ジョンソン政権打倒デモが過熱する英国で、行動心理戦の学者が採用された

現在英国ロンドンでは、ジョンソン政権を
妥当するデモが過熱しているようです。
ここではロックダウンに対する、自由を
求めてのデモという報道になって
いますが、実際には、欧州の場合は
いくつものテーマを同時に反対するスタイル
です。
つまりワクチン強制接種に対しても同様に
反対しているという事ですね。

こちらは、ワクチンパスポート反対集会。

5月24日の時点で、成人の43%が
二回目を接種してしまったという事
ですが、英国ではほぼ実質的に強制
接種となっているようです。
ただ法律がどうであれ、彼らは諦めて
いないという事です。
確かに法律ができたら、従わなければ
ならないというのは羊の発想ですね。

もちろん今回のような理不尽な法律に
対して従う必要はないのです。
こうなると確かに政府を打倒する
という意識になるのも当然ですね。

もし人間がいますぐにでも野生に
戻ればその大軍で彼らを押し切る
事も可能です。

ただ目覚めてもそのまとまりを徹底
的に封じられているのが、今の日本
ですが、英国がその力を発揮しようと
している事を、先ほどの動画が示して
います。
もちろん世界中の各国の過熱化したデモ
も、その力があるという事ですね。

日本は・・・・💧

にしても別の動画でも、カンカンに
怒っている群集の中をボディガードに
守られながら、車に乗り込むジョンソン
首相がいましたが、まあとても人相が
悪くなっていましたね。

さてこういう抵抗勢力をあきらめ
させるため、いまだワクチン接種を
迷っている人たちを誘導するため、
政府は、「行動戦」の心理学者を
採用したというさてはてメモ帳さんの
記事を引用します。

『』内が引用で、~が中略です。


英国政府、ワクチン遵守計画のために
「行動戦」心理学者を採用 

Wednesday, June 30, 2021 by:
Ethan Huff
https://www.naturalnews.com/2021-06-
30-uk-government-behavioral-warfare-
psychologists-vaccine-compliance.
html


(ナチュラルニュース) 武漢コロナウイルス
(SARS-CoV-2、症状COVID-19)に対する
接種を進んで受けようとする人が十分
ではないので、英国政府は「行動戦争」
プログラムに頼り、大衆を洗脳して遵守
させようとしています。

報道によれば、英国政府の官僚は現在、
「行動戦争」の心理学者を雇い、
「カーブを平らにする」のを助けるために、
ワクチンを「ためらう」人々に袖をたくし
上げ、DNAを永久に変化させるよう
説得する、
巧妙な新しい方法を考え出していると
いいます。

中国ウイルス感染に対して「安全」に
留まるには、「ワクチン」が最善かつ唯一
の方法であるという概念を「売る」ために、
心理操作の専門家たちは新しいアイデアを
せっせと考えています。そして、その
手口は、ここアメリカでも使われる
予定であることがわかりました。

実際、偽の「大統領」ジョー・バイデンが、
独立記念日までに国民の少なくとも70%に
ワクチンを投与するという個人的な目標を
達成できないため、ここ「自由の国」では
さらに多くのマインドコントロールが
行われているかもしれません。

その理由はまだ明らかにされていませんが、
権力者たちは、できる限り多くの人々に
「ワープスピード」でワクチンを投与
しようと必死になっています。それは、
まるで何か隠された期限が迫っているか
のように、時間との戦いになっています。

「ワクチン」は、マイクロチップを
埋め込むための下準備なのでしょうか?
「ワクチン」は、人々をスパイクタンパク質
の「工場」に変え、やがて大量の死を
もたらすのでしょうか?深く邪悪な何かが
行われていることを示唆する証拠は数多く
あり、それはすぐに明らかになるでしょう。

(引用注:
彼ら支配層が焦っているのは、スパイク
タンパクや磁性ナノ粒子による人体への
悪影響が、誰にでも明らかになる
タイミングが迫っているからか、人々
が覚醒するタイミングまで測れていて、
それを恐れているのかといったところ
かも知れません。)

あなたは自分の独立・選択の自由のために
戦いたいと思うか?

