宇宙は全てまさかの真空です2


2回目の投稿です。そのままですいま
せん。また誤字とか気づけばなおし
ときます。

我々が、いつも目に見える世界を確かな
ものだとして、現実世界は物質の世界だと
思っている人がほとんどでしょう。
逆に物質が全くない状態を真空といい
ます。

ところが、科学的観測機器の精度の発達に
よって、真空が限りなく100%に近づいて
いくことが、明らかになってきたのです。

まずは物質の基本単位である原子の内部
から見ていくと、原子は原子核と電子から
成っています。
中央に原子の質量のほとんどを占める原子核
があって、そのまわりを電子が飛び回って
いるとされています。
原子というのは、殻にでも覆われているかの
ように想像される人もいるかも知れません
が、実際は電子の飛び回っているとされる
範囲が原子というものの全体のサイズに
なります。つまり殻はありません。
顕微鏡でのぞいたとき、倍率の低い状態
では殻付きの球のように勘違いしてました
が、精度をあげてみていくと、原子の内部
はほとんどが真空の状態で、その殻だと
思っていた原子全体の10万分の1の直径
を持つ原子核が中央に存在して、そのまわ
りをさらに小さな電子が水素原子なら
1つだけ飛んでいる状態だということが
わかったのです。しかもその電子も波動
として観測されたり、素粒子として観測
されたり、完璧なものとは定義されにく
いようなもので、それを「量子」と呼ぶ
ようにもなってきたのです。
これが量子物理学というものの基本なん
ですね。
話を戻しましょう、電子が物質として
不確かなものだとして、原子核は明ら
かな物質だという人もいるでしょうが、
まず、原子の中で、体積でいえば
数千兆分の1でしかない原子核の事を
問題にするまえに、原子の中のほとん
どが真空であることをもう一度よく考え
てみてください。
私たちが確かに物質だと思ってみている
ものは、ほとんど真空だったのですよ。
つまりほぼ何もないのです。まさかと
笑うかも知れませんが、物質を細かく
みていけばほとんど真空だと観測され
ているわけだから本当なんです。
では私たちは、一体何を見ているのか
というと、それは光の反射なのです。
光が反射してくれないことには、我々
は物を見ることができません。では光
は真空である物体の何に反射している
のでしょうか、それは干渉する波動
なのです。
まさかといわれても本当なのです。
さて極小の世界ではほぼ真空である
ことがわかっていただいたところで、
今度は宇宙に目を向けてみましょう。
今では宇宙には無数の銀河があると
いう事が観測の結果わかっていま
すが、銀河間には、銀河それぞれに
比べてはるかに広大な空間が広がって
います。その銀河間での素粒子の個数は
1立方センチあたりに0.00001個なので
ほぼ真空なのです。また銀河内でも
1立方センチの中に素粒子が数個
しかありません。
またその素粒子も波動なのか、粒子
なのかを特定できていないのです。
また星のように観測されているのも
銀河全体の4%ほどでしかないのですが
それさえも、全て真空同然の原子の
集合体でしかないわけです。こうなる
と私たちを取り巻く現実世界はほとん
どが真空だということがわかってき
ます。

