ワク珍特例承認取消請求訴訟は、改憲のために政治利用されていた!?


今度改憲されたら、自民党案に
あるように緊急事態条項も加憲
される事につながり、
私たちの自由や権利、富、命の安全
まで、政府の恣意のまま思い通り
にされてしまうと危機感を持つ人は
少なくないと思います。

ただ来年の正月一月一日に、あの
極悪非道のRCEPが発効します。

詳しい事はともかくその本質的な意味
は、中国が日本を乗っ取る事を可能に
した貿易協定だというわけです。

そういう意味で、TPPでは、
多国籍企業により日本が実効支配
できるようになったというのが
本質的な意味です。

他にも日米FTAや日英FTAに
ついても本質的な意味は同じという
事になります。


RCEPで日本が乗っ取られる
という内容はこちらのツイートが
わかりやすいですね。

改憲だけが危険なのではなく、
それどころか憲法よりこれら
自由貿易協定などの国際条約の
方が、法的実効力が上だと
いう事ですので、すでに日本は
小泉首相以来の売国を完結しようと
しているところでもあるわけです。

私もそれぞれ反対署名などをして
きましたが、特にTPP反対の署名
活動などは、今の大人しい現状とは
比べ物にならないほどで、
1000万人以上の署名かせ集まった
といわれてます。
ただ政府が大人しく国民の声に耳を
傾ける事が、ほぼ皆無だったので
我々の意志とは全く関係なく、
これら自由貿易締結のために政府
が動いてきたというのが現状です。

自由貿易阻止は、我々日本人にとって
最も危険なものである事は確かですが
それでも日本人が自由や権利を
自ら放棄する事につながる改憲は
やはり絶対に阻止するべきだと
思います。

私もこの記事で不正投票システムへの
警告とともに説明しています。
異常死の急増など接種被害が拡大する中で
政府は改憲へと進む国民最大の危機!

記事にも書いていましたが、衆院選
の結果は、予想通り改憲勢力が
3分の2以上の議席を確保してしまい
ました。

下のツイートのリンク先の動画や記事
は、とてもわかりやすく改憲の危険性
について説明されてます

改憲の現状については、こちら
MEEさんのツイートがとても
くわしいですね。

なんと現日本国憲法は、GHQに
押しつけられただけのものでは
なかった
という事を、京都の街宣メンバーの
方々の新型コロナ研究室様のブログで
教えてくださってます。

観てみましょう。

『』内が引用で、~が中略です。


NHK「義男さんと(日本国)憲法誕生」
投稿日2021年11月18日
著者 シエルアルト
「義男さんと憲法誕生」 – ETV特集

日本国憲法の制定にかかわった人物の
再評価が始まっている。ギダンさん
の愛称で親しまれた福島県の法学者・
鈴木義男(すずきよしお)。東北大の
教授時代、軍事教練に反対して教壇を
追われた義男さん。弁護士となり
治安維持法違反者の弁護に尽力。
敗戦後、衆議院議員になると9条の
平和主義や25条の生存権だけでなく
国家賠償請求権や刑事補償請求権の
追加を求め、三権分立の確立を目指す。
その波乱の生涯を新資料をもとに描く。

https://www.nhk.jp/p/
etv21c/ts/M2ZWLQ6RQP/episode/te/
Y8LQQGWKNX/

日本国憲法が戦後どうやって
生まれたか、学校で教わったと思います。
その内容を、覚えていますか?
「GHQが作った」?
どうやら実際には「鈴木義男氏ら日本人
の改正案が衆議院で可決し追加」された
そうです。

日本政府が日本国民を大事にしていない、
それどころか煮るなり焼くなり売るなり
好き放題やってらっしゃる事は、

この新型コロナウイルス騒動でよく
分かったと思います。
では、なぜ彼等は今「改憲」をゴリ推し
しているのでしょうか?


