接種開始直前に仕掛けられた複合災害!地震と停電の目的とは?

先日の2月13日の23時08分に
宮城県と福島県で大規模な地震が
ありました。

さすがに鋭い真実発信者の揃う
ツイッターでは、早速いくつもの
有益な情報を投稿してくださってます。

この地震の直前、あの人工地震大災害
の2011年3月11日にあと一ヶ月
近くになって、災害に対する意識が
薄れているのではないかという報道が
あったらしいですね。

ツイッターでも、上記のイルミナティー・
カードから、2月11日に何か意図的な
災害が起こされるのではないかという
噂の投稿もありました。

実際には二日後になったという事は、
時計の針の位置が若干ずれた事と
関係しているのかも知れないとも
考えます。

占星術では、一日を一年と見立てる
未来予測法がありますので、意味が
通じなくもないです。

まだ他にも解釈があってこれらの
投稿もまた見事です。

どれにもヒントが隠されていそうですが、
とにかくまたしても、人工地震が
引き起こされたという事です。

まだ人工地震が陰謀論などとのんきに
考えるような方には以前のこの記事
コロナの真実を読み解く鍵は、
あの3.11の大震災の真実にあった!

をご覧下さい。

こちらの記事からも今回の地震の震源地
が海であった事も関係してくると思い
ます。

とにかく人工地震であったのは疑いない
事だと思います。
その証拠が、HAAARPのような高周波
によるプラズマ兵器が使用されたと
おぼしき青白い発光現象と、さらには
UFOまで滞在していたという画像まであり
ます。

そして複合災害のもう一つ、停電は
地震によらずに、起こされていたらしい
です。

スタックスネットとは、全国に張り
巡らされた、イスラエルの安全管理
のためという名目による、電気・電力
管理システムの事で、あの2011年
の原発の停電や、福島原発に予め
据え付けられた小型核爆弾の起動にも
使用されているようです。

地震よりも前に停電があった事から、
これが意図的な計画の一環であり、
HAARPからのプラズマだけで
なく、日本国側のプラズマシステムも
使用された可能性も否定できません。

いろいろと説が飛び交っていましたが、
こちらのツイートが真相なのではと思い
ます。プラズマ兵器とはいえ、こんなに
近接攻撃でとは思わなかったですね。
まさに戦争状態、しかも相手は米軍?
となるとトランプ?

カードにも予言されていた?TR-3B
という軍用機のようです。

まずは福島原発の現在の状況も気に
なるところですね。

しかも意図的に偏った地域に停電が
あったようです。

さてこのような災害がワクチン接種開始
直前に何故引き起こされるかを、読み
解いていく事は、非常に重要だと思い
ます。

一つには、人々の居場所を無くさせて
囲い込み、隔離させる事によって、
検査からワクチン接種の方向へ誘導
するという目的もあるでしょうし、
新宿歌舞伎町が狙われたように
再開発事業のための、準備という面も
あるはずです。

なんと業界筋には予定がすでに知れ
渡っていたようで、直前の2/9には
建設株は急騰していたようです。

そして再開発した土地には、当然5G
や監視カメラが整備されて、スーパー
シティ社会が、創出されるのは当然想定
される事です。

今回の複合災害が終末に引き起こされた
事まで、読み切っておられたのが
これまで何度も引用させていただいて
きた、真実暴露ブロガーのリーダー格の
高橋清隆さんです。

なるほど今回も週末土曜日の夜という事
でしたね。

また休み前という事でいえば、あの
東日本大震災の2011年3月11日も
金曜日の午後だったし、災害関係は
終末に集中しそうです。

まあ阪神大震災のように週明けという
場合もありますが、結局これも
休み前に、起こっている点で一致
しますね。

高橋さんさすがですね翌日にこんな
ツイートをしてくださいました。

さて高橋さんの記事はいつも引用させて
いただいて、そのレベルの高さには、
驚かされます。

今回は、アイク氏の最近出版された
原著(未邦訳)の重要部分を持ち前の
英語力と背景知識と鋭い感性で、
誰にでもわかりやすい、訳し方で
記事にされているのを、引用させて
いただく事にしたのですが、今回の
人工地震も含めた彼らのシナリオと
意図をこれから読み解いていくのに重要
です。

高橋さんは、アイク氏が真実を語っている
と看破されていますが、それについても
シリーズ冒頭の記事で説明されています。

それについてもまた記事にさせて
いただこうと思います。

今回は単純にアイク氏が真実暴露の最先端
をいく人であるという認識について
かんたんに説明しますと、今回の新型コロナ
パンデミックの全容をいち早く見抜きね
最終的な彼らの意図まで看破した動画が
配信された事で、世界中、特に欧州中心に
一気に覚醒した事で、一躍信用度が上がり
ました。

そのパンデミックの意図は、人類と
AIを直接連結させて、人類を完全
管理支配社会に誘導するものだという事
だったので、実際そのためのワクチン・
5Gシステム、経済崩壊からの金融
リセット、グレートリセットだった
という真実に覚醒した大衆の共通認識は
アイク氏によってもたらされたのは間違い
なてのです。

その動画を全訳し、さらにその内容を
わかりやすく、日本に紹介して
くださったのが高橋清隆さんの記事で
それをまた私が記事に引用させて
いただきました。

それは下の三つの記事です。
コロナ騒動の究極の真相そして解決へ!
幻のインタビューの最新動画解説!

