無から有が生まれる!?物質化現象の事例 その2


前回何もない空間から、塩が降って
きたなどの超常現象について
マイケル・タルボット氏の著書から
紹介させていただきましたが、
あらゆる超常現象について、科学的
考察をしていく、同氏の著書は物理学者
も参考にしたりしているようです。

またタルボット氏自身も幼少時から
多くの超常体験をしてきていて、
それをまた著書に書いておられますので、
引用させていただこうと思います。

これもまた無から有が生まれる、物質化
の事例です。

前回の記事の続きからという事で、
ワトソン氏の体験した事を引き合いに
出しておられます。

「」内が引用で、~が中略です

「前書きの中で私は、この本で述べていく
超常現象の多くは私自身にも直接体験が
あり、それもいくつか披露していきたいと
書いた。
そろそろ私も告白すべきときだろう。
ワトソンがインドネシアの小さな小屋で突如
として起きた念力の数々を目撃したときの
気持ちは、私にもよくわかるのだ。
というのも、私が子供のころ家族が新しく
引っ越した家(両親が自分たちで建てた
新築の家)が、ポルターガイストの舞台
となったからである。この家で起きていた
ポルターガイストは、私が大学に行く
ために家を離れたときも私についてまわり、
その現象がどう見ても明らかに私の気分に
結びついていたことから(わたしが怒って
いたり落ち込んでいるときには、その現れ方
も悪意に満ちており、明るい気分になると、
気まぐれで茶目っ気のある現象が起きる)、
私自身も、ポルターガイストというものは、
まわりでその現象が最も頻繁に起きている
人間の無意識レベルの念力能力の現れである
という考えをいつも受け入れてきた。

(マイケル・タルボットさんは原著で、
subconciousという言葉、
つまりサブコンシャス=潜在意識と
いっているので、これは訳者の方の誤訳
と考えて良いと思われます。
以前にも書いたように無意識と潜在意識
では大きな意味の違いがあり、この場合
は潜在意識という方が理に適っている
という事です。)

私の感情とこの結びつきは頻繁に目にする
ことができた。気分がいいときには、
朝目覚めると靴下が全部、部屋にある
観葉植物の葉の上にぶらさがっていたり
する。暗い気持ちに襲われているときは、
小さな物が部屋の中を飛んだり、ときと
して物を壊したりするようなかたちで
ポルターガイストが現れる。
私自身も、そして家族も友人も、かなり
広範囲にわたる念力現象を目にしてきて
いる。母によれば、私がまだよちよち歩き
の幼児だった頃から、食卓の真ん中に
あった鍋やフライパンがわけもなく飛んで
きて床に落ちる現象がすでに始まっていた
らしい。これらの体験については、拙著
『量子を超えて』の中で一部紹介した
ものもある。
私は軽い気持ちでこの告白をするわけでは
ない。ほとんどの人の体験と比べて、
こういった出来事がいかに常識とかけ離れ
ているかわかっているし、一部では懐疑的
な見方をされるであろうことも充分理解
している。にもかかわらず、この話を
しなければと私が感じるのは、このような
現象を理解しようとすることはきわめて
重要であり、「臭いものにはフタ」式に
目をそむけているだけではいけないと
考えるからなのだ。
ここまで語ることができても、私自身の
経験したポルターガイストがときには
物質化現象を伴っていたと認めるには
やはりまだ勇気がいる。この物質化
現象は私が6歳のときに始まったの
だが、夜中に砂利の雨を降らせるという
ものだった。その後、磨かれた小さな
小石、そしてよく砂浜から打ち上げられ
ているような角が丸く落ちたガラスの
破片の雨が、家の中にいる私に浴びせ
かけられるようになった。
ごくたまにではあったが、硬貨、
ネックレス、その他もろもろの小物が
物質化してくることもあった。
残念なことに、たいていの場合、私が
目にするのは物質化現象そのものでは
なく、その結果だけである。

