アルビノーニから、バロック中期の音楽家発掘につながります  バロック55


今回もまたバロック中期の作曲家を
発掘していきますが、中期バロックが
役不足だというような方にも楽しんで
いただきしたいとバロックの巨匠たちの
曲をまず貼り付けておきますね。

まずは。アルビノーニの曲から

Tomaso Giovanni Albinoni.
Concerto Op.5 No.1 in B flat

そして2曲目は、今回新たに発見した
アルビノーニの名曲です。
にしてもアルビノーニの曲は本当に
外れが少ない。

T. Albinoni – Sinfonia a 4
in B-flat (T.SI 6)

次は巨匠ヴィヴァルディによる
ラフォリアです。以前紹介した
ラフォリアは、コレルリのアレンジ
で最高だと思いますが、ラフォリアは
実に多くの作曲家にアレンジもされて
いますので、当然ヴィヴァルディによる
アレンジもあります。
やはり質の高い曲に仕上がっています
し、またチェンバロのリーダー格の
女性のエネルギーがまた見物だと
思いましたので貼り付けておきました

Vivaldi: La Folia (Madness)
— Apollo’s Fire

さてつかんだかわからないつかみの
後は、バロック中期の音楽家の発掘に
まいりましょう。

まずは
ピエトロ・フランチェスコ・カヴァッリ
という方
豪華な古楽器に、演奏者たちの曲に対する
愛情がマッチして、とても情緒的な作品に
仕上がってます。
途中から歌も入りますが、余計に情感を
高めてくれてます。

L’Arpeggiata records Cavalli:
l’Amore innamorato (Armonia)

次は
マルコ・ウッチェリーニという方です。
こちらの方は本当に聴きやすい、心地
良いメロディーですね、バロックの
中期なので、最初から最後まで、ほぼ
同じ調子ですが、心地良さが続くとして
聴けば、それも良い感じです。

Marco Uccellini – Aria sopra
‘La Bergamasca’

この曲もマルコさんの曲ですが、
古楽器を使って楽しそうに演奏して
いる姿で、、曲の完成度よりも
とにかくとりとめのないメロディーを
楽しんでいる感じですねー(*’▽’)

Marco Uccellini: Aria sopra
la Bergamasca

これはみた事もない古楽器の演奏から
入りますが、全体として楽しい民族
音楽のようになってます。
テンポもよくとてもわかりやすいけど、
なつかしい、そんな感じです。
ただこのあたりの作曲家は、大体
最初から最後まで、ほぼ同じ感じ
のメロディーです。それを心地良いと
感じれれば、気に入ったという事
ですねー(^^)/

Marco UCCELLINI Bergamasca

また次回も中期バロック発掘と巨匠の
パターンでいきまーす(^^)

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

バロック音楽編一覧

趣味編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

「アルビノーニから、バロック中期の音楽家発掘につながります  バロック55」への2件のフィードバック

  1. ピエトロ・フランチェスコ・カヴァッリを
    演奏しているラルペッジャータの演奏、大好きです。
    あんみんさんも、演奏者の曲に対する愛情を
    感じられたのですね♡

    古楽のみならずフォルクローレなどの伝統音楽を
    演奏することもあるようで、私も1,2度動画を
    見ましたが、聴衆に演奏曲の魅力を届けたいという
    熱意がこもった素晴らしいものでした。

    1. fennelさんありがとうございまーーす(*´▽`*)
      そしてすいませーん、返事遅くなりましたー(^_^;)
      コメントに今朝になってから気づいたのですー、それと
      なぜだか承認するとかしないとか、これまで
      コメントアップさせていただいfennelさんだから
      おかしいなーとは、思うんですけど、たぶん勝手に
      アップデートでもされたのでしょうね。

      それよかfennelさんすごい、ラルペッジャータという方の演奏だと
      意識してないで聴いてました。
      曲に対しての愛情が、演奏に表れていますよねー(*´▽`*)
      あとフォルクローレという言葉自体も知らなかったのですが、
      スペインの民族音楽そしてその楽器も意味するとか。
      やはりラテンの方は情熱的ですねー。
      でもあーやって、熱のこもった演奏されるとこちらも惹きつけられますよねー!

      またいろいろ教えてくださいねー!そしてまた次回のバロックもお楽しみに!
      よろしくお願いしまーす(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です