ファイザーCEOが薬に生物学的チップがあることを認める!

今回は最新の情報をいくつか取り
上げていこうと思います。

まずはタイトルのファイザーCEO
が薬の中に、ナノチップが入って
いる事を認めたというのがこちらです。

要するに、患者を管理するメリット
があるというような、オモテ向きの
理由だけを信じるほど、世界は馬鹿
じゃないでしょう。

堂々と、電子錠剤が合法的に認可
されたという事を誇示するファイザー
CEOは、自分の発言の影響が、
わかっていない様子でしたね。

これでファイザーの薬の中にチップ
が入っている事が、公然たる事実
として、世の中に知れ渡ったという
事です。

ファィザー社は以前にも、ワクチン
の中にナノチップを入れるという事を
発表しているので、今更隠す必要も
ないと思っているのでしょう。

その事は以前の記事でも取り上げ
ました。

再掲しておきましょう。



ファイザーはCOVID-19ワクチンのアップ
グレードを発表し、現在は症状を軽減する
ためのマイクロソフトチップが含まれて
います
エロイーズ・ウィリアムズ-
2021年4月9日午前10時37分

ファイザー社、COVID-19ワクチンのアップ
グレードを発表、症状軽減のための
マイクロソフト社製チップを追加

ファイザー社は投資家向けに新しい声明を
発表し、マイクロソフト社と契約を結び、
同社のPlutonプロセッサチップを統合して
ワクチンに関連する症状を軽減することを
明らかにしました。このリリースでは、
新しいワクチンを受け取った人は、疲労感
や痛みの軽減、意識の高まりなどを
期待していると述べられています。

マイクロソフトCEO、ファイザーの
COVID-19ワクチンアップグレードを称賛
マイクロソフトのCEOであるサティア・
ナデラ氏は、「これは医療における偉大な
革命です。マイクロソフトの強力なプルトン
チップが加わることで、ワクチンを受けた
人のデータをこれまで以上に簡単に追跡する
ことができるようになります。このチップを
使って体温を調節したり、COVID-19の収縮の
可能性を減らしたり、Appleではなく私たち
の製品を選ぶ可能性を高めることができ
ます。」

“出典:「メモ・独り言のblog」様の
サイト
なんだ、やっぱり入ってましたより”

これまではロットによってこっそり
入れられていると思われていた
マイクロチップが、堂々とワクチンの
生産ラインに組み込まれて、人々に
埋め込まれるようになると公表して
いるわけです。』

ナノチップは、強力なプルトンチップ
だそうですね。
なんでも良いですが、とにかく三回目
を受けようなどと思っている人たちに
こそ、こういう真実を知るべきだと
思いますし、今回のように錠剤の薬に
ついても同様だという事です。


この記事を観てみましょう。

さてはてメモ帳さんのサイトより
技術的寄生虫:Covidワクチンは、
自己組織化する「ナノオクトパス」
マイクロ微粒子を含むようだ 
Ethan Huff

<転載開始>
もうこの話は無視できませんネ

Technological parasitism: Covid
vaccines appear to contain self-
assembling “nano-octopus”
microparticles Wednesday,
January 05, 2022 by: Ethan Huff

https://www.naturalnews.com
/2022-01-05-technological-
parasitism-covid-vaccines-
contain-nanooctopus-
microparticles.html#

https://www.afinalwarning.
com/581622.html

 

(ナチュラルニュース)La Quinta
Columnaが出したビデオで、
武漢コロナウイルスの「ワクチン」には、
体内に注入されると自己集合する能力
を持つ「ナノオクトパス」やその他の
微粒子が含まれていることが明らかに
されました。

この過程で生成される無線ナノセンサー
ネットワーク(WNSN)の詳細が、
『Journal of Communications』誌に
掲載された論文で明らかにされて
います。

「WNSNは、マイクロデバイスとナノノード、
あるいはナノセンサーを相互接続するネット
ワークです。ナノノードとは、ナノメートル
サイズのデバイスのことで、
ナノプロセッサー、ナノメモリー、
ナノバッテリー、ナノトランシーバー、
ナノアンテナ、ナノセンサーなどで構成
され、
ナノレベルで動作する」と日刊エクスポは
説明しています。

(引用注:要するに通信機能のついた
ナノコンピューターデバイスである
という事を要素に分解して説明
されているだけですね。
当然のことながら、遠隔操作も可能に
なるという事です。)

La Quinta Columnaのリカルド・デルガドは
さらに、これらの注射に使われている
ナノテクノロジーは、この場合体内に挿入
されることを除けば、すでに使われている
通信技術を再現したものだと書いています。

