ラットの細胞がジェット機を操縦する!?   学習するバイオコンピューター


細胞は半導体という記事で、人体が
バイオコンピューターである事の
説明をしましたが、細胞自体が
環境の刺激を受けて学習していく
ものである事の絶好の実例があります。
なんとネズミ科のラットの細胞が、
ジェット機を操縦する事を覚えたと
いうウソのような、科学的実験成果
なのです。ちなみに人のDNAの遺伝子
とネズミの遺伝子は、99%までが同じ
であるという事が、すでに明らかと
なっています。

DNAには遺伝子以外の非遺伝子部分が
97%もあり、ジャンクDNAと
呼ばれていましたが、近年ロシアの
科学者が、言語などの元型パターンで
ある事や、意識そのものを示している
と研究でつきとめていますので重要な
部分です、これはもちろんラットの
DNAとは大きく違いますが、機能的には、
遺伝子部分が司るので99%一致している
ヒトの細胞の機能の良いサンプルにも
なっているという事です。

そして全てのDNAの部分が「学習」や
「言語」「波動」「意識」「電磁気
信号」「音楽」「感情」などによって
書き換え可能で、刻々と実行されてい
ます。特に97%の部分にそれが顕著に
あらわれているという事をロシアの
科学者が、つきとめてくれました、
今回もその一例だという事です。

そのラットの細胞の学習についての記事
をネットから引用させていただきます。

「」内が引用で、~は中略です。

「「ネズミの脳」が飛行機を操縦

フロリダ大学で、ペトリ皿に載せたラッ
トのニューロン(神経細胞)2万5000個を
電極につなぎ、フライト・シミュレーター
の飛行機を操縦させる実験が行なわれて
いる。この「脳」はこれまで、機体の縦
ゆれと横揺れをコントロールできる程度
にまで操縦方法を学習した。研究の
最終目的は、ニューロンどうしが
ネットワークの中でどのように情報を
やり取りしているかの解明にある。

フロリダ州のどこかで、ラットの体から
切り離された2万5000個のニューロン
(神経細胞)が、米軍の最新鋭ジェット
戦闘機『F-22』の操縦について考えて
いる。
 これらのニューロンは、マルチ電極
アレーの上で培養され、生きた「頭脳」
を形成している~。そして、これが
デスクトップ・コンピューター上の
フライト・シミュレーター~に接続
されている。シミュレーター上の飛行機の
水平/垂直方向の動きの情報が電極からの
刺激によって脳に伝達されると、ニューロン
は興奮し、ある種のパターンの電気信号を
発生する。その信号パターンを利用して、
「身体」――この場合はシミュレートされた
飛行機――を操れるようにしているのだ。
 フロリダ大学の医用生体工学教授で、
このプロジェクトに1年以上取り組んできた
トーマス・デマース博士は、「ちょうど、
ニューロンが飛行機の操縦桿を前後左右に
操作しているようなものだ」と説明する。
「われわれは電極を使って、ニューロンの
活動を記録したり、刺激を与えて
ニューロン間の対話に耳を傾けたり、
神経ネットワークにフィードバック情報を
入力したりできる」
 脳は現在のところ、晴天からハリケーン
なみの強風というさまざまな気象条件のもと
で、シミュレートされたF-22の機体の
縦ゆれと横揺れをコントロールできる程度に
まで操縦方法を学習した。当初、脳は
「身体」である機体をコントロールする方法
を知らなかったため、まともに飛べ
なかった。しかしニューロンは次第に、
機体を安定させ、まっすぐに水平飛行させる
ことを学習した。
 「現在の学習のプロセスは極度に単純化
されたものだ。基本的に、操縦桿を右か左か
前か後ろかに動かす判断を下し、どの程度
飛行体勢が悪くなっているかに応じて、
操縦桿をどれだけ倒せばよいかを学ぶ」
とデマース博士は説明する。
“出典:「WIRED」様”

要するにラットの神経細胞に電気的な
刺激で情報を与えて、操縦桿を操作
する方法を学習させたところ、なんと
ハリケーンなみの強風下でも機体を
コントロールできるようにもなった
という事なのです。
「ラットが実は天才?」いえいえ、生物
の細胞には、環境からの電磁気情報を
学習する能力があるという事の証明
なのです。
私たちが、歩く事を学んだり、スポーツ
の技術を習得したりするのも同じように
細胞レベルでの「学習」が行われると
いう事なのです。
その学習は、細胞が電磁気の情報を
受け取り、それを保存し、変換する
事によって行われるというもので、
まさに生命がバイオコンピューター
である事を証明しているという事
なのです。
もちろん視覚からの情報で、読み書き
や数学などを学習するのも同じしくみ
ですね。

もちろんこれによりDNAのプログラム
にも、追加情報として影響を与え、
書き加えられたり、書き換えられたり
するという事なのです。

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

「ラットの細胞がジェット機を操縦する!?   学習するバイオコンピューター」への4件のフィードバック

  1. つまり人体は高性能のバイオコンピュータだが、残念ながら欠陥部分も内包しているということですね。

    具体的には、高性能の右脳を誰もが備えているにもかかわらず、ほとんどの人が使えないという・・・それと、詳細は忘れましたが、あんみんさんも欠陥品だと書いてましたね。

    1. 謙信さんありがとうございます(^^)
      えー謙信さん(゚ロ゚)
      あんみんさんも欠陥品って(・0・)
      いやもちろん違う意味だと思いますが
      謙信さん、いまの書き方だと
      あんみん=欠陥品になってしまい
      ますよー
      まあかなりの意味で当たって
      ますが、人様からいわれると
      きついー
      たぶん「バイオコンピューターが欠陥品
      だと説明したのではなかったか?」
      とおっしゃってるのですね。
      いえバイオコンピューターとしては、
      人類の現在あるどんなテクノロジーも
      はるかに追いつかない、圧倒的なレベル
      ですよ。
      ただしそれを正しく使えていないという事
      です。
      つまりそのコンピューターにインプットするのを
      我々とは別の存在にさせてしまっていると
      いうわけです。
      我々自身がそのバイオコンピューターに
      プログラムをインプットするように
      変えていけば、とんでもない能力を
      発揮できるのが、このバイオコンピューター
      「人体」という事です。
      わかっていただけましたでしょうか?

  2. 誤解を与えてすみません(>_<)

    あんみんさんには敬意を抱いているので、欠陥品だなんてとんでもないですよ(^-^)

    毎日学ばせてもらってるので感謝しかないです。

    1. すいませーん(^^)
      逆に気を使わせてしまって
      いや全然気にしてなかったんすけど
      そのように書いた方が調子が
      出るかなと思って、妙な取り方しました。
      すいませんほんと(^^)
      とにかく精巧なバイオコンピューター
      である人体のプログラマーは
      私たち本来の意識でないと
      だめですよーという事を
      いいたかったのですー(^^)
      身体のプログラムに従うばかり
      では、人生を振り回される
      だけだという事です。
      とはいっても私も振り回されて
      ますけどねー(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です