感性の豊かな人ならもうお気づきで
しょうが、観測機器が発達して、精緻
にまた正確に、極大も極小もどんどん
拡大して観測、感知できるようになる
たびに、真空の範囲が広がっていった
だけなのです。
ここまで説明すれば、我々をとりまく世界
はほぼ真空だということが、わかってきて
いただけたと思うのですが、実は物質の
最後の砦である素粒子は、確かに目で見え
ているわけでもないということも、説明
しなければなりませんね。
顕微鏡が発達して原子の内部まで観測でき
るようになったといっても、レンズの精度
をあげたくらいでは、見えるようになりま
せん。代わりに電子顕微鏡というものが
開発されて初めて、原子核の内部の実体
まで明らかになったのです。
ここで、みなさんが科学の常識として、
見落としている盲点をお伝えしますね。
電子顕微鏡というものは、そもそも電子が
反射してくれることを前提とした観測機器
なのです。つまり我々は極小の世界を電子
の運動によってしか捉えることができて
いないというわけです。つまりその電子が
反射したものが、映像として我々の目に
拡大して見せられるだけで、実際に電子が
反射したものが、物質なのか波動なのかを
区別することができていないのです。
「えーでは確かな物質はないということ
ではないのではないか?」という疑問が
出てきますよね。
そうです、確かなのは真空の方だけで、
物質の方は、不確かである上に、あるとし
ても、ほぼないに等しいほどのサイズでし
かないということなのです。
ではここで間違いを正さなければなり
ません。この現実世界で確かなのは、
物質ではなく、真空だということなの
です。でも目に見えているのは確かに物
のように見えますよね?
それは我々の視覚特有の解釈なのだと
いうことです。
もっとわかりやすくいえば、我々の肉体
特有の感じ方ということなのです。
ということで真実は我々をとりまく世界
は真空で、我々が物質と思ってみた世界は
肉体の感じる「思い込みの世界」だと
いうことだったのです。
我々は物だと思ってみているものは光の反射
だといいましたが、その光の波長も限定され
ていて、宇宙の波長の全領域の0.005%
のさらに小さな範囲が視覚領域なのです。
つまり我々はほぼ盲目ということですね。
では真空には何もないかというとそうでは
ありません。波動やエネルギーはあるの
です。
次回は、そのエネルギーや波動の事を書い
ていくことにしますね。

もう一回投稿編一覧

宇宙の真理編一覧

トップページ

双子座5度

これからほぼ毎日サビアンシンボル360度
を一つずつ紹介していこうと思います。
せっかくだから太陽のサビアンシンボルが
ほぼ毎日変わるので、今日の太陽のサビアン
シンボルとして紹介していけば、一年後には
全部ご紹介できると思います。
この毎日の太陽のシンボルは、人々の集合
意識に対して働きかけられる宇宙エネルギー
の種類だと思ってください。
つまり毎日、今日は事故に気をつけて
くださいとか、けんかした相手と仲直りの
チャンスとか、人々にその日に役立つよう
な、ヒントやエネルギーを暗示するの
です。
いわば昔の日めくりカレンダーよりも、
高度なものといっていいでしょう。
修三さんの日めくりにもなんとか気持ちで
負けないようにしなきゃ。
ただし今日の太陽のサビアンシンボルと
いっても正確には、今日の夕方17時頃
からのシンボルなのです。
最近はこのような時間帯にシンボルが
変わるのです。
そもそも地球は太陽のまわりを、約365
日かけ一周するのに対して、サビアンは
360度なので、ほぼ毎日ひとつずつの
シンボルがあてはまりますが、少しずつ
ずれてくるのです。
この時期夕方にきりかわるといっても
太陽のサビアンの効力は前後数日にわたって
有効なので、特に大きな問題でもないので
すけど、念のため説明させていただきま
した。しかもその効力は先へ2日から3日
ほど、前の日へ1日ほどというのが目安
です。
ということで今日の夕方から翌日の夕方
までのシンボルを「今日のシンボル」
といっても、効力の点から見ればほぼ
間違いないということになります。
というわけで、他ではみられない
ここだけのあんみんのサビアンシンボルの
解釈と解説をお楽しみください。
では今日の太陽のサビアンシンボルは
双子座5度「過激な雑誌」です。
スタートがこれですか。なんか私の
レベルに合わせたリズムなんでしょう
かね。
意味は、大衆意識への効果的な働きかけ
というものになります。
はっきりとしたシンボルですが、意味
を取り違えないために、神秘的な角度
144度のシンボルに尋ねてみると
理解できることがよくあります。
サビアンシンボルはエリスフィラーの
チャネリングが完全に裏向けたカード
を一枚ずつシャッフルしながら描き
だしたものなのにかかわらず、360
度のシンボルのそれぞれのシンボル
イメージが、西洋占星術において意味
のある角度で、見事な暗示のつながり
を示していることがほとんどなのです。
このことも、多くの占星術家の心を
捉えてはなさない、サビアンシンボル
の奥深さの一つであります。
五芒星は古来より世界中で神秘の
形として知られ、描き方はみなさんも
よくご存知の通りです。
一筆書きで星マーク☆を書くときに
頂点を一つ飛ばして、線を引いていき
ますよね。これって正五角形の頂点を
結んだ形が五芒星ですから144度
の角度で次の線を引いていくことに
なるのです。
そしてこの144度は占星術では
バイクインタイルといって、意味の
ある角度とされているのです。
あんみんは、この144度の角度も
かなり重要視してますので、これから
たびたび出てくると思います。
さて今日の「過激な雑誌」に対しての
144度にあたるシンボルは二つあります。
天秤座29度
「互いの知識の範囲に橋をかける方法を
模索する人類」と
山羊座11度「キジの大きな群れ」です。
どちらも集団意識とその意思疎通に焦点
が合っていて、今日のシンボルと神秘的
につながっているのがよくわかりますね。
つまり占星術の知識さえないエリス女史が
全くランダムに裏向けられているカードで
この占星術で意味のある角度に、つながり
をもたらすなどということは、通常の人々
の能力では完全に不可能ですよね?
だからこそサビアンシンボルは凄いの
です。
しかも占星術で意味のある角度はこれだけ
ではありません。
シンボルの解説には、90度(スクエア)
や180度(オポジション)などの占星術
でメジャーアスペクトと呼ばれる角度なども
よく使用します。
90度は、マイナスまたは反対のエネルギー
で、180度は同じエネルギーですが、
対称的なあらわれ方をしているものとなり
ます。このような占星術の角度においても、
サビアンシンボルは、その意味でつな
がっているので、どれだけ奥が深いのかと
驚嘆せざるを得ません。
まあまだ解説を読み始めた方はきょとんと
されているかも知れませんが、いずれ
貴方もこのサビアンシンボルとあんみんの
虜になること必至です。
「あんみんの」は余計じゃー!という声が
聞こえてきましたね、すいません確かに
どうかしておりました。きっと今日の
シンボル過激な雑誌に目がいきがちな
あんみんの俗っぽいところが出てましたね。
以後気をつけます<(_ _)>
そして今日は180度の対称的な
シンボルも紹介しておきましょう。
今日のシンボルに対して180度の角度
にあたるのは、
射手座5度
「木の高いところにいるフクロウ」です。
これは知恵の神であるフクロウが、夜の
しかも木の高いところにいるため、
大衆の意識からは遠い場所に貴重な
知恵や意識があるという暗示となります。
見事に俗っぽい今日のシンボルとは
対称的な暗示の意味になるのがわかり
ますよね。
しかし、今日は集合意識が共感を広げる
という意味で、わりと誰とでもコミュ二
ケーションが取れるような事にエネルギー
があるという暗示です。もちろん過激で
なくても、楽しい事や面白い話題で、簡単
に人がつながるのも良いことですよね。
対称にあるような難しい知識やレベルの
高い意識も伝わらなければ、共感しあう
ことはできませんよね。
今日は、「共感」を大切にしたいという
日です。
今日はサビアンシンボルの最初の紹介
なので、こんなに長くなることばかりでは
ありませんが、こんな感じで記事を書いて
いきますので、よろしくお願いします。