(引用注:科学の公式見解というものが、
あるからこれだけ控えめなのか、厳しく
現実を捉えようとしているからなのか、
このように神秘的なジャンルの研修家は
わりと厳しく物事を捉える傾向にあるよう
です。そういう意味でこのタルボット氏
も同じく、厳しい見方をされていますがね
この場合、物質化現象そのものを目にして
いると私なら即座に判断します。
おそらくなにもない空間から予兆とともに
物質があらわれた場合、ようやく物質化
現象の過程を目にしたといいたい事の
ようですが、そもそも私たちの認識して
いるような物質の現れ方ではないので、
経過という時間の感覚そのものを取り
払って考えるべきだという事だと思い
ます。つまり突然物があらわれたという
事を物質化現象としてもなんら問題
ないという事ですね。)

たとえば、ある日ニューヨークの
アパートで昼寝をしていると、胸の上
にスパゲティが(ソースは無しで)
ばさっと落ちてきたことがあった。
そのとき部屋にいたのは私ひとりで、
他には誰もいないし、窓もドアも開いて
おらず、誰かがスパゲティの麵をゆでる
、あるいは私にスパゲティを投げつける
ために部屋に入ってきたという形跡も
なかったことから、理由は不明だが、
空気中から現れてわたしの胸に落ちて
きた冷たいスパゲティについては、
どこかで物質化したものと考えざるを
えない。
しかし物質化して現れてくるのを実際
に見たことも何度かあった。たとえば、
一九七六年のことだが、私が書斎で仕事
をしているとき、ふっと見上げると、
天井の10センチほど下の空間に茶色
の物体が突如として現れるのが見えた。
ぽっと出現するとただちにそれは鋭い
角度で方向を変え、私の足もとに
落ちた。拾ってみると、それはもとは
ビールの瓶に使われていたような茶色の
ガラスの破片の漂流物だった。
何秒間も続くような塩の雨ほど壮大な
ものではなかったが、この出来事は、
そのようなことが起こりうることだけは
教えてくれた。」

“出典:「投影された宇宙」
    マイケル・タルボット著
      川瀬 勝 訳
         春秋社刊 ”

マイケル・タルボット氏自身の
超常体験については、上にも書いたように
「量子を超えて」という本ですが、これは
原著しかないため私はその原著を購入
しております。
正式には
「BEYOND THE
      QUANTUM」
 MICHAEL TALBOT著
BANTAM NEW AGE
         BOOKS刊”
というもので、以前の記事
マイケル・タルボット氏の体外離脱体験     
で引用に使わせていただいて、タルボット氏
の体外離脱体験をご紹介しました。
結局超常現象を体験しやすい人という
のは、いろんなレベルでの超常体験を
する事が多くて、タルボットの
パリエーションも相当豊かなものとして非凡
です。
つまり高次元へのゲートが、自身に開かれて
いるので、そういうあらゆる超常体験を
しやすいという事なのです。

特に幼少時から少年時代にかけて、
タルボット氏は今回のようなポルター
ガイスト体験をそれこそ無数にしている
ようです。
これは、まだ表面の顕在意識でコントロール
できないレベルで、潜在意識が自分とは
別のもののように働き、あらゆる超常現象
を引き起こしていたということのようです。

ですが、自分の意識でないわけではなく、
表面で自覚できる意識ではないというだけ
の事です。
そして面白いのが、そのようなポルター
ガイスト現象は、タルボット氏自身の感情
に、とてもよく反応し、その感情によって
ポルターガイストの性質も、それに合った
ものになるという事です。
私たちは、感情の事を知性より劣ったもの
のように捉えがちだし、そのように誘導
されてもきましたが、もっと高いレベル
の領域でいえば、左脳を中心とした知性
よりも、感情の方がより高次元の領域に
及ぼす影響力が強いという事の証拠でも
あると思います。

それにしても砂利の雨が降ってきたり、
スパゲティが落ちてきたり、やたら
いろんなものが、タルボット氏のまわり
に物質化されて現れてきたという事が
今回わかったわけですが、これは、
つまり潜在意識の領域の力により、
いくらでも因果関係を無視して、物質
が生まれるものだという事を示して
いるという事です。
そしてまたそもそも私たちの現実は
意識の産物でしかないわけであり、
そうなるとレベルによってはいくら
でも物質を生み出したり、また打ち
消したりできるという事でもあり
ます。

さてそのような物質化を引き起こす
事で有名な、インドの聖者サイ・ババ
については次回の記事で取り上げる
事にします。

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

意識と思考と覚醒編一覧

超意識編 一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です