ハイドロゲルでナノボットとDNAが融合しトランスヒューマン化する


数々の分析結果からコロナワクチン、
またインフルエンザワクチンに
酸化グラフェンが含まれている事は、
もはや明らかですが、それでも
ワクチンにグラフェンを使用する
特許と、体内のグラフェンで、人体
を遠隔追跡できるという特許が
存在するのは決定的です。

また医療用に使用される
生理食塩水にグラフェンを
使用する事についてもすでに
2012年に特許が取られて
いたという事です。

その事に関しての記事を観て
みましょう。


いまさらですが、、、ワクチンの
成分表に未掲載であるにもかかわらず、
ワクチンバイアルから発見されて
しまった酸化グラフェン。
実は、コロナワクチンばかりの話では
ありませんでした。
10年ほど前の話になりますが
、韓国の人が、生理食塩水に
グラフェンを混入する特許を所得して
いたのです。

生理食塩水や水をベースとしている
様々なものに、グラフェンを混入する
ことが可能という事です。ペットボトル
のお水や電子タバコにも本特許技術が
活用されて、グラフェンナノ粒子が
入れられているようです。

ヨーロッパでは、酸化グラフェンの害を
避けて、接種やPCR綿棒挿入やグラフェン
マスク着用などをしていないのに体に
磁化現象が生じているといいます。
赤ちゃんや子供まで磁化現象が発生
しています。

原因は、年齢に達したら接種する事に
なっている通常の予防接種にまで
混入されている可能性を指摘されて
います。
ケムトレイルや大手食品業者の加工品
にも混入されているとのこと。

肝心かなめは、寝床の環境を2.4GHzの
高周波や、4G、5Gの電磁波からFREE
にすることかもしれません。
携帯通信速度がアップするたびに、
ワクチン障害による死亡者数が多く
なっているのです。

グラフェンのデトックスは
N-アセチルシステイン(グルタチオン
前駆体)+亜鉛サプリメントやフルボ酸が
良いと聞きます。※口から飲む
グルタチオンサプリメントは摂取しただけ
の効果は出ないそうです。2018年度の
研究ではそうでしたが、新しい情報を
ご存じでしたらご一報いただけると
幸甚です。

DSのプランで行っているとすれば、
人口の調節も彼らの目的の一つであろう
と思われますが、最も彼らが実現したい
のは「民衆の遠隔コントロール」です。
自分の思っている事まですり替えられ
ちゃう技術です!みんなAIにハイジャック
された肉体ロボットになっちゃいますよ
(*’ω’*)♪

(引用注:まさにその人体の
遠隔コントロールが、大きな目的で
ある事は確かです。

そのためにグラフェンや水溶性の
酸化グラフェンなどが、あらゆる
ワクチンや検査綿棒や、加工食品
加工飲料、医療用溶液に使用されて
いるという事です。

そして酸化グラフェンやナノボット
などを含む人体のナノテクノロジーと
5Gやネットをか介して、AI
クラウドと連結し、遠隔管理・操作を
しているという事です。

これについては、今回また別の記事
を取り上げます。

以下は、なんと2012年には、
生理食塩水でグラフェンを使用する
ための特許が取られていたという
事です。)


“出典:「Seiryu-Do青龍堂」様の
note記事
グラフェンを含む生理食塩水の特許
KR20210028062A
より”

特許内容は、まだまだ続きが
ありますが、詳しくは元記事を
ご覧ください。

よくスパイクタンパクが血栓や
あらゆる組織に致命的なダメージ
を与えるように働きかけると
いう情報が出回っていますが、

ファイザー社のワクチンの公表
されている主成分は、
「SARS-CoV-2ウイルスのスパイク
タンパク質のアミノ酸配列を
コードするDNAを鋳型として
転写したRNA(mRNA)を精製し、
脂質成分(脂質ナノ粒子)と
混合したもの。」

という事で、実際にはスパイクタンパク
を生成するコードのRNAを
包む脂質成分の一つに
PEG化酸化グラフェンが
あるので、それの作用で
人体が傷つけられるという事

なのです。

メモ・独り言のブログ様の記事
でも説明されています。


酸化グラフェンは、知らない人の
ために説明すると、メッセンジャー
RNAスパイクタンパク質やプリオンの
成分であり、心臓、肺、脳、血液と
酸素をめぐって戦争をしています。

