私たちが永遠で一体である事の証明その2 アニータさんとエベンさんとの比較


今回またエベンさんの臨死体験との
比較という事で、アニータさんの臨死体験
の記事を振り返っていますので、エベン
さんとの比較をやはり付け加えていった
方がわかりやすいと思うのです。
臨死体験にレベルもへったくれもあるかい
とあまり普段から考えないように方向
づけられている人には、思うでしょうが、
大きく違いがあって、それは意識の
レベルによって様々な程度に分けられる
ものなんです。
それはクラシックや演歌を知らない人が
みんなおんなじに聴けてしまうといって
いるのと同じです。右脳で音楽と捉えず
メロディーを単なる音として解読するなら
確かに同じようにしか聞こえません。
つまりそういう人と、臨死体験の話を
右脳が感応できない人は同じだという事
なのです。

さてそういう意味でアニータさんが
絶対意識領域にいけたという臨死体験と
そこまで到達できずに、天界と泥のような
世界をいったりきたりしたエベンさんの
臨死体験とは明らかに、大きな違いがある
という事なのです。
そして今回取り上げているアニータさんの
臨死体験の特徴は一体感ですが、身体を
離れて拡大意識に入ったアニータさんは、
肉体にある時とは比べ物にならないくらい
明晰な感覚になり、普段感じないまわり
のあらゆる事が、とてつもなく大きな視点
で観察できるようになったという事です。
しかも、まわりの人の気持ちも手に取る
ように、むしろ自分の気持ちであるかの
ように感じられ、一体感を味わえたと
いう事ですが、エベンさんの場合は、
明晰な感覚どころか、泥の世界で単細胞
生物になっかのように、自分が何者で
どこにいるのかもわからず、それさえも
どうでもいいような、無気力な状態に
いたという事で、当然明晰な感覚で
まわりのすべてとの一体感も味わえて
いたアニータさんとは、比べようも
ないくらいの不明瞭な意識のどんより
した感覚だったという事なのです。
という違いかあるという事を頭に入れて
おいていただいて、以下が元の記事に
なります。

前回のアニータさんの証言その1で、
アニータ・ムーアジャニさんが、臨死体験
でもまれな、絶対意識領域に入る事が
できたという事で、その体験を自身が
語った著書から引用しながら、考察を
加えて紹介していこうとシリーズ化
しました。
今回はその第二弾という事になります。

以下はアニータさんの著書からの引用
抜粋とそれについての私の考察という形
で進めていきます。

 ~以下引用~

人々がやってくるたびに、それが誰で、何を
しているのかわかりました。目を閉じていた
のですが、自分の周囲で起こっていること
だけでなく、それ以外のことも詳細にわかる
気がしました。
私の知覚は、今までよりもはるかに鋭く
なっていました。
あらゆることがわかり、理解できるよう
でした。
それも実際に起こっている出来事だけでなく
みんなが感じとっていることについても
です。
まるで、一人ひとりの中を見通して、
感じられるようでした。
そして、私の現状に対する彼らの恐れや絶望
やあきらめがひしひしと伝わってきたの
です。
 
   ~引用終了~
“出典:「DYING TO BE ME」アニータ・
ムーアジャニ著 hay house 刊”
“邦訳「喜びから人生を生きる」
    アニータ・ムーア・ジャニ著
       奥野 節子訳
      ナチュラルスピリット刊”