あんみんのサビアンシンボルへ

双子座一覧へ

トップページへ

かくなる上はーもう一回シリーズ

おとといからTwitterをやりはじめたの
ですが、今までの過去記事ももう一度
ツィッターにアップしたいと思って、
いろいろ調べてたら、自動でランダムに
過去記事をツィッターに投稿してくれる
というプラグインを見つけました。
「Rivive Old Post」というやつなん
ですけど、インストール・有効化して
ネットで調べた通りにやったら日本語の
設定ページが開くはずなのに出ない💦
しかも英語で出てきたところに、なんか
ツィッターと連動するアカウントを作成
するページに入るのに、APi キーの記入を
させる欄が出てきて?????調べたら、
また取得がややこしそうで断念。
で、プラグインから削除してまた再イン
ストールを実は昨日から今朝までに5回
も繰り返してます。あほです。いつかは
ネットの紹介通り、日本語の欄が出てくる
事を期待してたんでしょうね(自虐の笑)
で、同じような機能だといって紹介して
た「Tweetily」というプラグインを、
インストールしたのですが、今度は
「有効化」できずエラーの表示。これを
また昨日から今朝にかけて五回以上繰り
返しました。なんだか振り返るとなんかの
エクササイズなんだろかと思いますよね。
あと手動で記事を再投稿するのもとても
面倒な感じなので、だったらもはや新規
としてもう一回投稿した方が早いという事
にたどりつきました。これなら自動で
ランダムという、とてもしっくりこない
感じじゃないから、また自分も振り返りが
できるのでいいかもと思って、この答に
ようやくたどり着きました。
思えば人生での凡ミスは、もの心ついて
から、毎日数度ずつやってきたような
気がします。運動神経は悪くないので、
動きは素早いですが、どんくさい💦
これがあんみんというやつです<(_ _)>

