島原の乱は幕府の圧政が原因ではなかった!   南蛮人の真実とは?3


これは、前回の
キリシタン大名たちによる神社・仏閣破壊
とは?
という記事の続編にあたります。

前回の記事で重要だった事をまずまとめ
ますね。
そもそも私たちが西洋人がかつて、黒人を
奴隷として扱う奴隷貿易をしていたのは
知っていても、多くの日本人が奴隷として
南蛮人たちに買われて、売られていった
という奴隷貿易の真実を、全く知ら
なかったと思います。
西洋人全てではもちろんありませんが、
一部の西洋人の、有色人種に対する差別
意識は以前からあったのです。
黒人だけが、特別扱いというわけでは、
なかったという事です。まあとにかく、
黒人を奴隷扱いするような人種なのだから
思い当たっても良さそうなものですが、
教育やマスコミの言う事をうのみにして
きた我々には、寝耳に水ですよね。
私も最近ではこのあたりの事は、詳しく
わかるようになってきていましたが、
11年前より以前は、多くの日本の方と
同じように、南蛮人はいい人とは言えない
までも悪い人たちじゃないだろー・・・
などと思ってましたからねー。

実際は、イエズス会が正式に奴隷貿易
する事を許可する権利を持っていて、
宣教師自身が、奴隷貿易の契約書に
サインしたという記録も残されて
います。コェリョという宣教師らしい
ですが、名前などどうでもいいです
よね。

契約書という事でいえば、武器の原料
や、莫大な資金を得るために、悪魔に
魂を売ったキリシタン大名たちも許せ
ません。
戦国時代ですから、確かに捕虜はいくら
でもいるとはいえ、同じ日本人を奴隷
として取引するなど言語道断ですよね。
しかし、これが歴史的真実だという事
です。

そしてキリスト教を信じたい人たちが
それでもまだこのような事実を受け
入れないとするなら、たぶん島原の乱
を例にあげるでしょう。教育では、
幕府のキリシタン弾圧と圧政に民衆が
放棄したとありますからね。
ですがこれは、幕府の島国根性が、
キリスト教を弾圧していたように
見せかけるための西洋の意図した偽の
歴史だったのです。

さてその真実が以下の記事になります。

『』内引用で、~が中略です。

『○ 島原の乱の真相

 キリシタンの悲劇として描かれている
最大のものが1637年の『島原の乱』である。
 教科書からは島原・天草地方の
キリシタン弾圧が酷く、
 重税を課したことから農民たちが圧政に
立ちあがったと読める。
 しかし事実はかなり異なっている。

 当時の反乱勢は3万7千人、篭城戦時
では幕府軍は12万以上で
 圧倒的な差がありながら制圧に半年を
費やしている。
 しかも緒戦においては板倉重昌率いる
幕府軍4万人は惨敗。
 一揆勢の死傷者が僅かに7名なのに
対し、幕府軍の死傷者は4千名に
のぼった。
 しかも板倉は討ち死にしている。

 これは、反乱勢が大量の武器弾薬を
保有していたからにほかならない。
 では、彼らが大量の鉄砲などを
保有していただけではなく、
 その使い方にも習熟していたのは
何故なのか。

 まず、一揆勢の中心が百姓ではなく、
 キリシタン大名だった有馬や小西の
残党だったことである。
 有馬と小西は関が原の合戦において
西軍側につき、他国に移封される。
『天草征伐記』と『徳川実記』等の
記述にも、
 キリシタン大名であった小西行長の
遺臣が中心になって、
それに有馬の旧臣も加わって、困窮した
農民を糾合して蹶起したとある。

