かつて地球の生態系はケイ素系だった その1

今回一番下に貼り付けさせて、いただき
ましたが、わりと再生回数も多く知る人ぞ
知るといった感のある動画です。
まだの方は是非ご覧いただきたいと思い
ます。
内容は、とても衝撃的で、私たちの常識を
完全に覆します。
え?それはおまえだろって?確かに私の記事
も常識を覆すものに思えるかも知れません
が、これはまた全く別次元で、常識を覆して
くれる動画なのです。
最初この動画を観た時は、私の研究家として
の常で、どこかにつじつまが合わないとか、
展開を飛躍させてしまっているところが
ないか、かなり厳しく見るのですが、これは
科学的な裏付けや、画像による証拠などを
あます事なく揃えて、それを背景にした説明
がなされているのです。つまり「つっこむ
ところがない」と判断したわけです。
この動画で説明されている事とは、要するに
私たちの地球はかつて、シリコンの成分
でもあるケイ素系の生態系で、現在のような
炭素系の生態系でなかったという事と、
また地球上が巨大なケイ素製造の場として
使われ、地球上のありとあらゆる場所が
その証拠になっているというような事を
画像付きで説明してくれているわけです。
この私たちが、かつてケイ素系生物だった事
についてはこの記事の続編で書きたいと思い
ます。
そしてまたそのケイ素はおそらく地球外へ
持ち出されて、現在はその採掘跡が残って
いるという事を、多くの画像とともに説明
してくれているわけです。
動画では、地球外へ持ち去ったとは説明して
ませんが、地球上で消費されたとも言って
いないので、当然どこかへ持ち去らなければ
つじつまが合いません。

さてここで私は、大きな事につながった手応
えを感じたのです。
私のこれまでの記事では、地上の生命体を
操作しているのは月と土星が大きいと説明
してきましたが、そのプログラムは遠隔
からの高度な電磁気情報であるという事も
説明してきました。
実は、ケイ素というのは、つまり半導体に
使われるシリコン(クォーツ)の事で、
私たちのパソコン、テレビ、ラジオ
などに使われている、電磁気情報の送受信
そして保持そして変換に最適な物質なの
です。
つまりケイ素とは、電磁気情報のアンテナ
であり、また発信器、そして変換器でもある
という事なのです。
さて先ほどの話に戻りましょう、地上から
おそらく高度な知生体によって持ち去ら
れたケイ素であれば、その使い道として、
太陽系内の惑星をコントロールするために
使うというのも、知生体の考えそうな事
ではありませんか?
土星の真実編の一連の記事では
遠隔による電磁気情報が月を介して、私たち
のDNAに届けられていると説明してい
ます。
さてその情報の発信源は、土星の環です。
これはあまり不自然に土星の回りで輪を形成
していますが、何が不自然かというとその
厚みなのです。
直径が28万キロもある輪に対してその
厚みはなんと20メートルほどなのです。
あまりにも薄いです。探査機カッシーニ
からの報告では、氷の粒だという事ですが、
月に対してなどありとあらゆる情報を
隠蔽してきた、NASAの公式報告を
うのみにするほど、こちらはバカでは
ありません。
たとえそうだとしても、重力などの説明
では、そのような状態になる事など全く
説明できないのは、わかっていただけると
思います。
そうつまり、人工的なものであればあり得る
し、やはりそう解釈するのが妥当だという
事です。、

土星の真実 その2改       
土星のリングと波動の影響 微加筆

という記事で、引用させていただいた
画像には、巨大なUFOによって土星の輪
が形成されている事をご紹介しています
ので、もう一度ここに掲載させていただき
ましょう。



“画像2点とも出典:
Ancient code」様”

このような長さ5万キロの巨大なUFOに
よって土星の輪が形成されているところが
はっきりと確認できますが、これが
大量の氷の粒をまいているという事で
しょうか?
実はこの記事を書いている途中で、土星
の最大の輪E環から回収された微粒子に
大量の二酸化ケイ素が含まれていたと
紹介している記事を見つけました。
NATIONAL
GEOGRAFIC
のNEWSの
土星の衛星エンケラドスに生命の
新たな可能性

という記事です。
記事では衛星エンケドラスからの間欠泉
により土星の環に組み込まれた微粒子
だと書いてますが、これも所詮公式の
発表です。
土星の環が二酸化ケイ素を大量に含む
微粒子によっても形成されている
という証拠になっているというだけ
で充分です。