“出典:「新型コロナ研究室」様の
サイト
シエルアルト様の記事
NHK「義男さんと(日本国)
憲法誕生」
より”

さて外国から押しつけられた憲法
だからという事が改憲をする理由
の一つとしてさんざん利用されて
きましたが、日本の優れた政治家で
あった鈴木義男様という方が、国民
のための改正案を提出して、国会で
可決されて通り、現行憲法として
追加されているという事です。

9条の平和憲法も大事ですが、
憲法25条の生存権も追加して
くださったとの事です。

こちらがその内容です。

第二十五条
すべて国民は、健康で文化的な
最低限度の生活を営む権利を有する。

② 国は、すべての生活部面について、
社会福祉、社会保障及び公衆衛生の
向上及び増進に努めなければ
ならない。

この内容自体は、今度の自民改正案
では、ほぼ変えられてはいませんが
実は第12条の改正案により、
この生存権が保障されなくなるという
事のようです。

『自民党憲法改正草案で「生存権」は
”保障されない”
この点、結論から言えば、憲法第25条の
生存権の規定の解釈は大きく変更される
ことになります。

なぜなら、自民党憲法改正草案の第12条が
「公益及び公の秩序」の要請に基づく
基本的人権の制約を認めているから
です。』

“出典:「憲法道程」様の
サイト
自民党憲法改正案の問題点:
第25条|保障されない生存権

つまり外国に押しつけられた憲法
を変えようというのは、真っ赤な
偽のスローガンで、実際には、
日本の政治家がせっかく追加して
くださった条文を無効にしよう
ともしているのです。

邪悪で狡猾ですが、巧妙でも
あります。

また緊急事態条項についても
やはり日本の政治家が、憲法に
含めないように阻止してくだ
さったようです。



こちら金森徳次郎大臣ですよ、
大臣が、国民の権利や自由を奪う
危険性のある、緊急事態条項に
あたる国家緊急権に対して警鐘を
鳴らしてくださったおかげで、
現行憲法には含まれてはない
という事なのです。

なんという素晴らしい大臣で
しょう。
いやこれが本来の政治家という
ものでしょうが、今の売国政治家
たちと比べれば、というか
比べようもない、本当に国民の
ための政治家が、当時おられた
という事です。

さきほどの鈴木義男議員にも、
この金森徳次郎大臣にも、時を
越えて感謝したいと思います。

私も若干涙腺が今ゆるみました。

そして改憲を叫ぶものたちの
改正がなくても、現行法で全て
対処できるようです。

さてあらゆる改憲の危険性
については、前回の記事にも
書いていますので、今回は
その改憲を思わぬ人物が提唱して
いるという情報を目にしました。

関西街宣のリーダー的存在の
1人レオンロイサンさんがそれに
気付いて投稿してくださってます。

なんとあのワクチン特例承認
取り消し訴訟の大事な第一回
口頭弁論の場で、
自らの政治家としての所信表明
にこだわったために台無しにした
あの木原くにや弁護士ではない
ですか。

これは改善に今の政府と同じく
改憲を政策目標に掲げている
れっきとした証拠です。

もう少し詳しく観てみましょう。


彼の上には、同じく特例承認
取り消し請求訴訟の中心人物の
南出弁護士が最高顧問として
司令塔となっているようです。

まあ完全右翼だという事ですが、
右とか左とかは、今問題では
ありません、改憲を提唱している
段階で、これは国民のための
政治家という当初のイメージが
崩壊しているという事を意味
しているのです。

まあ右翼なので皇室の事もあり、
国民の権利が著しく制限されていた
帝国憲法を復元させようとして
いる時点で、自民改正案と本質的に
同じ事になるのは目に見えて
いるのです。

次はすでに削除されてしまって
いるツイートですが、それなら
なおさら真実であった感じがします。
もちろんMEEさんにとっては、この
程度の誘導にひっかかるようでは
という思いもあったのだとも思えます
が(^▽^;)

