30年も前からコロナのスパイクタンパクのワクチンは開発されていた!


今回は、先にワクチンパスポートに
ついて、そのあとコロナスパイク
ワクチン開発の事についてになります。

私も、ワクチン接種証明書の是非に
ついて、反対のパブコメを提出し、
多くの人も出していただいていたにも
かかわらず、その締め切り直後
だったかに、加藤官房長官が、ワクチン
接種証明書を7月下旬に発行すると、
しれっと会見で語ったというから、
神経を逆撫でされるようなタイミング
にキレた人もたくさんおられましたね。

まあ我々のネガティブエネルギーが事態
の流れを悪化させる事は、政府という
より裏から支持する支配層の代理人
つまりジャパンハンドラーたちがよく
わかっていますから、それにノって
しまうのは、逆によくないですね。

私たちのできる事は、このワクチン
パスポートに反対し続ける事と、何より
接種率を下げて、効力を発揮させない
ようにする事に尽きるでしょう。

ただこのような事だから、多くの人たち
が、出したパブコメがムダになったという
のではないのです。
ここが大きなポイントなんですけど、
私たちが、意見や意志を表明する事
によって、はっきりと拒否の心で
つながっていたというのは、ぼんくらの
政府にではなく、一番頂点の者たちの
意識にとって脅威なのです。

私たちが真実を共有しての共感エネルギー
が高まれば高まるほど、一番上の者
たちの力を弱める事になります。

まあこのような事は、
真理のヒント編の一連の記事を読んで
いただかないとピンと来られないかも
知れませんけどね(^▽^;)

そして杉田医師やあの船瀬俊介氏が発起人と
なって、このワクチンパスポート反対
そしてワクチン強制摂取法反対の
嘆願書の署名活動を展開されています。

もちろん私も署名しておきました。

ただやはりこのワクチンパスポートは
接種率が鍵だと思います。

ワクチンを打つ事がマナーとまで、思う
ような人が増えると、このパスポートが
社会に定着してしまう事につながるので、
やはりワクチンの危険性が知れ渡って、
多くの人が、接種をやめなければ
流れを変える事ができないという事
です。

それと、現在接種者が、感染源となって
コロナ感染が広まるという情報も
出回っていて、ある病院では接種者の
来院お断りという張り紙を貼っておられ
たり、米国では、接種者の入学を断る
学校の情報もありました。

このような情報が広まる事は、逆に
ワクチンを「打たない」ことがマナー
となる風潮につながるので、非常に
ありがたい事です。

実際には、接種者から広がるのは、
超有害な組み替え遺伝子を内包した
スパイクタンパクと、磁性ナノテク粒子
が、エクソソームに包まれ体外に排出
されて、広がるという事です。

明日の世界さんが説明しておられますね。

ともあれワクチンパスポートは7月26日
に申請受付開始という事ですが、
まあメジャーなマスコミの報道としては
本当にまだ深刻度が低いかのように
海外への出入国に対してのものだけという
ように、真の狙いをはぐらかしていますが
飲食店などにも導入させるような案も
出ている事から、どういう事になるかは
少し調べれば誰にでもわかります。

要するにワクチンパスポートが、導入
されてしまえば、どんどん要らない規制
を追加されて、最終的に生活する事も
ままならなくなるという事です。

現在導入が進んでいる欧州各国では
ワクチンパスポートやワクチン強制
接種反対のデモが過熱しています。

米国は、4月6日にワクチンパスポート
を導入しないとしていますが、これは接種
による深刻な被害が蔓延し、接種者が
感染源になるなどの、情報が広がって
いるためなので、あのバイデンの事だから
もちろんいつ反故になるか知れたもの
ではありません。

さてそのワクチンパスポートに
ついてですが、InDeep様が
詳しく書いておられて、さらに
EUが2018年にすでにワクチン
パスポートの導入を提案していたと
記事にしてくださってます。

