コ〇ナワ〇チ〇に含まれる超有害化学物質総まとめと詳細解説!


コロナワクチンの有害性については、
これまで、多くの記事を投稿して
きましたが、あまりにも危険な要素が
多すぎて数えきれません。

最近投稿した
まだあるのかコ〇ナワ〇チ〇の危険!
スパイクタンパクとは?


生命保険も無効になる!?そしてまた
コ〇ナワ〇チンのさらなる危険性とは?

という記事では、m-RNAワクチン
によって、スパイクタンパク質が産生
されるようになる事で、深刻な脳症に
なるなどの危険性や、ワクチン接種後に
稀で致死的な病気である、血小板減少症
も引き起こされてしまうという事でした。

血小板減少症は、吐血したり、口の中に
水ぶくれができたり、身体中にあざが
できたりと、見た目にも深刻さが
よくわかりました。

このような危険なm-RNAワクチンは
中長期的にも、悪影響が及ぼされ、
半年以内に大量死が起こる可能性も高い
という記事を先日投稿しました。

m-RNAワクチンは遺伝子を書き換え
ないというようなコメントを、以前
いただきましたが、その方が貼り付け
ておられた、リンク先の記事を見ると
ファクトチェック団体・Facta の資料を
参考にされたようです。

Facta は、もちろん支配層の配下に
ある事は、こういう事に知識を
お持ちの方達には、周知の
事実です。
つまり大衆のために有益な情報を、
支配層の都合に合うように検証
して、デマやフェイクニュースとして
世間に公表して、もみ消す役割を
果たす組織です。

その提示されたFactaの記事を見て
みると、なんの事はない、コロナ
ワクチンでは、遺伝子を書き換え
ないと主張しているのが、遺伝子
書き換え技術を持って、ワクチン
市場に参入してきた、当のモデルナ社
なのです。

そりゃあ自社のワクチンに危険が
ないという事を、証言するのは
当然の事ですね。

そもそもm-RNAワクチンで
注入される遺伝子の断片m-RNA
とは、遺伝子を書き込むための機能
を有するもので、つまりは体内に
なかった遺伝子情報を持った遺伝子
コードを、体内のDNAに書き込む
ためのものだからです。

当然書き込まれた遺伝子は新しい
遺伝子情報が書き加えられたわけで
それで書き換えられたという事に
なるので、m-RNAワクチンでは
遺伝子を書き換えないという、モデルナ
の証言は詭弁にしかすぎないのです。

とにかくそういうFactの記事に
騙されてしまう人たちは、知識不足が
原因な場合がほとんどなので、正しい
知識を得ていく事もまた大事です。

コメントしてきた方は、しかし誠実
そうな方でした、ただ万が一、遺伝子
を書き換えなかったとしても、ワクチン
には、超有害化学物質が、いくつも
含まれているという事をわかって
いただきたいと思います。

今回は、ワクチンに含まれる超有害
化学物質について、とてもよくまとめ
られている記事を引用しながら、
これまでの記事でも紹介してきました
それらの化学物質の危険性を解説
していきたいと思います。

しかし、以下の分だけではありません、
ハイドロジェルなどのナノテクノロジー
やルシフェレイス酵素は、添加物として
書かれていないだけで、確実に
コロナワクチンに含まれる事も明らか
なのです。
その事は
枠チ〇接種で確実に予定されている
もう一つの危険な重大作用とは?

という記事で詳しく説明させて
いただいてます。
つまりそれらがワクチンによって
体内に埋め込まれて、電子システム
としてして働き、5Gを介して
AIと連結する事によって始めて
人間を管理・操作できるようになる
ので、絶対に支配層の意図により、
ワクチンにそれらのものが入れられる
のは確実なのです。

ただしそれを添加物として書いて
しまったら、邪悪な意図が全て
明るみに出るので、添加物としては
書かれていないというだけの事
なのです。

ではそれら電子システム以外の
ワクチン添加物についての詳細を
またprettyworldのブログさんから
引用させていただきます。

『』内が引用で、~が中略です。

『ファイザー添加物の副作用詳細
2021/03/19 16:57
今も「有害事象」の相次いでいる
コロナワクチン。
遺伝子書き換えの影響が出始める
のは3ヶ月後かららしいので
シェリー・テンペニー医師:
人口削減COVIDワクチンはどのように
3~6ヶ月で効き始めるか 
Tim Brown + – さてはてメモ帳 
Imagine & Think! 