МΕΕ (@S7VQkoh4GwdUFjr)
November 18, 2021

是々非々と言いたいですが
木原弁護士も、
日本憲法無効論者…
大日本帝国憲法に戻し、国民を
臣民(しんみん)と呼び徴兵制も!
自民党憲法改正草案とそっくり
の内容です!正に情報戦です

記事:日本憲法無効論
https://t.co/dOIDS2Zr5N

なるほどMEEさんさすがですね。
これで南出弁護士も木原弁護士も
改憲派で、しかも国民を臣民と呼んで
徴兵制なんて、要するに天皇のために
戦死する美学というあの戦前の狂気
そのままで、帝国憲法を復活させ
ようとしているのだから、自由も権利
もあったものじゃないですよね。

べんじゃみんさんも教えて
くださってますね。

あの第一回口頭弁論の騒動の後に、
彼の行動には、不可解さ
をおおいに感じて、記事にも
コメントしています。

スナメリオさんの氷山の一角
シリーズのまとめ記事13
です。
ワクパスに反対の英国会議員が暗殺
された!スナメリオさんの報告集
まとめ13


@ohanakeiko 10月17日

こんな窓口ができたそうです。打って
から具合が悪くなった副反応の方、
亡くなったご遺族の方、いらっしゃい
ましたら教えてあげましょう。

おそらく数百万人単位での日本史上
初の訴訟になるだろうなと思います

(引用注:ワクチン被害者の方達の
ためのオアシスのような窓口と
そして全国の被害者や覚醒した人々
の期待を背にした最初の裁判で、
木原弁護士が、自身の政治家
としての所信演説が、裁判官に
止められてまでも必要だったのか、
今でも疑問に思います。

人々の思いをムダにしないためにも
今度は、裁判に勝つために間違いの
ない答弁にしてもらいたいものです。)

あの時は、表現の自由が奪われた
という声が多数で、彼の不可解な
所信表明の演説の事を不審がる人
は少なかったですが、何人かの方が
疑問や否定の声を上げておられたので
そこで私も気付く事になったわけ
です。

今回の特例承認取り消し請求訴訟の
応援として活動されている字幕
大王さんは、この時は南出弁護士や
木原弁護士の改憲の意図の事など
知らずに以下のような記事を投稿して
おられました。

『』内が引用で、~が中略です。


「ワクチン特例承認取消等請求事件」
訴状
に書いたように、大橋、中村、
本城の三名の原告による訴訟が
起こされたわけですが、何を勘違い
しているのか、この訴訟に國體護持塾
なる右翼団体が関係していると、
ほのめかしている人がいるので書いて
おきます。本当に面倒ですね、根拠も
提示せずに中傷する人というのは。

たしかに、南出弁護士という人は
國體護持塾の塾長なんだそうです

しかし、大橋教授からも、中村医師からも
こんな団体の名前を聞いたことは
ありませんし、彼らは右翼思想の持ち主
でも無いようです。本城議員はどういう人
か知りませんが、南出弁護士の友人という
話だったと思います。

(引用注:大橋教授も中村医師も、彼ら
弁護士の経歴などはご存知なかった
のだと思います。)

実は、昨年から池田としえ議員が言って
いました。訴訟をしたいので、弁護士を
探していると。有名弁護士やら何やらも
当たってみたが、高すぎると。最終的に
やってもらえそうな人として、弁護士界の
「うつみん」と呼ばれる南出弁護士を
選んだわけです。しかし、「彼は超右翼
なのよ~」と言うのです。私はまだお目
にかかったことも無いので、その超右翼
ぶりがどんなもんか知りません。

ともあれ、池田さんが「資料を適当に
見繕ってくれないかしら」というので、
資料集を作成し、彼女を介して南出弁護士
の方にお渡ししました。昨年の11月29日
のことです。私の関わりとしては、
これだけですね。あとは伝わってくる話を
聞いてるだけです。この資料を最後に
添付します。