それとコロナウイルスのスパイク
ワクチンが、30年も前から
開発されていたという内容です。

『』内が引用で、~が中略です。


ワクチンパスポートがなければ、
事実上生活できなくなることに

~実際には「全部」なんです。病院も
含まれるのです。電車もバスも何もかもです。

今後のフランスでは、そのすべてがワクチ
ンパスポートがないと利用できないのです。

病院には「救急搬送」も含まれているの
だとか。

つまり、そのフランス在住の方が書くには、
フランスで生活するためには、
「すでに、打つか打たないかという
選択はなくなった」
ようなのです。

ワクチンを打たないと何もできない。

生きていくことさえままならない。

報道では、今後、フランスでは、以下の
ようなものが「ワクチンパスポートが
ないと利用できない、あるいはそこに
入ることができない」ことになります。

・劇場、コンサートホール、イベント
・カフェ、バー、レストラン
・電車、飛行機などの公共交通機関
・ショッピングモール、高齢者施設、
病院等

ということは、日本でいう区役所、
市役所のたぐいや、銀行、図書館、
美術館などもすべて、そのように
なるのでしょうね。~

イギリスも同じ日に動き始めて
います。

アメリカの報道が、以下のように
伝えています。


英国の立法府は 7月13日、英国の
医療従事者に、仕事を続けるための
要件として COVID-19ワクチンの
接種を強制することが投票で
議決した。

投票は、319対 246で、賛成票が
上回った。

これにより、英国の医療従事者と
社会福祉従事者のワクチン接種の
受け入れが義務とされる。その結果、
英ケアクオリティ委員会(英国の
ヘルスケアサービスの規制機関)に
登録されたケアホームで働く人は
誰でも、COVID-19ワクチンを接種する
必要がある。ワクチン未接種の
スタッフたちには、規則が施行される
10月末までに、16週間の「猶予期間」
がある。 (lifesitenews.com)”

以下が、イギリス政府のウェブサイト
にある投票の結果です。

2008年健康社会福祉法案(規制活動)
改正(コロナウイルス)2021年規制
投票結果

Votes in Parliament

「青」が与党だと思いますが、反対票の
ほうにも青がそれなりにあるのですね。

いずれにしましても、イギリスでも、
フランス同様に医療、介護関係者たちへ
のワクチン強制接種が始まるという
ことで、ワクチンパスポートの導入も
すぐかもしれません。~

先ほども書きましたけれど、日本の報道で
「重要な部分が内容から抜かれている」
という点で、少なくとも日本でも「検討」
はされているのだと思われます。

「病院に入るのにもワクチンパスポート
が必要」ってすごいですけどね。

重い持病とか、強いアレルギーなどを
持つためにいかなるワクチンも接種して
はいけないと言われているような人たち
でも「病院に行くためにはワクチン
パスポートが必要になる」わけで、
つまり「副作用が出ようが何だろうが
打たなくてはいけない」と。

「すごい形での優生学の具現化だなあ」

と、つくづく思いますが、日本でも
導入される可能性はあると思われます。

つまり、ワクチンを打たないと
「劇場もコンサートもイベント参加も
レストランも電車も飛行機もショッピング
モールも高齢者施設も病院も全部利用
できない生活になる」と。

もちろん、それぞれの従業員や施設
スタッフ、あるいは芸能関係の人たちも
「ワクチンを打たなければ、仕事を続ける
ことはできない」と。

そういう世界が近づいているよう
ですね。~

(引用注:ひとたび、ワクチン接種証明書
というものを日本に出現させれば、当然
ワクチン接種が社会的な安心感を
与えるという認識を肯定した事になり、
あらゆる場面で必要とされる事に
なるという事です。

そもそも感染を防ぐ効果も認められて
いない時点でのこのワクチン接種証明書
の導入は、根拠がもともとない事に
なるわけで、漠然とワクチン打って
いる事が、なぜか相手の安心感になる
という勘違いのもとにあるという事
なのです。
こんな事にも気づけないレベルの
多くの日本人たちと、運命をともに
するのだけは勘弁して欲しいという方も
結構いると思いますね。)

