私たちは人生を選んで生まれてきたのか? コースは無限にあるのに? 


よくスピリチュアルでのメッセージや
ネットでのコメントなどで、
「私たちは人生を選んで生まれてきた」
という言葉が、もはや共通の認識で
あるかのように語られているのを何度でも
見せられてきました。

私は、多くの人が当然真実だと思っている
もののほとんどが、真実とは違ったりして
いるという事を記事にしてきましたので、
当然のように語られてるメッセージは
必ず、自分のハートチャクラからつながる
潜在意識の感覚に問うようにしているの
です。

そしてその決められた人生を魂が選んで
生まれてきたという言葉を繰り返し聞く
たびに、その感覚は「違和感」で
満たされるのです。

今回は結論を先にいっておきます。
「確かにある程度決まった人生を選んで
くるような意識レベルの高い人たちは
いるけれど、それは全ての人には当て
はまらない」
という事です。

さてではまず、その事を説明する
ために私がなぜ違和感を持つのか
という事とそれについての考えを書いて
いきます。

たとえば、私は世界の現状についても
研究してきたので、以下のような真実の
情報を、とてつもなく多く目にして
きました。
「生まれついて戦場の土地にあって、
両親も殺され自分も飢えの中で死んで
いった多くの子どもたち」
「幼少時代から度重なる虐待で命
を落とした子どもたち」
「陰湿なイジメにあって誰も助けて
くれない心で満たされ寂しげにこの世を
去っていった子どもたち」
「生まれた時から、テロリストになる
事を宿命づけられて育ち、都合の良い
時に使われ、そしてやはり使ったもの
に殺されるだけの人生の人も多くいます」
また最近の実例ではこんなのもあり
ましたね。
「暴走してきた車に突っ込まれて、他の
園児達とともになくなった子どもたち」
親御さんの壮絶な悲しみを観ていて、
こんな人生を選ぶはずないじゃないか
と思います。
というよりそんな人たちに、またそんな
子どもたちを持った親の方々に
「決められていた人生をこの子たちは
選んで生まれてきました」などと
いえるでしょうか?
また抗がん剤の毒性も知らず、本当なら
もっと長く生きられた人が、医療業界・
医療産業の犠牲になり、家族の悲しみを
後にして人生を去って行った多くの人も
これを選んで生まれてきたと?
魂が、そういう体験を学ぶためなら、
一つの人生だけで充分でしょう。
どういう事かといいますと、もし魂が
学ぶために人生を選んでいたとしたら、
生きている間はともかく、肉体を離れて
から、その人生を俯瞰して学ぶ事が
できるはずだという事です。

しかし学べているのにもかかわらず
いまだに抗がん剤が使用され、癌患者の
大半がその犠牲になっています。
または以前にも記事でご紹介した
スペイン風邪ではワクチンのせいで
亡くなった人が、数千万人もいたとも
言われています。
その人たちは、そんな事を学ぶために
生まれてきた?というより学んだの
なら、なぜそのあとも世界中でワクチン
により、多くの健康被害がもたらされて
いるのでしょう?
つまりその人生から人類の魂は学べて
などいなかったという事です。
学んで死んでいったなら、何度も
同じような過ちを犯す人生を選んで
生まれてくるはずがないと思いませんか?

まだまだいくらでも悲惨な人生を
歩んできた人たちはいますが、それら
すべてが、選んで生まれてきた人生
だというのでしょうか?
まずそこに大きな疑問が湧くのです。

そして過去生を体験した人の話では、
何度生まれ変わっても似た問題を
抱えている事も証言されています。

1度に9つも過去生を体験する
退行催眠に誘導してもらった
レイモンド・ムーディー博士の
人生は、みんなムーディ氏のように
良い性質を持つ穏やかな人物像と
しての人生ですし、またどの人生
でもどことなく、最後は悲劇か悲劇
に近い形で終わる事が多いのです。

もし次の人生を選んで来る事が
できるのでしたら、みなさん何度も
似た人生、しかもあまり心地良くない
人生を選んで生まれてきますか?

