月は生命エネルギーの中心 だからこその意識の制限


今回は雑記風なので、裏付けとなる
資料の引用は、なしでいかせてもらい
ます。
実際裏づける資料はあるんですが、
平日時間のない時に、軽く占星術関係
の記事を新規で書きたいと思うと、
とにかく今自分の自然に出てくる
言葉通りに書かせていただくのが、
手早いというだけの事です。

資料の裏付けがなくても、私が
そういうのだから、まあ信用しても
いいし、何かヒントなどあるかも
知れないと思った方だけ読んで
いただいたらいいと思います。

まず今回の雑記を書こうと思った
きっかけは、マトドモアゼル・愛先生
のブログを読んだからですね。
私はこれまで真実の月編の一連の
記事で、月という天体が、ネガティブな
エネルギーを人の意識にもたらして
いるという事を、あらゆる角度から
説明してまいりました。
もちろんこれは、まさに現在の多くの
占星術家の方々とは、全く逆の見方を
している事になります。

しかし、以前からの記事で、占星術の
大家でおられる松村潔氏が、月は意識に
制限をもたらすという解釈をされていた
という事を紹介していますし、また
同じく占星術界の重鎮ともいえる
マドモアゼル・愛先生も月は、本来の
エネルギーではなく、影のエネルギーで、
それを自分自身の本来のものとして
扱ってしまう事は、間違いだとブログや
本に書いてくださっているのです。
つまり私1人が月に対して、ネガティブな
解釈をしているのではなく、これだけ
の大家が裏付けてくださっているという
事をまず書いておきます。

で、私の月の解釈には、物理的なエネルギー
や、生命科学的な観点から、DNAの
プログラムという、とても斬新な見方を
加えてますので、難解である事も確か
でしょう。

まずは、占星術に、そういう物理的な観点を
持ち込む事を考慮に入れない占星術家の方も
多いと思いますからね。

ですが、私はいきなりブログで、占星術を
天体物理の観点から、説明し始めている
通り、占星術を真の意味で科学的に解釈
しようと試みてきました。その成果の
一つが私独自のサビアン占星術という事に
なります。

しかし、古来からの占星術は、天体物理
などの科学的観点と、占星術は同列の
ものとして扱われてきた事もあるので、
別に私だけが特別というわけでも
ありません。

で、そうそう今回は、雑記なんで、
いろいろと
前置きが長くなってはいけません。
今度マドモアゼル・愛先生のブログの記事を
取り上げて、新記事を書こうとしている
のですが、やはり月についての解釈は
私と同じく意識の制限という見方をして
おられます。
しかも今回の記事では、やはり月の物理的
観点から、解釈をされているのです。
その切り込み方は、私のこれまでの記事
とはまた全然別ですが、とても参考にも
なったし自分もそれを裏付ける知識を持ち
合わせているので納得させていただいた
という事です。

実は、先生は記事の中で、太古の月は真水
で月が、塩分を含んだ水分をもたらした
というエピソードを紹介しておられます。

つまり塩水は、人に引力による物理的な
制限を与えて、もとの真水の頃の意識を
封じ込めてしまったという事です。

私は、これまで、生命の神秘編でも
塩水を人体の生命エネルギーにとって
非常に大事だという事を説明してまいり
ました。だったら、塩水を肯定しているわけ
だから、先生と逆じゃねーの?と
ほとんどの方か思われますが、実はそう
ではないのです。月は生命エネルギーに
とって主体的なエネルギーを与えるもの
で、妊娠も出産も月のリズムに従って
いるという事をみなさんも理解して
おられるはずです。

つまり生命エネルギーとしては、確かに
月は必要不可欠なものです。

でそれと、塩水が有効なのが、なぜ関係
があるのか?

そうですここが大事ですね。
塩水は、生命プラズマと人体をつなぐ
ために、非常に有効に働くために非常に
有効なのです。
なぜなら生命プラズマエネルギーの循環に
よって我々は生きる事ができているわけで、
プラズマとは電気の元になるものです。
つまり生命としてのプログラムである
人体にとって、水に電気を通すために
塩分つまりミネラルが必要んなのです。

そうそうみなさんは、水がもしミネラル
を含まない真水であれば、電気も通さない
という事をご存知ない方もおられます
よね。そうです、真水は電気を通さない
のです。
だから人体と、電気によって活性化する
プラズマエネルギーは真水だとリンク
しないという事になります。

