真理の統合編その1    真空とは無限の潜在エネルギーの事

この真理の統合編というのは、神秘
メッセージの記事に書かれている重要
な要素をさらに詳しくわかっていただく
ために、その大事な要素についてまとめ
ながら、さらに新しいコンセプトを
加えた、重要な記事を集めたものに
なります。
今度の週末に、新しい記事を投稿する
予定なので、そのヒントとなる記事を
アップしておきます。

さて私は、アイク氏やアニータ女史のように
絶対意識レベルに達したとは思いませんが、
ある時その最も高いレベルの絶対意識の
認識にアクセスできたような実感が湧いて
きて、そこから得られた認識は、なぜだか
究極の真理のように思えたので、裏付ける
ための研究を30年以上くらい続けて
きました。
そして振り返ると、その絶対意識の認識は、
やはり正しいという確信が得られるように
なったのです。
たとえば、アイク氏やアニータ女史が、
絶対意識ともいえる究極の意識レベルに
達して、得られた真理というのは、まさに
私が30年以上前に、突然得られたものと
根本的に同じだという事に気付いたのです。
また調べていくと、釈迦の言葉、太古から
の多くの賢人たちも、ほぼ似たような認識
レベルになっていたという事を知り、ブログ
で、記事にしていこうと思い立ったのです。
そしてこの真理の統合編では、真理の要素
をつなげていって、まとまった形で、
理解を深めていただこうと新しいカテゴリー
をつくったというわけです。

で今回は先日宇宙は全てまさかの真空です改
という記事で、私たちが物質として
捉えているものは、実は実体のない幻覚
であって、実際には、真空が全ての宇宙
があるだけという事を説明しましたが、
要するに物質という認識は、私たちの
五感だけが、勝手につくり上げたもの
だという事です。
なぜそれが可能かというと、宇宙全体に
行き渡る真空は、また無限のエネルギーの
宝庫でもあり、そこから生まれる電磁気
エネルギーのほんの一部を私たちの五感が
捉えて(キャッチして)物質世界という現実
を、いわば勝手につくりあげたからという
わけなのです。
(これはそうプログラムされたからという事
でもあります)
ですが、五感ではない科学的観測機器で、
調べると、どこまでも真空の世界だけが
広がっていき、それを素直に読み取った
量子物理学のジャンルでは、ついに物質は
主観によって初めて出現する仮想現実
だという概念が生まれたのです。
(五感ではない観測機器と書きましたが、
真実としては、五感の延長であるだけ
という事もまた確かではあります。
なぜならその機器の結果を数値化したり
イメージするのは、結局五感を通した
私たちの脳でしかありませんからね)

さてここで重要な事を一つ書いておかな
ければなりませんね。真空というのは
つまりは波動がゼロの状態で、そこから
無限の波動エネルギーが生まれるという
事です。
(実は、波動ゼロの状態では無限の
エネルギーが潜在的にあるのに、私たち
が感知・観測できていなかっただけで、
それが私たちの領域に移行してきただけ
なのです。)
よく私たちは、ネットでも本でも、波動が
高いという事が意識レベルが高いと聞か
されますが、それは意識が振動ゼロの状態
に近づく事で、高い波動を生み出したと
いう事なのです。
つまり高い波動は結果的に生まれたもので、
意識は低い波動に近づけば近づくほど、
高い意識レベルとなり、その高い波動を
生み出す事が可能となるという事なのです。
まあ単純に意識レベルが高いから、波動も
高いと言われれば、そう思いたくなるのも
無理はありませんが、意識と結果的に
生まれる波動エネルギーとをごちゃまぜに
してしまうと、到達したい真理の認識は
到底得られるものではありませんし、その
理解不足が、高い意識レベルに到達する
ためには障害となっているという事です。

マスコミの世界とは当然ネットの世界も
含まれるわけで、そこでも多くの人が
目にする情報には、誘導や虚偽のものが
多いという事を、覚えておかれた方が
いいでしょうね。
今の波動の事はとても重要なので、
理解の役に立てたのではないかなと思い
ます。

またこの事は太陽の本当の仕組みや姿を
理解するのにとても重要な概念なので、
また別の記事で説明します。

さて今回は、私たちの現実世界が、本当に
真空であるという事をわかりやすく説明
するための記事を、もう一度再掲載して、
みなさんに理解していだきたいと思った
わけです。

その記事とは真理のヒント編その2改     
真空だらけって、わかる方法 微加筆

です。

以下が元記事です。

わかりやすく説明させていただくのが
前半で、後半にはさらにこだわり派の
ための説明を用意してます。
こだわり派の方々には、ここからと
いう境界を、いいますので、かんたん
でいいという人はそこまで読んで
いただいたらいいと思います。