私たちは、本来は愛の存在であるという
のは正しいです。
そこはスピリチュアルなひとたちと共感
できるところですし、あのアニータさんも
アイク氏も、あらゆる太古からの賢人たち
もそう語っています。
だったらみんな「愛を体験し、愛し
愛される人生を歩みたいと思うのが
自然なのではないでしょうか?」
こんな殺伐とした人生を歩みたいと
願って出てくる子どもたちは、ほとんど
いないと思うのが自然だと思います。

私は、だから当然のように語られる
言葉がたとえ、多くの点で共感できる
相手であっても、うのみにせず必ず
ハートの感性で判断するようにして
いるのです。

たとえば私は信頼できると思って、
たびたび記事でも引用させてもらっている
アイク氏の語る事であっても同じ事です。

実際アイク氏の著書で語られている事の中
にもいくつかは、そういう部分を見つけて
います。

たとえば意識レベルの高さは周波数の高さ
に比例するという事なども大きな一つ
ですが、アイク氏もやはり
「私たちは人生を選んで生まれてくる」
と再三著書で書いてます。当然信頼
できる人物の語る事でもうのみに
しないというスタンスなので、
常にそういう言葉を観るたびに
「いや違うだろ?」と思って読んで
ました。
なぜならアイク氏が著書で語っている
内容では、私たちは、人生において
肉体に宿る時に、五感のマトリックス
に「囚われてしまう」という事を
何度も強調しています。そのために
人類の歴史は、悲劇、飢餓、戦争、暴力
虐待、殺戮に満ちているのだと。
なるほどこの点に関しては、私も完全に
同意して、アイク氏以外の情報や書籍を
研究しまくり、その事が正しいと確信
するに至りました。
つまり正確にいうと本来の私たちは、
アイク氏やアニータさんのいうように
宇宙と一体であり、さらに宇宙全体
でもあるわけですが、肉体に宿って
五感のマトリックスに、私たちの意識の
一部が囚われたというのが真実だと
思われます。

もちろんだから、右脳や松果体そして
ハートチャクラなどを介して、私たち
の本来の意識とつながっていますが、
マトリックスが強力であるがために、
多くの人は、肉体に宿った自分の一部の
意識を、自分の全てだと思い込んでしまう
事になるという事です。

つまり多くの人は、肉体に宿る時点
ではわからなかったマトリックスの罠
に、気付かないままはまってしまう事
がほとんどだという事です。
その状態になった場合の人生の
コースは、当然霊にとっての盲点に
なっているので、人生を選んで生まれる
などという事はできないという事に
なるのです。

確かに、意識の高い霊になれたような一部
の人々が、望んで転生してくる場合も
あったりするわけで、そういう場合には
「ある程度決まった人生」を選んで
生まれてくる場合もあるとは思います。
ただ先に述べたような「運命の前」に
ただただ無力でしかない人生に生まれた
子どもたちの魂は、決して「その人生を
選んで生まれてきたのではない」と
感じるわけなのです。

その私の違和感を説明できるような材料
があればいいなと思っていたら、
いくらでも私が研究してきた中にも、
また新たに知った事でも、
「人生は決められてはいない」という事
が真実ではないという事の裏付けになる
ものがいくつもある事に気づいたのです。

まずわかりやすいのが、私たちは、
無限のタイムラインにいるという事です。
これは
時間とは、左脳の解読による認識!
真実は「全て同時の無限の現在」

という記事でもご説明しましたよね。
また臨死体験で、絶対意識領域に到達した
アニータさんも同様に無限のタイムライン
が同時に存在していると語っています。

だから、決められた一つの人生のコース
を歩んでいるのでは決してないという
事。そして時に未来を予知したりして、
予定通りにたどる人生のコースを
変えられた人も多くいるのです。

その事は最近投稿しました。
miwaさんの驚異の予知夢体験  
レイキぶどうさんでつながれました!