雑記編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

DNAの驚異の力 その5


まず今回はかなり内容の濃い記事になります。
まずは、100年以上も前にフリーエネルギー
を実現させていた、ニコラテスラ氏とその他の
研究家が提唱していた。スカラー波というもの
をご紹介しましょう。
スカラー波とは真空から無限に発生すると
エネルギーの事で、仮想のものとして、公式
の科学界では定義づけされています。
しかし、それは真空という、振動が0の状態
からエネルギーが生まれるという事を、実験
で証明できないという理由からで、現実とし
て、ニコラテスラは、そのスカラー波を生み
出す仕組みをもとに、真空からフリーエネル
ギーを取り出すことに成功していますので、
架空のものという意味ではありません。
量子物理学の分野では、すでに真空から
発生する物質やエネルギーの存在を認めて
いて、自然でもテスラー波が生み出される
仕組みが、銀河、ハリケーン、竜巻、
DNAのエネルギーとして、説明されたり
もします。
真空からエネルギー、つまりスカラー波が
生まれ出る仕組みがどんなものか説明
しますと。
全く同じ振動数を持つ二つの電気の波が、
完全に逆向きから流れ、二重螺旋の状態
になり、一方の電磁波がもう一方の電磁波
を打ち消し合い、電位差0になります。
その時その電磁波は真空に消えていったの
ではなく、スカラー波に変換されたという
事です。そしてまた逆に真空から変換
されたスカラー波は、無尽蔵の電磁波
として我々が感知・観測できる状態になる
という事です。
つまりこの逆向きで互いに、距離を保った
まま、電磁波を打ち消し合う二重螺旋の
構造は、真空から無限にエネルギーを
取り出し循環させる仕組みになって
いるということなのです。
これが銀河や竜巻、DNAが継続的に
エネルギーを生み出し続ける仕組み
だという事です。
そして、我々の宇宙はほとんど全て電磁波
のもとであるプラズマだと説明させて
いただきましたが、このプラズマとスカラー
波は、ほぼ同じ意味だと捉えていいと思い
ます。もちろんこの二重螺旋構造に、別の
力が加われば、その循環は終わりますが、
これも竜巻やハリケーンが、地球の大気と
干渉し合うことによって、動きを止める
という理由にもなります。
しかし、永続的に循環を生み出すことが
できる構造が、トーラス構造なのです。
トーラス構造は、メビウスの電磁波の
流れを生み出し循環しているので、
ちょうど軸になる空洞の部分で、その
二重螺旋のエネルギー構造ができます。
そしてトーラスの構造が、そこで生まれた
エネルギー循環を継続させる構造に
なっているということです。
ちょうど下のモデルのようなもの
です。

“出典:「はーとふるユニバース」様”


“出典:「末日聖徒イエス・キリスト
教会の会員の聖典研究」様」”

さて宇宙エネルギーの基本形態はトーラス
でも説明させていただいたように、この
エネルギーモデルは、宇宙の極大から極小
までみられるものです。
となると人間の生体システムにもあるという
ことですね。
事実我々の体内の60兆個ともいわれる
細胞にエネルギー産生を担うミトコン
ドリアがありますが、その中には、
それぞれ数千ものメビウス
スーパーコイルの形状をしたDNAが
あるとされています。、もちろんこれは
スカラー波を生み出すトーラス循環
システムです。
つまりこれが、生体内でのプラズマ
エネルギー循環を実現させている仕組み
だという事です。
そのことについて書かれている記事を
ネットから引用させていただきます。

“体は常にこれらのユニバーサルスカラー波
を生成しています。 スカラー波は、同じ
周波数の2つの電磁波が正確に位相がずれ
ている(互いに反対の)ときに生成され、
振幅は減算し、互いに打ち消し
合うか、または破壊する。 結果は、磁場の
消滅ではなく、エネルギーのスカラー波へ
の変換である。 このスカラー場は、潜在的な
真空状態に戻りました。 スカラ波は、
メビウス(möbius)コイルの形状の図8の周り
に電気ワイヤを巻くことによって作り出すこと
ができる。 電流がワイヤを逆方向に流れる
とき、2つのワイヤからの対向する電磁場は
互いに打ち消し合い、スカラー波を生成
する。