接種直後の「有害事象」は添加物に
よるものではないかと考えます。

これはファイザー社コミナティ筋注の
添加剤です↓

これを詳しく調べたブログがあり
ましたので、
ざっと訳して転載させていただきます。

COVID-19 mRNA Vaccine BNT162b2
Do you want to be a guinea pig
for a new type of vaccine that
has been insufficiently tested
when it might only end up giving
you the same side-effects as
the virus itself? It really
makes no sense…

①[(4-ヒドロキシブチル)
アザンジイル]
ビス(ヘキサン-6,1-ジイル)ビス
(2-ヘキシルデカン酸エステル)
(別名ALC-0315)
工業用塗料やプラスチックに
使用される
腐食性の刺激物。
飲み込み、吸入、接触は有害。
深刻な
眼の損傷や皮膚の炎症

(引用注:この成分については
これまでの記事で説明していま
せんでしたね。飲み込み、吸入
接触で有害なものが、直接体内に
入れられたら、余計に強力な毒性
を発揮する事になるでしょう。
接触と違って、遮るものは何も
ないからです。)

②2-[(ポリエチレングリコール)-2000]
-N,N-ジテトラデシルアセトアミド
(別名ALC-0159)
ナノ粒子の製造に使用される脂質。
これまでワクチンに使用されたこと
はない。
多くの日用品に使用されており、
この物質に対する抗体を持つ人の
多くが
アレルギー性の致命的な反応を起こす
可能性

(引用注:このPEGという成分は
これまで、多くの記事で説明してきた
超有害物質です。
この事は
枠珍ナノ粒子を覆う致死的影響のPEGと
LNP 生中継された接種直後の失神!

という記事で詳しく説明しています。

タイトルをもっと正確に書くと、
脂質ナノ粒子が、LNPと呼ばれる
もので、
それをPEGが覆っているという
事で、どちらも超危険な成分
ですが、脂質ナノ粒子というLNP
は添加物としては書かれておらず、
外側を覆っているPEGという成分
だけが書かれています。

まずLNP(脂質なの粒子)についての
説明から
「脂質ナノ粒子は体内で過炎症反応を
引き起こし、重度の反応、入院、そして
潜在的に死に至ります」

これだけでも致命的な作用をもたらす
毒物のようですが、一応抗体の作成を
誘導するために、人間に禍炎症を
引き起こすように設計されている
という事です。
つまりこの場合の副作用は、逆に
抗体を作成するために、有効なもの
として利用されてしまうという事
です。

なるほど「抗体」を作って、見せかけの
ワクチンの効能をつくり出すためには、
人間の身体がどうなっても良いという
コンセプトが、このLNP注入に
込められている意図のようです。

このあたり毒物に対する反応としても
抗体ができるという予備知識が、
なければ、この毒性に対して作成
された抗体が、ウィルスによって作成
されたように、語られていても
気づかない
という事になるわけです。

ワクチンを打って抗体ができるという事の
本当の意味とは、「ワクチンの毒性に
よって抗体ができる」という事なのです。

さらにこの危険なナノ脂質・LNPを
覆っているのが、これまた超有害物質である
PEGという成分で、上記の致命的な
アレルギー性の反応とは、一般に
アナフィラキシー・ショックと呼ばれる
ので、当然即死の可能性もあるという
重大で深刻な副作用なのです。

上記の記事のリンク先では、PEGが
アナフィラキシーショックを引き起こす
という論文も数多く出されている
のです。

つまり超有害な脂質ナノ粒子・LNP
をこれまた超危険なPEGが覆って
いるという事なのです。)

③1,2-ジステアロイル-sn-
グリセロ-3-ホスホコリン
(別名DSPC)
飲み込むと有害
急性毒性(経口、吸入) 皮膚刺激性、
眼刺激性、発がん性、
生殖毒性 臓器毒性(中枢神経系、
肝臓、腎臓) 、急性水生毒性

(引用注:上記の飲み込むと有害
以下の副作用は、飲み込んだ場合の
事ではなくて、とにかく身体に
取り込まれた場合の副作用だという
事です。
つまりワクチン接種によって、
これらの全ての副作用の可能性が
もたらされるという事です。)

④塩化カリウム
最近のデータシートには「実験室および
製造用のみ」と記載。
食品、医薬品、家庭用ではない

(ドラマで有名になった薬物です)


(引用注:
死刑執行にも使用される塩化カリウム
がワクチンに、堂々と入れられて
いるという事です。
これについても
ワ〇〇ン接種は二種類の超危険な
目的に使用されようとしている!

という記事で取り上げました。

薬殺刑に使用されているのが
「塩化カリウム」
です。

即死するような分量ではなくても、
数週間後や数カ月後に心肺停止にする
には
「塩化カリウム」の分量はそう多く
なくて良いはずだという事で、即死
しないように分量を調整して
ワクチンに含め、時間を置いてから
心肺停止にさせる作用を
もたらす危険性があるものだという
事です。

まあ時間差での死刑執行というわけ
ですね。)

⑤リン酸水素ナトリウム二水和物
腐食性刺激物として記載

⑥リン酸二水素カリウム
メルクの安全データシートには
「刺激作用、腹痛、下痢、吐き気、
嘔吐、不快感」と記載

審議結果報告書より↓ 
(①②③は上記の添加剤表の番号)

②ALC-0159 ①ALC-0315 は今回初めて
使用される物質です。

③DSPC は特定の場合のみ使用が
認められるもの。
その使用目的は黒塗りで隠されて
います。

(引用注:つまり使用目的を知られて
はならないという事で、間違いなく
危険な使用目的である事は疑い
ありません。)