さて拡大された意識になると自分の肉体に
収まらない意識は、まわりの人々の意識
とも一体になるのです。
つまり自分がまわりの人々の意識も自分
のものとして体験できるという事です。
ここで重要なのが、彼女はすべてのもの
になっているということです。
全てのものであれば、これまでとは違って
ありとあらゆる外界だと思っていたもの、
そのものになりその意識も感覚も感情も
自分自身のものになるという事なのです。
だから一人一人の中の意識を、自分自身の
感覚として感じ取れるようになったという
ことです。
ここで、私たちが、日常の状態から、
高次の意識を体得しようと思えば、
共感や共鳴などの意識が重要になって
くるのです。
つまりアニータさんが体験したような
意識状態を、意図的につくり出せる
という事です。
共感も共鳴も、同調も同情も人々と意識
を共有している状態なので、一体感を
味わえる高次の意識の状態に近づくの
です。
そうです、よくコンサートなんかで、
会場中の人々が一体感を味わったり
しますが、それはその高揚感が高次元
の意識につながり、至福の状態になれる
という事を意味します。つまりは、
その一体感が、人々をコンサート会場に
足を運ばせる大きな理由の一つになって
いるのだと思います。
私たちはこのようによく一体感という
言葉を使いますが、それがあたたかい
感情をともなった共感や共鳴として
働くと、レベルの高い意識状態に近づ
きます。
なぜなら、多くの臨死体験者がいうよう
に、愛と知識が私たちの本来の実体に
とって重要だからです。
そこから派生する感覚として、相手の
立場で、感じ行動する事も大事な事に
なります。
これらは、高次の意識レベルに到達する
ために、非常に大きなきっかけに
なります。
逆に、疎外感や孤独感、分離意識、利己的
な意識や感覚、排他的な感情や意識、敵対的
な感情や嫌悪感などは、その逆に
高次元の意識から離れる事につながる
というわけなのです。

また長くなりすぎないうちに次回に
まわす事にします。
では(^_^)

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

土星の運気からの脱却 トランスサタニアンの運気とは?

図1

図2

これは、昨日土星のエネルギーに
ついての記事を投稿して、サビアン
占星術の幾何学的な解釈(この場合は
六角形)とつなげていただこうとして
いたのですが、その流れを受けての
再投稿になります。土星がその六角形
のエネルギーを地球に届けるのは、
太陽系内で土星の軌道の内側にある
天体に向けたものなので、その外側の
天体は影響を受けずに、土星から
独立したエネルギーを持っていると
いう事を今回の記事で説明して
います。これは再投稿なので
しばらくして再度読まれる場合は
サビアン占星術解釈編一覧から
どうぞー(^^)/

さて以下が元記事です。

これまで図2の運気の流れをベースに
10天体の影響する年齢域について

月の保護の運気から太陽の意識の
運気への流れ改微加筆

という記事を書いてきました。
その第3弾として、この記事では
土星の内側へのネガティブエネルギー
からの脱却のための、天王星から
冥王星までのトランスサタニアンの
運気の流れを、説明させていただきたい
と思います。

私は、土星の真実編一覧の一連の記事で、
土星が、自然現象とは全く別の干渉の
仕方で、土星の軌道の内側に向かって
、ネガティブエネルギーをもたらし、
私たちの地球の生命体にも、それを
届けているという事を説明しました。
正確にいうと月もそれにひと役買って
いて、土星のエネルギーを受け取り、
それを増幅して、またそれを地上に
届けているという、アイク氏の見解を
支持しています。
月の働きについては、真実の月編一覧
の一連の記事でご説明しています。

土星のネガティブなエネルギーに
ついては、必要な制限だとか、教訓
だとか、とにかく自然体であるもの
には全てポジティブなエネルギーが
存在しているという概念で、現在の
日本の占星術家のほとんどの方が、
見解を一致させている中で、私の土星
と月に対する見解は異端であるといえ
ましょう。しかし、古来からの占星術
家は、逆に土星を不幸の星、不運の
星としてのみの見方で、ほとんど見解
を一致させているのです。
これは、私が土星の真実 その1 
太古の姿
で説明させていただ
いた事が、その理由になると思います。
現在の占星術家の方々の概念は、しかし
土星のエネルギーが自然体のもので
あるという事を前提にしておられる
のですが、私が土星の真実編の記事で
ご紹介してきたように、土星のエネルギー
は、自然体のものとして、地上に届いて
いるわけではなく、なんらかの知生体の
影響を受けて、意図的に届けられている
という事なのです。
多くの占星術家の方の中でも、土星を
必要な自然エネルギーとしながらも、
エネルギーをとてもよくみてとって、
その性質を言い表してくださってるのが
松村潔氏の次の土星の説明です。
自身の事は著者と呼んでおられます。

