しない程度にいくつものウィルス
などは常在しているのが通常なのですから、
どのウィルスが原因か特定する技術は
現代の医学にはないという事です。

またウィルスなどではなく、放射能
汚染や、電磁波にさらされる事でも
発症状態になる場合も多いので、それが
原因なのかどうかも調べなければ
なりませんし、食べ物や飲み物から
病気を発症する事も珍しくありません。

そんなのいちいち調べてたら、きりが
ないし、もちろん調べられた事は
全く皆無でしょう。

そもそもウィルスとは関係なしに、
肺炎になったり、心臓疾患になったり
したのか、医者でもわからないまま、
コロナ感染イコール、即それが病気の
原因としたり、死因としたりしている
わけです。

そして今回のコロナウィルス感染に
よる症状とされているものの
ほとんどが、5Gで予想される健康
被害とほぼ一致しているのですが、
当然5Gの可能性そのものを勝手に
医療は除外しているので、そこから
してすでにコロナ感染による発症と
証言したり診断する事は、間違い
であると指摘できるわけです。

すなわち何を私がいいたいかというと、
そもそもコロナウィルス感染をしていた
という事があったとしても、それが
もとで発症したか、もちろん死亡したか
という事さえ、実はわかっていないし、
精密に調べる事もほぼ不可能なのです
から、その点についても立派な詐欺罪が
成立するという事なのです。

その事はすでにアメリカの良心的な
医師であり国会議員である
スコット・ジェンセン氏が証言して
説明してくれています。
その証言の動画と、それに解説を加えた
のが
やはり診断書が鍵だった!  医師が
明らかにした通達の内容とは?

という記事です。

しかも、WHOが、検査で陽性とされた
わけでない場合でも、症状などから、
コロナ感染によると診断するように
通達を受けて、そのように診断した医者
も多いはずなので、これも超ウルトラ
詐欺罪になります。

もちろん、WHOもですし、ウィルス
として分離されて特定もされていない
のに、それを新型コロナウィルスの
データとして、世界中に広げた全員にも
詐欺罪が適用されるでしょう。

さてこんな大がかりな詐欺を進行させる
事ができるのは、世界中の国々の政治・
医療・マスコミなどあらゆる主要な
機関の上に立つものしか無理です。
要するに一般人が、考え出して実行
しているわけではないというのが真相
なのです。

そして、なぜそういう存在が、今回の
大がかりな詐欺を進行させているかと
いうと、以前から、真実を追求する人
たちによって知られてきて、それを
私たちに知らせようとしていた、支配層
の望む、新世界秩序、つまり
ニューワールドオーダー(NWO)を
完成させるためだからなのです。

これは、もちろん一部の支配層が、他の
圧倒的大多数の大衆を、意のままに
管理し、コントロールできる社会の事を
言うわけです。

まさかと思う方も、まだまだ多いとは思い
ますが、少なくとも彼らの意図がそうですし、
実際私がその事を知ってから12年ほどの
世界の動きを見ていると、私たちに
わからないようにしながらも、
まさにまっすぐに、そこに向かわせて
いるのがはっきりと見てとれるわけです。

その事がよくわかる、ビルゲイツのワクチン
の真の目的を説明した記事を明日投稿
するつもりです。

だから彼らの思い通りらさせないために、
私たちが、できるだけこの、パンデミック
詐欺に気づく必要があるというわけです。

そして今回は、もう一つテーマがあります。
もう一つの記事に分けても良かったのですが
ここに取り上げてしまいました。
なので今回は二つ分の記事という事になり
ますので、お時間の許す限り、ご覧
いただければいいかなと思います。

今回のパンデミック詐欺が可能に
なったのは、現代医療のベースに
している医学によるところも大きい
のです。

しかしその医学は、実は壮大なウソ
であったという、にわかには信じがたい
ような真実の話を紹介します。
以下がその記事になります。

『』内が引用で、~が中略です。

『現代医学は大きな嘘に基づいてる。

この嘘は少なくとも150年前に遡る。

ルイ・パスツールが死の床にあった、
1895年あたりまで歴史を遡って
みよう。
彼の死に立ち会った人々は、パスツールの
最後の言葉を詳しく語った。

「私の細菌理論は間違っていた。細菌を
取り巻く環境が病気を左右するのだ」と。

(引用注:つまり現代医学そして医療にまで
受け継がれている、細菌やウィルスにより
様々な病気が引き起こされているという
パスツールの理論は、彼自身が死ぬ間際に
間違いであったといっているのです。
なのに巨大な産業に膨れ上がった医療産業
がそのコンセプトを採用する事は全く
なかったのです。)

