現実とは、自分で創り出したイメージの投影  


この記事は昨日投稿しました
現実そのものを創造できる少女
という記事の続編にあたります。

前回の現実自体を変えられる能力
という記事は、私たちが日々確実に
機能していると思い込んでいる
現実感覚がどれほど確かなものか
考えさせられる実例でした。
実際に私たちは、目の前にある
ものが、絶対的な現実であるといい
切れるのか?これまでご紹介した
超常現象や臨死体験事例などは、
私たちが、現実のほんの一部しか
捉えていない事を示唆してくれる
ものでした。
その私たちの現実感覚をまたしても
揺るがす事例をご紹介しましょう。
幼少の頃からポルターガイストなど
の神秘体験とともに育った、
マイケル・タルボット氏の著書から
引用させていただきます。
これは昨日の記事でご紹介した
森を出現させる少女の実例の
あとに続いた部分です。

「」内が引用で~が中略です。

「一九七五年、ミシガン州立大学の
四年生だったとき、私もこれと同様の
、現実感を根底から揺るがすような
深遠な体験をしたことかある。
そのときわたしは、ある教授と
レストランで夕食をともにしながら、
カルロス・カスタネダのさまざまな
体験の哲学的な意味について語りあって
いた。特に話題になっていたのは、
『呪術師に成る』(二見書房、一九七四)
の中でカスタネダが述べていたある
出来事だった。
ドン・ファンとカスタネダは、ある精霊
を探し求め、夜の砂漠を行くのだが、
そこでふたりは仔牛のような外見であり
ながら、狼の耳と鳥のくちばしをもった
生き物に遭遇する。その生き物は体を
丸め、断末魔の苦しみにあえいでいるか
のような叫びをあげていた。
 最初はカスタネダも恐怖に駆られるが、
自分の目にしているものはとても現実
ではありえないと自分自身に言い聞かせる
と、彼の視覚は変化し、この死にやく
精霊が、実は地上に落ちた木の枝が風に
震えている姿であることを悟る。
カスタネダは勝ち誇ったようにこの生き物
の真の姿を指摘するのだが、いつものように
この年老いたヤキ・インディアンの
シャーマンはこれを頭ごなしにこきおろす
のだった。カスタネダに対し彼はこう
言った。
この木の枝は、力に満ちていたときには
実際に死にゆく精霊だったが、カスタネダが
その存在に疑いをもった瞬間、それは木の枝
に変容してしまったのだ、と。しかし、
ドン・ファンはこのどちらも現実であること
には変わりがないとも強調する。

教授との話の中で、私は二律背反的な現実が
どちらも現実として存在できるという
ドンファンの主張にはどこか惹かれるものが
あり、この考えによって多くの超常現象が
説明できるような気がしてならないと
言った。
この話をしたすぐ後に私たちはレストランを
出たのだが、晴れわたった夏の夜だった
ので、ちょっと散歩でもしようということに
なった。
話を続けながら、私は前を歩いている数人の
グループに気がついた。耳にしたことのない
外国語で話していて、騒がしく声を上げて
いたので、かなり酔っているように見えた。
また、そのなかの女性のひとりが緑色の傘を
もっていたが、雲ひとつない夜空だったし、
雨が降るとも聞いていなかったので、なにか
変な感じがした。
 私たちは、ぶつからないように歩くペース
を落としたのだが、そうしているうちに、
突然この女性は手にした傘をぶんぶんと
乱暴に振り回しはじめた。傘は空中に巨大な
円を描き、ぐるぐるまわるその先端は、
何度か私たちの鼻先をかすめそうになった。
私たちは、歩く速度をさらに落とした
ものの、このパフォーマンスは私たちの
注意をひくためのものであることが明らか
になってきた。そして、私たちの視線を
自分の行為にしっかりと釘付けにしたこと
がわかると、彼女は両手でこの傘をもち、
頭の上にかざすと、私たちの足もとに
投げつけてきたのである。
 いったいなぜそんなことをするのか
不思議に思いながら、私たちはふたりとも
あっけにとられてその傘を見つめていたが
、次の瞬間、目をみはるようなことが起き
はじめた。
この傘が、まるで消えかかっている
提灯の炎のように「明滅する」としか言い
表しようのない状態になったのだ。
そしてセロハンをくしゃくしゃにしたとき
に出るような、バリバリという音をたて
ながら、目を奪われるような色とりどりの
まばゆい光を発すると、先端が曲がりだし、
色が変化して、灰色がかった茶色の
ふしくれだった棒きれにその姿を変身
させてしまったのである。
私はただ呆然として、しばらくは口も聞け
なかった。教授のほうが先に口を開き、
明らかにショックを受けた静かな声で、
たしかにこれは傘だと思ったのに、と
言った。
何か尋常でないものを見ましたかと
聞くと、彼女(引用注:教授が女性
だという事です。)はうなずいた。
ふたりでそれぞれ何が起きたかを書き
とめてみたが、内容はぴたりと一致
していた。
違いらしい違いと言えば、教授の
ほうは、傘が棒きれに変容したとき、
「ジュージュー」という音がしたと
書いていたことだが、これもセロハン
をくしゃくしゃに丸めるときの音と
そうひどく異なっているとは言え
なかった。~
~教授も私も、傘の不思議な変身に
完璧に目を奪われてしまい、やっと
落ち着きを取り戻して何かたずねよう
としたときには、すでに彼女らの
姿はどこかに消え去っていた。
いったいなぜこのような事件が
起こったのかはわからないが、ただ
ひとつ言えるのは、カスタネダの
同様の体験を私たちが話し合って
いたことと関係があるのは明らか
だという点だけだろう。」

