またスカルラッティー一族!     アルビノーニも! バロック音楽25


バロック音楽家を調べていくと
スカルラッティという苗字の
作曲家に多く出会うのに気付かされ
ます。
これまでこのブログで、
アレッサンドロ・スカルラッティと
ピエトロ・スカルラッティを
紹介させていただきましたが、
まだドメニコ・スカルラッティと
フランチェスコ・スカルラッティが
おられるみたいです。
これ全部家族らしいですが、みんな
歴史に名を残しているんですねー。
一応格付けみたいなのがあって、
アレッサンドロ・スカルラッティが、
バロックを代表する作曲家のひとりで
息子のドメニコ・スカルラッティが
同じくらい有名な作曲家だそうです。
あとピエトロ・スカルラッティは、
アレッサンドロの息子で、
フランチェスコ・スカルラッティは、
アレッサンドロの弟だそうです。
まあなんという凄い家族なんで
しょうねー(^^)💦
で、今回は父親のアレッサンドロと
同じくらい有名だったという息子の
ドメニコのチェンバロ・ソナタ曲集を
貼り付けておきますね。
なんというか多彩なメロディーの中にも
なつかしさと癒やしの感情を呼び起こす
ものがありますね。

あと好評だったアルビノーニも
貼り付けておきますよーー(^^)/

ドメニコ・スカルラッティ :
チェンバロのためのソナタ集
(Domenico Scarlatti :
Keyboard Sonatas)

Tomaso Albinoni.
Concerto for violin,
strings & harpsichord Opus 10,
No. 2 in G minor

Tomaso Giovanni Albinoni.
Concerto Op.5 No.2 in F

よろしければこちらもお願いします(^^)

バロック音楽編一覧

趣味編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

「またスカルラッティー一族!     アルビノーニも! バロック音楽25」への5件のフィードバック

  1. 3つとも堪能しました(^o^)

    ドメニコの作品ですが、今まで主にピアノでの演奏しか
    聴いてこなかったので、新鮮な感覚を味わうことが
    できました。

    チェンバロの演奏がとてもよかったので、これまた
    主にピアノで聴いてきたフランス・バロックの作曲家
    ラモーの鍵盤曲もチェンバロで聴いてみようとyou tubeで
    探し出して待機させてます(^ ^)

    1. すいませーん席外したりもしていて、
      気付くのに時間がかかったのと、この
      コメントだけなぜか承認待ちみたいになって
      いたので、承認させていただきました。
      なんでいつも自動的に承認しているのにこれだけ
      承認待ちなのか、全然わかりませーん
      それよりたくさんたくさんの、あたたかい
      コメントに、感動しているところです(^^)/
      ドメニコは、fennelさんにヒントを
      得て探してみました。まだ他にもあるかも
      知れないのでまた見ておきますねー(^^)
      ところでラモーにはびっくりしました。
      実はラモーも私ちらっと聴いて良かったの
      で中古CDで買ってるんですよ。
      だから、また投稿しようかななどと考えて
      いたのに、なんとfennelさんから、
      その名前を聞けるとは(゚ロ゚)
      素晴らしいシンクロだと思います。
      私んらこういうだろうなと予想がついて
      いただけると思いますが、感性が合う人
      共感出来る人の距離というのは、実際と違って
      とても近いものだと実感しました。
      では次のコメントにいきますね(^_-)-☆

  2. 12星座マンダラに関するコメントの前にこちらへコメントを
    寄せていたのですが、送信できていなかったようなので、
    もう一度^^;

    3つとも堪能しました。
    ドメニコの作品はピアノでの演奏を聴き慣れていたので、
    チェンバロの響きがとても新鮮でした。

    これ聴いて、同じくピアノ演奏に耳が慣れている
    フランス・バロックのラモーの鍵盤曲もチェンバロで
    聴きたくなってきたので、you tube で検索して
    待機させています。

    1. 今承認できましたー(^^)
      なぜか承認待ちだったので、
      あわてて承認させていただきましたー
      なんかパソコンの仕組みは、ブラックボックスと同じ
      でもこうやって、fennelさん
      と確実にお話が通じているのは、だからこそありがたい
      ものだと思ってかみしめています。
      それに、このような時の証は消えない、積み重なって
      自分の人生の経験として増えていくことに
      感動を覚えています(^^)

    2. fennelさんに、まだ紹介してなかったかと
      思いますが、姉妹ブログの新ブログも立ち上げて
      ます、かなりポップな感じに仕上げたので、
      だいぶ雰囲気が違いますが、つまり
      そのブログでも「バロックへの招待」編
      というのをやろうと思ったのです。
      で今日、これまで前のブログで既に紹介
      しているアルビノーニの曲を3曲入れて
      投稿しましたので、よければ下のリンクから
      ご覧くださいねー(^^)/
      https://wp.me/paLKyO-4c

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です