少なくとも、医療ファシストたちは、
私たちの独立・選択の自由を踏みにじって
支配を強化する手段として、武漢フルーを
展開しました。

(引用注:
正確には、武漢で開発されていた生物兵器
はワクチンやワクチンに含まれる超有害
物質であって、武漢のウイルスという
コンセプトは、明らかに架空のもの
です。

実際には、武漢でなんらかの形で、酸化
グラフェンやリチウム、ハイドロジェルが
人々に取り込まれて、5Gシステムを
発動させた事により大量死につながった
というのが真実だと思われます。

大量死をもたらすウイルスは一ミリも
存在していないという事です。

ウイルスが、致命的な危険をもたらす
というコンセプトは、破綻が明らかに
なっているパスツールの細菌理論に
基づくもので、持ち上げられた架空の
仮説でしかないのです。
癌という実は体内の自然治癒反応を悪性
新生物と呼んでいるのも、その架空の
コンセプトを人類に刷り込みたいから
です。)

全体主義の操り人形は、中小企業を破壊し、
人々の生活を台無しにし、テレビの言う
ことを全て信じる人々に恐怖心を植え付け、
社会的パラノイアの地獄のような風景を
作り出しました。

中国ウイルスが出現する前から、西洋は
大きく衰退していましたが、今、最後の釘
が棺桶にまっすぐ打ち込まれているように
見えます。

ワクチンの「パスポート」が、
「デルタ変異株」や、彼らが次の夢を見る
ことができるその他の作り物の病原体から
「保護」される手段として、我々に
押し付けられるのは時間の問題であるよう
に思われます。

(引用注:つくりモノの病原体って
はっきり言ってますね。

とにかくこの西洋が経済にとどめを
さされたというのは、日本についても同じ
ようにも思えます。

そもそもウイルス騒動の前の消費税
アップの後から、企業は結構倒産
してましたし、私の大好きだった
ジュンク堂書店もそれでつぶれた
と思います。

しかし今はその時とは比較にならない
勢いで、経済が崩壊していってます。

もちろん彼らの超巨大企業群の中で
グレートリセット後も必要な企業は
元気なままですが。

ただ飲食店を応援しようというような
人々の意識もとても貴重で、彼らは
そういうのを非常に嫌い恐れるのです。

確かにこれは本来の意味で心理戦
といえるかもしれません。

もしこの危機が人々を結束させ、
世界の頂点にいるものたちに向け
られたら、彼らは計画を断念する事
になるでしょう。

それくらい意識の力は絶大なのです。

だから常に彼らは、自国の政府や、
近隣の国を憎むように仕向けて、
頂天の位置にいる彼らに目を向け
させないように腐心してきたという
わけです。)

すでにいくつかの州では、注射を拒否
した労働者が仕事を解雇されたり、
ワクチンを接種した同僚とは異なり、
同意するまで永遠にマスクを着用
しなければならないと言われたり
しています。

もちろん、これは完全に法律違反ですが、
私たち国民が何らかの法的措置を講じて
この権威主義的なモンスターに立ち
向かわない限り、かつての偉大な国の
風景に恐怖と死しか残らなくなるまで、
これは続くでしょう。

「私たちはプログラムされている」と
ノーQレポートに寄稿したJ.D.ラッカー
[J.D. Rucker]は警告しています。
「アメリカ国民への完全なワクチン接種
を目指したプロパガンダと洗脳
キャンペーンに気付いている人は少数派
です。」

「行動科学者たちが、あなたが見聞き
する物語をどんどん形作っていく中で、
あなたの心をめぐる戦争が起こって
います。これは特にCovid-19に関して
言えることです。」


英国では、SPI-Bとして知られる
「行動に関する独立科学的パンデミック
洞察グループ」が、抵抗勢力に戦いを
放棄させ、袖をまくるように仕向ける
ためにあらゆる手段を講じています。
同様のグループがここアメリカでも
同じことをしています。あなたは
彼らに勝たせるのですか、それとも
医療警察国家を食い止めるために、
必要ならば死を覚悟して反撃するの
ですか?』

“出典:「さてはてメモ帳」様の
サイト
英国政府、ワクチン遵守計画のために
「行動戦」心理学者を採用
より”

これは行動戦の心理学者の戦術に
ついて種明かしをしているのではない
のですね。

最後に掲載されている三つの画像は
確かに恐怖のウイルスを煽る画像に
始まり、ワクチン安全を英国首相が
接種したみせたという茶番の画像。
もちろん当然プラセボです。

そしてワクチンを接種して、恐怖から
解放されて、安全になったという印象を
与えるための画像と、確かにこれら
の画像は誘導になるかも知れませんが
この程度の事は、我々がずっとこの1年
半以上の間、みせつけられてきたもの
ばかりで、何も目新しいものではあり
ませんよね。

日本ではコロナの恐怖を煽るために
志村けん岡江久美子が死んだふりをする
演出をしたりしました。

それについては、
コロナ(偽)の名を全国区にした志村さん
の死の真相とはこれだったのか!?