現実には製薬産業の医療に対する強い
締め付けによって、この嘘は現在に至る
まで膨らみ続けた。

 それはすべてルイ・パスツールと 
アントワーヌ・ベシャンから始まった。

 一方は有名で称賛を浴びた偽物、他方は
変わり者扱いされた、真実を追求する
科学者であった。

 彼らの周りに起こった論争は医学者を
2つの陣営に分割することになった。一つは
monomorphists 他方はpleomorphists
(多形態性)である。~

(引用注:つまりパスツールの方は
細菌理論で、モノモルフィズムといい、
ベシャンの方は、細胞理論で
プレモルフィズムという事です。)

 Whalen James が monomorphism
(モノモルフィズム) pleomorphism
(プレオモルフィズム)の違いを以下の
ように述べている。

細菌理論 (パスツール)

1. 病気は身体の外にある 微生物に
起因する。(それは外から来る)

2. 一般的に微生物に対しては、防御を
しなければならない。(ワクチンや抗生物質)

3. 微生物の働きは一定している。
(誰に対しても同じことをする)

4. 微生物の形と色は一定している。
(微生物は周りの環境によって形を変え
ない)

5. 全ての病気はそれぞれ特定の微生物に
関連づけられる。(あらゆる病気の原因
となるそれぞれの菌がある= Monomorphism )

6. 微生物が病の第一の原因である。
(細菌が病気の原因である)

7. 病は誰でもおかすことができる。
(どれだけ健康であっても、病にかかる)

8. 病から身を守るために、防御態勢を
築かねばならない。
(ワクチンをうける)

細胞理論 (ベシャン)

1. 病気は体内細胞の中にある微生物に
起因する。

2. これら細胞内にある微生物は通常は
新陳代謝を助ける働きをする。

3. 微生物の宿主(人の体)が死んだり、
けがをしたりした場合は、体を分解する
働きを促す役割を微生物は果たす。

4. 微生物は溶媒を反映して形や色を
変化させる。(Pleomorphism)

5. 全ての病は特定の体の状態に
関連づけられる。

6. 微生物は宿主の健康状態が衰えた
場合に「病的」になる。従って、宿主の
健康状態が  病の第一の原因である。

7. 病は不健康な状態の上に築かれる。
(体の免疫システムの状態が病気に
なるかどうかを決める)

8. 病気にならないためには、健康な
状態を作らなければならない
(健康であることが、防御でる)

上記の2つの理論の違いは、次の
ことを意味する。

 monomorphismは儲けは多いが、事実上、
役に立たない製薬会社の薬の消費に
つながり、より高価なハイテク医療をうみ、
殺人的なワクチン、伝染病のデマを招き、
病気を売り、医療科学を崩壊させ、医者が
引き起こした死を隠蔽することに
つながる。

(引用注:今回のコロナウィルス感染の
陽性とされてしまった患者は、とても危険
な現代医療の対処によって死亡した場合も
少なからずあると思います。そのような
場合でも、必ず死因はコロナ感染による
と診断書に書いておけば、権力者が守って
くれる仕組みになっているという事です。
同じく抗がん剤を使用して、おびただしい
死亡者を出した現代医療は、まさに
守られているので、完全に隠蔽されて
いるというわけです。)

 それとは対照的に pleomophism は
安価であり、有害な物質が身体に過剰に
蓄積された状態とか、身体が酸性になり
すぎているなどといった、病気の本当の原因
に基づいた治療を意味する。

 パスツール自身が最後に自らの誤りを
認めたあとも、企業の利益はパスツールの
理論に固執していた。

 それゆえ、 monomorphists たちが 
議論に勝った。彼らの理論が正しいから
ではなく、企業が大声をあげて、他の
グループをいじめたからである。

 今日、微生物の生態はpleomophismに
基いていると何度も何度も証明されて
きたにもかかわらず、細菌学者の大半が
monomorphismにいまだ固執している。

現代医学の誤りの全てはこの偽りの
医学の範例の結果である。

 医療は何年にもわたって無意味な大勢の
人々の死を招いた欺瞞を認めようとは
決してしないだろう。医学が過去において
間違った方向に進み、 monomorphism を
擁護した時点まで引き戻さない限り、
医学に進歩はないだろう。

引用:~
「病の主たる原因は細菌ではない。病は
細胞が損なわれ、壊れたことによっておきる
毒血症に起因する。これによって、細菌が
増殖し、攻撃する道が敷かれるのである」
ーー 医学博士 アンリ・ビーラー