酸化グラフェンは酸素スポンジ
であり、体に必要な酸素を奪い、
アナフィラキシーショック、
中毒性血液凝固、致命的な肺麻痺、
ミトコンドリアがん、内皮がんなど、
多くの合併症を引き起こします。』
“出典:「メモ・独り言のブログ」
様のサイト
ワクチン打つと何年生きられますか?
より”

これは、グローバリストを友人に
持つというインサイダーである
スティーブン・フィッシュマンという
人物の説明ですが、やはりスパイク
タンパクの成分である酸化グラフェン
こそが、人体にダメージを与えている
張本人だと言っているわけです。

さてワクチン内のハイドロゲルの
主成分が酸化グラフェンである事は
以前も取り上げた、元ファイザー社
の職員も断言していましたが、
ハイドロゲルに光る素材の
ルシファランスやナノボットも
含まれている事も広く知られて
います。

以下は、光るナノボットまたは
光る新生物の情報です。

記事はまたメモ・独り言のブログ様
です。

『』内が引用で、~が中略です。


ファイザービオンテックワクチン:
衝撃的な発見:これが皆さんが競って
打ったモノです。これらは体内で
何をするのですか?

特に磁石が物質に付着した後、突然、
すべてが輝き、点滅します。長方形
のオブジェクトはどこにでも見る
ことができます。最後を見て
ください。
ビデオ後半に、ヒドラ?寄生虫?
細菌?輝きながら動き回って
います…

BioNTech Pfizer Vaccine:
Schockierende Entdeckung /
Horrifying discovery
(odysee.com)

ビデオは、明らかに非常に刺激的
であるBioNTechファイザーワクチン
の物質の黒背景顕微鏡画像を示す、
匿名のまま信頼できるソースから
私たちに送られました。』

“出典:「メモ・独り言のブログ」
様のサイト
ファイザーワクチン:衝撃的で恐ろしい映像
より”

動画の音楽は、別に必要なかった
感じですが、確かにルシファラーゼ
という光る酵素の素材が使用された
人工的な生物から、新たに幾何学
的な形のものが、生まれ出たように
思います。

要するにこれこそが以前記事でも
取り上げていた自己増殖するタイプ
の光るナノボットだという事です。

さてこれらワクチンに含まれる
ナノテク素材は、人類をトランス
ヒューマン化する目的で使用されて
いるという事です。

その事についての記事を観て
みましょう。


コロナワクチン内のmRNAと
酸化グラフェンとルシファーゼ、
ハイドロゲルの関係、効果効能?が
だんだん明らかにされてきました。

わたしたちが思っていた以上に
身体は可変され、トランス
ヒューマンになるようです。

まさに、アジェンダ21や内閣府
ムーンショット計画のうちの
1ステップだとわかります。

気付かない人々は、このまま政府や
特許者の持ち物(奴隷)となって
しまいます。

しかし、悪魔👿側の政府やメディアや
製薬会社の洗脳はお見事ですね。

従順に育てられた羊たちは、体制側を
疑うことを知らず、信じきり、素直に
言われるがまま従っています。

ワクチンや体制側に異を唱える我々は
愚か者か破壊者か過激派かのような
扱いですが、わたしたちはこの歩みは
止めません。

最後まで、この悪魔に蹂躙された世界
が終わるまで戦い続けます。

映画のようなトランスヒューマンへと
わたしたちは可変させられようとして
います。

ハイブリッド人間は、長生きしそうですね
、、、

まさに体制側にとって有益な、羊で、
奴隷で、死なない戦士ができあがります

子供もできないので家庭はなくなり
ますね

・ナノボットにより生物学的な人間が
死んで、ハイブリッド人間が誕生する。

・ハイブリッド人間は、ハイドロゲル
により傷を瞬時に治す。

・ルシフェラーゼは、あなたの
特許接種記録を保持し、あなたのユニーク
なIDを検証します

(引用注:先ほどの光るナノボット
にも使用されている光る素材の
ルシファラーゼ(ルシファレイス
とも呼ばれる)は、デジタル
情報を光信号として保存できる
ものなので、個人情報を読み
取られる事が可能になるという
事です。)

・DARPA(米国防総省)が開発した
ハイドロゲルは、微細なロボットの
ナノテクノロジーであり、分解や再構築
の能力を持っています。さらに、
ハイドロゲルは、人工知能やクラウド、
その他のスマートデバイスと接続する
能力を持っています

