陽明学と量子物理学と釈迦の言葉が一致する!   激動の時代の英雄 河合継之助の思想


この記事は、「意識と魂と思考その2
という記事ととても関係の深い内容
になります。
今日再投稿しておきましたので、
まだお読みになっていない方は、
その記事もご覧くださいね。

ツィッターで知り合った方から、
時代小説のファン同士というよしみ
で、司馬遼太郎の「峠」という本を
紹介していただきました。
この方はハンドルネームを、
出していいのかわからないので、一応
匿名にしておきますね。
占星術にも深い知識がありながら、
タロットなどあらゆる占術にも通じて
おられるというすごい人です。
で、私は時代小説といっても、
ほとんど司馬遼太郎氏の小説は読んで
おりませんでしたし、ほとんど戦国時代
に関する時代小説ばかり読みあさって
いたので、この江戸末期を題材にした小説
は、紹介されなければ、一生読むはず
のないものだったでしょう。
ところが、読んでいくと面白いという
だけでなく、自分の研究してきた事と一致
するような思想を、この主人公の河井継之助
が、持っていたというので、とてもびっくり
したのです。
これはありがたい。紹介してくれて
ありがとう!ですね。

この小説に出てくる主人公河井継之助という
人物は、越後の長岡藩の一介の藩士(藩に
所属する武家の一人)にしかすぎません
でしたが、幕末の武家政権の崩壊をいち早く
見抜き、西洋思想や当時の世界情勢に
精通するようになった実力を買われ、藩政
の実権を握るようになったのですが、
英雄と呼ばれるのは、そこからの話なの
です。
この後の事については、小説を読んで
いただくか、下記のサイトで詳しいので
また参考までにご覧ください。
幕末維新風雲伝
河井継之助
~明治維新を阻止しようとしたサムライ~

で、私がとても驚いたのは、この小説に
出てくる河井継之助の思想なのです。
彼は、あまり勉学による知識を求めない
破天荒な行動派タイプでしたが、それは
すでに精通していた「陽明学」の思想の
影響があったからだというのです。
陽明学とは、江戸時代の主流の儒学で
あった朱子学に対して、異端とされて
いた、これまた儒学の一つであるという
事です。これがなんと私がブログで
一貫して説明してきた事と全く同じ
思想だという事なのです。
それにまた現代で異端とされているような
学問に通じているという点でも、私は
共感を持てるというわけですね。
(でも異端の方が真実ですがねー)

その事について書かれた部分を小説から
引用させていただきます。

「」内が引用で~は中略です。

「江戸はおろか満天下の学者という学者は
九割九分まで朱子学であった。
なぜならば朱子学が幕府の官学であり、
これをやらねば官途につけない。陽明学
は幕府からみればもっとも嫌悪すべき
「異学」であった。
星、月、山、川、人間など、あらゆる実在
というものは、本当に実在するのか。
朱子学にいわせると天地万物(実在)は
ちゃんと客観的に存在する。石ころも、
道をゆく犬も、堤防上の松も、いっさいが
客観的存在である、という。
 が、継之助の陽明学では、そうは見ない。
それら天地万物は人間であるオノレが
そのように目で見、心に感応しているから
そのように存在しているので、実際には
そんなものはない。たとえば継之助は
あるとき佐吉(引用注:継之助を師匠と
仰ぐ若い書生)にいった。
「春がきて桜が咲く。ありゃうそだ」
というのである。桜は客観的には存在
しないし、花も咲かないし、春という
ものもありえない。人間が心でそれを
感応するから、天に春があり、かつは
春に花がひらくという現象がある、
という。人間の目と心があればこそ
天地万物が存在するというのである。
つまり天地万物は主観的存在である、
という。いわば、雄心的認識論と
いっていい。
 要するに、人間が天地万物なるもの
を認識しているのは、人間の心には
天地万物と霊犀(れいさいと読みますが
意思が通じ合う事の意味です)相通ずる
感応力があるからであるという。
いやいや、その天地万象も人間の心も
二つのものではない。天地万象も
人間の心も、「同体である」という。
~-心は万人共同であり、万人一つ
である。というのが、継之助のいう
王陽明の学説であった。」