という記事でもご紹介しました。
それは、リアルな予知夢によって、実際
に遭遇してしまうはずだったテロの災難に
気づいて、楽しみにしていたエジプト旅行
をキャンセルした事で、別のタイムラインに
移行して、テロを避けられたという事
でした。しかもその夢は、ゼミの先輩も
観ていたというから、よけいに確かな
タイムラインだったのだと思われます。
さらに自分が同行しようとしていたゼミ
の人達が、miwaさん抜きで、エジプト
旅行にいったゼミのグループが、本来
乗るはずだったバスがテロにあった
という事も確かに、タイムラインを
miwaさんが変えられた証拠だという事
の証明だと思います。
そのバスは直前の予定変更で、ゼミの
グループの人たちは、そのバスに乗らず
にすんだわけです。
そこにmiwaさんがいない事で、すでに
タイムラインは変化していたという事です。

こういう事は、実は世界中のエピソード
としてあるという事を私はすでに記事に
書いてましたので再掲しますね。

そこには確かに、我々は決められた人生
を生きているだけの操り人形などでは
なかったということが書かれています。

「 これまで私が説明したように、未来に
いくつものタイムラインが同時に共存
している事を別の角度から、説明して
くれているマイケル・タルボット氏の
著書から引用させていただきます。

“もし未来が、その詳細まですべて
決まっているホログラムだとしたら、
それは私たちに自由意志など残されて
いないことを意味する。私たちは、
すでに書き上げられた台本にもとづ
いて、何も考えずに動きまわっている、
運命の操り人形にすぎなくなって
しまう。
 幸運なことに、さまざまな証拠材料を
見ると、圧倒的にこれが正しくないことを
示している。
予知能力を使って未来をかいま見ることで
災害を逃れたり、航空機事故を正しく予見
し、その飛行機に乗らないことで死を免れ
たり、あるいは自分の子供が洪水で溺れる
ヴィジョンを見て、危機一髪のところで
その災難が起きる場所を離れることが
できたりした人たちの例で文献はあふれ
返っている。
あのタイタニック号の沈没を予知する
ヴィジョンを見た人の例が、十九も記録
されているのだ。この中には、自分の予感に
耳を傾けて助かった人たちが体験したもの、
あるいは不吉な前兆を無視して溺死した人
たちの体験したもの、そしてこのどちら
にもあてはまらない人たちの予知体験が
含まれている。
 このような事例は、未来が定まっている
ものではなく、柔軟性があり、変えること
ができることを強く示唆している。
 だがこの見方もそれなりの問題を抱えて
いる。もし未来がまだ流動的な状態にある
とすれば、いまから十七日後に、ある特定
の席に座る人間を描写するとき、クロワゼ
いったいどこからその情報を取り出して
いるのだろうか。未来が存在し、また同時
に存在しないというのはどういうことなの
だろうか。
ひとつの可能性として、ロイがある答えを
示している。彼は、現実はまさに巨大な
ホログラムであると考えており、そこには
過去・現在・未来が、少なくともある程度
までは確かに固まった状態で存在している。
問題は、それがただひとつのホログラム
ではないということだ。
 (中略)
「このようなホログラフィックな存在は、
平行世界、平行宇宙として見ることも
できる」
とロイは言う。
 つまり、ひとつのホログラフィック・
ユニヴァースの未来は、確かに前もって
決まっているのであり、ある人が未来を
予知し、かいま見るときには、その特定の
ホログラムだけに波長を合わせているの
である。”

“出典:「投影された宇宙」
マイケル・タルボット著
川瀬勝訳 春秋社刊”

これは私が再三強調してきた、未来が
無限に存在して、選択可能な状態で
同時に共存しているという事が正しい
という事を裏付けてくれています。」

確かに決められた人生を歩んでいない
というのはこれでもおわかりいただける
ように人生は、一つのコースで決まって
いるわけではない事をしっかり説明して
くれているのです。

