突然死する接種済み運転手!さらに遠隔から操作される危険もある!


偽の感染症つまり偽コロナプラン
デミックをまともに信じている
人が多いからか、接種済み者が
のきなみ副作用で苦しんで外出でき
ないからなのか、はたまた経営困難
で倒産・廃業が爆発的に増加している
ために、流通そのものが冷え込んで
いるからなのか、いずれにせよ道路に
車が少なくなっている気がします。

最近の記事で取り上げたように、
接種済みの運転手の認知異常や、
突然の意識不明、また脳梗塞
などでの事故がこれから急増する
というような事も言われてました
が、今のところ交通事故が爆発的に
増加しているという報道はあまり
目にしません。

脳に超危険なPEGやスパイク
タンパク、酸化グラフェンなどが、
PEGの働きにより血液脳関門を
突破して、脳内に侵入する事になる
ので、認知症になる人、悪化する人
血栓による脳梗塞や突然の意識不明
や認知異常、そして視覚異常から
失明、半身麻痺などあらゆる障害が
運転中に起こる可能性が高い事から、
交通事故が、爆発的に急増するかと
思いきや、今のところそこまで
危険な状態というニュースは流れ
こんできていないようです。

ただワクチン接種が原因と考え
られる事故は、やはり増えている
という記事がありましたので
観てみましょう。

『』内が引用で、~が中略です。


(引用注:接種済み者の意識がとぶ
事が多いようです。
フリーズという表現の方が、意味が
伝わりやすいかも知れません。
要するにワクチンを打った事により
意識を失うなどの副作用が多発して
いるという事です。)

【打った人だけの問題じゃない】
ワクチン接種と交通事故のリスク

メディアはワクチンによる深刻な
副反応や死亡ケースについては殆ど
報道していませんが、かなり多くの
人達に副反応が出ており、多くの
高齢者が死亡しています。
グローバリストの人口削減が実施
されてしまっています。

ワクチン接種後に頭がぼーっとしたり
めまいがしている人も多いようです。
そのような状態で車を運転すると
どうなるか。。。想像しただけでも
ぞーっとします。

ノースカロライナのトラック・
ドライバー曰く:

私は会社を興してから毎日働いて
きます。毎日自宅からI-40を経由
してローリー・ダラムのオフィス
まで車で通勤しています。
最近、様々な種類の車両による奇妙
な交通事故が増えていることに
気づきました。
多くの場合、一車線の道路を走行中
に突然車両が道路脇につっこみ衝突
しています。悪天候が原因では
ありません。
また、私は、車を左右に揺らして
走らせたり突然ブレーキを踏み
ノロノロ運転を始めたりしている
ぼーっとしたドライバーに出くわす
ようになりました。
オーストラリア人曰く:
ここオーストラリアでも同じような
怪現象が起きています。最近、
意味不明の交通事故が頻発して
います。
突然、車が道路脇の溝や川に落ちたり、
電柱や他の車に衝突したりしています。
しかもスピードを出していないのに
です。まるでドライバーが運転中に
然心臓発作を起こし意識を失ったかの
ような感じです。
2、3週間前からそのような変な事故
が起きていますが、特に先週からは
かなり増えています。

デルタ航空の機長がフライト中に
死亡したそうです。

“出典:「Seah@ichimi」様の
note記事
ワクチン接種者による事故が
増えている?より

絶対数は、まだ多くないのかも
しませんが、これからむしろ増えて
くると予想されるのが、拙者済み者
の運転中の身体異常による事故
という事です。

またPEGや酸化グラフェン、
スパイクタンパクが脳内に侵入
する事からの危険性だけでなく、
体内に入り込んだグラフェンと
5Gシステムの電磁波の相乗
電磁波作用により、致命的な健康
被害が起きるケースも当然考え
られるし、もしターゲットとなって
しまえば、5G電波塔単独でも、
電磁波照射により、遠隔から心臓
麻痺を起こす事などは容易にできて
しまうので、体内に電磁波の受信に
最適な媒介物となるグラフェンが
入り込んでいれば、より致命的な
攻撃となる事は間違いないのです。

またこれも以前から記事で警告して
いた事ですが、遠隔からの身体操作
マインドコントロールもすでに技術
は完成しているので、さらに注意が
必要です。

とにかく接種済みの方に運転を
まかせないか、同乗しないように
する事も必要だと思います。
もしそれが難しかったら、何か
起こった時に運転を代われるので
あれば代わって、運転中に突然と
いう事であったら、助手席から
素早くハンドルを奪い
ブレーキペダルを踏める態勢に
なるように準備しておいた方が
良いでしょう。

