枠珍ナノ粒子を覆う致死的影響のPEGとLNP 生中継された接種直後の失神!

米ファイザー社の新型コロナワクチン
接種を受けた看護師が、シカゴ地元
テレビの生放送中に、接種後たったの
17分後に失神してしまったという
衝撃のニュースの動画が、世界中に
衝撃を与え、動画はあらゆる場所で
無数に保存されている事でしょう。

これは新型コロナワクチンが、致命的
な影響を与える化学物質や
ナノテクノロジーを含有している事の
何よりの証明です。

さて現時点では、消されていないその
動画は、こちら

あと今は観る事ができませんが、
この動画が出回った、翌日あたりに
出回っていた情報がこちらです。



つまり彼女は、なんと接種後
8~10時間後に亡くなっている
のです。

結局この後、いくつものごまかしの
情報が出回ってきたので、それも
取り上げますが、捏造だという事が
明らかで、フェイスブックは、翌日
から更新されず、のちに削除されて
しまった事で、新型コロナワクチン
接種のため、一日ももたずに、
亡くなったという事が確実だと
思われます。

さて動画は消されるかも知れない
という事で、すでにbitchute
で保存されているようです。

私も一応保存してみました。
もし上で取り上げた動画が全て
消されていたら、このをクリック
して、さらにリンク先をクリック
そしてその動画を開くという面倒な
3段階の手順を踏む事になります。
なんせyoutubeで投稿しても
必ず消されるでしょうから。

Video_20-12-
21_10-34-03

ただし、この衝撃のニュースから
1週間以上も無事な動画は、この私の
動画か、その上のbitchuteの
動画のどちらかだけでしょう。
bitchuteの動画では、接種の瞬間
は残ってはいませんが、私の保存した動画
では、接種の瞬間に一瞬彼女が嫌な表情を
するのをはっきりと捉えています。

さてごまかしのための情報が、この後
いくつも流れました。

次をご覧ください。


この情報が、三日後に出ましたが、
これをうのみにするほど、私たちは
馬鹿ではありませんよね。

これは失神した時の服装とマスクの
ままの看護師です。
いったん失神から目覚めて、容態が
安定したところを見計らって、すぐに
インタビューをしたのでしょう。

つまり、言い訳のために、さかむけ
でも失神するなどというわざとらしい
言い訳を彼女にさせたというわけです。

看護師もされているのに、さかむけでは、
失神しないでしょう。
まさにやりすぎなのですが、もしかしたら
気づいてもらいたかったのかも知れません。

そしてやはり、その後再び容態が悪く
なり死亡してしまったというのが
真相だと、観ています。

そしてまたまたやらせとか、情報操作に
必死だけど、テレビ局はともかく、
失神して苦しい言い訳をさせるシナリオ
は、完全に逆効果だし、そもそも
失神するとでも一瞬でもイメージ
させたら、支配層側の失敗なので
あり得ないでしょう。

ほらね

まだがんばって捏造してるみたいです。
替え玉は間違いないでしょう。

断言します、これは別人です。
似てないところを隠すために
マスクが大きすぎるし太りすぎ
だし、雰囲気も全然違いますね。

上の画像とこちらの画像ではっきりと
違いがわかります。
この画像は左が替え玉で、右が亡く
なられた看護師さんです。


目の色、大きさ、ひたいの広さ、
皮膚の色、顔の幅など、あらゆる点
で別人とわかります。

ごまかしのために、フェイスブックが
削除されたという事ですが、ツイッター
情報では、フェイスブックの彼女の
アカウントが、翌日から更新されてない
と大騒ぎになっていたのは知ってて、
sakuraさんと明日の世界さんが
消される前の画像を
キャプチャーしてくださってました。

右の画像は、おそらく工作員の細工
でしよう。
無事なら、翌日も普通に投稿するはず
ですし、それがなく、しかも削除
されたのだから、冒頭あたりで
貼り付けた家族のツイートが本物で
亡くなられたという事が事実だと
思います。

