光の球体から離れて再び下降するエベンさん!エベンさんの証言その7


前回エベンさんが、絶対意識のような存在
「オーム」から、叡知を授けられたという
事を紹介しながら、絶対意識と悪と愛に
ついてコアなところまで解説させて
いただきました。
今回はエベンさんの体験に落ち着いて、
紹介していきたいと思います。

まずは、「オーム」から授けられた叡知
の続きです。

また「」内が引用で、~から~までが中略と
いう意味です。

「私はその場所で、無数の宇宙に豊かな
生命が息づいているのを見た。~
~数限りない高次の次元があることも
知った。高次の次元は、その中へ入り、
直接体験するかたちでしか知る方法がない
こともわかった。低次の次元空間からは、
高次元世界は、知ることも理解すること
もできないのだ。因果の関係は高次元にも
存在しているが、この世界の概念とは
異なっている。
またこちらの世界で体験されている時間
空間は、いくつもの高次元に複雑なかたち
で、密接に織り込まれている。
言い換えれば、高次元の世界は、この世界と
完全に隔離しているわけではない。
あらゆる世界がそれらすべてを包み込む
神聖な真理の一部分を構成しているので
ある。
そして高次の世界からは、こちらの世界の
時間や場所に自由につながることができる
のだ。」

このあと彼は、この体験中に得られた知識は
、今でも彼自身の中にあるが、その知識を
ありのままに引き出すことができるわけでは
ないという事をいっておられます。
また世俗世界に戻ってきたいまでは、脳や
肉体により物理的な制約を経由しなくては
ならないからだともはっきり語られてい
ます。
さすがは、科学者であり、医者のエベンさん
なので、分析力が超一流ですね。
これは臨死体験者たちが、口々に体験した
事を言葉で表現する方法が見つからないと
いっているのとほぼ同じ意味ですが、この
ような表現だと、さらに理解が深まります。

「無数の宇宙に豊かな生命が息づいているのを
見た」というのは、生命の本質つまり意識の
事をいっているのです。このシリーズの
前回の記事でも書いたように、絶対意識から
分離してできた意識が生命の意識で、それ
自体多くの意識をさらに増やしていく性質を
持っています。

またこの高次元の世界には、多くのレベルが
ある事も理解できたという事ですが、
この領域になるとそれぞれの次元は空間で
仕切られているわけではありません、次元
の移行はもっぱら意識のレベルによって
なされるだけなのです。

また「低次の次元空間からは、高次元世界
は、知ることも理解することもできない
のだ」といっておられますが、これは訂正
が必要ですね、低次元の次元空間からでも
意識レベルがあがるだけで、その高次元
世界を知ることも理解することもできる
というのが正しいという事になります。
現に、エベンさんは臨死体験中に意識の
移行により、たくさんレベルの次元の
世界を経験することができましたから、
意識の移行と、空間の移行を混同して
考えているエベンさんの感性が、肉体の
ある状態でのフィルターにより、少し
ずれてしまっているという事ですね。

また「高次の世界からは、こちらの世界の
時間や場所に自由につながることができる
のだ。」といっておられることは正しい
です。高次元の世界というより高次の
意識領域といった方が正確ですが、高い
次元の意識になればなるほど、より
自由度が増すという事になります。
高い意識ほど創造的な意識エネルギーが
強くなるため、自分をどの状態のレベル
にも対応できるように変えていくことが
できやすくなるという事なのです。
だから絶対意識レベルになって全ての意識
になったからといって、そこに留まら
なければならないという事ではなくて、また
自由な意識として経験するために、自分
の分離した意識を創造し独立させて、
生命体などとして経験させる事も可能です。
ただ、うっかり我々の現在の地球の人類の
ように、絶対意識を忘却させられ、不自由な
人生に誘導させられる生命体として、再び
戻ってくるのは、少し考えものかもしれま
せん。
(これは私のサビアン占星術の解釈にも再三
出てくる土星や月のエネルギーのネガティブ
な干渉によるものです。)
ただこの場合でも、干渉エネルギーの影響を
あまり受けない意識レベルで、再肉体化
すれば、当然人生も大きくポジティブな
ものに変えられるでしょう。もちろんそれは
後天的に変える事も可能だという事です。

また別の時間軸では影響のない世界も
あるでしょうし、また時代も天体も
選べるので、そのあたりは高い意識に
なってから選べばいいだけの話です。
輪廻転生するような人は、そういう
仕組みがわからないレベルのまま、この
人生に戻ってくるという意識がほとんど
なのです。
これは肉体を離れた後も時間の固定観念に
縛られたままの意識だからという意味
です。

