ワンネスを何度も体験するシャムルワさん!


さて前回のシャムルワさんの歓喜に
あふれたワンネス体験の続きです。

また本山よろず屋本舗様から転載
させていただきますね。

シャムルワ氏の体験の続きです。
ワンネス体験の核心に迫っていきます。

「」内が引用で、~は省略部分です

「 ・・・<『ワンネスの扉』、
p96~p102から抜粋開始>・・・

 ワンネスの体験

 当初、こうした体験をどう解釈して
いいかわからず、勝手な呼び名をつけて
いた。それは「宇宙の躍動を感じる体験」
から、「現実を一瞬かいま見る体験」に
まで発展していった。長いネーミング
だが、その体験に名前をつけるとしたら、
ほかに呼びようがなかった。
「現実を一瞬かいま見る体験」は「生」
「生きることの美しさ」から始まる。
その美しさは、大きな悲しみと大きな
喜びが一つになったような不思議な
美しさだ。悲しみと喜びが一つに統合
され、日常生活ではとうてい感じられ
ないほどの圧倒的な力強さで心に押し
寄せてくる。胸がとても苦しくなる。
苦しいのに、生きるとはなんと尊い
体験なのかと、あふれる思いに
感極まって涙がとまらなくなる。
そして「時間」と「私」が同時に
消滅し、目の前に広がる現実が心の
目で見えてくる。
 「私」がなくなった心でまわりを
見渡すと、そこには「愛」「美しさ」
「悲しみ」しか見えなかった。テーマは
「生」への愛。この愛は、「私」が
「生」を愛するのではない。
「愛=宇宙=わたし」だった。目の前を
歩く人たち、犬や猫、目に映る生きとし
生けるもののすべてが自分と別の「個」
ではなくなり、パリ、フランス、地球
など、ありとあらゆるものが自分の
ハートとなり、やがて宇宙と一体に
なっていく。喜びや楽しさばかり
ではなく、悲しみや痛みも同時に
感じる。でも、感じているハート
そのものが美しいのだ。

 この体験は繰り返し起こった。
週に一回が二回になり、毎日になって、
ついには一日に数回と、どんどん頻繁に
なっていった。場所や時間にかかわらず、
それは唐突に始まる。スーパーで買い物中
だったり、横断歩道を渡っている途中
だったり、家でレポートを書いていたり、
道を歩いたり地下鉄に乗っているとき、
突然なんの前触れもなく起こった。
 はじめの頃はそれほど心配しなかったが、
そのうち日に何度も起こりはじめると
日常生活に支障をきたすようになった。
いくら宇宙との一体感が素晴らしいとは
いえ、スーパーで買い物をしているときに
この感覚に圧倒され、涙が出てきてしまう
のには困った。まわりの人の目が気に
なった。
 いったいこれは何なのかと何度も
インターネットで調べてみたが、適切な
検索ワードすら見つからない。
「非常な喜び」とか「素晴らしい感覚」
などと入力してみても、この現象に
結びつくような記述はどこにも見当たら
なかった。僕が体験しているこの現象は
きっとほかにも誰か体験しているはずと
思っていたところへ、日本の友達から
メールが届いた。日本で
エドガー・ケイシーのリーディングを
広める会社を経営し、スピリチュアルな
生き方や健康に関するメルマガの配信も
している菜央子さんという女性から
だった。彼女とはある友人を介してその
年の9月にパリで知り合ったばかりで、
街を案内したりベジタリアンの
レストランを一緒に探したりしたが、
僕の体験についてはまだそれほど詳しく
話していなかった。
 ところがこのとき菜央子さんから
届いたメールには、彼女が書いた
メルマガと、おもにアメリカ人が体験
したスピリチュアルな現象の証言集が
添えられていた。読みはじめて驚いた。
それはまさしく、僕が体験している現象
と同じだった。

・地球の愛を感じる
・地球上のすべての人たちと一つに
なっている感覚
・「私」がなくなる感覚
(自己の消失)
・宇宙と一つになった感覚

 僕が体験したすべてがリストに
あった。とうとう同じ体験者の声が
開けた。安心感があふれてきた。
やはり僕は気がふれたわけじゃない、
よかった!
 なにより、この現象には名前があった。
「ワンネス」。ほかにも「宇宙との一体感」

「至高体験」、「覚醒体験」、
「自己超越体験」など、さまざまな
呼び名があることを知ったが、僕には
「ワンネス」が一番しっくりきた。
体験から見た場合、「宇宙との一体感」
には位置を優先するようなニュアンスが
ある。スピリチュアルな意味合いを含む
「ワンネス」のほうが体験から学べる
内容をはっきり表わしているので、
僕はこの呼び方が好きだ。
 菜央子さんからのメールを読んで、
僕はユーレカを感じた。ユーレカとは
エウレカともいい、アルキメデスが
「発見の喜びの瞬間」に叫んだとされる
言葉だ。きっそくそう返信したところ、
彼女によるとワンネスはふつう人生で
何度も起きない体験だそうだ。僕はほぼ
毎日二、三回か、週に数回という体験が
続いていたので、変だなと思った。
それを彼女に伝えると、こう聞かれた。
「ほんとう? ワンネス体験がもう何度も
起こったの?」と。「宇宙との一体感」
または「自己の消失」を体験しているのは
確かだと思うが……。でも、体験は何回
どころではなく頻繁にずっと起きている、
というのはなんだか気恥ずかしくて言い
出せなかった。