でもいきなり宇宙は全て真空だって
いってもピンとこない人のために、
まず私たちのいる現実世界が、ほとんど
真空である事をとーってもかんたんに説明
しますね。みなさんがまず空気と呼んで
いる空間にも気体分子があって、などと
説明されるから、なんだか物質だらけだと
思ってしまうのです。
これも誘導なんですけどね。
では逆に物質がほとんど真空でできている
としたらどうでしょう?
(これ実はほとんどの人の盲点になっている
事です)

つまり空気中に比較的、大きく離れた状態
で存在している気体分子さえ、真空で
あったなら、もはやどこに物質があるのかと
問わなければなりませんよね。

物質が全て原子からできているのは、ご存知
ですよね、もちろん先ほどの気体分子も原子
の集合体でしかありません。
では原子の内部はどうなっているかというと
原子全体のサイズに対して、10万分の1
のサイズの原子核があるだけです。
電子は?そうですね体積を量れるとしたら
原子核より、さらに小さいサイズですが、
電子は体積をもたない素粒子ともいわれて
いるので、ほとんど考えなくてもいいです。
どうしてもある事にしたい人は、じゃあ
原子核より小さいサイズで考えてもらえれ
ばいいです、ではそれでも物質の部分は
5万分の1以下という事ですね。どういう
サイズかといいますと、原子核は、原子を
東京ドーム全体に例えれば、パチンコ玉の
サイズが、原子核という事ですね。
では原子核に比べて、超広大な領域って
なんでしょうか?当然それが「真空」
だということなんです。
要するに、真空が物質の正体と言い換え
てもいいくらいに、ほとんど真空だと
いうことです。
みなさん学校でも成人してからも、その
原子核と電子以外の領域に目もくれない
ように教えられてきましたよね?
だから気づかなかっただけです。
それも誘導です。

「我々は真空を意識するように教えられ
ていない」

これが真実です。
この現実に気づくことができるのは、
思考を取りもどした人だけです。
誰かのいわれた事をうのみにして考え
たらそれは、あなたの思考ではありま
せん。その思考をあなたに吹き込んだ
人のものです。
だから取りもどす必要があるのです。
自分に思考を取りもどした人なら、
このくらいの事簡単に思いつきますし、
理解できるようになりますよ👍

さてこだわり派は、ここからも
引き続きお楽しみください。

「誘導されているなんて、そんな事
あるわけないだろ、ひねくれてる
だけじゃないのー?」

さーて、では今その証拠をお見せ
しましょう。
ご存知ウィキペディアといえば、
インターネットではメジャーなサイト
ですよね、疑問があればそこに尋ねる
人も多いでしょう。
実は、インターネットでもこのような
メジャーなサイトは、マスコミの一種なの
で、根本的な真理に関する事には、
「編集」「誘導」があるのです。
さてでは、そのウィキペディアで真空
のページから引用させていただきます。

「」内が引用です
「絶対真空とは空間中に分子が一つも
無い状態を示すが、地球の表面上の圧力
(1気圧)は100 kPa時に1 cm3中の気体
分子は0 ℃時で2.69×1019個も存在する。
人工に作り出せる真空状態は10−11 Pa
程度である。この圧力下でも1 cm3に
数千個の気体分子が存在することになる。
外宇宙と呼ばれる銀河と銀河の間でも
気体分子は存在するとされている。」

“出典:「ウィキペディア」様 
         「真空」

この文章まず、思考を取りもどした方
なら、どれだけ誘導されているか、もう
おわかりですよね。
地球上の空間の1立方センチの範囲に
気体分子が、かなりたくさんあるような
説明ですね。

で?それ以外の空間は?なにも説明して
おられません。私は、真空の領域を
尋ねているのですよ、分子の数を
聞きたいのではありませんよ。
つまり真空の部分を意識させたくないの
です。わかりますか?

じゃあそのとても多くある分子どうしに
すき間がないのですか、でもそれじゃ
液体か固体になってしまいますよね。
そうです、騙そうったってそうは
いきませんよ。それだけの数があっても
その分子全部足した体積よりも圧倒的に
それ以外の空間の方が領域が広いに
決まっているじゃないですか、つまり
地球上の空間の気体分子以外の圧倒的に
広い空間の領域は「真空」なのです。

それに地上の空気中の温度0度も誘導
なのわかります?温度が低いほど、
気体分子の数が増え、空気中の密度は
温度が高い時に比べて当然濃くなります。
地球上の平均気温は、15度程度だから
これもやはり誘導でしょう、気体分子の
数を多くみせるためです。

またこのあと人工的に作り出せる真空
のなかに、気体分子が数千個ってだいぶ
少なくなったと喜んでいる場合じゃない。
なにも完全真空の空間をわざわざ
つくらなくてもいいんですよ、そんな
事しなくても、ふつうに気体分子がある
状態でも、真空の領域が圧倒的に広い
ということさえわかればいいので、
しかもその気体分子も、原子の集合体
という事だから、原子がほぼ真空なので
分子も同じくほぼ真空です。
だからいくら気体分子があっても気に
なりません。
つまり、わざわざ真空状態を作ってくれ
なくったって、自然に真空だらけなん
だから、無理につくろうとしなくても
いいんですよ。