まあさらに別の生命の形態やら、無限に
あるので、書き切れませんね。
絶対意識は、全てと一体の意識ですが、
そこでは無限の意識とそれが投影する
無限の世界が全て共存しているので、
単純な一つではなくて、無限の種類の
世界が同時に存在しているものだと
いう事なのです。

さてこれまでは、彼が絶対意識の存在である
「オーム」から叡知を授かったという事
でしたが、結局彼自身はその絶対意識とは
分離した意識のまま下降していくことになり
ます。
今回は、その最初の部分を紹介して終わり
たいと思います。

「何かに引っ張られているような気がした。
~私はコアの世界を離れ、来た道を戻って
いた。眼下には大地が広がり、コアの輝く
闇が絢爛とした緑に溶けていった。下方には
、村の人々、木々やきらめく小川や滝が見え
、頭上には弧を描いて飛んでいるあの天使
に似た存在たちが見えた。連れの女性も
そこにいた。コアへの旅の間も、光の球体の
オーブになってずっと私のそばにいたのだ。
いまは再び人間の姿をしていた。~彼女に
会えたことが嬉しかった。彼女の存在に感謝
した。「いろいろなものを見せてあげます。
けれどもいずれは帰ってもらいます。」コア
の闇へ入っていくときに、言葉を使わずに
伝えられてきたメッセージが思い出された。
そして帰るということの意味が、そのときに
なって理解できた。
それは旅の出発地点の「ミミズの目」の世界
を指していたのだ。
再びその暗がりに降りていきながら、高次の
世界に何があるのかを承知していた私は、
もう以前のように狼狽することはなかった。
~泥。垂れ込めた闇。浮かんでは消えていく
無数の顔。上から垂れ下がる動脈に似た
木の根。そうしたものが、もうなんの恐怖
も呼び起こさなかった。自分はその場所
には属しておらず、ただ訪れるだけなのだと
-言葉には頼らずにすべてがわかる方法で-
わかったからだ。」
“出典:「プルーフオブヘヴン」
   エベン・アレグザンダー著
          白川貴子訳
          早川書房刊”

なんとエベンさんは、コアと一体になれ
ずに分離意識のままだったために、その
自分の意識の重みにより、低次元の
世界へどんどん逆行して、また地獄に近い
ような世界に戻ってきてしまったのです。
ただ、以前よりも意識レベルが高くなった
状態でなのですが、さてこの先エベンさん
がどうなるのか、興味津々の次回を
お楽しみに(^^)/

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です

絶対意識編一覧

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

「頭を使うか体を使うか」働く対称シンボル  オポジション16


今日はオポジション(180°)の
アスペクト(角度)を形成する、
サビアンシンボルをご紹介します。

オポジションを形成しているのが

牡牛座13度
「荷物を運ぶ男性」

蠍座13度
「実験をしている発明家」
です。

牡牛座といえば労働が好きなサインとも
いわれるのは、自分の五感を楽しむ
という目的意識が働くため、体を動かす
事自体が好きだという事でもあります。
そしてこちらが体であれば、対称的に
頭を使って働いているのが、蠍座13度
が発明家なのだという事です。
蠍座は微視的な探究心のあるサイン
なので、この発明家はとても適した
表現だと思います。

今回はシンプルな説明になりましたが、
オポジションという正反対の角度で、
見事に好対称のシンボルの配置である
というところがサビアンシンボルの
すごいところですね。
毎日のサビアンシンボルの解説で、
ほとんどその対称の意味で、180度の
サビアンシンボルが説明できている
のがその証拠です。
中でも明らかなものを、ご紹介して
いってます。
これで16例ですがまだあります。

ではまた(^^)/

よろしければこちらもお願いします(^^)/

サビアンオポジション編一覧

神秘のサビアンアスペクト一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ

かんたん毎日のサビアン12月4日


今日の太陽のサビアンシンボルは

射手座12度
「ときの声をあげる鷹に変化する旗」
です。

これは旗が、国家や集団、組織を象徴する
シンボルである事から、それを守る
ために、戦いの象徴である鷹に変化した
という事です。
つまり実行力を発揮したり、積極的にも
なれるという事です。

感情面を示す金星のシンボルが

山羊座10度
「手から餌をもらうアホウドリ」
です。

これは、人に頼っているという事で、
依存心があるという事を示しています。
金星に宿っているので、誰かに頼り
たくなるような意識が高まったり、
相談したくなるような気持ちになる
という事です。

知性とコミュニケーションを示す水星
のシンボルが

蠍座23度
「妖精に変容するウサギ」
です。

これは神秘的な能力を発揮できるような
暗示のシンボルです。
水星に宿るので、いつもより、勘が
さえたりして、思考力も高まります。
またいつも苦手な人とでも、うまく
やっていけるような感覚も得られます。