(引用注:ハイドロゲル内のグラフェン
を含むナノボットが、自在に変化
できる能力を持ち、AIクラウド
や他のデバイスと接続できるように
設計されているという事です。)

・ハイドロゲルに含まれるナノボット
の役割は、無防備な体が同化するまで
細胞に食い込むことです
(引用注:以下でも取り上げられて
いますが、スパイクタンパクにより
DNAが改変させられるというより
ナノボットが、新しいDNAとして
人体のDNAと融合するように働く
という事のようです。)

・エリートの最終目的は、AIと一体化
するように拡張、強化、設計された
赤ちゃんを研究室で生産すること

・ハイドロゲルの中には、磁気に
反応するナノサイズの磁性粒子が
入っており、5Gの磁気信号によって、
RNAを運ぶハイドロゲルが推進力を
発揮します。これにより、細胞膜を
貫通し、細胞内の液体である細胞質を
移動するための推進力が得られる。

ハイドロゲルに含まれるRNAは、
核を突き抜け、自然に二重らせんの
DNAに複製され始める。しかし、
人為的にコーティングされたDNA。
RNAがヌクレオチドを生成し、再配列
すること。DNAの人工的な配列を
作り出す。人工的な配列とはいえ、
コーディングは永久的なものだ。

・この注射の目的は、世界の人口
の一定割合を淘汰し、すべての
男性、女性、子供を不妊化する
ことである

How To Verify The Vaxxed:
Charlotte Black Light Street
Lights

tapnewswire.com

August 20, 2021
By Lee Austin

https://rense.com/general96/
black-lights-vaxxed.php

この数ヶ月間、私はルシフェリアン
エリートがどのようにしてワクチンに
適合した羊と適合しないはみ出し者を
分けるのかを考えてきた。もちろん、
注射の中に含まれるルシフェラーゼが、
その人が注射を受けたことを確認する。

では、ルシフェラーゼとは何か?

ルシフェラーゼは光を出す酵素で、
皮肉にも「The Light Bearer,
Lucifer Morning Star」にちなんで
名付けられた。ルシフェラーゼは皮膚
の下に注入されますが、人間の目では
見ることができません。

しかし、スマートフォンのアプリで
ルシフェラーゼをスキャンすると、
デジタルコードが表示され、予防接種
を受けたことが確認できます。

ルシフェラーゼは、あなたの
特許接種記録を保持し、あなたの
ユニークなIDを検証します。この
時点で、あなたはその特許を所有する
企業が所有する特許製品となります。

(引用注:なんと我々の今までの
理解では、組み換えられた遺伝子
の特許が、他者の所有物という事
でしたが、それとは全く次元の
異なるレベルでの特許だという事
です。

要するに接種記録と同時に個人に
特有のデータ番号が電子記録
されたID情報が、ルシファラーゼ
に保存されていて、その個人の
データ番号のIDの特許が
企業の手に渡るという事のよう
です。

なるほど、確かに遺伝子は、私が
記事で説明してきたように、日々
変化していくものなので、それでは
特許の意味がないという事になり
彼ら支配層にとっては不便なので、
ルシファラーゼに保存された個人
IDデータなら、半永久的な特許
として使用できるという事なの
です。)

ハイドロゲルは、人間の感情を含む
身体化学やその他のバイオメトリクス
の変化をデータベースに
フィードバックする。DARPA(米国防総省)
が開発したハイドロゲルは、微細なロボット
のナノテクノロジーであり、分解や再構築
の能力を持っています。さらに、
ハイドロゲルは、人工知能やクラウド、
その他のスマートデバイスと接続する能力
を持っています。

このプロセスで問題となるのは、
「トランスフェクション」と呼ばれる効果
である。トランスフェクションとは、
遺伝子組み換え作物が作られる過程のこと
です。もちろん、遺伝子組み換えの野菜や
果物は、オーガニックのものに比べて
健康的ではありません。これは、
遺伝子組み換えの人間、つまりヒトの
ハイブリッドについても同様です。

トランスフェクションはヒトのDNAと
ゲノムを変化させます。トランスフェク
ションが安定すると、ゲノムを複製します。
これは、合成ゲノムが永久的にゲノムの
一部となるときです。その結果、
遺伝子変異が起こり、「遺伝子駆動技術」
や「遺伝子絶滅技術」と呼ばれるように、
一度に1つの種を消滅させることができる
ようになるのです。昆虫にできることは、
人間にもできるのです。

