超常現象と電磁界異常編のまとめ その1

超常現象と電磁界異常というのが、密接に
つながっている事がわかり、超常現象は
科学的に説明する事が可能になったのです。
これは、一般の人はなかなかすぐには
受け入れられない事だと思います。
それは、超常現象は科学的に説明のつかない
ものと、公式の見解また、教育やマスコミ
などで、徹底的に何度も繰り返されて、
それを受け入れてきたからです。
それは、つまり無防備な潜在意識に、
無意識のうちに完全にインプットされて
しまったので、超常現象=奇跡または
非科学的という感性に完全になっている人が
ほとんどなのです。
そしてまた潜在意識が現実を投影して
いる事から、このような私の記事にたどり
着かないようにも大抵なっているという
わけです。
今これを読んでいただいてる方は、柔軟で
高度な感性を持っておられる事で私の記事に
気づいた方々だと思うので、敬意を持ち
ますし、大歓迎です(^_^)
これからもよろしくお願いします。

超常現象は、れっきとした現実です。
それから目を逸らすしかない現在の公式
見解の科学というものが、いかに非現実
的か、わかっていただけるでしょうか。

本来の科学というものは、文字通り全ての
現実を理解可能な共通認識になるように
真理を探究していくものです。

さて宇宙はプラズマでもご紹介した
ように、我々の経験する現実世界は、
電磁波の発生しやすい空間で、全て
電磁波として感知観測されます。
(ラジオの電波や携帯やパソコン、テレビ
に使われるようなものだけが、電磁波
なのではなくて、光もX線も、放射能も
全て電磁波で、単位の呼称が違うだけなの
です。)

そもそも我々の五感で感知または、観測
できるのは、全て電磁波なので、電磁波を
捉える事しかできません。
そして、その電磁波のもとが、電離された
状態の空間であり、それをプラズマまたは
プラズマ空間と呼んでいます。またプラズマ
は高エネルギー状態としても感知される
ので、それは雷などのプラズマまたは
プラズマ現象だということです。
どちらもプラズマと呼ぶのは、電離された
状態の空間は極めて高エネルギーの電磁波
として感知されたり、されなかったりする
ので、本来同じものを示しているという事
なのです。
光や水もプラズマの一種だという事ですが、
つまりこれが、超常現象の時に頻繁に目撃
される白い雲や霧、また光る霧や光る水と
いった現象なのです。

我々の現実は、安定した電磁界の世界なので
ひとたび、そこに電磁界異常が発生すると
現実の安定的構造が崩れ、超常現象が
生まれるという事なのです。
その電磁界異常を示す現象が、その白い霧
や雲、光る雲や光る水だという事なのです。
超常現象と電磁界異常シリーズは、その
具体例を取り上げて説明しています。
電磁界異常というのは、例えば放射能が
大量放出されるような原発事故(放射能は
超高振動の電磁波)、人が亡くなる時
(生命は生体プラズマの循環により維持
されています)、地球のエネルギー
ボルテックスポイント(地球もプラズマ
ボールで電磁界の大きなゲートが12箇所
あります)での超強力な電磁界などです。

最後の地球のエネルギーボルテックス
ポイントつまりパワースポットの巨大版の
ようなものは、人体でいえばチャクラに
あたるので高次元の世界へ通じるゲートに
なっていますが、そこではやはり超常現象
が数多く目撃されています。その中でも
有名なのが、バミューダトライアングル
ですね。確かに航空機の計器が狂ったり、
プラズマ現象を引き起こす原因になる嵐など
電磁界異常が頻繁に起こっています。

放射能が強力な電磁波という事を、知らない
方が多いようですね。
その事を的確に説明しておられるサイトから
引用させていただきます。

“電磁波は、波長の長さによって大きく分けると
・放射線
・光
・電波
の3種類があります。

電磁波の種類  出典 総務省HP”
“出典:「マイホーム塾」様”
とてもわかりやすい画像ですね。
右端のガンマ線よりまださらに波長が短く
振動数が高いベータ線やアルファ線もあり
ます。ガンマ線を含めたこれらは放射能と
呼ばれるもので、特に強力な電磁波という事
です。
ガンマ線どころか紫外線から電離する状態
つまりほぼプラズマ状態に入っていると
いうことですね。
そうそうアルファ線という放射能は、脳波の
アルファ波とは全くの別ものなので混同しな
いようにしてくださいね。
紫外線が身体に悪いから太陽光が身体に
悪いといわれますが、太陽光に含まれるのは、
他にも多くの、人体に良い放射線が含まれて
います。太陽光はそれらを総合した形で届く
ので、身体にとてもいいのです。
人体の免疫力にとって最高のビタミンと
いわれるビタミンDも太陽光を浴びる事に
よって生成されるので、強烈な太陽光を
長時間浴びるというのでなければ、人体に
良いということなのです。
そーいや日差しのよい日に外人さんが、気持ち
良さそうに陽の光を浴びていたので、喜んで
話しかけたら、「イエス!ヴァイタミンD!」
といってたのを思い出しました。
(発音が、やっぱほんまもんはちがいます
ねー💦)