“そこで著者は太陽をライオン、土星を
ライオンの檻という言い方をします。
太陽の力は土星の柵まで行くと、力尽きる
のです。
逆にこの柵がなければ太陽の力をどの
ような方向に向けていいかわからない
のです。 
  ~中略~
土星は否定法で、してはならないこと、
従わなくてはならないルールなどを
決める天体で、それは太陽の創造力を
禊ぎするので、太陽は作る、土星は減らす
という正反対の作用を持つ天体として、
両方協力しあうことでうまく機能している
と考えるとよいでしょう。”
“出典:「決定版!!サビアン占星術」
         松村潔 著
           Gakken刊”

意図があるなしに関わらず、純粋に土星の
影響を観てとって、私の見解とほぼ一致
しているのが、とてもありがたいので、
再掲載させていただきました。

さてこのような土星のエネルギーは、土星
の軌道の内側に向けたものであり、土星の
外側の天体、トランスサタニアンでは、
その影響から脱却できるという事です。
そのため、天王星は、比較的土星の近くに
あるため、それを浄化するための意識を
もたらしてくれるのです。
これが、一般の占星術の見解として知られる
天王星の革新エネルギーでもあるという
事です。
ただし何故そのようなエネルギーを持つのか、
という事を説明する人はほとんどいません。
そこで運気の流れという私の観点からの
説明は、天王星の革新エネルギーの理由
として納得のいくものになるのではないで
しょうか。単に一般的に言われてきた
ので、それをそのまま受け取って、天王星
に革新エネルギーがあるという解釈をして
おられる占星術家の方も多いのではない
かと思うのです。
だからここで私は、はっきりとしたその
理由を提示しているというわけなのです。
つまり土星の軌道の内側へのネガティブ
エネルギーを、その外側の天王星が浄化
エネルギーとして、打ち消そうとしている
ので、地上では革新・革命エネルギーと
いうものに変換されるというのが、私の
見方です。

また私が、神秘メッセージの宇宙の真理編
の一連の記事で説明させていただいた
ように、私たちの認識できる宇宙は、
電磁気のもとのエネルギーであるプラズマ
エネルギーをベースとしているという事
です。
それは宇宙はプラズマ
という記事でもご説明していますし、また
電磁界異常が超常現象をもたらすという
超常現象と電磁界異常編一覧
一連の記事で、私たちの認識している宇宙
は、安定した電磁界で成立している事を
裏付けています。

つまり土星の内側で安定してしまって
いるネガティブエネルギーを浄化させる
ための具体的な天王星のエネルギーと
いうのは、プラズマエネルギーを
ベースとした強力な電磁界エネルギーで
あるという事になります。
そのため、天王星からのエネルギーが
電化製品などのテクノロジーに影響を
与えているという見解につながるという
わけなのです。

そしてその浄化エネルギーの天王星の
さらに外側の海王星になると、土星
のエネルギーから完全に脱却して
いく事になります。
実は、土星は私たちの顕在意識を支配
していて、現実の認識を五感をもとに
した狭い領域に閉じこめる働きを
しています。
ですが、海王星では、そのような認識
の影響を受けなくなるため、潜在意識の
領域を活性化するためのエネルギーを
私たちの地上に届けてくれているわけ
です。
だから五感の認識に囚われている左脳
型のタイプにとって、海王星は、現実
感覚のない幻想的な天体だと捉える事が
多いですが、スピリチュアルな感覚に
優れた右脳型、または松果体が活性化
しているような人にとって、本来の
意識であると認識できるというわけ
です。
そして実のところ、五感をベースに
した左脳での現実認識こそ、土星の
もたらした干渉エネルギーによる
偽の感覚だという事なのです。
これが太古からの賢人たちが、私たち
が幻想の世界に生きていると、口を
揃えてきた本当の理由だという事
です。
つまり私たちは、出生図の海王星の
シンボルやサインをとても重要視
するべきなのです。それが示すのは
わたくしたちの潜在意識を活性化
させて、内なるパワーを引き出す
ものだという事なのです。
そして、先の天王星の出生図での
役割は、やはり現状打破または
変化をもたらすために最適な
エネルギーだという事になります。