“出典:「投影された宇宙」
    マイケル・タルボット著
      川瀬 勝 訳
         春秋社刊 ”

これは現実自体を変えられる超常能力 の記事
でご紹介した事例に似た事例を、著者で
あるマイケル・タルボット氏自身が、
体験した事を紹介しているわけですが、
まさに幻覚のようにも見えますが、
本人達にとっては明らかな現実であった
というわけです。
これは催眠効果に似ていなくもないよう
に思われる方もいるかも知れませんが、
私たち自身が、一種の催眠効果で、現実
を捉えているともいえるわけです。
この事は、「五感にもレベルがあります」
シリーズの一連の記事をご覧になれば、
よくわかっていただけると思いますが、
要するに、とてつもなく狭い領域の
五感の感覚が、現実の全てのように錯覚
しているのは、我々自身が催眠状態に
あると言い換えてもかまわないからです。
つまり我々は、感覚のみで現実を把握して
いるので、現実だと感じられたという事
であれば、それもまたれっきとした現実
であるという事なのです。

我々は五感の現実を共有しているから、
やはり確固とした現実感覚を持って
いるのですが、それは、あくまでも狭い
五感の領域の範囲内での事です。
その感覚からして、これはあり得ない
と思えても、この事例もやはり複数の
人間のれっきとした共有感覚なのです。
つまりこのケースを現実だといっても、
共有感覚という意味では、確かなもの
だといえるわけなのです。
つまりわれわれが、前回と今回のような
超常現象的な現実を共有すれば、または
それを感じられるか理解できれば、
やはりれっきとした現実であるという
事になるというわけです。

今回の記事のような事例を見て、私たち
は、現実についてもっと感性を広げて
捉えるようにしなければならないという
事がいえると思います。
というのも、このマイケル・タルボット氏
と教授が、カルロス・カスタネダの幻覚の
ような現実の体験について、語り合って
いた後で、散歩をしている最中に似た
ような現実に直面したという事に大きな
意味があるのです。
しかも、そのマイケル・タルボット氏ら
二人の遭遇したものが、やはり最終的に
似たものに変容してしまったというところ
まで似ているのです。
カスタネダの体験では、化け物のような
姿をしていた獣が、木の枝に変容して
しまったのに対して、タルボット氏の
方は、まばゆい光を発していた傘が、
ふしくれ立つた棒きれに変容したと
いう事ですが、この木の枝とふしくれ
だつた棒きれは、あまりにも酷似して
いますよね。
つまりタルボット氏の会話を聞いている
はずもない通行人が、カスタネダの体験談
と同じ様な現象をしてみせるというのは、
単なるシンクロを越えたつながりがある
事も示しているのだろうという事なの
です。
まるで、高次の存在が、真実を
タルボット氏に教えるために、その
ような現実を創造してみせたようにも
見えるし、またタルボット氏と教授が
共有している大いなる一つの自分が、
カスタネダの体験談に見合う現実を
創りあげたのだという見方もできます。

