またまた発掘! 無名の作曲家と、とっておきのダッラーバコ     バロック36

Giuseppe Matteo Alberti.
Concerto for violin,
strings & b c in G minor.
Talbot XVII
この方は、ジュゼッペ・マッテオ・
アルベルティという方だそうです。
わりと聴きやすい良い曲だと思います。
上の曲が良かったという人は、
ジュゼッペのこの曲もどうぞー!

G. M. Alberti: Concerto con
sordini for flute,
strings & b.c. in F major –
Part I / I Solisti Veneti

ここで以前にもご紹介したダッラーバコ
さんを二つ。

最初の曲の出だしはダッラーバコさんの
曲の中でも一番良いと思いますね👍
いや人によっては、二つ目の出だしの方が
良いという人も必ずいますね👍
ダッラーバコさんを後にしたのは、こちらの
方がずっと完成度が高いと思えるから
でした。

F. E. Dall’Abaco: Op. 6 n. 5 /
Concerti a più Istrumenti
in G major (1735) /
Il Tempio Armonico

E. F. Dall’Abaco: Op. 5 n. 3 –
Concerto grosso à più istrumenti
in E minor / Il Tempio Armonico

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

バロック音楽編一覧

趣味編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

「またまた発掘! 無名の作曲家と、とっておきのダッラーバコ     バロック36」への3件のフィードバック

  1. ジュゼッペ・マッテオも知らない作曲家です。
    今回も楽しめました(^^)

    ダッラーバコの曲ですが、どちらの出だしも
    甲乙つけがたいです。
    モーツアルトっぽい明るい最初と、
    悲愴感あふれる2番め、
    対照的な作品を並べて頂いて大満足です(^o^)

    1. すいませんーーfennelさんなぜか、このコメントに気付く事ができませんでしたーー、
      今急用がありますのでまたのちほどしっかりと返信させていただきますーー

    2. fennelさんありがとうございまーす(^^)
      コメントに気付くのが遅れてすいませんでしたーー

      さすがにジュゼッペ・マッテオも楽しんで
      いただけるとは、さすがですねー。

      おそらく私よりも多くの曲を聴かれて、しかも圧倒的に
      あらゆるタイプの曲を聴いておられる、fennelさんに
      とって、ブログ用に聴きやすいものをという感じで
      選んでいる私としては、fennelさんには、物足りないのかも
      と思う事は結構ありますね。
      でもそれにりに楽しんでいただけてるみたいなのでうれしいです。
      ダッラーバコのご感想も見事ですねー、なるほど確かにいわれてみれば、
      甲乙つけがたい出だしでもありますねー。

      また共感していただけるのを楽しみにしてまーす(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です