超意識覚醒を何度も経験しているすごい人の話


ツィッターで最近、覚醒した意識の人と
つながる事が多くなってきました。
まあ私の記事がそういう話題なので、
集まってきてくれるのか、自分によく似た
感覚だから引き寄せるのかはわかり
ませんが、とにかく自分より格段に覚醒
レベルの高い人たちが、集まってきて
くれてます。
すぐに思い浮かぶのが、
みちすけさん、ゆきんこさん、そして今回
ご紹介するレイキぶどうさんです。
(すいません他にもたくさんおられます💦)
ただこのレイキぶどうさんは、ちょっと
規格外というか、ブログで自身の体験談など
を紹介しておられるのですが、超常体験や
超常現象そして超常能力が日常ともいうべき
状態で体験されている方です。

今回はそのほんの一例ですが、私たちの本来
の潜在能力の凄さのいったんを見せてくれる
体験についてのお話です。

数10年前から救急隊員を仕事にして
おられた時代の話ですが、いきなり1年目で、
超常体験をされることになります。
即死ですでに死亡状態の男性の現場に
立ち合った事で、その恐怖心から、男性の
残存思念の霊のようなものを自宅につれて帰り
、眠っている途中で金縛りに遭い、自分の
みぞおちに出現したその霊と、実際に格闘して、
最後に「出てけ!」と男性を強く押して
なんとか、追い出す事に成功したものの、
その男性に足首を捕まられて、数10センチ
もひっぱられたあげく、その男性の爪痕まで
足首に残されたという凄まじい体験をして
おられます。
つまりその時にすでに、霊が実体的な力を
持っている事、また自分の意識とのつながり
ができれば、実体化させる事ができると
いう事まで、実体験で理解されたという
事になります。
救急隊員どうしでは、わりと起こることでも
あるらしいですが、看護師が患者の死に立ち
会う事が多いため、霊体験や臨死体験の
事例を多く経験するのに非常によく似ている
ともいえますね。
ただ恐怖心などのネガティブエネルギーは、
やはり似たような意識レベルの霊や思念を
引き寄せてしまう事の好例でもあります。

そしてまた救急隊員二年目に、今度は
レイキぶどうさんは意識の覚醒体験をする
事になります。

そして救急隊員二年目での、超常体験を
レイキぶどうさんのブログから引用させて
いただく事にします。
現場にかけつける救急車の運転をされて
いた時の話です。

「」内が引用で が中略です。

「物質の形を変えた話

ある程度救急隊員生活にも慣れてきた
2年目のとある日の夜、
またまたCPA事案の出動指令が入った。

現場は小高い丘の住宅地の中。
救急車1台ギリギリ通れるか通れないか
そんなところだ。

1隊3人体制で、1事案ごとに
救急車運転→助手席アナウンス→患者さん
対応を回していたのだが、
私はその時たまたま運転手だった。

救急隊員はアドレナリンジャンキーだ。
ほぼ間違いない。

CPA事案ということで、
いつも以上に氣合が入り、
すぐに私の脳内には
アドレナリンが駆け巡り、
普段はない能力が発揮される。

視界は狭まるが、よりクリアに見え、
暗い道もはっきりと見えるようになる。
時間はスローに感じる。
そのため、結構なスピードを出して
狭い道を走っていても、
ぶつからないのである。

というよりも、何故かいつもより
道幅が広いような氣がしていた。

助手席に乗っていた小隊長の話によれば
私が運転していた道路は
サイドミラー横に
それぞれ5センチの隙間しかなかった
らしい。

普段心配性の小隊長も
私の運転に氣を揉むことなく、
現場に早く到着することに集中していた。

そして、現場到着。
患者さんは心停止すぐで蘇生の可能性が
あった。
AEDを装着すると、ショックが必要な波形で
私たち隊員のテンションは更に上がる。

その患者さんは、意識は戻らないものの、
幸いにもショック1回で心臓が再び動き
始めた。

こうなれば、いち早く
救命センターに搬送しなければならない。

私たちは患者さんを救急車に乗せ、
普段は狭すぎてあまり通らない道を通って
救命センターへ向かった。

ところがここでも不思議なことが起こる。
なんだか道幅が本当に広いのである。
もしくは救急車の幅が狭まったのである。
ハリーポッターに出てくる3階建てバスの
ように。

そして、普段は曲がれないと思っていた
狭い曲がり角を左に悠々と曲がって
救命センターへと続く大通りに出ていった。

患者さんは無事救命センターで蘇生し、
その後見事社会復帰を果たした。

さて、ここで不思議に思った
私と小隊長。
私は一体どうやって車体に傷一つつけずに
あの角を曲がったのだろうか。

後日、そのことを確認するために、
その曲がり角を救急車で訪れた。

いわゆる実地調査である。
なかなか曲がれないのであれば、
今後はその道は使わない。

私が、まずその角を曲がってみる。
5回くらい切り返してやっと曲がれた。
あの夜、1回で曲がれたのは奇跡だ。

次に運転の腕に自信のある小隊長が
今度は自分がやってみると言い出した。
すると、小隊長でも3回切り返してやっと
曲がれた。
切り返しなしで曲がるのは無理だという。