“出典:「峠」上巻
    司馬遼太郎著
        新潮文庫刊”

これは、あくまでも継之助が陽明学を
このように解釈したという事ですが、
当然司馬遼太郎氏も、陽明学の思想に
ある程度精通していたと思われるので、
これを陽明学の思想として良いと思い
ます。

とにかく、この陽明学の思想は、私が
これまでブログでご説明してきた真理
とほぼ一致している事がわかって
いただけるのではないかと思います。

釈迦が、世界は我々の思考の産物であり、
我々の思考が現実世界を創造すると
言った事とも一致しています。

また超常能力を身につけ「視覚化」に
よるイメージで、現実を創造すること
ができるチベット密教の行者の言葉
もご紹介しましょう。

「」内が引用です。

「この思考の物質を「ツァル」とよび、
すべての精神活動はこの神秘的な
エネルギーの波動を生み出すと言う。
彼らは、宇宙はすべて心の産物で
あり、すべての存在のツァルの集合
によってそれは創造され生命を
与えられていると考えた。」

“出典:「投影された宇宙」
    マイケル・タルボット著
      川瀬 勝 訳
         春秋社刊 ”

まだ他にも世界中の賢人や超常現象
体得者など多くの人たちが、この
ような言葉を事実として受け入れて
ます。

また量子物理学(量子力学)もこの考えを
実験の結果などから導いています。

「」内は引用です

「皆さんは「誰もみていなくても、月は
立派に存在するに決まっている。
宇宙飛行士だって現実に月に着陸した
ではないか・・・」
と言われよう。
それは確かに常識で、これまでの
科学の基本観だった。
しかし近代量子力学が到達した結論は
そうではない。
月だけではない。個々人が客観的に存在
していると認識している自然界の現象は、
(人が)観察するという行為によって、
千変万化し、誰も見ていない時は実在
しない・・・・・というのである。」
“出典:「死後の世界を突き止めた
量子力学」
     コンノケンイチ著
         徳間書店 刊”

これはつまり人が観察しなければ月や
あらゆる実体だと思っていたものが
存在しないという事を言っているわけで、
まさに継之助の言う陽明学と全く同じ
なのです。

まさに時代を超えて、現代の量子物理学
と、江戸時代末期の陽明学が、思想を
一致させているというわけなのです。

ただ量子物理学の思想を説明するのに
上の言葉だけでは不充分ですね。
誰も見ていない時は実在しないという
よりも、人が観察するような形では存在
しないという言い方の方が正しいし、
自然界の現象が千変万化するのでは、
なく観察(意識)によって、あらゆる
現実が投影されるといった方が正しい
という事になります。

このことをさらに詳しく丁寧に
説明してくれているのが、別々の分野で
研究してきてほぼ同じ結論に達した
脳生理学者のカール・プリブラムと
量子物理学者の第一人者である
デイビッド・ボームなのですが、
その二人の言葉をご紹介しましょう。

「」内が引用で、~が中略の意味です。

「プリブラムは、客観的世界などと
いうものは存在しないと考えるように
なった。少なくとも私たちが慣れ
親しみ、こうだと信じこんでいる
ようなかたちでは存在していないのだ。
目の前に広がっているのは、実は茫漠
とした波動の大海であり、現実が
堅固なものに見えるのも、脳がこの
ホログラフィックなもやもやを、
私たちの世界を構成している木や石と
いったおなじみの物質に変換することが
できるからにすぎないのである。
(引用注:このホログラフィックな
もやもやというのは、極小レベルで
測定すれば、全て電磁気の波動でしか
ない事を比喩的に表現しているという
事です。)

~プリブラムによれば、これはなにも
磁器や海辺の砂が存在していないと
いうことを意味するのではない。
磁器のカップという現実には、
ふたつの非常に異なった側面がある
というだけのことだ。私たちの脳の
レンズを通すと、それはカップとして
現れる。しかし、もしこのレンズを
なくしてしまえば、私たちはこれを
干渉パターンとして体験することに
なるのである。どちらが現実で、
どちらが虚像なのか?
「私にとっては、どちらも現実です」
とプリブラムは言う。「あるいは、
もし別の言い方のほうがいいのなら、
どちらも現実ではないのです。」

