ロンドン集会の大観衆の前でアイク氏が語ったコロナ騒動を終焉させる解決策!

今回は、イギリス・ロンドンでの
偽コロナ反対デモ集会に集まった
3万5千人の大観衆の前で、アイク氏が
熱く演説した内容があまりにも
素晴らしかったので、それを徹底解説
しながらご紹介したいと思います。
もし動画が消されてもいいように
文字起こしをご紹介させていただいて、
また私の解説も入れさせていただきます。

真実暴露界のリーダー的存在でおられる
高橋清隆氏もブログで記事にしておられ
ます。

それをまず引用させて
いただきましょう。

『』内が引用で~が中略です。

『デーヴィッド・アイク氏が8月29日、
英国ロンドン市内のトラファルガー広場で
開かれた「自由を求める統一集会」で
約3万5000人の市民の前で演説した。
今回は、その動画を日本語字幕付きで
紹介する。ユーチューブから削除される
可能性が高いので、各動画サイトに
アップできる方は、拡散願う。

~情報と和訳は、ロンドン在住のK.A様より
頂いた。人類のための貢献に、
心より感謝申し上げる。

 集会に参加したK.A様によると、
一番の盛り上がりはアイクの演説だった
とのこと。「自由を!」と叫ぶ場面は、
読者諸賢も心揺さぶられるのでは
あるまいか。集会後、アイクは
映画スターさながら、もみくちゃに
されていたという。

 イングランドでは7月24日、店舗や
公共施設でのマスクの着用が義務化
された。演説で「来週から」と言って
いるのは、9月1日から校長の判断で
児童・生徒に着用させることができる
ことを指す。また、スコットランド
ではすでに、12歳以上の児童・生徒に
義務化されているそうだ。

 ロックダウンも地域によって
異なり、レスターやマンチェスターの
ほか、スコットランドの一部で実施
れているとのこと。ロンドンでは
全面ロックダウンは緩和されたものの、
人と会うのは6人まで、2メートル
以上の距離を取るなどの制約があり、
スポーツなども禁止されている。

 この集会でもコロナ特例法に違反した
として、主催者のピアース・コーベンが
逮捕され1万ポンドの罰金を言い渡された。
本人は支払を拒否し、裁判で争うとして、
カンパを募っているという。

 ワクチン接種のための法整備を政府が
進めているそうだが、日本のニュースでも
取り上げられたようにワクチン接種を
拒否する人が多いので、強制は難しいとの
見方が大勢だ。何しろ、制約だらけの中、
これだけの民衆が気勢を上げるのだから。

 わが国も続きたいものである。
「日本の仲間たちよ、さあ行こう!!」。


集会後、市民に歓迎されるアイク氏
(8月29日、ロンドンでK.A様撮影)

9月6日追記:「字幕大王」様が別の
動画サイトにプロ仕様で投稿ください
ました。感謝!!
https://mega.nz/file/m5UUHSJC#Q23zdWE-
Tz29CsQuvBY3DaQK50hKk0PO60xHVcsKyEY

                』

“出典:「高橋清隆の文書館」様の
サイト
D.アイクの反ロックダウン集会
での演説(ロンドン)
より”

なんとこの大集会の主催者が逮捕された
という事ですが、現在すでにイギリス
では、とても深刻な状況になっている
ようです。

せっかく日本よりもずっと覚醒して
いる人が多いイギリスですが、政府が
民意を無視した政策をとっている
ようです。

もちろん英国といえば、支配層の司令塔
の1つで、英国政府はその意図に
従っているからです。

地域によって差があるようですが、
イングランドでの店舗や
公共施設でのマスクの着用が義務化
などというのは、日本のような緩やかな
推奨といった生やさしいものではなく、
法制化されているという事でしょう。