私たちの細胞のエネルギー生産センター
(ミトコンドリア)のDNAアンテナは、
スーパーコイルと呼ばれるものの形を
とっています。 [3]スーパーコイル
DNAは一連のメビウス・コイルの
ように見える。 これらのメビウス
スーパーコイルDNAは、スカラー波を生成する
ことが仮定されている。 体内のほとんどの
細胞には何千ものメビウススーパーコイルが
含まれており、細胞全体と体全体にスカラー
波を生成しています。”
“出典:「Scalar Heart Connection」様の
「スカラー波と人間のメビウスコイル
システム」
という記事から、
google翻訳したものを引用しています。”

これで我々の生命体が、断食をしていても
エネルギーを補充して、循環させている
仕組みも、説明できることになりますね。
またこのDNAは、この二重螺旋構造により
常温での超伝導も実現しているとのこと
です。
この事について説明してくれている、
ロシアのアカデミーに所属している佐野教授
の記事から引用させていただきます。

“ところで生体内でDNAが作動している時に
は、二重螺旋のそれぞれの1本螺旋には
電磁誘導により逆向きの電流が流れる。
何故なら片方の螺旋の端子の間に温度差が
有れば温度が高い端子から低い端子に
向けて電位差が生じて電流が流れ、周りに
磁場を作るが、それと平行なもう1本の螺旋
にはその磁場を丁度打ち消す電流、つまり
逆向きに、しかも電気抵抗が小さい場合には
ほぼ同じ大きさの電流が流れる事となる。
その結果ほぼ零磁場となり、トポロジカル
超伝導が引き起こされ、電気抵抗がほぼ
完全にゼロとなる為に、次の瞬間から
大きな電流が熱も全く発さないまま流れる
事となる。その大きな電流エネルギー
(それは抵抗による消費エネルギーを遥かに
超えたエネルギーである)はエーテルを取
り込んで得たエネルギーである。

ここに生命体では整然と強力に秩序立った
生命活動が行われる原因が有るのであり、
またエーテルからエネルギーを取り込んでも、
それがmc^2の変換式に則って生命体の質量を
増加させない理由は、本論の当初にも述べた
如く、質量をトポロジカルにゼロにするから
電気抵抗がゼロとなる、つまり質量をゼロに
縮小させている(これは或る意味で反重力
効果である)仕組みがあるからであり、
又生命体が自己の周囲に常温プラズマを
発する原因が有るのである”
“出典:「DNA二重螺旋はトポロジカル
超伝導体!ロシア科学アカデミー
スミルノフ物理学派:佐野千遙」

つまりDNAのこの常温での超伝導が実現
している事を説明しておられるわけですが、
少し難しい説明ですよね。
とにかく、超伝導の状態というのは、
人工的には実現させるのがとても難しく
、とんでもなく冷却した温度で実現可能
となります。たとえばアルミニウムが媒体
の場合、マイナス1000度まで冷却
しないと実現しません。ですが、DNAは
それを、常温で実現してしまえるのです。
我々は、人体が現在のテクノロジーでは
全く歯が立たないほど精巧に出来ている
事を、驚きを持って理解しなければなら
ないのではないでしょうか。
まさにDNAの驚異の力が、ここにも
あらわれているのです。
そして、生体プラズマ循環もこのDNAが
担っていることを佐野教授は示唆して
おられますが、まさに、我々の生体
エネルギーは、DNAによってもプラズマ
循環しているという事なのです。
人体は、フラクタルな相似状態にあるので
その循環は、心臓を中心とした電磁波の
トーラス構造にもみられます。

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

あなたの双子座25度


双子座25度のサビアンシンボルは
「パームの枝を刈る男性」です。
このシンボルが太陽にある人は、とても
知性豊かな人になるでしょう。
枝を切っていくというのは、試行錯誤
して、正解を導き出そうとしている
様子というわけです。
また枝を雑念と置き換えてもいいので、
目的に向かって、まっしぐらに
突き進んでいこうとする性質も備わって
います。
合理的な考え方をする人で、社会では
有能ですが、人間関係や異性に対しては、
その雑念や心の余裕が大事になるので、
人間的な幅を、若い内に学べるかが、
豊かな人生を送れるかどうかの鍵と
なります。