 この状態はなにも磁器のカップに
限ったことではない。私たち自身の
現実も、非常に異なるふたつの側面を
もっている。自分のことを空間を移動
する肉体と考えることもできるし、
宇宙ホログラムの全体に包み込まれた
干渉パターンのもやもやとして見る
こともできるのである。
ボームは後者の方が正しいと考えている。
なぜなら、自分がホログラフィックな
心/脳であり、それがホログラフィックな
宇宙を見ていると考えるのは、これも
また抽象概念であり、究極的には分ける
ことのできないものを分けようとする
試みだからである。
~ややこしいのはこの場合、自分が
ホログラムを見ているのではなく、
自分もそのホログラムの一部だという
ことなのである。~
~脳がものを構築するというプリブラム
の主張は、ボームの結論にくらべれば
まだまだやさしい。ボームは、時間と
空間でさえ、それを構築しているのは
私たちだ、というのである。」

“出典:「投影された宇宙」
    マイケル・タルボット著
      川瀬 勝 訳
         春秋社刊 ”

少し説明が難しいでしょうね。
わかりやすく言いますと、極小の世界を
観測すると、私たちの現実は全て
電磁気の波動でしかありません。
その干渉を私たちの脳が解読する時に
初めて実体として捉える事ができるという
わけなのです。
プリブラムはどちらも現実には違いない
といいます。
ですが、量子物理学者のボームは、電磁気
の波動の方が現実だと言います。
確かに我々の五感の解読なしには、この
物質のように見える実体は存在しない
のだから、それも真実だといえます。
そしてまたとても重要なことに、私たち
自身もまた脳も電磁気の波動の干渉である
ホログラムでしかないという事なのです。
これは事実ですが、当然実感がわきません。
しかし、それを理解すれば、ボームの
いう時空さえもそれを構築しているのが
私たちだという事がわかってくる
のです。
ではこの場合の私たちというのはなんだ
という事になりますよね。
それが「意識」という事なのです。
脳も身体も実体でないという事になれば、
唯一残っているのが私たちの思考であり
意識だという事なのです。
臨死体験者や体外離脱体験者は、まさに
その意識のみの状態になったのですが、
むしろそれは生きている間からそのような
状態であった事に、「気づけた」という事
なのです。つまり肉体という錯覚に
囚われていた意識が、肉体から離れた
(確かに私たちの意識の一部、とても強力
な五感による顕在意識は、肉体に付随する
オーラ場のような電磁場に囚われて
います、それが離れたという事で、意識
が全て自由になったという事です)
という状態で、覚醒したという事なのです。

まあ日常意識にどっぷりつかっていては
なかなか理解しにくいと思いますが、
全くの真理を申し上げているので、また
じっくり読んで考えて、そして感性を
働かせていただければ、わかって
いただけると思います。

そしてこのような真実が、継之助の言う
陽明学の思想とほぼ同じ結論だという事
なのです。

このことは、「峠」の中で、弟子である
若い書生の佐吉と、継之助の問答を
読んでいけばわかるようにもなっています
ので、それは続編の記事に書いていこう
と思います。

そうそうこの河井継之助という人物は
不世出の英雄でありながら、あまり
知られていないのは、官軍側だからという
だけではなく、この思想が、私たち大衆に
浸透して欲しくないものだからでも
あるのです。なんせ唯物論が現代の私たち
の教育の基本概念として設定されている
ので当然ですね。

ではまた(^^)/

真理のヒント編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

意識と魂と思考 その2     真理のヒント編に再編 微加筆


今日江戸末期の英雄藩士の思想が、
私たちは思考の産物で、しかも現実も
思考が投影されたものだという事だと
いう記事を投稿しますが、この記事は
その事を古来から世界中で、理解して
しかも実践していた人々のことを取り
上げています。
私たちがイメージで未来を創造すると
いうのは、本来の意味での科学だと
いってもいいと思います。
なおこの記事は非常に重要なので、
真理のヒント編に再編させていただき
ます。
では元記事をどうぞー。