 しかもただの「農民」とは思えない
行動が目立つ。
 一揆勢の行動で目に付くのは寺社への
放火や僧侶の殺害である。
 有馬村では村民らが、所々の寺社を
焼き払ってキリシタンに戻ると宣言し、
 これに周辺八ヵ村の村民らが同調して
寺社に火を点け、
 キリシタンにならない村民の家には
火をかけている。
 さらに島原城の城下町でも江東寺、
桜井寺に
放火している(『別当利杢左衛門覚書』)
 また彼らは、代官の林兵左衛門を切り
捨てた後、村々へ廻状を廻し、
 代官や『出家』『社人』(下級神官)ら
をことごとく打ち殺すように伝達した為に、
 僧侶、下級神官や『いきがかりの旅人』
までが殺されたという
(『佐野弥七左衛門覚書』)。

(この記録を見れば、明らかに島原の乱が
キリシタン大名と、その残党と、
キリシタンに改宗した民衆によるものだと
いうのが、わかりますね。
当然裏で指示していたのが、あの宣教師
たちであったのは、間違いない
でしょう。)

 その後彼らは、九州諸藩の討伐軍の接
近を知って島原半島に移動し、
 島原の旧主有馬家の居城で廃城となって
いた原城に籠城する。
 島原と天草の一揆勢が合流し、大量の
鉄砲と弾薬を保有してこの場所に立て
籠もったのである。
 彼らが原城に籠城したのはポルトガル
などの外国勢力の支援を期待してい
た可能性があり、
 少なくとも幕府はポルトガル等の支援を
警戒していた。それには理由がある。

 ポルトガルやスペインには明と朝鮮を
日本の傭兵を使って占領する計画が
あった。
 その際幕府と対立することは確実で、
九州のキリシタン大名を幕府から離反
させる計画であった。
 そのためには長崎周辺を軍事拠点化する
必要がある。
 クルスがイエズス会に宛てた書翰に
よれば、九州が日本から離反する際には、
 キリシタン大名達がポルトガル人に基地を
提供することは確実で、
 特に小西行長が志岐港を差出すことを
確実視している。
 キリシタン大名たちとの間で計画は
相当詰められていたようだ。

 更にフランシスコ会の宣教師の本国への
報告によれば
「 有馬や長崎は1590年には軍事要塞工事
が行われており、
  イエズス会の宣教師達は、長崎近辺に
有している村落のキリスト教徒たち全員に、
  三万名の火縄銃兵を整えた 」とある。

 イエズス会は来たるべき戦いの為に、
多くの武器弾薬を準備し、
 長崎近隣の信徒達に火縄銃の訓練を
させていたのだ。
 乱の中心勢力は小西行長や有馬の家臣
である。
 スペイン・ポルトガルの影を幕府が
想定したのは不思議ではない。』

 “「るいネット」様のサイト
イエズス会は日本で何をしてきたか
 北村浩司様の記事より”

まさに多くの記事の裏付けによって、
島原の乱は、南蛮人の意図であったのが
明らかですね。しかもイエズス会だけ
でなく、スペイン・ポルトガル本国の
意図まで、あったようです。

今回重要だったのは、それだけでは
ありません、彼らは、日本の傭兵たち
を使って、朝鮮や明国を攻めさせよう
としたとあります。
なぜ彼らが、自分たちで占領しよう
とはしないのか、それは、彼らが
占領したあとに、うまく統治するため
なのです。
そのためには、彼らは、むしろ相手の
国にとって善玉でないといけないのです。

その手口は、つまり戦国時代の日本にも
当てはまるというわけです。
つまりキリシタン大名や、南蛮人の息の
かかった大名たちに、日本を制圧させて
そして、その大名達をコントロール
すれば、わからないように日本を支配
できるというわけなのです。
その一人が信長でもあったわけですが、
彼ら、南蛮人のそのような狙いを知って
意図的に利用していただけだったのです。
この時に信長にその南蛮人の事を警戒する
ように、注意を促したのが、秀吉だった
という事から、先の記事での南蛮人の世界
戦略を知る前から、秀吉は勘づいていた
という事になり、やはり優秀な部下であった
ようですね。
しかし、信長のその意図がわかると
南蛮人の陰謀によって抹殺されて
しまいますが、その事についてはまた
別の記事で書かせていただきます。