ただし、ある程度決まったように思える
未来はもちろんあるのです。
たとえばサイコメトラーのクロワゼ
の例のように、未来に誰がそこに座る
事ができるかいい当てられる人物も
います。
またスピリチュアリストや霊能者や
占い師などもある程度には決まった
人生について語る事ができたりも
します。

しかし、やはりそういう人生のコースを
意識を変えたり、行動を変えたりできる
と、変えられるという事でもあるという
わけです。

そういう意識の転換は、いくつもの
タイムラインを変える事につながり、
決められた人生というような感覚は、
まだ生まれる前の肉体にとらわれて
いない霊などの存在にはないのだと
思うわけです。

つまり肉体にとらわれてしまえば、左脳
の感覚を意識する事になり、やはり
時間は一つのコースを進んでいるように
しか、感じられないからです。
そして何より生まれた時点で、宇宙の
天体の配置などの環境から受けとる
電磁気情報がDNAに書き込まれる
わけですが、そこにはある程度決まった
人生のタイムラインを決定づける
シナリオも書き込まれているという
事です。マトリックスに囚われたまま
であれば、そのコースをそのまま
辿る事になるため、多くの占星術家が
先天運から人生やその人の性質を
読み取る事ができるという事でなの
です。
しかし、右脳や松果体、チャクラなど
を活性化させたり、活用したりできる
と、DNAに書き込まれた情報を
書き換えたり、意識の選択の幅を広げ
させて、人生のコースを変えたり
する事ができるようになるという事
です。

また魂という存在は、霊と呼ばれる存在
より一段階下のレベルだと、よくいわれ
ています。つまり魂は、個人の意識に
近いもので、何度も転生したりする
存在でもありますが、要するに前世に
おいて、真実のからくりに気づかず、
左脳のとらえる物質世界という意識を
持ったままこの世を去ったか、自分が
肉体だけの存在でしかないと信じたまま
死んだか、また自分の欲や勝手な感情の
ために人に対して、ひどい事やあらゆる
ネガティブな事をしていた人たちは、
その感覚のままの魂となったりもします。

そういう魂であれば、人生のタイムライン
を選べるという感覚そのものをもたずに、
自分のエネルギーにあった場所に囚われて
いくという事です。
わかりやすいのが、前世に人に対して
残虐な行為をしてきた人たちが、
今世では逆に虐待される人生を歩んで
いるなどという事です。

これは、魂のレベルでネガティブな
エネルギーの中にあるために、それを
次の人生でも繰り返すわけですが、
魂のレベルでは自他の区別がなくなる
ために、今度はネガティブな仕打ちを
受ける側になる事もよくあるという
事です。
しかし同じタイプの魂で、もちろん
同じように他人に対してネガティブな
行為を前世と同じように繰り返す
人生を生きる場合もまたあります。

そして逆に意識の高い魂や霊となった
人たちについてです。

たとえば、臨死体験者の証言で覚醒した
状態を経験して戻ってきた人たちは、
心のある人で柔軟な意識のレベルに
あった人たちなのです。
そういう人たちは、魂より上のレベルに
なり、自由な意識で、また望むような
ある程度決まった人生に転生したり
またそれ以上の領域を目指したり
できるという事です。

そう、だからそういう高いレベルの霊に
なれた人は、「ある程度決まった人生」
を選んで生まれてくる場合もあるため
そういう人が、自分の得ている真実
として、スビリチュアルメッセージ
として広めていく場合もあったという
わけです。

またそういう高いレベルの人たちは、
何かしらの使命感を持って生まれてくる
事も多いのです。肉体にとらわれて
いったん忘れていても、何かのきっかけ
で思い出したりするという事も、結構
あるようです。

