「意識の波動」の実在の証明   科学者の研究による事例

私のブログでは、全ての現実世界は
「意識」であるという事を再三
申し上げてます。宇宙のすべてに意識
があるというのは、もちろんの事ですが
現実世界を創造しているのも、全て
「意識」であり、モノや人も実体は
「意識」だという事を強調してきました。

だから宇宙エネルギーも実体は、「意識」
であるという事なのです。
ガチガチの頭の人たちは、
「意識にエネルギーがあるなんてそんな
わけないやろ」というような、さんま
さん特有のセリフが出て来そうですが、
意識は宇宙エネルギーそのものだという
今日の科学者たちの研究による事例を
見れば
「ほんまやー」
となる事は間違いないでしょう。

引用させていただく記事のタイトルは

『【衝撃】3人の僧侶が祈った水が植物の
成長をスーパー促進! ついに波動の
実在が大学研究で証明される=台湾』

というものですが、タイトルは言葉に
少し捕捉が必要ですね。
波動の学術的定義は、電磁波などの
感知観測できるものなので、波動は
そもそも公式に認められています。

ここでみなさんに申し上げたいのは、
この記事で認められた波動というのは、
「意識の波動」であるという事なの
です。

つまり私が再三申し上げてきた、
「意識は宇宙エネルギーそのもので
あり、感知・観測できない領域に
ある」
という事と意識の力が、この場合で
いうと「意識の波動が、現実に物理的
な影響を与える」
という事を裏付けるのが、今回の記事
にあるような研究の結論だという事
です。

ではその記事が以下です。

『』内が引用で~が中略です。

『■僧侶の祈りが込められた水の力

 2017年に学術誌「Explore」に公開
された、国立台湾大学、高雄師範大学、
米・純粋知性科学研究所の共同研究に
よると、僧侶の祈りを込めた水を与えた
植物の種子は、そうでない種子よりも
より成長していたという。~

 具体的には、シロイヌナズナという
モデル生物にされることの多い植物の種
を使用。シロイヌナズナはクリプトクロム
(CRY)と呼ばれる、感光性の
フラボタンパク質を備えている。
このCRYには3つの種類があり、それぞれ
CRY1、CRY2、CRY3と呼ばれ、光によって
植物の成長や分化などの形態を制御する
光形態形成に大きな役割を持つ。

 また、CRYは鳥に見られる磁場による
ナビゲーションにとって大きな役割を
持っていると考えられており、
“量子生物学的な”性質を兼ねていると
目されている。そのことから、
研究チームはCRYが人間の意識の変換機の
役割を担っていると仮定し、今回の実験を
行った。

■種子の成長に有意な差

 実験内容は次のようなものだ。種子が
成長するよう祈りを込めた水とそうでない
水にシロイヌナズナの種子を浸し、その
成長程度の違いを測定。

 使用された水は、台湾で販売されている
普通のミネラルウォーターだ。これを
AグループとBグループに分け、Bグループの
水には、事前に台北市福智佛教基金会の
ベテラン僧侶3人に「この水に浸される
シロイヌナズナが大きく成長しますように」
という願いをこめてもらっていた。

 その結果、祈りを込めた水で発芽した
種子は、普通の水を使ったものより、有意に
胚軸が短く、アントシアニンが増え、若干
クロロフィルも増加していたという。
アントシアニンとクロロフィルは光形態形成
の成長に関与していることから、研究者は
意識の関与が見られることを示唆している。

■意識と物質の科学

 オルタナティブニュース
「Collective Evolution」
(10月9日付)が紹介しているだけでも、
意識が水に与える影響について肯定的な
実験結果を得た先行研究は、2006年と
2008年に発表されている。

 さらに、2000年に「アメリカ中国医学
ジャーナル」に掲載された論文では、
気功の使い手Chulin Sun氏が精神を
コントロールすることで、通常は3、4日
かかる植物の発芽と成長を20分に短縮する
という驚愕の離れ業をやってのけたという。

 彼女の能力は世界中のあらゆる大学や
研究施設でも披露され、論文が執筆された
当時でさえ、すでに180回も成功していた
というから驚きだ。まるで時間を操って
いるかのような彼女の離れ業に科学者らも
困惑したそうだ。

 今回の研究では特に植物の成長に特化した
祈りの経験のない僧侶だったが、特殊な
能力を持つ人間の手にかかれば、さらに
高い効果を得られるのかもしれない。
それぞれの人間による効果の違いは後の研究
に期待したいが、少なくとも、意識は量子
レベルだけでなく、マクロレベルでも物質に
影響を与える可能性はあると言えるだろう。

 すると、我々の生活においても陰に陽に
意識が介入しているとも考えられる。現に
超心理学の世界では、9.11などの
ショッキングな事件が起こった際、我
々“一般人”の集合意識が乱数器の出力の偏り
を生み出すともいわれている。近年は意識と
物質の関係に切り込む研究も多数出てきて
いる。今後の研究にさらに期待したい。

(編集部)』
“出典:「TOCANA
『【衝撃】3人の僧侶が祈った水が植物の
成長をスーパー促進! ついに波動の
実在が大学研究で証明される=台湾』
より”

五感で感知・観測できるものを基準に
確認できる事しか「証明」したという
事にならない公式の科学の記事なので、
どうしても理解が浅いように思えますが、
真理を理解するのに、公式の科学などの
基準は本来必要ないものなのです。
それよりも私たちは、「全知」である
「絶対意識」でつながっているので、
意識の上で理解できるものが真理だと
いう考え方でいいとは思います。

ですが、この記事の著者も含めて本当
に物質世界を基準にしか思考できない人
たちにとっては、紹介されているような
研究成果は、とても「驚くべきもの」なの
でしょうね。

とにかく科学の世界でもようやく、
意識のエネルギーが、物理的に影響を
与えるという事が、一部の科学者たち
の間で注目されるようになってきた
という事で、それはそれで喜ぶべき事
だと思います。

まあ私の研究成果の観点からみれば、
意識は、まずプラズマエネルギーに
変換されて、この現実に影響を与える
のです。
そして生命エネルギーも全てプラズマ
エネルギーの循環です。
つまり僧侶の意識エネルギーが、
植物のプラズマエネルギー、つまり
生命エネルギーに影響を与えるのは
いわば自然な事というわけです。

今回の記事に関連して以前DNAの
驚異の力編の記事でもご紹介した
超能力者やヒーラーの波動について
の事を転載します。

「また超能力者の脳波は8Hzという事が、
実験で確かめられています。インドの
ヒーラーの能波を実験室で確かめたら、
超能力を発揮している時、やはり8Hzが
検知されています。そしてまた彼が去った
あとに残された水も、しばらく8Hzを
維持していたそうです。
正確にいうとこの時の脳波は、7.8Hz
ではないかと思います。つまりほぼ誤差の
範囲だということですね。
この領域は、前回出てきた7Hzのシータ波
とアルファ波の境界にあたります。」

このように水の観測できる波動が、ヒーラー
のおかげで、7.8ヘルツに維持されていた
というのは、まさに意識の波動が、物理的な
影響をもたらした事の証明になっています。

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です💦

真理のヒント編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です