ですが、真空状態をなんとかつくろう
としているという表現にすれば、まるで
自然界に真空状態がないというように
錯覚してしまいますよね。なるほど
これも確かに誘導です。

ご安心ください、つくらなくてもすでに
我々のまわりは真空だらけですから、
ご心配なく。

またきわめつけは、銀河間の真空領域
ですが、当然完全真空だといえるくらい
希薄な状態である事が知られています。
しかも宇宙ではその銀河間が大半の
領域なのです、つまり宇宙はさらに
真空の領域が圧倒的だという事です。
そういってくれればいいのに、いうに
事かいて、またしても真空の領域の
事には全く触れずに、気体分子が
あるといわれていますですって。
これ誘導ってわかりますよねー。
しかもどぎつくあからさまなやつです。

また外宇宙っていわれているってわざわざ
言っているのも不自然です。その銀河間
の方が、宇宙では圧倒的に広大なので、
それこそ宇宙の主役の領域だといっても
さしつかえないのに、真空領域が広大な方
が、まるで脇役の領域のように言ってる
わけです。
これわかんないと、詐欺に遭いやすいので
気をつけてくださいねー。

さて思考力を取りもどしていただけたら
また次回をお楽しみに(^^)

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です💦

真理の統合編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

サビアン占星術的ハウスの解釈  第4ハウスについて


サビアン占星術的なハウスの解釈
シリーズは、今回第4ハウスになり
ます。

まずこのサビアン占星術解釈による
ハウス解釈のコンセプトをもう一度
おさらいしておきますね。

地球の自転と公転により、表現される
サイクルは、時間の間隔が違うという
点だけ除けば、公転のサイクルによる
12星座のサインと、自転のサイクル
によるハウスシステムで、同じ性質
のものとして対応するという事です。
そのコンセプトを利用してハウス
システムと、その対応する星座(サイン)
の性質やその支配星の性質をリンク
させて解釈しようという事なのです。

第4ハウスは家庭のハウスといわれ、
また両親、特に母親を象徴していると
いう事です。
家庭は、生まれ育った家庭と将来自分
で持つ家庭の両方を意味していますし、
ハウスは進行するごとに、だんだんと
意識の範囲が広がるので、第3ハウス
が、兄弟と隣人なので、
この第4ハウスで家庭全体に広がり、
さらに住んでいる地域などにも
関わってきます。

さてサビアン占星術的解釈としての
違いが出てくるのはここからです。

第4ハウスは、蟹座に対応していて
その支配星が月になります。
また水の元素(エレメント)に
なっています。また蟹座は陰の性質
でもあります。

多くの占星術家の方たちと、大きく
違うのが月を意識の制限とみている
点にありますが、宇宙は対称に
表裏一体の鏡のような性質が配置
されるという事を考えれば、その
対称に土星がありますので、土星
が社会的な制限という事で考えると
この月による意識の制限は、家庭
での制限、つまり責任という意味に
なります。ただ制限も裏を返せば、
その意識に強く結びつけられるという
事なので、月が家庭、そして土星が
社会に結びついた意識となるわけ
です。

しかも当然その意識での、自分の
役割という事で、月は家庭を築く
または守る力になり、土星は社会
での成功、地位、役割という力に
なるという事なのです。

さて第4ハウスは、だから自分の
意識の制限として働いたり、家庭
を築いたり、または家庭を守ったり
住んでいる地域、特に故郷での貢献
なども意味する事になります。

そして水が共感を意味するので、
家庭や身近な人との共感もここで
示される事になります。また共感
できるものもここで示されます。

また陰なので、守るという意識が
強くなり、家庭や共感する人達を
守るという意味になります。

また第4ハウスの意識の制限とは、
母体とのつながりという意味での
意味も強いので、幼少の頃から
身についた意識に縛られるという
意味もあります。

というわけで、私の第4ハウスの解釈
を簡単にまとめると

第4ハウスは、
家庭、生まれ育った家庭、新たに築く
家庭、共感、意識の制限、家庭を
守るという意識などを司る
という事
になります。

次回は第5ハウスについてです。

 

いつもありがとうございます(^^)

 

射手座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

かんたん毎日のサビアン12月19日


今日の太陽のサビアンシンボルは
射手座27度

「彫刻家」
です。

これはもちろんアートにも良いシンボル
ですし、コツコツと仕事をこなすという
意識にもつながります。

感情面を示す金星のシンボルが

山羊座29度
「お茶の葉占いをしている女性」
です。

これは穏やかで、豊かな日常で、ささいな
迷いや悩みの答えを、かんたんな占いに
たずねているというシンボルです。
自分を占いたいという気持ちと、豊かで
穏やかな日常の中での心の拠り所を
求める意識になるという事です。