実は、これと同じ手口で、明治維新が成功
したのです。つまり明治時代から、日本は
正確にいうと明治政府は、彼らの意図
通りに動いてきたという事です。

この見方ができれば、明治時代に日本が
大陸に進出していった理由もこれで明らか
になるわけです。
つまり日本は彼らの先兵となって大陸に
攻め込んだという事が、真実だったのです。
そして彼らは、太平洋戦争の前後を通じて、
まんまと日本が得た大国の利権などを、
奪い、さらには、政治・経済的な支配権を
密かに奪う事もできて、日本と中国、朝鮮を
完全に敵対国どうしにさせる事にも成功
したというわけです。
彼らが、遠いアジアの地域を、自分たちの
支配下に収めるためには、彼ら自身が
制圧したのでは、全く異人種である彼らに
従うはずもありませんからね。アジアの国
どうしを反目させる事によって、見事に
彼らの支配力をどちらにも行き渡らせる
事ができるようになったという事なのです。

まあこのあたりは、多くの文献や資料を
頭に入れてないと、理解は難しいかも
知れませんね。
ただわかる方にはわかってもらえそう
なので説明しておきました。

でこうなると秀吉が大国を攻めた理由も
全く違うものになるのは、予想できる
方もおられるでしょうね。
まさに、秀吉がにらんでいたのは、そ
そのような西洋の世界戦略を見抜いて
いたからなのです。

そのあたりも次回以降に書いていきます。

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

隠された歴史編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

生まれ日だけでわかる前世占い     22日生まれの人


今回は、22日生まれの人についてです。
その解説をまた「はづき虹映さん」の本
から引用させていただいて、その後
この前世占いが数秘術のコンセプトも
ベースにしているところから、関連
させて、22度のサビアンシンボルに
ついて見ていきたいと思います。

「」内が引用で、~が中略です。

「22日生まれのあなたの前世は・・・

ロシア帝国の女帝

~前世あなたはこうだった

あなたの前世は、その当時、栄華を極めた
ロシア帝国に君臨した女帝。広大な領土の
すべてを自分のものにし、富や権力、美貌
や名声など、欲しいものすべてをその手に
掌握した女帝(ツァリーッツァ)です。
あなたは生まれる前から、君主になる
ことを運命づけられて、誕生しました。
当時、女性の皇帝は珍しかったのですが、
あなたは生まれながらにたぐいまれな
美貌と優秀な才能に恵まれており、幼い
頃から誰もが自然に、あなたのことを
未来の女帝として、丁寧に扱ってくれて
いました。あなた自身も早くから女帝
としてのオーラを身にまとい、誰もが
息を飲むような、その気高い美しさで
多くの民衆を魅了し、絶大な権力を
手にするのです。贅の限りを尽くした
宮殿の建立や華々しい舞踏会の開催、
身にまとう金銀、宝石の数々など、
そのスケールの大きさはまさに別格。
あなたのあまりの気高さに他の人は
簡単に近寄ることもできず、結局、
生涯を独身で過ごすことになるの
ですが、栄華を極めた晩年にあなた
の胸に去来した想いとは・・・・。

あなたが前世から引き継いでいる性格・特徴

初対面の印象は、清潔感のある爽やかな
「いい人」です。ベースは真面目な努力家
ですが、本質は一筋縄ではいきません。
常識的なところもあり、コツコツと努力を
積み重ねる堅実な面も持っていますが、
そのスケールは世界規模。どんなことを
やっていても、小さな世界で収まるような
人ではありません。二重人格的な面もあり、
大胆にして繊細。人当たりは決して悪く
ありませんが、相手に媚びないので、敵が
多くなることも・・・・。ある意味
カリスマ的なオーラを放っており、独特
の世界観を持つ不思議な人です。日本国内
よりも、海外に出て行ったほうが実力を
発揮でき、周りの評価もより高くなる
タイプです。