さて接種済みの方の運転にも気を
つけるという事でしたが、まだ
他にも自動車事故の危険がある
のです。最近は電子制御されている
車が、かなり増えてきているので、
そうなるとターゲットにされれば、
その自動車の電子制御システムが
ハッキングされ、運転手は何も
操作できず、ハッキングした者が
自動車を思いのままに操作して事故
でもなんでも起こせるように
なるという事です。

私も去年の6月にそのコメントを
ツイートしています。

プリウスなどは、ハッキングしやすい
ようで、児童の列にわざわざ
突っ込ませるのだから、当然彼ら
支配層のシナリオの目的のために
という事で、決して個人的な理由
でないのは明らかでしょう。
児童を対象の人口削減もそうですし
淘汰したい高齢者のイメージを悪化
させ、そして高齢者自ら運転を辞め
させて、行動の自由を奪う事。

そしてさらに人間の運転では、完全
な安全性は得られないから、
電子制御によって、事故の起こらない
システムを自動車に内蔵させる
べきだというコンセプトを業界に
広めて、結局彼らの望み通りに
遠隔からより容易に、自動車を操作
できるシステムを取り入れさせる
というような諸々の目的を果たすために
故意に起こされた事故だったという
わけです。

京都街宣メンバーのコーヒー豆
さんの投稿ですね。

遠隔操作についての詳しい記事が
以下との事。

『』内が引用で、~が中略です。


[福岡タクシー暴走]プリウスは
遠隔操作出来るらしい
[ペンタゴンが実験済]
2016/12/8 2016/12/9 コラム

福岡でタクシー(プリウス)が
暴走して死傷者が出た事件ですが、
マスゴミの論調では「64歳の
男性運転手がアクセルとブレーキ
を踏み間違えたのではないか」
という感じで統一されています。

私もその可能性が高いとは思い
ますが、アクセルとブレーキを
踏み間違えた状態で60mも間違いに
気付かずに走り続けるなんてこと
が本当にあるでしょうか?

前回の記事でも検討した
制御コンピューターの不具合や
ハッキングの可能性が、実は案外
低くないというお話です。

サンスポの記事
スマホ侵入に2分、プリウス
勝手に急加速… ハッカー
“遠隔操作”の恐怖

http://archive.is/VFtPv(魚拓)

 ところがハッカーたちの“魔の手”は
もっと危険なところにも忍び寄って
いました。米国の善玉ハッカー2人が、
車載コンピューターによって電子制御
されている最近の乗用車は、
ハッキングによって第三者がハンドル
やブレーキを簡単に操作できるとの
衝撃的な報告書を公表したのです。

7月28日付ロイター通信や同29日
付フランス通信(AFP)などに
よると、2人の善玉ハッカーは、
米コンピューターセキュリティー
サービス会社「IOアクティブ」の
情報セキュリティー担当、クリス・
バラセク氏と、簡易ブログ、
ツイッターのセキュリティー・
エンジニア、チャーリー・ミラー氏
です。

2人は米国防総省の技術研究機関
、国防高等研究計画局が支援を受け、
トヨタ自動車の「プリウス」と
フォードのSUV「エスケープ」の
車載コンピューターをハッキング
した数カ月にわたる実験結果を
100ページの報告書にまとめ、
公表したのです。

2人は後部座席に座り、普通の
ノートパソコンを運転席のそばに
ある車載コンピューターのシステム
にケーブルで直結、簡単にハッキング
を成功させ、電子制御プログラムを
改竄(かいざん)しました。
1996年以降、米国車に義務付け
られた車載コンピューターのシステム
が特に脆弱(ぜいじゃく)だそうです。

そして、2人が報告した実証実験の
結果は本当に恐ろしいものでした。
運転手は何もしていないのに、
2人が後部座席でパソコンを操作
すれば、勝手にヘッドライトが点灯
したり、クラクションが鳴ったり
しました。さらに、時速約
130キロで走る「プリウス」に
勝手にブレーキをかけ、ハンドルを
自在に動かし、エンジンを加速させる
ことにも成功。また低速で走る
「エスケープ」のブレーキを、運転手
が踏んでも作動しないようにしたと
いいます。

やはり、車載コンピューターに侵入
出来れば、運転手の操作に関わらずに
車を自由に動かせる事がわかります。

外部からの遠隔操作は実証済み
「可能性を検討したくない人達」は、
こういう記事を読んでも

車と直接ケーブルで繋いだから
出来ただけだ
運転中の車に外部からハッキング
なんて出来るわけがない
この運転手が狙われる理由が無い
こんな事を言って思考を停止して
しまいます。

しかし、現実はそう甘くはないのです。

 しかし、こんなことで驚いている
場合ではないのです。実は今回、2人
は遠隔操作によるハッキング実験は
行いませんでした。なぜか。理由を
知ってビビりました。「もう、前に
別の人が成功させちゃってるん
だよね」。