(引用注:この遺伝子組み換えの
ためのトランスフェクションで
「遺伝子絶滅技術」などが人間に
使用された場合は、大幅な人口削減
につながるという事でしょう。)

考えてみてください。

人間の体内にあるナノボットが、元々の
人間のDNAと融合して独自の合成DNAを
作り、複製して、人間のDNAと融合させ、
人工知能と連携可能な独自の
ハイブリッドDNAを作り出す。

(引用注:これまで広く流布されていた
情報では、ワクチンで挿入される
mRNAにより人体の遺伝子が改変
されるように働くというものでしたが、
ここでは、そのmRNAをプログラム
されたナノボットが独自のDNA
を作成し、人間のDNAと融合させて
AIとの連結が可能なハイブリッド
のDNAとなるという事です。

人体のDNAをAIと連結させて
ハッキングできるようにする
という事は、モデルナの医療最高
責任者のタル・ザックス博士が
すでに語っていました。

モデルナ社は新しいワクチン
を「コンピュータのOS」と表現して
いています。

ここでモデルナのホームページ
で説明されているmRNAの
技術について観てみましょう。


私たちのオペレーティングシステム
mRNAサイエンスの幅広い可能性を
認識し、コンピューターのオペレー
ティングシステムのように機能する
mRNAテクノロジープラットフォームの
作成に着手しました。さまざまな
プログラムと互換的にプラグアンド
プレイできるように設計されています。
私たちの場合、「プログラム」または
「アプリ」は私たちのmRNA薬であり、
タンパク質をコードするユニークな
mRNA配列です。

“出典:「モデルナ社ホームページ」”

つまりモデルナはワクチンで
挿入されるmRNAをOSコード化
して、遠隔からプラグつまり接続
して、プレイつまり操作すると
説明しているわけです。

そしてそのOSコード化された
mRNAは、自己開発・増殖型の
ナノボットにこそプログラム
されているというのが妥当だと、
この記事で理解できますね。)

ハイドロゲルに含まれるナノボットの
役割は、無防備な体が同化するまで
細胞に食い込むことです。

この時点で、人間はナノボットと一体化
し始める。人間が人間ではなくなり、
ハイブリッドの醜悪なものになる正確な
瞬間は不明である。

ハイドロゲルの特性として、傷を瞬時に
治すことが挙げられる。~

(引用注:これは人体の傷を治す
という意味ではなく、ハイドロジェル
自身の傷を治すという意味でしょう。)

理論的には、人間からハイブリッドへの
移行の一部として、ナノボットが群れを
なして脳に移動し、最終的にはあらゆる
隙間に住み着くことになる。ナノボット
は体から水分を採取し、それを成長の
ためのエージェントとして利用します。
この時点で、人間を人間たらしめている
生物学的な部分が枯れ始めます。
人間の死からは、ハイブリッドな誕生が
生まれる。

また、注射の中には殺菌剤が入っています。
その目的は、すべての男性、女性、子供を
不妊化することである。ルシフェリアンの
テクノクラートエリートの最終目的は、
AIと一体化するように拡張、強化、
設計された赤ちゃんを研究室で生産する
ことだ。彼らは、ゆりかごから墓場まで
エリートに仕える農奴階級の一員となる。

合成mRNAやナノテクノロジーが登場する
前は、ワクチンの目的は単純明快だった。
ウィルスの弱毒化した生または腐敗した
形態のものを注射し、体の自然な
免疫システムが将来のウィルスの攻撃を
食い止めるための抗体を作り出すことを
期待する。

合成mRNAワクチンは、ウイルスの形を
したものではなく、コンピュータの
ようなコードを格納した発射台であり、
体を騙し、免疫システムの安全網を
回避して、covid-19ウイルスで流行
しているスパイクタンパク質を合成的
に作り出すように設計されている点が
根本的に異なる。

(引用注:コードを格納した発射台
というややこしい喩えをしていますが
記事の説明にあるように、ナノボット
が、身体と一体化するとあるので、
ナノボットに、OS化されたmRNA
がプログラムされていると考えられる
というわけです。)

簡単に言えば、RNAは私たちの遺伝暗号
の一部です。合成mRNAは、細胞の核の
中で新しい合成タンパク質を作り、
それを細胞の外に吐き出します。この
プロセスは、何十億もの細胞の中で
何十億回も繰り返されます。その結果、
特許を取得した企業が所有する
合成DNAができあがります。
このようにして、DNAの所有権は創造者
から企業に移るのである。

