インド占星術 人生を読み込めるダシャーの実例の解読!その3


この記事は
インド占星術 ダシャーの意味と、
出生図の配置で解釈してみる!

の続編にあたります。

前回は、インド占星術の未来予測技法
であり、人生の時期の読み取りにも
使えるダシャーを実際に読み取って
みました。

今回はその続きで、前回の水星期の
あとのケートゥ期の解釈になります。

前回もまず、その惑星期の吉凶は、
その惑星自身の出生図での吉凶を
反映するという事で、その理由を
説明していました。

もう一度その部分を掲載しておきますね。

「それぞれの惑星期は、出生図つまり
ラーシチャートでの惑星の象意や
吉凶、状態に左右されるという解釈に
なっているのです。

惑星期のそれぞれの惑星は、その
ダシャー期の支配星と呼びます。

そしてラーシチャートでのその
支配星の配置などから吉凶を
観てそれがそのままその惑星期の
吉凶にも大きく影響をしていく
という事です。

そのことについてくわしく書かれて
いるサイトか引用させていただきます。
『』内が引用で、~が中略です。

『【吉となる場合】
・ダシャーの支配星の品位が良い
(高揚、ムーラトリコーナ、定座)

・ダシャーの支配星が吉星と
コンビネーションを形成する

・ダシャーの支配星が吉意の強い
ヨーガを形成する

・ダシャーの支配星がトリコーナハウス
(1室、5室、9室)を支配もしくは在住する
・マハダシャーの支配星があるハウスから
数えて、アンタルダシャーの支配星が
トリコーナハウス(1室、5室、9室)や
ケンドラハウス(1室、4室、7室、10室)
に在住する

【凶となる場合】
・ダシャーの支配星の品位が悪い
(減衰、敵対)

・ダシャーの支配星が凶星とコンビネーション
を形成する

・ダシャーの支配星が凶意の強いヨーガを
形成する

・ダシャーの支配星がドシュタナハウス
(6室、8室、12室)を支配もしくは在住する

・マハダシャーの支配星があるハウスから
数えて、アンタルダシャーの支配星が
ドシュタナハウス(6室、8室、12室)
に在住する

“出典:「The Jyotish」
様のサイト
ヴィムショッタリー・ダシャーとは
より”

さて今回はケートゥ期なので、私の
出生図つまりラーシチャートを見て
みましょう。

みなさんの無料のチャート作成リンク先
はこちらです。
Jyotish-ONE Chart 入力フォーム

ケートゥは、実際の天体というよりは、
感受点なので、あまりコンビネーション
などは関係ないようです。
あと私のケートゥは高揚でも減衰でも
定座でもなんでもないようです。
またヨーガとも関係ないようですが、
上の説明にもありますように
・マハダシャーの支配星があるハウスから
数えて、アンタルダシャーの支配星が
トリコーナハウス(1室、5室、9室)や
ケンドラハウス(1室、4室、7室、10室)
に在住する

要するにこれに相当するのが、吉意の強い
アンタルダシャー期

・マハダシャーの支配星があるハウスから
数えて、アンタルダシャーの支配星が
ドシュタナハウス(6室、8室、12室)
に在住する。

そしてこれが、凶意の強いアンタル
ダシャー期です。

つまりこれらについては、
アンタルダシャーも見る事になります。

さてその事をふまえて私のケートゥ期を
見てみましよう。

私のケートゥ期はこちらです。

【Ke期 1966年10月(0歳) – 1973年10月(7歳)】

■Ke-Ke期 1966年10月(0歳)~1967年03月(0歳)

■Ke-Ve期 1967年03月(0歳)~1968年05月(1歳)

■Ke-Su期 1968年05月(1歳)~1968年09月(2歳)

■Ke-Mo期 1968年09月(2歳)~1969年04月(2歳)

■Ke-Ma期 1969年04月(2歳)~1969年09月(2歳)

■Ke-Ra期 1969年09月(2歳)~1970年10月(4歳)

■Ke-Ju期 1970年10月(4歳)~1971年09月(4歳)

■Ke-Sa期 1971年09月(4歳)~1972年10月(6歳)

■Ke-Me期 1972年10月(6歳)~1973年10月(7歳)