とにかく少なくとも氷の粒だけではない
という事がわかっただけでも大きい
のです。
つまり土星の環は、電磁気の送受信に
最適なケイ素を含んでいるという事
なのです。
これが、超巨大UFOによってまかれた
ものであるとするなら、まさにその巨大
UFOを操作する知生体が、電磁気
情報を送受信するために最適なケイ素を
使って、土星の環をつくっているという
事になるわけなのです。

そしてそのUFOのまいている大量の
ケイ素はどこから?もうおわかり
でしょう、全てではなくても私たちの
地球上から採掘したものが使われて
いると想定する事も可能になるという
わけなのです。

つまり高度な知生体は、私達の地球上
から地球をコントロールするための材料
であるケイ素を採掘してそれをまた
地球上の生命体をコントロールする
ために、土星の輪としてそのケイ素
をまき、土星の輪をあたかもDVDの
ような電磁気情報の送受信の装置
に仕立てあげてているという事だと
いうわけなのです。

荒唐無稽な仮説のようですが、下の動画
に見られる、ケイ素の採掘が高度な
知生体によって地球外に持ち去られた
という事であれば、その使い道として
はとてもつじつまのあるものではない
かと思います。

またこれに関連するかつて地上の生態系
は、現在のような炭素系ではなく、ケイ素
系だったという事については、続編の記事
でご説明したいと思います。

ではまた(^^)

『この地球に山や森は存在しない』 (前編)

『この地球に山や森は存在しない』 (後編)

土星の真実編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

火を表現するサビアンシンボル    射手座編


火のエレメントを持つ星座のサインは
3つあります。
牡羊座、獅子座、射手座です。
このうち牡羊座の火については
すでにご紹介してきましたので
、今回は射手座についてご紹介
したいと思います。

その前にエレメントの火について
もう一度おさらいしてみましょう。
実体をともなう水や土のエレメント
とは違って、風とこの火は、エネルギー
としてのエレメントになります。
風の意味するものは、意識それも
潜在意識も含めた広大な領域として
の「場」を意味していて、霊的な
領域でもあります。そしてまた火も
意識のエネルギーで、しかも霊的な
エネルギーでもありますが、広大な
意識全体と場を示す風に対して、
こちらは個人の魂を意味している事
になります。それが生命に宿る事で
内なる魂からの情熱や意志の強さ、
目的意識などにつながるというわけ
なのです。
また魂としての学びという意味で、
知的探究心も旺盛です。
そしてまた4つのエレメントの中で
最も「動」としての意味が強く、
とても行動的になります。

そして今回は、射手座の火について
なのですが、前回まででご紹介した
牡羊座の火は、生命の誕生エネルギー
で、世界を経験したい心に満ちて
いて、どんどん意識を拡大させて
いきました。もちろん生命としての
本能についても、強いエネルギーを
発揮していました。
しかし、射手座になるとすでに個人
の完成への流れは、乙女座で終えて、
天秤座以降の社会そして宇宙への拡大
意識になりますので、他者を意識
するようになり、さらに少し冷静に
なります。
精神的な成長の流れにもあるので、
魂としての学びという意識になり、
知的探究心の意識につながります。
また他者を意識するようになる事
と個人的な魂から、対立また戦い
という意識にもつながるのです。

さてこのような火の性質を持つ射手座
について、サビアンシンボルがどの
ように表現しているか見ていきま
しょう。

射手座の対立や戦いを示している
シンボルが

射手座1度
「共和主義キャンプファイヤーの
         威厳ある軍隊」

射手座3度
「チェスをする二人の男性」

射手座6度
「クリケットゲーム」

射手座12度
「ときの声をあげる鷹に変化する旗」

やはりサインの特徴が出やすい、前半
に固まりましたね。

1度は当然戦いに関するものですし、
12度の「ときの声」というのは、
戦意を発揚させるために、全軍で
一斉にあげる声の事です。
また鷹も好戦的でしかも、強者の証
なので、とても力強い戦いの意志を
表現しています。
6度と12度は、他者との戦い
(バトル)を示していますが、ゲーム
の中で、平和的に争っているという
シンボルになります。

では射手座の魂の学び、つまり知的
探究心や知性を表現しているサビアン
シンボルは

射手座4度
「歩く事を学んでいる子供」

射手座5度
「気の高いところにいる老いたフクロウ」

射手座9度
「階段で子供たちを連れている母親」

射手座11度
「寺院の左側にある物質的さとりを
         もちらすランプ」

射手座14度
「ピラミッドとスフィンクス」

射手座21度
「借りた眼鏡をかけている子供と犬」

射手座4度のは学ぶといっても身体を
動かす事だから、知的探究心とは違うと
思われるかもしれませんが、霊的な
次元にいる魂にとっては、肉体での
経験こそ「学び」になるので、これで
いいわけです。