さらにロンドンでは、6人までしか
集まれない上に、2メートル以上も
離れなければならないという事です。

この2メートルというのには
理由があります。それは、以前も
指向性兵器としての目的まであったとは! 
あまりにも危険な電磁波システム

という記事でご説明しています。

もう1度掲載してみましょう。

つまり個人の位置を特定して、個人を
選んで殺害するシステムになって
いるというのが、5Gシステムという
事なのですが、まさかと思われる人も
多いかも知れませんが、5Gが
指向性兵器である事は、広く知られて
いて、たとえば60GHzの電磁波は
酸素を変質させる事で、呼吸困難や
突然死をもたらすという事は、すでに
記事でご紹介してきましたし、
他の周波数でも、細胞を破壊したり、
心臓にショックを与えて、突然死
させる事も可能だといいます。

とにかくそういう理由で、2メートル
だという事です。

動画がすぐに消されてしまうという事を
高橋氏は懸念されていましたが、
どうやらあの真実曝露発信界の
これまたリーダー的な存在の字幕大王
さんが、ご自身のブログ動画サイトで
アップしてくださったようです。

さて気になる感動的なアイク氏の
演説を動画から文字起こしを紹介させて
いただきながら、私の解説も
加えていきたいと思います。
演説を全てメモしましたが、さすがに
全文掲載は多すぎるので、大半では
ありますが、重要なものを中心にして
少し省略させていただきます。

では最初からアイク氏の演説の
文字起こしを
紹介していきましょう。

もちろんK.A様の翻訳です。

もちろん大観衆は、常に歓声を上げ
ながら熱心に聞いています。

「この狂気の世界の中で、こうして
たくさんの正気な人々を見ることが
できるのは大きな喜びだ」

これは真実に気づいた人なら、誰にでも
わかる幸福感ですよね。
私たちは、ある意味幸せな状態なのです。

「今日我々がここに集まったのは、今、
この地そして世界中で危険で死に至る
ウィルスが蔓延しているからだ。
それは新型567(covid-19)
ではなくファシズムだ」

このファシズムというのは、日本人には
馴染みのない言葉かも知れませんね。
直訳すると「全体主義」ですが、
もっとわかりやすくいえば、
少数の支配者たちによる大衆支配
そのものを意味しています。

「このファシズムが
新型567という幻のパンデミック
により正当化されている。」

もちろんずっと大歓声を上げている
大観衆のロンドン市民たちは、
とっくに知っているわけです。

このあたりが、日本とは覚醒規模の
違うところですね。

そして、この馬鹿げた新生活様式に
対して、アイク氏が皮肉たっぷりの
表現をしています。

「このウィルスは、すべての状況に対し
万全の装備をしているようだ。」

「ウィルスから身を守るために、他の
人から、6フィート(約2メートル)
以上離れろ。
ウィルスはいまいましい巻き尺を持って
いるようだ」

「他の家に住む人とは、15分以上は
一緒にいてはならない。」

「ウィルスはいまいましい、時計も
持っているようだ。」

「我々はマスク着用を義務化する。でも
来週の終わりからだ」

「どうやらウィルスはいまいましい
カレンダーも持っているようだ」

「このウィルスはとてもインテリで、
政府が嫌う抗議集会に参加した人だけに
感染させることが出来るようだ。」

「まったくのナンセンスだ。脳細胞の
半分でも機能していれば、これが
ナンセンスであることに気づくはずだ。」

「なぜならこれはでっちあげだからだ。」

これらは、アイク氏の得意のジョーク
を交えながらのトークで、この時会場は
一言ごとに、大ウケしていました。

確かにばかげていますよね。

日本でも似たジョークがいえますね。

「政府やバックの支配層が意図的に
再開発を予定している場所だけ
クラスターが発生していましたよね。

新宿歌舞伎町界隈ですよね。

ピンポイントで予定地の周辺だけが
クラスター発生でした。

ウィルスは、人間の予定情報まで、
知っているらしい!」

「ではなぜこんなことをするのか、
その質問には、別の側面からの質問で
答えよう」

「なぜ私は、何十年も前に、この今の状況を
予測できたのか。
なぜオルダス・ハクスリーは1930年代に
このことを予測できたのか、なぜ
ジョージ・オーウェルは、1940年代に
予測できたのか」