最後は明日の世界さんで決着でしょう。

これほど強烈に、新型コロナワクチンの
危険性を如実に語る動画はないはず
ですなので、捏造に必死なのでしょう。

あまりに早いこの死亡の原因として
考えられるのは、新型コロナ
ワクチンに含まれている事が
判明している超危険有害物質
PEGのせいだと思われます。

すでにPEGが、アナフィラキシー
ショックを引き起こさせる原因である、
という論文がいくつか公表されて
いるようです。この事は、あとで
取り上げますが、アナフィラキシー
ショックは、死亡する場合もある
事で知られる超重篤な副作用です。

接種後8~10時間後に死亡したの
なら、まさにそのPEGが原因と観て
間違いないでしょう。

またもう一つ、新型コロナワクチンには、
超有害なLNPという化学物質も含まれて
おり、それの影響も少なからずあったはず
ですね。

では新型コロナワクチンに含まれる
PEGという物質については、
以前の記事でも取り上げました。

『ファイザー社のコロナ・ワクチンには、
これまでのワクチンには全く使われた
ことがない危険な原料が使われている
からです。

モデルナ社のワクチンを含む、コロナの
mRNAワクチンは、ポリエチレン・
グリコール(PEG)と呼ばれる
合成化学物質が含まれ・・・

PEG由来の免疫反応を起こし深刻な
副作用が生じることが既に証明されて
おり、PEGの危険性が問題視されて
います。副作用の一例として、命に
関わる全身性のアレルギー反応が
生じる恐れがあります。
既に米国では10人に7人の割合で、
PEGに過敏に反応しています。』

“出典:「泣いて生まれてきたけれど」
様のサイト
知らないままでは取り返しのつかないことに
なる、人が人でなくなる
コロナワクチン
より ”

そして全身性アレルギーだけでなく、
死亡に至る可能性も高い、
アナフィラキシーショックもPEG
で引き起こす可能性があるという
事です。

その事をさてはてメモ帳様が取り
上げておられます。まずは
PEGが引き起こす健康被害に
ついての論文がすでに多数公開
されているという事から。
さてはてメモ帳様の記事から引用させて
いただきましょう。

『』内が引用で、~が中略です。


また、例によって、(商業上は)人体に
打っても「問題ない」とされているわけ
ですが、そんなことはありません。
ポリエチレングリコールとアレルギーの
問題だけでも、多数の論文が、検索に
かかります。

例えば

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27196817/

ポリエチレングリコールに対する
即時型過敏症:レビュー

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30557713/

ポリエチレングリコールおよび
ポリソルベートに対する即時型
過敏症:我々が認識している以上
に一般的

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31279466/ 

ポリエチレングリコールはIgE介在型
アナフィラキシーの原因である

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27999603/

アナフィラキシーの原因としての
ポリエチレングリコール

++
アナフィラキシーは、ショックで
ときには死亡することもよく知られて
いますね

これらのことは、以下の記事でも
指摘されていました

ファイザーの研究責任者:
Covidワクチンは女性の不妊化である 
Health & Money News
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/8c1518e410cc6e6925a8d5225a4316aa

BioNTech/PfizerのmRNAワクチンには
ポリエチレングリコール(PEG)が
含まれている。70%の人がこの物質に
対する抗体を発現する。このことは、
多くの人がワクチン接種に対して
アレルギー反応を起こし、致命的な
反応を起こす可能性があることを
意味している。』

“出典:「さてはてメモ帳」様の
サイト
ロバート・F・ケネディ・Jr.:
ファイザー社とモデルナ社の
COVIDワクチンナノ粒子は、致死性が
確認される可能性のある有毒化学物質
で被膜されている
より”

やはり、ワクチンの専門家で一流の
弁護士でもあるというロバート・
ケネディ氏が、新型コロナワクチンの
致命的な有害物質について暴露
しているようです。

なんとこのPEGは、-70℃に保つ
必要があるという事です。
つまり、この超有害な物質を活かす
ために、とてつもない超低温状態での
保管が必要だという事です。

その事を詳しく説明しているサイト
から引用させていただきましょう。
LNPについても説明されています。

ファイザーのコロナウイルス・
ワクチンが-70℃での保存を必要とする
衝撃的な理由…これまでワクチンに
使用されたことのない実験的な
ナノテク・コンポーネントが
含まれているため

2020年11月18日

マイク・アダムス


しかし、なぜこれらのワクチンは
そもそも-70℃に保つ必要があるの
でしょうか?