以前、以下の記事を書きました。

「ワクチンパスポート」は2018年の
欧州委員会の提案以来、着実にロード
マップ通りに進んでいることが判明。
正式な社会への適用は予定通りなら
2022年

投稿日:2021年4月15日

この記事では、欧州委員会が、
「ワクチンパスポート」という概念
を提案したのは、パンデミックが起きる
2年前の 2018年4月だったことを取り
上げています。

該当するような感染症の流行がない時に、
すでに現在の形は組み立てられていた
わけで、だからこそ、進展も早いのかも
しれません。

その欧州委員会の「ワクチンで予防可能
な疾患に対応する協力の強化に関する
理事会の勧告」(文書)の 1ページ目
には以下のようにあります。

医療従事者は、予防接種率の向上という
目標に向けて取り組む上で重要な役割を
果たす。医療従事者たちは、ワクチン
接種に関する継続教育と訓練の機会を
提供されるべきである国の推奨に
従うこと。

医療従事者たちの予防接種率が全国的
に不十分と考えられる場合、それらの
医療従事者とその患者を保護するために、
勧告に取り組む必要がある。

ここに、

> 医療従事者たちは……国の推奨に
従うこと

とあり、これが今回のフランスと
イギリスでの「医療従事者に対する
ワクチン強制接種」という形で
あらわれているわけですが、ただ、
欧州委員会の予定より「1年早まって
いる」のですよね。

この書類では、ワクチンパスポート
の導入は、2022年という目標が
掲げられています。

(引用注:もちろんこの欧州委員会の意思
決定の内容については支配層が求める
管理支配社会のコンセプトが根底にある
のは間違いなくて、欧州委員会の多くの
者たちももちろんワクチンが、感染拡大防止
の予防になるのではなく、人体にとって
有害である事を理解している人物ばかりだと
思います。

要するに日本の政治家と同じように
支配層直下のEUの会員たちは、
上の者の意思通りに動く事を義務づけ
られているという事です。

つまり2018年以来、確かに
ワクチンパスポートを全市民に
提供する流れで、支配層の代理人たち
が動いてきたのがわかります。先日の
完全な盲点!ウイルス=枠チンだった!
そしてその背後にあのDARPAが!?

という記事では、ゲイツやDARPAらが
その2018年に、ワクチンとして使用
される事になる、コロナワクチン(
遺伝子組み換え)の特許を取得しています。

翌年には、PCR検査がウイルス感染
証明に使えないと公言していたキャリー・
マリス医師が、おそらく暗殺されて、
完全な健常者でも、感染者扱いして、
ニセのウイルスでもパンデミックを創出
する事を可能にしました。

そしてその年の秋には
ゲイツらが主催のイベント201で、
パンデミック発生時の、各国の行動規範
のようなもので意思統一し、ワクチン
が必要になる架空のウイルスの
バンデミックから、ワクチンを全市民に
打たせる口実を作る流れを各国のトップ
たちに理解させた上で、今回のアジェンダ
(計画)が実行されているという事なので
今回のパスポートもその計画通りに
実行されているというわけです。

流れを変えられるのはだから、国民の
意識しかないという事ですね。)

それと、今回は、やや興味深いもの
として、

「ファイザー社による 1990年の組み換え
コロナウイルスのスパイクタンパク質に
ついての特許」

の存在を知りまして、それなどをご紹介
したいと思います。

現行のワクチンのメカニズムの歴史は、
予想している以上に長いもののよう
です。~

その後、アメリカの経済的利益に関連
するイノベーションを監視する企業
M-CAM社のデビッド・マーティン
(David Martin)博士という方が、
ドイツの国際コロナ調査委員会に提出
した書類の存在を知りました。