この3つの物質について申請者
(ファイザー)
は安全としています。

(つまりすでに超有害な物質として
広く世界にしられている物質を
安全とする時点で、全く信用
できないというわけです。)

途中 血中GGTの増加 と出てきます。

これは
心血管系疾患、糖尿病、メタボリック症候群
、死亡、動脈硬化、心不全、糖尿病、
肝疾患、感染性疾患、癌
などのリスク上昇を意味するそうです↓
γGT | ナカムラクリニック|内科・
心療内科・精神科|神戸市中央区
(花隈 元町 三宮)

また 肝細胞の空胞化 が起こる
とのことですが、
細胞が空胞化すれば当然肝臓はダメに
なってしまうと思われます。~

(引用注:この後、この肝臓へのかなり
の悪影響があったけど、大丈夫だと
でもいうような説明がありましたが、
もちろん細胞がワクチンに含まれる
化学物質の毒性により、損傷を
受けたために空砲化したという事で
とても危険な状態なのです。

つまり肝機能が働かなければ、
ワクチンに含まれる超有害な
化学物質の毒性が、解毒されないで
さらに蓄積され、身体に超危険な
状態が保たれる事になるからです。

おそらく大丈夫だという詭弁は、
メーカー側の説明なのだと思い
ます。)

添加物についてはこういうことの
ようです。
接種前の検討材料にご利用ください。

2021/03/19 16:57 』

“出典:「prettyworldのブログ」様
のサイト 
ファイザー添加物の副作用詳細

このリンク先の記事を見ると
確かに上記の添加物以外の重大な
化学物質BNT162b2と呼ばれるものが
含まれている事が示されています。

引用しておきましょう。

『BNT162b2
‘有効成分はBNT162b2RNAです。
希釈後、バイアルには、それぞれ
30マイクログラムのmRNAを含む0.3mL
の5回分が含まれています。

BNT162b2は、脂質ナノ粒子にカプセル
化されたヌクレオシド修飾mRNAであり、
ロイターは「新しいコロナウイルスの
外表面を模倣するタンパク質を作る
ように細胞に指示し、それによって
免疫を作り出す」と報告しました。
これは、さらに調査して、mRNAが
メッセンジャーRNAであり、
ブリタニカ百科事典によればDNAの
構造を変化させることを発見する
まではかなり当たり障りのないように
聞こえます。

(引用注:つまりm-RNAは
メッセンジャーRNAなので、
遺伝子を書き換える作用を持つ
のは当然だという事です。

さて遺伝子を書き換える事はない
などと証言していた冒頭の
モデルナ社のワクチンも
m-RNAワクチンなので、
完全にここで嘘がばれている
というわけです。

そしてまたモデルナ社はこの事に
ついて驚くべき事を公表しています。

以下です。

モデルナ社の公表文献には、
「モデルナ社はPEGやmRNAテクノロジー
の問題点や安全性リスクについては
十分認識しているが、それよりも
最終的な収益を重んじている。」と
記しています。

さて冒頭のファクトチェックがいかに
信頼性が皆無であるかがよくわかって
いただけたかと思います。
私たちは、このような知識や情報を
得て、知識のない人たちが誘導される
のを食い止めていかなければ、ならない
と思います。)

したがって、BNT162b2はDNAの構造を
変える有効成分です。下の図は、
ブリタニカ百科事典からのもので、
メッセンジャーRNAが細胞内のDNA鎖
を解凍し、遊離RNAが分離された鎖と
結合して構造を変化させる方法を
示しています。

あなたはあなたのDNAを変える能力を
持っているあなたの体の周りを
循環している物質が欲しいですか?
これはあなたを遺伝子組み換えに
します。長期的な影響は人類に
どのような影響を与える
でしょうか?』

“出典:「目覚めた英国」様のサイト
COVID-19mRNAワクチンBNT162b2
より”

このようにワクチンに含まれる
超有害化学物質を知るだけでも、
間違っても自発的にワクチンを
打っては絶対にだめだという事
がわかりますね。

ではまた貴重な情報を記事にしていこうと
思います。

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

「コ〇ナワ〇チ〇に含まれる超有害化学物質総まとめと詳細解説!」への2件のフィードバック

  1. 薬の多くが毒物から作られています。
    用法、用量を調節して薬となっています。
    有害物質の致死や害の程度は服用した量も関わって来ます。
    各有害物質の致死量や中毒例も出して貰えると助かります。
    あと、ワクチン中に含まれる量も具体的に知りたいです。

    身の回りには有害物質が溢れています。
    肉を焼いても、揚げ物にも、加工肉や大気中にもです。
    人が活動する時に出る活性酸素もです。
    水道水には塩素、トリハロメタン、ワインには亜硫酸塩が含まれています。
    その辺を含めた考察を期待しています。

    1. アルマジロさんありがとうございます。
      私も、まわりは全て毒だと理解しております(*´▽`*)

      とても詳しい方のようですね。是非ご自身で発信されてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です