答えは、ワクチンにこれまで使用
されたことのない潜在的に危険な
成分が含まれているためです。

Children’s Health Defenseが8月6日
の記事で説明したように、
「Modernaワクチンを含むCovid-19
臨床試験中のmRNAワクチンは、
ポリエチレングリコール(PEG)と
呼ばれる合成化学物質を含む
ナノ粒子ベースの「キャリアシステム」
に依存しています。」

CHDはさらに次のように説明して
います。

薬物やワクチンでのPEGの使用は、
生命を脅かすアナフィラキシーを含む
PEG関連の有害な免疫反応の発生率が
十分に立証されているため、ますます
物議を醸しています。

アメリカ人の約10人に7人がすでに
PEGに感作されている可能性があり、
その結果、ワクチンの有効性が低下し、
有害な副作用が増加する可能性が
あります。

Covid-19用のPEG含有mRNAワクチンが
FDAの承認を得た場合、PEGへの曝露の
増加は前例のないものになり、悲惨な
可能性があります。~

(引用注:ここで取り上げられている
ナノ粒子は、LNPという脂質を
PEGで覆ったものだという事です。
LNPについては以下です。)

脂質ナノ粒子は体内で過炎症反応を
引き起こし、重度の反応、入院、そして
潜在的に死に至ります

これらのワクチンにLNP(脂質ナノ粒子)
が使用されているのはなぜですか?
CHDがさらに説明するように:

LNPは、「mRNA構築物をカプセル化して、
分解から保護し、細胞への取り込みを
促進し」、さらに免疫系を活性化します
(ワクチン科学者がLNPの「固有の
アジュバント特性」として飼いなら
している特性)。

言い換えれば、LNPはアジュバント
であり、注射されると人間に
過炎症反応を引き起こすように
設計されていることを意味します。
これは、抗体の作成を誘導するために
行われ、ワクチン製造業者は、
まったく同じアジュバントが重篤な
副作用を引き起こした場合でも、
高い「有効性」率を主張できるよう
になります。』

“出典:「黄色いベストと日本・
世界革命」様のサイト
ファイザーのコロナウイルス・
ワクチンが-70℃での保存を必要
とする衝撃的な理由…これまで
ワクチンに使用されたことのない
実験的なナノテク・コンポーネント
が含まれているため
より”

つまり、新型コロナワクチンに
よって抗体ができるのは、もっぱら
これらPEGやLNPという
超有害物質に対してのもので、
新型コロナウィルスに対しての
抗体などではないのに、有効性を
示すという事にされてしまうよう
なのです。

ふざけた話ですが、冒頭の看護師の
方のように、接種直後に失神から
死亡にいたるケースは、新型コロナ
ワクチンが、接種される限り、
爆発的に発生するのは、間違い
なしというわけですね。

そしてこのような危険な新型コロナ
ワクチンを日本政府は盲目的に
承認するようですので、絶対に
接種を拒否するしか、我々の安全を
保証する道はないという事ですね。

ではまた貴重な情報を記事にして
いきます!

ツイッターアカウントが停止に
なった場合は、こちらで発信を
続けます。
GabというSNS
https://gab.com/anmin/following

それから、現在ツイッターから
アクセスしていただいてる方が
多いと思うのですが、ツイッター社
が存続の危機という話があったり、
または、私のアカウントもいつ停止
になるかわからないというような話も
持ち上がってきたようなので、
念のため今回のような記事を一覧で
掲載してるページをブックマーク
していただくとありがたいです。
わりとひんぱんに更新している
カテゴリーです。

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です