コロナ騒動の究極の真相そして解決へ!
幻のインタビュー中編

コロナ騒動の究極の真相そして解決へ!
幻のインタビュー最終編

で今回の人工地震も含めた彼らの
シナリオと意図を読み取っていくのに
今回の高橋さんの記事がおおいに
役立つので、シリーズで引用させて
いただこうと思うわけです。

シリーズでというのは、あまりに内容量
きが豊富すぎて、とてもじゃないですが
一つの記事に収まりきらないからです。

さて高橋さんが取り上げておられるのは、
アイク氏の原著に書かれている、
ロックフェラーのブレインと観られる
リチャード・デイ博士が証言している
支配層の計画の詳細です。

よく我々が支配層の計画やシナリオを
アジェンダと呼んでいますが、その詳細
をいちいち、ロスチャイルドや
ロックフェラーの当主が、考案している
のではありません。

彼らは最終的に人類を奴隷にしたい
という意図を持っているだけで、
具体的なシナリオは、このリチャード・
デイ博士のような、ブレインに任されて
いるのだという事なのです。

それはあまりにも詳細に今回の
パンデミックから、誘導される
支配層のシナリオの語っているので
参考になるというわけです。

さてでは今回は、そのリチャード・デイ
博士の証言している支配層の計画の
一部を、高橋さんの記事から引用
させていただきたいと思います。
記事自体は2年前に書かれたものですが、
この時に示唆された支配層のアジェンダ
は、今なおそのまま、あるいは応用
された形で活かされ続けているという
事を実感していただけると思います。

やはり今回の人工地震とも関係して
ますね。

『』内が引用で、~が中略です。

『人間居住区

 個人が所有する家屋は過去のものと
なるだろう。住宅建設とそのための
資金調達費用は徐々に高くなり、
ほとんどの人はそれを買えなくなる
だろう。すでに家を持っている人々は
持ち続けることを許されるが、年を
経るにつれ、若者が家を購入するのは
一層難しくなるだろう。
 若者は特にアパートやマンションで、
賃借人になる者がますます多くなる
だろう。ますます売れない家が空いた
ままの状態になる。人々はそれを買え
ないだけである。しかし、家の値段は
下がらないだろう。あなたはすぐに
思うだろう。空き屋が十分になれば、
価格が下がり、人々はそれを買う
だろうと。
 しかし、たくさんの空き屋があるにも
かかわらず価格が高止まりし、自由市場
が機能しない趣旨の説明があった。人々
はこれらを買えず、ますます多くの人々
が狭いアパートに入居を強いられるだろう。
あまり多くの子供を収容できない狭い
アパート(私が強調してきたマイクロ
アパート)に。
 実際に家を持つ人の数が減るにつれ、
彼らは少数者になる。彼らはアパートに
住む多数者から同情されないだろう。
そして次に、これら住宅は自宅所有に
有害で多数者に歓迎される課税強化や
規制によって奪われる可能性がある
(分断統治)。
 最終的に、人々は住む場所を割り
当てられ、家族でない者と同居するのが
普通になるだろう。これはあなたが誰を
どこまで信用できるか分からないことに
よって生じる。これは全て、中央の
住宅当局の支配の下に置かれるだろう。
彼らがこう尋ねるときのことを頭に
留めておきなさい。
 「あなたの家は何室ありますか。
トイレは幾つありますか。完成した
娯楽室はありますか」
 この情報は個人的なものであり、
現行憲法下では政府の関心事ではない。
しかし、あなたはこれらの質問を受け、
それらにどう反応したいかを決めるだろう
(事件だ)。

