どんどん発掘バロック作曲家    豊かな感性を刺激するバロック音楽40


こちらは、ジョバンニ・バッティスタ・
ソミスという音楽の作曲です。
やはり、バロックの豊かなメロディーを
とりとめのない、やわらかく流れるような
曲で表現してくれています。

G. B. Somis: Concerto for violin,
strings & b.c. in G major /
Ensemble Guidantus

これもソミスのテンポがよくさらに
聴きやすい名曲です。

G. L. Somis: Av[v]entura a quattro
for 2 violins, viola & b.c.
in G major / Reinhard Goebel

今度はニコラ・ポルポラという作曲家
私はめったに歌曲を取り上げませんが、
これは、曲の良さを損ねない、調和の
とれた美しい歌曲なので、貼り付けて
おきました。

Nicola Porpora – Salve Regina
in fa maggiore

今度は同じ曲を男性の声で
これもまた良しですね👍

Salve Regina in Fa Major,
Nicola Porpora

さて今回もいろいろと特別マイナー
なバロック作曲家たちを発掘しま
したが、最後は誰もが共感できる
アルビノーニの作品5の全12曲が
丸ごと入ったCDを貼り付けて
おきますねー(^_-)-☆
これで今回もすべてオッケーですね。

Albinoni – 12 Concerti a
cinque, Op. 5

また次も探してきますねー(^^)

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

バロック音楽編一覧

趣味編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

「どんどん発掘バロック作曲家    豊かな感性を刺激するバロック音楽40」への2件のフィードバック

  1. ソミスの曲、軽やかでいいですね。
    ロココ時代の画家フラゴナールの絵が
    パッと浮かんできました。
    ニコラ・ポルポラの歌曲も楽しめました。
    縁側でひなたぼっこをしているような心地のいい曲で、
    とても気に入りました♡

    1. fennelさんありがとうございまーす(^^)

      ロココ時代の絵まで思い浮かぶとは凄い感性ですねー(^^)

      二コラ・ポルポラ私も日差し豊かな場所でくつろいでいる
      感じになりましたーー(*’▽’)
      ありがとうございまーす(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です