そうなんです。実は一昨年、別の学者
グループがブルートゥース
(短距離無線通信技術)とネットの
ワイヤレス・ネットワークを使って、
乗用車の車載コンピューターを
外部からハッキングし、遠隔操作する
ことに成功していたのです。

この手の技術は、大衆の目に入る何年
(下手をすれば何十年)も前に実用化
され、軍や機密情報機関などで使われ
ます。

「可能性」を検討もしない人々
人工地震の技術も第二次世界大戦中には
実用化され、米軍が地震と津波を
予告するビラを撒いたり、戦後も国内で
人工地震を認める記事なんかも出て
いましたが、大衆は忘れっぽいので阪神
や東北で不自然な大地震が起きても
自然災害だと信じて疑いません。

「考えたくない人」はこれでも
考えませんw

「常識」ではなく「直観」で考える

「常識」とは、世間の多数派の人々の
共通の知識や感覚を意味しますが、
多数派が支持しているからと言って
正しい事にはなりません。

「高齢者はアクセルとブレーキを
踏み間違えることがある」のは事実
だとしても、だからと言って
「今回のタクシー運転手もアクセル
だと思ってブレーキを踏み続けた」
ことにはなりません。

http://mainichi.jp/articles
/20161207/k00/00m/040/144000c

より

松岡容疑者が立ち寄ったトイレから
病院までは約300mですが、目撃者が
「タクシーが急に加速した」と
される交差点から病院までは
約60mのようです。

ここで、素直な思考で考えてみて
下さい。

アクセルとブレーキを踏み間違えた
として、60mも踏み続けますか?

高齢者がアクセルとブレーキを踏み
間違えてコンビニに突っ込んだ
ような事故は多々ありますが、
コンビニの駐車場と店舗間なんて
2mくらいしか離れていません
よね?

そのくらいの距離だと、ブレーキだと
思ってアクセルを思いっ切り踏み込ん
だら、踏み直す間もなく突っ込んで
しまうのは別に不自然ではありま
せん。

しかし、開けた道路で踏み間違えて
急加速したとして、おかしいと
感じて踏み直したら、せいぜい
15~20m程度で止まれるのではない
でしょうか?

運転手は「ブレーキが効かないから
ギアを変えてエンブレを効かせよう
とした」というような証言もして
いるワケですが、制御系に不具合
がなかったなら、アクセルを離す
だけでもクルマは減速して
いきます。

なのに、病院に突っ込んだタクシー
の画像を見る限りでは、およそ
慣性走行で突っ込んだようにも
見えません。アクセル全開で
突っ込まないとこうはならない
でしょう?

http://mainichi.jp/articles
/20161207/k00/00m/040/144000c

より

最初はアクセルとブレーキの踏み
間違いの可能性が高いと考えて
いた私ですが、こういう情報が
見えてくると、考えを改めざるを
得ません。

可能性①:制御コンピューターの
故障
可能性②:ハッキングによる外部
からの遠隔操作
むしろ、運転操作不適という警察
が出しそうな結論が、一番可能性
が低いのではないでしょうか?

ヒトデナシは何でもやる
最近の車はアクセルやブレーキ
までもがバイワイヤで物理的に
エンジンの回転数を上げたり
ブレーキを掛けたりする事が
出来ません。

(引用注:バイワイアというのは、
機械的に力を伝えるのではなく
電気信号で伝えるシステムというもの
で、運転手の物理的な作用のみで
動かせていた従来の自動車と
違い、運転手と車の間に電子制御
システムが入り込んでいて、
車は電子制御システムに従って
動くようになったものという事です。

それは運転手の操作にその電子制御
システムが従っている通常の状態で
あれば問題ないのですが、ひとたび
その電子制御システムがハッキング
されて他者のコントロール下に
なった場合、運転者の操作は全て
無効になり、車は電子制御システム
を使用できる他者が自由に操作
されるようになるという事です。)

コンピューター制御なのですから、
ここに侵入されたら遠隔操作
(ラジコン化)も可能です。

Bluetoothやワイファイで外部と
通信出来る車両はそれ自体がリスク
でしょうし、仮にその手の無線機器が
付いていなかったとしても、点検時
などに盗聴器サイズの無線機器を
付けておけばいつでもログイン可能
に出来るでしょう。

そんなことをする理由がない
ですって?

人は新しい技術を手に入れたら
試してみたくなるものです。

銃を購入した人間は撃ってみたい
と思い、射撃場で試射してみる
でしょう。

そういう人の中には、実際に人
を撃ってみたいと考える異常者
もいるでしょうし、そう
公言してる人間が米副大統領候補
だったりします。

(引用注:この方は、一般の日本人の
感覚に合わせて言っておられると
思いますので、しっかり説明して
おきますが、国連主催の1992年
のブラジル地球環境サミットで採択
された行動計画であるアジェンダ21
にはっきりと人口削減とあるように、
人間の個人的な生命より地球環境を
優先させる意図が理解できます。

しかし、同じ権力者は、ケムトレイル
や農薬や放射能汚染や電磁波汚染で
どんどん地球を破壊しようとして
いるのは明らかで、彼らはむしろ
地球の環境を生命が住むのに適さない
方向に進めているのです。

まさか大衆一般の人の自発的な意志の
結果、この電磁波・放射能・農薬など
による汚染やケムトレイルが撒かれて
いると?

それは世界の政府や巨大企業が、極めて
少数の金融寡頭資本の意図通りに
動くという構造を理解しておられ
ないからだと思います。

つまりそういう超国家権力者たちは、
地球環境を破壊する事によって、また
今回のコロナワクチンのような、
超強力な毒性医薬品を、人々の体内に
挿入して、人口削減を達成しようと
しているというのが真実です。

つまりその背景には、管理しやすい
人口にまで減らす必要があるから
という支配層の意図が働いて
いるというわけです。

そしてまたこの遠隔からの自動車の
ハッキング行為も、人の命よりも
彼ら支配層が、全てを電子制御して
大衆の自由を奪い取る社会を構築する
ために必要なテクノロジーを試す
必要があったという事が一つ。
そしてまた人間の操作では危険という
真逆のコンセプトを大衆に与えて、
やはり自動車の電子制御を正当化
させるための誘導としての目的が
あった事がもう一つだという事
です。)

プリウスを遠隔操作出来る技術を
国の特務機関が手に入れた場合、
有事の際に反政府的な人間を事故死
させる為の予行演習として、
「アクセルとブレーキを踏み間違えた」
とミスリードしやすい高齢者の乗る
プリウスで実験した可能性は決して
ゼロではありません。

ヒラリーの周囲で何十人もの
ジャーナリストなどが不審死して
いるように、自民党の周囲でも
昔から怪死が相次いでいます。

カネや権力の為なら、平気で人を
殺す決定が出来てしまう人もいる
のです。

そういう奴らが、無辜の市民を
実験に使う訳がない、なんて
考える根拠は何でしょうか?

フクシマに住民を還らせようと
しているのが安倍自民なんですよ?

“出典:「取締り110番」様のサイト
[福岡タクシー暴走]プリウスは
遠隔操作出来るらしい
[ペンタゴンが実験済]
より”

2016年12月の記事ですから、
安倍政権の話が出たのでしょうか、
この政権が長く続いたのは、
ひとえに日本政府を実質所有する
金融寡頭資本の意図を受けた
ジャパンハンドラーの要求を
ことごとく受け入れて、日本国民
の、健康や富、自由、権利を奪う
政治を行ってきたからだと
いう事です。

もはや日本政府の悪意に気づかない
ような鈍感さでは、命も人生も
簡単に奪われる社会になりつつ
あります。

つまり今取り上げた記事を読んで、
車の電子制御システムに気をつけよう
と思わなければ、危険すぎるという
わけです。

ケーブルで連結していたとはいえ、
外部からのパソコンで、簡単に
ハッキングして車の操作を自由
にできるという内容先ほどの
記事からもう一度抜粋しておきます。

「2人が報告した実証実験の
結果は本当に恐ろしいものでした。
運転手は何もしていないのに、
2人が後部座席でパソコンを操作
すれば、勝手にヘッドライトが点灯
したり、クラクションが鳴ったり
しました。さらに、時速約
130キロで走る「プリウス」に
勝手にブレーキをかけ、ハンドルを
自在に動かし、エンジンを加速させる
ことにも成功。また低速で走る
「エスケープ」のブレーキを、運転手
が踏んでも作動しないようにしたと
いいます。

やはり、車載コンピューターに侵入
出来れば、運転手の操作に関わらずに
車を自由に動かせる事がわかります。」

そして遠隔からの操作でハッキング
して車を同様に操作できるという事も
それ以前に実証済みというのが
こちらです。

「実は一昨年、別の学者
グループがブルートゥース
(短距離無線通信技術)とネットの
ワイヤレス・ネットワークを使って、
乗用車の車載コンピューターを
外部からハッキングし、遠隔操作する
ことに成功していたのです。

この手の技術は、大衆の目に入る何年
(下手をすれば何十年)も前に実用化
され、軍や機密情報機関などで使われ
ます。」

この記事が投稿されたのが、5年ほど
前だったので、より容易にハッキング
されて、電子制御システム(車載
コンピューター)を、取り入れている
多くの車種で、正確に操作されるよう
に技術が進化していると思います。

つまりコロナワクチン接種済みの方
の運転だけでなく、電子制御
システムの車のハッキングによる
事故にも気をつけるべき時代に
なっているという事です。

ではまた貴重な情報を記事にして
いきます(*^^*)

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