つまり私の0歳から7歳児頃までは
ケートゥ期だったという事です。

まずはこのマハーダシャーのケートゥ期が
どういうものか、惑星期の意味で見て
みます。

ケートゥ

内省する、浄化、手放す、内面を見つめる、
精神的な生活、自己放棄、純粋さを求める、
禁欲、禁欲修行、神秘的な世界の探求、
隠遁、別れ、孤独、引きこもり

はいはいー、まさに私の幼少期そのもの
ですねー。
これは私のいってみればベースとなって
しまう性質でもあるのです。

もちろんそのベースは、本物でもあり
ません。

実は月の影響がちょうどその7歳児までで、
私の幼少期は、月による無意識への
刷り込みの期間といえるのです。

しかし月の意識は、
マドモアゼル・愛先生の月の解釈とは?   
私の月の見解との共通点

という記事にも書きましたように、
私の月の解釈とマドモアゼル・愛
さんの月の解釈には、貴重な共通点
があったのです。

マドモアゼル・愛さんは、月・または
月の影響は、影でしかないと言って
おられます。

つまり月から受けるエネルギーは、
本来の意識のためのものでなく本物
ではないとして、月の事を「影」と
しておられます。

私も似た解釈ですね。ケートゥ期の事
なのに、月の話になってしまいま
したね💦すいません。

ただし多くの人が、この月の影響での
意識を自分自身の性質と思うのは、
よくわかります。
「三つ子の魂百までも」
という言葉にある通りです。

ただしそれは影の意識であり
本当の意識ではないという事
なのです。

つまり私は、ずっと内向的、精神的な
事に対する興味を持って、隠遁する
というような性質を自分自身の性質
だと信じていましたが、月の影響が
薄らいでくる後半生あたりから、
そうでもないなと感じ初めてきたの
です。

つまり自分は意外にも、そんなに内向
的すぎるというわけでもないと。

まあしかし、無意識に刷り込まれた
自分の影の性質は、やはり完全に
拭い去る事もできず、確かに今でも
禁欲的、神秘的な事への興味、隠遁
などの性質は出ていますね。

そしてまたこのケートゥは、11ハウス
に在住しているので、前半が困難では
あるけれども後半には、それも和らぐ
といったものです。
という事は、前半の三つ子あたりまでは、
困難だったので、そういう経験も
無意識のうちに自分がネガティブな
運気を引き寄せている可能性がある
という事ですね。
それは特に感じます。

そしてアンタルダシャー期を全部
詳細に見ていたら、膨大になって
しまうので簡単にまとめます。

それに46~53年前の記憶なんて
どなたも鮮明なものではないどころか
よくは思い出せない事ばかりだと
思いますね。

さてと上にも説明がありましたが、
マハーダシャーのケートゥが
在住する惑星期は11ハウスですが
それを1ハウスとして、数えて、
アンタルダシャー期の各惑星期の
吉凶を判断していくという事です。

まずは吉意の強いアンタルダシャー
期は、第1ハウスのケートゥ期、
第5ハウスのラーフ期、第8ハウス
の木星期と、火星期という事
になります。これらは、この
出生図での数え方でなく、ケートゥ
のある場所を、一番目のハウス
として数えた、ケンドラまたは、
トリコーナハウスだという事です。

まあその時期が良かったと
いわれても、なかなか思いだせ
ませんが。

ただ2歳から4歳の火星期、
ラーフ期、木星期は、確かに、
楽しかったような気がします。
つまり幼稚園に入る頃までの話
というなら、逆に当時1人好き
だった私にとっては
良い状態でもあるからですね。

さて今度は悪い時期です。
凶意の強いアンタルダシャー期は、
第4室の土星期、第10室の
水星期と水星期です。

特に土星期が、数えて6番目の
ドシュタナハウスという事ですが、
よりによって、最大の凶星の土星
が、さらに凶意のつよい位置に
あるというのだから、とっても
よくない事が起こっていたので
しょう。
この土星期は、4歳から6歳児
という事で、ちょうど幼稚園に
入っている頃というわけですね。

まあそういう内向的で1人好きの
性質なので、まわりとうまく
いってなかったのかも知れません。
特に事故とか、ケガとか、病気は
してなかったとは思います。

もちろん太陽期の1歳から2歳頃
など、まったく記憶にのこって
いません。

しかし、水星期は、思い当たり
ます。
確かにこの時期にちょうど私は
少し陰鬱で寒い舞鶴から、
晴天が多く明るいイメージの大阪
高槻市に引っ越したのです。
そして、幼稚園は、舞鶴で卒園して
小学校は、高槻で入学したという事
です。確かにあれから一気に外向的
に変わりましたから、転機といえば
転機ですね。

しかし、凶意の強いはずのアンタル
ダシャーのはずなのに、なぜ
結構運気が良い時期のイメージ
なのでしょう。

それは、水星という惑星そのものが
私の場合出生図で高揚、しかも
ラージャヨーガを形成していて強い
吉意を示しているからでしょう。

それほど出生図での惑星の吉凶の
影響は強いという事が、わかります。

つまりどんな時でも私の水星期は
幸運だと覚えておきましょう。

みなさんもこのように出生図で
特に吉意の強い惑星は、ダシャー期
でも、良い時期として反映すると
ご理解くださいね。

さて次回は、私の7歳から27歳
というとても長い期間の金星期に
ついてみていこうと思います。

では次回をお楽しみに(*’▽’)

それから、現在ツイッターから
アクセスしていただいてる方が
多いと思うのですが、ツイッター社
が存続の危機というような話も
持ち上がってきたようなので、
念のため今回のような記事を一覧で
掲載してるページをブックマーク
していただくとありがたいです。
一週間に一度ほど更新していく
カテゴリーです。

https://wp.me/Pa36hC-3XP

インド占星術編一覧

 

いつもありがとうございます(^^)

インド占星術編一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です