5度の木の高いところにいる老いた
フクロウは、高い知的のレベルを獲得
したという事で、やはり知性を表現
しています。

9度も子供たちの学びの過程を階段で
象徴しているわけです。
ちなみにサビアンシンボルに主体と
客体の区別はありませんので、学ばせ
ようとしている母親の視点からのみ
解釈しなくてもよいという事です。

11度はもちろん、物質的悟りという
高い知性の獲得だし、
14度も古代からの叡知に学ぶという
暗示になります。

そして21度の借りた眼鏡をかけて
いるというのは、他人の視点から学ぶ
という意味を暗示しています。

このように火のエレメントの射手座の
特質を、サビアンシンボルがよく表現
しているという事を紹介させていただき
ました。

ではまた(^^)/

よろしくお願いします(^^)/

サビアン占星術解釈一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページへ

牡羊座3度


今日の太陽のサビアンシンボルは
牡羊座3度
「彼の祖国の顔をした男性の横顔の
           浮き彫り」
です。
これは、まだこの地上で生命意識に
目覚めたばかりの個人という枠に
とらわれていない状態を表して
いて、その土地に生まれたという
広い状態での自分の意識を獲得して
いるという事です。
それはまだ、生まれる前の全体的な
集合意識としての潜在意識が自分に
残っているからなのです。
それを土地という広い感覚での自意識
として投影したのがこの牡羊座3度の
シンボルというわけなのです。
という事で今日は、自分の属している
場所、つまり住んでいる地域、仕事
している場所、属している会社との
一体感を味わうのに良い日だという
事です。

対称の180度のシンボルは
天秤座3度
「新しい日の夜明けすべてが変わった」
です。

これは天秤座2度と同じように時代が
変わって、意識が新しい段階へと
移行した事を示しています。
これは牡羊座のシンボルが大衆的な
集合意識なのに対して、高次の次元
への集合意識を示しているので対称的
な意味となっています。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは
蟹座3度
「毛深い鹿に先導される
         毛皮に包まれた男性」

山羊座3度
「成長と理解に対して、受容的な人間の魂」
です。

蟹座3度の鹿に導かれる男性は、自然の導き
に従っている個人の意識を象徴しています。
これは集合意識を示している今日のシンボル
の対称軸とは逆のエネルギーとなります。

山羊座3度の受容的な魂は、本来の自分の
意識が、人間社会の制限の中で抑えられる
のに対して、そのまま受け入れてしまう事を
意味します。
社会の中で、器用に生きて行くためには、
自分を通すより流れに身を任せた方が、
うまくいくという事ですね。
これも個人の意識なので、集合意識を
示している今日のシンボルの対称軸とは
逆のエネルギーです。

ありがとうございます(^^)

牡羊座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

あなたの山羊座16度


山羊座16度
「体操着の少年少女」
です。

このシンボルが太陽にある人は、
とても身体が丈夫で、活発な人に
なるでしょう。スポーツ選手などに
適しています。また肉体労働にも
向いていて、昨日ご紹介した山羊座
15度と、わりと逆のタイプかも
知れません。
ただ友人が多いところとか、子供の
ような純真な心を生涯保ち続けると
いう点などは、共通しています。
適職は、プロスポーツ選手、スポーツ
インストラクター、栄養士、
メディカルアドバイザーなどになり
ます。
恋愛には、とても積極的で、しかも
相手とすぐに打ち解け合います、
少し直情的なところなので、おだやか
で柔軟な感覚の異性と相性が良く
なります。

このシンボルが月にある人は、
小さい頃から、とても活発で、元気に
育ちます。また体を動かすのがとても
好きなので、もし何かのスポーツを
始めたら、どんどん吸収して上達
します。早くから才能を発揮して
プロスポーツにも向きますが、努力を
怠ると、途端に才能をだめにして
しまいますので、気をつけた方が
いいでしょう。

金星にある人は、とても積極的な性質
で、異性も自分の理想の相手に向かって
猛烈にアピールして、多くは確実に
ゲットするでしょう。
できれば、穏やかで寛容な異性の方が、
相性はいいです。

火星にある人は、とても積極的に行動
するような人ですが、わりと喜怒哀楽が
激しすぎて、ときに人と衝突する事が
あります。

ありがとうございます(*^_^*)

あなたの山羊座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