「我々は、ナノ通信について話しているの
です」とデルガドは言います。「すべて
ナノ通信のためのナノテクノロジーです。」

「それらすべて」というのは、デルガドは、
現在利用可能なCovid注射の一つ一つを
指しています。ファイザー・バイオテック
やモデルナのmRNA(メッセンジャーRNA)
注射や、アストラゼネカやヤンセン
(ジョンソン&ジョンソン)のウイル
スベクター注射などがそれです。

Covid注射、イーロン・マスク、そして
人体をトランスヒューマンなボルグに
するための推進力

ミク・アンダーセン[Mik Andersen]は、
人体を中心としたナノアレイには、
テラヘルツ帯で動作する特殊なナノ
アンテナが必要であると説明します。
これは偶然にも、Covid注射のサンプルに
含まれていたものと同じタイプです。

Covid「ワクチン」サンプルから収集
した画像を編集したパブロ・カンプラ
博士[Dr. Pablo Campra]は、
「アンテナの種類と体内ナノネット
ワークの技術が明確に言及されている
ことから、ワクチンが、とりわけ、
ナノテクノロジー、すなわちナノ
デバイスを人体にインストールする
ためのベクターであることが確認
できます」と述べています。

「しかし、純粋な偶然の一致を超えて、
著者たちは、このネットワーク モデルに
必要な要素として、グラフェンと
カーボンナノチューブの使用を
明示しています。」

億万長者のナルシスト、イーロン・
マスク[Elon Musk]が、人体を、体内の
極小ナノネットワークで制御される
トランスヒューマンな機械に変えること
を目指す、この作戦の一部であることが
判明したのです。そして、Covid注射は
その部品の配送手段なのです。

(引用注:イーロン・マスクが、
ナルシストだったとは初耳ですが、
やはり人類を本気でトランスヒューマン
化するために、ワクチンによって
ナノテクノロジーデバイスを、
送り込んでいるという事です。)

24枚のスライドで、このプロセスが
どのように行われるかを、簡単な
図と消化しやすい箇条書きで説明して
います。このプレゼンテーションは、
上記のリンクからオンラインで見るか、
ダウンロードすることができます。

要するに、これらのいわゆるファウチ
フルーの「ワクチン」は、人体を
「モノのインターネット」に接続する
ものなのです。IoTネットワークを
通じて機能し、IoTネットワークに
よって制御される人体構造を実現する
ための土台となるものです。

注射された身体はもはや自律的では
なく、トランスヒューマニズムの
「クラウド」の中で機能することに
なります。5G技術は、IoTネットワーク
とその中に存在するすべての人に電力
を供給し、接続するため、この方程式
の一部でもあるのです。

(引用注:ワクチン接種者の体が、自立
的でなくなるというのは、二回接種
くらいのワクチンで完成されるもの
では全くないと思われますが、とにかく
自立的でなくなるというのは、意識の
ある私たちが自分の体を、自分の
意志に従って動かす事ができなくなる
という事を意味していて、思考・感情
も含めた、身体の遠隔操作の意のままに
なってしまう事を意味しているのです。

我々のマインドと身体が、AIクラウド
に連結されて、仮想現実の中で、他律
的に生きなければならなくなるという
事は、以前のこちらの記事で、アイク
が説明しています。

3年前にアイクが語っていた
酸化グラフェンやトランス
ヒューマニズムの真実

この新しい仮想現実を表現する言葉
として、メタバース[Metaverse]という
言葉もあります。メタバースに参加
できるのは「ワクチン接種者」だけで、
「ワクチン接種者」は一度参加したら
二度と出られなくなる可能性が
あります。

「そのアイデアは、時間をかけたもので、
ワクチン接種を受けた人たちを
『hive mind(群居する心)』に
つなげようというのです」と、
Daily Exposéのあるコメント者は
言います。

(引用注:この群集心理についても
アイクが長年訴えてきた事です。
日本は、とてもうまく利用されて
きましたが、これからはさらに
世界規模で、高度化していくという
事です。)

「クラウス・シュワブ(世界経済
フォーラムの創設者)は、彼の著書/
マニフェスト(無料のPDF版)のここで
説明している。」 シュワブの
The Fourth Industrial Revolution
リンクして、Shift 1: Implantable
Technologies, p.110-111 etc.ほかを
見るように、別の人が書いています。

また、注射に含まれる酸化グラフェン粒子
が電気伝導体として機能するようで、
それは「ワクチン接種」や「ブースター」
のプロセス
の一環として、注射された
トランスヒューマンの身体に電力を供給する
目的に役立つだろうと指摘する人も
いました。』
“出典:「おおまに」様のサイト
さてはてメモ帳様の記事
技術的寄生虫:Covidワクチンは、
自己組織化する「ナノオクトパス」
マイクロ微粒子を含むようだ 
Ethan Huff
より”

ワクチンに含まれる人工寄生虫に
ついては、こちらの記事でも詳しく
説明しています。

分科会報告書に隠されていた
コロワク接種後の重篤症例はなんと
15920件!