 ワンネス。僕が体験している現象に
やっと名前がついた。
 僕の「現実を一瞬かいま見る体験」
は「ワンネス体験」になった。
 ワンネス(One-ness)--すべて
と一体となっている状態。確かにこの
英語の名称はふさわしい。自分の
母国語、フランス語ではなんと
言えばよいのだろう。すべてが
一つになるという意味の
「unicie(ユニシテ)」だろうか。

 ワンネスは脳では体験できない。
ハートで感じる。ワンネスは「愛」に
満ちあふれている。無条件で無境界の愛
だ。愛を感じる相手は、家族や友達なのか
見ず知らずの他人なのか、性別や年齢、
文化や人種にはまったく無関係で、さらに
は人か動物か、昆虫か植物か、生物か
無生物かも関係ない。地球で生きている
もの、存在しているもの、そのすべてに
愛を感じる。そこに恐れや疑いは一切ない。
 やがてその愛は地球を超え、宇宙にまで
広がり、宇宙と一体となる。
「宇宙=愛=わたし」となり、自分と
他を分けているものが無くなる。一つ
ひとつを区別できなくなる。

 ワンネス体験のはじまりは、愛だ。
愛は感動を生みだす。胸がいっぱいで
涙を抑えられない。その愛はハートを
つらぬく。アンプを調節すると音楽の
周波数が飽和するみたいに、
人間である自分がこの愛で飽和状態に
なる。ハートが愛で満ちあふれる。
この愛が、人間である僕の殻を破り、
それを超える次元の体験をさせる。
 この愛から学んだ一番大切なことは、
「私はあなた、あなたは私」。他者との
区別はない。それは頭で理解する
コンセプトではなく、身体で感じる
体験だ。「私はあなた、あなたは私」
という感覚が身体に浸透すると、
見ず知らずの他人を見ても自分が見える。
人が体験している人生に深い感謝が湧いて
くる。皆が一つの生命体のように、互いの
体験を重ね合わせているのがわかる。
 相手はただ違う自分であり、相手が
言うことなすことは、自分が言い、
なすことだ。
 これはワンネス体験がもたらす境地
のひとつだ。相手の目の中に自分が見え、
相手の声の中に自分の思いが聞こえる。
それは一対一の関係だけでなく、
自分対何万人という単位でも起こる。
脳で考えることではなく魂で感じること
なので、数はまったく関係ない。何万人が
体験して感じていることを自分の感覚
として感じたとき、それはバラバラな
はずなのに一つのハーモニーとなり、
ただただ美しかった。

 ・・・<抜粋終了>・・・」

“出典:「本山よろず屋本舗」様
       よろず屋寸話
     『ワンネスの扉』より”

最初は、背景となる知識がなくて、
自分の体験に驚いているだけだった
シャムルワさんが、なんと日本人の
女性である菜央子さんと出会って、
それが、他にも体験されているもの
だと知って安心します。
やはりいろいろな呼び名があるという
事は私たちも知っている通りですね。
至高体験や、自己超越体験、覚醒体験
ともいえますが、それらに対する
意識レベルの範囲は非常に広く
例えば、覚醒体験でもピンからキリ
まであるといった具合ですが、私の
いう絶対意識体験は、このシャムルワ
さんのいうワンネスとほぼ同じレベル
だといっていいと思います。

前回にもちらっといいましたが、
ワンネスでは、自分が宇宙の愛そのもの
であり、無条件の無限の愛であると
いう事です。
これはアイクさんやアニータさんも
いっている事と全く同じですね。

シャムルワさんは、宇宙との一体感と
ワンネスは違い、ワンネスはハートや
魂とも一体になっているという事
ですが、私が宇宙との一体感という
時もそのように、スビリチュアルなもの
として捉えていてシャムルワさんの
いうような位置の感覚はなく、時空を
超えて一体という解釈なので、一体感
という言葉をよく使います。
つまりワンネスという意味に対して
意図する事は同じだという事ですね。
これは言葉の文化の違いからきて
いるのかも知れませんね。
私が使う宇宙というのは、物理的な
時空の宇宙だけに限定されず、精神的
意識的な次元も含めての事だという
事です。

しかし、絶対意識をあまりに頻繁に
体験できる、シャムルワさんの意識
レベルはとてつもなく高い状態を維持
できているのだと思います。
しかし、常に湧き上がる歓喜に満た
されるレベルなら私たちも是非そう
ありたいと思いますね。

そうそうアニータさんも絶対意識と
ともに臨死状態から復活して、今
でもその意識とともにあるというから、
少し似ているところがあるのかも
知れません。

さて今回のエピソードで私たちの本来
の意識というものがどういうものか、
どれだけふだん真理から遠ざかって
いるかをわかっていただければいい
と思います。
シャムルワさんの今回の言葉は、その
まま私がこのブログで伝えたい事の
大きなテーマの一つでもあります。

そうそう、シャムルワさんも、こういう事に
精通している菜央子さんもベジタリアンと
いう事が、上の事からもわかりますよねー。
つまりワンネスを体験するのには、おそらく
肉食は邪魔だという事です。
もちろん個人差があるとは思いますが💦
そうそうこれは、食事が食べ物の波動を
受け取り、特に家畜の屠殺される波動も
摂取するため、犠牲的な波動、弱肉強食の
波動、分離意識の波動も得てしまうという
事は、また別の記事に書かせていただき
ます。

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ二位継続中です。💦

絶対意識編一覧

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です