インド占星術 ダシャーの意味と、出生図の配置で解釈してみる!

さてSNS対策つまりツィッター
への対策として、ツイッター画面に
自分の出したい画像で投稿する
ために、これまでは違い、
タイトルの上に画像が入るように
なりました。

なんだか五里霧中で初めたインド
占星術で、少しずつ基本を学んだ
事により、今ではサビアン鑑定の
参考にも、大いに役立ってくれて
います。
実際、サビアンシンボルは、インド
占星術での鑑定ともとても相性が
よく、見事に反映されているのが、
鑑定の時にも何度も実感させて
いただいてるので、これからも
少しずつでもスキルを上げて
いきたいと思ってます。

さてでは前回までで、ダシャーの
種類や、意味まではご紹介できたと
思うのですが、これからは読み取り
方に挑戦していこうと思います。

一度にこれまでの人生の全部だと
もちろん膨大な量になってしまうので
ちょうど最初の水星期がわずかひと月
くらいで、今回は大事な最初のダシャー
期だけ読み取っていきたいと思い
ます。
前回でご紹介しました、一番詳細な
プラティアンタル・ダシャーまでは
本来とても手がまわらないのですが、
今回は最も大事な最初のダシャー期
で、しかもたった一月だけなので、
プラティアンタルダシャー期も
観てみようと思います。

ここで読み取りに大事なポイントが
あります。
それぞれの惑星期は、出生図つまり
ラーシチャートでの惑星の象意や
吉凶、状態に左右されるという解釈に
なっているのです。

惑星期のそれぞれの惑星は、その
ダシャー期の支配星と呼びます。

そしてラーシチャートでのその
支配星の配置などから吉凶を
観てそれがそのままその惑星期の
吉凶にも大きく影響をしていく
という事です。

そのことについてくわしく書かれて
いるサイトか引用させていただきます。
『』内が引用で、~が中略です。

『【吉となる場合】
・ダシャーの支配星の品位が良い
(高揚、ムーラトリコーナ、定座)

・ダシャーの支配星が吉星と
コンビネーションを形成する

・ダシャーの支配星が吉意の強い
ヨーガを形成する

・ダシャーの支配星がトリコーナハウス
(1室、5室、9室)を支配もしくは在住する
・マハダシャーの支配星があるハウスから
数えて、アンタルダシャーの支配星が
トリコーナハウス(1室、5室、9室)や
ケンドラハウス(1室、4室、7室、10室)
に在住する

【凶となる場合】
・ダシャーの支配星の品位が悪い
(減衰、敵対)

・ダシャーの支配星が凶星とコンビネーション
を形成する

・ダシャーの支配星が凶意の強いヨーガを
形成する

・ダシャーの支配星がドシュタナハウス
(6室、8室、12室)を支配もしくは在住する

・マハダシャーの支配星があるハウスから
数えて、アンタルダシャーの支配星が
ドシュタナハウス(6室、8室、12室)
に在住する

“出典:「The Jyotish」
様のサイト
ヴィムショッタリー・ダシャーとは
より”

まずはその事をふまえて、私の生まれて
からのたった一月ほどの水星期を
観てみようと思います。

まずはいつもの私のラーシチャート
がこちらです。

みなさんの無料のチャート作成リンク先
はこちらです。
Jyotish-ONE Chart 入力フォーム

そして私は水星期はたった一月ほど
で終わりますが、西洋占星術
でもインド占星術でも出生時が
最も強く人生を反映している事を
考えると、これもまた重要である
という事になります。

まずは私の水星期での
ダシャーを掲載しますね。

【Me期 1949年10月(-17歳) – 1966年10月
(0歳)】
■Me-Sa期 1964年02月(-3歳)~1966年10月
(0歳)
Me-Sa-Ju:1966年06月11日(-1歳)