要するに意識レベルが低い魂は、人生を
選ぶような感覚が持てないまま、
エネルギーの導きのままに転生する場合も
多いという事です。

それが、退行催眠でもよくみられる似た
人生の繰り返しというものでもあります。

だから、ある程度決まったコースを
歩んでいる人生を、全ての人が選んで
生まれてきているわけではないという
事が言いたかったという事です。

もちろんそのコースは、未来予知だけ
でなく、意識を改革する事でもコースの
変更が可能だという事です。

だからタロットなどで、自分の気持ちや
行動で、少しずつでも未来を望むもの
に変えていこうとする事もまた有効
なわけです。

今回長くなったので、一つエピソードを
抜きましたが、その内容だけお伝え
しておきますね。

なんと人生は選んでなくても、あの世の
記憶がある子供たちが、よく母親を
選んで生まれてきたという証言が
いくつもあるというのです。なぜ父親
でないのか、男性陣は少しくやしいかも
しれませんが、なんせ生命として
宿る事になる身体は母体にあるんだから
自然な事なのかもしれませんね。
父親を選んで生まれてくる子供たちも
わずかの例ですがあるようです。

この事は、
“「時空の超え方」ケルマデック著
       総合法令出版 刊”
に書かれています。

つまり人生は選ばなくても母親を選ぶ
というのなら、私にとっては、
そちらの方がしっくりくるなと思い
ました。

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

意識と思考と覚醒編一覧

超意識編 一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

サビアン占星術的ハウスの解釈  第12ハウスについて


サビアン占星術的なハウスの解釈
シリーズは、今回第12ハウスになり
ます。

まずこのサビアン占星術解釈による
ハウス解釈のコンセプトをもう一度
おさらいしておきますね。

地球の自転と公転により、表現される
サイクルは、時間の間隔が違うという
点だけ除けば、公転のサイクルによる
12星座のサインと、自転のサイクル
によるハウスシステムで、同じ性質
のものとして対応するという事です。
そのコンセプトを利用してハウス
システムと、その対応する星座(サイン)
の性質やその支配星の性質をリンク
させて解釈しようという事なのです。

第12ハウスは、「隠遁・秘密」の
ハウスと言うように呼ばれたりも
しますが、人生の最終的な到達点と
いう事で、社会や肉体にも縛られない
潜在意識そのものを示しています。

また自分の心や意識の一番奥の場所
という事から、隔離や秘密などという
意味も出て来ます。
また肉体や社会に囚われないという
事で、病気や障害、反社会的な行動
などの象意も出て来ます。

ただし、本来の意味が潜在意識の
エネルギーなので、自分の中に
ある潜在意識や潜在能力を引き
出したり、自分の本当の意識と
つながる大事な場所だという事
です。

さてサビアン占星術としての
第12ハウスの解釈にまいります。

第12ハウスは、魚座に対応していて
海王星と木星が支配しています。
また水のエレメントを持つ室
でもあります。

古来より、12ハウスは、障害の室
だとか、秘密の敵の室などという
解釈もされてきましたが、木星が
大吉星である事から、それほど大きな
凶意を感じません。
また西洋占星術では海王星を凶星に
する解釈が、一般的ですが、
私のサビアン占星術では、トランス
サタニアンに三つの天体は全て
吉星という扱いです。

理由は非常に簡単です。私たちが
囚われている土星-月のマトリックス
の外の領域にこの三つのトランス
サタニアンの天体があるからです。

トランスサタニアン、この表現
通り、土星の支配からの脱却という
捉え方になります。

だから、12ハウスも自分の潜在能力
を活かすための場所だという事てす。

ここに天体が入っていれば、その天体
は最高の味方となってくれますし、
その天体の象意や、サビアンシンボル
が、自分の潜在力を引き出したり、
自分の潜在意識の性質に気づかせて
くれるヒントになるというわけです。