また左側に書かれていない低振動の電磁波
が我々の聴覚の範囲である音の波動、
そして脳波という事になります。
波長は逆にとんでもなく長くなります、この
図の左側でもすでに100キロほどに
なっていますが、脳波や聴覚の領域は
さらにもっと比較にならないほど長くなり
ます。そしてその波長というのは、それが
届く範囲という事ですので、まさに脳波や
音が、とてつもなく広い領域に届くという事
を意味します。
これについてはまた別の記事で書かせて
いただきますね。
とにかくここでは、放射能は超強力な放射線
であり電磁波で、電離されたプラズマ状態
であるという事は、理解していただけたと
思います。

もう一つ人が亡くなる時に生体プラズマ循環
が崩れるという事ですが、生命は生体プラズマ
循環で維持されているという事は
生命エネルギーもプラズマ
という記事に詳しく書いてます。

これで地球のエネルギーボルテックス
ポイントや、放射能事故、また人が亡くなる
事などが、電磁界異常または超強力な電磁界
のプラズマ現象につながる事は、説明できた
と思います。

そしてそのプラズマ現象が、超常現象と密接
につながるのは、我々の現実として捉える
世界が、電磁界が安定している事で成り
立っているので、電磁界が極めて不安定に
なりやすい高エネルギーのプラズマ状態では、
超常現象につながりやすくなるという事なの
です。

次回は
超常現象と電磁界異常その1
(プラズマの驚異の力その4)

超常現象と電磁界異常その2
(プラズマの驚異の力その5)

についてまとめさせていただきます。

超常現象と電磁界異常編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

「超常現象と電磁界異常編のまとめ その1」への4件のフィードバック

  1. 普段電磁界は安定しており、それが我々が暮らしている世界ですね。

    放射能などのによる電磁界異常により、超常現象が引き起こされる訳ですね。フィラデルフィア実験もこの事例ということですね
    (^-^)

    1. その通りです謙信さんありがとうございます。
      よくわかっていただけてるようで、こういう
      知識を共有できているのは幸せな限りです。
      ニコラ。テスラが手を引いたフィラデルフィア
      実験では、暴走したテスラコイルが超強力な電磁界
      を発生させて、とんでもない事態を引き起こした
      わけですねー。

  2. あんみん댊様、どうも初めまして。
    私がここに至ったのはトランプ大統領の復権後にデクラス(機密解除)が行われ、ニコラテスラの技術が解除され世の中はフリーエネルギーで困る事は無くなる、という嘘くさい話を聞いて調べた結果でしたw

    何もない空間から膨大なエネルギーを取り出せるなんてあるわけない、と思っていたんですがあんみん댊の説を読んである程度納得がいきました。

    ここに来る前にちょっと納得させる出来事がありました。
    それは米軍が開発している反重力宇宙船、TR-3Bです。
    ググればその飛行映像や画像がたくさん見れます。

    私が納得したのは、 https://www.youtube.com/watch?v=ZTjqcgyB340
    の動画を見てからです。

    TR-3Bはテスラコイルから膨大なエネルギー、1TWの電力を針の先ほどに集中させてプラズマを作り、そこにアルゴンガスを投入してガスをプラズマ化して船体を包み込むことで反重力にする。
    そうすることで光の整数倍の速度で移動できる。さらにテレポーテ-ションも可能だといいます。

    なんとなく納得ですw
    よろしければ動画ご覧になってください。

    1. カゴシマヒロシさん貴重な動画の情報ありがとうございました。
      是非時間のある時に拝見させていただきたいと思います。

      そのテスラコイルからのプラズマエネルギーで
      船体を包み込んでテレポートするというのは、
      エラーではありましたが、全く同じ状況が、
      この記事にあるフィラデルフィア
      事件で起こったという事ですね。
      こちらもよろしければご覧くださいね。
      プラズマの驚異の力 その3
      またよろしくお願いします(*’▽’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です