意識や魂や思考というのは、世界中で
太古の昔から普遍的な教えとして語り
継がれてきました。
しかし、ここ現代の日本では、教育課程に
ほとんどそういったものがみられません。
それは、また都合の問題もあるからですが
、それでは我々はこの世界で生きる意味
や意義そして真理に対して盲目になり、
生きる目的や幸福とは何かについてほと
んどゆっくり考える暇もないまま、生活に
追われて、そのまま人生を終えることに
なります。しかもそういう教育を受けた
人々の多くが、人生は死んだら全て終わり、
肉体とともに自分という存在も終わると
考えて、虚しく悲観的な利己主義になり
ますます社会が殺伐としてきます。
現にそのような社会になりはじめている
ではありませんか。
あんみんの真理探究の成果で、人は永遠の
存在であることを、科学的な観点からも
正しいことを裏付ける事実や証言を、
徹底して集めていて、もはや肉体は一時的
な借り宿のようなもので、我々はみな一様に
永遠の存在であるという結論に達しました。
今回は、その事をシリーズでお伝えする
「意識と魂と思考」の第二弾ということで、
古来から世界中で伝わる意識や思考、魂
の教えをひもといてみることにしました。

意識や魂や思考といテーマに対して、
科学的なアプローチをして、世界中の学者や
識者から絶賛される成果をあげてきた天才
神秘研究家マイケル・タルボット氏の著書
からの引用です。