★★★「病は浄化、解毒を求める叫び
声である」ーー ヒポクラテス

「病気の原因はひとえに周辺に
浮遊している細菌やウイルスから来ると
信じて有害な薬を投与する治療を受ける
ことは もっとも愚鈍な迷信の犯罪で
あることがわかった」ーー 
医師 D. フィリップスi 』

“出典:「カクヨム」様のサイト
第3話 パスツールの遺言と
ウィルス進化論
より”

要するに、19世紀後半には、二人の
医学者が全く正反対の理論を唱えて
いたという事です。

それが、パスツールの細菌理論つまり
モノモルフィズムとベシャンの
細胞理論つまりプレモルフィズム
という事です。

結局医療産業にとっては、パスツール
の細菌理論の方が、圧倒的に儲かる
ために、彼の理論を支持し、その
おかげで、医学界では、彼の理論が
勝ったというわけです。

しかし、冒頭に書かれているように
パスツールは臨終の言葉として自分の
間違いを認めていたのです。
その言葉が
「私の細菌理論は間違っていた。細菌を
取り巻く環境が病気を左右するのだ」
という事です。

つまり病気の原因は、細菌ではなく、
それをとりまく環境つまり身体の
健康状態や免疫力が機能しているか
どうかで、病気になるかが決まる
と言い残してこの世を去ったわけ
です。

これは、つまり彼と反対の立場で
あったベシャンの細胞理論を、
認めた事になるのです。

ですが、医学はその彼の最後の言葉
を知っていないのか、知らないふりを
したのか、とにかく、それでも
もとのパスツールの細菌理論を採用
したままなのです。

もちろんその背景には、すでに巨大
産業として勢いづいてきた医療産業の
巨大利権があるのは、疑いないですが、
何より、一番の上の者たちにとって、
パスツールの細菌理論の方が、とても
都合が良いからでもあるわけです。

しかし、彼が臨終の間際にいった言葉
だけでなく、現在までに明らかに
なっている微生物の生態から、ベシャン
の細胞理論の方が正しかったと何度も
証明されているのです。
なのに、現代医学は、それらの研究結果
により、パスツールの細菌理論を
採用したままなのです。

つまりこれが医学界のウソだという
わけです。

確かにとてつもない巨大なウソの上に
現代医学と医療が成り立っているという
わけです。

そのおかげで、架空のウィルスでしかなく
実は体内で生成されたエクソソームと
いう体内物質などのデータをもとに
新型コロナウィルスの陽性か陰性かを
判断しているという、壮大な詐欺が
世界中で行われて、今回のパンデミック
につながったというわけです。

もちろん、その詐欺には、先にも武田教授
が明かしていたように、免疫力も度外視
して、現在の感染者数などわかりようも
ないというのか常識なのに、現在の
感染者数を連日、報道したりする詐欺も
あります。

そして本当は、たとえ偽のデータで
あるのにも関わらず、もし検査で
陽性となり、新型コロナウィルスに
感染したとされていても、
発症や死亡の原因が新型コロナウィルスか
どうかわからないのに、ことごとく
新型コロナが原因と診断書に記入して
いった医師たちも当然詐欺という事に
なるわけです。

つまりテレビなどで、今回いったん収束
したパンデミックは、医療従事者の
おかげと、人々が感謝したりしている
事などが報道されていて、昨日は
空にブルーインパルスが感謝の
飛行をしている映像が流されていました。

5Gの危険性など、全く報道しないテレビ
がです。

もちろん看護師の方々など、全く診断に
関わらず、とにかく危険だと思いながら
も、患者のために尽くした方々には感謝
しても良いのかも知れませんが、彼ら
が報道で取り上げるのは、彼らの
思惑通り、新型コロナ感染が病気の
原因と診断書に記入していた医師たちに
彼ら支配層が、称賛の意思を伝えて
いるからだという事なのです。

もちろん、パスツール理論をもと
にした医療措置のほとんどが、人体に
とって危険なのは、これまでも
記事で説明してきましたが、その上に
このような形で、今回のパンデミック
詐欺に、医療が関わっていたというのが
真相なのです。

このようないまだに健在のパスツール
の理論の、「細菌やウィルスなどが
病気の原因となる」というウソを、
多くの人々が、信じ切っているので、
新型コロナウィルスをいまだに
恐れている人たちの多くが、ワクチン
や治療薬を待望しているのですが、
これこそ今回のパンデミックを
仕掛けたものたちの最終目標だった
のです。

そして仕掛け人として活躍する支配層
のフロントマンであるゲイツが提唱して
開発させているワクチンは、一体
どのようなものなのかが明日の記事で
明かされます。

ではまた。

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です💦

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です