おーなんと水星-土星期という事で、
最初から土星が、がっちりアンタル
ダシャーになってますねー(^▽^;)
しかし、逆にさらに詳細なプラティ
アンタルダシャーに木星期が入って
いるのは大きな救いです、私の
サビアン占星術的解釈では、最も
生まれた瞬間にこそ人生の縮図が
凝縮されていて、肉体という
マトリックスにとらわれた人生は、
そのサイクルでスパイラルのように
循環していくというように解釈して
いますから、プラティアンタル
ダシャーの影響力が最も大きいと
みますが、インド占星術では、
最も大きな単位のマハーダシャーの
影響が最も大きいとみるようです。

まずはわたくしの水星の吉凶をまず
私のラーシチャートで観てみま
しょう。

水星自体は弱い吉星扱いですが、
吉意の強いケンドラハウスの
なかでも最強の第10ハウスに
属していて、しかも水星は、
乙女座にあり、高揚の位置にあり
ます。つまりとても強い吉意を
示してくれているようですが、
弱い凶星である太陽と同室に在住
しているので、その凶意も少し
受けます。そしてさらには
土星が対面の第4ハウスにあり
相互アスペクトしているので、
その凶意もまともに受ける事に
なるのです。

つまり知性を働かせる事は、
できても、土星や太陽による
力の制限があるという事に
なります。

ただ土星の場合は、度数が少し
だ離れているので、アスペクトの
凶意もその分弱くなってくれて
いるという事でもあるのです。

ただしここでも救いがあります。

私のトリコーナハウス最強の
第9ハウスの支配星である太陽と、
ケンドラハウス最強の第10
ハウスの支配星水星が、第10
ハウスで同室なので
ラージャヨーガという吉意の強い
ヨーガを形成しているので、
土星の凶意も解消できそうです。

ラージャヨーガは、その関連する
ハウスや惑星が象徴する事柄に
ついての繁栄・利益をもたら
したり地位を与えたりするそう
です。

さてそういう意味で、私の大事な
最初のマハーダシャーは水星期
で、かなら吉意が強かったようで
安心しました。

以前にも取り上げた水星期の意味を
もう1度掲載してみましょう。

水星

好奇心、コミュニケーション、
書くこと、知識や情報を得る、
恋愛、移動、小旅行、学習、教育、
商売、知識欲を満たす

なるほど人生において私の長所
という事でいえば、まさにこれら
の事があてはまるという事です。

ただしその次にアンタルダシャー
の土星期の意味も加わるので、
それも観てみましょう。

土星

安定した生活をする、忍耐力を養う、
義務を果たす、現実的に考える、
実践的、秩序を大切にする、
体系的に考える、抑圧や制限、
試練、障害

そしてさらに詳細な時期の
ブラティアンタルダシャーの
木星期の意味が加わります。

木星

守護、幸運、精神性、道徳性、
スピリチュアル、哲学、教育、
宗教、神事、子供の誕生

一番影響力の強いはずのマハー
ダシャーも私に反映されている
と顔もいますが、この中では最も
詳細なプラティアンタルダシャーの
方が、私の中心であってもなんら
違和感はないですね。

まあ私のサビアンでは、この最も
最初の詳細な時期の方が重要なの
で、どちらもあり得ると観る事に
します。

だからなのでしょう、私が研究して、
知識欲を観たし、書く事や、会話
する事の中心が、精神性や哲学、
そして神秘的な事になるのも、この
水星期と木星期の関係によるもの
で、さらに邪悪な者の意図などが
反映されている土星期に対しても
感性が働く事で記事にしたりして
いるので、全て関係はしていますね。

最初のダシャー期は特に、自分の人生
の縮図でもあるという事が、今回の
事でよくわかりました。

次回は、次のケートゥ期について
観ていきたいと思います。

では次回をお楽しみに(*’▽’)

それから、現在ツイッターから
アクセスしていただいてる方が
多いと思うのですが、ツイッター社
が存続の危機というような話も
持ち上がってきたようなので、
念のため今回のような記事を一覧で
掲載してるページをブックマーク
していただくとありがたいです。
一週間に一度ほど更新していく
カテゴリーです。

https://wp.me/Pa36hC-3XP

インド占星術編一覧

 

いつもありがとうございます(^^)

インド占星術編一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です