どこまでも豊かにそして哀しく、楽しくヴィヴァルディ! バロック38


今回のヴィヴァルディのこの
2曲6パートは、最後まで聴いて
いただくとその良さが凄く伝わると
思いますー(^o^)

Vivaldi-Concerto for 2 Violins,
Strings and Continuo in d minor
RV 514 (P. 281) (Complete)

Concerto for Two Violins, Strings
and Continuo in C minor, RV 509:
I. Allegro ma poco e…

そしてまたこれも凄い!
特に2パート目のラルゴ、これは
新しい安心感が得られるーー!

A. Vivaldi: RV 100 / Chamber
concerto for flute, violin,
bassoon & b.c. in F major /
La Serenissima

実はこれがとっておきだったのかー💦
これ一番最初でも良かったかもと
思えるとても深い旋律に、感動(^o^)

A.Vivaldi cello concerto in si
min Rv 424: cello Luca
Fiorentini Orchestra Offerta
Musicale
次はおまけでシューベルト(^^)
どの時代でも室内楽にはいい曲が
多いーー(^^)
演奏者の表情が真摯で、引き込まれ
ます。

Schubert, Trio op. 100 – Andante
con moto

またいろいろ探してきますねー(^^)

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

バロック音楽編一覧

趣味編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

「どこまでも豊かにそして哀しく、楽しくヴィヴァルディ! バロック38」への2件のフィードバック

  1. あんみんさんが絶讃するだけあって、
    どれもこれも素晴らしい曲ばかりですね☺️

    3曲目のラルゴ、「新しい安心感」と表現なさっていますが、
    納得です。
    4曲目のチェロコンチェルト、チェロの深い音色に
    心を揺さぶられました。

    あと、シューベルトのご紹介もありがとうございます。
    実はシューベルト、お気に入りの作曲家の1人なんです♡

    1. fennelさんいつもありがとうございまーーす(^o^)
      今回私が、良いと思えたところで、共感していただいたのが
      すごくうれしいです(^^)

      シューベルトが好きでいらっしゃったんですねー!
      私も母親がピアノを教えていた関係で、
      シューベルトの曲も子守歌変わりに聴いて
      育ったと思います。
      もちろんどれが、なんという曲かというのは、
      一切覚えていないですが、、聴けば「あーーこれね」
      という感じで゜なじんでます。
      あとショパンも多かったかな?
      今回のシューベルトは、やはり質の高い曲をたくさん
      創っていたという事を実感できて良かったです。
      また演奏者の曲の入り込み方
      好きでしたね。
      私も思わず、眉まで表情を真似しそうになりました(^_^;)

      一覧に貼り付けるのが遅れましたが、
      ベネデット・マルチェロの曲の記事も
      新記事として貼り付けておきましたので、
      またよろしかったらーーー(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です