という記事が参考になります。

また御用学者が毎日のようにテレビ
に出てワクチン安全説を唱え、
真実情報をデマ扱いしています。

彼らの心理戦についてのやり方は
毎日のようにテレビで繰り返されて
いるので、覚醒した人たちは、パターン
は完全に読めていると思います。

それは英国についても同様で、しかも
覚醒している人が、日本よりも
圧倒的に多数なので、彼らをどのよう
に誘導しようとしているのかを是非
知りたいと思いますね。

以前からあるマスコミの常套手段は
「マスコミとお金は人の幸せを
こうして食べている」
    THINKER 著
        徳間書店

にも書かれていた、「叩き・そらし・
宣伝」という手法が代表的です。

まあ真実を語る人たちを「叩く」
真実情報をデマとして「叩く」。

また芸能人の大麻事件や政治家
の汚職とか、最近では政治家の
緊急事態宣言下でのパーティー
などをリークさせて、大衆の目を
「そらす」。
オリンピックで盛り上げて
「そらす」

さらに「ワクチン安全」「コロナの
恐怖」また最近では「変異株の恐怖」
などの「宣伝」。

まあわかりやすいものは、みなさんよく
ご存知ですよね。

ワクチン反対派だった明石家さんまを
使って、プラセボの偽ワクチンを
約束して宣伝させているのがこちら。

やらせの報道に使われるクライシス
アクターを取りあげた、ビッグバズに
なっている明日の世界さんのツイート

そのおかげで、マスコミの誘導に
気付きはじめた人々が増えて問題化
しているというのがこちら。

ここで取り上げられている
記事の一部を引用しておきましょう。
詳しくはリンク先をご覧くださいね。
『』内が引用で、~が中略です。

ここ最近、マスコミが様々な手口を
使ってニュースを捏造していることが、
SNSなどを通して次々と暴かれて
います。
その中でも特にTBSが、社員の
「宮本晴代」をクライシスアクター
として利用し、数多くのフェイク
ニュースをでっち上げていることが
判明し、問題となっています。

先ず昨年9月に「ピーチ・アビエーション」
の機内で、男性客がマスクの着用要請
を拒み、客室乗務員らとトラブルに
なった事件がありましたが、その際に
対応した客室乗務員が、TBS社員の
「宮本晴代」だったことが判明して
います。

つまり、この騒動そのものが、TBSの
でっち上げた茶番だったということ
です。
○ピーチ機内でマスク拒否、男逮捕 
航空法違反などの疑い
○ピーチ航空機ノーマスク事件は
ヤラセだった!! 今度は飲食店で

さらに彼女は、コロナワクチン接種
を受けた様子を、わざわざ動画で
公開し、人口削減計画にも加担して
います。

もちろん、彼女が打っているのは本物
のワクチンではなく、栄養剤か何かに
違いありません。

また「宮本晴代」は、ピーチの客室
乗務員だけでなく、本業と思われる
NY特派員の仕事はもちろんのこと、
「巫女」や「スーパーの達人」「医療
従事者」など、様々な職種の人々を
演じています。

「宮本晴代」の他にも、数多くの
クライシスアクターがいることが既
に暴かれており、いかにマスコミの
ニュースが嘘で塗り固められている
かがよく分かります。

一昔前は、ネットも発達して
いなかったので、こうしたヤラセ報道
をしてもバレなかったのでしょうが、
今や時代は変わり、SNSも発達している
ため、そう簡単に庶民を騙すことが
できなくなっています。

それでもマスコミは、未だに私たち
庶民を騙せると思っているのか、
それとも単にやる気がないだけなのか
分かりませんが、相変わらずフェイク
ニュースを性懲りもなく捏造し
つづけています。』

“出典:「るいネット」様の
サイト
ニュース番組は、0から100まで
全てフェイク(でっちあげ)で
できている
より”

私もテレビや政府、医療業界の嘘など
について、いくつか記事にしています。

多くの日本人が未だに信じる新型コロナの
恐怖、しかしこれだけのウソが発覚

世界の新型コロナ報道のオモテと
裏側! まさかの病院ガラガラー?