酸化グラフェンもまた自己組織化する
と知られています。

それとディスク状のナノ素材が集まって、
変化していく様子も合わせてこちら
の記事で説明しています。

自己組織化する酸化グラフェンは
血栓を引き起こし、人体を乗っ取る!?

改憲が、全くわずかでも国民のために
ならないという事は以下のような記事
にしてきましたが、さらにわかりやすい
意図が判明しているようです。

異常死の急増など接種被害が拡大する中で
政府は改憲へと進む国民最大の危機!

ワク珍特例承認取消請求訴訟は、
改憲のために政治利用されていた!?

決して許されない!自民改憲案では
現憲法自体が最高法規であるという
98条を削除!

とてもわかりやすいですね。
改憲で、集団的自衛権が行使できる
ようにさせられたら、徴兵された
我々が、外国のために戦争行為を
させられるようになるという事
です。

ただし、それはすでに行われている
というのは公然たる事実ですけどね。

とにかく国連の敵国条項が適用される
世界唯一の国が、対外戦争を行える
ように憲法改正するだけで、他国に
攻撃される大義名分につながって
しまうという事を、よくよく国民が
理解しなければならないと思います。

実際の被害者は、10倍という認識
である事が、厚労省の分科会の
zoom会議で明らかになった
という事です。

これはこの
分科会報告書に隠されていたコロワク
接種後の重篤症例はなんと15920件!

でも10倍以上の証拠が見つかって
います。

ただ実際には数十万人と推測されて
いるのが妥当だと思いますので、
3~4百倍というのが真実だと
思います。

考えただけで、ツイートに成功って
確かに痛いニュースですね。

記事を観てみましょう。


コンピューターのチップを脳に
埋め込まれた男性、考えるだけで
ツイートに成功

1 名前:サイベリアン(千葉県) [US]:
2022/01/02(日) 09:18:44.16
ID:xCqK9u+d0

体の不自由な男性が、考える
だけで直接ツイッターにメッセージを
投稿することに成功した。

その男性とは、オーストラリア人の
Philip O-Keefeさん(62)だ。

彼は筋萎縮性側索硬化症(ALS)を
患っており、2020年4月には病状が悪化。
体が麻痺し、自立活動ができない状態に
なったため、ニューロテック企業の
「Synchron社」が開発した、
コンピューターチップを脳に埋め
込まれたという。

そして今回、考えるだけで直接ツイッター
に投稿することに成功した。その投稿は
「Synchron社」のCEOであるThomas
Oxley氏のアカウントに投稿されたそうだ。

「Synchron社」が開発したデバイスは
「ステントロード」と呼ばれ、脳手術を
避けるために頸静脈から脳に挿入された
という。

その後、O-Keefeさんは、電子メールで
家族や同僚と再びコミュニケーションが
取れたり、ソリティアなどの簡単な
ゲームをプレイできたりするように
なったそうだ。
https://switch-news.com/science/
post-70491/

記事では、麻痺した身体を持つ人が
思考だけで、ツイートやネットをする
事ができれば、確かに良いものの
ようですが、そこはみなさんもご存知の
ように、単なる大衆用のプロパガンダ
という事に過ぎません。

ネット、SNSはもちろん、仮想現実
の世界なので、いかに人々のマインド
で構築されるメタバースの仮想世界に
思考や感情などがつなげられようと
しているか、とてもわかりやすい
ニュースでしたね。

上の立場の人間はともかく、厚労省の
職員の方達が正直に真実を語って
くださって事は、これまでも記事で取り
上げてきました。

しかしなんと12歳の子供のワクチン死
を正直に報告書に掲載したというだけで
見せしめのために厚労省コールセンター
の職員が、殺されてしまったようです。

こういう邪悪な政府は、背後の権力者も
含めて絶対に許せません。

今回はこのへんにして、また
最新情報を取り上げる記事を
投稿しようと思います。

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です