“  思考がつくりあげるもの
これまでに見てきたさまざまな「発見」に
ついても言えることだが、私たちの無意識の
心の深い部分、あるいは霊的な部分は、
時間の境界を越えたところまで手を伸ばす
ことが可能であり、自分の運命を決めて
いるのもこの部分だという考えは、多くの
シャーマンの伝承やその他の文献にも見出
すことができる。
インドネシアのバタック族の人々によれば、
ある人間が体験することは、すべてその人
の魂(「トンディ」と呼ばれる)によって
決定され、それはひとつの身体からつぎの
身体へと生まれ変わっていくもので、
その人の過去世の行動ばかりか、肉体的な
特徴までも再生する力を持った媒体である
という。オジヴウェーインディアンも
人生は目に見えない霊、あるいは魂に
よってその筋書きが書かれており、成長と
発達を促すような形にそれが仕組まれて
いると考えている。必要な教訓をすべて
学ばないうちに死んだ場合、その人の霊体
はこの世に戻り、ふたたびまた別の肉体に
生まれ変わるのである。 
 カフナ(ハワイに昔から存在する、未来
予知、手かざしなどによる病気の治癒、
想念現実化などの能力を発揮する人たちの
総称)はこの目に見えない側面を
「アウマクア」すなわち「高次の自己」と
よぶ。ホイットンの超意識と同様に、
それは人の無意識の中でも、結晶化した未来
、あるいは「固まった」未来の一部を見る
ことができる部分だ。
わたしたちの運命を創造しているのもこの
部分だが、そのプロセスを単独で行って
いるわけではない。この本に登場した多く
の研究者たちと同様に、カフナたちは思考
には実体があり、彼らが「キノ・メア」
(影体)とよぶかすかなエネルギー物質で
できていると考えた。したがって、私たち
が持つ希望、恐れ、計画、心配、罪悪感、
夢、あるいは空想などは、心から去った
あとも消滅してしまうのではなく、想念
としてひとつの実体となり、これもまた
高次の自己が未来を織りなすための糸の
一部となるのだ。
 ほとんどの人は思考に責任を持ってい
ない、とカフナは言う。
高次の自己に対し、まったくコントロール
されていない、互いに矛盾しているさまざ
まな計画や望み、恐れなどを常に浴びせ
かけている。
これが高次の自己を混乱させるため、ほと
んどの人の人生は、これまたコントロール
のきかない偶然の産物と見えてしまうのだ。
強い力を持ち、高次の自己といつもつながり
をもっているカフナは、人の未来をつくり
変える手助けができると言われていた。
同様に生きて行く過程で、人々が頻繁に
立ち止まっては自分の人生について考える
時間をとり、自分の望みを具体的なかたちで
思い浮かべることが非常に大切だと考えら
れていた。そうすることによって、人は自分
の身にふりかかる出来事をもっと意識的に
コントロールできるようになり、自分の未来
を自分でつくっていくことができるとカフナ
は説いたのである。
ティラーやスティーブンソンによる、精妙な
中間体の概念(いわば魂のようなもの)を
思い起こさせる考えを用い、カフナはこの
「影体」物質もやはり肉体の型版をつくる
と考えていた。ここでもカフナの中で自分
の高次の自己と非常にうまく波長が合って
いる者は、人の影体物質の形をつくったり
変えたりすることができくると言われて
いた。
ということは、肉体にも同じようにできる
ことになる。奇跡的治癒が行われるのも
こうした仕組みによるものとされていた。
この見解が、思考やイメージがなぜ健康に
あれだけ強力なインパクトをもつのかに
ついて私たちが到達した結論と同様のもの
であることは興味深い。
 チベット密教の神秘主義者たちも、
この思考の「物質」を「ツァル」とよび、
すべての精神活動はこの神秘的なエネルギー
の波動を生み出すと言う。
彼らは、宇宙はすべて心の産物であり、
すべての存在のツァルの集合によって
それは創造され、生命を与えられていると
考えた。密教によると、ほとんどの人は
自分がこの力をもっていることに気づいて
いないが、それは普通の人間の精神が
「大海から隔絶された小さな水たまりの
如くにしか機能していないからだという。
精神の深いレベルに接触する技をもつ偉大
な行者だけが、このような力を意識的に
利用することができると言われており、
彼らがこの目標を達成するために行なった
のは、望むものが創造された姿を繰り返し
思い浮かべ視覚化(観想)することで
あった。チベット密教の文献には、この
目的で行なわれる「サーダナ」とよばれる
視覚化の訓練がたくさん書かれており、
カギュー派のような宗派では、自分の視覚
化能力を完成させるため、僧侶は最長七年間
も洞窟や閉ざされた部屋の中にひとりで
過ごすという。
 十二世紀のペルシアのスーフィたちも、
自己の運命を変えて新たなものをもたらす
のに視覚化が重要であることを強調して
おり、この思考のかすかな物質を「アラム・
アラミタル」とよんだ。多くの透視者と同様
に、彼らも人間にはチャクラのような気の
中心点によってコントロールされる「微体」
があると考えていた。また、世界は段階的に
精妙になっていく一連の存在次元(ハダラー
と呼ばれる)に分かれており、この世に隣接
した次元は一種の型版的世界とされる。
「アラム・アラミタル」はそこで想念の像と
なり、それがやがて最終的に人生の成り行き
を決定していくのである。スーフィたちは
独自の視点も加えている。彼らは、胸の
チャクラ(「ヒンマ」)がこのプロセスを
司っており、自己の胸のチャクラを制御
することが、自己の運命を制御するための
前提条件であると感じていた。”

“出典:「投影された宇宙」
マイケル・タルボット著
川瀬勝訳 春秋社刊”