このシンボルが水星にある人は
研究家や、発明家、学術関係に著しく
才能を発揮するでしょう。
木星にある人は、企業の中で、優秀な
人材として重用されたりします。
金星にある人は、人間味豊かな友人や
異性との出会いに恵まれます。
土星にある人は、目的を達成するのに
何度も邪魔が入るような暗示です。

あなたの双子座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ

サビアンシンボルとは?


まずはこのブログの中心テーマ
「サビアンシンボル」の紹介をします。

1925年アメリカ カリフォルニア州
サンディエゴにおいて
超能力者エリスフィーラー(注1参照)が、
神秘家であり占星術研究家である
マーク・エドモンドジョーンズ氏の発案で、
占星術で使われる12サインの
シンボルマークとそれを30度にわけた
度数を全く表からは見えないカードに
書いて、合計360枚のカードを
シャッフルしていきながら、それぞれの
カードを裏向けて、チャネリングイメージを
思い浮かべるという試みか゜行われたの
です。
その思い浮かべられたイメージを口頭で
描いてもらったのを、マークエドモンド
ジョーンズが一枚一枚書き留めていった
ものが、360種あるサビアンシンボルと
呼ばれるものなのです。
そのカードの表面は最後の一枚まで、
彼女は知ることなく。一枚終わるたび毎に
裏向けたまま丁寧にシャッフルされていた
ので、全く裏向けたカードのシンボルサイン
と度数(乙女座の♍29とか
牡牛座の♉15など)は全く意識
しないままエリス・フィーラー自身の
霊的超常能力による純粋なチャネリングが
行われたのでした。つまり占星術としての
知識はほぼないエリスフィーラーが、
その実験をおこなったことになります。
ところでそれらのシンボルがとても
占星術として意味のあるものだと看破
していたのは、当のエドモンド・
ジョーンズ氏だけではなかったのです。
とりわけサビアンシンボルを研究する前に
すでに占星術界で名をはせていたディーン・
ルディア氏によって、占星術にとても意味の
あるシンボルとして、体系化されて
「サビアン占星術」として世間に発表した
のが、この占星術の発端とされています。
それ以降多くの占星術家が、このシンボルの
魅力に取り憑かれたように、それぞれの解釈
でサビアン占星術を研究し、鑑定に使用する
ようになったというわけです。 日本では
第一人者として知られ、最も有名な
サビアン占星術研究家であり、占星術鑑定家
でおられる松村潔氏が著書
「神秘のサビアン占星術」 や
「決定版決定版サビアン占星術」
(ともに学習研究社刊)で詳しく
サビアン占星術を紹介、解説しておられる
ので、一度手にされてはいかがでしょうか。
同じくサビアン占星術研究家の第一人者と
いわれている直居あきら氏も、
「定本サビアン占星学」
「究極のサビアン占星学」
(ともに魔女の家BOOKS刊)でこれもまた
詳細に、サビアン占星術を詳しく解説して
おられます。これもおそらく難解ですが、
もし興味のある方は読まれるといかに、
サビアン研究を奥深いレベルにまで研究
されたかと感心されることと思います。
もちろん松村氏の解釈もわかりやすい上に
奥深い解釈なのでこちらは、サビアン占星術
をこれから勉強しようとか、とにかく興味が
ある人たちにおすすめです。わたくし
あんみんは、これらの先生方の著書を読んで
学び、また独自の神秘研究また超常現象や
物理学などの研究で培った知識と感性を
それに加えた独自のサビアン占星術を創り
だしたというわけです。

(注1:日本での訳し方は透視能力者
とありますが、我々一般の日本人が
透視するというとイメージするのは、
たとえば見えない箱の中身を言い当てる
くらいのことですが、未来予知や遠隔透視
などは意味の中に入らないので、
エリスフィラーが示していたのは、
霊的な能力による未来予知などの超能力
だったのです。というわけでこの場合
超能力者として紹介した方が真実だと
いえると思います)

もう一回投稿編一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページへ