発掘!バロック作曲家ケッレリと 安心のブレッシャネロ バロック43


さて、またバロック作曲家を発掘して
いきます。
今回はまず、
フォルトナート・ケッレリという方から
です。

まあまずは聴いて安心のメロディー展開
です。いつもながらバロックの作曲家
たちはスベらない。

F. Chelleri: Sinfonia for strings
& b.c. in C major /
Atalanta Fugiens

そしてまたこちらがテンポよく、しかし
深く聴かせてくれます。

Chelleri: Cello Concerto In
G major 2. II.
Andante e spuntato

次は、何度もご紹介している
アントニオ・ブレッシャネロの
ラテン系のギター曲かな?
ギターといっても古楽器としての
ギターだと思います。
すんごく聴かせてくれますね。

Giuseppe Antonio Brescianello
Partita in d

こちらは、出だしから豪華なメロディー
展開でブレッシャネロらしい曲です(^^)

Giuseppe Antonio Brescianello.
Symphony in D major

最後もブレッシャネロの、とても
聴きやすくメロディー展開も
安心の曲です。

G.A. Brescianello – Symphony
No. 6 in E-flat, Op. 1

また次回も探してきまーす(^^)

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

バロック音楽編一覧

趣味編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

「発掘!バロック作曲家ケッレリと 安心のブレッシャネロ バロック43」への2件のフィードバック

  1. 次から次へと知らない作曲家の作品が登場するので、
    とっても嬉しいです♡
    フォルトナート・ケッレリの2曲めのチェロ・コンチェルト、
    味わい深い曲ですね〜
    3曲めのブレッシャネロのギター曲も気に入りました。
    夕暮れ時に1人静かにたたずむ美女が目に浮かんできます(^^)

    1. ありがとうございまーすfennelさん(^^)/

      ケッレリの2曲目は、とてもうれしい共感ですーー!
      確かに味わい深いですし、豊かで深いメロディーを
      本当に歩くスピードのようなテンポ落ち着いて
      聴けるのもいいですよねー(^_-)-☆

      3曲目は、また見事な表現ですねー、いわれてみると
      確かに夕暮れ時黄昏どきの夕焼けを背にして、
      シルエットしか見えない女性というイメージも、
      わいてきました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です