()内一部あんみんの注釈です。
もうこれで、魂や思考や意識が実体のない
架空のもの、または物質の副産物などと
いう人はいないと思いますが、実際
宇宙は全てまさかの真空です
でご説明したように、物質こそが架空
のもので、実は思考や意識、そして魂
などが、実体と呼べるものだったのです。
それを理解してる人たちが、思考や意識を
現実化させ、病人を意識や思考で治し、
予知能力などを発揮するのだから、どちら
が正しいか、すでに明らかですよね。
唯物論などを信じている人たちは、その
ことを説明できず、「偶然」などと、
苦し紛れに叫ぶことしかできません。
理解できなければ、なんでも偶然
だとか奇跡で片付けるのは、もはや
だだをこねて泣いている赤ん坊と変わら
ないのではないでしょうか?
頭のいい人は、全てには理由があるはず
だと、原因や謎を解明しようとするもの
です。そして太古からの賢人たちは、
これまでみてきたような結論を導き出す
のに至ったというわけなのです。
また世界中のいたるところで、また時代
を違えて、思考や意識、魂に対する考え
が、驚くほど同一の事をいっている事
にも注目していただきたいのですが、
彼らは、インターネットの時代に生きても
いないのです。つじつまを合わせる、
必要すらありません。
その上でほぼ同じ結論を導き出して、
しかも超常能力と呼べるものを、意識
的にコントロールし、実践してきたの
だから、もはや疑う余地がないのでは
ないでしょうか。
カフナの高次の自己は「アウマクア」
そして思考は「キノ・メア」、チベット
密教の神秘主義者は、思考の物質を
「ツァル」と呼び、ペルシアのスーフィ
たちは、思考のかすかな物質を「アラム・
アルミタル」と呼んだ。
これは、全て同じ事を別の言葉で表現
したものにすぎません。
また思考を現実化するために必要だとされ
ている事が、カフナの具体的な形で思い
浮かべる事と、チベット密教の神秘主義者の
「サーダナ」という視覚化、ペルシアの
スーフィたちの胸のチャクラによる視覚化
と言うことで、みんな見事なまでの一致を
みるのです。
またこの本には、続いて超能力者たち、賢人
たちの太古からの教えにも同様の事が伝えら
れていると例をあげて書かれています。
ここまでの証拠をつきつけられて、まだ
思考が架空の実体のものではないと、考え
られる人は、救いようがないと思えますが、
これを読んで理解しておられる人たちも、
同感されますよね。
視覚化などのイメージによる現実化は、
最近はやりの、「引き寄せ」の法則でも
一般的な考えなので、もはやこれを疑う
人は人類と自分の未来を放棄したような
ものでしょ?

真理のヒント編一覧

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

神秘のサビアンスクエア その10         流れというもの

今回は、サビアンシンボルのスクエアの
アスペクトをイラストでご紹介します。

獅子座1度
「脳溢血の症状」

牡牛座1度
「清らかな山の小川」

この二つのシンボルがスクエア(90°)
のアスペクトを形成しています。

獅子座1度は、生命エネルギーそして
創造エネルギーが一気に放出されようと
したため、体がそれについていけず、
オーバーヒートを起こして、脳溢血に
なったという事を暗示していますが。
やはり脳溢血とは、血液の流れが滞った
ため、脳内の血管が破裂したという事
ですよね。
つまり血液の流れが、サラサラであれば、
無事であったという事です。

そこで牡牛座1度は、清らかな山の小川
なので、当然サラサラ流れているわけ
です。これを血液の流れと重ね合わせて
いただければ、今回のスクエアの意味が
よくわかっていただけると思います。
まさに障害エネルギーのスクエアですね。

今回は文章も少なく、サラッと(^^)

神秘のサビアンアスペクト一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ

あなたの蠍座4度


蠍座4度のサビアンシンボルは
「火のともったろうそくを運ぶ若者」
です。
このシンボルが太陽にある人は、
とても信頼できる誠実な人です。
自分の心に嘘をつけないタイプで、
相手に対して背信の行為をする事を
自分に許さないのです。
信仰心の篤い人も多く、宗教に身を
投じる事もあるかも知れません。
求道的また禁欲的な性質でもあります。
会社などの組織の中で、役割をきっちり
こなす事ができるので、とても重宝
がられます。経理や総務などの部署で
さらにいきいきと役割をこなしていく
でしょう。
異性は、明るい人よりも、もの静か
または寡黙な人を選びたがる事が
多いですが、どちらかというと
明るくて繊細な人を惹きつけます。
自分が奉仕するような立場になる
ような相手と結ばれる事が多い
でしょう。
ただし相手が傲慢な人だと、うまく
いきません。

このシンボルが月にある人は、
信仰心がとても強く、一つの宗教に
傾倒したら、その教えを生涯守ろう
とします。

水星にある人は、とても高い
学習能力があるので、高い学歴を
持つようになるでしょう。
ただし、自分から研究したり、
新しい事を思いついたりする事は
苦手なので、研究職などにはあまり
向いていません。
むしろ高学歴を活かして、条件の
いい企業に就職する方が、得策です。