そしてさらに軌道のほとんどが、10
天体の中で、一番外側に位置する
冥王星は、本来の宇宙意識に回帰する
というエネルギーになります。
これは、私たちの空間認識そのもの
が、土星からの偽の五感によるもの
なので、一番外側に移行するのに
「回帰」するという説明におおいに
違和感をもたれる事だと思います。
ですが、本来の空間認識は、実は
表裏逆転の世界なのです。
これは、ビッグバンに代わる宇宙モデル
という記事でも説明している事
でもありますし、
臨死共有体験者が、臨死体験者と
ともにトランス状態に入った時に
空間が歪んでくるという証言をした
事も、ヒントになります。
また催眠術をかけられて、感知能力
が拡大した事を説明している先日
再投稿した記事
驚異の催眠術 その3改
紹介されている証言を再掲載します。

「奇妙なことに、マリアはバーゲンシュ
ティッヒアとの距離が遠いほど、強く彼を
感知した。」
“出典:「サイキック」
       コリン・ウィルソン著
   荒俣宏監修・解説 梶元靖子訳
           三笠書房刊 ”

この証言からも、本来の認識では、表裏
逆転しているという事が、推測できます。

つまり私たちの一番外側にある冥王星の
エネルギーというのは、私たちの中心の意識
とつながっているという事なのです。
冥王星についてでも説明
していますが、冥王星は私たちの核意識と
解釈しています。
それじゃあ太陽はどうなるんだといわれ
そうですが、太陽も中心意識です。
実は、宇宙エネルギーの
基本形態はトーラス改
でも説明しました
が、宇宙のすべてのエネルギーは、中心で
回帰するようになっているのです。
つまり太陽と冥王星が中心としてつながる
という事なのです。
ただ、方向性だけが違って、太陽は生命の
誕生時点からのエネルギーで、冥王星は
最終的に霊的な本来の姿に戻るための
エネルギーなのです。
だから、死を司るといわれているので、
ここに不吉な意味は全くありません。
そしてまた、出生図の冥王星は、生命
としてエネルギーに満ちていても、有効に
使えるものだという事なのです。そもそも
太陽は土星の内側に収まっているので、
当然影響を受けないわけにはいきませんが、
この冥王星は、土星の影響から独立した
エネルギーとして存在しているのです。
つまり使えたら、自分の核からのエネルギー
なので、とてつもない力を秘めている
という事なのです。
ただ使えたらというのは、実は土星と月の
干渉により、この冥王星のような核の意識
を普段の顕在意識では、なかなか感知でき
ないようにさせられているのです。
だから、精神的な訓練をするか、
いったん強烈にネガティブな経験をして、
気づかされるようになるのがこの
冥王星の意識だという事なのです。
冥王星に破壊的なエネルギーがあると
いわれるのはこのためなのです、自分
では気づいていない核の意識を発動
させるためには、強烈にネガティブな
エネルギーを経験して、魂を目覚め
させなければならないからなのです。
これも一つの浄化エネルギーというわけ
です。
だから、出生図にある冥王星が示す事を
自分の核の意識だとして、大事に活か
そうとすれば、ネガティブな経験をする
事もなく、自分の本来のとても強い
エネルギーを使えるようになるという
事なのです。
つまりは一石二鳥だという事ですね。

長く説明する事になってすいません。
ただ今回のトランスサタニアンの意識
が、とても重要だという事を説明する
のに、言葉足らずな方が申し訳ないと
考えるのが、私という奴です。