前世が導くあなたの恋愛・結婚

相手との関係が深まってくるにつれ、
普段の「いい人」から一転して、
「王様、女王様」のオーラが出やすく
なります。相手にもよりますが、
厳しく命令したり、相手を
コントロールしようとすることも
・・・・。結婚に至るまでは二転、
三転の大恋愛のパターンで波乱は
必至です。

あなたの現世での課題

周りに媚びたり迎合したりしないので、
好き嫌いがはっきり分かれます。
「上から目線」の大胆発言も多く、
傲慢でエラソーな印象を持たれる事も。
他人を思い通りにコントロールし、
支配しようとする傾向も強いので
要注意。

あなたの現世での適職

大きな仕事を成し遂げられる強運の人。
特に海外との取引が多い貿易業務や
金融関係、商社などで世界を舞台に
活躍できるスケールの大きさが特徴
です。
またスポーツの才能があり、若くして
海外でも活躍するスター性やカリスマ性
もあります。

あなたの現世での金運

金運のスケールも非常に大きいのが
特徴。大好きなことを仕事にすれば、
巨万の富を稼ぎ出せるだけの才能と
パワーの持ち主です。小さく
まとまろうとせず、自らの才能に磨き
をかけ、常に大きな夢や目標を掲げる
ことを忘れずに。

あなたの現世での健康運
 健康面での不安材料は特に見当たり
ません。基本的に身体は丈夫ですし、
どんな環境にも耐えられる適応能力も
あります。その奇抜で大胆な行動から、
周囲に敵が多くなる性格なので、
精神的なストレスには要注意。」

“出典:「誕生日でわかる前世占い」
         はづき虹映著
          PHP文庫刊”

この本には、この日生まれの有名人も
紹介されていて、22日生まれの人
の中には、イチロー、中田英寿、
北島康介というような、確かに
オーラをまとったカリスマという
形容がぴったりです。しかも
スケールも大きくてまさにこの
22日生まれの性質にぴったりと
あてはまっているのがわかりますね。
さてこの22日生まれの人は、
第一印象は、清潔感のある「いい人」
だという事ですが、まさにこれが
罠なのかと思わせるように、親しく
なれば、「君子豹変す」みたいな
感じで、とたんに王様・女王様になる
んだから、まわりにとっては、とても
大変な人のようです。それでもそれを
受け入れさせるような、オーラが
あるというのかも知れません。
大胆にして、繊細。独特の世界観を
持つ人だという事です。
とにかく、自分のスケールの大きさを
活かしていく人生にしないとだめな
方のようですが、人によっては
うらやましがられるような人でも
ありますね。

さてこの22日生まれの人の前世は、
数秘術の22をベースにしているので、
22の数字の意味についてみて
みましょう。
これも、引用させていただきますね。

『』内が引用で、~が中略です。

『この数字が持つ意味

「22」は、「時間」と「空間」の
全てを象徴し、スケールの大きさを
暗示するスピリチュアルで神聖な数字
です。タロットカードは22枚で、
「宇宙の理」を表すと言われており、
そこから、「大いなる霊性」や
「物事の完全に成就・完成」など
地球規模の広がりを表します。』

“出典:「誕生日でわかる前世占い」
         はづき虹映著
          PHP文庫刊”

この「22」という数字のスケールの
大きさが、よくわかりますね。確かに
この数字の力がそのまま22日生まれ
の人の性質やカリスマ性につながって
いるのでしょう。
数秘術でも最強の運の持ち主のように
解説される特別な数字ですからね。
ただ、スピリチュアルで神聖な生き方
と女帝の豪華な生き方が、合致しない
イメージがあるのですが、数秘術で
よく言われるのは現実に投影される運
として最強であり、精神的には、少し
未成熟な、22日生まれの人の性質が
この「22」にはあると思います。

さてこのような数字の22や
22日生まれの性質があるかどうか、
サビアンシンボルの22度を見て
いきましょう。

サビアンシンボルは、度数の数秘で
つながるより、幾何学的な宇宙言語
つまりアスペクトでのつながりが
主体なので、度数の数秘で意味が
つながるものが多いというわけでは
ありません。ただ数秘でもつながる
シンボルも少なからずあるというの
が、サビアンシンボルの神秘的な
ところだという事です。

今回は少ないながらもぴったりの
シンボルがあります。

22日生まれの人のスケールの大きさ
女王のようなレベルの気高さを
表しているのが

乙女座22度
「王家の紋章」
です。

まさに今回の22日生まれの女帝に
ぴったりのシンボルではない
でしょうか!