だから真水は体に良くない?
またそうでもないのです。
この当たりの説明から、ついてきて
いただいてるか心配になってきましたね。

えーときっと私の、下手くそな記事を
これまで軽々と読み込んでいただいた
天才の方々も、私は知っているので、
とりあえず進めましょう。

つまり月の生命プログラムに従って
いる意識レベルの人体だと、プラズマ
エネルギーと真水がリンクしない
という事なのです。
月のプログラムは、遠隔からのハイパー
コミュニケーションで、電磁気情報を
直接我々のDNAに届けるものだから
で、そのプログラムを伝える媒介
として塩水が有効だという事です。
だから血液も当然ミネラルを含んで
いて、しかも体全体に行き渡っている
という事です。その事は、
DNAの驚異の力編

真実の月編
の一連の記事で説明しています。

つまり月の生命プログラムに従った
意識レベルだと、塩水に生命プラズマ
をリンクさせる事で、生命エネルギー
が活性化するのですが、
月は生命プログラムでありながら、
意識の制限プログラムでもあるので、
それが月のもたらした塩水によって
生命プラスマとリンクする事によって
意識も生命も月のプログラムに従う
事になるという事です。

しかし、月のプログラムを意図的に遮断
して本来の意識レベルを活性化すると
それが、生命プラズマとリンクするよう
になるので、塩水が必ずしも必要で
なくなるという事なのです。
真水は月の生命プログラムを遮断
しますが、真水そのものものもプラズマ
なので、身体はやはり必要とし、月の
エネルギーを遮断した、高い意識で
生命プラズマエネルギーとつながる
というわけです。つまり高い意識は
自らプラズマエネルギーを生み出す
事が可能なため、真水のプラズマ
とリンクできるという事です。

で、また話が戻りますね(^▽^;)

塩水により生命エネルギーが発揮
されるのは、それは月のプログラム
に従うからです。
ですがそれは意識の制限をもたらす
という事でした。

つまりほとんどの人の思い込みとして
あるのが、生命エネルギーが高ければ、
意識レベルも高いだろうという事なの
ですが、実は意識レベルと生命
エネルギーは、基本的には逆に働く
のです。

そうですね、簡単な例をあげると
心肺停止や脳波ゼロの状態になって
肉体から離れた人の臨死体験では、
生命的には活動を停止しているのに
かかわらず、意識が覚醒したと、
多くの実例で紹介しています。

つまり生命エネルギーと意識レベルが
逆に働く証拠の大きな一つだという事
です。

だから、とても健康的だから、意識
レベルが高いとか、生命エネルギーが
強いから意識レベルも高いというのは、
かなり一般的な見方として多いと思い
ますが、むしろ基本的には逆である事
が多いのです。

基本的にといったのは、健康であり
ながら、生命エネルギーが強い状態で
ありながら、月のプログラムを遮断
する意識レベルであった場合、また
そのような意識レベルに意図的に高めた
場合は、健康体でありながら、当然
意識レベルも高くなるという事なの
です。
あと愛情、共感などの意識が高い
場合でも、同様に意識レベルが高く
なりますね。

では先天的に体が弱い人の意識レベルは
どうかというと、そういう意味でやはり
高い事が多いのです。

たとえば知覚過敏であったり、病弱で
あったりする人が、逆に超常能力を
発揮しやすくなったりするという見方を
する専門家もいます。

生命エネルギーの高い人は、毒性に対する
耐性が強いので、ネガティブなエネルギー
である化学物質やウィルスにより健康に
悪影響を及ぼされる事が、少なくなり
ますが、それは同時に月のプログラムに
強く従っているという状態でもあるので、
意識レベルは、逆に低いという事なのです。

逆に病弱であるとか、知覚過敏である人は、
ネガティブエネルギーに対して敏感で、
身体が大きく拒否反応を示しますが、つまり
それは月のプログラムというネガティブ
エネルギーに対しても、拒否反応を示す
ので、結果プログラムに意識が従わず、
意識レベルが高く、超常能力を発揮しやすい
体質にもなるという事なのです。

まあ今回の事は、とても重要なので、また
わかりやすい記事にしたり、この要素を
別の記事でも説明したりするので、無理に
わかっていただかなくてもご安心ください
ね。
なんせ雑記なので、私のコンセプトの一つを
軽く書いてみただけという事なのです。

 ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

占星術編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

        

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です