ここに天体がなければ、ハウスカスプの
サビアンシンボルが、自分の潜在意識の
性質や潜在能力を引き出す鍵となって
いるという事です。

ただ、やはり自分の隠された意識という
事で、隠遁や孤独、秘密の行為、などの
意味や、自分の隠された意識に気づく
ための浄化という意味での、病気や
障害などの象意があらわれてくる
事もあるという事です。

というわけで、サビアン占星術的
第12ハウスの解釈は、
潜在意識、潜在能力、才能、覚醒、隠遁
孤独、障害、病気、秘密の行為

などという事になります。

これで、サビアン占星術でのハウスの解釈
が全て終わった事になります。

サビアン占星術解釈編に記事のリンク先が
ありますが、せっかくなので、ここに
全て並べておきますね。

サビアン占星術で12ハウスを読み解く!

サビアン占星術的ハウスの解釈  
第1ハウスについて

サビアン占星術的ハウスの解釈  
第2ハウスについて

サビアン占星術的ハウスの解釈  
第3ハウスについて

サビアン占星術的ハウスの解釈  
第4ハウスについて

サビアン占星術的ハウスの解釈  
第5ハウスについて

サビアン占星術的ハウスの解釈  
第6ハウスについて

サビアン占星術的ハウスの解釈  
第7ハウスについて

サビアン占星術的ハウスの解釈  
第8ハウスについて

サビアン占星術的ハウスの解釈  
第9ハウスについて

サビアン占星術的ハウスの解釈  
第10ハウスについて

サビアン占星術的ハウスの解釈  
第11ハウスについて

 

いつもありがとうございます(^^)

 

サビアン占星術解釈一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ

かんたん毎日のサビアン5月6日


今日の太陽のサビアンシンボルは

牡牛座17度
「剣とたいまつの間の戦い」
です。

これは個人にあてはめるなら、
剣(戦い、実行力)の象徴する男性の
エネルギーとたいまつ(祈り、調和力)の
象徴する女性エネルギーの葛藤ということ
になります。
これはつまり自分の中の、男性エネルギーと
女性エネルギーの葛藤を示しているという
事になります。

感情面を示す金星のシンボルは
昨日と同じく
双子座21度
「労働者のデモ」
ですし、ここ最近金星は、海王星とスクエア
ですし、また木星ともバイクインタイルの
ままです。

海王星が
魚座21度
「小さな白い羊と子供と中国人の
召使い」
で、

しかもおととい取り上げた時とシンボルは
全く変わっていません。
金星が、上司や社会に対して自分の
意見などを主張したいという事を示して
いますが海王星で、童心や純粋な気持ち
を見守る慈愛の意味や、立場、世代を
越えた共感を示しています。
つまり金星のように対立ではなく、調和
を意図するので逆だという事です。

また木星のシンボルが

山羊座28度
「大きな養鶏場」
です。

これは社会に従順に従っている集合
意識なので、バイクインタイルの
つながりですが、むしろ権利の主張を
控える気持ちになるという事を示して
います。

知性とコミュニケーションを示す
水星のシンボルが

牡牛座18度
「バッグを窓から外へ出している女性」
です。

この場合のバッグは私的なもので、
それを出しているということは、自分の
内面を外へさらけだすという意味です。
つまり自分をさらけ出していくという
のが、運気を開くという事です。

行動面を示す火星のシンボルが

水瓶座26度
「水圧計」
です。

これは、人の深層心理や潜在意識を
読み取れるエネルギーという暗示
です。
また世の中の深い真実についても
ヒントが与えられるという意味も
あります。火星に宿るので、洞察力
や観察力を行動に活かすのが良い
という事です。

またこの火星は天王星とタイトな
クインタイルの関係にあります。

天王星のシンボルが

牡牛座8度
「雪といっしょにないソリ」
です。
これは将来に必要となるものを
大事にすると良いという暗示ですが、
今回の火星とつながる事で、深い
洞察力や観察力で、将来にとって
必要な行動に活かすと良いという
ように解釈する事ができます。