行動面を示す火星のシンボルは昨日と
同じく
蠍座10度
「親睦夕食会」
です。

これは、人との良い関係を築きやすく
なるという事です。

という事で今日は、積極的な行動力を
発揮できますが、反面依存心も高まって
誰かに相談をもちかけたりするかも
知れません。また初対面の人や、
これまであまりなじみのなかった
人とうまくいくようなエネルギーも
もたらされますし、また勘もよく
働き、頭脳明晰にもなりやすい日
です。

いつもありがとうございます(*^_^*)

かんたん毎日のサビアン 2019年12月分

かんたん毎日のサビアン一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ

射手座12度


今日の太陽のサビアンシンボルは

射手座12度
「ときの声をあげる鷹に変化する旗」
です。

これは旗が、国家や集団、組織を象徴する
シンボルである事から、それを守る
ために、戦いの象徴である鷹に変化した
という事です。
鷹は、ライオンが地上の王なら、空の帝王
のような格付けなので、征服欲の強い、
獰猛な攻撃性を持つ鳥だといえます。
これは男性的で、好戦的なシンボルだと
いえます。
守るために戦うのか、奪うために戦うのか
非常に大きな違いがありますが、この
シンボルでは、その区別はありません。
そもそも戦う事自体が、ベストな解決策では
ないので、これはある意味意識レベルが低下
したようなシンボルです。
ただし、現実的な力としては応用できて、
欲しいものを努力で手に入れたりする
のには、力が与えられるという事です。
つまり実行力や積極性が高まるという
暗示です。
もちろん、戦って獲得するというより、
努力して、またはイメージ力での
引き寄せで手に入れるという意識で
捉えた方がいいでしょう。

対称の180度のシンボルは

双子座12度
「生意気に自己主張するトプシー」
です。

これは、自分の意思表示をして、まわりと
対峙するという意味では、今日の射手座と
同じテーマですが、この双子座のトプシー
が「自己主張」によってまわりに影響を与え
ようとしているのに対して、射手座の
シンボルは、文字通り「戦う事」によって
自分の意思を表現しようとしているので
対称的です。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは

魚座12度
「新参者たちの試験」

乙女座12度
「ベールをはずされた花嫁」
です。

魚座12度の新参者たちの試験は、単に
会社の入社試験や、仲良し同好会への
参加資格を得るためのようなおだやかな
イメージは全くなく、もっと敷居の高い、
上流家庭や特権的階級の人たちの
「クラブ」とか、秘密結社などのような
イメージです。
つまりは、入るのに完全に従順な姿勢で
臨まなければならず、射手座のシンボル
のように戦ったり、双子座のシンボルの
ように自己主張するような事は、一切
許されないので、逆向きのエネルギーと
なります。

また乙女座12度のベールをはずされた
花嫁は、受け身の状態で、相手に自然体
の自分の身を預けようとしている姿なの
で、射手座のように戦って、獲得しようと
している暗示とは逆のエネルギーですし、
また双子座のように自発的に自己主張を
して、まわりとの対立も辞さない姿とも、
逆のエネルギーです。

 

いつもありがとうございます(^^)

 

射手座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

あなたの天秤座1度


天秤座一度のサビアンシンボルは

「突き通す針により完璧にされた蝶」
です。

このシンボルが太陽にある人は、
美意識や使命感のためにまっすぐ
生きる事ができるという暗示です。
つまり生きるという事が目的なのでは
なく、どのように生きるかがテーマに
なるという事です。

つまり自分が使命感を持ったり、美意識
を感じる事のできる仕事が向いていると
いえるでしょう。職人や研究家、芸術家
なども、天職になる可能性が高いです。

自分の美意識で選んだ人に対して常に
誠実な生き方ができるので、とても幸せ
な結婚生活を送る事ができるでしょう。

このシンボルが月にある人は、使命を
持って生まれたような人生になります。
もともとからある自分の使命感に従って
生きているような人物となりますが、
それによってどんな困難が、待ち構えて
いたとしても、心が折れる事はありま
せん。

火星にある人は、自分の目的のためなら
どんな事でもやり遂げるというような
強い性格を持つ人になります。

冥王星にある人は、自分の美意識や
使命感のために、死にたいとまで思う
ような人になります。そのため、自分の
望み通りの生き方をする事ができる
ようになります。
ただ美意識が自分自身を縛りすぎると
不自由な状態に自らを追い込む事に
なりますので注意ず必要です。

いつもありがとうございます(*^_^*)

あなたの天秤座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