アイク氏は、確かに私たちが現在向かわせ
られている、人類完全管理支配社会に
ついて、30年近く前から、著書などで
警鐘し続けてきました。

そしてオルダス・ハクスリーは、
「すばらしい新世界」で、
そしてジョージ・オーウェルは
「1984」で、
この二人とも、それぞれの著書で、
人類完全監視支配社会を示唆する
ような悪夢の未来を描いています。

「その答えは簡単だ。今の出来事は
偶然ではないからだ」

「ずっと前から練られていたアジェンダが
実行に移されているのが今だ。
もし我々が今立ち上がらなければ、
世界中の人類は、技術面だけでなく、
すべての面での完全な従属を強いられる
ことになるだろう。」

この技術面というのが、5Gと人体に
埋め込まれようと意図されている
ナノチップでの完全管理での支配
です。

そしてすべての面での完全な従属
というのが、5Gとナノチップの連携
での、感情・思考・身体面での
徹底したマインドコントロールで、
精神面でも完全支配される事に
なるという事でしょう。
ただし、その場合でも私たちの本来の
姿である「意識」は自由なままなのです。
この事に、一人でも多くの人が気づいて
いただきたいのです。

これで大観衆は、いったん深刻な雰囲気
になります。

しかしここからが、アイク氏の真骨頂です、
私たちの本当の「強さ・力」をすべての
人に印象付けるための演説が、ここから
始まります。

「我々は今歴史の中で重要な局面に
置かれている分岐点だ。」

「もしサイコパスが我々の生活を支配する
ことを許し続ければ、良い終わり方は
しないだろう。」

サイコパスというのは、世界の支配層の
頂天やその手先たちが、邪悪で、冷酷
な性質を持っているために、アイク氏は
支配層の事を、こう呼ぶ事も多いのです。

「しかし我々が、どこに権力があるかを
思い出せば、この状況はあっという間に
終わるだろう。権力は我々の下にある
のだ。」

まさにこれがまず1つの結論です。
私たちは、権力や権力者が上にいる
という事を思い込んでいるがために
納得できない事でも、不満があっても
従うのであり、それが単なる幻想で
私たちが、彼らに与えただけのもの
なら、取り上げて、私たちのもとに権力
を取り戻す事もできるという事を言って
いるわけです。

ここで少し中略。

「彼らが我々に知って欲しくないこと、
彼らが我々に仕掛けているトリックとは、
権力者が力を持っていると思わせる
ことだ。しかし権力者に力はない。」

「世界中の権力者が持つ力とは、我々が
与えたものにすぎないからだ。」

これはとても大事なコンセプトです。

私たちがか弱い存在で、強いものには
従わなければならないというのは、
私たちのDNAに書き込まれている
プログラムにもあるという事でも
あります。
私たちの本当の現実を隠すための
マトリックスのプログラムとは何か?

という記事にも詳しく書いてあります。

そしてその事を、完全に思い込ませる
ために、科学や教育は、私たちは、
宇宙の広大さに比べてちっぽけな存在
であるとと私たちに刷り込んできた
のです。

実際には、科学的観測からも含めて
結論づけると私たちは、それぞれみんな
宇宙大の大きさでもあったというのが
真実なのです。

この事は、
真の宇宙モデルとは、全てが
逆転・裏返しとなる世界だった!?