しかも、前回よりも道幅が狭く感じる。
私たちは再度チャレンジしてみたが、
やはり1回で曲がることはできなかった。

不思議である。

そのため車載のゼンリン地図に、
要・切り返し
と赤ペンで書き込む羽目になった。

小隊長とその後も話していたのが、
たまに、
こういうことが起こるというのだ。
道が広くなっているのか、
救急車の幅が狭まっているのかはわから
ない。

でも、トトロの猫バスが走るときのように、
周りの木々がささーっと避けてくれる
ような、そんな感覚を味わったことは
出動中、特に心肺停止事案であるらしい。
しかも、その患者さんが
助かりそうなとき。

その時は、不思議なこともあるもんだ
くらいにしか思ってなかったけど、

今考えると、からくりがわかるのが
面白い。
人生の謎解きが始まったみたいだ。

私たちの脳の力、意識の力、
潜在意識の力、
患者さんが生かされようとする
宇宙からのサポートの力、
全てが揃った時に、奇跡は起こる。

そして、私たちの意識は
物質の形も変えることができるという
ことだ。」

“出典:「Reikibudo’s blog」様
意識と霊と物質の形を変えた話より”

おもいっきりそのまま引用させて
いただきましたが、とにかく緊急事態
で、患者さんの命を救いたいという一心
が生んだ、超常体験というか、超意識覚醒
体験について、とてもわかりやすく紹介
しておられます。
レイキぶどうさんは、先天的にこういう
高次元の意識につながりやすい体質という
か特質の持ち主のようで、このような
事をいくらでも経験されているようです。
ここで、超意識を覚醒させるための
きっかけとなったのが、患者さんを救い
たいという愛が根底にある意識、そして
一刻を争う緊急事態であるという事での
集中力と没我没頭の状態。これが超意識を
覚醒させるひきがねになったと見てほぼ
間違いないと思います。
そして、まったく余裕のない道幅を切り
替え無しで、走行してしまうというふだん
ではありえない能力につながるのですが、
これをレイキぶどうさんは、物質の形を
変えたと表現しておられます。
これは私たちが物質の世界にいるという
日常の感覚での表現なのですが、実際に
我々がいるのは、思念のみの意識の世界
なので、つまり物質の影響を受けない
レベルに車ごと移行させる事ができた
という事でもあるのです。
もちろん車内にいた他の救急隊員の方も
ひきつれてという事で、まったく個人的
な体験ではないという事でもあります。
要するにレイキぶどうさんの意識一つ
で、巨大な救急車を物質の影響を受け
ない、高次の領域に移行させる事が
でき、道幅の影響を全く受けないと
いう超常能力を実現させたという事なの
です。
私の解釈としては、このようになり
ますが、事実物質が変形したというよう
に捉えても、間違ってはいないと思い
ます。
現実の全てがそうであるように、どちらも
意識の投影の仕方を解釈しているだけ
なので、どちらでもかまわないのです。
ただそういう意識レベルに移行できた
という実体験を紹介できるレイキぶどう
さんの意識レベルはとてつもなく高かった
という事だけは確かだという事です。

今回の事例を取り上げたのは、私の
これまで投稿した記事に酷似した内容が
ある事に思い当たったためです。

それは
意外に簡単「超意識」の覚醒!
という記事ですが、あらゆる超常体験
事例などを著書で紹介しておられる
コリン・ウィルソン氏が、自身の超意識
覚醒体験について語ったというものを紹介
しています。
コリン・ウィルソン氏が、大雪に見舞われ
て、道路の端が全く見分けられないような
状態で運転して、いつでも脱輪や横転事故
を起こしそうなところを超覚醒意識に
なった事で、乗り切れたという話です。
難易度はレイキぶどうさんの話の方
がすごいと思うのですが、この時に
著者のコリン・ウィルソン氏は、
頭蓋骨の中に白熱を感じ、その白熱
をコントロールする事もできて、
とてつもない集中力を発揮する源に
なったといっておられるのです。
つまり超意識の自覚症状というもの
ですね。まさに緊急事態が引き起こ
した、集中力がきっかけとなった
ようです。

そういう状態の時に普段よりも高い
能力が引き出されるという点では
レイキぶどうさんの話と共通する
ものがあるし、
緊急事態に臨んでの集中力という
点では、また同じです。
このことは逆にレイキぶどうさん
の意識が超意識として覚醒したという
事も証明しているのだと思います。

要するに超意識を覚醒させるためには、
没我没頭にいたるような集中力と、
強く望みなどを現実化するための
イメージ力どが必要だという事ですね。

まだまだいくらでもこのような超常
体験や、超常能力の話をレイキぶどう
さんは、紹介してくれているので、
研究家の私にとっても本当にありがたい
存在です。
大感謝ーーー!
というわけでレイキぶどうさんから
クレームがなければ、また彼女の
エピソード紹介させていただきたい
と思いまーす(^^)/

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です