土星にある人は、あまりに強い信仰心の
ために、教義に縛られすぎて、自分を
解放できずにストレスから体や精神に
悪影響をもたらす人も多いでしょう。

あなたの蠍座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ

山羊座20度


今日の太陽のサビアンシンボルは
山羊座20度
「歌っている隠れた合唱隊」
です。
これは、昨日の山羊座17度の
密かに入浴している少女と意味が
つながっています。
つまり「密かに」と「隠れた」という
言葉が示している暗示は、抑圧された
社会的意識から逃れている事を
示しているわけです。
そして17度では心を解放して、この
20度では集団で歌を歌って、やはり
魂レベルでの共感として、解放されて
いるという事なのです。
歴史的には、宗教が弾圧の目を逃れて
隠れて賛美歌などを歌っている様子の
ようにも見えます。
今日は、マイナーな趣味での共感など
に、エネルギーが満ちる日だという事
です。
あまり多くの人に認知されるもので
なくても、共感できる仲間や友人と
分かち合えるものがあるという事は
幸せな事です。
あー私のような神秘研究をする人と
たくさん知り合いたいー!

対称の180度のシンボルは
蟹座20度
「セレナーデを歌うゴンドラ乗り」
です。
これは今日の山羊座のシンボルと
見事に歌う事でつながっていますよね。
これもまたサビアンシンボルの神秘の
なせるわざだという事です。
そしてこの蟹座のセレナーデを歌う
ゴンドラ乗りは、イタリアのベニスの
情景を思い起こさせます。
私も19歳の時にイタリアに旅行に
いった時にベニスにいき、やはり
ゴンドラに乗りました。そして歌は
歌いませんでしたが、踊ってくれ
ました。ていうか船を揺らしてサービス
してくれただけですけどね。

(このときゴンドラ乗りが、ドゥー
ユーライクダンシング?つまり
ダンスは好きかと聞いてくるので
好きだと答えたら、落ちそうになる
くらい船を揺らしてくれたという
わけです)

とにかく、観光客へのサービスから
いろいろやってみせてくれるのが、
ラテン系のイタリア人のノリという
ものなのです。つまり歌う事で、共感
エネルギーを解放させていて、しかも
オープンである事から、山羊座の
ように、社会から隠れて歌っている
のとは対称的なシンボルとなって
います。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは
牡羊座20度
「冬に鳥に餌をやる若い少女」
天秤座20度
「ユダヤ人のラビ」
です。

牡羊座20度の冬に鳥に餌をやる少女は
、冬になると食べ物が不足する鳥の事を
思って餌をやっているわけで、とても
慈愛に満ちた意識を示しています。
他者に対する個人的な思いやりや愛情を
示すエネルギーなので、今日の共感の
シンボルの対称軸とは、完全に逆という
より、むしろ共通する意味となって
います。ただ、集合意識での共感の
今日のシンボルの対称軸に対して、
この牡羊座のシンボルは、個人的な
慈愛を示しているので、逆の面も少し
はあります。
サビアンでは常にアスペクトが、
そのままの意味で、シンボルどうしを
つなげているわけではありません。
ただ意味通りのつながりである事が
神秘的にも多いという事なのです。

天秤座20度の、ユダヤ人のラビという
のは、個人的な戒律により、とても
禁欲的な生活をします。
ですが、ユダヤ教の宗教観は旧約聖書
を主体とした経典としているので、
それはユダヤ人を、優性民族として
他民族をそれより劣るとした教え
なので、今日のシンボルの対称軸の
ように、民族や老若男女また貴賤の
区別なく共感しているエネルギーとは
逆になっています。
こういう事を書くと、宗教に対する冒涜
だとかすぐ騒ぐ人がいますが、それは
勉強不足だといわなければなりませんね。
大きな書店にいったら、分厚い
新約・旧約聖書の和訳本を立ち読み
できますので、ユダヤ教が第一経典と
している旧約聖書を読めば、上のように
書いてある事を納得できると思いますよ
(^^)

山羊座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