安心のヴィヴァルディと無名の音楽家バルサンティ  バロック46


今回はまかせて安心のヴィヴァルディから
3曲立て続けにどうぞ

A.Vivaldi concerto per cello
in do min RV 402 : solista Luca
Fiorentini,Orchestra Offerta
musicale

Antonio Vivaldi: Concerto for oboe,
strings & b.c. in C major –
Op. 8 n. 12 (RV 449)

Vivaldi: Concerto for 4 Violins,
Op. 3: No. 1 In D Major, RV 549

そしていつものように日本では無名の
作曲家フランチェスコ・バルサンティ
という方のCDまるごとです。
意外に聴きやすくで良いと想いました。

F. Barsanti: 6 Concerti Grossi
[from Sonate Notturne Op.VI
G.B. Sammartini]

また次回も探してきまーす(^^)

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

バロック音楽編一覧

趣味編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

「安心のヴィヴァルディと無名の音楽家バルサンティ  バロック46」への2件のフィードバック

  1. たまたま読んでいた本が、欧米の植民地からの独立運動に
    身を投じた青年が主人公の小説だったので、
    最初のヴィヴァルディのチェロコンチェルトが、
    高潔で志高い青年の絶望を聴いているようで、
    ストーリーと重ね合わせて涙ぐんでしまいました。

    バルサンティですが、こちらは20分くらい経った頃の
    メロディを聴いて、南国のリゾート地でお昼寝しているような
    心地がしました(^○^)

    1. fennelさんありがとうございまーーす(*´▽`*)

      なんと、小説の主人公の気持ちと、ヴィヴァルディを
      重ねるとは、さすがに感受性豊かなfennelさんらしいですねー(*’▽’)

      それはやはり英語かなんかの小説ですかーー?
      すごいなーー、でも海外で生活すると
      そういう本を読むようになれるのかなー?

      バルサンティーの20分くらいのとこの
      メロディー?後で聴いてみまーす(^^)/

      ではまた次もお楽しみにーー(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です