さてさきほど取り上げたSPI-Bとして
知られる
「行動に関する独立科学的パンデミック
洞察グループ」が自身のやらせの
誘導を自ら告白したという記事が
ありました。
引用してみましょう。

『』内が引用で、~が中略です。

英国政府の影響力のある
ScientificPandemic Influenza
Group on Behavior(SPI-B)の
メンバーは、過去14か月にわたって
行ってきた「非倫理的な」強制と
操作の方法について遺憾の意を
表明しています。

この暴露にもかかわらず、
主流メディアと政府当局者は、この
根本的な欺瞞が現在の範囲の不必要な
「公衆衛生」措置と「ウイルス軽減」
政策にどのように強制的に使用されて
いるかを認めたがらない。人々の
生活、家族、子供の教育、ビジネス、
メンタルヘルス、経済、そして実際
には社会全体へのコストは、現時点
では計り知れません。

「心理学を「マインドコントロール」
と呼ぶことができます。それが私たち
の仕事です」と政府の疑わしい
ソーシャルエンジニアリング
諮問委員会のあるメンバーは言い
ました。

(引用注:なんと政府に利用された
心理学者の組織SPI-Bのメンバーは
自分たちの仕事がマインドコントロール
だとはっきりと告白しています。)

政府の最も効果的な操作の戦術の
いくつかは、Covidの死亡数、実際に
診断されたケースではなく、単に
陽性のPCRテスト(おそらく偽陽性)
である数百万の「ケース」の主張、
無症候性のスプレッダーの誇張
された主張でした。’そして、
さまざまな’致命的な変種’の大臣
による無限のアドホックな主張は、
おそらくいつでもストライキを
起こす可能性があります。これら
すべて、そしてさらに多くの
ものは、国の社会的、経済的、
政治的構造だけでなく、行動の
一般市民や技術者の変化を制御
するためにまだ使用されています。

編集者ゴードン・レイナーから
英国テレグラフ紙のレポート…

コビッドパンデミック中の人々の
行動を制御するために恐怖の使用
を奨励した委員会の科学者は、
その仕事が「非倫理的」かつ
「全体主義的」であったことを
認めました。

行動に関する科学的パンデミック
インフルエンザグループ(SPI-B)
のメンバーは、政府のCovid-19
対応における心理学の役割について
の新しい本の中で戦術について
遺憾の意を表明しました。

SPI-Bは昨年3月、「かなりの数の
人々がまだ十分に個人的な脅威を
感じていない」ため、大臣は
Covid-19から「個人的な脅威の
認識レベル」を上げる必要があると
警告した。

(引用注:このSPI-Bは、
「パンデミックインフルエンサー
グループ」とも称されるようですね、
そのため、恐怖を人々に植え付ける
ための方法を政府に、伝授して
いく役割を果たしてきた事に遺憾
の意を表明しています。

そして当時は、大臣に個人的な
脅威の認識レベルを上げる必要
があるとも警告したという事
です。)

チームの心理学者であるギャビン・
モーガンは、次のように述べて
います。全体主義の恐怖のスマック
を使用します。それは現代の政府に
とって倫理的なスタンスではあり
ません。本質的に私は楽観的な
人間ですが、これらすべてが私に
人々のより悲観的な見方を与えて
くれました。」

(引用注:恐怖のスマックのスマック
というのは、特に大きな意味はなく
恐怖のスマックで、恐怖仕立て
の表現というような意味になります。
とにかくそれまで、彼らが使用して
きた心理的手法は、全体主義的な
やり方で、政府の倫理的な方法
ではないと反省しています。)

モーガン氏は、月曜日に出版された
彼女の著書「恐怖の状態」のために
政府の戦術を調査するのに1年を
費やした著者ローラドッズワースに
話しました。

(引用注:訳し方がわかりにくい
でしょうが、ローラッドワース
という女性が「恐怖の状態」という
著書を最近出版したらしいですが、
要するにロックダウンやワクチン
接種に向かわせるために、いかに
政府が恐怖の演出を行ってきたか
の舞台裏を調査した内容の本のようで、
この本に対して、このチームの
心理学者であるギャビン・モーガンが
真実を彼女のために暴露したという
事を明らかにしています。)

閣僚は、封鎖 を正当化し、国民に
彼らに従うように強制するために
パンデミックからの脅威を強めた
という繰り返しの非難に直面している。
この主張は、パンデミック対応に
関する今後の公的調査によって検討
される 。

SPI-Bは、チーフサイエンティフィック
アドバイザーであるサーパトリック
ヴァランスが率いる緊急事態科学諮問
グループ(セージ)に助言する
小委員会の1つです。

あるSPI-Bの科学者は、ドズワース女史
に次のように語っています。
コンプライアンスを促進するために恐怖
が必要であるという議論があり、
恐怖をどのように高めるかについて
決定が下されました。私たちが恐れを
使ってきた方法はディストピアです。

(引用注:あるSPI-Bの科学者が
政府に彼らが使用させた恐怖の手法
とは、人々を反自由的な社会へ
向かわせるものだったと説明して
います。)