今回の訴状を読むとわかるのですが、
新型コロナウイルスのことを
「武漢ウイルス」と呼び、文章は
旧かなづかいです。まぁ、そっち系の人
であることがすぐにわかります。しかし、
(会ったことないので)聞くところに
よれば、超意欲を持ってこの訴訟に
臨んでいるとのこと。この訴訟の若干の
裏話を聞いてる私としては、これが
間違い無いことを確信していますが、
今詳細は書けません。要するに、
金で動く弁護士では無く、やりたい
ことは金がでなくてもやるタイプの
弁護士であり、この訴訟は
「やらねばならぬ」としているわけです。
ただ、玉に瑕としては、超右翼という
だけの話です。

しかしだいたい、「ワクチン特例承認取消」
訴訟で、どうやって國體護持塾やら
右翼思想の宣伝やら他のことができると
言うのでしょうかね。何でもかんでも
結びつけたがる人には本当に困ります。
ほんの少しでも何かしらあれば、
それだけで、それ以外何の根拠もなく
強力に結びつけるわけです。

普通の人は訴訟といえば、原告が中心
だと思うのですから、弁護士がどんな
思想だろうが関係ないでしょうね。
弁護士が超右翼だから何だ、という
感じでしょう。ただ、「武漢ウイルス」
はやめて欲しかった、旧かなづかいは
まだしも。』
“出典:「字幕大王」様のサイト
「ワクチン特例承認取消等請求事件」
南出弁護士のこと

なるほど私は字幕大王さん自身の
事に関しては、全面的に応援
している立場で、私が応援する
京都の街宣メンバーの方達と
意見をともにするくらいの方
なので、すごく信頼しています。

ただ信頼と、解釈の違いは、分けて
考えないとだめだと思います。
信頼しているからなんでもかんでも
意見を同じにするのが、かえって
危険な事は、みなさんもよく
おわかりの事だと思いますので。

さて現在南出弁護士や、木原弁護士
が、改憲推進派で、帝国憲法復活を
政策目標に掲げる政治活動をして
いる事が判明した以上、この字幕
大王さんの記事の解釈は、やはり
訂正が必要だと思うわけです。

この改憲賛成の意図があるからこそ
特例承認訴訟の第一回口頭弁論の時に
訴訟を台無しにするような、政治家
としての所信表明があったのだと
解釈できます。

要するに耳目を集める場(少なくとも
コロナのでっちあげと、ワクチンの
危険性を知る人々の注目という
意味で)で、自分たちの活動を
アピールする場として、この訴訟の場
を選んだ可能性が高いという事なの
です。しかもわざと大騒ぎになる
ようなやり方で、自らを表現の自由を
奪われたような悲劇のヒーローの
ように仕立てあげる事で、注目を
集めようとしたのではないかと
思えるわけです。

つまり

「ワクチン特例承認取消」
訴訟で、どうやって國體護持塾やら
右翼思想の宣伝やら他のことができると
言うのでしょうかね。何でもかんでも
結びつけたがる人には本当に困ります。』

という部分は、すでに政治家としての
所信表明という事で、宣伝になった
というわけです。

しかも派手に裁判から追い出された
事で、表現の自由が奪われた
被害者としてさらに注目を浴びて
彼の活動への支持を引き寄せる事
にも成功しているのです。

つまり残念ながら、右翼というより
改憲賛成で帝国憲法復活という
政治活動に、見事に結びついて
いるわけで、字幕大王さんの解釈は
やはり訂正するべきのようです。

私はこの特例承認取り消し訴訟の
発表の後日、大橋教授を囲むお話会
に参加した時、はっきりとこう
おっしゃってました。
「それにしても、どうして弁護士って
話をどんどんややこしくするの
でしょうね。こんなまわりくどい
やり方なら裁判はいつまでかかるか
わからないと思いますけどね。」と
確かこんな感じだったと思います。