(引用注:今回のニセパンデミックや
コロナワクチンについて、多くの資料を
もとに批判と糾弾をし続けているのが
このデビッド・マーティンという
人物ですが、この人は本当に超大物の
ようで、今度その発言をまとめて記事を
投稿する予定です。)

これはとても参考になるものだとは思う
のですが、何とPDF で 200ページもある
もので、この書類で、

「 2010年までだけで、コロナウイルス
に関しての特許は、391件に達していた」

ことなどを知りました。

アメリカは、自然のウイルスでの
特許申請はできません。

そして、「組換えコロナウイルスの
生産方法」の特許が出願されたのは、
2002年の以下のものです。

組換えコロナウイルスの生産方法
(特許番号 US7279327B2)
Methods for Producing Recombinant
Coronavirus

さらに、何と、今から 30年以上前となる
1990年にはすでに、

「コロナウイルスのスパイクタンパク質
遺伝子治療に関する特許」

が、ファイザー社により提出されていた
ことを知りました。

この特許は 2010年4月に失効となり、
現在は、パブリックドメインになって
いますが、内容については以下にあります。

犬コロナウイルスS遺伝子とその用途
Canine coronavirus S gene and
uses therefor

これらが記されているドイツ国際コロナ
調査委員会に提出された 200ページの
書類は、
最初の少しだけしかまだ読んでいないですが、
以下が、そのデビッド・マーティン博士が
提出した書類です。

ファウチ / COVID-19 調査資料
The Fauci/COVID-19 Dossier

文書の表紙には、「この文書は、人類の
ために準備された」と書かれてあります。
< The Fauci/COVID-19 Dossier

それにしても、コロナウイルスのスパイク
タンパク質を軸にしての
治療薬 / ワクチンの開発は、1990年から
実際にヒトに使用される 2020年までの実に
30年間続けられてきたということになり、
「コロナワクチンは研究開発期間が短
すぎる」
と言われることなどもありましたが、
30年なら十分ですね。

月並みな生物兵器でも、そんなに時間を
かけて
作られるものは少ないと思います。

「だから完璧なのかあ……」

と、先日の以下の記事の内容などを
思い出して、感慨にふけっていました。

臨床で使われたものと現在実際に使われて
いるコロナワクチンは「異なるもの」だと
知る中で始まってしまった「ワクチン
mRNAのゲノム改変を探究する旅」

投稿日:2021年7月8日

「何でも地道な努力だな」と改めて
思います。

30年間の努力は素直に賞賛に値するもの
ですが、
「その努力が向けられた方向は何か」と
考えると複雑です。

“出典:「InDeep」様のサイト
仏英のワクチンパスポートの現実。そして、
1990年のファイザー社の特許「コロナ
ウイルス遺伝子組み換えスパイクタンパク質
の発明」から30年間の努力の歴史
より”

まずはコロナワクチンのスパイクタンパクを
軸にしての治療薬としてのワクチンが
30年も前から開発され続けてきたという
事で、いかにワクチンの方が先行して
計画されてきたかがよくわかりますね。

もちろん、このワクチンは、生物兵器と
して存在しているという観方が妥当だと
思われます。

これを30年もかけて研究していた
のなら、
そのワクチンの真の働きは、相当
奥が深そうではあります。

先日の
完全な盲点!ウイルス=枠チンだった!
そしてその背後にあのDARPAが!?

でも触れておいた、武漢の生物研究所が
開発していたのは、遺伝組み替えワクチン
であるとともに、磁性ナノテクノロジー
操作をも可能とする、生物兵器つまり
「ワクチン」の事だと思います。

遺伝子組み換えワクチンに加えて
同時に磁性ナノテクノロジーでの人体
操作をも可能にするというワクチンが、
5Gのフラッグシップシティである武漢
で開発されていたというのは、ロケー
ションとしてとても適しているはずです
からね。

ではまた貴重な情報を記事にして
いきたいと思います。

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です