関連 項目:COVID強制英国:SAGE文書
は公衆に対する心理的操作を明らかに
する

「恐怖の使用は間違いなく倫理的に
疑わしいものです。それは奇妙な実験の
ようでした。結局、人々があまりにも
怖くなったので、それは裏目に
出ました。」

別のSPI-Bメンバーは、次のように
述べています。それが私たちの仕事
です…明らかに私たちは前向きな方法で
それを試みていますが、過去に悪用
されてきました。」

ある人は、「人々はパンデミックを
利用して権力を握り、他の方法では
起こらないことを乗り越えます…私たち
は忍び寄る権威主義に非常に注意
しなければなりません」と警告
しました。

別の人は、「ワクチンがなければ 、
心理学があなたの主な武器です…実際、
心理学は非常に良い流行を持って
います。」

政府は、ウイルスの危険性についての
明白な警告だけでなく、死や入院などの
悪いニュースをノンストップで国民に
提供していると非難されています。
回復した、または毎日の死亡者数が
季節平均を上回っているか下回って
いるか。

SPI-Bの別のメンバーは、パンデミック
の際に「行動心理学の兵器化に驚いた」
と述べ、「心理学者は、利他的で
なくなって操作的になったときに
気づかなかったようです。彼らは力が
強すぎて酔わせます」…』
“出典:「21st century
wire」様のサイト
英国の科学者たちは、行動を制御する
ためのCOVID恐怖の使用が「全体主義」
であることを認めています
より”

この記事によるとすでに当初から、
政府は、SPI-Bと呼ばれる心理学者
たちのグループを召集して、
アドバイスを求めながら、「過剰な
対策」を進めたり、「コロナの恐怖」
を宣伝したり。「ワクチン神話」を
吹聴してきたという事になります。

ただし先に取り上げた記事のように
さらにこの委員会から、何人か
優秀な心理学者を雇ったという事
なのだと思います。

それまでにこのSPI-Bのアドバイスに
よる手法は記事にもあるように、我々
がこれまで経験してきたものばかり
ですね。

つまり海外で、心理戦に使われた手法
でうまくいけば、先進諸国の政府で
それを共有できるようなシステムが
でき上がっているのでしょう。

私はこういうことを10年以上も
見せられてきたので、わりと見慣れて
いますが、今回わかりやすいものを
一つあげておきますね。


なんか取り上げるのもいやですが、
政府やマスコミが、オリンピックで
盛り上げて、大衆の目を「そらし」
ている間に、生首を連想させる
映像バルーンを打ち上げたという
ものです。

これは、大衆心理に対して、不安感や
恐れ、そして「死」を連想させて、
彼らが起こす意図的なテロや、
ニセパンデミックのイメージを
具現化させるのに使用されるのです。

私もこれまで記事にしてきましたが、
私たちの意識は実現また具現化する
というのも真実で、テロをうまく
成功させたりする時にも有効な方法
として、使用されてきたのです。

たとえば2019年夏に東京あたりで
大洪水が起きましたよね。
ちょうどそれより数ヶ月前に
「天気の子」が上映されました。

あれは大洪水が起こる映画でしたよね。

つまりイメージの刷り込み効果なの
です。

そしてまたそれを知った国民が、彼ら
のやり方を知って、その力に対して
恐怖するという心理を引き出すという目的
もあります。

つまりイメージによる現実化と、
自分たちの力を誇示するための
心理戦と、多目的な心理作戦なのです。

私は今回の東京オリンピックについての
テロに対しての記事を取り上げましたが、
それが以下です。

東京五輪が超危険!?警備のトップが
あのやばいイスラエルの会社に!?

これが後から気付いたのが6月6日
でした💧

ただ私がこの記事を投稿した時は、
緊急事態宣言など何度も行っている
日本で、開催を中止にする流れになって
欲しいとの願いも込めて記事にして
いたので、むしろ今となっては、
これもまたイメージになるといけません。

ただ無人観客に対してやたら警備が
厳重なのは、なんらかのテロを見破られる
事のないようにという処置だと思われて
なりません。

それと無人観客でのテロなら犠牲者は
少ないけれど、逆にそれに対する恐怖心は
蔓延させる事ができるので、
これが監視社会整備のあらゆる
法整備やインフラ整備への追い風として
応用されてしまう事になる可能性がある
というわけです。

日にちに関しては、あの大人気の
情報通のUさんが8月11日を警戒
するようにという事です。

恐れずに、注意だけしておきましょう。

だから、どんな時でもみなさん冷静に
なって、彼らが意図的に引き起こした
問題に対して、彼らが何を目的としている
かを見極めるようにした方が良いと
思います。

ではまた貴重な情報を記事にして
いきたいと思います。

いつもありがとうございます(*^_^*)

隠された真実編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です