わびさびのわかるヴィバルディ       癒やしのバロックその1改 曲追加分


バロック音楽というのは、日本人の
「わび・さび」に通じるものだと
前々から感じてました。
とっても情感あふれるメロディーです、
雨の日にじっくり聴くのもいいかと
思います。
もちろん短いけど、落ち着いて
聴ける感性の深い方用ですよ(^^)

今回もう一つ曲追加しておきました。
これもまた、情感豊かですよー(^^)/

Vivaldi: Concerto for Violin
and Strings in G , Op.11/4 ,
RV 308 – 2. Largo cantabile

Vivaldi : Violin Concerto
in B flat major RV363,
‘O sia il corneto da posta’
: II Largo

よろしければこちらもお願いします(^^)

バロック音楽編一覧

趣味編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

「わびさびのわかるヴィバルディ       癒やしのバロックその1改 曲追加分」への2件のフィードバック

  1. 苔むしたお寺に咲く紫陽花がシトシトと雨に濡れているイメージが湧いてきたのですが、コメントしようと今、改めてあんみんさんの記事を読み直したら、雨の日にじっくり聴くことを勧めておられたので、ちょっと嬉しくなりました。
    バロック音楽の記事に関しては、実際に音楽を聴く前は流し読み、聴いた後に熟読するというスタンスなのです(それ以外の記事は、もちろん最初から熟読しています✌︎)。

    1. おーーー苔むしたお寺にあじさいとは、
      私もありありと情感豊かなfennelさんの世界を
      自分なりにイメージできましたよー(^^)/
      この共感、明日紹介のヴィヴァルディの曲にも起こると
      いいなと思います。
      それにしてもこれだけ丁寧に読んでくださる方が
      あらわれて、本当に幸せですね。
      あと苔!私も大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です