知性とコミュニケーションを示す
水星のシンボルが

射手座15度
「自分の影を探すグランドホッグ」
です。

このグランドホッグが自分の影を
探すという事は、自分自身を投影できる
場所を探しているという事なので、
自己の内面への探究心があらわれて
いるという事です。

行動面を示す火星のシンボルは
昨日と同じく
蠍座20度
「二つの暗いカーテンを引いて
開ける女性」
なので深層心理に意識が向かうという
事です。
今日の水星によく似た象意です。

今日は、アートに適した日ですし、また
コツコツと仕事を、順調にこなせる
でしょう。
自分の内面奥深くみつめたいという気持ち
になり、占いに問いかけてみたくなるかも
知れません。

いつもありがとうございます(*^_^*)

かんたん毎日のサビアン 2019年12月分

かんたん毎日のサビアン一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ

射手座27度


今日の太陽のサビアンシンボルは

射手座27度
「彫刻家」
です。

これは昨日の射手座26度の旗手で、
危険にさらされながら自己の意識を
守り抜いた事で、つながってきて
いるのがよくわかるシンボルですね。
つまり自分の意識を彫刻などで投影
していこうという暗示なのがこの
シンボルという事です。
また山羊座の社会の影響を受け始めて
いるので、彫刻の世界で自由な意識
を活動させたいという事でもあると
思います。
今日はアートに向いている日でしょう。

対称の180度のシンボルは

双子座27度
「森から出てくるジプシー」
です。

これも直前の双子座26度が、
「森の中の冬霜」なので、見事に
森つながりになっていますし、
また意味もつながります。
つまり双子座26度で厳しい寒さ
に耐えた意識が、森を出て新天地に
向かおうとしているという事です。
これは、射手座のシンボルが、自己
の意識を彫刻に投影しているのに
対して、双子座のシンボルは、自己
の意識を、新しい環境に解放しようと
しているという点で対称的な暗示と
なっています。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは

魚座27度
「収穫の月」

乙女座27度
「お茶会をする高貴な貴婦人」
です。

魚座27度の収穫の月は、魚座26度
「影響を分割する新月」から、月の
影響を受けている事でつながって
いますが、個の生命としてのエネルギー
の影響だった26度の新月に対して
この27度では、生命全体に対しての
豊かな生命エネルギーとしての影響が
「収穫」という事につながっています。
これは、受け身としての月の意識の
投影なので、自己の意識を投影または
解放しようとしている今日の射手座と
双子座のシンボルの対称軸とは、逆の
エネルギーとなります。

乙女座27度のお茶会をしている高貴な
貴婦人は、乙女座が個人の完成の
エネルギーを持つため豊かな生活と地位を
手に入れていますが、さらに次の集合意識の
サインである天秤座の影響を受けて
お茶会をしているという事です。
もうすでに、豊かな生活を享受している
乙女座の貴婦人は、自己の意識を守ったり
投影したり、解放しようとせずに、豊かさ
に身をゆだねている状態なので、今日
のシンボルの対称軸とは逆のエネルギー
となります。

 

いつもありがとうございます(^^)

 

射手座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

あなたの天秤座16度


天秤座16度のサビアンシンボルは

「流されてしまった船着き場」
です。

このシンボルが太陽にある人は、
柔軟な対応力と感性を合わせ持つ
ような人になります。
そのためどの場所にいっても、柔軟
に対応できる力があります。
これはジャーナリストに必要不可欠な
才能です。
適職は当然ジャーナリストですが、
それ以外に、貿易商や商社などにも
適性があります。

異性は、同じく自由な性質の人が、
良い相性となります。お互いの性質を
理解し合えるという事ですね。

このシンボルが月にある人は、小さい頃
ら、気の向くままに行動する性質で、
大人になっても、基本は変わらず。
自由に生きる事がテーマとなるでしょう。

金星にある人は、複数の人と同時に恋愛
するような事もあるタイプです。
もちろんわきまえて、気持ちの上でと
いう場合も多いです。
また一人の人に、気持ちが落ち着くのは、
年齢が高くなって落ち着いてからという
事になります。逆にじっくり結婚を決めた
方がいいタイプです。
恋愛に関しては、やはりトラブルにだけ
はならないようにした方がいいでしょう。

土星にある人は、家庭運があまり良く
ありません。常に自分の落ち着ける
場所を求めるような人生になりやすい
です。また水に関する災害にも気を
つけた方がいいかもしれません。
ただ精神的な学びがあれば、運は好転
していく可能性が高いです。

いつもありがとうございます(*^_^*)

あなたの天秤座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