ではまた(^^)/

サビアン占星術解釈一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページへ

双子座15度


今日の太陽のサビアンシンボルは

双子座15度
「会話をしている二人のオランダの子供」
です。

これは知性とコミュニケーションの意味を
持つ双子座らしいシンボルで、しかも二人
のオランダの子供は、双子でこそないもの
の双子座のシンボルの絵的な表現として、
とても似つかわしいものとなっています。
昨日のテレパシーでの会話に意味がつな
がっていますし、この15度のあたりには
会話やコミュニケーションに関係するよう
な暗示のシンボルが特に多くなっています。
双子座12度の自己主張するトプシー
双子座14度のテレパシーでの会話
今日の双子座15度オランダの子供の会話
双子座16度「熱弁する婦人参政運動家」
双子座18度「中国語を話す二人の中国人」
双子座21度「労働者のデモ」とこれ以外
にも知性やコミュニケーションに関する
ようなシンボルがこの近辺に集中している
のは、チャネリングがいかに占星術の象意と
密接につながっているかを証明しています。
この双子座のサインの意味である知性や
コミュニケーションは支配星の水星の性質
でもあるので、裏向けてバラバラにイメージ
したサビアンシンボルの神秘性を再確認させ
られます。
子供の会話なので、本音で語り合うような
素直な意識のやりとりという暗示ですが、
これも昨日のテレパシーでの共感の流れ
を受け継いでいます。しかも今度は、
同じオランダ人ということなので、
それに「共通認識」という要素が加わって
いるということですね。
心が通じ合ったという昨日の段階から
お互いの共通認識をベースにして、より
豊かな表現でコミュニケーションをとって
いるという暗示です。
お互いが、盛り上がるような会話を心がけ
ると、より関係が深まるという解釈でも
いいでしょう。

対称の180度のシンボルは

射手座15度
「自分の影を探すグランドホッグ」
です。

グランドホッグというのは、地中に穴を
掘って巣をつくるネズミ科の小動物
ウッドチャックの事だそうです。
全然知りませんでしたね。
またこのグランドホッグが自分の影を
探すという事は、自分自身を投影できる
場所を探しているという暗示なので、
射手座の探究心があらわれていると
いう事です。

この自分の影を探して、自分を投影させ
ようとしている射手座15度に対して、
自分の身近な相手と会話する事によって
自分を投影しようとしている双子座の
シンボルは対称的な意味となっています。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは

乙女座15度
「装飾されたハンカチーフ」

魚座15度
「部下の訓練を準備している将校」
です。

乙女座15度の装飾されたハンカチーフと
いうのは、一つ前の乙女座14度の家系図
とつながっていて、由緒ある豊かな家庭を
象徴しています。
ただこの血族は、家庭でのしきたりや
伝統を個人の意思よりも優先させる
傾向にあり、自分を会話により自由に
投影している双子座のシンボルや、
自分の本心を探究している射手座の
シンボルとは逆のエネルギーとなって
います。

魚座15度の部下の訓練の準備をしている
将校というのは、部下に軍隊としての心得や
規律をたたき込もうとしていて、部下に
自分の意思よりも、軍の規律が優先される
という事を教えようとしています。
これは自由に自分の意思を伝えて会話して
いる双子座のシンボルや、自分の本心として
の意思を探究している射手座のシンボルと
逆のエネルギーとなっています。

 

 

いつもありがとうございます(^^)

双子座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

あなたの魚座30度


魚座30度のサビアンシンボルは

「巨大な石の顔」
です。

このシンボルが太陽にある人は、
とてもエネルギーに満ちあふれていて、
健康的な身体に恵まれます。
また自分の個性に自信を持っていて
意思も強く、堂々と世渡りしていけ
ます。
博愛的な性質を持っているので、
誰とでも仲良くなれる性質でもあり
ます。
ただ頑固な一面もあり、自分の大切に
している考え方や信念などは決して
曲げないようなところがあります。
適職は、モデル、彫刻家、工芸家
教師、農業、建築家などになります。
恋愛では、自分から動くより、相手
からのアプローチを待っている事が
多くなります。ただし、相手が
決まったら、その関係を深めていく
のが得意で、自分から別れようとせず
長続きする事が多いでしょう。

このシンボルが月にある人は、
ものわかりの良い親に育てながら、
人との接し方などを自然と身につけて
いきます。そのため友人も多く、
めったにケンカするような事も
ありません。
世渡り上手な人生を歩める
でしょう。

このシンボルが、金星にある人は、
柔軟な感性を持つ友人を多く引き
寄せるので、いろんな感じ方や感性を
学べるので、自身も成長していけます。

火星にある人は、外出する時も、まず
計画を立ててから、出かけるといった
几帳面なところがあり、あまり衝動的に
行動したりはしない人です。

 

 

いつもありがとうございます(*^_^*)

あなたの魚座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