(雑感)
 持ち家の排除に関するこの記述を読み、
真っ先に思い浮かんだのは空き屋・
ごみ屋敷「問題」である。昨年7月の
「ニュース研究」にも書いたように、
これらは資産家から不動産を奪う
行政代執行を正当化するキャンペーンだと
確信する。
 民法第25条は、不在者が管理人を
置かなかった場合、家庭裁判所が
利害関係者や検察官の請求により、
財産管理人を選任したり競売に掛ける
など必要な処分ができることを規定して
いるが、ずっと使われてこなかった。
2015年に制定された空き家対策特別
措置法が、この条項の執行に弾みを
つけた。
 ごみ屋敷たたきも、私有財産に
近隣住民や行政が強制的に介入して、
その人の負担で整備させようとするもの。
公共の福祉に反しない限り行政権力から
私有財産は保護されるべきものと考える
日本国憲法の趣旨に反する。
 わが国の場合、強制的に召し上げた
不動産に外国人を住まわせていく算段か
と思っていた。外国人研修生や留学生の
数は増える一方で、東京23区の今年の
新成人の8人に1人以上が日本人では
ない。新宿区では45.9%に及ぶ。
それにもかかわらず、大新聞は
「外国人の4割が入居拒否に遭っている」
などと移住の「壁」を糾弾している。
しかし、これも過渡的なものかもしれない。
支配権力の思惑通りにいけば、最終的には、
誰も住まない廃屋が列島中を占めることに
なりそうだ。

(引用注:ここで言われている支配層の
思惑通りというのは、ワクチン接種
などによって大量に人口が減らされた
後に、人の住まなくなった空き家が、
たくさん創出されてしまうという事を
意味しているのでしょう。)

 不動産価格の高止まりは、目の前で
起きている。アベノミクスで国民の
実質賃金は下がっているのに、東京の
不動産価格は20年来の高値を更新して
いる。おまけに固定資産税や相続税は
上がる一方だ。普通の国民にとって
自宅所有はますます縁遠くなっている。
 嫉妬心(しっとしん)の活用は平準化
運動を進める連中の常とう手段だ。
明治維新後の武家解体や大正デモクラシー
での名望家排除、敗戦後の財閥解体と
農地解放でも威力を発揮した。
 「家族でない者と同居」させる策謀は
すでに始まっている。最も知られている
場所は児童養護施設や里親家族、
シェアハウスではないか。前の2つは、
児童虐待が子供を取り上げる口実に
使われている。児童養護施設は
2011年から喧伝(けんでん)された
タイガーマスク現象の舞台。里親制度は
NHKが08年に放送した朝ドラ『瞳』が
宣伝した。厚労省は他人の子供を引き
取って育てる家庭に1カ月10万円を
支給する。もちろん、これらの場所は
性的虐待を含めた本当の虐待の温床に
なっている。
 シェアハウスの広がりは、ひとえに
アベノミクスの成果である。地方では
もはや生活できず、都会に出ても家賃を
払える仕事にありつけない若者が増えて
いる。こうした計画を書いている連中は
金融システムを支配しており、無情な
経済政策の影響から自由である。』

“出典:「高橋清隆の文書館」様の
サイト 
人類奴隷化への行程➈より”

今回取り上げたテーマは、我々から
住む場所を奪い、狭い管理された
場所に隔離させていくためのシナリオ
の一環と観て間違いなさそうです。

アイク氏の原著の訳と、それたに対する
高橋さんの考察もお見事でした。

実際現在日本の土地が高騰していても
それを購入できる中国人などの外国人
が、片っ端から日本の土地を購入して
います。

北海道では、その割合が異常に高くて、
北海道の土地が爆買いされていってます、
その事に警鐘を発し続けておられる
MEEさんのツイートがこちらです。

また高橋さんの書かれているように
東京はどんどん中国化している
ようですし、関西でもマンションや
土地などが、中国をはじめとした
外国勢に爆買いされているようです。

おそらくこれは全国的な展開なので
しょう。

単純にな、私たち日本人の土地が外国人
に奪われていく事によって、日本人の
主権も奪われていくのも明らかです。

今回のテーマでいえば、住む場所を
失うように誘導されているのも明らか
で、先日の人工地震は、日本人から
直接住む場所を取り上げる目的として
も当然有効なわけです。

住む場所、自由に使用できる財産も
含めて、私たちから奪われようと
している意図に、早くみなさんが
気づいていかなければならないよう
です。

国連主催のダボス会議での決定事項
アジェンダ21にある以下の事項
全てに今回の人工地震の目的が関わって
いるのは間違いなさそうです。

●私有財産の禁止

●政府による子どもの養育

●政府による職業供与

●行動の規制

●居住の限定

そしてワクチン接種開始直前に
仕掛けられた、この人工地震と停電は
人々から居場所を奪い、検査を条件に
狭い場所に住まわせ、ワクチン接種を
受け入れさせるように誘導していくと
ともに、その狭い場所が地震の災害の
後で、5Gや監視カメラの完備した
場所に置かれて、人々をワクチンと
電子システムで、奴隷化されるために
使用されるであろう事は、当然想定
される事です。

私たちは、こういう彼らの意図を
知って広める事によって互いを守れる
ように覚醒していかないとあとがない
状態になっているという事です。

そして最終的な解決策としては、やはり
物質世界と錯覚する五感の世界に
囚われる事のない、意識レベルに
達していく事というわけです。

ではまた貴重な情報を記事にして
いこうと思います(*’▽’)

いつもありがとうございます(*^_^*)

隠された真実編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です