という記事で詳しく説明されています。

だから私たち自身が、無限のパワーを
秘めた存在なので、権力者に従う
必要など全くないのです。

「数週間前に何千人もの人々が、ビーチ
に向かった。ソーシャルディスタンスなんて
守れるはずもなかった。何千人もが一緒に
座っていた。
地方政府は「大事件である」と宣言した」

「宣言したければすればいいだろう。
ではそれに対して、どうするというのだ。
たくさんの人が従わないのだから、
何もすることはできないだろう。
ここなんだ。」

まさにここなんです。一人や少人数で
あれば、警察を権力で動かす事によって
逮捕などの行為に及ぶ事も可能
ですが、大人数であれば、結構手も足も
出なくなるのが権力というものだと
彼が教えてくれているのです。

「この世界はほんのわずかな人間に
よってコントロールされている。
命令と服従の簡単な連続によってだ。」

「ピラミッドの上から命令・服従、
その下のレベルも命令と服従、
その下も同様だ。そして我々一般人
のところまで来る。」

「我々を服従させようとする政府・
警察などに我々が従った場合、
トップのほんのわずかな人々からの
命令・服従の回路が完成してしまう。」

「その回路により陰に隠れたほんの
少人数が、自分たちのアジェンダを
何十億もの人々に強制することが
出来てしまうのだ。」

アジェンダとは、支配層の目論む
邪悪な支配計画の事です。

確かに私たちを完全支配しようと思う
人間は、頂天のほんのわずかな
支配層の血族たちだけなのです。

そして彼らは、直属の支配層に対して
とにかく金銭面や特権などでの恩恵を
与えて服従させてきたのです。

この直属の支配層に対しては、究極の
秘密も、一部教えます。

これは以前にも
彼ら自身が語る、世界の真実   
そして彼らの弱点とは?

という記事で説明しています。

彼らは支配を完全にするために、
ピラミッド構造のすぐ下の階級には
必要な真実の一部だけ教えるという
「部分開示」という方法を取って
います。

それはCIAでも使われている手法
ですね。

なぜなら下っ端が知って裏切れば
たちまち大衆に秘密がばれてしまい。
権力構造が崩壊してしまうからです。

さて次は明快な解決方法です。

「どうやってその連続を止める
ことができるか。不服従によってだ。」

まさにこれにつきますね。
今人の目を気にせず、または気になって
いても、マスクを外して外出されている
方達は、まさにこの「不服従」が
実践できている方々です。

私もほとんど外しています。
マスクをしていないと入れない
という店はアゴマスクか、少なくとも
鼻はしっかり出して入ります。

少し中略。

「家に留まるか?ノーだ」

「マスクをするか?ノーだ」

「子供を心理的に破壊するか
ノーだ」

この最後の子供を心理的に破壊する
というのは、日本でも広く行われていて、
親が暑い日でも子供にマスクを強要
したり、学校ではなんとフェース
ガードをつけて個人をアクリル板で
仕切り、話もさせないように
させられている。
これで子供が心理的に健全に育つと
思っているような親や教師は人間失格
ですよ。

「もうその時が来ている、もうその時は
過ぎている。我々が歴史から教訓を
学ぶ時がだ。
人類の全ての歴史は、少数者支配から
なっている。
多数が少数に従ってきたからだ。」

これについてはアイク氏の著書も
詳しいし、他にもすぐれた著書は
いくつも出されています。

また別の記事で、この少数者支配の
仕組みを詳細に記事にしていこうと
思います。

「もううんざりだ」

ここでアイク氏は、大観衆とともに
叫びます。

「自由を!」

「自由を!」

「自由を!」

アイク氏が言い終わっても、大観衆は
「フリーダム」という自由を意味する
言葉を何度も叫び続けています。

「我々は、これ以下のものは受け入れない」

まさに江戸時代がいかに、民主的で平和
で、自由であったにせよ、権力者に
従うシステムはしっかりできており、
ただ世界でも類を見ない最高の社会とも
外国人から評されたのは、権力に
従っていても、人々は、自由で豊かで、
あたたかい社会が実現できていたから
なのです。