次に22日生まれの人がとても物質的
に恵まれていることから、導き出される
のが

牡羊座22度
「欲望の庭へ続く門」
です。

まさに物質的にも恵まれた22日生まれの
女帝の豊かさから、このような欲望の門
にも意識がつながるという事でしょう。

また今度は、はづきさん解説が正しかった
ことを裏付けるような、22という数字の
神聖さから、「おおいなる霊性」に
つながるシンボルが

魚座22度
「シナイ山から新しい法則を持ち下りて
くる男性」
です。

確かに、神聖な存在から掲示を受けて、
大いなる霊性を身につけた男性を
暗示していますので、意味がつながり
ます。

今回は、少ないながらも、22日生まれの
人の性質や、22の数秘の意味を、的確に
表しているシンボルがありました。

次回も数秘や前世とサビアンシンボル
のつながりについて見ていきたいと
思います。

次回は23日生まれの人の前世に
ついてです(^^)

よろしければ、こちらもよろしく
お願いします(*^_^*)

占星術編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

かんたん毎日のサビアン10月19日


今日の太陽のサビアンシンボルは

天秤座26度
「互いに入れ替わる鷹と
大きな白い鳩」
です。
これは、鷹が意志や創造力、行動力を
示す男性エネルギーとしての意識で、
鳩は受容的な愛情や、豊かな感性、
調和や共感としての能力である
女性エネルギーとしての意識を表して
います。
つまり、時と場合によって意識の両面を
使い分けているという器用さを発揮
しているシンボルという事になります。

感情面を示す金星のシンボルが

蠍座13度
「実験をしている発明家」
です。

これは、観察や研究によって真実を明らか
にしたいという意識で、今日は、何か
突き詰めて調べたくなる事、知りたいこと
などが心を占めそうな感じです。

知性とコミュニケーションの水星の
シンボルが

蠍座20度
「二つの暗いカーテンを引いて開ける
女性」
です。

これは隠されていたものを明らかにする
というシンボルなので、先ほどの金星と
とても良い相性です。真実を知りたいと
い意識が、強くなります。
また気になる相手の心の内を知ろう
とする暗示も含まれています。

行動面を示す火星のシンボルが

天秤座10度
「危険な流れを抜け安全な場所に
たどり着いたカヌー」
です。

これは困難な仕事や、障害などに直面
したりしますが、結局それをクリアして
安心できる状況になるという事です。

という事で今日は、行動力、創造力を
活かす男性的なエネルギーと、調和や
共感を持つ女性エネルギーを使い
こなせるという暗示です。
また知的好奇心や探究心も旺盛になり
その成果が出ます。
また最初困難に思える事でも、必ず
成果を出して安心できる状況になる
でしょう。

いつもありがとうございます(*^_^*)

かんたん毎日のサビアン 
2019年10月分

かんたん毎日のサビアン一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ

天秤座26度


今日の太陽のサビアンシンボルは

天秤座26度
「互いに入れ替わる鷹と
大きな白い鳩」
です。

これは天秤座の高い精神性を表すもの
で、鷹が意志や創造力、行動力を示す
男性エネルギーとしての意識で、鳩は
受容的な愛情や、豊かな感性、調和や
共感としての能力である女性エネルギー
としての意識を表しています。
つまり、時と場合によって意識の両面を
使い分けているという器用さを発揮
しているシンボルという事になります。
誰しも自分の中に、男性エネルギーと女性
エネルギーの両方を持つのですが、この
シンボルのようになかなかうまく使い分け
られる人はいません。