私たちは、現実についてこのような
あらゆる事例をひもといていく事で、
固定観念や先入観をどんどん取り払って
いくべきなのだろうと思います。

またマイケル・タルボット氏自身、
このような超常現象に会いやすい人物
だという事を説明しておられますが、
それについては、また続きの記事に
書かせていただきます。

ではまた(^^)

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です💦

意識と思考と覚醒編一覧

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

豊かな交流の場としてのつながり  サビアンオポジションその8

表裏一体の対称的なアスペクトなのが
オポジションつまり180度です。
サビアンシンボルが、そのままの意味で
オポジションのアスペクトを形成して
いる事を示す良い例が、このイラスト
のシンボルです。
どちらも生活が豊かである事の象徴
ですね。
しかもなんと大使館の舞踏会の準備とも
とれるのが
牡牛座12度の
「ウインドウショッピングをする人々」
で、そしてその本番にあたるのが、
蠍座12度の
「大使館の舞踏会」という事になる
ので、まさしく表裏一体で対称的な
アスペクトをサビアンシンボルが形成
しているというわけです。

蠍座12度のシンボルでも解説して
いますので転載しておきますね。

蠍座12度
「大使館の舞踏会」
です。
これは、この二つ前の蠍座10度の
「親睦夕食会」に似たシンボルですね。
もちろん豊かな人間関係を暗示して
いますが、こちらはどちらかというと
上流階級の交流という意味が強くなり
ます。
また大使館での交流である事から、
より公式的な場という事です。
社交界という言葉がぴったりですね。
これは、裕福な富も暗示していて、
幸運という意味もありますが、少し
精神的な開放感が不足しているよう
です。

対称の180度のシンボルは
牡牛座12度
「ウィンドウショッピングをする人々」
です。
これは裕福な状態を示すシンボルで、
またそういう豊かな人々との交流も
示しています。
つまり生活が豊かな人々同士の交流
という意味で、今日の蠍座のシンボル
と同じですが、蠍座のシンボルが、
上流階級の公式の場での交流なのに
対して、この牡牛座では、豊かな人々
との私的な交流という事で対称的です。

という事で、舞踏会の準備として、服など
を買い込んでから、本番に臨むという
見方もできますので、イメージしやすい
オポジションの対称シンボルどうしだと
いう事ですね。

今回はセプタイルのアスペクトでは
めぼしいものはあまり見つかりません
でした。

ではまた(^^)

よろしければこちらもお願いします(^^)/

サビアンオポジション編一覧

神秘のサビアンアスペクト一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ

かんたん毎日のサビアン8月14日


今日の太陽のサビアンシンボルは

獅子座22度
「伝書鳩」
です。

これは、人とのコミュニケーション
を表しますが、わりと距離がある関係の
人との共感を意味しています。
離れてくらしている肉親や、友人、恋人
とのコミュニーションがうまくいく
という暗示です。
もちろん普段気の合わない人と、うまく
いく可能性もあるという事です。

ほぼコンジャンクションにある
金星のシンボルは

獅子座21度
「中毒した鶏」
です。

これは、感情的な面を金星が司る事から
冷静になる必要があるという事です。
豊かな感情は、いいものですが、
ネガティブな感情が、止まらなくなる
ような暗示になるので、とにかく冷静
でいる事が大事だという事です。
今日の太陽のコミュニケーションと
合わせて考えると、冷静でないと、
そのコミュニケーションもうまくいかない
という事でしょう。
とはいっても金星もシンボルの終盤に
あたるので、やはり遠い場所にいる
人々などとのコミュニケーション
に適した日である事には変わりがない
という事です。

行動面を示す火星のシンボルは

獅子座28度
「大きな木の枝にとまるたくさんの小鳥」
です。

これは寄らば大樹の蔭という感覚のシンボル
です。つまり多数決に従う方が良い、または
長いものには巻かれろのような感覚で行動
するのが吉だという事です。
つまり今日は無理な自己主張や単独行動には
注意が必要だという事でしょう。

今日は帰省などをされている人も多いと思う
まので、まさしく今日の太陽のシンボルは
最適なものになっています。
ひさしぶりの会話をなつかしむのに良い日
でしょう。
もちろん自己主張は控えめにした方が良い
と思います。

ではまた明日(*´▽`*)

いつもありがとうございます(*^_^*)