つまり南出・木原弁護士は、引き受けた
時から、自分たちの活動のアピールが
第一に頭にあり、特例承認取り消し
訴訟そのものが目的ではなかったの
ではないかとも、感じられるのです。

その事を最近字幕大王さんも気づき
始められたようで、取り消された
ツイートに、やはりその事が書かれて
いたと、匿名で私に常に情報を
くださる方がスクショ付き
(取り消されたツイートなので、
字幕さんに対して、スクショそのもの
は、掲載できないと思いました。)
で、知らせてくださいました。

どういう事が書かれていたかと
いうと、
南出弁護士のいいなりの木原
弁護士の目的は、改憲賛成からの
帝国憲法復活を政策目標とする
ような超右翼の新党「祖国再生
同盟」の結成などの政治活動を
耳目を集める裁判でアピール
したいという目的であった事が
わかったという事です。

そして字幕大王さんが、関係者から
聞いたところによると、弁護士
活動もせず、同調圧力被害者からの
相談も蹴り、ワクチン被害者の
救済活動もしておらず、参院選の
事しか頭にない
ようだとの事です。

これはおそらく事実だと思い
ますね。

つまり木原弁護士、南出弁護士は、
善人面して、ワクチン訴訟を
単に政治利用するための人物たち
だった事がこれで明らかになった
と思います。

それにしても、ネットやSNSでは
木原弁護士の事を表現の自由を
奪われたヒーローのような扱いを
する投稿であふれています。

いち早く気づけた人は、本当に少数派
でしたので、まさに誘導とアピール
は、彼らにとっては、うまくいったの
ではないかと思います。

しかし、派手に追い出された経緯も
なんだか仕組まれていたと感じます。

これが演出であるというなら、派手な
方が、注目を集めますからね。

超国家権力の手は、どんな細かい
組織にも人物にも及んで接触して
くるので、裁判自体も茶番であった
可能性もあると思います。

確かに、現在政府が改憲に向けて
動いていて、緊急事態条項も含める
前提のようですので、政治的な事に
関して、理解力のある人々の注意を
そらす意味でも大きかったと
思われるので、この茶番劇は、この
右翼団体だけが描いたシナリオでは
ないとも思えてくるという事です。

この目的は明らかです、このコロナ
の茶番劇にも気づき、ワクチンの
危険性も知るような人たちこそ頭
が良く、改憲などの政府の動きに
とても敏感なので、そういう人達の
目をそらし、また派手な演出である
事を知らずに木原弁護士をヒーロー
扱いして、彼の政策目標に関して
も、好意的に捉える人も出てくる
事まで、計算に入れていると思います。

我々は、政府の以下のような動きに
目を光らせ、改憲をとにかく阻止して
なし崩し的にたたみかけてくる
緊急事態条項の加憲も絶対阻止する
意識で、まとまるのが大事だと
思います。

これもその情報通の方からですね。

自民党 憲法改正に向け「推進本部」
を「実現本部」に
2021年11月19日 5時50分
https://www3.nhk.or.jp/news
/html/20211119/k10013353421000
.html

【独自】「緊急事態条項」創設を
優先的に、自民・茂木氏が方針…
改憲論議を加速
2021/11/13 05:00
https://www.yomiuri.co.jp
/politics/20211112-
OYT1T50355/

沢村直樹「民主主義を取り戻す会」
@iminnhantai
緊急事態条項は、ワクチン強制に
使われる。欧米で結果が完全に
出ています。日本がワクチン強制
になっていないのは、緊急事態条項
がないからです。
午後6:04 · 2021年11月14日·Twitter

つまり我々の目をそらすような
裁判にばかり気を取られている
場合ではないという事です。

ではまた(*´▽`*)

いつもありがとうございます(*^_^*)

隠された真実編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です