今日は、その場に合わせた行動や言動に
した方が、良い結果につながるという
事です。

対称の180度のシンボルは

牡羊座26度
「持ちきれないほどの贈り物を
所有する男性」
です。

これはあまりにも物質的に恵まれた
シンボルですね。
牡羊座は生命エネルギーとしての最初の
サインですが、やはりスタート時点で
人生に多くの希望や期待をかけている
わけです。その気持ちが現実の豊かさと
なって表れているというわけですね。
豊かさという意味では、今日の天秤座の
シンボルと同じですが、天秤座のシンボル
が、豊かな「精神性」をあらわしているの
に対して、この牡羊座のシンボルは
「物質的」に豊かな状態なので対称的です。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは

山羊座26度
「水の妖精」

蟹座26度
「豪華さに満足と幸せを感じ、長机の上で
読書をしている人々」
です。

山羊座26度のシンボルの水の妖精は、
水が、共感や調和、受容的なものの象徴
なので、これは今日の天秤座のシンボルで
いえば、白い鳩の意味する女性エネルギー
としての純粋な受容体としての存在で
あり、鷹のような強い意志や実行力で
ある男性エネルギーを合わせ持つのとは
違い片方に偏ったエネルギーという事で
逆のエネルギーになります。
また山羊座のシンボルは、人としての
物質的な欲望とは無縁な妖精なので、
牡羊座のシンボルの人間の欲の結果として、
物質を多く所有している姿とも逆の
エネルギーになります。

蟹座26度の豪華さに満足と幸せを感じて
読書をしている人々は、豊かな共感を共有
しているという事の暗示です。現実に
対応するために自らの精神性を個人的に
有効に使用して、実行力も発揮する天秤座
の動の面も合わせ持つシンボルに対して、
共感の中で静止するイメージに偏る
蟹座のシンボルは逆のエネルギーです。
また精神的な豊かさに満足して、共感と
調和の中にいる蟹座のシンボルは、物質的
な豊かさを個人的に独占している牡羊座の
シンボルとも逆のエネルギーとなります。

 

いつもありがとうございます(^^)

 

天秤座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

あなたの獅子座15度


獅子座15度のサビアンシンボルは

「山車(だし)」
です。

これはお祭りの時に出てくる山車という
のは、台車で運ぶ神輿(みこし)だという
事です。
逆に神輿はたくさんの人で担いで運ぶもの
という定義らしいです。
このシンボルが太陽にある人は、文字通り
お祭り人間というキャラクターで、常に
まわりの人を明るくさせるために、場を
盛り上げる事に専念するようなキャラ
だという事です。
もちろん根底には、博愛精神があり、友人
も多く、誰とでもオープンに付き合います。

異性に対してもオープンな関係でいようと
するため、付き合う時には公認のような
関係になるでしょう。
この人に「秘密の恋」「秘密の関係」など
というものはあり得ません。
隠し事が全くできないタイプだという事
ですね。

仕事も催事や祭事に関係するものが適して
いて、司会業や企画関係の仕事も向いてい
ます。もちろん芸能関係にも向いている
といえるでしょう。
どちらかというと古典落語のような
伝統芸能が向いているともいえます。

このシンボルが月にある人は、兄弟や親戚
に多く囲まれているような、賑やかな
家庭環境のもとに生まれますので、
とにかくまわりに人がいれば明るく元気に
なりますが、逆にいえば孤独な環境では
途端に元気を失ってしまうほど、寂しがり
屋として育ちます。
自分の意志というようなものを育てる事も
自身の成長に対して必要です。

金星にある人は、とても広い交友関係の
中で、ストレスなく豊かな人生を送れる
という暗示です。

土星にある人は、まわりの人を幸せに
する運命にありますが、逆に個人的な
幸福が犠牲になる場合もあるという暗示
です。

いつもありがとうございます(*^_^*)

あなたの獅子座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