そしてその平和な時代が、数百年も
続いていたががために、「お上の言う
事に従っていれば安心」という根強い
感覚を日本人に植え付ける事になって
しまったのです。

ですが、今こそわたくしたちは、
権力に対抗してきた外国から学ぶ
べき時なのです。

今権力者は、完全に邪悪なものに
とって変わられました。

だから、従っていては、最悪の未来を
引き寄せる結果となってしまうのです。

すでに倒産して、自殺する人たちや
偽のウィルスで隔離され医療の犠牲に
なった人たちにとっては、その最悪の
未来はすでに経験されてしまった
のです。

もう立ち上がるべき時は、始まって
進行中だという事なのです。

「この集会の警備をしている警官と
話をした。あなたには、子供や孫が
いるだろう。」

「あなたは自分の子供がその中で
生きる事になるファシズムを実行に
移している」

つまり自分で自分の子供たちを支配層の
牢獄に入れるための準備を実行に
移しているという事です。

もちろんその牢獄には、自分自身も
入る事になるというなのです。

もちろんこれは、現在新生活様式を
従順にも守り、そしてそれを他人に
守らせようとしている全ての人たち
がしている事なのです。

つまりあなたがたは、自分で入る
事になる牢獄をどんどん造りあげて
いるという事なのです。

もちろん同様にこれは政府・マスコミ
警察・医療産業なども同じ事です。
彼らは、自分たちのしている事が
自分や身内に、ナノチップを埋め込む
事態につながる事を、ほとんど自覚
できていないと思われます。

私は以前の記事でも説明しましたが、
現在政府や官僚たちは、支配層に
言われるがままに、邪悪な計画を
進行させていますが、従っている
支配層奥の院の正体は
ほんの少し血族の人間だけなので、
当然、彼らのような手先もワクチンを
受ける事になり、完全なる牢獄の
中に自分や家族もろとも入る事に
なるのです。

私たちが入るより少し後になるだけ
の事なのです。

とにかく彼ら自身がその事に気づいて
従わなければ、我々は救われるのです。

彼らは確かにそれを行うと、命が
奪われるかも知れないという危険が
ありますが、
遅かれ早かれ完全に死人となるような
牢獄に入るだけというのがわかって
いれば、服従しない事で助かる方法を
模索し始めると思います。

「サイコパスに使えることをやめ、
頼むから我々に加われと、集団の
中心人物は、一部屋に収まって
しまうくらいしかないだろう。」

「どうやって抜け出すか考えついた
と思う」

どう見ても覚醒した世界中の人々を完全
支配するのが不可能な流れに今なって
いるので、支配層は、逃げ出す事を
考えたに違いないという事です。

ここで、大観衆の意気が一気に
上がります。

「世界の人々よ、さあ行こう!」

この言葉はまさに私たちにも
向けられているのです。
権力が優勢などというような否定的な
見方は、覚醒して立ち上がってから
考えるべきだという事です。

自分や身内のために最悪な未来を
選択したくないのなら、団結して
声を上げていくしかないという事
です。

アイク氏の言葉は、ここまでですが、
アイク氏は、熱狂的に支持する人々に
もみくちゃにされながら会場を後に
したようです。

今年の3月に、支配層の計画を全部
暴露して、世界中を目覚めさせた
アイク氏の叫んでいた通り、
私たちもつながり、団結して
みんなで声を上げていきましょう。

自由と豊かさとあたたかい未来
のために

ではまた(^^)

それから、現在ツイッターから
アクセスしていただいてる方が
多いと思うのですが、ツイッター社
が存続の危機というような話も
持ち上がってきたようなので、
念のため今回のような記事を一覧で
掲載してるページをブックマーク
していただくとありがたいです。
わりとひんぱんに更新している
カテゴリーです。
それともう一つの重要な意識の話の
一覧のページも、よろしければ
https://wp.me/Pa36hC-3D8

生命の神秘編一覧

https://wp.me/Pa36hC-3Gq

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

意識と思考と覚醒編一覧

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です