というわけで、今日は自分の中の
男性エネルギーと、女性エネルギーの
葛藤があるような暗示の日です。

つまり金星の、上の立場にある人や
社会に対して自己主張したいという
男性エネルギーの積極性を示す
気持ちが、海王星や木星の調和や
バランスを取りたいというような
女性的なエネルギーの影響を受けて
内面で葛藤しているというような
事にあらわれています。

またそれとは別に、自分をさらけ
出す方が良いという暗示もあります。

そして今日は、観察力や洞察力も
高まるので、そこで得られたヒント
などをもとに、将来のために行動
していく事が、運気を引き寄せる
ような日でもあるようです。

いつもありがとうございます(*^_^*)

かんたん毎日のサビアン 2020年5月分

かんたん毎日のサビアン一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ

牡牛座17度


今日の太陽のサビアンシンボルは

牡牛座17度
「剣とたいまつの間の戦い」
です。

これは個人にあてはめるなら、
剣(戦い、実行力)の象徴する男性の
エネルギーとたいまつ(祈り、調和力)の
象徴する女性エネルギーの葛藤ということ
になります。
人は男性であれ、女性であれ、それぞれ
男性エネルギーも女性エネルギーも
両方持つといわれています。
たとえば最近の肉食女子なんかは、
男性エネルギーが強く出ている女性
ということでしょう。もちろん草食男子は
その逆です。
つまりこのシンボルは、男性エネルギーと
女性エネルギーの葛藤を示しているという
事になります。

対称の180度のシンボルは

蠍座17度
「自分自身の子供の父親である女性」
です。

自分自身の子供とは、自分の生み出した
意識の象徴であって、その意識は女性から
のものでありながら、父性(男性)的な
エネルギーを持っているということですね。

ちょっとわかりにくいでしょうか?
要するに男性意識と女性意識が融合して
いる形と思っていただければいいです。
これは、男性意識と女性意識が葛藤して
いる事を示している今日の牡牛座とは
対称的な意味となっているのが、わかり
ます。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは
獅子座17度
「ベストを着ていない聖歌隊」

水瓶座17度
「ガードをしている番犬」
です。

獅子座17度のベストを着ていない
聖歌隊は、ベストを着ていないので男性の
公式な社会に染まらず、自由な立場で、
共感を広げる聖歌隊の集合意識を表現して
いるという事で
共感=女性エネルギーを示しています。
これは女性エネルギーに偏っているわけで、
男性意識と女性意識の両方を暗示している
今日のシンボルの対称軸とは、逆の
エネルギーとなっています。

水瓶座17度の番犬は、主人を守るため
には戦う準備ができているという事で、
戦い=男性エネルギーを象徴しています。
つまり男性エネルギーだけ強調されて
いるわけで、これも今日のシンボルの対
称軸のように、男性意識と女性意識の
両方を暗示するエネルギーとは逆になり
ます。

明日は、今日と同じ太陽のシンボルに
なるので一日休ませていただきます。

 

 

いつもありがとうございます(^^)

牡牛座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

あなたの魚座5度


魚座5度のサビアンシンボルは

「教会のバザー」
です。

このシンボルが太陽にある人は、
協調性が豊かで、さらにまじめで誠実な
雰囲気を持つ人です。
やはり人と関わり合う事が、豊かな生活
につながるという暗示です。

適職は、介護や福祉関係、カウンセラー
通訳、小売業などになります。

恋愛観はいたってまじめで、見合いで
結婚する可能性も高いです。

このシンボルが月にある人は、争い事
を何より嫌い、喧嘩などの仲裁役などを
進んでしようとします。
常におだやかな態度を崩さないような人
でしょう。

水星にある人は、とても素直で、誠実
な人柄から、目上の人の引き立てを
受けて出世します。

海王星にある人は、先天的に人々との
一体感を持っていますので、何かの
きっかけで、スピリチュアルな能力が
一気に開花するような事がある
でしょう。

 

 

いつもありがとうございます(*^_^*)

あなたの魚座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