かんたん毎日のサビアン 2019年8月分

かんたん毎日のサビアン一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ

獅子座22度


今日の太陽のサビアンシンボルは

獅子座22度
「伝書鳩」
です。

昨日中毒だった鳥が今度は機嫌よく
飛んでいます。理由はとてもわかり
やすいですね。
昨日は自然の恩恵を個人のエネルギー
としてだけ受けようとしたことで、
中毒症状を起こしたのに、こちらの
鳩は、人の役に立つ事で元気を回復
したということなのです。
これは、人とのコミュニケーション
を表しますが、わりと距離がある関係の
人を結ぶという暗示です。
離れてくらしている肉親や、友人、恋人
とのコミュニーションがうまくいく
という暗示です。
意識的な距離が近ければ、本来距離は
問題ないものです。
それにこれは、お盆で帰省している
人達にとってもありがたいシンボルと
なっていますよね(^^)/

対称の180度は

水瓶座22度
「子供たちが遊ぶために床に
敷かれた布」
です。

これはまた、昨日の水瓶座の幻滅した
女性から立ち直り、童心に帰って遊んで
いる様子を示しています。
やはり大人になって、イメージに執着心
が出てくると、感性が曇りがちになり
精神的にも病んできますが、こちらでは
世の中を若い感性で受け取り、そのまま
元気に変えている子供の姿が描かれて
います。
今日の獅子座とくらべて、どちらも元気
を回復している姿ですが、獅子座が自らの
役割に徹することで元気を取り戻したの
に対して、水瓶座は童心に帰ることに
よって元気を取り戻しているシンボル
というところが対称的になってています。

逆向きのエネルギーの90度は

蠍座22度
「鴨に向かって進み出るハンター」

牡牛座22度
「荒れた水の上を飛ぶ白い鳥」
です。

これぞサビアンシンボルの神秘ともいう
べき配置になっていますね。
90度が逆向きのエネルギーであることを
どちらのサイドでも、正確に描写してい
ます。

蠍座22度のハンターは、鴨の生命を
狙っていますが、鴨は鳩に比喩として
置き換えることができて、そのまま
獅子座の安全に飛んでいる伝書鳩に
対しての逆エネルギーになります。

また水瓶座のシンボルの守られた
状態にある子供たちに対しても、
生命の危険を示すこの蠍座のシンボルは
逆向きのエネルギーとなっています。

さらに牡牛座22度の荒れた水の上と
いうのは、天候の悪い海上を暗示して
いて、これも伝書鳩の飛ぶ行動に対して
逆向きのエネルギーになっています。

もう一つの水瓶座22度のシンボル
の安全な布の上で遊ぶ子供たちに
対しても、
牡牛座22度の荒れた水の上という
危険な状況は、やはり逆向きの暗示と
なっています。

 

いつもありがとうございます(^^)

 

獅子座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

あなたの双子座9度


双子座9度のサビアンシンボルは

「矢で満たされた矢筒」
です。

このシンボルが太陽にある人は旺盛な男性
エネルギーがあります。もちろん生命
エネルギーも同様に、強いものがあります。
特に若い間のエネルギーは、他を圧倒する
ほどのエネルギーを持つ人が多いでしょう。
また行動力にあふれ、いったん動き出したら
矢のように止まりません。ですので、あまり
考えずに行動すると、あさっての方角に行動
してしまっているということもあります。
恋愛も相手に対して、積極的であり、また
ライバルがいても、自分が引く事を考えま
せん。それは仕事に対してもいえることで、
誰もが敵にしたくない相手と思うこと
でしょう。ですが、まわりの空気を置き去り
にして孤独になったり、敵を余計につくって
衝突することが多くなるなど、損をすること
も多い性質です。
自分をコントロールして、未来設計をきちん
として進む事を覚えられるかどうかが鍵と
なります。
適職は、実業家、自営業、営業職、評論家
などになります。

このシンボルが月にある人は、前に進む
事ばかり考えているような超積極的
タイプです。ただしあまりまわりが
見えてない事も多いので、人のアドバイス
に素直に耳を傾けた方がいいでしょう。

火星にある人は、行動力がさらに強まり、
また狙った異性をどんどん落とそうとする
ようなプレイボーイになる事も多いです。

土星にある人は、社会の中で自分をコント
ロールすることを覚えないと、傷害事件
などを起こしてしまうような事もある
かもしれません。

いつもありがとうございます(*^_^*)

あなたの双子座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