(引用注:こちらは、以前に以下の記事
でも取り上げた事です。
米最高裁判決によりワクチン接種者は
トランスヒューマンの特許商品と
認定された

つまり遺伝子組み換えワクチンを
打って、遺伝子が書き換えられた人
は、その遺伝子データの特許を
持つ企業の商品として所有されると
米最高裁が判決をすでにくだして
いるという事でした。

それに加えて、先ほどのルシファラーゼ
に含まれる、個人IDデータも特許
を取られていて、それを所有する企業
の特許商品にもなるという事です。
二つの意味から企業の商品化される
というのであれば、所有権はどうなる
のでしょうね。

それと遺伝子は自然な状態なら、言葉
でも意識でも、書き換えられていくもの
だという事でしたが、このように
ナノボットが物理的に細胞に侵入して
きて、DNAが書き換えられていくもの
なら、それは大きな遺伝子変化で、
さらに安定するので、特許商品として
有効なのではないかと思います。
以下でも改変されたという意味の
コーディングは永久的なものだと
説明されていますし、やはり
ハイドロジェル(ナノボット)に
mRNAが含まれていて、それが
DNAを書き換える元になると
いう事のようです。)


mRNAがペイロードを運び、細胞の核に
侵入するためのエネルギーを提供する
のは、人間とクラウドをつなぐ
ハイドロゲルの形をしたバイオセンサー
である。ハイドロゲルは、人間に固有の
あらゆる生体情報を測定することが
できます。すべての感情と思考は、
テクノクラートの基準に適合した
アルゴリズムで評価されます。
mRNAワクチンでは、ハイドロゲルを
介してRNAが細胞に届けられる。

ハイドロゲルの中には、磁気に反応する
ナノサイズの磁性粒子が入っており、
5Gの磁気信号によって、RNAを運ぶ
ハイドロゲルが推進力を発揮します。
これにより、細胞膜を貫通し、細胞内の
液体である細胞質を移動するための
推進力が得られる。ハイドロゲルに
含まれるRNAは、核を突き抜け、
自然に二重らせんのDNAに複製され
始める。
しかし、人為的にコーティングされたDNA。
RNAがヌクレオチドを生成し、
再配列すること。DNAの人工的な
配列を作り出す。人工的な配列とはいえ、
コーディングは永久的なものだ。

この注射の目的は、世界の人口の一定割合
を淘汰し、すべての男性、女性、子供を
不妊化することである。 テクノ
クラティックなルシフェリアンは、
そのディストピア的ビジョンの中で、
赤ちゃんが研究所で作られ、拡張され、
強化され、AIと一体化するように設計
された世界を想像している。 ゆりかご
から墓場まで、エリートに仕える下層の
農奴階級だ。』

“出典:「新地球へようこそ」様の
サイト
ワクチンによるトランスヒューマン
への道
より”

要するにハイドロゲルに含まれる
ルシファラーゼに個人のIDデータ
が記録され、また同時に個人特有の
特許番号も与えられるので、それで
まず特許商品となると説明されて
いました。
これについては、初めての情報なので
他にも裏付け情報があるか確認して
から信頼するか決めようと思います。

ただし、ルシファラーゼで、接種
記録や、個人情報が記録されるので
それで管理されるという事は、間違い
ないでしょう。

そしてもう一つは、ハイドロゲル内
に、OSコード化されたプログラム
のmRNAが含まれていて、それが
ハイドロゲル(ナノボット?)だと
いう事です。
またハイドロゲル内の磁性粒子
(グラフェン)を媒介物として
5Gの電磁気信号を受けとった
mRNAを含むハイドロゲルが推進力
を持ち細胞内に侵入し、細胞質を
移動してmRNAが核を突き抜け
DNAに複製されて、ハイブリッド種
を造り出す元となるという事です。

そして改変された遺伝子の特許を
持つ企業の特許商品となるという
事でした。

まあ最終的には、最初からトランス
ヒューマンとして生まれさせた
完全に支配層のための生命種を
農奴階級、奴隷階級として自由に
使用しようというとても邪悪な
未来図をエリートは思い描いて
いるという事です。

まあそんな未来はぶち壊れるもの
だとイメージしておきます。

ではまた(*´▽`*)

いつもありがとうございます(*^_^*)

隠された真実編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

「ハイドロゲルでナノボットとDNAが融合しトランスヒューマン化する」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です